記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:31:53.77 ID:/L6WIGBX0
ユリカ「ふーん」

おとめ「ユリカたん、貸してくださいですー」

ユリカ「なんで私なのよ」

おとめ「ユリカたんいっぱい持ってるじゃないですかー、だから1着くらい」

ユリカ「だめよ、このドレスには特別な念が込められているの
覚悟の無い者が使えばたちまちその身を呪われるわよ?」

おとめ「むー、覚悟ならあります」

ユリカ「へぇ、どんな覚悟かしら」

おとめ「おとめの『HAPPY RAINBOW』のプレミアムドレス貸してあげます!」

ユリカ「いらないわよ!」

おとめ「ええー、二人で揃えて一緒に『CHE-CHE RAINBOW』歌えばらぶゆーですぅ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:35:21.02 ID:+uoc5NrGO
ユリカ「う、」

ユリカ(ちょっと気になるけど……)

ユリカ「嫌よ! そんなの吸血鬼の末裔であるこのユリカ様に出来ると思って!?」

おとめ「出来ないんですか?」

ユリカ「やりたく無いのよ!」

ユリカ「ていうか話脱線してるわ、元々は貴女が『LoLi GoThiC』を着たいって言ったんじゃない」

おとめ「は! そうでした……」

おとめ「ユリカたん頭いいですぅ」

ユリカ「頭痛い……」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:36:26.22 ID:/L6WIGBX0
ユリカ「私が『HAPPY RAINBOW』着るのと同じように、貴女が『LoLi GoThiC』着ても似合わないと思うわよ?」

「それはどうかな」

おとめ「あー! あおいたん、らぶゆーですぅ~」

あおい「よっ」パシャッ

ユリカ「息を吸うように写真を取るのね……」

あおい「うん、だって有栖川おとめと藤堂ユリカの二人は『プライベートで何を話しているか気になるアイドル』ランキング1位よ」

ユリカ「何よそのニッチなランキング……」

あおい「私ときいちゃん調べ」

ユリカ「そう……」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:41:47.12 ID:+uoc5NrGO
あおい「それよりおとめちゃんが『LoLi GoThiC』を着るって聞いたけど」

おとめ「あい! 着るですー」

あおい「天真爛漫さがウリのおとめちゃんがゴスでクールな『LoLi GoThiC』を着るなんて……穏やかじゃない!」

ユリカ「ちょっと! 私は許可して無いわよ!」

おとめ「? それじゃあユリカたんが『HAPPY RAINBOW』を着るです?」

ユリカ「そっちも嫌!」

あおい「ファンの前では決して吸血鬼キャラを崩さないユリカ様が頬を赤らめながら『HAPPY RAINBOW』を着る……穏やかじゃない!」

ユリカ「もうっ! 血を吸うわよ!」

あおい「是非! お願いします!」

おとめ「おとめも吸われたいですー」

ユリカ「ああああああ!」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:42:35.66 ID:/L6WIGBX0
ユリカ「疲れた」

おとめ「うーん……」

おとめ「ユリカたんはおとめと一緒に踊るのが嫌ですか?」

ユリカ「そう言うわけじゃ無いけど……」

おとめ「じゃあ何でおとめに服を貸してくれないんです?」

ユリカ「それは……」

ユリカ「……」

ユリカ「おとめさん、私の部屋に来なさい」

おとめ「え?」

ユリカ「まさか吸血鬼の末裔であるこのユリカ様の命令が聞けないなんてこと、無いわよね?」

おとめ「ユリカたんの部屋に行けるなんて……」

おとめ「わーいわーい! らぶゆーですぅ~」

ユリカ「ちょっと、はしゃぎ過ぎ!」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:46:11.80 ID:+uoc5NrGO
おとめ「おじゃましまーすぅ!」

ユリカ「こんばんは」

おとめ「…………ユリカたん!」

ユリカ「わ、わからなかったんですか……?」

おとめ「いつものユリカたんと違ってて驚きなのです、でも今のユリカたんもらぶゆーですぅ」

ユリカ「いつもはキャラを作っているので……」

おとめ「ふーん」

ユリカ「お、驚きましたか……」

おとめ「う~ん……」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:47:50.44 ID:/L6WIGBX0
おとめ「ユリカたんは疲れないんですか?」

ユリカ「キャラを作ることに、ですか?」

おとめ「はい、おとめだったらすぐに頭がぐるぐる~ってなっちゃいそうです」

ユリカ「……いつものは、理想の私なんです」

ユリカ「本当の私は弱くて、かっこ悪くて、高貴な吸血鬼とは程遠い存在です」

ユリカ「そんな私が変われたのはお洋服のお陰なんです」

おとめ「お洋服ですか?」

ユリカ「はい、普段着ているこのゴスロリ服、これを初めて見た時衝撃を受けました、こんな可愛くてかっこいい服があるんだって」

ユリカ「だけど同時に私にはこのお洋服がに似合わないって、そう思えてしまって……」

ユリカ「ゴスロリ服を買ったはいいものの、しばらくクローゼットの中で眠らせていました」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:54:56.68 ID:+uoc5NrGO
ユリカ「でもそれじゃダメだって気付いたんです、待ってるだけじゃいつまでも自分は変われない」

ユリカ「このお洋服を着るに相応しい、素敵で強い人間になろうと努力しました」

ユリカ「それがアイドルとしての藤堂ユリカなんです」

ユリカ「ですから私にとって『LoLi GoThiC』は理想の自分であるために必要なモノ、ただのお洋服以上の意味があるんです」

ユリカ「これが『LoLi GoThiC』を貸せない理由」

おとめ「……」

ユリカ「……」

ユリカ「わかって頂けましたか……?」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/04(月) 23:55:59.75 ID:/L6WIGBX0
おとめ「……」

おとめ「ユリカたんにそんな事情があったなんて……おとめ勝手なこと言ってごめんなさいです、反省します……」

ユリカ「えっ、いや、そんなに謝らないでも大丈夫ですよ!?」

おとめ「いいえ、おとめはユリカたんが嫌がっていたのにムリヤリ迫ってしまったのです」

おとめ「こういう時は『せっぷく』をするってしおんたんの出てるドラマで見ました!」

おとめ「おとめ『せっぷく』をします!」

ユリカ「あぁー! だからそんなに思い詰めないでぇ!」

ユリカ「私『HAPPY RAINBOW』着るのそんなに嫌じゃ無いです!」

おとめ「え?」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:02:04.63 ID:Zv3M0BBdO
ユリカ「えっと…… ファンのみんなの前で着るのはダメだけど……」

ユリカ「私も……その……時々おとめさんみたいに純粋で可愛い女の子に憧れるんです」

ユリカ「だから…… 今度プライベートでおとめさんのお洋服を貸してもらえませんか……?」

おとめ「ユリカたん……」

おとめ「いいです! いいです! 明日おとめと一緒にデートしましょう!」

ユリカ「あ、明日!?」

おとめ「あれ? 明日はユリカたんもオフですよね?」

ユリカ「そ、そうですけど……そんないきなり……」

おとめ「善は急げですー!」

ユリカ「は、はい……わかりました……」

おとめ「ユリカたんとデート、楽しみですぅ~」
13:おとめちゃん誕生日おめでとう!:2015/05/05(火) 00:05:06.35 ID:HueLHzNJ0
次の日 朝

ユリカ「……」

おとめ「わぁ……」

ユリカ「似合って……いますか……?」

おとめ「うんうん! とっても似合ってます! とってもらぶゆーなのですー!」

ユリカ「あ、ありがとうございます」

おとめ「照れてるユリカたんも可愛いのですー!」

ユリカ「あ、あんまり茶化さないでください!」

おとめ「それじゃ、早速お出かけなのです~」

ユリカ「あ、あの……約束、覚えてくれていますか?」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:16:45.72 ID:Zv3M0BBdO
おとめ「あい! 『今日のデートのことは誰にも言わない』ってことですよね?」

ユリカ「はい、スターライトの皆さんにも黙っておいてください」

おとめ「やっぱりその姿は秘密なんですか?」

ユリカ「ええ……」

おとめ「あれ? でもそれならなんでおとめと出掛けてくれるんですか?
おとめにも秘密にした方がいいんじゃ無いんですか?」

ユリカ「そ、それは……」

おとめ「あっそっか! ユリカたんは可愛いお洋服を着たかったんですね」

ユリカ「そ、そういうことです……」

おとめ「よーし、それじゃあ出発なのですー!」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:17:46.84 ID:HueLHzNJ0
ユリカ「今日はどこに行くんですか?」

おとめ「ふっふー、今日はユリカたんを知られざる名店にお連れするのです」

おとめ「そのお店、普段あんまり人も居ないからユリカたんが見つかる心配も無いです」

ユリカ「おとめさん……」

おとめ「本当はあんまり教えちゃいけないんですけど、ユリカたんだから特別ですぅ」

ユリカ「と、特別……!?」

おとめ「あい!」

おとめ「教えるのはぽわプリのみんなとユリカたんだけなのです」

ユリカ「そうですか……」

おとめ「着いたですー」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:29:43.31 ID:Zv3M0BBdO
ユリカ「はむ」

おとめ「どうですー?」

ユリカ「うん、とってもおいしいです!」

おとめ「うわー! ユリカたんに気に入ってもらえておとめとっても嬉しいですぅ!」

おとめ「そうだ、こっちのお料理も美味しいから一口どうです?」

ユリカ「えっ、いいんですか?」

おとめ「だってユリカたん普段あんまり食べないから……おとめいっつも心配だったのですぅ」

ユリカ「あ、あれはキャラなので……」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:30:19.80 ID:HueLHzNJ0
おとめ「はいそれじゃあ、あーん」

ユリカ「えっ!? えぇ!」

おとめ「どうしたんですか?」

ユリカ「え、いや……その……」

ユリカ「あ、あーん」

おとめ「どうです?」

ユリカ「は、はい…… とってもおいしい、です」

おとめ「わーい!」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:35:58.03 ID:Zv3M0BBdO
ユリカ「そろそろスターライト寮へ帰りましょうか」

おとめ「えー! まだまだお昼なのですー」

ユリカ「人が増えてきたので……」

おとめ「そっか……残念なのです……」

「あっ、あれって」

「うん! 絶対そうだよ」

ユリカ(やばっ、気付かれた!?)

「あ、あのー」

おとめ「あい?」

「有栖川おとめさんですか?」

おとめ「はい! そうなのですー!」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:36:43.75 ID:HueLHzNJ0
「やっぱり!」

「本物! 可愛いー!」

おとめ「ありがとうなのですぅ」

ユリカ(私には気付いて無いみたいね……助かった)

「すいません、写真って……大丈夫ですか?」

おとめ「はい、大丈夫ですよ」

「やったー!」

「あのーすいません、撮影お願いしていいですか?」

ユリカ「あ、私ですか!?」

「はい」

ユリカ「あぁ、わかりました いいですよ」

おとめ「……」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:47:48.40 ID:Zv3M0BBdO
ユリカ「じゃあ『らぶゆー』って言ったら撮りますね」

「「はい!」」

ユリカ「らぁぶゆー」パシャッ

「「ありがとうございます」」

おとめ「これからも応援よろしくなのです~」


おとめ「むー」

ユリカ「ど、どうしたんですか、おとめさん? さっきから難しい顔をして……」

おとめ「さっきの子たち、ユリカたんに全く気付いていなかったのです」

ユリカ「あぁ、そのこと」

ユリカ「別にいいじゃないですか、今の私なら気付かれなくて寧ろ好都合ですし」

おとめ「そうですけど……今のユリカたんの可愛さをみんなに伝えられないなんて……」

ユリカ「そ、そんなこと考えなくていいですから……」

おとめ「そうだ! 今日の思い出をプリクラに残しましょう!」

ユリカ「えっ!?」

おとめ「人がいっぱいになる前に行くのですー!」

ユリカ「ちょ、ちょっと待ってください!」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:48:53.58 ID:HueLHzNJ0
おとめ「こっちですー!」

ユリカ「はぁ、はぁ、おとめさん足速過ぎ……」

おとめ「早速撮るのですー」

ユリカ「だから待ってください!」

おとめ「えっ……」

ユリカ「さっきも言ったじゃないですか……」

ユリカ「普段の私の姿を撮られるの……嫌なんです……」

おとめ「あっ……」

おとめ「ごめんなさい! おとめ、つい調子に乗っちゃって……」

ユリカ「帰りましょう、今日はこんな素敵なお洋服を着ておとめさんとデート出来て楽しかったですよ」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:53:12.11 ID:Zv3M0BBdO
おとめ「おとめも!」

おとめ「おとめも楽しかったから……」

おとめ「だけど今日のことは誰にも言っちゃいけないから……」

おとめ「だからせめて形に残したいんです……」

ユリカ「……」

ユリカ「一回だけならいいですよ」

おとめ「えっ?」

ユリカ「私だって……おとめさんと一緒にプリクラ撮りたいんです……」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 00:55:01.42 ID:HueLHzNJ0
おとめ「わぁ……」

おとめ「じゃあじゃあ早速」

ユリカ「わわっ、手引っ張らないでください」

おとめ「ユリカたん!ユリカたん! どんなポーズにします!?」

ユリカ「そ、そんなにくっつかないでください!」

おとめ「じゃあじゃあ!おとめユリカたんに血を吸われたいです!」

ユリカ「だから今日はそういうんじゃなくて」

おとめ「キスプリ!キスプリ撮るですぅ!」

ユリカ「おとめさん興奮し過ぎっ!」


おとめ、ユリカ「らぶゆー」パシャッ

おとめ「あはっ! 撮れたですー」

ユリカ「目、凄く大きくなってる……」

おとめ「足も長いですー」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 01:01:12.04 ID:Zv3M0BBdO
ユリカ「じゃあ、今度こそ帰りましょうか」

おとめ「あい! ユリカたんとプリクラ撮れてよかったのですぅ」

ユリカ「わ、私もおとめさんとプリクラ撮れて……良かったです」

おとめ「えへへ~ 素直なユリカたん可愛いですぅ~」

ユリカ「うっ……」

ユリカ「……」

ユリカ「あの……」

おとめ「なんですか?」

ユリカ「今日のプリクラ、人に配るのやめてくださいね…… やはり形として残ってしまうものなので……」

おとめ「それなら大丈夫なのです!」

ユリカ「え?」

おとめ「これは大切な宝物だから! 大切にしまっておくのです!」

ユリカ「おとめさん……」

おとめ「さ、帰るですー」

ユリカ「……」

ユリカ「はい!」
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 01:02:02.62 ID:HueLHzNJ0
次の日 教室

おとめ「あっ! ユリカたーん! 昨日は楽しかったですー」

ユリカ「昨日? なんのことかしら?」

おとめ「えぇー!? だって昨日は二人で

ユリカ「しー!」

ユリカ(約束! 忘れたの!?)

おとめ(今思い出したのですー)

ユリカ「まったく……」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 01:04:55.79 ID:Zv3M0BBdO
おとめ「あれ? その傘……」

ユリカ「何よ」

おとめ「昨日の、柄の部分に貼ってくれたんですね!」

ユリカ「っ……」

おとめ「確かにそこなら手で隠せるし、いつでも見られるのですぅ」

ユリカ「う、うるさいうるさい! 血を吸うわよ!」

おとめ「はーいはーい! おとめ吸われたいですぅ~」

ユリカ「う~、もうっ!」
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 01:06:44.10 ID:HueLHzNJ0
おとめ「ユリカたんらぶゆーですぅ大好きですぅ!」

ユリカ「ちょっと! 抱き付いてこないで!」

おとめ「えへへ~ またデートしましょう?」

ユリカ「ふんっ、三百年後に行ってあげなくなくなくなくなくもなくってよ」

おとめ「それって行っていいってことですよね?」

ユリカ「……秘密」

おとめ「らぶゆーですぅ」

ユリカ「……」


ユリカ(ごめんなさい。私こんなキャラだから素直に言えないけど……)

ユリカ(大好きよ、おとめさん)


おしまい
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 01:09:09.63 ID:Zv3M0BBdO
これ書き終わった後にユリカ様が『HAPPY RAINBOW』着たことあるって知りました(無知)
レスをくれた方、読んでくれた方ありがとうございます
HTML化依頼してきます

おとめちゃん誕生日おめでとう!
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 01:16:39.75 ID:VdVkhVprO

グッドモーニングシリアル食べな
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/05/05(火) 08:19:10.17 ID:Qc3FatH8O

ラララーな感じで良かったよ!
お奨め記事
5月6日 04時00分|アイカツ!0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告