記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:30:42 ID:/JZXls56

ラウラ「日本にとって一大事だというのに……」

ラウラ「ネットに流出してしまって、もう手がつけられない状態になっている!」

一夏「???」

ラウラ「ともかく、私の部屋に来い! 一夏!」

一夏「……よくわからないが、分かった」

―――――――――――

ラウラ「これを見ろ、一夏」

一夏「PCか……どれどれ」

一夏「えーっと、海上自衛隊の機密情報が大量流出……」

一夏「…………」

一夏「ともかくソース元を……」 クリック☆
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:32:00 ID:/JZXls56

一夏「…………」

ラウラ「……どうだ一夏」

ラウラ「これはおそらく暗号文体なのだろう?」

ラウラ「ここまで大量流出されたら、解読も容易くなってしまう」

一夏「…………」

一夏「……ぶふっ」

ラウラ「一夏?」

一夏「あー、すまん。 そうだな、確かに問題だな」

ラウラ「うむ」

ラウラ「さっそく教官に伝えて手を打ってもらおう」

一夏「そうだな」
3:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:32:45 ID:/JZXls56

一夏「でも、その前に」

一夏「腹ごなししないか?」

ラウラ「……お前、わかっているのか?」

ラウラ「日本の防衛機能の危機なのだぞ!?」

一夏「いいから いいから」

一夏「千冬姉には俺からちゃんと伝えておく」

ラウラ「むう……」

一夏「それじゃ……材料だけど」

一夏「ラウラはシーフードとかいける口か?」

ラウラ「野戦食が食えれば、大抵のものは美味しく思える」

一夏「大丈夫って事だな」
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:33:49 ID:/JZXls56

一夏「じゃ、出かけるか」

ラウラ「どこに行くんだ?」

一夏「材料を買いに行くんだよ」

一夏「それとも留守番をしてるか?」

ラウラ「……行くに決まっている」

一夏「よし、決まり」


―――――――――――


ショッピングモール


一夏「えーっと、ニンジン、じゃが芋、玉ねぎは定番だな」

一夏「後は肉だけど……鶏と牛肉、豚に羊……は見ないな」

一夏「それとシーフード……イカに貝類と魚……淡白なやつのほうがいいかな?」
5:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:34:24 ID:/JZXls56

ラウラ「ずいぶん買うな? 一夏」

一夏「まあな。 食べ比べたいし」

ラウラ「食べ比べ?」

ラウラ「……どちらにしても二人では食べきれない量だぞ?」

一夏「もちろんみんな呼ぶさ」

一夏「食事ってのは何人かで食べると、それだけで美味しくなるしな」

ラウラ「セシリアの料理でもか?」

一夏「……まあ、何事にも例外はあるさ」

一夏「おっと、肝心なもの忘れるところだった……」 カゴに入れ入れ

一夏「よし、こんなもんだな」

一夏「じゃ、会計済ませて帰ろう」

ラウラ「うむ」
6:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:35:01 ID:/JZXls56

家庭科室


シャル「あれ? 一夏にラウラ」

シャル「どうしたの? その大荷物」

一夏「お、シャル。 いいところに来てくれた」

シャル「え?」

一夏「実はさ……」 ゴニョ ゴニョ…

シャル「…………」

シャル「へえ! それは面白そうだね!」

シャル「ぜひ、手伝わせて!」

一夏「サンキュー、シャル!」

ラウラ「?」
7:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:35:45 ID:/JZXls56

一夏「そうだ、ラウラ」

ラウラ「なんだ?」

一夏「良かったら鈴と箒を呼んできてくれないか?」

ラウラ「わかった」

ラウラ「……セシリアはいいのか?」

シャル「ラウラ……焦げた鍋を食べたいの?」

ラウラ「絶対に連絡しないでおこう」

一夏「じゃ、まず下ごしらえからだな……」

一夏「皮むき器は、と……」

シャル「一夏、その前にエプロンを着けないと」

一夏「おっと、そうだった」

     ハハハ……
8:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:36:16 ID:/JZXls56


―――――――――――


箒「一夏、何か用だと聞いたが?」

鈴「いったい何なの?」

一夏「おう、待ってたぞ」

一夏「実はな……」

     ゴニョ ゴニョ…

ラウラ「…………」

箒「……ほう」

鈴「なるほどね~」

シャル「面白そうでしょ?」
9:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:37:19 ID:/JZXls56

ラウラ「……嫁よ」

ラウラ「さっきからヒソヒソと何なんだ?」

一夏「それぞれの担当を決めてたんだよ」

ラウラ「むう……」

一夏「じゃ、ラウラは下ごしらえの手伝いを頼む」

一夏「じゃがいもと人参の皮をむいててくれ」

ラウラ「わかった」

―――――――――――

ラウラ「嫁よ、終わったぞ」

一夏「サンキュー、ラウラ」

一夏「しばらく休んでてくれ」
10:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:37:59 ID:/JZXls56

ラウラ「もういいのか?」

一夏「ああ」

一夏「後は煮込むだけだからな」

ラウラ「ふむ……」

―――――――――――

一夏「よし、こんなものだろう」

シャル「こっちもできたよ」

箒「私もだ」

鈴「あたしもそろそろできるわ」

ラウラ「……この食欲を誘ういい匂い」

ラウラ「実に美味しそうだが、みんなカレーを作ったのか?」

一夏「ああ、そうさ!」

一夏「ラウラが言ってた『暗号』のな!」
11:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:38:34 ID:/JZXls56

ラウラ「な、何だと!?」

シャル「一夏、もうその辺りでいいでしょ?」

シャル「ラウラ、これはね」

シャル「機密情報でも何でもないんだよ」

ラウラ「え!?」

ラウラ「し、しかし、このサイトでは日本の危機とか何とか言っているぞ!?」

箒「ただのジョークだ」

箒「このレシピはな、日本国自衛隊で作られている各・所属部隊や艦のカレーの作り方で」

箒「公式に公開されているものなのだ」

ラウラ「な……!?」

ラウラ「何故そんな事をするのだ!?」
12:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:39:23 ID:/JZXls56

鈴「そりゃあイメージアップとか、国防をしている人たちの活動とか」

鈴「そういうののアピールでしょうよ」

ラウラ「」

一夏「ま、そういう事だから」

一夏「安心して、このカレーを食べ比べてみようぜ!」

ラウラ「い、一夏!」///

ラウラ「それならそうと、初めから言ってくれ!」///

ラウラ「要らぬ恥をかいたではないか!」///

シャル「まあまあ、ラウラ」 クスッ

シャル「おかげで美味しそうなカレーができたんだし、いいじゃない」

箒「怪我の功名というやつだな」

鈴「あーお腹すいた~」
13:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:40:17 ID:/JZXls56

一夏「んじゃ、まず俺から行くぜ?」

一夏「東京音楽隊のカレー、チキンカレーだ」

     コトッ…

鈴「んー! 美味しそうね!」

一夏「具材はオーソドックスに じゃがいも人参、玉ねぎに鶏肉のもも肉」

一夏「普通のカレー粉に好みでスパイスを調合していれて……」

一夏「隠し味に赤ワインや、すりおろしたりんごの半身に潰したトマトが入ってるぞ」

     イタダキマース

箒「うむ、いけるな」

鈴「カレーにりんご?って思ったけど、美味しいわね」

ラウラ「バー○ンドカレーに近い気がするが、もう少しピリリとするな」

一夏「ブラックペッパーなんかも入っているからな」
14:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:41:33 ID:/JZXls56

箒「では、次。 私が行くぞ?」

箒「某ゲームで有名になった艦と同じ名前の」

箒「護衛艦しまかぜのビーフカレーだ」

     コトッ…

シャル「これも美味しそうだね!」

箒「材料は馬鈴薯(じゃがいもの一種)、ニンジン、タマネギ、牛肉と」

箒「平凡な具材だが……隠し味が面白かった」

箒「やや手間がかかるが、なかなか美味しいと思う」

     イタダキマース

ラウラ「これは……やや重い気がするな」

一夏「こういうのはコクがある、とか言うんだ」
15:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:42:22 ID:/JZXls56

シャル「これ……何だろう?」

シャル「ピリリとスパイスが効いてるんだけど……トウガラシ?」

箒「さすがだな、シャルロット」

箒「これは隠し味に『ホットオイル』というものを使っている」

箒「火を通す事を除けば、ラー油に近いだろうな」

鈴「へえ! 面白いわね!」

ラウラ「でも、そのせいか」

ラウラ「私には、やはり重く感じてしまうな……」

一夏「そうか……俺は好きな味なんだけどな」
16:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:43:23 ID:/JZXls56

シャル「じゃ、次はボクが行くね?」

シャル「掃海母艦うらがのシーフードカレーだよ」

     コトッ…

一夏「おおー! これも美味そう!」

シャル「材料はじゃがいもとニンジン以外は、アサリやイカなどの魚介類だよ」

     イタダキマース

一夏「美味い!」

鈴「いけるわね」

箒「私はシーフードカレーは苦手だったんだが」

箒「なかなか美味しいな」

シャル「下ごしらえにちょっとしたコツがあるの」

シャル「後で教えよっか?」

箒「ああ、頼む」
17:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:44:18 ID:/JZXls56

ラウラ「おお、これはエビか。 こっちは……モグモグ……ホタテだな!」

ラウラ「具材が何か当てるのも楽しくなるな」

一夏「そういう楽しみ方もありだな」

箒(……形でだいたい分かりそうだけど)

シャル「フランスはムール貝なんかをよく使うんだけどね」

シャル「アサリを使ったシーフードカレーも美味しいよ、一夏」

一夏「日本じゃ味噌汁の具にも使ってるぜ?」

シャル「へえ、そうなんだ」

鈴(最近だと、日本で使われているアサリのほとんどは)

鈴(輸入の中国産だったりするんだけど……)
18:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:45:04 ID:/JZXls56

鈴「さて、最後はあたしね!」

鈴「護衛艦さわゆきのポークカレーよ!」

     コトッ…

一夏「具材はオーソドックスなのか?」

鈴「確かに定番の物よ」

鈴「とりあえず食べてみて?」

     イタダキマース

一夏「お……!」

シャル「これ……スパイスが効いてるのに」

シャル「何だかまろやか……だね?」

鈴「ぬっふっふっふ~」

箒「……牛乳か?」

鈴「さすが箒ね」

鈴「正解よ」
19:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:45:51 ID:/JZXls56

一夏「そうかぁ。 何か、まろやかだなと思ったら牛乳を使ってたのか」

ラウラ「……かすかにニンニクの匂いもするな」

鈴「ラウラもよくわかったわね」

鈴「セロリなんかも入ってるわよ」

シャル「それでいて嫌な苦味が全くしないよ」

鈴「ガラムマサラを使うのは初めてだけど」

鈴「それのせいかもしれないわ」

鈴「後は豚肉のコクや、チーズとかの食材も少しずつ入ってるし」

鈴「隠し味に赤ワインと桃缶の中身を少しだけ使ってるわ」

シャル「桃? カレーに?」

鈴「酢豚と同じで、肉を柔らかくするためとか、そういうのじゃないの?」

鈴「ミキサーにかけてあるから、わからないでしょうけど」
20:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:46:41 ID:/JZXls56

鈴「余った桃缶はデザートにどうぞ♪」

シャル「これは嬉しいサプライズだね♪」

一夏「カレーの後としては微妙かもしれんが、合わないことはないな」

箒「私は好きな味だ」

ラウラ「口の中がさっぱりしていいな」

     ゴチソウサマデシター

一夏「こうやって食べ比べてみると、日本の自衛隊の皆さんは」

一夏「それぞれのこだわりがあるんだな」

シャル「毎回同じものを出すとは思わないけど……」

ラウラ「我がドイツにもあるかもしれないな」

箒「聞いた話だが、日本の自衛隊では毎週金曜日はカレーを出すと決めていて」

箒「それは厳しい訓練の中で、曜日を忘れない様にする為だとか」
21:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:47:29 ID:/JZXls56

鈴「へぇ~。 そうなんだ」

一夏「カレーが出たら『今日は金曜日か』と思えるんだな」

シャル「何だか微笑ましいね♪」

箒「日夜、日本国の防衛と安全の為に頑張ってくれている彼らに」

箒「感謝をしないとな」

ラウラ「うむ。 それぞれの国にも言える事だな」

鈴「後は、おいしいレシピもありがとうってとこね!」

一夏「それはラウラに感謝すべきだな♪」

ラウラ「も、もうその話はするな、一夏!」///

     アハハハ…
22:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:48:20 ID:/JZXls56


―――――――――――


その日の宵の口

食堂


     ガヤ ガヤ

一夏「…………」

鈴「…………」

シャル「…………」

箒「…………」

ラウラ「…………」

セシリア「あら? 皆さんはカレーではないのですか?」

一夏「あ、ああ……」

シャル「ちょ、ちょっとね……」
23:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:48:50 ID:/JZXls56

セシリア「今日の午後3時すぎくらいでしょうか?」

セシリア「学園中でカレーの匂いがしまして」

セシリア「急に食べたくなりましたの♪」

セシリア「きっと、他のみなさんも同じなのでしょうね」

鈴(それでか……)

箒(その原因は私たちなのだが)

ラウラ(まさか我々以外、全員カレーを注文するとは……)

シャル(今、この匂いは、ちょっと……) ウプッ…

セシリア「では……」


     イタダキマス♡

     ……イタダキマス


     おしまい
24:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:50:20 ID:/JZXls56
今夜はカレーにしよう、うん。
お粗末さまでした~
25:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 15:54:31 ID:/JZXls56
参考にしたまとめサイト↓

http://fesoku.net/archives/7109482.html?1392682313#

一年も前の記事なのは、気にしないでください。
ここに自衛隊カレーレシピのソースURLがありますよ~
28:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/03(日) 16:02:33 ID:5tw1vGrk
おつ
元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1430634642/
お奨め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告