記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 19:55:29.86 ID:SCDpppMIo


くるみ「え? 先輩……ヤダなぁ、照れるよ///」

くるみ「そうだよね。先輩とあたしのコンビなら百戦錬磨間違いなしだよね」

くるみ「うん……うん……」

くるみ「二人で頑張ろう。学園生活部のみんなを守ろう」




ゆき「くるみちゃん、最近シャベルが陸上部のOBの先輩に見えるようになっちゃったみたい」

みーくん「…………」

2:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:00:53.56 ID:SCDpppMIo


くるみ「はぁ……はぁ……」

くるみ「先輩の裸……///」

くるみ「はぁ……はぁ……」

くるみ「硬くて、凄くたくましくて……///」

くるみ「先輩、陸上部に入ってただけあって、下半身がっちりしてますよね」




ゆき「気持ちは凄くわかるけど、やっぱり死んじゃった人のことをいつまでも引きずっていたらダメだと思う」

ゆき「みーくんもそう思わない?」

みーくん「…………」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/14(月) 20:02:22.75 ID:svDTkGK3o
本日のお前が言うなスレはここですか?
4:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:07:25.87 ID:SCDpppMIo


くるみ「先輩、他は全員女の子の花園で、ずっと裸なの恥ずかしくないんですか?」

くるみ「しかも、後輩の女子に身体を拭かせるだなんて、どうかしてますよ」

くるみ「え? ……だがそれがいい、ですか」

くるみ「…………はぁ」

くるみ「もう。先輩ったら、あたしじゃなかったら、見離してますよ」

くるみ「せめてリボン、首に付けといてください」




めぐねえ「ゆきちゃん~」テクテク

ゆき「あっ! めぐねえ!」

みーくん「こんにちは、佐倉先生」ペコリ
6:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:13:23.74 ID:SCDpppMIo


くるみ「よいしょ」

くるみ「うう、先輩男の人だけあって重い……」

くるみ「先輩を背負って走る訓練、もっと増やさなくちゃ」

くるみ「あたしと先輩の愛の秘密特訓」

くるみ「……あたし今、恥ずかしいこと言いました、ごめんなさい」




めぐねえ「ねえ、ゆきちゃん! 今の聞いた!?」

めぐねえ「みきさんはいっつも私のことを佐倉先生って呼んでくれるんだよ!」

ゆき「うん、聞いてたよ」

ゆき「それでめぐねえ、なんの用?」

めぐねえ「…………」

7:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:20:35.72 ID:SCDpppMIo


くるみ「うーしっ! ちょっとあたし走ってくるわー!」テッテッテッ

ゆき みーくん めぐねえ「「「行ってらっしゃーい!」」」




めぐねえ「ゆうりさんがご飯できたから二人のこと呼んできて、だって」

ゆき「くるみちゃんはいいの?」

めぐねえ「くるみさんはさっき、あまりにもお腹が空いたから、自分で缶詰開けて、先にお昼食べちゃったみたい」

めぐねえ「ご飯はみんなで一緒に食べるものです、ってゆうりさんにこっぴどく叱られてたわ」

ゆき「そうなんだー」



みーくん「あの――」
8:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:22:14.44 ID:SCDpppMIo
 




みーくん「――太郎丸と圭は、今、どうしてますか……?」




 
9:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:29:09.31 ID:SCDpppMIo


めぐねえ「太郎丸と祠堂さんなら、今、放送室で二人が来るのを待っているはずよ」

みーくん「あ、じゃあ仲直りしたんですね」

めぐねえ「ええ。朝の件からは和解して、仲良くご飯を待ちわびてるわ。だから早く行ってあげて」

ゆき「ねえ、めぐねえー」

めぐねえ「何? ゆきちゃん」

ゆき「みーくんが、さっきから何度話しかけてもわたしのことを無視するのー」シクシク

みーくん「それは先輩が私のことを、みーくん、みーくんって呼ぶからです」

みーくん「ちゃんとみき、って名前で呼んでください」プイッ

ゆき「えぇー。みーくんひどいよぉ」

みーくん「ひどくありません!」
10:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:37:05.51 ID:SCDpppMIo

【放送室】

ゆき 圭 りーさん めぐねえ みーくん「「「「「いただきますっ!」」」」」

太郎丸「ワンっ!」




めぐねえ「……それにしても、大所帯になったわよねぇ、学園生活部も」

りーさん「そうですね」

ゆき「それもこれも、全部めぐねえのおかげと言って過言じゃないよ!」

圭「流石佐倉先生! イヨッ! 日本一の国語教師!」

めぐねえ「……な、なんだか、おだてとわかっていても、そこまで生徒にべた褒めされると照れちゃうわね///」
11:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:48:20.07 ID:SCDpppMIo

ゆき「でも、本当に凄かったよ!」

ゆき「放送室の扉の外で、めぐねえが一人絶対絶命になって、もうダメだ! って思ったのに」

ゆき「めぐねえはくるみちゃんのシャベルを振り回して血路を開いて」

ゆき「自分で地下の非常避難区域から薬とってきて、自分で注射して、帰ってきちゃうんだもん!」

みーくん「その話、今日までの間にもう何度も聞きましたよ。先輩」

圭「こらこら。先生の武勇伝を邪険に扱っちゃダメだぞ、美紀ちゃん」

りーさん「あのとき先生が帰ってきてはじめて、私たち三人は地下とマニュアルの存在を聞かされたのよね……」

めぐねえ「ウ゛っ……。そ、その節は、ご迷惑をおかけしまして――」

りーさん「ああ、いいんです。先生は帰ってきてくれたんですから、それだけで、もう」
12:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 20:57:17.83 ID:SCDpppMIo

圭「私たち二人のことを助けてくれたときも凄かったよね? 美紀ちゃんっ!」

みーくん「え、ええ……まあ……」

りーさん「あのときは、帰りがけにエントランスでゆきちゃんがみきさんの必死の叫び声を聞いて」

りーさん「それを真っ先に信じた先生が駆け戻って、群れをかき分け、二人を救い出したのよね」

圭「あのときも、くるみさんのシャベルでしたよね!」

めぐねえ「そ、そうね」

ゆき「めぐねえは、私たちにとってのヒーローだよっ!」

めぐねえ「も、もうゆきちゃんったら……///」




めぐねえ(今考えてみるとくるみさんのシャベルを使ったの)

めぐねえ(先生が教え子の彼氏を寝取った、みたいな感じなんじゃ……?)

めぐねえ(――いやいや、ないない。それは違う。だってあれ、私からしたらシャベルだもん)
13:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 21:01:18.24 ID:SCDpppMIo

圭「先生ってお強いですよね」

圭「どうしてそんなに強いんですか?」

めぐねえ「どうしてって……」

めぐねえ「昔酔狂で習ってた通信カラテが良かったんじゃないかしら?」

圭「カラテ凄い!」




太郎丸「ワンっ!」

めぐねえ「……」ヨシヨシ

めぐねえ(お前は来た時期が運が良かったね)

めぐねえ(あと、人間用の薬が幸い犬に効いたってのも)
14:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 21:07:25.04 ID:SCDpppMIo

めぐねえ「…………」

めぐねえ「でも、みんなを助けられたぶん、食糧が減るスピードは上がってる」

りーさん「そうですね」

めぐねえ「だから、私たちはそろそろここを卒業しなくちゃいけない」

めぐねえ「せっかく出したお手紙の返事もないまま、ここを去るのは残念だけれど」

一同「「「「「…………」」」」」

めぐねえ「まさか、ここの教師になって、こんなに早く転任を迎えることになるとは夢にも思ってなかったわ」

みーくん「……ふふ」クスッ

ゆき「あっ! みーくん笑った!」

みーくん「わ、笑ってませんっ!」

りーさん「こらこら二人とも、喧嘩しないの」
15:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 21:20:36.47 ID:SCDpppMIo

めぐねえ「コホン」

めぐねえ「えー、くるみさんのこととか、食糧とか、色々目に見えて大変な事が、私たちの前には既に山積みになっています」

めぐねえ「しかし、私たち学園生活部の顧問及び生徒が一丸となれば、いかなる試練も乗り越えられるものと私は信じています」

めぐねえ「例えば、私の車の改造、荷の積み込みは済みました。私たちは着実に、一歩、一歩、明日に向かって前進しています」

めぐねえ「だから、どんなことがあっても最後まで諦めず、いっぱい食べて、いっぱい寝て、いっぱい笑って、いっぱい泣いて、頑張っていきましょう」

めぐねえ「卒業しても私たちは――」

めぐねえ「…………」

めぐねえ「これ、多分だけど、内容的にくるみさんとシャベル先輩さんもいるときに言うべきことよね?」

ゆき「そうだよ!」

圭「アハハ、めぐねえはドジっ娘だなぁ!」

めぐねえ「こらっ! 祠堂さん! めぐねえじゃなくて佐倉先生でしょ!」



みーくん(う、うーん……。いっつもこう、締まらないなぁ……)
16:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 21:27:23.01 ID:SCDpppMIo
――――――

――――

――


【校門】


車「」ブロロロロロロ…





くるみ「卒業旅行……ハネムーン……」ブツクサ

りーさん「ちょ、ちょっとくるみ、もうちょっとそっち詰めてよっ」

めぐねえ(運転中ウトウトしないように、頑張らなくちゃ!)キリッ

みーくん「……」

ゆき「なんか忘れもの?」

みーくん「いえ、別に……」

みーくん「幸せだなぁ、って思って」

ゆき「ふーん」

圭「わかる! わかるよその気持ち!」ガバッ

みーくん「ちょ、くっつかないでよ圭! 熱いから!」

圭「え~? 幸せなんでしょ~?」

みーくん「んもー! 圭のバカぁっ!」



終わり

17:◆2DegdJBwqI:2015/09/14(月) 21:34:56.88 ID:SCDpppMIo
内容というかイベント経過に関してはだいぶ原作よりのギャグIF
(即興で書いてたので、最初に注意書きせず原作のネタバレ若干してしまって申し訳ない)
そういえば、最後車内で太郎丸鳴かせるの完全に忘れてたんですが、普通に生きているということで

本当は誰もいなくなった学校が爆発!オチしたかったんですけどねー



HTML化依頼してきます
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/14(月) 21:38:49.03 ID:8Tsl/QghO
おつー
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/14(月) 21:55:01.38 ID:Z9FpOLRKO
あの世界だとどんなギャグもギャグに見えなくなるんだよなあ
お奨め記事
9月15日 20時00分|がっこうぐらし!0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告