記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/14(金) 23:59:56.67 ID:yIpw14cEo
みーくん「ん……」ムクッ

ゆき「あ、気が付いた?」

みーくん「あの……ここは?」

ゆき「ここは学校だよ。私たちの通ってる学校」

みーくん「……学校」

ゆき「ん? あ、そうだよね、めぐねぇ。うん、まずは自己紹介からするね」

みーくん「……?」

ゆき「私の名前は何でしょう?」

みーくん「知りませんよ!」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:03:16.61 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「冗談、冗談。わたしの名前は『たけやゆき』。この学校の三年生だよ」

みーくん「三年生……先輩なんですね。あ、私の名前は『なおきみき』です」

ゆき「うん。よろしくね。それで、こっちにいるのが、めぐねぇ。この学校の先生」

みーくん「……?」

ゆき「え? あ、ごみぃ。だって、めぐねぇのが言いやすいんだもん」

みーくん「…………」

ゆき「違うよ。違うって、めぐねぇ。そういう意味じゃないからさ。親しみやすいっていうか」

みーくん「?」

ゆき「あ、そうだ。ねぇ、みーくん、喉乾いてない? 良かったらお水飲む?」

みーくん「あ、はい。頂きます」

ゆき「」ゴクッ、ゴクッ

みーくん「」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:06:28.58 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「ふーん。みきだから、ミキティって呼んで欲しいんだ」

みーくん「一言も言った覚えないです」

ゆき「それじゃあ、みーくんだね。早速学校を案内してあげるよ」

みーくん「水は?」

ゆき「ほら、みーくん、おいで。こっちだよ、こっち」

みーくん「あ、ちょっと、ドア開けっぱなしなんですけど」

ゆき「大丈夫、大丈夫。あれ、自動ドアだから」

みーくん「何でそんなまるわかりの嘘つくんですか!?」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:09:45.38 ID:pJ2MEVsuo
【音楽室】


ゆき「まずここが、音楽室。部活のみんな、いるかなー」

みーくん「……部活? 部活って、合唱部とか軽音部とかの、あの部活ですか?」

ゆき「そうだよ。もうすぐ文化祭があるから、多分、みんな今日も練習してると思う」

みーくん「……そんな、まさか」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:13:00.22 ID:pJ2MEVsuo
みーくん(もしかして……あれは全部夢の中の出来事だったの……?)

みーくん(そうだよ……ゾンビなんているはずがない。あれは私の夢だったんだ)

みーくん(このドアの向こうには、軽音部の人がいて、ギターやドラムを使って練習してて……)

みーくん(そんな何でもない光景がきっとあるんだ……)
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:16:13.28 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「じゃあ、開けるね」

ゆき「お邪魔しまーす」ガラッ


みーくん「……!」


ゆき「あ、やっぱりいた。みんな、練習してるね」

みーくん「…………」

ゆき「それにしても、音楽室ってすごいよね。楽器とかいっぱいあってさー」

みーくん「……本当に、すごいですね……」




7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:19:24.51 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「エライヤッチャ、エライヤッチャ、ヨイヨイ、ヨイヨイ!」ズンドコ

りーさん「踊る阿呆に見る阿呆! 同じアホなら踊らにゃ損、損!」ズンドコ

くるみ「ア、ヤットサー、ヤットサー!」ズンドコ

りーさん「ア、ヤットサー、ヤットサー!」ズンドコ


みーくん「…………」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:24:54.77 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「あれ、気が付いたのか?」

りーさん「あら、おはよう。もう起きても大丈夫なの?」

みーくん「……はい。それで……二人とも一体、何をしてたんですか?」

くるみ「ああ、それはわかる。気になるよな。でも、その前にまず自己紹介しとかないと」

みーくん「あ、はい……」

くるみ「私は一体誰でしょう?」

みーくん「だから、テンドンとかやめて下さい!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:28:03.64 ID:pJ2MEVsuo
りーさん「まったく、ゆきちゃんもくるみも冗談ばかり言ってちゃダメよ。きちんと自己紹介しなきゃ」

みーくん「そう言いつつ、あなたも絶対似たような事を言いますよね? もう騙されませんよ」

りーさん「そんな事言わないわよ。私の名前は『わかさゆうり』。この学校の三年生よ」

みーくん「え? あ、はい……」

りーさん「これから、よろしくね」

みーくん「はい……。よろしくお願いします」

りーさん「それで、あなたのお名前は?」

みーくん「あ、すみません。私の名前は『なおきみき』です」

りーさん「またの名をリュシータ・トゥエル・ウル・ラピュタと」

みーくん「いえ、なおきみき、です」

りーさん「君の一族はそんな事も忘れてしまったのかね」

みーくん「なおきみき、です」

りーさん「こいつの体が金属で出来ているのか粘土で出来ているのか、それすらも今の我々の科学力では」

みーくん「人間です(怒)」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:31:08.85 ID:pJ2MEVsuo
みーくん「それよりもさっきから気になってたんですけど、ゆき先輩」

ゆき「……!!」

みーくん「どうしたんですか?」

ゆき「俺の名を言ってみろ」

みーくん「ゆき先輩……ですよね?」

ゆき「せ・ん・ぱ・い♪」

みーくん「……大丈夫ですか?」

ゆき「めぐねぇ。聞いた? わたし、先輩だよ。すごくない?」

みーくん「ですから……」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:34:28.53 ID:pJ2MEVsuo
みーくん「ゆき先輩」

ゆき「ん? なになに、みーくん、何?」

みーくん「その、めぐねぇって、誰ですか?」

ゆき「え……」

くるみ「!」
りーさん「!」

みーくん「さっきから一体、何と話をしてるんですか?」

ゆき「……え、や、やだなあ、みーくん。そんな事言ったらめぐねぇが傷ついちゃうよ……」

くるみ「みーくん、ちょっとこっちに」

りーさん「ええ、早く」

みーくん「え……?」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:38:22.24 ID:pJ2MEVsuo
【屋上】


みーくん「……何ですか、大事な話って」

くるみ「どうしても言っておかなきゃいけない事があるんだ……」

りーさん「ええ……。みきさんがここにいる以上は伝えておかなきゃいけない事なの」

みーくん「でも……何でこんな屋上まで……」

くるみ「それは、ここにお墓があるからだよ」

みーくん「お墓……?」

りーさん「ええ、これ……」

みーくん「本当だ……。でも、誰の何ですか?」

くるみ「ここがお前の墓場だ」

りーさん「あなたの死に場所よ」

みーくん「」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:41:42.70 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「本当は……さっき言ってた、めぐねぇのなんだ……」

みーくん「めぐねぇの、お墓……?」

りーさん「もう亡くなってしまったの……」

みーくん「そうだったんですか……」

くるみ「ああ。だから、私たちはめぐねぇを供養する為に阿波踊りを踊ってたんだ……。踊り念仏を知らないから」

みーくん「自分の言ってる事に何か疑問はないですか?」

くるみ「だけど、ゆきはめぐねぇが死んだっていう、その現実を受け止めきれなかった。だから……」

りーさん「ゆきちゃんの中では……めぐねぇも死んでいないし、ゾンビが発生もしてはいないわ。いつもと変わらない日常が続いてるの……」

みーくん「…………」

くるみ「めぐねぇはゆきの支えだったんだ。とてもいい先生だった……」

りーさん「本当に……。優しい人だったわ……。自分の事よりも私たちの事を心配するような、そんな先生だったの……。あの時もそうだったわ……」

みーくん「…………」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:44:58.41 ID:pJ2MEVsuo
【回想】


ゆき「今日のご飯は、お雑煮、お雑煮♪」

めぐねぇ「お餅は日持ちするから、助かったわね」

りーさん「ええ、本当に。お腹もふくれますし」

くるみ「それじゃ、みんな、食べようぜ。美味しそう」


「いっただきまーす」


ゆき「」ガツガツ、モグモグ

くるみ「おい、ゆき。そんなに慌てて食べると、餅を喉に詰まらせるぞ」

りーさん「そうよ。お正月に毎年一人ぐらいは救急車で運ばれる人が出るんだから」

めぐねぇ「うっ!」ドサッ


「めぐねぇぇぇぇぇ!!」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:49:38.55 ID:pJ2MEVsuo
【回想、終】


くるみ「その時、雑煮の餅を喉に詰まらせてめぐねぇは亡くなったんだ……」

りーさん「悲しい出来事だったわね……」

みーくん「その回想……必要でしたか?」


くるみ「ただ、ゆきの中では今でもめぐねぇが生きてる事になってる……」

りーさん「だから、みきさんもゆきちゃんの話に合わせてあげて欲しいの。今は、それが必要だと思うから」

みーくん「でも……そんなの納得出来ません。ゆき先輩にはきちんと教えて、治ってもらった方がいいと思います」

りーさん「知った風な口をきかないで!」

みーくん「……!?」

くるみ「私たちが毎日どんな気持ちで過ごしてると思ってるんだ! 来たばっかのお前に何がわかるって言うんだよ!」

みーくん「…………」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:53:02.13 ID:pJ2MEVsuo
りーさん「……冷たい事を言うようだけど、今は私たちの言う通りにして。ゆきちゃんに話を合わせてあげて」

くるみ「ゆきが、めぐねぇがいるって言うなら、めぐねぇはそこにいるんだ。死んでなんかいない」

みーくん「だけど……」

りーさん「今は、あなたもここの事がよくわかってないわ。私たちの事も、ゆきちゃんの事も」

くるみ「だから、少なくともわかるまではこのままにしてくれ。ゆきは私たちにとっての大事な仲間だし、友達だ。それだけは確かだから」

みーくん「……わかりました。でも、ここの事を、ゆき先輩の事をちゃんと理解するまでです。それなら……」

りーさん「ええ、今はそれでいいわ」

くるみ「そうだな」

みーくん「…………」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 00:56:45.56 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「それじゃあ、戻るか……。ゆき一人にしとくのも心配だし」

りーさん「そうね。ゆきちゃん、危なっかしいから」

みーくん「…………」

くるみ「この前も、勝手に家に帰りそうになったしな」

りーさん「あの時はめぐねぇが止めてくれたから良かったけど……。でも、また止めてくれるとは限らないし……」

くるみ「ああ、早く戻ろう」

りーさん「そうね」

みーくん「…………」スッ (ドアに手をかける)


ドンッ! ドンドンッ!!


みーくん「」ビクッ

くるみ「どうした!? おい!?」

りーさん「なに!? 誰がドアを叩いてるの!?」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 01:00:03.30 ID:pJ2MEVsuo
シーン……


くるみ「おい! ゆき!? ドアをさっき叩いてたのはゆきなのか!?」

りーさん「ゆきちゃんなの!? 返事をして!?」


ドンドンッ!! ドンドンドンドンッ!!


みーくん「ひっ!」ビクッ

くるみ「なんだよ、これ! ゆき! ゆき!! 返事をしてくれ!!」

りーさん「まさか……ゆきちゃん、ゾンビに……」

くるみ「やめろよ、りーさん! 違う! ゆきがゾンビなんかになるはずがっ……!」

みーくん「ゆき先輩! ゆき先輩なんですよね!? 返事をして下さい!!」

くるみ「ゆき! ゆきなんだろ!?」


ドンドンドンッ!! ドンドンドンドンドンッ!!


みーくん「!!」ビクッ

くるみ「ゆきじゃない……っ!? 」

りーさん「ゆきちゃんっ!!」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 01:03:13.87 ID:pJ2MEVsuo
『あ゛あ゛あ゛……』


ドンドンドンドンドンッ!! ドンドンドンドンドンッ!!


みーくん「いやー!!」

くるみ「そんなっ……!」

りーさん「嘘でしょ……!!」


『フルコンボだドン!』ドンッ!


みーくん「え……」

くるみ「なんだ、和田ドンかよ、もう……」

りーさん「あー、びっくりした……」ホッ


みーくん「ええええ!?」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 01:06:27.50 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「」ガチャッ (ドアを開ける)

ゆき「もう一曲遊べるドン!」ドヤァ

りーさん「また太鼓の達人ごっこをしてたの、ゆきちゃん?」

ゆき「えへへ」

みーくん「」

くるみ「あれ、びっくりするからやめろよな。心臓に悪いぜ」

りーさん「そうよ。ゆきちゃん。まったくもう」コツン

ゆき「ごみぃ。つい」テヘヘ

みーくん「」

くるみ「さ、じゃあ戻ろうぜ」

りーさん「そうね、行きましょ」

ゆき「うん!」

みーくん「……何なの、この人たち」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:01:20.48 ID:pJ2MEVsuo
【部室】


ゆき「体育祭をしよう!」

みーくん「え」

くるみ「また、唐突だな、ゆき。どうした?」

ゆき「さっきね、このボッスン帽子にビビッと来たの。今日は体育祭をやりたいって」

みーくん「そんな……。こんな時に体育祭だなんて……」

くるみ「じゃあ、しょうがないな。今日は阿波踊りを中止して、体育祭にするか」

みーくん「え」

りーさん「そうねえ。ゆきちゃんがそう言うならねえ」

みーくん「え」

ゆき「言っとくけど、新入りのみーくんに拒否権はないからね」

みーくん「え」

くるみ「諦めな、みーくん」

みーくん「えええ……」
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:04:35.39 ID:pJ2MEVsuo
【50メートル走】


ゆき「位置について」


みーくん「」サッ (クラウチングスタート)

くるみ「」サッ (鳳凰の構え)


ゆき「よーい……」


みーくん「」ジリッ

くるみ「フォオオオオア……」


ゆき「へっくしょん!」


みーくん「え……!」ダダダダッ (ダッシュ)

くるみ「みーくん、フライングー!」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:07:52.93 ID:pJ2MEVsuo
【二人三脚】


ゆき・みーくんチーム

くるみ・りーさんチーム


ゆき「みーくん、勝つよ。タイミング合わせてね。さっきみたいにフライングしちゃダメだよ」

みーくん「何で私のせいみたいになってるんですか……」


くるみ「飛べないみーくんはただの豚だ」

りーさん「見ろ、みーくんがゴミのようだ」


みーくん「ひどくないですか、先輩たち!?」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:11:17.42 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「それじゃ、位置について……」

りーさん「時間だ、答えを聞こう!」

ゆき「バルス!」


くるみ・りーさん「」ダダダダッ (ダッシュ)

ゆき・みーくん「」ベタッ (転倒)


ゆき「ちょっと、みーくん! タイミング合わせてよ!」

みーくん「先輩のスタートの号令、おかしいんです!」
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:14:35.52 ID:pJ2MEVsuo
【玉入れ】


くるみ「玉入れだー」ポイッ、ポイッ

ゆき「それー」ポイッ、ポイッ

りーさん「うふふ」ポイッ、ポイッ

みーくん「ようやく普通に……」


くるみ「あははっ。ゆきの玉はカーット!」ペシッ

ゆき「もう、くるみちゃん、何するのー。ひどいよー」

くるみ「悔しかったら、入れてみろってー」アハハッ

ゆき「負けないもん、それー」ポイッ、ポイッ

くるみ「甘い甘い、全部カーット!」ペシッ、ペシッ

ゆき「もう、くるみちゃんのイジワルー」キャッキャッ

くるみ「あ、コラ、叩くなよ、ゆきー」キャッキャッ


みーくん「…………」
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:18:25.84 ID:pJ2MEVsuo
【綱引き】


ゆき「うー! うー……!!」(渾身の力を込めて引く)

りーさん「ふふ」(片手持ち)


みーくん「なにあの人、すごい……」


くるみ「よっ、みーくん。どうだ、体を動かすって楽しいだろ? ……意味がないってわかってるけど、でも、それが必要な時もあるんだよ」

みーくん「それより、りーさんの怪力の方が気になります」


ゆき「んー!! んんーっ!!」(顔真っ赤)

りーさん「うぬの全力はこれしきか」(阿修羅顔)


くるみ「ゆきはさ……。こういう風に、それが必要な時に必要な事を言い出すんだ。私たちがショッピングモールに行ったのも、ゆきが最初に言い出した事だし」

みーくん「そんな事より、りーさんの顔面の方が気になります」
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:21:38.08 ID:pJ2MEVsuo
【部室】


りーさん「みんなー、ご飯ができたわよー」

ゆき「おお! 今日はシチューだー。美味しそー」

くるみ「たっぷり運動したから、余計にそう思えるよな」

りーさん「お代わりもあるから、みんな遠慮なく食べてね」

ゆき「はーい!」


みーくん「……いい匂い」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:25:15.92 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「」ガツガツ、モグモグ

くるみ「相変わらず、その食べ方直らないなあ、ゆきのやつ」

りーさん「ふふ。そうね」


みーくん「…………」ソッ (スプーンですくう)

みーくん「」パクッ

みーくん「……!」


みーくん「美味しい……」


くるみ「味音痴の西洋人が作ったこんなゲスな食べ物を私に食わせるのか!」

りーさん「女将を呼べ! この私に豚の餌を食わすとはいい度胸だな!」

ゆき「美味しいよねー」

みーくん「はい。とても」
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:28:45.75 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「めぐねぇも、美味しい?」

みーくん「あ……」

ゆき「だよねー。やっぱりお肉美味しいよねー。今日の疲れが吹き飛んじゃうっていうかさー」

みーくん「…………」

ゆき「え? そんな事ないよー。めぐねぇ、スタイルいいもん。本当だよ」


みーくん(……いない人が見えてるゆき先輩。普通なら治さなきゃいけないけど……)

みーくん(でも、ゆき先輩はとても明るくて、こんな状況でも楽しそうで……)

みーくん(……必要な事を必要な時に言い出す、か)

みーくん(こんな状況だからこそ……ゆき先輩は本当に必要なものがわかっているのかも……)

みーくん(だとしたら……)
38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:32:26.69 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「ねぇ、みーくんもそう思うよね?」

みーくん「え……?」

ゆき「だから、めぐねぇの事。めぐねぇ、綺麗だし太ってなんかいないよね?」

みーくん「あ……はい。そうですね」

ゆき「ほら、みーくんもこう言ってるよ。だから、自信持ってよ、めぐねぇ」

みーくん(これで……いいのかも)ニコッ

ゆき「ほらほら、みーくんも、もっと言ってあげて。めぐねぇどんどん落ち込んじゃうから」

みーくん「そうですね。めぐねぇはとても綺麗ですよ。だから、安心して下さい」

ゆき「あ、めぐねぇ、今、向こうだから。なに壁と話してるの、みーくん?」

みーくん「」
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:36:08.94 ID:pJ2MEVsuo
【シャワー室】


みーくん「…………」トコトコ (全裸)

みーくん「」キュッ (シャワーのコックをひねる)


ジャバー……


みーくん「あっつ!! 熱湯! 熱湯!」ピョン、ピョン
40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:39:30.22 ID:pJ2MEVsuo
【シャワー後】


みーくん「はぁ……」トコトコ (バスタオル一枚)

りーさん「あら……?」

みーくん「あ、シャワーありがとうございます」

りーさん「いいのよ、気にしないで」


りーさん「それで……」

みーくん「はい」

りーさん「今日一日、どうだった?」


みーくん「……なんて言うか……楽しかったです。こんな風な気持ちになれたの、本当に久しぶりで……」

りーさん「そう。良かった」ニコッ

みーくん「はい」
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:42:56.37 ID:pJ2MEVsuo
みーくん「それで……あの……ゆうり先輩」

りーさん「あら、なに? どうしたの?」

みーくん「私も学園生活部に入部させて下さい。仮入部とかでもいいですので!」ペコッ

りーさん「え……」

みーくん「今日一日、過ごしてわかりました。私もこの部に入りたいんです!」

りーさん「…………」

みーくん「ダメ……ですか?」

りーさん「」スッ (手を差し出す)

みーくん「あ……!」パアッ


りーさん「だが断る」

みーくん「」
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:47:08.68 ID:pJ2MEVsuo
りーさん「この『わかさゆうり』の好きな事は!」

りーさん「相手を期待させてから一気に奈落の底に蹴落とす事だ! 今のお前のようにな!」

みーくん「」


りーさん「ふふっ。歓迎するわ。『なおきみき』さん。学園生活部へようこそ」

みーくん「え、じゃあ……」

りーさん「ええ、さっきのは冗談よ。これからよろしくね」ニコッ

みーくん「あ、ありがとうございます!」

りーさん「と、言うとでも思ったのか?」

みーくん「どっちなんですか!!」
43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:50:55.98 ID:pJ2MEVsuo
りーさん「嘘よ、嘘。本当の本当に、あなたを歓迎するわ」

みーくん「良かった……」

めぐねぇ「これからよろしくね、みきさん」

みーくん「はい、よろしくお願いしま……誰ですか」

めぐねぇ「私が餅を喉に詰まらせて死んだと言ったな。悪いな、それは嘘だ」

みーくん「」


ゆき「ドッキリ!」

くるみ「大成功!」

りーさん「やったわね」ニコッ

めぐねぇ「ええ」ニコッ


みーくん「何してるんですか、あなたたちはっ!!」
44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:54:22.85 ID:pJ2MEVsuo
【現在】


くるみ「ああ、懐かしいなあ。そんな事もあったけ」

みーくん「私は絶対にあの時の事を忘れません」

ゆき「だって、普通の歓迎会じゃつまんなかったから、りーさんが何かしようって言い出してさあ」

りーさん「そうそう。それで、影が薄いっていつも言われてるめぐねぇを、本当にいない事にしたらどうかなって話になったのよね。懐かしいわ」

めぐねぇ「私、あの時はずっと見つからないように、教室の掃除道具入れの中に隠れてたのよねえ。もう蒸し暑くて蒸し暑くて、大変だったんだから」

ゆき「みーくん、まんまと騙されたよね。ぷぷぷー」

みーくん「誰だって騙されます、あんなの!」

太郎丸「わんわん!(帰ってきた! 黄泉の国から戦士たちが帰ってきた!)」
45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 15:57:36.44 ID:pJ2MEVsuo
くるみ「いやー、でも、面白かったよな、あれ。ビデオカメラで確か隠し撮りしてたよな、あの時」

みーくん「そんな事までしてたんですか!?」

りーさん「あのテープならちゃんと編集してあるわよ。今から見てみる?」

みーくん「や、やめて下さい! 恥ずかしい!」

ゆき「そうだね、見よう! 今からビデオ鑑賞会だよー! めぐねぇ、いいよね?」

めぐねぇ「ふふ。いいですよ。じゃあ早速準備してきましょうか」

みーくん「めぐねぇまでやめて下さい! 私、晒し者じゃないですか!///」

くるみ「よっしゃ! 手伝うぜ、めぐねぇ!」

めぐねぇ「あら、ありがとう。それじゃ一緒にこっちに来て」

みーくん「ま、待って下さいよ!///」
46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 16:01:02.57 ID:pJ2MEVsuo
ゆき「ねぇねぇ、みーくん」

みーくん「な、何ですか?」

ゆき「これからもこうやって、いっぱい、いーっぱい、楽しい思い出作ってこうね」ニコッ

みーくん「……ゆき先輩」

ゆき「そしたら、救助が来るまで、みんなでずっと笑っていられるよ」

みーくん「……そうですね」ニコッ

ゆき「それに、みーくんの隠し撮りまだ他にもたくさんあるし」

みーくん「!?」

ゆき「よだれ垂らしてる寝顔とか、屋上でダンスを踊ってゾンビ相手にアイドルコンサートを一人でやってたところとか」

みーくん「や、やめて下さい!/// なにこっそり撮ってるんですか!」

『おーい、みんなー、上映会の準備出来たぞー』

ゆき「お。きたー、楽しみだね、みーくん♪」

みーくん「ちょ、え、中止して下さい! 恥ずか死にます! やめて下さいよ!///」

ゆき「ダーメだっよー♪ 部活に入りたいって言ったの、みーくんの方なんだから」

みーくん「それとこれとは別です!///」




49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/08/15(土) 20:23:03.79 ID:ptea+oB4o
乙!
みーくんまで何してるんだww
お奨め記事
8月19日 00時00分|がっこうぐらし!0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告