記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 18:19:38.24 ID:S2uEfiLA0
ドラえもん「う~ん……」

ドラえもん「秘密道具の点検をしなきゃいけないけどめんどくさいなぁ……」

ゴロン

ドラえもん「とりあえず全部出してみようかな」ヨッコラセ

ドラえもん「それっ!」

ボトボト

ゴチンガツン

ドラえもん「ふ~。結構入ってるもんだね」

ドラえもん「……一旦お昼寝してから整理しようかな」

ゴローン

ドラえもん「んー……」

ドラえもん「Zzz……」

「……」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 18:20:41.13 ID:S2uEfiLA0












ムクッ

ころばし屋「……」

ビコーン........















3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 18:25:55.70 ID:S2uEfiLA0
数時間後

ガチャッ!ドタドタドタッ!

バンッ!

のび太「ドラえも〜ん!!またジャイアンに……」

のび太「ドラえもん?」

のび太「……ドラえもんいないのかな」

のび太「も〜、タイミングが悪すぎるよ!ドラえもんのひみつ道具で仕返ししてやろうと思ってたのに」

ゴツッ

のび太「痛っ!?足元に何か……」

コロッ

ころばし屋「……」

のび太「これは……、ころばし屋だっけ?」

ヒョイッ
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 18:32:18.27 ID:S2uEfiLA0
のび太「10円入れたら指名した人を3回転ばしてくれひみつ道具だったよね」

のび太「でもなんでこれがここにあるんだろ?ポケットに入れ忘れてたのかな?」

のび太「!」

のび太「そうだ!これを使ってジャイアンに仕返ししてやろう!」

ころばし屋「ほう、俺の出番か」

のび太「そうだよ、てっ!?」

ころばし屋「ならば10円入れるが良い」

のび太「しゃ、喋った!」

ころばし屋「喋っちゃ悪いか?」ギラッ

のび太「べ、別に……」ビクッ

のび太(何かちょっと怖いなぁ……)
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 18:39:24.82 ID:S2uEfiLA0
ころばし屋「で、俺はジャイアンとやらをころばしてやればいいのか?」

のび太「聞いてたの?」

ころばし屋「あぁ、」

のび太「う、うん。じゃあジャイアンをころばしてくれないかな」

ころばし屋「ジャイアンだけでいいのか?」

のび太「えっ?」

ころばし屋「今なら30人まで全てまとめて10円でころばしてやることができるが」

のび太「そうなの?」

ころばし屋「俺はロボットだ。嘘をつくようなプログラムはあいにくされていない」

のび太「ふーん」

のび太(何かのキャンペーンかな)

ころばし屋「で、どうする?」

のび太「じゃあ、他の人もころばしてもらおうかな……」

ころばし屋「そうか」ギラッ
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 18:50:25.63 ID:S2uEfiLA0
ころばし屋「では、ここに名前を書いてくれ」スッ

のび太「え、名前を言うんじゃないの?」

ころばし屋「30人全ての名前を暗記しろと?」

のび太「ご、ごめん」

ころばし屋「まあ、覚えられんこともないが、一応リストは持っていた方が確実な仕事が出来るからな」

のび太「へー」

のび太(最近のころばし屋は結構しっかりしてるんだなぁ……)

ころばし屋「これがペンだ。書け」

のび太「分かったよ」

カキカキ........
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 19:29:02.55 ID:S2uEfiLA0
数分後........

のび太「……思いつかないよー!」グテッ

ころばし屋「……」

ペラッ

ころばし屋「なんだ、まだ半分も書けてないじゃないか」

のび太「うーん、ころばしたい人なんてそんないっぱいは浮かばないよ〜」

ころばし屋「少し待ってろ」

のび太「?」

ころばし屋「……」カチカチッ

ピッピッピピ

ころばし屋「まだこのリストには載って無いようだが、出来杉なんてどうだ?」

のび太「えっ!?なんでころばし屋が出来杉くんの名前を知ってるの!」

ころばし屋「依頼人の関係者程度なら簡単に調べられれる」

のび太「っ」ゾッ

ころばし屋「どうする?書くか?」

のび太「べ、別に出来杉くんには何もされてないから……」

ころばし屋「源静香」

のび太「!」ピクッ

ころばし屋「おまえの大好きな源静香をたぶらかしている出来杉をおまえは黙って見てるだけで良いのか?」

のび太「そ、それは……」

ころばし屋「おまえの恋路を邪魔する出来杉に少しお灸を据えてやらないか?」

のび太「……」

ころばし屋「……」

のび太「……分かった。書くよ」

カキカキ

ころばし屋「そうか」

ころばし屋「こんな感じで書いていけば自然と埋まってくるだろう。例えば母親とか、父親とかな」

のび太「ママにはこないだ忙しいのに買い物を頼まれたなぁ……、パパは欲しかったゲームを買ってくれなかったなぁ……」

カキカキ

ころばし屋「……」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 19:37:52.98 ID:S2uEfiLA0
のび太「よし、30人分埋まったよ!」

ころばし屋「ほう……」スッ

ペラッ

ころばし屋「……このモブ澤はどうしてころばしてやろうと思ったんだ」

のび太「こないだのテストでモブ澤くんが2点ぼくより上だったせいでぼくがドベだったから」

ころばし屋「……」

のび太「ダメ……、かな……?」

ころばし屋「別に問題無い。おまえがころばしたいかどうかだ」

のび太「そうなんだ」

ころばし屋「……なぁ、1つ聞いていいか?」

のび太「ん?」

ころばし屋「おまえは人を『ころばす』覚悟はあるか?」

のび太「覚悟?」

ころばし屋「そうだ。おまえには覚悟はあるか」

のび太「ころばすことに覚悟なんているの?」

ころばし屋「……聞いただけだ。別におまえが良ければそれでいい」

のび太「……」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 19:49:25.17 ID:S2uEfiLA0
ころばし屋「下記漏らしがなかったら、背中の口に10円玉を入れてくれ。これで契約が成立し、俺は指定された者をころばしてくる」

のび太(そこは普通なんだ……)

のび太「よし、じゃあお願いするよ」スッ

ころばし屋「……」

のび太「……」ゴクリ

チャリン

ころばし屋「確かに10円承った」

のび太「よろしく頼むよー」

ころばし屋「……」ゴソゴソ

のび太「?」

ころばし屋「これを」スッ

のび太「スイッチ?」

ころばし屋「もしも、途中でキャンセルしたくなったらそのスイッチを押して呼んでくれ。キャンセルの取り引きをしてやる」

のび太「分かったよ」

ころばし屋「では行ってくる」

のび太「行ってらっしゃーい」

ガチャ

バタン

のび太「……じゃあ、ぼくは昼寝でもして待っておこうかな」

ゴロン

のび太「……」

のび太「Zzz……」

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 20:38:39.88 ID:S2uEfiLA0
















ころばし屋「悪いがころばしてやろう」

ターンッ!
















14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 20:43:53.29 ID:S2uEfiLA0
―――――――――

――――――

―――



チュンチュン........

のび太「うーん……」

ゴロン

のび太「……ん」

のび太「!」

ガバッ

のび太「今何時……!」

ドタドタ

のび太「も、もう、朝!?」

のび太「早く学校に行かないと!」

ダッ

のび太「ママー!行ってきまーす!」

シーン

のび太「ママ……?」

のび太「まだ寝てるのかな?」

ガチャ

タッタッタッ........

シーン

ヒョコッ

ころばし屋「……」

ズルズル........
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 20:50:27.15 ID:S2uEfiLA0
のび太「はっはっ……」

ガララッ!

のび太「ま、間に合った……」

しずか「のびたさん!?」

のび太「あ、しずかちゃん。おはよう」

しずか「無事だったのね!」

ギュッ

のび太「えっ!?無事!?な、なんのこと?」アタフタ

しずか「のび太さん聞いてないの?」

のび太「な、何を?」チラッ

のび太(あれ?もうこんな時間なのに人が全然いないような……)

しずか「実は昨日たけしさんが亡くなったの……」

のび太「えっ……」

しずか「それだけじゃないの。クラスの男の子が半分以上昨日だけでも亡くなったの」

のび太「な、ななな、なんで!?」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 21:13:59.48 ID:S2uEfiLA0
しずか「みんな事故で死んだの……」

のび太「そんな!みんな集まっているところに車にぶつかったとかなの?」

しずか「それが……、みんな違う場所で亡くなってるの」

のび太「ぐ、偶然にしては……!」

しずか「死因は様々だけど、1つ分かっているのが、何らかの形でみんな転んでいるの」

のび太(……!!)

しずか「たけしさんは急に橋から滑ってそのまま川に落ちて、モブ崎くんは何かに躓いた拍子に車道に出てそのまま車に……」グスッ

のび太「そんな……そんな……!」

のび太「!す、スネ夫は!?」

しずか「スネ夫さんはさっき連絡があって、暫く家に篭ってるそうよ」

のび太(まだ無事だった!)

しずか「やっぱり呪いなのかしら……」

のび太「呪い?」

しずか「さっきからみんなが言ってるの。これは呪いだって」

しずか「だって1日で私たちのクラスメイトの半分近くが亡くなっているんですもの……。呪い以外では説明できないわ」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 21:19:16.78 ID:S2uEfiLA0
のび太「くっ!」ダッ!

ガララッ!

タッタッタッ!!

しずか「のび太さん!」

「私たちこれからもどうなるんだろ……」

「もうお終いだ……!みんな死んでしまうんだ……!!」

「嫌だー!嫌だー!死にたくないぃぃぃいぃぃいぃぃぃぃいい!!!」

「死にたくないよぉ……」グスッ

ガララッ!

スタスタ

教頭「……」

ザワザワ

教頭「君たちの担任の先生が先ほど転落して亡くなったと病院の方から連絡があった……」

キャー!

しずか(のび太さん……!)
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 21:30:24.79 ID:S2uEfiLA0
のび太「はぁはぁっ!」

ダッ!

のび太(間違いない!あいつだ!あいつ、ころばし屋だ!)

のび太(みんな転んで、そしてそれが原因でしんだんだ……!)

のび太「ここなら……!」

ガサゴソ

のび太「あった!」

ピッ

ヒュオン

ころばし屋「……お呼びかな」

のび太「おまえが……、おまえが殺したのか……?」

ころばし屋「結果としてはそうかもしれないな」

のび太「何故だ!なんでそんなことを……!!」

ころばし屋「おまえがころばしたいと俺に頼んだからだ」

のび太「……セルだ」

ころばし屋「何か言ったか?」

のび太「キャンセルだ!キャンセルしろ!」

ころばし屋「だと思ったよ」

のび太「100円渡すからキャンセルしろ!!」

ころばし屋「それは無理な相談だな」

のび太「キャンセルできるのは嘘だったのか!?」

ころばし屋「いや、キャンセルは出来る。問題は額だ」

のび太「なっ……」

ころばし屋「残り数名のころばしをキャンセルをしたいのならキャンセルしたい人数×1000万円必要だ」

のび太「は、払えるわけがないだろ!そんなお金をぼくが持っているわけがないだろ!!」

ころばし屋「だろうな」

のび太「なんとかならの!?他にキャンセルする方法はっ!」ガシッ

ころばし屋「触れるな」ギラッ

のび太「っ!!」ゾクッ

バッ
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 21:42:05.61 ID:S2uEfiLA0
ころばし屋「先に俺は聞いたはずだ。『ころばす』覚悟があるかどうか」

のび太「そ、それは……!」

ころばし屋「その言葉の意味を何も考えずにおまえは俺に依頼した」

ころばし屋「つまりはおまえのその浅はかな思考が人をころばさせたのさ」

のび太「嘘だ……!嘘だ……!」

ころばし屋「……さてと、時間か」

のび太「なっ!?」

のび太「ま、まだ人をころばしに行くのか……!」

ころばし屋「次は……、骨川スネ夫か」

のび太「スネ夫……!」ダッ!

ころばし屋「……」

ころばし屋「……さて、どうやってころばしてやろうかな」

スタスタ........
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 21:52:18.80 ID:S2uEfiLA0
スネ夫「やあ、のび太」

のび太「す、スネ夫!」

のび太「そ、それは……」

スネ夫「みんな転んで死んだらしいからね」

ババーン!

スネ夫「転んでも大丈夫なようにぼくの周りを全て超柔らか高級マットで固めたのさ!」

のび太「凄い……」

スネ夫「この騒動が収まるまではここで過ごすことにするさ」

のび太「そうなんだ……」

のび太(これならスネ夫が死ぬことはないか)

スネ夫「呪いか何か知らないけど、このぼくちゃんを殺すにはひゃ」

ピュンッ!

グルンッ!!

ドシャッ!

スネ夫「」

のび太「スネ夫!?」

のび太「ひ、額を打ち抜かれてる……」

のび太(転んだように見えたけど、普通に殺してるじゃないか……!)

ピュンッ!

のび太「えっ」

ガチャンッ!

のび太「ぽ、ポケットのスイッチが!」

のび太「もう、どうすればいいんだよ……!」

のび太「ドラえもん!!」
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:00:10.29 ID:S2uEfiLA0
カァーカァー

ころばし屋「……」

ころばし屋(金持ちと聞いていたから警戒していたが……。所詮あの程度だったか)

ころばし屋(あんまり派手なスリップは好きではないが、あれはあれで粋なものだな……)

ころばし屋「そろそろか……」

ガチャ

ころばし屋「……遅かったじゃないか」

のび太「……」

ころばし屋「おまえに報告だ。依頼された人物は全てころばしておいた。これでおまえはもうキャンセルする必要はなくなった」

のび太「……」

ころばし屋「……その手のバットはなんだ」

のび太「……責任をとりに来た」

ころばし屋「ほう」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:08:17.55 ID:S2uEfiLA0
のび太「1つ聞いていいかい……」

ころばし屋「なんだ」

のび太「ドラえもんはどこ」

ころばし屋「さあな……。まあ、恐らくは」

ころばし屋「ゴミ処理場に大半はあるんじゃないのか」

のび太「そっか……」

ころばし屋「あれに関しては私も悪かったとは思っている。だが、私の仕事の差し支えになると思って仕方なくころばした」

のび太「パパとママも………」

ころばし屋「庭の下の方にいる」

のび太「……」ギュウッ!

ころばし屋「どうする?」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:14:37.50 ID:S2uEfiLA0
のび太「もう、ドラえもんはいない……」

のび太「失われた命を取り戻す手段はないんだ……」

のび太「なら、ぼくに出来ることは!きみを壊し、これ以上悲しみを増やさないことだ!」

ザッ

ころばし屋「それがおまえの責任のとり方か」

のび太「ぼくにはもうこれしか出来ないから」

ころばし屋「そうか」

のび太「……」ギュッ!

ダッ!

のび太「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

ブンッ!

ころばし屋「そうか、そうか……」
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:27:43.02 ID:S2uEfiLA0
ころばし屋「それは残念だ」

バチュンッ!

のび太「あ」

のび太「う……う……で……?」

ドタッ

ころばし屋「あまり依頼人にはころばしたくないんだが……」

のび太「うぅ……ぁ……がぁ……んいいいいいいいいいいいいいいいぃいい!!」グググッ

ころばし屋「どうした?まだが腕が吹っ飛んだだけだぞ?」

ころばし屋「口にハサミを銜えろ、腕の骨で刺せ、脚で俺を羽交い締めにしろ、まだこんなものじゃないだろ?」

ころばし屋「覚悟は出来たんだろ?」

ころばし屋「俺を『ころばす』んだろ?」

のび太「う゛う゛う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!」

ガバッ!

ズリッ!

ガチャッ!

のび太「あ゛ぁ゛!」

ころばし屋「結局逃げる……、か」

ころばし屋「所詮はその程度の覚悟しか出来なかったわけか」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:33:05.02 ID:S2uEfiLA0
ころばし屋「……」スッ

パンッ!

のび太「がぁあっ!?」

ズルッ

のび太「っ!」

ドンッ

ガンッ

ゴンッ!

ズリュッ........

のび太「」

ころばし屋「さて、依頼は済ませたし、次の奴の所にでも行くとするか……」

スタスタ........
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:36:29.89 ID:S2uEfiLA0

【依頼リスト】

ジャイアン
スネ夫

パパ
ママ

出来杉
モブ崎
モブ澤
etc........




ピラッ




算数

野比のび太 0点












33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:48:30.26 ID:S2uEfiLA0
「ねぇ、知ってる?」

「何を?」

「ころばし屋さんの噂」

「ころばし屋さん……?都市伝説的なやつ?」

「そう!最近流行ってるみたいでさー」

「ふーん。どんな感じのやつなの?」

「それがね、紙に『ころばし』て欲しい人を30人書いてその上に10円乗せて待っているとね、どこからともなくちっちゃい黒い人形が来てね、その書いてある人を『ころばし』てくれんだって!」

「しょぼっ……」

「でもね、最後にはその書いた人は死んじゃうんだってさ!」

「なにそれコワッ」

「でもね、ちゃんと質問に答えられると死ななくて済むらしいんだよね」

「ふーん……」

「面白いでしょ!」

「そうかな……?」

「今度試してみよっかなー!」

「ところでさ、その質問てなんなの?」

「えっとね、確か書いた紙と10円を人形に渡す時に聞かれるらしいんだよね」
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:50:51.14 ID:S2uEfiLA0




































「本当に『殺罰す』覚悟はあるか?」

END
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:52:17.86 ID:N8TOGpjdo

めちゃくちゃ面白かった
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/21(火) 22:59:24.79 ID:94oI1tbAO
おつです
お奨め記事
タグ:
4月24日 06時00分|ドラえもん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告