記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:12:20.35 ID:bYWDyENG0
【765プロ事務所】
美奈子「私ね、他人を太らせることに喜びを感じる人だって、よく誤解されるの。」


奈緒「誤解…?」


美奈子「私はただ、お腹が空いて困っている人にご飯をご馳走しているだけだよ?」


美奈子「例えるならアンパ○マンみたいなものだよ。」


奈緒「確かに。私も毎日お弁当作ってもらってるしな。」


美奈子「でしょ?それなのに酷いと思うの。」
2:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:14:14.24 ID:bYWDyENG0
美奈子「量は多いかもしれないけれど、みんな、空腹で苦しむ気持ちを忘れていると思うの。」


奈緒「いや、それでもあの量は多いやろ。」


奈緒「正直なところ、私も食べるのキツいし。」


美奈子「キツいですって!?あーあ!もう美奈子ちゃんは怒りました!」


美奈子「こうなったら今後一切、みんなにご飯は作りません!」


奈緒「なんやて!?じゃあ私の今日のお昼ご飯は!?」


美奈子「たるき亭がランチメニュー始めたらしいよ?」


奈緒「そ、そんなーーー!!嘘やろーーー!?」
3:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:15:46.92 ID:bYWDyENG0
【1週間後】
紗代子「もうお昼かぁ。お腹空いたなぁ。」


美奈子「お腹空いた!?……はっ!ダメダメ…。」


紗代子「あはは、気にしないで。コンビニで何か買ってくるから。」


奈緒「あかん…お腹空いて死にそう…。」グゥゥゥゥ


紗代子「…奈緒ちゃんはやつれ過ぎじゃない?」


奈緒「わかる?1週間で5キロ痩せたわ。」


紗代子「5キロ!?ちゃんと食べなきゃダメだよ!」


奈緒「食べてる。3食おやつ付きで、おかわりもしてる。」


紗代子「それで何故痩せるの!?」


奈緒「私にもわからん。」
4:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:19:45.75 ID:bYWDyENG0
紗代子「もう。いい加減美奈子ちゃんに謝ったら?」


奈緒「そんなん言うたって、何て謝ったらいいのか。」


紗代子「素直に言えばいいんだよ。」


紗代子「『自分好みの肥満体まで育てるデブ専版光源氏って呼んでごめん』って。」


奈緒「いや、そこまで言うてない。」


奈緒「でも…せやな。美奈子を傷つけたなら、ケジメはつけなあかんよな。」
5:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:20:58.26 ID:bYWDyENG0
奈緒「美奈子、私が悪かった!」


奈緒「毎日美奈子にご飯を作ってもらってるのに、酷いことを言ってしまった。」


奈緒「簡単に許せることやないと思う!本当にごめん!」

美奈子「奈緒ちゃん…。」


奈緒「あと、美奈子のこと、人間フォアグラ製造機って思ってた!ごめん!」


美奈子「そんな風に思っていたの!?奈緒ちゃんなんかもう知らない!」


奈緒「……あかん。火に油を注いだ。」


紗代子「奈緒ちゃんもなかなか酷いね。」
6:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:22:28.67 ID:bYWDyENG0
奈緒「ああ…あかん。本格的に空腹や。」グゥゥゥゥ


奈緒「美奈子…ごめんな…でも、これだけは信じてほしい。」


奈緒「私はな、美奈子の料理が大好きなんや…。」


奈緒「愛しているんや。美奈子の料理を……この世界の誰よりも。」


奈緒「だから…最後にもう一度…美奈子の料理が食べたかっ…た…。」


奈緒「」バタリ


紗代子「えっ……奈緒ちゃん?奈緒ちゃんってば!ねぇ!」
7:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:24:18.88 ID:bYWDyENG0
紗代子「どうしよう!奈緒ちゃんが目を覚まさない!」


紗代子「お願い美奈子ちゃん!奈緒ちゃんのためにご飯を作ってあげて!」


美奈子「私のご飯の量は多いよ?軽く10万キロカロリーはある。」


紗代子「10万キロカロリー!?」


美奈子「奈緒ちゃんが残した場合、紗代子ちゃんに食べ切れる?」


紗代子「い、いいですとも!」


紗代子「一生かかっても、どんなことをしても食べます!食べ切りますとも!」


美奈子「それを聞きたかった。」


奈緒「何やこの茶番。」
8:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:26:45.84 ID:bYWDyENG0
【その後】
奈緒「はぁ…はぁ…!!」ガツガツ!!モグモグ!!


奈緒「死ぬかと思った…もうダメかと思った…!!」


美奈子「美味しいでしょう?ここ1週間の分、しっかり食べてね!」


美奈子「おかわりもいいよ!」


奈緒「やっぱり美奈子の料理は最高やな!」


美奈子「ありがとう!でも、キツかったら残してもいいんだよ?」


奈緒「お腹空いて死にそうなんに、それどころやないわ!」


奈緒「(………それに、)」
9:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:27:46.25 ID:bYWDyENG0
紗代子「美奈子ちゃん、おかわり頂戴!」


美奈子「いいよ!どんどん食べてね!」


美奈子「えへへ♪」


奈緒「(そない嬉しそうな顔見せられたら、残されへんわな。)」


奈緒「美奈子!私もおかわりや!」


美奈子「はいはーい!どうぞ、たくさん召し上がれ♪」


【終わり】
10:◆BRZinuuIIfwI:2017/12/07(木) 00:28:29.42 ID:bYWDyENG0
以上です。
佐竹君も美味そうやな~。
お奨め記事
12月8日 08時09分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告