記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:16:37.89 ID:CPDCx18zo










2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:17:11.85 ID:CPDCx18zo

ガチャ

拓海「うーす」

柚「あ、拓海サンだっ」

拓海「おう、柚か。アイツは?」

柚「んーとね、Pサンは他の子を送りに行った」

拓海「そうか。しゃーねー、待つか」

柚「Pサンに用事?」

拓海「ああ、今度の仕事のことでちょっと呼ばれてな」

柚「ふーん」

拓海「そうだ柚、これやるよ」

柚「わーっ、お菓子だっ」

拓海「こないだ夏樹とツーリング行ったからよ、その土産だ」

柚「やったーっ!アリガト、拓海サン!」

拓海「へへっ、いいってことよ」コスッ (※鼻の下を人差し指の横でこする音)

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:17:38.88 ID:CPDCx18zo

柚「うまうまー♪」モグモグ

柚「」ゴックン

柚「……ねえねえ」

拓海「あん?」

柚「拓海サンってさ、なんでアイドルになったの?」

拓海「……アタシが自分からアイドルになりたがるようなヤツに見えるか?」

柚「拓海サンも女の子だからアイドルに憧れてたのかなーって。ちがうの?」

拓海「…………ハァ……アタシが女の子……」

柚「拓海サン?」

拓海「なんでもねえ……アタシはアレだ、アイツにスカウトされたんだよ」

柚「へーっ!」

拓海「最初は断ったんだが、押し切られちまった」

柚「どんな風にスカウトされたのっ?」

拓海「……知りてェか?」

柚「知りたい知りたいっ♪」

拓海「……そォか、知りてェか」コスッ

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:18:08.99 ID:CPDCx18zo

拓海「アタシがヤンキーやってたのは知ってんだろ?」

柚「うん、Pサンから聞いた!」

拓海「ヤンキーってのはよ、族……つまりチームを組んで活動すんだ」

拓海「チームのやつらで集まってバイクで好き勝手に暴れたりよ」

拓海「よそのチームと喧嘩したりすんだよ。怖ェだろ?」

柚「こわいこわいっ!」

拓海「へへ、ヤンキーってのはナメられたらおしまいだからな」コスッ

柚「あっ!でもでもっ、拓海サンはあんまり怖くない!」

拓海「うぐっ……」

拓海「それはPのヤツがだな!アイツがアタシをおちょくるから」

拓海「アタシが実は大したことないヤツみてーに思われてるだけでよォ!」

拓海「本当のアタシはスッゲェ怖ェんだぞ!」

柚「そうなの?」

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:18:37.95 ID:CPDCx18zo

拓海「おう!なんたってアタシは特攻隊長だったんだからな!」

柚「とっこーたいちょー?」

拓海「ああ。特攻隊長ってのはな、喧嘩のときに先頭に立って」

拓海「真っ先に相手チームに突っ込むヤツのことだ」

柚「怖くないの?」

拓海「ハン!この向井拓海様がそんなことでビビるわけねーだろ」

拓海「ま、アタシみてーに強くて度胸のあるヤツじゃねーと特攻隊長はつとまらねーってワケだ」コスッ

柚「すごーいっ!カッコイイ!」

拓海「だろ?特攻隊長の向井拓海といやあ、ヤンキーの間じゃちょっとした有名人だったぜ」

拓海「……それが今じゃコレだもんなあ」

拓海「ガラじゃねー服着せられて、アイツにからかわれて」

拓海「今じゃこの事務所でアタシにビビってるヤツなんざ誰もいねえ」

拓海「アイドルになってから随分と丸くなっちまったもんだぜ……」

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:19:06.14 ID:CPDCx18zo

柚「でも、カワイイ服着てるときの拓海サン、けっこー楽しそうだよねっ!」

拓海「なっ!?た、楽しくなんかねーよ!」

拓海「Pがムリヤリあんな服着せてくるから仕方なく……!」

柚「そっか。拓海サン、Pサンと仲良しだもんネ♪」

拓海「だ、誰があんなヤツとっ……」

柚「じゃあ、Pサンのことキライ……?」

拓海「う……き、嫌いではねーよ……」

柚「へへっ、だよねーっ!アタシもPさんのことスキ♪」

拓海「アタシは好きとは言ってねーぞ!」

拓海「はぁ、ったく……ここに来てから調子狂わせられっぱなしだぜ、ホントに……」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:19:34.22 ID:CPDCx18zo

拓海「……話がだいぶそれちまったな」

柚「あれ?何の話だったっけ」

拓海「オイオイ、アタシがスカウトされたときの話だろーが」

柚「あ!そうだった!ごめんごめん♪」ペロッ

拓海「とにかくよ……ヤンキーってのは怖ェから誰も近づいて来ねー」

拓海「だがある日、アタシらが集会してる時によ、一人の男が来たんだ」

柚「Pサン!」

拓海「ああそうだ。全くいい度胸してるぜ」

拓海「一人、場違いなスーツ姿でヤンキーの集会に乗り込んでくるんだからよ」

柚「なんかPサン、かっこいいかもっ」

拓海「そうかァ?アタシはあんとき不気味だったぜ」

8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:20:02.30 ID:CPDCx18zo

拓海「で、当然周りはピリピリし始めた。アタシらは女だけの族だったから余計にな」

拓海「今にも殴りかかりそうなヤツもいたからよ」

拓海「ここはアタシに任せときなっつって落ち着かせて、アタシは一人で前に出たんだ」

柚「拓海サン、カッコイイ!」

拓海「へへ、まあそういうのも特攻隊長の役目よ」コスッ

拓海「で、アイツはよ、アタシに名刺を差し出しながら『アイドルになってくれないか』って言ったんだ」

拓海「その瞬間周りのヤツらはブチギレたよ」

柚「なんで?」

拓海「だってよ、アイドルみてーなチャラチャラしたものになれだなんて」

拓海「アタシらヤンキーをナメてるとしか思えねーからな」

柚「フーン、そーいうものなんだ」

拓海「アイツらときたら、今にもPをボコボコにしそうな勢いだったからよ」

拓海「アタシは『オメーら落ち着けッ!』って一喝して黙らせてやった」

柚「おおーっ!」

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:20:35.53 ID:CPDCx18zo

拓海「へへっ、まあヤンキーってのは強いヤツの言うことには従うのさ」コスッ

拓海「アタシへの話なんだからアタシがケリをつけるっつったらみんな納得したよ」

拓海「そんで、アタシはPの話を断ったのさ」

柚「断ったの?」

拓海「そん時はな。さっきも言ったがアイドルなんてありえねえって思ってたし」

拓海「だがアイツは諦めなかった。しつこく食い下がってきやがった」

拓海「……考えてみりゃあよ、ボコボコにされっかもしんねえのに」

拓海「族の集団に突っ込んで、何度も何度も年下のガキに頭下げてよ」

拓海「こいつはマジなんだって、アタシは心打たれちまったんだよ」コスッ

拓海「ここまでされて無下にできねえと思ったアタシは」

拓海「総長に頼み込んで、なんとかアイドルになることを許してもらったんだ」

拓海「アタシは総長にブン殴られることも覚悟してたが」

拓海「あの人も器がデケーからよ、アタシを応援してくれたよ」コスッ

拓海「……ま、そんで今に至るってワケだ」

10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:21:03.63 ID:CPDCx18zo

柚「……」クルクル

拓海「飽きてんじゃねえッ!」

柚「や、やだなー、そんなことないヨ……?」ギクッ

拓海「嘘つけ!椅子でクルクル回ってたじゃねーか!」

拓海「せっかくのアタシのいい話をよぉ……」

柚「……てへ」ペロッ

「ああ、とってもいい話だったな」

拓海「!」ギクッ

柚「あ、おかえりPサンっ!」

P「ただいま柚、拓海」

拓海「お、おう、アンタか……」

11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:21:34.45 ID:CPDCx18zo

柚「今ね、拓海サンに面白い話聞いてたっ」

P「そうかそうか、よかったな」

P「ところで俺も面白い話があるんだが聞きたいか?」

拓海「お、おいP……」

柚「聞きたい聞きたいっ!」

P「実は今の話にはちょっとばかしウソが混ざっていてな」

P「本当はこんな感じだったんだ」

拓海「おいP!やめろっ!待て!」


______________________


12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:22:07.26 ID:CPDCx18zo

ヤンキー『……でよー、そん時にな……』

ヤンキー『……ん?なんだあの男』

ヤンキー『おい、こっち来るぞ!』

P『』ズンズンズンズン

ヤンキー『な、なんだアンタ!』

P『』ピタッ

拓海『……んだテメー。この向井拓海になんか用か?』

ヤンキー『拓海さん……』ヒソヒソ

ヤンキー『大丈夫かな……』ヒソヒソ

P『俺はこういう者だ』スッ

拓海『……芸能事務所のプロデューサーさんが何しに来やがった』

ヤンキー『え、芸能事務所……?』ヒソヒソ

ヤンキー『それってもしかして、拓海さんを……』ヒソヒソ

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:22:35.76 ID:CPDCx18zo

P『うちの事務所でアイドルになってくれないか!』

P『君ならアイドル界のトップに立てる!』

ヤンキー『!』

拓海『………………ハァ?』

拓海『何を言うかと思ったら……』

拓海『この天上天下、喧嘩上等、特攻隊長の向井拓海がアイドルだァ!?』

拓海『ンなチャラチャラしたモン、このアタシがやるワケねーだろッ!』

拓海『おい聞いたかてめえらッ!』

拓海『この野郎、ヤンキーをナメてやがるぜッ!』

拓海『コイツは許せねーよなァ!?』

ヤンキー『……』

拓海『総長も何か言ってやってくださいよ!』

総長『……』

拓海『…………な、何黙ってんだよ、皆してよォ』

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:23:02.91 ID:CPDCx18zo

ヤンキー『……ぷっ』

ヤンキー『……フフ』

ヤンキー『……くくっ』



ヤンキー『『アーハッハッハッハッハッハ!!!』』



ヤンキー『あ、あの拓海がアイドル……』プルプル

ヤンキー『に、似合わねーっ!』ゲラゲラ

ヤンキー『プロデューサーさん、アンタ最高だよ!』ギャハハ



拓海『な、何笑ってんだてめえらッ!』カァァ

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:23:30.82 ID:CPDCx18zo

拓海『そ、総長ォ!』

総長『でな、これが野良猫にエサやってるときの拓海』

P『へぇー、こうして見ると年相応の少女ですね』

拓海『何打ち解けてんだァッ!』

P『いやー拓海、お前のところの総長さん、すっごく話の分かる人だぞ』

拓海『馴れ馴れしく呼ぶんじゃねぇ!』

総長『あ、拓海』

拓海『う、うす!』

総長『お前アイドルやれ。総長命令な』

拓海『ハァ!?』

総長『じゃ、Pさん、コイツのことよろしくお願いします』

P『任せてください』

拓海『勝手に決めんじゃねぇ!』



______________________
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:23:57.65 ID:CPDCx18zo

P「……というわけだ」

柚「拓海サン、人気者なんだねっ!」

拓海「誰にも知られたくなかったのに……チキショー……チキショー……」

P「いやー、帰ってきたら拓海がモリモリ盛ったエピソードを話してたから驚いたよ」

拓海「もういっそアタシを殺してくれ……」

P「おいおい、そんなことできるわけないだろ」

P「今度の新しい衣装が届いたら、拓海に着せて写真とって送るって総長と約束してるんだから」

拓海「なんでアンタと総長が交流持ってんだよ!?」

P「そりゃ初めて会った日に連絡先交換してるからな」

拓海「もしかして今までの衣装姿も全部……」

P「撮って送ったぞ。たくみんスマイルは特に評判良かった」

拓海「うおォォォ……!」

P「というわけでここに新しい衣装があるから早速着替えてきてくれ、撮るから」

拓海「今日呼んだ用事ってそれかよ!?」

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:24:26.15 ID:CPDCx18zo

拓海「つーか、よりによってフリフリの恥ずかしいヤツじゃねーか!」

柚「わーっ、いいなー!スッゴクかわいい!」

拓海「撮るならせめてもっとかっこいい衣装にしてくれよ……」

P「かっこいい系の写真送ると『そういうのはいい』って言われるんだ」

拓海「クソ総長ォ……!」

拓海「P!アタシは着るのを拒否するからな!」

柚「えーっ、アタシ、これ着た拓海サン見たいナー」

拓海「う……そんな目で見てもダメだ……」

柚「見たい見たいっ、拓海サン、お願いっ♪」

拓海「うう……」

拓海「わ、わかったよ!今回だけだぞ!」

18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:24:55.07 ID:CPDCx18zo

柚「よしっ!これでいいの、Pサン?」

P「ああ、柚は優秀だな」ナデナデ

柚「へへ、でしょー♪」

拓海「テメーの差し金かァ!着るのやめんぞコラァ!」

P「どっちにしろ衣装チェックは必須だから着替えないとダメだけどな」

拓海「くぅぅ……テメーらおちょくりやがってぇ……」

拓海「着替えてくるからちょっと待ってやがれ!」

バタン



柚「てへっ♪ごめんね、拓海サン♪」ペロッ




おわり



19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:25:42.32 ID:CPDCx18zo

おまけ



P「ところで柚、拓海は今日何回こすってた?」

柚「んーとね、たぶん8回!」

P「8回か……」

P「やはり自慢話系だと増える傾向にあるという仮説は正しそうだな」

P「よくやってくれた」

柚「へへっ、いいってコトよ♪」コスッ



おわり




20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/02(土) 23:26:29.74 ID:CPDCx18zo
喜多見柚ちゃんが世界一てへぺろの似合う女の子だということが分かっていただけたかと思います

柚ちゃん誕生日おめでとう!姪っ子になってくれ!
お奨め記事
12月5日 16時09分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告