記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:37:47.07 ID:k1wdW56k0
あらすじ
私はこの素敵な魔法を信じています。どんな時もずっと。


IMCG第5話

前話
市原仁奈「IMCG・いっしょにいて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430307103/

設定はドラマ内のものです。

それでは、投下していきます。
2:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:38:44.57 ID:k1wdW56k0


私の夢はアイドルになることなんです。

私が小さい頃に、男の人のみんなが夢中で、女の人のみんなが憧れたアイドルがいたんです。

歌もダンスも得意で、スポットライトに照らされた姿は本当に輝いていて。

私もいつかそのステージに立てたらいいな、って小さい頃から思っていました。

私、こう見えても頑固なんです。

ボーカルもダンスもビジュアルも凄くないけれど、諦めたりしませんでした。

信じていれば夢は叶う、小さな頃に見た映画のネズミ達の歌を信じてます。

ずーっと、ずーっと持ち続けてきた夢。

そうしたら、魔法使いさんが褒めてくれました。笑顔を、私の笑顔を!

おとぎ話はここから始まって。

始まって……

そういえば、昨日は誕生日だったんですよ!パパとママとおばあちゃんがお祝いしてくれて!

17歳になりました。

はい。

さっき言っていた皆が憧れたアイドルは、もうこの年で引退しています。

今はお母さんとして幸せに暮らしているそうです。

頑張ります。

私は、頑張って、この夢を。

叶えないといけないんです。

序 了
3:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:43:19.19 ID:k1wdW56k0
OPテーマ

HEATS UP!!

歌 松永涼



IMCG・オペレーションルーム

兵藤レナ「おはよう!みんないるかしら?」

兵藤レナ
通称は司令。シュリンク含めてIMCG全ての責任者。

古澤頼子「揃っています」

古澤頼子
IMCGのオペレーター。今日は週間報告の進行役。

レナ「それじゃあ、始めましょうか。オペレーターから、お願いね」

頼子「はい。愛結奈さん、雪菜さん、お願いします」

浜川愛結奈「オペレーターからの報告は、特筆事項なしよ」

井村雪菜「先週にIMCの出現はありませんでしたぁ」

浜川愛結奈
IMCGのオペレーター。シュリンクで収集したデータの解析も行っている。

井村雪菜
IMCGのオペレーター。オペレーターの中では一番の新入り。

愛結奈「技術側の訓練補助が今週は主な業務ね」

雪菜「IMCの出現に備えて、カルテの改善案を検討中ですぅ」

頼子「欠勤は0です」

愛結奈「報告は以上よ」

レナ「オペレーター側からの提案事項はある?」


愛結奈「そうね、あれかしら」

レナ「あれ?」

雪菜「データベースの話ですねぇ」

愛結奈「そうよ。警察のデータベースにここからアクセス出来ないの?」

レナ「もっと範囲を広げろ、ってことね」

頼子「はい。即座に対応できないかと」

レナ「検討はするわ。期待はしないで」

愛結奈「了解よ」

レナ「ありがとう。引き続き、対応を」

頼子「わかりました。次は事務室から」
4:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:44:17.57 ID:k1wdW56k0
松山久美子「事務室から連絡は一つです。優ちゃん、配ってくれる?」

太田優「はぁーい。今から配るねぇー」

松山久美子
IMCGの事務職員。今日は制服着用。

太田優
IMCGの事務職員。彼女達も身分上は警察官。

久美子「健康診断があるから、お願いします」

太田優「名前はもう書いてあるけどぉ、間違ってたら事務室まで来てくださいねぇー」

レナ「ダイエットでもしようかしら?」

持田亜里沙「司令は大丈夫ですよ」

持田亜里沙
IMCGの事務室付職員。本当は託児所勤務のはずだった。

優「無理なダイエットはダメだよー?」

レナ「冗談よ。他には?ないようね」

頼子「ありがとうございました。次は警備室から」
5:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:45:55.36 ID:k1wdW56k0
伊集院惠「おはようございます」

大和亜季「おはようございます!」

伊集院惠
IMCG所属の警察官。凛々しい表情とクールな振る舞いのお姉さん。

大和亜季
IMCGに派遣されている警察官。本籍は警視庁交通部のまま。

惠「警備室からも特にはありません。技術部の訓練には参加をしました」

亜季「長期使われていない設備や部屋の確認をこちらで行う予定であります」

レナ「警察の方と対策についての打合せは?」

惠「やり取りはしていますが、一度課長を交えて話し合いをしたほうが良いかと」

レナ「わかったわ。機会を設けてくれたら、出席するわ」

惠「よろしくお願いします」

頼子「オペレーター側からも出席をしましょうか」

愛結奈「そうね。考えておくわ」

頼子「ありがとうございます。次は、パイロットから」
6:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:47:25.17 ID:k1wdW56k0
木場真奈美「特筆事項はないよ」

木場真奈美
シュリンク4、ウルフのパイロット。銃器を自身の一部と感じることで、シュリンク内蔵兵装を操作可能。

西島櫂「技術部の訓練と、個人的なトレーニングくらい?」

梅木音葉「そうですね……それくらいかと」

西島櫂
シュリンク6、ドルフィンのパイロット。大学に通いつつ、パイロットとしての技量を高めている。

梅木音葉
シュリンク5、ディアーのパイロット。ここ数か月出撃はない。

レナ「そういえば、過去の出撃データは整理してる?」

真奈美「ぼちぼちだ。櫂君に勉強がてらお願いしている」

櫂「IMCって本当に色々なんだね」

レナ「引き続き、お願いするわ。シュリンク関係で気になることは?」

音葉「……特にはありません」

櫂「まだどれくらいのことが出来るかわかってないんだよねー。できれば、ドルフィンを実際に動かしたいんだけど」

レナ「実地訓練は見当が必要かしら」

真奈美「実践だけでは厳しいな」

櫂「うん。あたしは練習あるのみだしさ」

音葉「……」

レナ「したいところだけど、あれなのよね」

櫂「あれ?」

レナ「予算がね。昔よりも勝手に出来ないのよ」

櫂「ふーん」
7:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:49:27.69 ID:k1wdW56k0
レナ「ありがとう。次へ」

頼子「技術班からどうぞ」

一ノ瀬志希「訓練が、2回~。シュリンクの出撃はスムーズになってるかなー?」

高峯のあ「ええ……開発に執着してるわけにはいかないわ」

池袋晶葉「出来ればしたいところだが、運用に全力をあげるべきだろう」

池袋晶葉
IMCGの技術主任。週間報告は彼女が学校に間に合うように朝に行われる。

高峯のあ
IMCGの技術職員。内部兵装などを担当している。

一ノ瀬志希
IMCGの技術職員。この3人の会話には着いていけない、がIMCGの共通認識。

志希「ねぇー、新兵器とか付けちゃわない?かっこいいよ~?」

レナ「警察を納得させる書類を作ってくれるならね」

志希「えぇ~」

レナ「志希ちゃんはシステムをお願いね」

志希「はーい。シミュレータとか必要だもんねぇ~」

のあ「……そうね」

レナ「シュリンクの状態は?」

晶葉「問題はない。シュリンク4、5、6は常に出撃可能だ」

レナ「シュリンク6の操作性改善は進んでる?」

櫂「あ、そんな話があるの?」

晶葉「まだパイロットにもあげてないレベルだ。案はあるが」

のあ「……もう少し時間を」

レナ「了解。ゼットテクニカの技官達と通常業務は怠らないで」

晶葉「わかってる」

頼子「あとは、司令お願いします」
8:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:51:00.04 ID:k1wdW56k0
レナ「私からは特には。清良ちゃん、連絡をお願い」

柳清良「はい」

柳清良
兵藤レナ付の職員。常に微笑みをたたえている。

清良「本日、来客があるので失礼のないように」

晶葉「来客?」

清良「ええ。ゼットテクニカの役員が視察に」

櫂「へー、視察かぁ」

真奈美「問題は、誰かだ」

櫂「何かあるの?」

晶葉「で、誰が来るんだ?」

清良「副会長ですよ」

のあ「……ああ」

志希「あーあ」

真奈美「ああ……」

櫂「その反応は不安になるんだけど」

レナ「そんなに怖がらなくても大丈夫よ。たぶん」

櫂「そこは断言してよ……」

頼子「以上ですか?何かあるでしょうか」

清良「特には」

頼子「それでは、今日の週間報告を終わりにします」

レナ「今日もがんばりましょう、それじゃ解散!」
9:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:54:32.05 ID:k1wdW56k0


IMCG・ドック

櫂「ねぇ、真奈美さん」

真奈美「なんだ?」

櫂「あの人が、朝に言ってた副会長さんなの?」

真奈美「ああ」

櫂「思ったよりずっと若いんだね。うわ、不機嫌そう」

真奈美「まあな。ゼットテクニカは財閥系重工の子会社で、彼女は財閥のご令嬢だ」

櫂「コネなんだ」

真奈美「そう言い切れるほど単純じゃない」

櫂「どういうこと?」

真奈美「副会長とかいう微妙なポジションが与えられてるのがその理由だよ」

櫂「んー、それだとどうなるの?」

真奈美「あまり実権のないポジションなんだよ」

櫂「コネだけど、もしかして能力はあるの?」

真奈美「色々な人に不都合な真実だが、そうなるな」

櫂「へー、あの人がねぇ……」

真奈美「上の事情は複雑だが、私達はやるしかない」

櫂「うん。IMCは待ってくれないもんね」

プルルルル……

真奈美「電話だぞ」

櫂「本当だ。はい、西島です。はい、了解しました」

真奈美「どうした?」

櫂「そこの副会長さんに呼び出されたみたい」

真奈美「ま、頑張ってくれ。ゼットテクニカの社員じゃないなら、頭ごなしには否定されないだろう」

櫂「不安だなぁ、それ」
10:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:55:48.81 ID:k1wdW56k0


事務所のテレビから、昔のヒット曲が流れていました。

小さな女の子が、力強く歌っていました。

いいなぁ、とポツリと呟いて。

私はもう少しだけ頑張ります。
12:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 19:57:07.79 ID:k1wdW56k0


IMCG・ドック

音葉「……」

櫂「あ、音葉ちゃん」

音葉「櫂さん……呼ばれましたか?」

櫂「うん。音葉ちゃんも?」

音葉「ええ……先ほどまでシュリンク5の様子を一緒に見ていました……」

櫂「え、あの人、ディアーのドックに入っていいの?」

音葉「そうですが……それがなにか」

櫂「やっぱり偉い人なんだ」

音葉「来ましたね……櫂さん、こちらが」

財前時子「へぇ、貴方がシュリンク6のパイロットかしら」

財前時子
ゼットテクニカの副会長。IMCGが警視庁に接収される前は、筆頭株主でもあった。

櫂「はいっ!西島櫂です、よろしくお願いします!」


時子「警察の教育は受けてないようね、安心したわ」

櫂「教育?」

時子「敬礼でもしたら、足でも踏んでやろうかと。靴磨きの手間が省けたわ」

櫂「はは……」

時子「私は財前時子よ。こっちは秘書の和久井」

和久井留美「和久井です。はじめまして」

和久井留美
財前時子の秘書。時子に常に同行している。

櫂「はじめまして」

時子「シュリンク6を見に行くわ。ヒマなら音葉も着いてきなさい」

音葉「……はい」
14:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:02:11.98 ID:k1wdW56k0


IMCG・ドック

のあ「あら……戻ってきたの」

時子「私の仕事は終わりよ。そうね、和久井?」

留美「ええ。副会長」

のあ「なら……ご用は」

時子「ユーザーに聞き取りをするだけよ。晶葉はどこかしら?」

留美「学校です」

時子「ちゃんと通ってるのね、安心したわ。西島櫂」

櫂「はい!」

時子「そんなに元気に返事をしなくていいわ。シュリンク6について聞かせなさい」

櫂「えっと……」

音葉「どのような運用をしているか……率直な感想を」

櫂「わかった。シュリンク6、愛称はドルフィン」

留美「イルカ、ふむ……」

櫂「銃とか刀はなし。IMCには格闘のみで対応します!」

時子「他には」

櫂「えっと、格闘のための性能が上がってる」

時子「ま、そのレベルの理解でも良いんでしょうね」

櫂「う……もう少し勉強します」

時子「別に体育会系に期待なんてしてないわ。こっちの質問に答えなさい」

櫂「それはそれで傷つくんだけど……」
15:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:03:49.57 ID:k1wdW56k0
時子「飛行物体にどうやって対処するのかしら」

櫂「え、飛行物体?」

時子「ええ。まだ遭遇してないことは知ってるわ。だから、答えなさい」

櫂「えっと……ごめんなさい」

時子「高峯」

のあ「……後で説明します」

時子「頼むわ。もう一つ、いいわね」

櫂「はい」

時子「コクピットはいかがかしら」

櫂「快適、かなぁ。不便さは感じたことはないよ」

時子「液体呼吸は成功しているようね。どうして?」

櫂「どうして?」

時子「オプションとしてはあったわ。あの『バカ』の考えることは実現しておくべきね」

のあ「……」

時子「しかし、選択の理由は何なの」

櫂「それは、あたしのIMCが……」

時子「IMC化したのは知ってる。続きを」

櫂「水に固着していたから。水の中の方が集中できるし、そのせいかな」

時子「シュリンクと接続してるのは、動きだけかしら」

櫂「うん」

のあ「感覚器センサーはまだよ……」

音葉「……」

櫂「感覚器、つなげられるの?」

時子「液体で満たしているなら、簡単な方でしょう」

のあ「メリットがあまり……ないわ」

時子「差は微小でしょうね。だから、最善をなさい」

櫂「はい」

時子「シュリンク6に対する要求は?」

櫂「えーっと、特にはないかな」

時子「気づきなさい。シュリンク6を壊されても困るのよ」
16:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:05:38.83 ID:k1wdW56k0
留美「副会長、そろそろ時間です」

時子「チッ、大人しくしてるのがいいわね」

櫂「もう戻るんですか?」

時子「最後に一つ、聞いておくわ」

櫂「なんですか?」

時子「貴方、シュリンクってどういう意味か知ってるかしら」

櫂「シュリンク?」

ピンポンパンポーン……

音葉「IMCが出現したようです……」

櫂「のあさん!」

のあ「ええ……シュリンク6の出撃準備を」

時子「和久井、非常時よ」

留美「移動に危険が伴うので、IMCGにて待機と連絡します」

時子「よろしい。西島櫂」

櫂「はいっ!」

時子「シュリンクと名前が付けられた意味は忘れるんじゃないわよ」

櫂「結局、意味がわからないんだけど……」

時子「必死にあがきなさい。和久井、オペレーションルームに移動するわよ」
17:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:07:35.75 ID:k1wdW56k0


IMCG・オペレーションルーム

川島瑞樹『閑静な住宅街にIMCが出現しました!過去のIMCと比べても大型です!』

川島瑞樹
地元テレビ局のアナウンサー。テレビ局のグッズショップで彼女が撮影時にかぶってるヘルメットを販売中。

時子「テレビの放映を見てるの?」

レナ「そうだけど?」

時子「ケチくさい……」

留美「ダメですよ、副会長」

時子「わかってるわよ、せいぜい警視庁に媚びるがいいわ」

レナ「ええ」

愛結奈「……やり辛いわ」

雪菜「授業参観みたいですねぇ」

頼子「気にしても仕方がありません」

雪菜「そうですねぇ。櫂さん、準備できましたかぁ?」

櫂『うん。注水終わった?』

頼子「注水完了しました」

愛結奈「接続開始」

櫂『いち、に、さん、し!』

時子「へぇ……まともじゃない」

櫂『IMCの様子は?』

頼子「動きはありません。油断なきように」

櫂『了解!レナさん!』

レナ「シュリンク6、出撃!」
18:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:09:37.97 ID:k1wdW56k0


桜散りし公園

惠『周辺の避難は完了しています』

愛結奈『IMCに未だ動きはないわ。公園内へ移動を』

櫂「了解!」

頼子『公園北東部、芝生の広場にIMCは出現中』

櫂「ヘリコプターの音拾ってるけど、大丈夫?」

惠『少し近づき過ぎね。連絡はしておくわ』

櫂「お願い」

雪菜『櫂さん、IMCが見えますか?』

櫂「うん、見えた……えっと、本当にピンク色の立方体だね」

頼子『近代アートのようですね。緑の芝生に浮く、光沢すら感じないフラットな桜色。タイトルが気になるところです』

レナ『タイトルねぇ……』

愛結奈『各種センサー起動。ドルフィン、目標距離まで接近して』

櫂「わかった。IMCのコアって誰かわかったの?」

レナ『女の子であることは間違いなさそうよ』

頼子『調査続行中です』

雪菜『ドルフィン、止まってください』

レナ『本当に動かないわね……そもそも動けるのかしら』

愛結奈『内部に反応はあるわ』

雪菜『ただの置物じゃないみたですぅ』

レナ『接続は出来るの?』

頼子『接続安定に可能です』

レナ『オーケー。ドルフィン、フェイズ1移行』

櫂「はいっ!」
19:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:11:50.82 ID:k1wdW56k0


小さなレッスンスタジオ

櫂「……普通だ。普通の場所過ぎる」

櫂「あの、ピンクのジャージの子、だよね」

島村卯月「いーち、にー、さーん……」

島村卯月
今回のIMCのコア。朗らかな笑顔が魅力のアイドルのタマゴ。

卯月「あっ、こんにちは!なにかご用ですか?」

櫂「こんにちは。準備体操中?」

卯月「はい!ケガをしたらいけないですから!」

櫂「何の練習?ダンス?」

卯月「ダンスもありますけど、今日は歌の練習です♪」

櫂「歌?」

卯月「あれ?ここがどこか知らないんですか?」

櫂「ごめんね。ここは何なの?」

卯月「ここは事務所が借りてくれているレッスンスタジオです」

櫂「事務所……芸能事務所とか?」

卯月「はいっ!私はアイドル志望なんですっ!」

櫂「可愛いもんね……でも、どうしようか」

卯月「どうしました?」

櫂「うん。練習付き合うよ。ちょっと待ってて」

卯月「はいっ、お願いします、えーっと」

櫂「櫂、西島櫂、よろしくね」

卯月「よろしくお願いします!」

櫂「君は?」

卯月「島村卯月、17歳です!」
20:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:13:34.32 ID:k1wdW56k0


IMCG・オペレーションルーム

頼子「ドルフィン、接続解除」

レナ「櫂ちゃん、何かあったの?」

櫂『誰かわかったから、報告するよ。名前は、島村卯月ちゃん』

愛結奈「島村卯月ね。他に情報は?」

櫂『アイドルのタマゴみたい』

雪菜「アイドルですかぁ?調べてみますねぇ」

櫂『レナさん、聞きたいんだけど』

レナ「なにかしら?」

櫂『IMCが作る世界ってもっとヘンテコリンだと思ってたんだけど』

レナ「今回は違うのね」

櫂『うん。なんか、普通の部屋だった』

時子「あり得るわよ。その感情がかなり現実に即したものなんでしょう」

レナ「データとかあるの?」

時子「ないわよ。そうね、和久井?」

留美「はい。データ化難しいものですから」

レナ「櫂ちゃん、特異なものではないそうよ。でも、その状況には意味があるはず」

櫂『わかった』

レナ「フェイズ1再開」

愛結奈「待って!」
21:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:15:37.62 ID:k1wdW56k0
櫂『へ?』

パーン!

櫂『うっそぉ!』

愛結奈「ドルフィン、体勢を崩したわ!」

レナ「さっきの音はなによ!?」

頼子「本当に音でしょうか」

櫂『ドルフィン、体勢立て直します!』

レナ「フェイズ1中止!ドルフィン、警戒して!」

櫂『はい!IMCの側面、なんだろ、波打ってる……』

頼子「警戒レベル引上げ。シュリンク4の出撃許可」

レナ「シュリンク4出撃準備!」

雪菜「すぐに出撃できますぅ!」

時子「へぇ、相手もやるじゃない……」

愛結奈「やっぱり、空気砲かしら」

櫂『ドルフィン、傷ついてない?』

頼子「損傷は微小です。パイロットにも異常なし」

レナ「櫂ちゃん、攻撃される理由、あった?」

櫂『わかんない、IMCになる理由もわかんない……それに』

雪菜「それに?」

櫂『攻撃される意味はもっとわかんない……』
22:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:17:55.09 ID:k1wdW56k0
10

桜散りし公園

櫂「動きはないか……この距離じゃフェイズ1に行けないし……」

惠『シュリンク4到着しました』

真奈美『櫂君、無事か?』

櫂「あたしは大丈夫」

真奈美『止まってても仕方がない』

櫂「近づく?」

レナ『止まってるだけで終わることはないわ。接近を。兵装の利用も許すわ』

真奈美『了解。ドルフィンを援護する。行くぞ』

櫂「わかった」

真奈美『あっちは飛び道具があるようだな』

頼子『シュリンク2機、接近開始』

愛結奈『IMCに動きなし』

櫂「……あれ?」

真奈美『このままフェイズ1に行けそうだな』

雪菜『動きがありませんねぇ。今、接続可能距離になりましたぁ』

頼子『どうしますか?』

レナ『フェイズ1に移行しましょう。櫂ちゃん、真奈美さんお願い』

櫂「大丈夫なの?」

清良『コアを残したまま、攻撃に入るわけにはいかないの』

櫂「わかってるけど」

真奈美『私も、わからない、と櫂君が言ったことを確かめるとしよう』

櫂「よし、行くよ」
23:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:20:45.67 ID:k1wdW56k0
11

小さなレッスンスタジオ

卯月「どんなときもーねがっていればーいつかはかなうとー」

真奈美「……」

櫂「卯月ちゃん」

卯月「あっ、櫂さん!その人はどなたでしょうか?」

櫂「えっと」

真奈美「ボイストレーナーの木場だ」

櫂「ボイストレーナー……はやってたことがあるんだっけ」

卯月「ボイストレーナーさんなんですか?」

真奈美「スタジオの様子を見学に来たんだ。続けてくれ」

卯月「はいっ!よければ、アドバイスくださいね!」

真奈美「ああ……櫂君」

櫂「うん。がんばってね」

卯月「はい!島村卯月、頑張りますっ!」

真奈美「少し見学だ」

櫂「うん。そうする」
24:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:24:09.63 ID:k1wdW56k0
12

IMCG・オペレーションルーム

頼子「フェイズ1再開から5分経過」

愛結奈「IMCに動きはないわね」

雪菜「うーん、どういうつもりなんでしょう?」

時子「音葉」

音葉「……なんでしょう」

時子「どうしてここにいるのかしら」

音葉「いけませんか……ことの次第を見守るのは」

時子「フン。貴方はパイロットでしょう」

音葉「ええ……許されるのなら」

時子「警察は息苦しいわ。貴方も染まってきたかしら」

音葉「……そうでしょうか」

時子「せめて、コクピット内にはいなさい。いいわね?」

音葉「わかりました……」

レナ「フェイズ1は続行。警戒は怠らないように」
25:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:25:18.86 ID:k1wdW56k0
13

小さなレッスンスタジオ

卯月「いち、に、さん、し♪に、に、さん、し♪」

櫂「うーむ……」

真奈美「歌も踊りも基礎は出来てるな。ふむ、売り出しはこれからか」

櫂「でも、さ」

真奈美「確かにわからないな」

櫂「今までだともう、接続した瞬間にわかったよね」

真奈美「君が来る前からそうだ」

櫂「なら、この状況ってなんなんだろ」

真奈美「IMCを育てる感情の原因がここ、なんだろうな」

櫂「なら、やっぱり」

卯月「ターン♪おっとっと、ブイ♪」

真奈美「笑顔でごまかしてもダメだぞ」

卯月「えへへ」

真奈美「つま先と回転軸を意識するんだ」

卯月「はいっ!やってみます!」

櫂「真奈美さん、ダンスもやってたの?」

真奈美「たしなむ程度さ」

櫂「ふーん」
26:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:27:07.66 ID:k1wdW56k0
真奈美「しかし、頑張り屋なのはわかるな」

櫂「笑顔も可愛いし、性格も良さげ」

真奈美「なら、なんだ?」

卯月「つま先を意識して、こうかな……」

櫂「なんだろ?」

卯月「出来ました!」

真奈美「上手だ」

卯月「えへへ。プロデューサーさんに見てもらいたいな」

櫂「プロデューサー……」

卯月「少しデビューが遅れちゃったけど、私頑張ります!」

真奈美「ああ」

卯月「よし、もう一回です!」

櫂「……この辺かなぁ」

真奈美「だが、ここのどこに攻撃的な要素が……」

櫂「真奈美さん!」

真奈美「検知した!抜けるぞ!」
27:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:29:16.27 ID:k1wdW56k0
14

IMCG・オペレーションルーム

頼子「フェイズ1強制終了」

愛結奈「戦闘態勢に入りなさい!」

櫂『ドルフィン、了解!』

真奈美『ウルフもだ!』

雪菜「IMC、動きました……浮いてる?」

櫂『浮いてる!表面もまた波打ってるし!』

レナ「シュリンク後退を」

真奈美『了解』

愛結奈「IMCの表面付近に熱源感知!来るわよ!」

雪菜「砲台のようなものができてますぅ!」

櫂『発射したよっ!』

真奈美『櫂君、避けろ!撃ち落とすぞ!』

櫂『りょーかい!』

頼子「ウルフ、IMCから発射された物体を撃ち落としました」

レナ「桜の花びらが舞ってるようね」

時子「IMCの破片よ。詩的なものじゃないわ」

愛結奈「シュリンク2機は無事よ!」

櫂『まだ、動いてるよ!』

愛結奈「IMCの変形、上面と全側面に確認!」

レナ「来るわよ」

真奈美『下がるぞ!全部はさばききれない!』

櫂『了解!』

雪菜「IMCが攻撃を開始しましたぁ!」

頼子「公園の建物が破壊されました」

愛結奈「先ほどと同様に何かを射出したようね」

櫂『どうするの!?』

レナ「真奈美さん、反撃を」

真奈美『IMCの砲台を攻撃する』
28:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:31:16.93 ID:k1wdW56k0
櫂『なんとか、近づけないかな』

愛結奈「針の筵になりたいなら、どうぞ」

櫂『やめとく』

頼子「IMCの砲台を破壊しました」

真奈美『行けるか?』

雪菜「IMCの側面が変わりましたぁ」

レナ「壊してもムダかしら」

愛結奈「IMC更に浮上!」

頼子「側面に熱源を感知」

櫂『まずいよ!どこのか知らないけど、ヘリが近づきすぎてる!』

雪菜「え、ビーム?」

真奈美『ヘリが撃ち落とされたぞ!』

時子「バカね。距離ぐらい考えなさいよ」

頼子「更に攻撃開始」

レナ「もうシュリンクすら狙ってないわね……困ったわ」

雪菜「IMC攻撃開始しましたぁ!2棟の全壊を確認!」

愛結奈「浮遊型IMC移動開始!このままだと広域に被害が広がるわよ!」

頼子「警戒レベル最大に引き上げ」

レナ「後手に回っても仕方がないわ。そんな弱気の賭けをしてる場面じゃないようね」

頼子「シュリンク5出撃許可」

レナ「音葉ちゃん、聞いてる?」

音葉『……はい』

レナ「シュリンク5出撃。IMCを止めなさい」
29:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:32:24.44 ID:k1wdW56k0
15

桜散りし公園

櫂「浮遊体のIMCか……」

真奈美『まるで戦艦か、要塞と言ったところか』

櫂「ドルフィンじゃないも出来ないし……」

真奈美『せめて、移動は食い止めたいが……』

櫂「まだ、卯月ちゃんがいるのに」

真奈美『音葉君が来るまで、なんとかこらえるぞ』

櫂「でも、なんで?」

真奈美『なんで?』

櫂「なんで、あの子がこんなに攻撃的なの?」
30:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:35:48.61 ID:k1wdW56k0
16

IMCG・ドック

志希「行ける~?」

音葉「……お願いします」

のあ「拘束バンドを……腕と足から固定するわ」

音葉「……」

志希「アイマスクとってー。接続までは我慢してね~」

音葉「……」

のあ「固定完了……」

志希「楽しんでねー」

音葉「ええ……」

のあ「コクピットを閉めるわ……発進準備を急いで」
31:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:37:38.20 ID:k1wdW56k0
17

IMCG・オペレーションルーム

音葉『……』

雪菜「パイロット、コクピットに固定されましたぁ」

愛結奈「IMCは依然ゆっくりと移動中。倒壊した建物は5軒」

頼子「シュリンク5の接続を開始します」

音葉『……ふふ』

レナ「……」

清良「相変わらず……不健康な操縦法ですね」

音葉『私は自由に……飛び、歌う……』

雪菜「視神経センサー接続ですぅ」

頼子「聴覚センサー及び全センサーパイロットとの接続確認」

音葉『ラ、ラ、ラララ……』

頼子「接続率上昇中」

愛結奈「IMC攻撃確認!避難範囲の拡大を!」

惠『逃げ遅れた住民は確認されてません。順次範囲を広げます』

頼子「接続完了」

レナ「ディアー起動」

音葉『ラララ……』

頼子「セイレーンシステム立ち上げ確認。ディアー起動」

雪菜「ロック解除、ハッチオープンしましたぁ」

愛結奈「IMCの攻撃をウルフが防いだわ!」

時子「根本的な解決にはなってないわ」

頼子「シュリンク5発進準備完了。司令」

レナ「ディアー発進!」

音葉『ディアー……飛びます』
32:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:39:00.67 ID:k1wdW56k0
18

桜散りし公園

惠『ディアーが到着します。上空に注意してください』

櫂「ドルフィン、ディアーを確認しましたっ!というか、初めて見た」

音葉『ラ、ラララ……』

櫂「確かに、角に見えなくもないけど……」

真奈美『音葉君!』

音葉『聞こえていますよ……これは……』

レナ『どうしたの?』

音葉『……音が来ます』

櫂「音?」

頼子『IMCの側面形状変化』

櫂「最初のやつに近いかも!」

音葉『ビット射出……ラララララ』

頼子『フォーンビット、16機射出』

櫂「出てきた小型機、どう動かしてるの……?」

真奈美『全部接続されてるんだ』

櫂「音葉ちゃんが全部動かしてるの?」

真奈美『そうだ。後は音声認識、歌で操作してる』

櫂「はぁ、凄い」

真奈美『……』

音葉『準備完了……』

雪菜『IMCの変形が停まりましたぁ!』

愛結奈『来るわよ!』

音葉『ら、ら、ら……』

パーン!
33:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:40:35.15 ID:k1wdW56k0
櫂「止まった!」

頼子『IMCによる衝撃波を相殺しました』

レナ『IMCの動きも止めなさい』

音葉『わかりました……』

櫂「なにするの?」

音葉『少しだけ……反撃を』

愛結奈『ディアーの兵装解除』

真奈美『櫂君、正面に入るな』

櫂「へっ?ヤバイの?」

真奈美『フェイズ1だから命に危険はない。だが、巻き込まれるな』

音葉『カウントダウン開始……』

頼子『5、4、3、2、1』

愛結奈『ファイア!』
36:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:42:32.66 ID:k1wdW56k0
19

IMCG・オペレーションルーム

雪菜「直撃ですぅ!」

頼子「IMC、高度低下」

レナ「着弾した?」

愛結奈「ええ。稼働出来るわよ」

レナ「オーケー。音葉ちゃん、電磁ネット展開」

音葉『了解しました……』

頼子「フォーンビット、モード変更」

音葉『電磁ネット展開……ビットで保持』

雪菜「電磁ネット展開終わりましたぁ」

愛結奈「IMCの移動停止」

レナ「攻撃も止められたかしら?」

頼子「衝撃波対策先ほどの通りです」

愛結奈「実弾系はディアーとウルフで対応するわ」

雪菜「レーザーは電磁ネットで対策できますぅ」

レナ「オーケー。止めたわね?」

音葉『そう考えても良いかと……』

櫂『こんなの持ってたんだ……』

真奈美『普段はいらない。経済性を考えろ、という主張もわかる』

音葉『しかし……』

真奈美『問題が解決したわけじゃない』

櫂『確かにね』

時子「レナ」

レナ「わかってるわ。櫂ちゃん」

櫂『はいっ!』

レナ「帰投なさい」

櫂『え、でも』

時子「突っ立っててもやることはないでしょう」

レナ「別の任務を与えます」

櫂『別?』
37:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:47:45.47 ID:k1wdW56k0
20

桜散りし公園

亜季「シュリンク6、無事に帰投したであります」

惠「了解。もう警戒範囲は広げなくて大丈夫かしら」

亜季「とりあえずは止まったであります」

惠「ええ。まずは一安心かしら」

亜季「それにしても、あれがシュリンク5でありますか」

惠「ええ。初めて見るのよね」

亜季「うーむ。あれは、一企業どころか警察が持ってていいものなのでありますか?」

惠「……持ってていいと、信じるしかないわ」

レナ『伊集院巡査、大和巡査、聞こえてる?』

亜季「こちら大和であります」

惠「どうしましたか」

レナ『警察から、カルテ調査に人員くれないかしら?二人のどちらかでもいいけど』

惠「了解しました。私達は動くわけにはいきませんので、手配を」

亜季「ふむ。では、知人に掛け合うであります」

レナ『どなた?』

惠「大和巡査、この人であってるかしら」

亜季「あってるであります。現在、IMC対策に駆り出されております」

惠「司令、データを送ります」

雪菜『受け取りましたぁ。櫂さんにお伝えしますねぇ』

レナ『引き続きよろしく』

亜季「了解であります」
38:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:50:59.64 ID:k1wdW56k0
21

IMCG・オペレーションルーム

櫂「西島櫂、戻りましたっ!」

レナ「お疲れ様」

櫂「レナさん、別の任務って何?」

時子「シュリンクの意味、わかったかしら?」

櫂「あ、それは……」

清良「精神科医の俗語よ」

時子「なら、やることはわかるでしょう」

櫂「なんとなく、わかった」

レナ「フェイズ1を続行します。櫂ちゃん、島村卯月を調べて」

櫂「了解しました!」

雪菜「櫂さん、こっちへ来てくださいー」

櫂「どうしたの?」

雪菜「ここまでのカルテをお渡ししますねぇ。基本情報は集めました」

櫂「ありがとう」

雪菜「あの、櫂さん」

櫂「なに?」

雪菜「きっと、あの子にも外を攻撃する理由があるんです」

櫂「絶対にあると思う。まだ見当もつかないけど」

雪菜「それと……櫂さんにはわかると思いますけどぉ、IMCの中は辛いですよね」

櫂「……うん」

雪菜「お願いします。櫂さんなら、きっと見つけられます」

頼子「正面に車が到着しました。櫂さん、移動を」

櫂「わかった。行ってきます!」
39:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 20:55:36.19 ID:k1wdW56k0
22

IMCG・オペレーションルーム

留美「静かになりましたね」

時子「停滞しただけよ」

音葉『ラ、ラ、ララ……』

留美「聞こえるのは彼女の歌だけ」

時子「退屈よ。派手なものを期待したら負けなだけ」

頼子「司令、テレビ局から膠着状態なのは何故か問い合わせが来てますが」

レナ「敵が強いから、慎重な行動をしている、とでも言っておいて」

頼子「了解しました」

愛結奈「IMCに動きなし」

レナ「反撃は諦めたようね」

真奈美『提案だが』

レナ「真奈美さん、どうぞ」

真奈美『音葉君が出てるなら大丈夫だろう。フェイズ1に移行したい』

レナ「許可」

真奈美『ウルフ、フェイズ1に移行する』

レナ「音葉ちゃんは、IMC制止に専念」

音葉『了解しました……』
40:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:05:27.68 ID:k1wdW56k0
23

IMCG・構内

八神マキノ「あなたが、西島さん?」

八神マキノ
警察官。所属は一応交通課。

櫂「はい、よろしくお願いします!」

マキノ「調査に回されるのも役得ね。最初はどこにしようかしら」

櫂「まずは、家かな」

マキノ「了解」
41:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:08:38.72 ID:k1wdW56k0
24

小さなレッスンスタジオ

卯月「おねがい、しんでれらー」

真奈美「……」

卯月「ゆめはゆめでおわれなーい……あれ?」

真奈美「ちょっとテンポがずれたようだな」

卯月「そうですね!あー、あー」

真奈美「デビューは決まってるのか?」

卯月「はいっ!プロデューサーさんが計画してくれてるんです!」

真奈美「そうか、楽しみにしてるよ」

卯月「私、なれますか?」

真奈美「何にだい?」

卯月「トップアイドルに!」

真奈美「ああ、それには運も必要だが」

卯月「わかってます!でも、諦めたくないな」

真奈美「良い心がけだ」

卯月「頑張ります!」

真奈美「……」
42:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:09:51.38 ID:k1wdW56k0
25

島村卯月の自宅前

マキノ「ふーん、アイドルのタマゴなのね」

櫂「家族と話してみたけど、印象は変わらないなぁ」

マキノ「IMC内の彼女と会ったのね」

櫂「だからこそ、あたしが直接調べてるんだけど……」

マキノ「あの攻撃的なIMCが産まれる理由はない、と」

櫂「だよね。なんか、隠してそうだった?」

マキノ「いいえ。家族構成が両親と祖母の極めて、一般的な家庭」

櫂「家族仲は良好。アイドル活動に反対されていない」

マキノ「強いて言うなら、あまり結果は出てないようね」

櫂「やっぱりそれかなぁ。IMCの中もレッスンスタジオだったし」

マキノ「特にストレスを溜めていた様子もなし」

櫂「鬱とかそういう症状はないよね」

マキノ「なら、なにかしら」

櫂「わかんない。から、聞くしかない」

マキノ「次は」

櫂「芸能事務所」
43:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:11:36.34 ID:k1wdW56k0
26

小さなレッスンスタジオ

卯月「いいなぁ……」

真奈美「どうした?」

卯月「大きなステージで早く歌いたいな、って」

真奈美「気だけが急ぐのは良くない」

卯月「はい!だから、良い所を勉強しないとですね」

真奈美「……」

卯月「あの、木場さん」

真奈美「なんだ?」

卯月「アイドル、っていつまでアイドルでいれますか?」

真奈美「人によるとしか言えないな。時には違うものに変わることもあるさ」

卯月「でも、私がアイドルでいられる時間は短くなってます」

真奈美「……どうした?」

卯月「もう少しだけ、早くデビューしたかったな。そうしたら」

真奈美「……」

卯月「あ、見てください!凄いっ、視線を奥まで向けてるんですね♪」

真奈美「ああ、見てくれていることを意識させるのは大切だ」

卯月「目線を上げて、踊るようにしないとですね」

真奈美「……」
44:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:13:50.35 ID:k1wdW56k0
27

某芸能事務所

マキノ「基本情報はデータ通り。15歳でこの芸能事務所に所属。16歳で一応デビューしてるけど、今のところ泣かず飛ばず。CDデビューもまだ」

櫂「そんな感じだよね」

マキノ「細かいことは担当プロデューサーに聞かないといけなそうね」

櫂「広報に聞いても仕方がなさそうだもんね」

マキノ「でも、やっぱり話を聞く限りは」

櫂「ないよね。上手く行ってないのは、本人もわかってそうだし」

マキノ「大ヒットしてないだけで、地道に活動してるものね」

櫂「意思も強そうだし、なんだろ?」

マキノ「本音では諦めてる、とか」

櫂「それなら、IMC内で繕い隠せるわけがない」

マキノ「私達が話していてもラチがあかないわ」

櫂「うん。ここだよね」

マキノ「ええ、行きましょう」
45:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:15:02.98 ID:k1wdW56k0
28

IMCG・オペレーションルーム

頼子「ウルフ、フェイズ1解除」

レナ「進展は?」

真奈美『特になし。音葉君』

音葉『はい……なにか』

真奈美『君も確認してくれ。彼女の夢が彼女にふさわしいか』

音葉『ええ……フェイズ1移行……』

愛結奈「IMCにこれといった動きはないわ」

レナ「櫂ちゃんから連絡は?」

雪菜「現在、島村卯月ちゃんの担当プロデューサーとお会いしてますぅ」

レナ「それにしても」

頼子「どうかしましたか?」

レナ「もうお昼もだいぶ過ぎたわね」

清良「軽食の準備を頼みましょうか」

頼子「志保さんに頼みます」

レナ「よろしく。各員、適宜休息をとること」
46:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:16:30.46 ID:k1wdW56k0
29

某芸能事務所

櫂「お邪魔しました!」

マキノ「失礼いたしました」

櫂「マキノさん、IMCGまで!」

マキノ「わかったの?」

櫂「話は車の中でするから!急いで!」

マキノ「了解。頼むわよ」
47:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:17:23.45 ID:k1wdW56k0
30

小さなレッスンスタジオ

卯月「この星がえらんだー、こどもだからー」

音葉「……」

卯月「どうですか?ちょっと難しい歌なんですけど……」

音葉「お上手ですよ……」

卯月「本当ですか?」

音葉「ええ……私からアドバイスを」

卯月「なんでも言ってください!」

音葉「あなたに……飛びぬけた才能はありません」

卯月「う……そんなぁ」

音葉「ですが……魅力があります」

卯月「本当ですか?嬉しいです」

音葉「それはきっと……簡単には手に入れられないものです」

卯月「……」

音葉「頑張ってください……そして、決して何も恨まないように」

卯月「はい!プロデューサーさんを信じて、頑張ります!」

音葉「それでは……失礼します」
48:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:18:33.83 ID:k1wdW56k0
31

IMCG・正門

マキノ「到着」

晶葉「櫂!」

櫂「晶葉ちゃん!学校は!?」

晶葉「授業はちゃんと受けてきた!ドルフィンの準備は出来てるぞ!こっちだ!」

マキノ「健闘を祈るわ」

櫂「了解、行ってきます!」

晶葉「頼むぞ!」

櫂「任せて!」

マキノ「……」

亜季『八神巡査、お疲れであります』

マキノ「今日の仕事は完了」

亜季『収穫はあったでありますか?』

マキノ「話を聞ける間柄になっただけで上々よ」

亜季『急がないでありますか』

マキノ「うまく行った試しがないもの。シュリンク6が出るわ、今の仕事に専念して」

亜季『了解であります。それでは』

マキノ「それではまた」
49:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:20:10.38 ID:k1wdW56k0
32

IMCG・ドック

頼子『ドルフィン、コクピットへの注水中』

真奈美『櫂君、聞こえてるか』

櫂「うん。真奈美さんは大丈夫?」

真奈美『私は平気だ。音葉君もな』

櫂「よかった。今から行くから」

真奈美『なぁ、櫂君』

櫂「なに?」

真奈美『君は、彼女の夢を諦めさせられるか』

櫂「……」

真奈美『私も音葉君の見立ても一緒だ』

櫂「音葉ちゃん、どう思ったの?」

音葉『きらめく才能はありません……なにがあっても輝く原石では、ありません』

真奈美『残念だが、努力でどうにかなる世界じゃない』

櫂「わかってる。さっき聞いてきた」

真奈美『運も必要だ。彼女のような少女性を売るアイドルは、タイミングが大切になる』

音葉『それが認められる……時間は短いです』

櫂「……」

真奈美『君なら、諦めさせれるか』

櫂「残念だけど」

真奈美『なら、どうするんだ?甘い言葉だけでずるずると続けさせるのか』

櫂「真奈美さんは勘違いしてるよ」

真奈美『ん?IMCの原因は、夢への固執じゃないのか』

櫂「うん。あたしとは違うよ」

頼子『注水80%』

櫂「だから、待ってて」
50:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:21:14.16 ID:k1wdW56k0
33

IMCG・オペレーションルーム

頼子「ドルフィン、コクピットへの注水完了」

愛結奈「接続開始!」

櫂『……』

雪菜「わっ、接続完了しました!」

時子「少し気分が変わったかしらね」

櫂『のあさん、聞こえてる?』

のあ『ええ……なにかしら』

櫂『さっき聞いた浮遊体対策してもいいよね?』

のあ『可能よ……司令、許可を』

レナ「許可するわ」

雪菜「ハッチオープン、エレベータ稼働しましたぁ!」

櫂『よし』

レナ「ドルフィン、出撃!」
51:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:23:28.73 ID:k1wdW56k0
34

桜散りし公園

レナ『ウルフ、ディアー、両機に指示』

真奈美『なんだ?』

レナ『電磁ネット解除。攻撃に対しては、個別で対応して』

真奈美『いいのか?』

櫂「ドルフィン、配置に着きました!」

レナ『了解。ドルフィン接近のため、電磁ネットを解除して』

音葉『わかりました……』

愛結奈「電磁ネット解除!IMCからの攻撃はないわ!」

レナ『ドルフィン、行きなさい!』

櫂「行きますっ!」

真奈美『そもそもどこにいるんだ?』

音葉『視認しました……公園の外からですよ』

真奈美『外?』

櫂「走ってる!」

音葉『ビルの上を走ってますよ……ドルフィンは可能ですから』

真奈美『待て、乗る気か、IMCに?』

櫂「その通り!おっりゃあああああ!」

愛結奈『ドルフィン、IMCに降下成功!』

レナ『フェイズ1移行!』
52:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:25:08.31 ID:k1wdW56k0
35

小さなレッスンスタジオ

卯月「あっ、櫂さん♪」

櫂「練習はどう?」

卯月「アドバイスも貰えたし、大成功です♪」

櫂「……でも、ここで練習しても何もならないよ」

卯月「え?どういうことですか?」

櫂「ここは、現実じゃないんだ」

卯月「……」

櫂「気づいてるよね。気づかないわけがないでしょ」

卯月「でも、レッスンはしないと」

櫂「夢のために?」

卯月「はい、私はこの夢を叶えないといけないんです」

櫂「どうやって?」

卯月「プロデューサーさんと二人で!」

櫂「……だよね」

卯月「プロデューサーさんは、私の魔法使いなんです」

櫂「信頼してるんだ」

卯月「はい!だって、私の夢を叶えてくれる、魔法使いなんです」

櫂「皆、わかってる。その人のことを信頼してるのも知ってる」

卯月「家族も応援してくれて」

櫂「……だから」

卯月「だから?」

櫂「誰も責められない。上手く行かないことを誰のせいにも出来ない」

卯月「だって、プロデューサーさんは私のために色々としてくれてます」

櫂「魔法使いだと信じてるから、だよね」

卯月「はい!」

櫂「わかってるよね、芸能界は運が悪ければ成功できないことを」

卯月「……はい」

櫂「自分のせいなら納得できるよね、卯月ちゃんは」

卯月「……」

櫂「その魔法使いのせいだから、責められない」

卯月「そんな言い方……」

櫂「だから、攻撃する場所は、外しかないんだ」

卯月「……」

櫂「私も、プロデューサーさんも頑張ってるのに、成功しないのは」

卯月「……だって」

櫂「この世界が悪いんだ、この世界が変わるしかないんだ、ってそう逃げるしかない」
53:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:26:58.35 ID:k1wdW56k0
36

小さなレッスンスタジオ

卯月「……」

櫂「ここから外に出れないのは、出たくないから」

卯月「違います、私はレッスンを……」

櫂「そうやって、わかってるのに見ないんだ」

卯月「だって……」

櫂「問題は、君が信じてる魔法使いだと思う。本当は、魔法なんて使えないのに」

卯月「違います!」

櫂「魔法使いなんていないよ!」

卯月「……」

櫂「いるのは、頑張ってる人間だけ」

卯月「……」

櫂「絶対の信頼は、その人のことを見てないだけだよ。何も考えてないだけ」

卯月「違います、いつも二人で」

櫂「違うよ。そうなら、ここにはいない」

卯月「だって!」

櫂「……」

卯月「私、知ってます!プロデューサーさんが頑張ってくれてるの、知ってます!その期待に応えたいんです!」

櫂「わかってる。でも、してない」

卯月「何をしてないって言うんですか!」

櫂「話をしてない。協力をしてない。魔法を待つばっかり」

卯月「……」
54:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:28:12.09 ID:k1wdW56k0
櫂「どうしたいの?」

卯月「私は……」

櫂「この世に魔法使いはいないけど、仲間はいる」

卯月「プロデューサーさん……」

櫂「その夢、諦めないでね」

卯月「え?」

櫂「それは、魔法使いでもなんでもない、普通の人達の希望だから」

卯月「そっか、私だけの夢じゃない……」

櫂「待ってるよ。色んな人が、それとステージが」

卯月「待っててくれますか?」

櫂「もちろん。その人も信じてるよ」

卯月「えへへ……」

櫂「うん、やっぱりさ」

卯月「そっか……見てくれる人が悪いわけないですもんね」

櫂「笑ってる方がいいよ」

卯月「はいっ!だって、褒めてくれた、自慢なんです!」

櫂「褒めてくれた?」

卯月「私のプロデューサーさんが!でも、そうですね……」

櫂「なに?」

卯月「どうしてかとか、どうやってアピールするのか、聞いてませんでした!」

櫂「ふふ、一緒に頑張って。さ、ここから出るよ!」

卯月「はいっ!」
55:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:30:39.78 ID:k1wdW56k0
37

IMCG・オペレーションルーム

愛結奈「フェイズ1完了!」

レナ「コア摘出を急いで!」

頼子「ドルフィン、フェイズ1より復帰」

愛結奈「コア確認!上部に浮上してるわ!」

櫂『コア確認!せーのっ!』

雪菜「IMCの側面が変化してますぅ!」

音葉『ビット起動……音障壁準備』

雪菜「IMCの上部分が壊れましたぁ!」

頼子「コアの露出を確認」

櫂『よし!』

愛結奈「コア摘出したわ!ドルフィン、離脱を!」

櫂『はいっ!』

頼子「ドルフィン、IMCから飛び降りました。無事着地に成功」

レナ「オーケー、フェイズ1完了!フェイズ2移行!」

雪菜「IMCが大きく変形してますぅ!」

時子「もう核はないわ。破壊することを目的とした物体に成り下がる」

レナ「全兵装利用許可。一気に方を付けなさい」

真奈美『了解!』

のあ「兵装……全解除」

音葉『……音障壁展開……アントラー発射準備』

真奈美『行くぞ!』
56:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:32:46.93 ID:k1wdW56k0
38

IMCG・オペレーションルーム

頼子「IMC完全停止」

雪菜「残骸がいっぱいですねぇ。回収が大変そうですぅ」

愛結奈「アントラーの回収どうしようかしら」

頼子「見事に残骸に突き刺さってますね」

時子「ゼットテクニカの社員にどうにかさせるわ。シュリンクよりは軽いでしょう」

愛結奈「お願いねー」

時子「一応上司なのだから、口の利き方に気を付けなさい」

レナ「フェイズ2完了。お疲れ様」

音葉『帰還します……』

晶葉「ふむ。ウルフ、ドルフィン、そしてディアーも上々だ」

レナ「どうだったかしら、副会長さん?」

時子「無事に動いてることは確認したわ。残り十体もいなんだから、気を引き締めなさい」

レナ「ええ。わかってる」

晶葉「もう少し連携が取れれば良いな。プランを考えるとしよう!行くぞ、志希、のあ!」

時子「……和久井」

留美「はい」

時子「帰るわよ。それと、レナ」

レナ「何かしら」

時子「任せたわ……お願い」

レナ「わかってる」
57:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:33:52.42 ID:k1wdW56k0
39

後日

IMCG・トレーニングルーム

真奈美「ふむ、なるほどな」

音葉「信頼による……思考停止ですか」

櫂「うん」

真奈美「現実に魔法使いもシンデレラもいない」

櫂「でも、夢を叶えようとしてる人はいる」

音葉「ええ……活躍できるといいですね」

櫂「それは、これから次第かな」

真奈美「IMCから逃れられたんだ。成功を祈ってるとしよう」

音葉「可愛い……人でした」

櫂「それにしても、破壊願望があるとIMCも強くなるんだね」

真奈美「そうだな。具体的な壊し方があると更にだ」

音葉「ええ……」

櫂「でも、副会長さん言ってたけど」

真奈美「ああ、私達はシュリンクのパイロットだ」

音葉「……兵装も全ては副産物ですから」

真奈美「これからもシュリンクであれるように、居たいものだ」

音葉「はい……」

櫂「よーし、がんばるぞー、はい!」
58:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:36:03.51 ID:k1wdW56k0
音葉「その手は……なんでしょう」

櫂「あれ?掛け声でもしようかと」

音葉「文化系なもので……」

真奈美「たまにはいいだろう。音葉君も手を」

音葉「はい……」

真奈美「シュリンク4、ウルフ」

音葉「シュリンク5……ディアー」

櫂「シュリンク6、ドルフィン!ファイトー、オー!」

真奈美「オー!」

音葉「オー……」

EDテーマ

アイの証明

歌 西島櫂・木場真奈美・梅木音葉


製作 テレビ〇日
59:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:38:54.54 ID:k1wdW56k0
オマケ

CuP「よし」

PaP「なんだ、そのキングファイルは」

CoP「島村卯月と書いてありますね」

CuP「せっかくだから、この機会に卯月の魅力をと。まずは事務所からですよ」

PaP「うちのキュートグループはこんなんばっかりだな」

CoP「Paさん、あそこ……」

PaP「お前もその紅いリボン巻いてあるファイル持ってこなくていいから!」

CuP「それじゃ、はじめますよー」

おしまい
60:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/11(月) 21:40:58.37 ID:k1wdW56k0
あとがき

島村さんは17歳。意味のある年齢だと勝手に思ってる。

レギュラーキャラはほぼ登場。そろそろ全何話にするか考えます。

引き続きゲストは募集してますので、お聞かせください。

それでは。
61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/11(月) 21:44:36.22 ID:9s3efX/Mo
絶対の信頼は思考停止ってのは、ライアーゲームでアキヤマも言ってたな


ゲスト・・・思い切って海外勢とかどうでしょう?
62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/11(月) 22:04:05.03 ID:YgVsUj72o
乙乙。やはり卯月かわいい

ゲスト……ここでギャグ回として胸ソムリエはどうでしょう
65:◆ty.IaxZULXr/:2015/05/12(火) 22:14:35.52 ID:T/wfC4dF0
>>61
よし、一回は海外勢をやろう。

次回は、
松永涼「IMCG・絶唱」(仮)

次々回は桃華の予定。

それでは。

お奨め記事
5月17日 02時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告