記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:53:45 ID:x70/DeGQ

弾『ああ』

弾『この前、何かでアンケとってランキングしてあったんだ』

一夏「ふう~ん。 それで?」

弾『でよ、お前に試して欲しいんだ』

一夏「ちょっと待て」

一夏「何で俺なんだよ? 自分で試せばいいだろ?」

弾『俺に親しい女の子なんて居ないしさ~』

弾『それにほら、以前お前言ってただろ?』

一夏「言ってたって……何をだよ?」
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:54:51 ID:x70/DeGQ

弾『普段の態度を見た感じ、嫌われてはいないみたいだが』

弾『こっちの言う事、全然聞いてくれないし』

弾『暴力も振るわれるから好かれている訳はない、って』

一夏「……そんなこと言ったかな?」

弾『いい機会だし。 その辺りも含めて効果あるかどうか確かめてくれ』

一夏「えー……」

弾『お前、あれだけの美少女に囲まれてて本当に何も思ってねーのかよ』

一夏「無いって言えば嘘になるけどさ……」

弾『じゃあ問題ないだろ。 頼んだぜ! 一夏!』

     ブッ…… ツー ツー

一夏「お、おい!? 弾!?」

一夏「……切りやがった。 ったく」
3:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:55:36 ID:x70/DeGQ

一夏(女の子が男に言われて嬉しい言葉、ねぇ……)

一夏(なになに……?)


     1 「一緒にいると楽しいな」

     2 「かわいいね」

     3 「また会ってくれる?」

     4 「彼氏が羨ましいな」

     5 「なんかほうっておけない」

     6 「理想な女の子だよね」

     7 「俺と付き合って」

     8 「彼氏とか……いる?」

     9 「君と結婚したら幸せになれそうだな」

     10 「君って、すっごくタイプなんだよね」
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:56:10 ID:x70/DeGQ

一夏「…………」

一夏(どれもこれも歯の浮くようなセリフ)

一夏(箒たちの前で言ったら、殴られそうだなぁ……)

一夏(あと、付き合ってとか、彼氏とか、結婚がどうのってのはストレートすぎるから)

一夏(候補から除外しておこう……)

一夏(となると、候補としては)
5:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:56:53 ID:x70/DeGQ

     1 「一緒にいると楽しいな」

     2 「かわいいね」

     3 「また会ってくれる?」

   × 4 「彼氏が羨ましいな」

     5 「なんかほうっておけない」

     6 「理想な女の子だよね」

   × 7 「俺と付き合って」

   × 8 「彼氏とか……いる?」

   × 9 「君と結婚したら幸せになれそうだな」

     10 「君って、すっごくタイプなんだよね」
6:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:57:46 ID:x70/DeGQ

一夏(……こんなところか)

一夏(前もって「実験だ」って言っておいた方がいいんだろうな)

一夏(さて……誰で試すかな?)

一夏(うーん……)


―――――――――――


一夏(まあサンプルは多いほうがいいし)

一夏(行き当たりばったりでいいだろう)

一夏(…………)

一夏(何で俺、こんな事してるんだろうなぁ……) ハア…
7:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:58:29 ID:x70/DeGQ

鈴「何ため息ついてんのよ、一夏」

一夏「あ、鈴」

鈴「それで? どうかしたの?」

一夏「ちょっと弾に妙なこと頼まれてな」

鈴「妙な事?」

一夏「まあ、ちょっと実験に付き合ってくれ」

鈴「いいけど……実験? 何する気?」

一夏「少し話すだけでいいよ」

鈴「??」

一夏「そういや甲龍の調子はどうだ?」
8:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 12:59:32 ID:x70/DeGQ

鈴「普通だけど?」

鈴「メンテ終わったばかりだし」

一夏「龍砲は強力だよな」

鈴「まあね♪」 フフン♪

鈴「一夏の白式も荷電粒子砲が使える様になったんでしょ?」

一夏「一定のタメが要るからな」

一夏「まあ俺自身、飛び道具の扱いに慣れていないのが問題なんだけど」

鈴「いろいろ特訓はしてたじゃない?」

一夏「いくらかましになった、って程度なんだよ」

鈴「そっか」

鈴「じゃあ時間できたら、練習に付き合ってあげるわ」

一夏「おう。 それは助かる」

鈴「これくらい何でもないわよ」

一夏「ああ、助かるよ。 それにしても……」
9:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:00:09 ID:x70/DeGQ



一夏「鈴と一緒にいると、楽しいな」



鈴「!?」///

鈴「そ、そう……」///


一夏(……お? これは効果アリか?)


鈴「あ、あたしも、楽しい、かな……うん」///

鈴「って! 何言わせるのよ! 一夏!」///

一夏「おかしな事、言ったか?」


一夏(よし、ここはコンボで行ってみるか)
10:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:00:52 ID:x70/DeGQ


一夏「鈴ってさ、可愛いし、なんか放っておけないんだよな」

一夏「また会ってくれるか?」


鈴「っ!!?」///

鈴「バ、バカッ……な、何、言って……っ!」///

鈴「~~~~~~っ!!」///カアアアアアアアッ!

     ダッ!!

一夏「!? お、おい! 鈴! どうしたんだ!?」

一夏「……走って逃げていった」

一夏(う~ん……顔を赤くしてたし)

一夏(一定の効果はあるみたいだな)
11:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:01:44 ID:x70/DeGQ


―――――――――――


一夏(とりあえず、鈴である程度の確認は出来た)

一夏(思ったより効果あるのかも……)


セシリア「あら一夏さん。 ごきげんよう」

一夏「おう、セシリア」

一夏「そうだ、ちょっと実験に付き合ってくれるか?」

セシリア「実験?」

一夏「少し話すだけだから」

セシリア「はあ……」

一夏「そういや、セシリアって制服ロングスカートにしてるけど」

一夏「暑い時期とか、大変じゃないのか?」
12:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:02:19 ID:x70/DeGQ

セシリア「多少はありますが……」

セシリア「やはり淑女として、あからさまな肌の露出は控えたいので」

一夏「普段着もそんな感じなのか?」

セシリア「ええ」

一夏「ふ~ん」

セシリア「…………」

セシリア「一夏さんは、露出の多い服の方が好みなので?」

一夏「そういう訳じゃないよ」

セシリア(ホッ……)

一夏「ただ……」

セシリア「ただ?」
13:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:02:51 ID:x70/DeGQ



一夏「セシリアって、理想な女の子だなって思ってさ」



セシリア「っ!?」///カアッ!

セシリア「い、嫌ですわ、一夏さん」///

セシリア「そんな……理想な、なんて……」///

一夏(おっ……セシリアにも効果ありか)


一夏「気に障ったか? セシリアってさ」

一夏「可愛いし、放っておけないし、すっごくタイプなんだよね」


セシリア「っ!!?」
14:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:03:26 ID:x70/DeGQ

セシリア「い、一、夏さ、んっ」///

セシリア「ど、どう、され……」///

セシリア「~~~~~~っ!!」///カアアアアアッ!

     ダッ!

一夏「あっ! お、おい! セシリア!?」

一夏「……行ってしまった。 鈴と同じように走って」

一夏「…………」

一夏(それにしても……)

一夏(真面目に効果あるのかもしれないな)
15:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:04:08 ID:x70/DeGQ

ラウラ「嫁よ」

一夏「ん? ああ、ラウラか」

ラウラ「さっきセシリアが走っていったが……何かあったのか?」

一夏「いや……ちょっと実験で話をしていただけだよ」

ラウラ「実験?」

一夏「ラウラもやってくれるか?」

ラウラ「ふむ……何の事かわからんが」

ラウラ「他でもない嫁の頼みだ。 構わないぞ」

一夏「そっか。 すまないな」

ラウラ「それで? 何を話せばいいのだ?」
16:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:04:45 ID:x70/DeGQ

一夏「まあ何でもいいんだけど……そうだな」

一夏「シュバルツェア・レーゲンの調子はどうだ?」

ラウラ「特に問題はない」

一夏「AICは強敵だよなぁ~」

ラウラ「まあ我がドイツの最新技術だからな」

ラウラ「ただ、多対一では、それほど頼りに出来る訳でもない」

一夏「一対一での戦いは、これ以上無い程頼もしいよな」

ラウラ「ふふ、まあな」

一夏「また今度、模擬戦頼めるか?」

ラウラ「無論だ。 ほかならぬ嫁の頼みだしな」

一夏「サンキュー、ラウラ」
17:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:05:27 ID:x70/DeGQ



一夏「やっぱり、ラウラと一緒にいると楽しいな」



ラウラ「うむ。 私も一夏と一緒にいるのは楽しいぞ」

一夏(……あれ?)


一夏「ラウラって、なんか放っておけないし」

一夏「かわいいよな」


ラウラ「!」///

ラウラ「そ、そうか。 嬉しいぞ、嫁よ」///

一夏(お?)
18:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:06:04 ID:x70/DeGQ

一夏「また会ってくれるか?」

ラウラ「も、もちろんだ」///

ラウラ「というか、教室で毎日会っているではないか」///

一夏「それは……確かにそうだけど」

ラウラ「!」


ラウラ(……もしや)

ラウラ(『二人っきりで』という意味だったのか!?)///

ラウラ(という事は……嫁は、一夏は……)///

ラウラ(私を……!?)


ラウラ「っ!」///カアアアアッ!

     ダッ!!

一夏「あ……」
19:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:06:43 ID:x70/DeGQ

一夏「…………」

一夏(最初は微妙だったけど)

一夏(ラウラにも効果ありか……すげぇ)

一夏(こういうアンケートもバカにできないな)


箒「一夏? こんなところで何をしている?」

一夏「あ、箒」

一夏「ちょっと実験をしていてな」

箒「実験?」

一夏「箒も手伝ってくれるか?」

箒「……何の実験をだ?」

一夏「俺と少し話すだけでいい」

箒「良く分からないが……そういう事なら」
20:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:07:25 ID:x70/DeGQ

一夏「すまないな」

一夏「最近、料理しているか?」

箒「失敬な……」

箒「文武両道は基本中の基本」

箒「怠ったことはない」

一夏「さすがだな」

一夏「どんな料理を作ったんだ?」

箒「和食がメインだ」

箒「最近だと、割烹にこっている」

一夏「へえ。 割烹料理か」

一夏「うまそうだ」
21:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:08:01 ID:x70/DeGQ

箒「まだ修業中の身だが……良かったら食べてみるか?」

一夏「そうだな。 ぜひ食べてみたい」

箒「うむ。 今度ご馳走しよう」


一夏「やっぱり箒と一緒にいると、楽しいな」


箒「っ!?」/// カアッ

箒「そ、そうか……私も……」///

一夏(鈴とパターンが似ているな)


一夏「箒って可愛いし、何か放っておけないんだよな」


箒「っ!!」///
22:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:08:40 ID:x70/DeGQ

箒「な、なな、何、を……」///

箒「~~~~~~~っ」///

     ダダッ!!

一夏「…………」

一夏「箒もか……」

シャル「どうしたの一夏?」

一夏「シャル」

シャル「箒が走って行ったけど……?」

一夏「いや、ちょっとした実験に付き合ってもらったら」

一夏「ああなってしまって」

シャル「実験?」

一夏「シャルにもやっていいか?」
23:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:09:36 ID:x70/DeGQ

シャル「な、何をするの?」

一夏「少し話をするだけだよ」

シャル「ふうん……なら」

シャル「少し怖いけど、いいよ」

一夏「よし」

一夏「……そうだな」

シャル「…………」

一夏「リヴァイヴは第二世代機……なんだよな?」

シャル「うん。 そうだけど?」

一夏「それでいて第三世代機と渡り合えるなんてすごいよな」
24:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:10:14 ID:x70/DeGQ

シャル「世代差は大きいけど、基本的なスペック性能にそれほど差はないからね」

一夏「そういうものか?」

シャル「ボクのリヴァイヴに限って言えば」

シャル「武器の性能は劣るけど……機動性や装甲にそれほど違いはないって事だよ」

一夏「なるほど、そういう事か」

一夏「やっぱりシャルの説明ってわかりやすいな」

シャル「うふふ。 ありがとう」


一夏「だから一緒に居ると楽しんだろうな」


シャル「っ!?」/// ドキッ


一夏「シャルって可愛いし、何か放っておけないし」

一夏「理想なタイプなんだよな」


シャル「……っ」///
25:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:11:01 ID:x70/DeGQ

シャル「…………」///

シャル「ねえ、一夏」///

一夏「ん?」

シャル「それって……本心?」///

一夏「も、もちろんだとも」

シャル「…………」

シャル「あー……」

一夏「……シャル?」

シャル「さっき言ってた実験って……」

シャル「これの事?」

一夏「!!」

一夏「……バレたか」

一夏「実は……」
26:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:11:40 ID:x70/DeGQ

一夏「……という訳なんだ」

シャル「…………」

シャル「ねえ、一夏」

一夏「おう?」

シャル「今のボクの気持ちが、どんな感じか分かる?」

一夏「ご、ごめん……」

シャル「はぁ……」

一夏「だから悪かったって……」

シャル「もういいよ……でも」

シャル「この『実験』をした女の子達全員が」

シャル「ボクみたいに許してくれるといいけどね……」
27:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:12:11 ID:x70/DeGQ

一夏「それは大丈夫だろ」

一夏「みんな最初に実験って言ってあるし」

シャル「どうなっても知らないからね、ボクは……」

     タッ タッ タッ

鈴「一夏!」

一夏「おう、鈴」

セシリア「一夏さん!」

ラウラ「嫁よ!」

箒「一夏!」

シャル「…………」
28:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:12:48 ID:x70/DeGQ

一夏「ど、どうしたんだ、みんな?」

一夏「そんなに息を切らせて……」

鈴「どうしたもこうしたも無いわよ!」

セシリア「そうですわ!」

ラウラ「私だけかと思ったら……」

箒「みんなにも同じ様な事を言っているではないか!!」

一夏「あー……それなんだけど」

―――――――――――

一夏「……というわけなんだ」

鈴「」

セシリア「」

ラウラ「」

箒「」
29:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:13:21 ID:x70/DeGQ

一夏「いや、みんなには悪いと思ったけど」

一夏「最初に『実験』って言っただろ?」

一夏「最後に訳を話そうと思ったら、みんな走り去っていくし……」

鈴「…………」 ゴゴゴ…

セシリア「…………」 ゴゴゴ…

ラウラ「…………」 ゴゴゴ…

箒「…………」 ゴゴゴ…

シャル「一夏……逃げた方がいいと思うな」

一夏「え? 何でだよ?」
30:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:13:59 ID:x70/DeGQ

鈴「この……!!」

セシリア「朴念仁の……!!」

ラウラ「唐変木の……!!」

箒「痴れ者がぁぁぁぁっ!!」



     ドゴォ―――――――――――ンッ!!



一夏「ぎゃあああああああああああああああああああああっ!」

シャル「みんなー死なない程度にねー」 ニコッ
31:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:14:36 ID:x70/DeGQ


―――――――――――


数日後

一夏の部屋


     ピピピッ…… ピピピッ…… ガチャ

一夏「……もしもし」

弾『よお、一夏!』

弾『例のやつの結果はど』

一夏「お前とはもう絶交だ」

     ブッ……

一夏「着信拒否にしておかないと……」 ピッピッピッ

一夏「痛てて……」



     おしまい
32:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 13:16:16 ID:x70/DeGQ
これがISの日常風景。
おそまつ様~
33:以下、名無しが深夜にお送りします:2015/05/01(金) 15:51:24 ID:OJddxVNk
おつおつ
お奨め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告