記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 22:14:23.16 ID:G+Dq4C3i0
裕子「最初は、私をアイドルの世界に連れて行ってくれる『いい人』というだけでした」

裕子「でも、一緒にお仕事を頑張ったり、私を一生懸命プロデュースしてくれる姿を見ているうちに……」

裕子「どうやら、プロデューサーのことが好きになってしまったみたいです」

裕子「こんな経験初めてで、どうしたらいいかわからなくて……」

裕子「だから、お二人に相談しようと思ったんです」



凛「………」

まゆ「………」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/04(木) 22:28:57.43 ID:aCledFK+o
あかん
3:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 22:32:36.17 ID:G+Dq4C3i0
凛「あの、ひとついいかな」

裕子「はい?」

凛「なんで私達に聞こうと思ったの?」

裕子「なんとなく恋愛に詳しそうだったので!」

凛「そ、そうなんだ」


凛「ちょっとどうするのこれ」ヒソヒソ

まゆ「この3人、全員想い人が同じですねぇ」ヒソヒソ

凛「普通にアドバイスしたら敵に塩を送ることになっちゃうよ」ヒソヒソ

まゆ「でも……」ヒソヒソ


裕子「どきどき」


まゆ「あの期待に満ちた視線を受けると、はっきり断ることもできませんしねぇ」ヒソヒソ
4:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 22:50:40.69 ID:G+Dq4C3i0
まゆ「ええと……ちなみに、Pさんのどこがいいと思ったんですか?」

裕子「どこが、ですか……うーん、やっぱり優しいところだと思います。私がお仕事で失敗しても、次につなげればいいよって励ましてくれますし」

まゆ「ああ、わかりますわかります。いいですよねぇ、優しいところ」

裕子「あと、真っ直ぐお仕事に取り組んでいるところもいいなあって。汗水たらして頑張っている姿を見ると、私も頑張らなきゃって思えます」

凛「わかるわかる。たまにシャツを嗅ぐと匂うあの汗臭さがたまらないよね」

裕子「えっ?」

まゆ「いえいえなんでもないですよぉ(ちょっと何言ってるんですか凛さん)」

凛「ごめん、つい本音が」
5:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 22:58:00.49 ID:G+Dq4C3i0
裕子「でも、プロデューサーのほうはなかなか私を意識してはくれないみたいで」

裕子「オーストラリアに行ったときは結構な時間一緒にいたんですけど、特になにもなかったですし」

裕子「温泉に行ったときはうっかりバスタオルをずらして、一瞬胸をあらわにしてしまったんですけど、プロデューサーはほとんどノーリアクションでした」

裕子「どうしたら女の子として見てもらえるんでしょう」

まゆ「それはまゆ達が聞きたいくらい……いいえ、なんでもありません」
6:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 23:08:58.06 ID:G+Dq4C3i0
凛「(うっかり胸をあらわに! そういうアピールもあるのか……)」

まゆ「……ちなみに、今までPさんにされてうれしかったこととかありますか?」

裕子「うれしかったことですか? そうですね……この前ライブがうまくいったとき、頭を撫でてもらえました!」

まゆ「そうですかぁ」

凛「頭を撫でてもらうくらいなら私だって経験あるよ」キリッ

裕子「はあ、そうなんですか」

凛「うん。10回くらいかな」キリッ

裕子「10回もですか! うらやましいです!」

まゆ「(凛ちゃんはどうして張り合い始めているんですかねぇ……純粋な裕子ちゃんには効果ないですよ?)」
7:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 23:19:29.30 ID:G+Dq4C3i0
裕子「どうしたらプロデューサーにアプローチできるんでしょう……?」

まゆ「そうですね……」


まゆ「どう思います?」ヒソヒソ

凛「うーん。確かに裕子はかわいいけど、今のところそこまで脅威はないんじゃないかな」ヒソヒソ

まゆ「理由を聞きましょう」ヒソヒソ

凛「あの子のキャラ的に、あんまり性欲をかきたてる感じではないから」ヒソヒソ

まゆ「ぶっちゃけましたね。アイドルが性欲とか言っちゃだめですよ?」ヒソヒソ

凛「それを言ったら恋の議論してる時点で全員アウトだよ」ヒソヒソ

まゆ「ですね。では、とりあえず裕子ちゃんへの警戒レベルは並程度ということで」ヒソヒソ

8:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 23:28:05.57 ID:G+Dq4C3i0
裕子「やっぱり普段の態度が問題なんでしょうか? 基本おバカキャラで通していますし」

凛・まゆ「!?」


凛「ちょっと待って。今あの子、『おバカキャラ』って言ったよね」

まゆ「言いました」

凛「キャラだったの? 素でちょっぴりアホの子じゃなかったの?」

まゆ「まさか、バカのふりをしているだけ……そうなると、先ほどの評価を改めなければならないですよ」

凛「……はっ!?」

まゆ「どうしましたか?」

凛「裕子がアホの子でないのなら……まさか、今このやりとりもあの子の計算あってのもの? 私達を牽制するために、わざわざ相談を持ちかけてきたんじゃ」

まゆ「そ、そんなっ……それじゃあまるで策士じゃないですか!」
9:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 23:35:18.20 ID:G+Dq4C3i0
裕子「もう少し頑張るべきなんですかねー。どう思います?」

裕子「凛ちゃんとまゆさんの意見が聞きたいです」ニコッ

凛「え、えっ? そ、そうだね……」



凛「駄目だ、裕子のすべての発言に(意味深)がついてるように思えてしまう」

まゆ「頑張るってどう頑張るつもりなんでしょう……考えが読めませんねぇ」

凛「くっ。あの笑顔の裏にはいったい何が隠れているの……?」

11:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 23:45:07.94 ID:G+Dq4C3i0
裕子「決めました! ちょっと私、今からしっかり者のお姉さんになります」


凛「しっかり者!? まさか、本気を出すつもりなの?」

まゆ「ど、どうなってしまうんでしょう――」


ちひろ「みんなー。和菓子をもらったんだけど食べる?」ガチャ

裕子「わーい」

裕子「おお、どら焼きがあるじゃないですか!」キラキラ

ちひろ「他の子のぶんも残さないとだめよ?」

裕子「はーい。では早速いただきます」

裕子「もぐもぐ」

裕子「ふう、ごちそうさまでした」


まゆ「………」

凛「……裕子、お姉さんキャラは?」

裕子「はっ、忘れてました!」ガーン

凛「(あ、これ素でアホの子だ)」

まゆ「(ほっとしました)」
12:◆C2VTzcV58A:2015/06/04(木) 23:55:56.02 ID:G+Dq4C3i0
裕子「うーん、難しいですね。おバカキャラならいつもできるのに」

凛「いや、それは多分キャラじゃないからだと」

まゆ「(とりあえず、裕子ちゃんへの評価は据え置きで大丈夫そうですね)」



P「おーい裕子。もうすぐ撮影の時間だぞ」ガチャ

裕子「あ、プロデューサー。もうそんな時間ですか」

P「おう。現場まで送るから準備してくれ」

裕子「準備はできてます。行きましょう!」

凛「いってらっしゃい」

まゆ「頑張ってくださいねぇ」

裕子「ありがとうございます! ……あ、そうだ。プロデューサー、日曜日のお出かけの件ですけど」

P「ああ、大丈夫だ。スケジュールに空きも作れたし」


凛・まゆ「……お出かけ?」
13:◆C2VTzcV58A:2015/06/05(金) 00:04:28.32 ID:34rl3onb0
凛「プロデューサー。裕子とどこか出かけるの?」

P「ああ。近場のパワースポットめぐりにな」

裕子「最近のオフは、私の趣味にプロデューサーも付きあってくれてるんです」

P「半ば恒例と化しつつあるな。さ、遅れないうちに行くぞ」

裕子「はい。ではふたりとも、いってきます!」

バタン


凛「……ふーん」

まゆ「うふふ、恒例ですかぁ」

凛「とりあえず、奈緒と加蓮に報告しよう」

まゆ「まゆも、響子ちゃんに知らせておきますね」
14:◆C2VTzcV58A:2015/06/05(金) 00:08:09.84 ID:34rl3onb0
移動中

裕子「むむっ」

P「どうした?」

裕子「なにやらびびっときました! 私のサイキック予知能力が何かを告げようとしているような」

P「ははは。なんだそりゃ」

裕子「むー、信じていませんね?」プクー


裕子「絶対何か起きますからね!」


おわり
16:◆C2VTzcV58A:2015/06/05(金) 00:12:00.73 ID:34rl3onb0
ユッコの「おバカキャラで通してる」発言は劇場478話にあります。この回のユッコくっそかわいい

お付き合いいただきありがとうございました
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/06/05(金) 00:32:06.03 ID:R4tzZiN40
めっちゃ好みの展開だから続き頑張れ!
お奨め記事
6月6日 10時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告