記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 22:55:05.45 ID:rhAL1+BDO
安価スレ
安価が飛鳥だったらおしまい
765、876は駄目


下1
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 22:55:56.64 ID:jgUXrIAbO
まゆ
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 22:59:09.19 ID:rhAL1+BDO
P「アイドルとイケない関係とかありえないですよ」

ちひろ「そうですよね!」

ちひろ「さて、私は外回りに行ってきますね」

P「はい、いってらっしゃい」

ガチャッ

バタン
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:01:05.34 ID:rhAL1+BDO
P「……行ったか」

P「まゆ」

まゆ「はぁい♪」

P「人がちひろさんと会話しているときに、机の下で人の息子を触るんじゃありません」

まゆ「でも、喜んでましたよぉ?」

P「触るんじゃありません!」

まゆ「むー……はぁい」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:04:55.09 ID:rhAL1+BDO
P「第一アイドルともあろうものがこういったことをするというのはな」

ジーッ

P「人道的ではなく、風紀の乱れと共に」

ボロンッ

P「性の低年齢化が叫ば

パクッ

P「おっふぅ!?」

まゆ「んぐっ……」

P「ば、ばかすけ!お説教中にくわえる奴があるか!」

まゆ「んっ……んっ……!」

グポッグポッ

P「あひぃぃぃぃん」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:06:42.58 ID:rhAL1+BDO
…………
……

P「うぐっ!」

ビュルッビュルルルッ

まゆ「~ッ!」

ゴクン

まゆ「はぁ……あは……♪」

まゆ「それでは、レッスンに行ってきますねぇ」

ガチャッ

バタン
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:09:53.91 ID:rhAL1+BDO
P「こうなったのも一週間前のこと」

P「事務所でうっかり「アイドルと乱れてー」と言ったことを誰かに聞かれ」

P「瞬く間に女子寮で話題になり」

P「困ったことに様々なアイドルが襲ってくる」

P「ちひろにバレたら……終わるな」

P「そもそもこういった関係にならなければいいのか」

P「よぉし!次から頑張って回避するぞ!」

重複駄目
下1
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/22(日) 23:10:31.22 ID:32nif+q7O
みお
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:18:28.18 ID:2EkocDkDO
>>15 misunderstanding
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:22:49.63 ID:2EkocDkDO
未央「プロデューサー!」

ガシッ

P「はっはっは、だきついたりなんてして、どうしたんだい?」

未央「プロデューサー……」

未央「ごめんね」

ドスっ

P「意識が……」

ドサッ
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:26:13.48 ID:2EkocDkDO
P「はっ!?ここはだれ!?私はどこ!?」

P「いや、俺はPだな」

未央「あっ、起きたんだね?」

まゆ「うふ、おはようございます」

P「俺縛られてるぅ!?」

未央「すぐ終わるからね」

P「なんで二人とも服着てないんだ!?」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:35:36.76 ID:2EkocDkDO
未央「プロデューサーは二人の美少女に体を委ねていいから!」

P「委ねられるか!?俺は「アイドルに手を手を出さないマン」だ!」

未央「そんなこと言ってー」

ムニュッ

未央「私とまゆのこと」

ムニュッ

まゆ「好きにしていいんですよぉ?」

未央「したくないわけないよね?」

P「はい」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:41:45.67 ID:2EkocDkDO
「プロデューサーっ!あっ……いいよ……っ!」

「まゆのことも触ってください」

「んっ……はぁっ……!」

「プロデューサーのミツボシが私の中でエブリデイドリームだよ……!」


ピュッピュルルー


下1
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:42:02.62 ID:vSiUtD4z0
はいじゃないが
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 00:42:29.65 ID:MdQkRTmf0
幸子
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 11:44:52.69 ID:2EkocDkDO
P「さぁて、風呂でも入るか」

P「今日もいい汗かいたからなぁ」

ガラッ

幸子「フンフーン」

幸子「っ!?」

P「何故小林が……」

幸子「輿水ですよ!」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 11:51:14.76 ID:2EkocDkDO
幸子「か、カワイイボクが背中を流してあげますよ!」

P「馬鹿やろう!こんなところを見られたらやばいぜ!」

幸子「でも外から見えませんよ?」

P「それもそうだな」


ついでに下1
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 11:51:51.04 ID:U2OURXj9o
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 19:12:43.84 ID:2EkocDkDO
幸子「フフーン!どうですかボクの手は!」

ニュルッヌュルッ

P「や、やめ……」

幸子「すっごく切なそうな顔してますよ!」

幸子「カワイイボクにしごかれて、気持ちいいですよね!」

ガラッ

楓「あら?」

P「ここ俺の家だぞ!?」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 21:55:17.83 ID:2EkocDkDO
楓「……」ジー

P「どうしたんですか?」ボッキンキーン

楓「好感の持てる股関ですね」

P「何言ってるんですかあなたは!?」

幸子「ボクのこともみてくださいよ!はむっ」

P「くわえるんじゃない!!」

楓「手伝いましょうか?」

幸子「おへはいひまふ」

P「おっ、おぉうっ」ビクッ
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 22:00:51.62 ID:2EkocDkDO
楓「ちゅっ……」

P「っ!?」

楓「れろっ……んっ……」

P(あぁ……凄い……)

P(舌が絡みついて……気持ちいい……)

幸子「んっ……んぐっ……」グポッグポッ

P「っ!」

ビュルッ

幸子「んーッ!?」

ゴクッ

幸子「ゲホッゲホッ……出すならいってくださいよ!」

幸子「まぁ、ボクのテクニックにPさんもイチコロでしたね!」

楓「んぅっ……」

幸子(ちゅう……いいなぁ……)
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 23:52:08.30 ID:2EkocDkDO
P「はっ!?」

幸子「Pさん……ぐぅ」

楓「すぅ……」

P「2人のアイドルを侍らせて寝てるなんて知られたら……あかん、クビや」

P「俺は手を出してはないから……ギリギリセーフかな」

P「乳首しか触ってないもんな!よっしゃ!」

P「さぁて今日も仕事だぁ!」


下1
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/23(月) 23:53:01.88 ID:2YL7gJC4O
しぶりん
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 00:27:18.01 ID:UcMcb8NDO
凛「プロデューサー、具合は大丈夫?」

凛「随分とやつれているけど」

P「大丈夫だ」

P「一つだけ聞きたいことがある」

P「なんでお前は俺のシャツをきているんだ?」

凛「きのせいじゃない?」

P「裏に「P」って名前書いてあるだろ?」

凛「うそっ!?」バッ

P「ばっかやろう今脱ぐんじゃねぇなんで下着着てないんだよ!」

P「乳首見えちまうぞ!」
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 00:29:17.18 ID:UcMcb8NDO
乳首「こんにちは」

P「あぁ、見えちゃったよ」

P「渋谷凛の乳首が」

P「優しい桜色の乳首が」

P「見えちゃった」

P「完全に乳首だこれ」
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 06:29:05.75 ID:UcMcb8NDO
P「ストップ!」

ピトッ

凛「ひんっ」

P「うら若き少女が人前で肌を露出するんじゃないよ」

クリクリ

凛「あっ……やっ……」

P「反省してるか?」

凛「反応しちゃっ……!」

?「甘いな!」

クリクリ

P「ぐぁっ!?俺の乳首を触るのは誰だ!?」

志希「あたしだよ!」

P「貴様か……」

クリクリ

凛「りゃめ……っ!」ビクンビクン
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 06:33:57.68 ID:UcMcb8NDO
P「裸Yシャツに裸白衣……変態どもめ!」

凛「変……態……?」

凛「っ!」ゾクゾクッ

凛「見つけた……夢中になれる何かを……!」

志希「プロデューサーのせいで目覚めちゃったよ~?」

P「あぁ……悪意は無かったのに……」

志希「それじゃ、裸のオンナノコが二人もいるんだし」


「しよっか」


下1コンマ75以上で「しちゃう」
未満で「黄金の魂」
43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 06:35:40.19 ID:M7oRa2Pfo
47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 09:56:34.09 ID:UcMcb8NDO
P「やらせるかっ!」ヒュバッ

P「このプロデューサーには、夢がある」スタタタ

凛「逃げられたね」

志希「少し前ならすぐ手を出してたのになぁ」

志希「ま、いっか!パンツは取れたし~!」

凛「ずるいよ、半分頂戴」



下1
48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 10:01:00.82 ID:aIiyoBxdo
美波
50:前回は志希だから、今回は:2015/03/24(火) 20:20:32.51 ID:UcMcb8NDO
P「おぅ、美波じゃないか」

美波「お疲れさまです、コーヒーでも淹れましょうか?」

P「気が利くなぁ」

P「将来いいお嫁さんになれるな!」

美波「なっ!?」

ツルッ←(美波がこける音、決してパッション溢れるプロデューサーのパッション死ンデレラな頭皮の音ではない)

P「アブ(ソリュートパワーフォース!しまった出)ない!」

ドンガラガッシァャン
52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 20:24:07.54 ID:UcMcb8NDO
美波「う……痛……くない?」

P「大丈夫か?」

美波「Pさん!?」

P「咄嗟に下敷きになったから、美波にはそんなにダメージがいかなかったようだ」

P「よかった、美波に怪我をさせるわけにはいかないからな」

美波「あ……」

――恋に落ちる、音がした。
――というか、だいぶ前から、好感度振り切ってた。
54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 20:27:19.53 ID:UcMcb8NDO
美波「Pさん」

美波「お礼を……させてください」

スルッ

P「何故上着を脱ぎ始めた」

美波「志希ちゃんから聞きましたよ。男性は、こういうことをすると喜ぶって」

P「あいつ今度〆る」

P「顔ちょっと赤くしながらマウント取ってはだけないでください!」

P「社会的に死にます!」
55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 20:31:43.14 ID:UcMcb8NDO
P「だ、だめだって」

美波「!?服を掴まないでください!」

P「抵抗するんじゃない!」

ガチャッ

美優「ただいま戻っ」

美優「……」

美優「~~~ッ///」カァァァ

P「誤解です」

美波「美優さん……!Pさんを鎮めるのを手伝ってください……!」

美優「しずっ!?」カァァァ

美優「わ、わかりました!」

P「ダメダメ!ダメだって!」
59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 23:31:37.20 ID:UcMcb8NDO
美波「Pさん……わたしのこと、好きに触っていいんですよ」

P「そんなことしたら「アイドルに手を出すマン」になっちゃうだろ!」

美波「ほら……」グイッ

フニッ

P「なにぃぃぃ!?やっわらけ」

美波「わたし……こんなにドキドキしてるんですよ」

美優「……」

美優「Pさん、私だって負けませんから」グイッ

モニュッ

P「なに対抗意識燃やしてるんですかぁぁぁやっわらけ」
61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 23:35:28.65 ID:UcMcb8NDO
美優「Pさんの……こんなに腫れ上がって……」

P「わぁぁぁ!?なにみてはるんですか!」

美波「うるさいですよ」

トスンッ

P「んー!?」

P(顔面騎乗だと!?)

美優「まずは手で……?それとも……」

P「んぐーっ!」ペロペロ

美波「はぁんっ……!」
62:みなみゆと3P流行れ:2015/03/24(火) 23:42:31.07 ID:UcMcb8NDO
…………
……

「あっ……ひんっ……!」

「Pさん、美波ちゃんの中はどうですか?」

「美波ちゃんも、涎垂らして腰を振って、気持ちよさそう」

「いっ……いく……っ!」

「次は私ですよ……」

チュッ

ビュルルッ

「ぁぁあぁ……っ!」

「ぁっ……はぁ……」

「い……いっぱいでましたね……」

「今日は二人に子供ができるくらい……」

「……お願いしますね」

「「Pさん」」


下1
63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/24(火) 23:43:13.71 ID:VSqaBtxq0
藍子
66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 00:34:28.99 ID:aguqmEpDO
藍子「さぁて!お仕事頑張りま

雫「はい~」

くるみ「あ、あぅ……」

里美「はわ~」

藍子「……」

藍子「……」

…………
……
70:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 09:49:10.57 ID:aguqmEpDO
…………
……
ドサッ

P「何故マウントをっ!流行ってるのか!?」

藍子「わざとですよね」

P「はいっ?」

藍子「今日の仕事の組み合わせ、わざとですよね」

P「今日の……?」

P「あ」

P「……すまん」

藍子「謝らなくていいですよ」

藍子「これから、私のよさをカラダに植え付けますから」

P「いつものゆるふわ感はどうした!」

藍子「今日はえろふわでいいです」

P「あかんってー!手を出すわけにはいかないってー!」
71:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 09:57:35.97 ID:aguqmEpDO
ガチャッ

紗枝「あら?」

P「助けてくれえ!」

藍子「紗枝さん、これから私達の良さをわからせるんですけど」

藍子「一緒にどうですか?」

紗枝「良さ?」

紗枝「……あぁ、そういう……」

紗枝「かまいまへん」ニッコリ

P「ばかたれどすえー!」
72:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 17:10:39.06 ID:aguqmEpDO
紗枝「ほな、Pはん」

紗枝「おちんおちんをかちんこちんにこんちきち「何言ってんだお前は!」

パシャッ

P「なんだ!?」

藍子「ふふっ、Pさんのおちんぽ、カメラで撮っちゃいました」

藍子「ばらまかれたく無いですよね?」

P「いったい俺が何をしたっていうんだ……」

P「ただ、.紗枝と藍子の明日の仕事相手を拓海とレナさんにしただけじゃないか!」

ギュゥゥッ

P「いたたたっ!2人で握らないで!?」
73:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 20:06:42.75 ID:aguqmEpDO
P(誰か……俺を助けてくれー!)

アイドル名
下1

コンマ85以下で乱入
さらに15以下でノーパン
74:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 20:07:30.66 ID:7lOc3iQu0
ぼのの
75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/25(水) 20:16:56.14 ID:aguqmEpDO
ガチャッ

乃々「……え」

P「あぁ!乃々!助けてくれ!」

P「このままじゃ俺の花簪が!」

乃々「……凄く嫌なんですけど……」

藍子「乃々ちゃん」

紗枝「おいでやす」

P「だめだ!」

乃々「……」

乃々「……あの……初めてだから……やさしくして欲しいんですけど……」

P「なんでじゃぁぁ!」
76:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 09:54:18.26 ID:HQt6Ua7DO
…………
……

「あっ、あっ」

「恥ずかしいんですけど……見ないで欲しいんですけど……」

「見られてぐちょぐちょになってるのにですか?」

「そ、それは……」

「Pはんっ……!奥にっ……!」

「また出すんですか?Pさんは無尽蔵ですね」

「次は私の番ですけど……大丈夫ですよね?」

「乃々ちゃんが乗り気に……!?」

「いっ……ぁあっ……!」



下1
77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 09:55:47.03 ID:CIdF5a/SO
飛鳥
79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 10:02:11.51 ID:fPC66jx0O
この世界ももう終わりか
80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 10:03:12.34 ID:HQt6Ua7DO
77でとるあたりがよくわかってる。


昨日の夜書いたやつが消えてしょんぼりした私に生きる意味を与えた>>77は神。
きっと>>77はゼウスの生まれ変わり。ちひろはハーデス。ゴッドゲーム。
私は1/8192に感謝し、また後で書きます。
たまには話の中身を考えます。
81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 10:05:40.69 ID:pGiemTTTO
具体的に>>1は飛鳥の何処が好きなの?
83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 10:27:07.68 ID:HQt6Ua7DO
>>81
心の在り方
84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 10:34:57.33 ID:pGiemTTTO
>>83
ヒエッ……
85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 11:06:47.17 ID:BX9D+N24o
ゼウスってギリシャ神話じゃ指折りの畜生なんですがそれは…
88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 13:49:08.55 ID:HQt6Ua7DO
ガチャッ

飛鳥「やぁ」

P「急に家に来たいだなんて、どうした?」

蘭子「闇に飲まれよ!」

P「蘭子も一緒か、ダークイリュ……ダークイルミメ……ユニットでくるってことは、仕事関連か?」

飛鳥「違うよ、ボク達は」

ドサッ

飛鳥「キミと勉強するためにきたんだ」

飛鳥「蘭子が子供の産まれる神秘について学びたいみたいだけど、生憎ボクにもそんな知識は無くてね」

飛鳥「いや、知識はあるけど、体験が無い」

蘭子「……///」カァァァ

飛鳥「知識とは体験を元に得るものだろう?」

P「待て!」
89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 15:32:57.69 ID:HQt6Ua7DO
P「それは、俺と子供作りがしたい、そういう風に聞こえるぞ」

飛鳥「言の葉は正しく伝わったみたいだね。言葉にして伝える以上は、齟齬が発生することもよくあることだけど」

蘭子「原始なる蒼穹の儀式を初めようぞ///」

P「まぁまて、俺に落ち着く時間をくれ」

P「アイドルに手をだすわけにはいかないんだ」

P「とりあえず、風呂に入ってこい」

P「体と心を清めてきなさい」

飛鳥「時間は有限だ、一緒にどうだい?」

P「そうだな」
94:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 17:30:35.10 ID:HQt6Ua7DO
チャプン

P(しまったぁぁぁぁぁ!)

P(飛鳥があまりに可愛いせいでつい「そうだな」とか言ってしまったぁぁぁぁ)

P(終始照れ気味の蘭子も可愛いぃぃぃ)

P(落ち着け……一緒にお風呂に入るだけ、入るだけだ。イケない関係じゃない……)

飛鳥「お待たせ」

蘭子「欠滅の刻!」

P「うっひょーなんでタオルをつけてないんだ!」

蘭子「古の理ぞ!」

P(ふたりともうっすら生えて……あぁ……)

P「飛鳥、蘭子」

P「背中を流してやろう」
95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 17:32:13.04 ID:HQt6Ua7DO
…………
……

ちひろ「……」

牙狼剣を押し込め!

ザスッ

プスゥ……

ちひろ「あぁぁぁぁ!!」

…………
……
97:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 19:07:18.62 ID:HQt6Ua7DO
P「肌を傷つけちゃまずいよな」

蘭子「わ、我が僕よ……?」

P「ふたりとも横に並んで」

飛鳥「わかった」

P「いくぞー」

ニュルンッ

飛鳥「んっ!」ビクッ

蘭子「ひんっ!?」ビクン
99:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 20:35:26.13 ID:HQt6Ua7DO
ヌルルッ

P「2人とも背中ちっちゃいなぁ」

飛鳥「みんな……このぐらいさ」

蘭子「うぅ……///」

飛鳥「蘭子、まだ恥ずかしがっているのかい?」

ニュルンッ

飛鳥「これからもっと恥ずかしいことをするというのに」

P「しないぞーアイドルに手を出さないぞー」
101:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 20:41:52.53 ID:HQt6Ua7DO
P「背中はこんなものか」

P「じゃ、2人ともこっち向いてくれ」

2人「え?」

P「前も洗わないとだろ?」

飛鳥「う、うん」

クルッ

P「2人共、腕が邪魔で洗えないぞ?」

飛鳥「い、いきなりは///」

蘭子「あう……///」

P「しょうがないな」

P「じゃ、まず飛鳥から洗うか」

グイッ

飛鳥「わっ……!?」

飛鳥「後ろ向きに膝に座らせて……このまま洗うのかい……?」

P「あぁ、そうだ」

ツツー

飛鳥「ひぁっ!?」

P「それじゃ、いくぞ」
102:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 20:48:23.14 ID:HQt6Ua7DO
P(しまった!これは駄目な流れじゃないか!?)

P(このままじゃ俺は「アイドルに手を出すマン」になってしまう)

P(今からでも遅くない!耐えるんじゃゐ!)

P「飛鳥、すまん」

飛鳥「なんだい?」クルッ

P「あぁぁ首だけ振り返って上目遣いで見られたら歯止めが利かないわーい!」

P「キョトンとかそんな感じで見ら

P(しまったぁぁぁ!本音がぁぁぁ!?)

p「真の眼を見せようぞ」

P(愚息さんまで参戦しちゃぅぅぅ!)
103:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 20:49:20.29 ID:HQt6Ua7DO
P「丁寧に洗ってやるからな」ニッコリ

飛鳥「う、うん」

蘭子「!」ドキドキ
104:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 21:43:00.33 ID:HQt6Ua7DO
「よし、いくぞ」

「まずは……腕からだな」

飛鳥の柔肌に、少女のより一回り大きな手が、優しく触れる。

「……」

肩から指の先へ、そしてまた肩へと戻る様を、蘭子は頬を染めながら凝視していた。

「は…ぁっ……」

悩ましげな声が、浴槽を木霊する。
105:ただ書いてるだけじゃみてる方もつまんないから試験っぽくしよう:2015/03/26(木) 21:52:59.13 ID:HQt6Ua7DO
数回、往復した後に、脇腹を伝い手は下へと動く。

足を洗う。
慣用句としてではなく、言葉の通りに。
ボディソープが足を覆う。

「っ……!」

指が太ももに掠めていく度に、小さきカラダが跳ねる。

「さて、と」

今まで、ゆっくりと動かしていた手を、再び身体をなぞりながら

少女の胸へと、這わせる。


―――――――――――――――――――――――
問1

足を洗う。
慣用句としてではなく、言葉の通りに。
ボディソープが足を覆う。

とあるが、【足を洗う】の慣用句としての意味を答えよ。
106:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/26(木) 22:00:01.22 ID:yz12n5e0O
課金から足を洗う
108:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 00:11:04.62 ID:vlXVKEIDO
まだ育ちきってはいない―もっとも、これから育つかは分からない―柔らかな丘に、指が触れる。

「っあ!」

丘に似つかわしくない、小さく主張する桜色のそれも、共に手のひらで擦る。

少女の息は、荒くなる。

「せ、戦慄の奏で……」

まじまじと友人の乱れる姿を目に焼き付けるもう一人の少女は、下腹部が疼くような想いをした。

まざりたい。

そう思ったときには、躯は動いていた。


――――――――――――――――――――――
問2

小さく主張する桜色のそれ

とあるが、本文中に「それ」が指すものは書かれていない。
「それ」が指すものを推測し、下の4つから選択せよ。
1、乳首
2、完全に乳首
3、アブソリュート乳首
4、お乳首様
109:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 00:13:14.32 ID:vBvjuxvUo
3
111:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 00:17:13.10 ID:dbnDPT9l0
あえて3
112:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 00:26:58.61 ID:vlXVKEIDO
「プロデューサー……!」

崩れるように抱きつく。
背中に胸を擦り付ける様は、マーキングをしているかのようでもある。

膝に座る少女も、口寂しさから振り向き、男の首の辺りにキスをする。

浴室の鏡には、二人の少女に捕食をされているかのような光景がうつる。

「我慢できないか」

「泡を流して、ベットに行こうか」

コクンと、二人は頷いた。


――――――――――――――――

浴室の鏡には、二人の少女に捕食をされているかのような光景がうつる。

とあるが。何故筆者は鏡に映る光景を描写したのか、30字以内で答えよ。
113:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 00:31:32.16 ID:9/l4UKVSO
まゆが映っていたから
115:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 00:46:35.10 ID:+xUAVTltO
>>113
怖すぎィ!
117:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 09:56:04.16 ID:vlXVKEIDO
…………
……

「それで、蘭子に勉強をさせたいんだっけ?」

「イグザクトリィ、その通りさ」

「そっか、それなら。飛鳥の躰で説明しようか」

「はい?」

少女の後ろから、少し強引に足を開かせる。
アルファベットのMのような形を足で造らせ、勤勉な少女へと見せつける。

「や、やめっ……!」

「これが、女性器だ。まぁそれはわかるか」

――――――――――――――――――
問4
今、何問目?
118:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 10:11:45.19 ID:vlXVKEIDO
「蘭子、触ると変な気持ちになる所、お前にもあるだろ?」

「それが、クリトリスだ」

蘭子は顔を紅くしながら、頷いた。

蘭子が理解したのを確認した男は、足を広げた少女の説明した箇所を

「いっ!?」

やさしく摘み。

「あ……っ!」

やさしく擦る。

見られているという感覚が、感度を上げているのだろうか。
はたまた、好意を抱くものに、触られているからだろうか。

声の漏洩は、止まらなかった。

――――――――――――――――――
問5
「やさしく」と言う言葉が繰り返し使われているが、筆者が何故この言葉を繰り返し使用したのか、下の4つから選べ。

1whitebless
2愛しさと切なさと心強さと
3人にやさしく
4毒茸伝説
119:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 10:17:05.45 ID:dbnDPT9l0
1
124:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/27(金) 14:04:55.37 ID:vlXVKEIDO
「ここに、男性器を入れるんだ」

「あっ……ぅあっ……!」

淫靡な液体で湿った秘所は、男の指を抵抗することもなく受け入れた。

「は、入って……」

指でかき混ぜられ、止め処なく愛液は溢れていく。

「凄い……」

生命の神秘を目の当たりにした蘭子は、いつしか顔の朱さ消え、ただ見入っていた。
130:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 00:24:15.04 ID:WtUOuTDDO
「もう大丈夫かな」

「さて、本題に入ろうか」

「開闢の舞か!?」

「ぁ……」

「飛鳥はぐったりしてるな……念入りにほぐし過ぎたかな」

「飛鳥、入れるぞ」

「入れ……る……?」

「うん……いいよ」
131:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/28(土) 00:32:56.49 ID:WtUOuTDDO
少女の膝を後ろから抱え、持ち上げる。

教授するため、見えやすくするためだ。

持ち上げ、男のいきり立つ肉棒の上へと、寄せる。

「飛鳥、力抜いて」

ゆっくりと少女の体を降ろす。

膣に先が触れ、そしてそのままゆっくりと、くわえ込ませていく。

「ぅあ……いっ……!」

「痛かったか?」

「いくっ……」

前戯を念入りに行ったからだろうか。

奥まで入る頃には、少女の陰部からは液体が零れていた。
132:30%ぐらい、引けるよね?:2015/03/29(日) 00:10:49.74 ID:1ry6Zk9DO
「P……少し休ませてくれないか……」

「今動かれたら、壊れてしまいそうだ……」

「そうか……それじゃあ、蘭子」

「わ、我か?」

「実技教習、始めようか」


下1
コンマ70未満で終了
133:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 00:11:55.57 ID:V7NWvSlp0
ほい
137:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 09:14:31.77 ID:1ry6Zk9DO
―ダイジェスト―
…………
……
「我が下僕っ……!あっ、あっ!」

「ちゅっ……んむっ……」

「あぁっ……!すごっ……きもちいいっ……!」

「後ろから……?」

「ぅあっ……やだっ……顔が見えない……!」

「いいよ……中に……きて」

「煉獄の……種付け……!」

…………
……
139:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 09:22:20.11 ID:1ry6Zk9DO
P「はっ……」

P「昨日何かがあった気がする……」

P「思い出せない……」

P「ただ、何か幸せな出来事が……」

P「ま、いっか、仕事仕事ー」



141:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 09:35:34.54 ID:1ry6Zk9DO
と、というのは嘘で、もうちょっとやるよ!

前川と李衣菜のアスタリスクにPのロリポップ突っ込んだりするよ(未定)

なんかいい組み合わせありますか?


飛鳥ちゃんとえっちなことを想像すると胸が痛くなってきた。
やっぱりキスくらいがいい。永遠にキスしたい。
16才位になったら手を出しても……?
142:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 09:46:52.30 ID:P8rMpnNJo
うづみおで
わくわくさんと木場さんと早苗さん辺りに逆レもいいかも
143:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 09:57:57.71 ID:FZXW2o060
ロワでしきにゃんと飛鳥のユニットが出たから記念に2人と3Pで
145:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 17:27:59.16 ID:1ry6Zk9DO
P「私はプロデューサーだ、誠実だ」

P「だからアイドルに手を出したりしない」

P「仮にそういったことになりそうになっても、うまいこと回避する」

P「そういう人間だ」

P「だから」

P「何故か俺は裸で右太ももに未央が左太ももに卯月がこれまた全裸で座って俺に抱きついたり太ももに股関を擦り付けたりしているこんな状況も」

P「打破する」

卯月「プロデューサーさぁん……」スリスリ

未央「プロデューサー……!」ムギュゥッ

P「だはは、こいつは厳しいぜ」
↑打破だけにだははと溜め息を漏らしている
152:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:12:08.50 ID:1ry6Zk9DO
P(椅子に縛り付けられて逃げられない)

P(打開策……何かないか)

P(そうかわかったぞ!)

P「はむっ!」

卯月「!?」

未央「ひぁっ!?」

未央「ぷ、プロデューサー!私の体が美味しそうなのはわかるけどさ……!」

未央「いきなり……ち、ちくびは……あの……」

未央「恥ずかしいというか……その……」

チュゥ

未央「ひんっ!」

未央「す、吸っちゃだめぇ……!」
153:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:14:29.54 ID:1ry6Zk9DO
クニッ

未央「あんっ……!」

未央「甘噛みも……!だめ……っ!」

卯月「未央ちゃん、気持ちよさそう……」

卯月「プロデューサーさん、手伝いますね!」

未央「えっ、ちょ!?」

カプッ

チュゥ

未央「やぁぁっ……!?」
154:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:19:22.92 ID:1ry6Zk9DO
未央「りゃめっ……!」

チュゥゥゥ

ペロペロ

未央「ちくびだけで……いっちゃう……!やらっ……!」

P「卯月、続けててくれ」

チュッ

未央「んぐっ!?」

未央(今ちゅうなんかされたら……!頭の中真っ白になっ……)

未央「~~ッッ!」ビクンビクン

未央「ぁ……」

チョロッ

卯月「わわっ!

ピチャッ……ピチョン……

P「太ももと床がびちゃびちゃになってしまったな……」
155:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:20:06.82 ID:1ry6Zk9DO
下1

コンマ70未満でエロくない展開
それ以外でスケベタイム
156:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:23:01.46 ID:avIVoXseo
はい
158:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:27:17.59 ID:1ry6Zk9DO
卯月「私もやります」
ズボズボ
卯月「あんあん」
未央「ずるいよしまむー私もやりたい」
ズボズボ
卯月「あんあん私が終わってからですよ」
卯月「プロデューサーさんはいくらでもだしていいですよ」
ビュルル
Pは射精した
卯月「イクー!」
未央「次は私の番だね」
ズボズボ
…………
……

アイドル名
下1
159:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/29(日) 21:28:26.24 ID:a1D7kNCHO
163:そういやちゃんみお二回やっちゃったな:2015/03/30(月) 09:57:09.88 ID:Q0h8T1dDO
ガチャッ

杏「おはよ、帰っていい?」

こずえ「ふわぁー……」

晴「ん?」

P「まじかぁ……」

晴「お、P!ここにあるジュース飲んでもいいか?」

晴「最近暑くなってきたから喉が渇くんだよな!」

P「おっけー」
164:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 10:00:59.67 ID:Q0h8T1dDO
P「ん?しまったあのドリンクは「飲んだらたちまちえっちな気分になって好意を持つ人に襲いかかってしまうドリンク」じゃないか!その名も「エブリデイドリーム」!」

P「だめだ!飲んではならない!」

P「三人とも飲んでるぅー!?」

P「あかん、逃げないと、逃げないと、あかん」

P「落ち着け……マカオのオカマって逆から読んでもマカ

ガシッ

P「ひぃっ!?」
165:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 10:08:42.33 ID:Q0h8T1dDO
杏「プロデューサー……杏、夜の仕事がしたいんだけど……」ムギュッ

P「ひぃっ!?杏が仕事だなんて!?」

晴「なんだこれ……オレ……体が熱く……」ムギュッ

P「なんて表情してやがるんだ!?」

こずえ「ふわぁ……おとこのにおい……」クンクン

P「何言ってんだコラ!」

P「どこ嗅いでんだコラ!」
167:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:07:53.71 ID:Q0h8T1dDO
杏「プロデューサーぁ……」

ドサッ

P「またマウント取られた!?」

ストン

P「むごごっ!」

P(人の顔に座るんじゃねぇ!)

P(くそー!)ペロペロ

杏「あぅっ……んっ……!」ピクンッ
168:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:12:31.12 ID:Q0h8T1dDO
こずえ「いいにおいー……ここからー……」

P(ファスナーおろし始めた!?)ペロペロ

P(なんてこった!今は……!)ペロペロ

ビッキビキリーン(もっこもこりーんの方がいいかな、各自補完すること)

晴「す、すげ……」

こずえ「くんくん……ふわぁー……」

晴「こ、これってオレ達に……」

こずえ「ぷろでゅーさー……ろりこんー……?」

P(滅相もない!)ペロペロ
169:そろそろ引けるよね?30%:2015/03/30(月) 21:21:19.57 ID:Q0h8T1dDO
P(俺はロリコンじゃない!)ペロペロ

杏「ひぅっ……やぁっ……!」

P(証明してやる!)ペロペロ

晴「う……まず……くはないか」ペロッ

こずえ「はむ……んー……」

P(俺の鋼の意志を!)

P(金色になれ!)

下1

コンマ70未満で終了
70以上でアブソリュート・ゼロ

69ならおまけ
170:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 21:21:42.94 ID:P+IexE/ao
はい
177:>>175で7三つ揃ってた、勝てそう:2015/03/30(月) 23:05:58.22 ID:Q0h8T1dDO
ヂュゥゥ

杏「ぅあ゛っ!吸っ……!?」

杏「あぁぁ……っ……!」プシャァ

ビュクッビュルルッ

晴「うわっ!?」

こずえ「ぷろでゅーさー……すごいにおいー……」

P「俺はロリコンじゃないことを」

P「体に刻みつけてやる!」

オーオーオオオオオー(金色)
178:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 23:08:52.94 ID:Q0h8T1dDO
「三人共、服を脱ごうか」

「なんでだよ!」

「しょうがない、俺が脱がしてやろうか?」

「い、いいよ、自分でやるよ」

「ふわぁー……おきがえー……?」

「そうだ」

「あっ……いっ……」

「じっとしてろよ、脱がしにくくなるからな」
179:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 23:18:46.73 ID:Q0h8T1dDO
4人の男女が集まった、施錠された仮眠室。
布が擦れる音と、少し荒げた息遣いが木霊する。

「ほら、脱いだぞ。あまり見んなよ!」

「こずえもー……」

「やっと落ちついつきたのに……プロデューサーのけだもの……!」

多彩な色をした身形から、肌色の多い姿へと変わった三人の少女。
1人は恥ずかしがり、細い腕で隠し。
1人は無垢な顔で、ただ立ち。
1人は呼吸を整えつつ、湿った股を隠す。
決して大きいとは言えない六つの丘には、三者三様の桜色が飾られていた。

「さて」

「オシオキといこうか」

「大人をからかった罰を」
180:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 23:27:56.49 ID:Q0h8T1dDO
三人をベッドに座らせ、順番にキスをする。
一度目は、やさしいキス。
少女達の心を奪う。やさしく、甘く。

二度目は、情熱的なキス。
意識を向けさせる。
体の力を抜かせ、一人一人、ベッドに寝かせる。

三度目以降は、唇を奪わない。
年に似合わない小さな少女の耳に、首に。
健康的な少女の腹に、腕に。
人形のような少女の背中に、腿に。
至る所に。

心に。
182:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/30(月) 23:34:38.89 ID:Q0h8T1dDO
三人同時に、弄ぶ。

「プロデューサー……!」

柔肌を弄り、

「P……!」

焦らし、

「ぷろでゅーさー……!」

弄する。

少女達が独りの男に、呼びかける。
鎮めてくれと。
熱くなった体を。
183:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 00:17:10.14 ID:ae17cdxDO
「晴」

「なんだよ……っ」

呼び掛けに、少し照れた表情をしながら応じる。
男の両手が、桜色の突起物へと伸びる。

「ふぁっ……!」

「P……っ!」

手のひらで転がすように、性感帯を触る。
唐突に訪れた強い刺激に、腰が跳ねた。
184:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 00:35:51.70 ID:ae17cdxDO
「んぁっ……!オレ……なんか変だ……っ!」

「胸触られてるだけなのにっ……!」

「股間が……切ない……っ……!」

その言葉が、引き金になったように、男の弄びかたが、変わった。
舌が胸を這い、そして、指が従順な膣を、淫らに変えていく。

「あっ、あっ……!」

体を動かすことで楽しみを得ていた少女に、
体を弄ぶことで悦しみを植え付けていく。

「とんじゃうっ……!うあぁぁっ!」

だが



最高潮には、届かせない。

あくまで、飽くまで
オシオキなのだから。
188:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 21:48:21.63 ID:ae17cdxDO
四つん這いにした少女の、陰部の突起物に吸いつく。

「ぁ……!」

ふわふわとした人形のような少女は、目を見開き、襲い来る快楽の波に飲まれる。

「は……っ……あ゛ー……!」

未知の刺激が支配する。

体から力が抜け、自身の体を支えられず、

崩れた。
189:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 21:56:55.00 ID:ae17cdxDO
「プロデューサー……っ!」

隣で繰り広げられる情事による高揚と、先程までの快感が混在し、遂には自らを慰める。
しかし、その手は男によって抑えられる。

「杏、足を開け」

「あ……」

いきり立った物を見て、素直に従う少女は、理性など既に消え去り、さらなる快楽を求めた。

太き杭が、挿入―さ―さる。

「ん゛ぁっ……!」
190:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 23:30:12.58 ID:ae17cdxDO
「ぁんっ!」

奥にぶつかる度、声が漏れる。

「晴、こずえ、杏を喜ばせてあげて」

二人はコクンと頷くと、よがる少女の二つの突起をなめ始めた。

「ひぁ……っ!りゃめっ……!」

既に呂律は回らず、抵抗も出来ず。
三者からの責めを受け入れるしかなかった。

「よし、いいぞ」

共に責める二人の少女の指を、空いた両手でかき混ぜる。

ひとりの男に、三人の少女が
喘ぎ、よがり、乱れていた。

「杏、中にだ「飛鳥、ちょっと待て」
191:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 23:34:34.96 ID:ae17cdxDO
飛鳥「む、なんだい?」

P「「もしもPがこんな風になっていたらボクは耐えられないね、例えば……」から長いんだよ!」

P「最初のまゆに虐められる所からどんだけ話すんだお前は!」

飛鳥「ボクは可能性を述べただけさ」

P「妄想が盛んですね!」

飛鳥「キミはこんなことしてないだろうね?」

P「あったりめえだ!」
192:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 23:37:03.41 ID:ae17cdxDO
P「アイドルとイケない関係とか、ありえない」

P「俺が手を出すのは、嫁さんだけだ」

飛鳥「そうかい、それじゃ……」

飛鳥「……そろそろ、ボク達は跡取りを残すべきじゃないかな」

P「OK、まとめてプロデュースしてやるよ」

飛鳥「うん……!」


この後滅茶苦茶滅茶苦茶した。
194:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 23:39:17.03 ID:ae17cdxDO
ちひろ「ふぅ、いろはす美味しかったです」

ちひろ「ゴミ箱に、ぽーい」

ヒューン

P「あぁっ!?ばかやろう!」

P「そっちのゴミ箱はペットボトル用じゃない!」

P「そっちに捨てていいのは!」


P「カンだ!」


195:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/31(火) 23:42:54.08 ID:ae17cdxDO
飛鳥きた飛鳥きた飛鳥きたきたきたきた!あぁぁぁぁぁ!飛鳥きたぁぁぁあ!嬉しさMAX!飛鳥ちゃぁぁぁぁんどほほぉ!
飛鳥ちゃんがでたら終わりとか言ったけど折角だから続けました!飛鳥ぁぁぁ!
飛鳥ちゃんが可愛いと知らしめるつもりだったけど飛鳥ちゃんが可愛いのは世界の理だからだはぁぁぁ!?



またそのうち、何か書きます。
なのでまた、そのうち見ていただけると幸いです。
199:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/04/02(木) 00:20:07.41 ID:gO+rjAoC0
アブちくPはほんとにブレないな
お奨め記事
4月3日 20時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告