記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 22:08:32.46 ID:lBkgC7Ai0
緋沙子「…はぁ」

創真「…」

緋沙子「暇だなぁ…」

創真「…」

緋沙子「すごい暇だなぁ…」

創真「…」

緋沙子「これはもう死んでもおかしくないくらい暇だなぁ」

創真「…」

緋沙子「あぁ!もう暇だこりゃあぁ!(棒)」

創真(うるせぇ…)
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 22:15:27.31 ID:lBkgC7Ai0
緋沙子「確か今日は映画館のレディースデーだったなぁ」

創真「…」

緋沙子「映画館と言わずレンタルショップでDVDを借りてくるのもありだなぁ」

創真「…」

緋沙子「天気も良いし足をのばして散歩なんてのもいいなぁ」

創真「…」

緋沙子「おぉっといけないいけない、あまりの暇さに独り言が(棒)」

創真「…」

緋沙子「こんなに暇なら外に出った方がいいんじゃないですかねぇ!?(棒)」

創真(だからうるせぇって…)
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 22:24:07.10 ID:lBkgC7Ai0
緋沙子「しかしたまの休日というのに外に出ないというのもなぁ」

創真「…」

緋沙子「確かに最初はゆっくりできればそれでいい言ったかもしれない」

創真「…」

緋沙子「けれどそこは男の甲斐性が見たさと言うかなぁ(棒)」

創真「…」

緋沙子「せっかくお暇をもらっているんだからどこかに行きたいなぁ(棒)」

創真「…」

緋沙子「あぁ!こんな時間の使い方は身体に悪いんじゃないかなぁ!(棒)」

創真(…そろそろ限界だな)
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 22:28:16.47 ID:lBkgC7Ai0
緋沙子「…」

創真「…」

緋沙子「…おい」

創真(ホレ来た…)

緋沙子「…聞いてるのか」

創真「…」

緋沙子「…えいっ」ゲシッ

創真(お、わき腹を足で小突いてきたか)

緋沙子「構え、このっ!」ゲシゲシ

創真(ふだんはしたないだの行儀が悪いなどと言いやがってる本人がこれですよ)

緋沙子「なぁ…そぉ~まぁ~」

創真「…」

緋沙子「無視するなよぉ~」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 22:32:12.56 ID:lBkgC7Ai0
創真「…なぁ」

緋沙子「!」

創真「足で蹴るのやめてくんね?」

緋沙子「あ、悪い…」

創真「…」

緋沙子「…」

創真「…」

緋沙子「…なぁどこかに行かないか?」

創真「…どこに?」

緋沙子「私は一緒に行けるならどこでも//」

創真(いきなりに頬染めんなよかわいいだろうが)

緋沙子「どうだ?//」

創真「そうだな…」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/11(金) 23:03:32.92 ID:OgGW7kPN0
創真(これ以上このテンションの低い状態でからかっても面白くなさそうだな)

緋沙子「ま、まさか創真…」

創真「?」

緋沙子「具合が悪いのか?」

創真「…」

緋沙子「どうなんだ?」

創真「…緋沙子、外で遊ぶか!」

緋沙子「しかし具合が…」

創真「おっしゃあ!どこ行く?」

緋沙子「え、じゃあ…」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:10:48.00 ID:+Js86x490
創真「本当にここでよかったのか?」

緋沙子「あぁ、いいんだ」

創真(…なんでこいつ外に出るとしっかりするんだろう)

緋沙子「さ、ゆっくり歩くぞ」

創真「ま、たまにはゆっくり公園回るのもいいかもな」

緋沙子「お互い料理の試作をするときなんかは籠りっ放しだからな」

創真「いい気分転換ができる訳だな」

緋沙子「そういうとこだ」

創真「しっかしガキんちょ共はよく走るなぁ」

緋沙子「あんなに走り回っては親御さんもついていけそうにないな」

創真「あっちの木陰で休んでるのがそうじゃないか?」

緋沙子「…見たところ二家族くらいか」

創真「みたいだなぁ…」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:21:08.42 ID:+Js86x490
緋沙子「それにしても用意が遅すぎるぞ」

創真「またその話かよ…」

緋沙子「私が出ると言ってから1時間くらいでろでろしていたじゃないか」

創真「でろでろって…」

緋沙子「いいか?そんなのでは将来の栄達は望めんぞ」

創真「さっきバスの中で聞いたよそれ」

緋沙子「いや、あの時は人目もあったからそんなには言えなかった」

創真(ホント、バスの中で御小言とか…おかげで知らないお婆ちゃんにメッチャにこにこ見られたんだけど)

緋沙子「と、今まではどうだったか知らないがこれからは」

創真(しかもお婆ちゃんにいい仲だねぇとか言われて顔赤くしてるし)

緋沙子「それに…おい、聞いてるのか?」

創真「え?あぁ、聞いてる聞いてる」

緋沙子「…本当か?」

創真「嘘言ってどうすんだよ。お、ボール」

緋沙子「あ!話を逸らすな」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:28:22.47 ID:+Js86x490
創真「いや、ほらボールだってボール」

緋沙子「そんなのは見ればわかる、貸してみろ」

創真「誰のだろうな」

「おねーちゃーん!それ投げてー!」

創真「お、さっきのガキんちょ共のみたいだな」

緋沙子「…」

「はやくー!」

創真「…おい、投げてやれよ」

緋沙子「わ、私がか?」

創真「いまボール持ってるんだからそうだろ」

緋沙子「…」

「ねー!早くして―!」

創真「ほれ、早く投げろよ」

緋沙子「っく!」ポイッ
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:36:17.35 ID:+Js86x490
ぽて~ん…

創真「…」

緋沙子「…」

「…」

創真「お前、まさか…」

緋沙子「う、うるさい!//」

「あ、ありがとー!へったぴなおねーさん…」

創真「…wwwwww」

緋沙子「こら!笑うな!//」

創真「お姉ちゃんがお姉さんになってるwwwwww」

緋沙子「うるさい!//」

創真「へたっぴwwwwww」

緋沙子「っく!もう知らん!//」

創真「あ、待てよぉー」

緋沙子「うるさーい!//」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:41:55.52 ID:+Js86x490
創真「おい、悪かったって」

緋沙子「…ふんっ」

創真(あぁこうなっちゃうと長いんだよなぁ)

緋沙子「…」

創真(しかもいま外だからツボがよくわかんないし…)

緋沙子「…今度」

創真「え?」

緋沙子「キャッチボールでもしてくれ…」

創真「…」

緋沙子「ぼ、ボール投げくらいはできるようにしたい//」

創真「…はいよ」ナデナデ

緋沙子「//」

創真「いつまでもへたっぴなお姉さんはイヤだもんな」ナデナデ

緋沙子「言うな!//」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:51:42.06 ID:+Js86x490
緋沙子「そろそろ休憩したいな」

創真「ここなんかいいんじゃないか?」

緋沙子「…そうだなちょうど木陰もあるし人目も少ない」キョロキョロ

創真「そこでなんで人目が出てくるんだ?」

緋沙子「…察しろ//」

創真「しかし芝が気持ちいいですなー」

緋沙子「あ、待て。シートがあるんだ」

創真「お、サンキュー」

緋沙子「ほら、少しは手伝え!」

創真「はいはいっと」

緋沙子「もっとピンと張れ」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 13:58:57.87 ID:+Js86x490
創真「…」

緋沙子「はぁ…いい風だ」

創真「…」

緋沙子「それにしても一周12キロもあるのは驚いたな」

創真「…」

緋沙子「隣接する施設に遊園地もあったな」

創真「…なぁ」

緋沙子「…なんだ?」

創真「焦らさないで早く出してくれよ」

緋沙子「…まず言うことは?」

創真「用意が遅くてすいません」

緋沙子「他には?」

創真「バカにしてすいません」

緋沙子「まだあるんじゃないか?」

創真「えぇ…家で構ってあげなくてすいません?」

緋沙子「な!こんなとこでそれを言うな!//」

創真(べつにいいだろ人目少ないんだし…)
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 14:04:54.33 ID:+Js86x490
緋沙子「こ、コホンッ//」

創真「…」

緋沙子「ま、及第点として許してやろう」

創真「はいはい」

緋沙子「…本当に反省してるのか?」

創真「いや、ここで食べないともったいないだろ」

緋沙子「…」

創真「そんなわけでちょっと失敬」ガサゴソ

緋沙子「あ、こら」

創真「お、あったあった」

緋沙子「ちゃんと手を拭いてから食べるんだぞ」

創真「分ってるって」カポッ

緋沙子「だから手を拭け!」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 14:13:57.52 ID:+Js86x490
緋沙子「まったく、油断も隙も無い」

創真「では、いただきまーす」ハムッ

緋沙子「…」

創真「…」モグモグ

緋沙子「…」ハムッ

創真「いただきます言えよ」

緋沙子「なんだ急に」

創真「いや、いつも口うるさく俺に言うんだからいただきますって言えよ」

緋沙子「い、いただきます…」

創真「はい、どうぞ」

緋沙子「納得がいかない、作ったのは私だぞ」

創真「いつもながら大変おいしくできています」

緋沙子「あ、あたりまえだ」

創真「これは一時間だらだらしたかいがありましたなぁ」

緋沙子「調子に乗るな、この」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 14:27:19.15 ID:G8riHQcF0
創真「いや~ごちそうさまでしたっと」

緋沙子「ごちそうさまでした」

創真「さすが、すげーうまかったぜ」

緋沙子「あたりまえだ」

創真「しっかしこんだけ気持ちいいと横になりたいな」

緋沙子「…//」ポンポン

創真「え、いいの?」

緋沙子「まだ何も言ってないだろ!?//」

創真「じゃあ違うの?」

緋沙子「違くは…ない//」

創真「そんじゃお邪魔しますっと」ゴロン

緋沙子「…//」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 14:47:36.60 ID:G8riHQcF0
緋沙子「…//」

創真「あぁ~これいいな~」

緋沙子「そうか…//」

創真「このまま寝そう…」

緋沙子「か、かまわないぞ//」

創真「…ほんじゃお構いなく……」

緋沙子「//」ナデナデ

創真「…」

緋沙子「これは…いいものだな//」ナデナデ

創真「…zz」

緋沙子「こうしてみるとやはりいい顔つきをしている//」じー

緋沙子「…やはりモテるのだろうか」

緋沙子「…それは少しイヤだな」

緋沙子「私は少し…」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 14:52:24.48 ID:G8riHQcF0
創真「zzz…んぁ!」

緋沙子「…」

創真「…寝てるのか?」

緋沙子「…」

創真「お~い、新戸~」

緋沙子「…」

創真「秘書子~」

緋沙子「…」

創真「緋沙子ちゃ~ん」

緋沙子「バカにしてるのか?」

創真「やっぱり起きてんじゃん」

緋沙子「…」

創真「かわいいな~」

緋沙子「うるさい//」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 14:59:55.69 ID:G8riHQcF0
創真「さて、そろそろ帰るか」

緋沙子「結構寝ていたからな」

創真「そうみたいだな」

緋沙子「…」

創真「んー!いやこんな日もいいなー」

緋沙子「そうだな」

創真「帰りのバスの時間大丈夫か?」

緋沙子「そ、そうだな//」ギュッ

創真「…外だぞ」

緋沙子「たまにはいいではないか//」

創真「…」

緋沙子「なんだ?腕の一本も貸してくれないのか」

創真「…そうじゃないが」

緋沙子「ならよしだ♪//」

創真(腕にあたってる…やわらかいなにかが)
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 15:16:10.35 ID:G8riHQcF0
創真「帰ったらどうするか」

緋沙子「夕飯は任せたぞ」

創真「おう!任された」

緋沙子「あぁ、任せた」

創真「…」

緋沙子「?」

創真(やっぱかわいいな…)

緋沙子「どうした?」

創真「いや、帰るか」

緋沙子「あぁ!」

創真(帰ったら思いっきり甘えさせてやる)
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 15:17:07.12 ID:G8riHQcF0
創真「と、そんな夢を見たんだ」
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 15:22:00.46 ID:G8riHQcF0
緋沙子「…」

創真「いや~いい夢だったぜ」

緋沙子「…」

創真「あの、人前ではしっかりしようとしてる感じとか最高でさ」

緋沙子「…」

創真「そのくせ二人になると甘えちゃう感じなんか堪らないんだよ」

緋沙子「…」

創真「こう、なに?俺だけしか知らない素顔みたいな」

緋沙子「…おい」

創真「あ?なに」

緋沙子「それをなぜ私に伝える」

創真「いや、現実はどうなのかなって」

緋沙子「そんなこと恥ずかしくて出来るわけないだろ//」ボソッ

創真「?」

緋沙子「用件はそれだけか?」

創真「そんなわけないだろ」

えりな「…」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 15:38:33.97 ID:G8riHQcF0
えりな「ちょっと!幸平くん」

創真「あ、いたのか薙切」

えりな「な!いたわよ!どんな視界してるの君は!この薙切えりなを無視するなんて」

創真「そんなことよりさ」

えりな「そんなこと!?」

創真「どっちかプリント運ぶの手伝ってくれないか?頼まれちゃってよ」

えりな「はっ、男のくせに情けないわね」

緋沙子「バカか!えりな様そんな雑用するわけがないだろ!」

えりな「その通りよ第一私を除者にしといて物を頼むなんて頭がおか」
緋沙子「だから私が手伝ってやろう」

えりな「…え?」

創真「お、マジ?助かるわー」

緋沙子「いいから半分よこせ」

えりな「ちょっと、緋沙子?」

創真「いや、重くはないんだけどこんだけあるとバランスがさー」

えりな「えっと、緋沙子?」

緋沙子「では、10分ほど離れますえりな様」

えりな「え、あぁ…うん」

創真「ちょっと借りるぜ薙切」

緋沙子「人を物みたいに言うな!」

創真「はいは、そんじゃな薙切」

えりな「…」ポツーン

えりな「え?あれー…」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 15:39:11.48 ID:G8riHQcF0
えりな「ちょっと!幸平くん」

創真「あ、いたのか薙切」

えりな「な!いたわよ!どんな視界してるの君は!この薙切えりなを無視するなんて」

創真「そんなことよりさ」

えりな「そんなこと!?」

創真「どっちかプリント運ぶの手伝ってくれないか?頼まれちゃってよ」

えりな「はっ、男のくせに情けないわね」

緋沙子「バカか!えりな様そんな雑用するわけがないだろ!」

えりな「その通りよ第一私を除者にしといて物を頼むなんて頭がおか」
緋沙子「だから私が手伝ってやろう」

えりな「…え?」

創真「お、マジ?助かるわー」

緋沙子「いいから半分よこせ」

えりな「ちょっと、緋沙子?」

創真「いや、重くはないんだけどこんだけあるとバランスがさー」

えりな「えっと、緋沙子?」

緋沙子「では、10分ほど離れますえりな様」

えりな「え、あぁ…うん」

創真「ちょっと借りるぜ薙切」

緋沙子「人を物みたいに言うな!」

創真「はいはい、そんじゃな薙切」

えりな「…」ポツーン

えりな「え?あれー…」
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 18:16:08.32 ID:G8riHQcF0
創真「ホント助かったよ新戸」

緋沙子「…」

創真「…新戸?」

緋沙子「…誰もまありにいないぞ」

創真「あー、みたいだな…」

緋沙子「…」

創真「…」

緋沙子「…」じー

創真「いやだって新戸が言ったんだぞ」

緋沙子「それとこれとは別だ!察しろ」

創真「はいはい緋沙子ちゃん」

緋沙子「バカにして」

創真「よしよし」ナデナデ

緋沙子「こんなもので機嫌がよくなると思うなよ」

創真(すっげーにやけてるのを隠そうとしている…)
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 18:37:57.27 ID:G8riHQcF0
緋沙子「…」

創真「それじゃ、ありがとな」

緋沙子「…」

創真「…なんだよ?」

緋沙子「今度…」

創真「…」

緋沙子「公園にでも行くか?」

創真「…」

緋沙子「い、いやならいいが…」

創真「いやなわけないだろ」

緋沙子「そうか、そうだよな」

創真(かわいく笑いやがってこいつ)
40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 18:44:34.01 ID:G8riHQcF0
創真「んじゃ後で連絡するわ」

緋沙子「ゆ、幸平…」

創真「…」

緋沙子「まだ10分経つまで余裕があるのだが…」

創真「…」

緋沙子「…」

創真「はいはい、甘えん坊ですね緋沙子は」

緋沙子「しょうがないだろ…//」

創真「おーよしよし」ナデナデ

緋沙子「これからももっと甘えてやるからな//」



御粗末
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 18:46:01.19 ID:G8riHQcF0
お疲れさまでした

HTML依頼出してきます

途中で連投してすまんかったんご
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 20:02:00.70 ID:dQeReVFGo
43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/09/12(土) 20:04:47.57 ID:OFIc6ne0O
お奨め記事
タグ:
9月13日 22時00分|食戟のソーマ0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告