記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 18:56:03.13 ID:PeYkwMWD0

~前回からの続き~

最上静香(以下、静香) 「抱き枕になる方法、教えてください」

音無小鳥(以下、小鳥) 「……私に聞いても良かったの?」

静香 「小鳥さんなら、そういうの詳しいかと思ったので……」

静香 「未来の事は、ぎゅーっとしてワシャワシャとか言ってたじゃないですか」

小鳥 「うーん、こればっかりは人の趣味嗜好の話になっちゃうから」

小鳥 「でも、そうねぇ……未来ちゃんはなんというか、ワンちゃんっぽい所があるというか」

小鳥 「そういう所がプロデューサーさんの抱き枕欲をくすぐったのね、きっと」

静香 「む、無邪気さ……ですか」
2:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 18:56:33.13 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「だからって静香ちゃんが真似しなくても良いのよ?静香ちゃんには、静香ちゃんの良さがあるんだから」

静香 「例えばどんなのですか!?」ズイッ

小鳥 「おぉう、積極的ね……?」ニヤニヤ

静香 「あ、えっと……」カァアア

小鳥 「ふふ、別に良いのよ?もっと素直になっても」

静香 「素直になんて……」

小鳥 「もう、意地っ張りなんだから……」
3:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 18:57:14.54 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「……そうだ!折角だし、プロデューサーさんに聞いてみましょ!」ティン

静香 「ええっ!?ほ、本人に聞くんですか?」

小鳥 「モッチロンよ!その人の趣味ほど強い武器はないわ!」

小鳥 (まぁ、実際に経験があるわけじゃないんだけど)ホロリ

静香 「武器……」

小鳥 「話を聞くだけよ。聞いておけば、いざって時に使えるって思わない?」
4:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 18:57:50.79 ID:PeYkwMWD0

静香 「い、いざって時……」ゴクリ

小鳥 「……ベッドに、インよ!」ビシッ

静香 「!む、無理です!そんな事!」ブンブン

小鳥 「良いのー?未来ちゃんみたいにぎゅってされたいんじゃないのー?」ニヤニヤ

静香 「そ、それは……その」

静香 「……わ、分かりました。お願いしても良いですか?」

小鳥 「ええ、期待して待っててね?」
5:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 18:58:32.57 ID:PeYkwMWD0
――――― 

ミリP(以下、P) 「ただいまー」

小鳥 「お帰りなさい、プロデューサーさん!」

P 「音無さん、ただいまです」

小鳥 「未来ちゃんのレッスン、どうでしたか?」

P 「バッチリでした!未来、今日はいつになくやる気があって……」

小鳥 「これは、噂の抱き枕効果ですかな?」ニヤリ

P 「もう……単純に吹っ切れただけだと思いますけど」

小鳥 「ふふ、そういう事にしておいてあげます」ニコリ
6:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 18:59:48.30 ID:PeYkwMWD0

P 「それで、仕事の方はどうですか?片付いてない所があれば、俺手伝いますけど」

小鳥 「良いんですか?午後からまたレッスン、見に行くんですよね?」

P 「でも、音無さんが困ってるなら見過ごせませんし」

P 「最近、ますます書類の量増えてますよね?」

小鳥 「そうですねー……人数が増えたから、当然といえば当然なんですけど」

P 「それなら、やっぱり俺も手伝いますよ。書類下さい」

小鳥 「プロデューサーさん……ありがとうございます!」

小鳥 「ご褒美に、小鳥ちゃん一日抱き枕券をですね……!」

P 「それは結構です」ピシャリ

小鳥 「もう、いけずぅ」プクー
7:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:00:28.65 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「そういえば、結局未来ちゃんの事は抱き枕にしてましたけど」

小鳥 「他の子の事はどう思ってるんですか?」

P 「他の子、ですか?」

小鳥 「例えば……静香ちゃんとか」

P 「それ、絶対に静香の前で口にしないでくださいね」

小鳥 「嫌なんですか?」

P 「嫌っていうか……静香、そういう事言うとすっごい怒ってくるんですよ」

P 「不用意な発言には違いないので、静香の前では黙ってようかなと」
8:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:01:40.51 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「ふーん……?で、本音は?」

P 「本音って……」

小鳥 「まぁまぁ、ちょっとした雑談ですから」

P 「なんか納得いきませんが……まぁ、そのくらいなら」

P 「って言っても、静香が未来と同じ感じに抱き枕にしたいかと言うとそうでもないんですよね」

小鳥 「静香ちゃん、髪の毛長いですからねぇ……それじゃ、手櫛とか?」

P 「ですね、抱き枕っていう感じじゃない気がしますけど」

小鳥 「千早ちゃんといい、静香ちゃんといい……髪の毛サラサラそうで羨ましいです」

P 「長髪の強みですねー……」
9:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:03:27.24 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「……それじゃ、髪の毛に対して他に何かないんですか?」

P 「何か……って?」

小鳥 「顔埋めて思い切り息吸い込みたいとか」

P 「静香に絶対聞かせないでくださいよそれ!俺死ぬじゃないですか!!」

小鳥 「別に、プロデューサーさんがそうだって言ってるわけじゃ……」
10:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:04:13.08 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「……もしかして、図星ですか?」コソッ

P 「ぐぅ……ッ!この鳥、誘導尋問か……!」

小鳥 「フフ……これが大人のオンナの手管なのよ、ボウヤ……なーんて!」アハハ

P 「まったく、関係ないのにヒヤヒヤさせられたじゃないですか」フゥ

小鳥 「実際そう思ってるんですか?」

P 「まぁ、多少は。女の子の匂いって、男には再現出来ませんし」

小鳥 「よし、これは律子さんに報告しておこう」カキカキ

P 「やめてくださいね!本当に!」
11:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:04:58.39 ID:PeYkwMWD0
――――― 

静香 (……勢いで、ついあんな事言っちゃったけど)

静香 「はぁ……どうしよう」

北沢志保(以下、志保) 「どうしたのよ、ため息なんかついて。悩みでもあるの?」

静香 「志保……まぁ、そんなところ」

志保 「……困ったら、私達にも話しなさいよ」

静香 「心配してくれてるの?」

志保 「しっ……別に、そんなんじゃないわ」

12:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:05:25.15 ID:PeYkwMWD0

志保 「思い詰めた挙句身体壊しましたー、なんてアイドルとして失格だから」

静香 「そうね……分かった、ありがとう志保」

志保 「分かれば良いのよ」

静香 「……でも、これ人に相談するような事じゃないんだけど」

志保 「そうなの?」

静香 「……志保、それじゃダメ元で聞いてみても良い?」

志保 「良いわよ、何?」
13:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:07:19.01 ID:PeYkwMWD0

静香 「抱き枕になるにはどうしたらいいのかしら」

志保 「…………」ガサゴソ

静香 「志保?」

志保 「はい、これ。水曜日と日曜日はお休みだから、気を付けてね」

静香 「医者を紹介してほしいんじゃないわよ!」

志保 「……良いのよ?無理しなくて」ニコリ

静香 「憐れんで欲しいわけでもないわよ……」

志保 「……本気で言ってるの?」

静香 「本気よ」

志保 「……話が全く読めないんだけど」
14:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:07:46.58 ID:PeYkwMWD0

志保 「ま、良いわよ。暇つぶしくらいにはなりそうだし」

静香 「良いの?」

志保 「演技のイメトレに使えそうじゃない?そういう架空の状況って」

静香 (現実で抱き枕になるなんて言えないわ……)

志保 「……でも、考えてみると案外思いつかないのね」

静香 「そうなのよ。正直、男の人の好みなんて分からないし」
15:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:09:15.29 ID:PeYkwMWD0

志保 「……とりあえず、身体の柔らかさとかはどうかしら」

静香 「柔らかさ?柔軟性とか、そういうの?」

志保 「具体的に言うと胸とか」

静香 「…………」チラッ

静香 ストーン

志保 「…………」フッ

静香 「……や、柔らかい方がいいとは限らないわよ」

志保 「そうかしら。男の人って、基本そういうの好きじゃない?」
16:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:09:42.44 ID:PeYkwMWD0

静香 「うぅ……確かに、そうだけど」シュン

志保 「ちょっと。そこまで落ち込む事ないでしょ?」

静香 「でも……折角なら、気持ちよくしてあげたいじゃない?」

志保 「…………」ヒキッ

静香 「ちょっと、ひかないでよ!」

志保 「大したプロ根性ね……真似したいとは思わないけど」

志保 「……でも、他に考えるとしてもなかなか浮かばないわね」

静香 「今から胸をすぐに大きくするのは難しいし……どう思う、志保?」
17:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:10:18.02 ID:PeYkwMWD0

志保 「……身体ってより、やっぱり精神よりの方が良いかもしれないわね」

志保 「演技って感覚だと、そっちの方が強いと思うし」

静香 「精神……っていっても、どう変えるの?」

志保 「……例えば、呼び方とか?」

静香 「呼び方?」

志保 「男の人って、そういうのにグっとくるらしいし」

志保 「そうね……例えば、お兄ちゃん♪とか?」

静香 「!む、無理!絶対無理!」ブンブン
18:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:10:53.16 ID:PeYkwMWD0

志保 「そこまで……?それなら、ハニーとか」

静香 「……志保、ひょっとしてそうやって呼んでみたいの?」

志保 「呼んでみたいって誰をよ」

静香 「例えば、プロデューサーとか」

志保 「っ!?」ビクッ

静香 「へぇ~?」ニヤニヤ

志保 「抱き枕志望のアイドルに茶化されるなんて思わなかったわ……!」ワナワナ

静香 「からかってくるからよ、自分は出来ないのに」
19:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:11:21.48 ID:PeYkwMWD0

志保 「…………」

静香 「志保?」

志保 「出来るわよ、当たり前でしょ」

静香 「意地張らなくて良いのよ?」フフン

志保 「……『お兄ちゃんの背中、意外と大きいんだねー……♪』」

静香 「!?」

志保 「言えるわ、私はプロだから」ドヤッ

静香 「…………」
20:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:11:49.47 ID:PeYkwMWD0

志保 「静香は出来ないの?」ニヤリ

静香 「で、出来るわよ……こほん」

静香 「……に、兄さん?」ヒキッ

志保 「まだまだね」フゥ

静香 「……『ハニー、ぎゅって抱きしめてほしいの!』」ヤケクソ

志保 「!?」

静香 「ふ、ふふ……ハードルとしては、こっちのが高いんじゃない?」ニヤ

志保 「な、何を……!」

ヤイノヤイノ
21:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:12:17.16 ID:PeYkwMWD0
~~~~~

P 「……さて、次は静香達のレッスンを見るんだっけ」

P 「喧嘩とかしてないと良いんだけどなー」トコトコ

ガチャリ

P 「二人とも、喧嘩とかしてな――」

静香・志保 「『ハニー、だーいすきなの!アハッ♪』」

P 「…………」

静香 「……えっ」ガクブル

志保 「……ち、違うんですプロデューサーさん」

P 「……ま、また後で来るな」バタン

静香 「……『こんなダメダメな私は』」ドヨーン

志保 「……『穴掘って、埋まっておきますぅ』」ガックリ

22:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:13:16.94 ID:PeYkwMWD0
――――― 

静香 「ただいま、戻りましたー……」

小鳥 「お帰りなさい、静香ちゃ……どうしたの!?」

静香 「小鳥さん……いえ、なんでもないです」

小鳥 「大丈夫……?」

静香 「……はい、大丈夫です」

静香 「それで小鳥さん、プロデューサーから聞けました?」

小鳥 「おっ、興味津々ね……ええ、聞けたわよ」

小鳥 「っていっても、具体的にどうするかが問題なのよねー……」
23:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:14:08.25 ID:PeYkwMWD0

静香 「具体的に、ですか?」

小鳥 「ええ。プロデューサーさん、髪の毛が気になるっぽいのよ」

静香 「髪の毛……?私のですか?」

小鳥 「ええ。長くてサラサラな髪の毛って、やっぱり憧れがあるみたい」

静香 「…………」サワサワ

小鳥 「気になっちゃった?」ニコ

静香 「……はい」コクリ

小鳥 「ふふ……」ニコニコ
24:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:14:37.06 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「ま、髪の毛云々よりも、その次が問題なのよねー」

小鳥 「具体的にギュってしてワシャワシャしたい!とかなら、その通りで良いと思うんだけどね?」

小鳥 「長い髪の毛をアピールするとなると……静香ちゃん、何かない?」

静香 「髪の毛をアピール……」

静香 「……そういえば、この前百合子が読んでた少女漫画」

小鳥 「漫画?」

静香 「はい、あす……なんとか」

小鳥 「あすなろ抱きの事かしら?」

静香 「あ、確かそんな名前だったと思います」
25:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:15:29.29 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「なるほど……アレなら、確かに髪の毛が目の前に来るわね」

小鳥 「後ろからギュってされるの……良いわね!」

静香 「…………」

小鳥 「あれ、気に入らなかった?」

静香 「……それだと、その」

小鳥 「?」キョトン

静香 「……いえ、大丈夫です。それがいいと思います」
26:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:15:57.03 ID:PeYkwMWD0

小鳥 「……静香ちゃん」ジッ

静香 「小鳥さん?」

小鳥 「どうせなら、自分のやりたいようにやっちゃいなさい」グッ

静香 「えっ、良いんですか?」

小鳥 「女の子だもん、多少欲張ったって怒られないわ」ニコ

静香 「小鳥さん……!」ウル

小鳥 「……頑張ってね、静香ちゃん!」

静香 「……はい!」
27:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:16:24.25 ID:PeYkwMWD0
――――― 

P 「……よし、これで良い感じかな」

ガチャリ

静香 「……あっ、プロデューサー」

P 「おう、静香。お疲れ様」

静香 「まだ残ってたんですか?」

P 「ああ、ちょっと企画を思いついちゃって」

静香 「後でまとめるんじゃダメなんですか?」

P 「こういうのはな、思いついたうちにまとめといた方が色々都合良いんだよ」
28:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:17:24.14 ID:PeYkwMWD0

P 「ま、後で考えてダメならそれはそれだし」

静香 「そうなんですか……」

P 「静香もちょっと参加してもらうかもしれないから、楽しみにしててくれよな」ハハ

静香 「……今日は、もう帰るんですか?」

P 「ああ、音無さんも先に帰っちゃったしな」

静香 「そ、そうですか……」

P 「静香?何か用事があったのか?」

静香 「いえ、時間を取らせるわけには……」
29:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:17:51.03 ID:PeYkwMWD0

P 「……静香?言いたい事があるなら、今言ってくれても」ハッ

P 「大丈夫、レッスンルームでのハニー発言は皆には黙っておくから」

静香 「そ、そんなんじゃありません!」

P 「違うのか!?てっきり、アレが言い出しにくいのかと思ってたんだが」

静香 「まったく、そんな訳ないじゃないですか……いや、広められたくないのはその通りですけど」

静香 「プロデューサー、この後時間ありますか?」

P 「時間?あるよ、後は帰るだけだから」

静香 「……それなら」ガシッ

P 「静香?」

静香 「こ、こっちに来てください!」グイグイ
30:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:18:19.49 ID:PeYkwMWD0
――――― 

静香 「…………」

P 「……なぁ、静香」

静香 「な、なんですかプロデューサー」

P 「なんで俺と静香でベッドに入ってるんだ」

静香 「……抱き枕」

P 「抱き枕?」キョトン
31:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:18:48.05 ID:PeYkwMWD0

P 「……えっ、静香あれだけ文句言ってたじゃないか!」

静香 「わ、私が嫌だとは言ってませんから!」

P 「そ、そう言われてもな……」

静香 「やっぱり、私を抱き枕にするの嫌ですか?」シュン

P 「いや、そんな事はないけどさ」

P 「それならなんで、静香はこっち向いてくれないんだ?嫌なら、やめても……」

静香 「プロデューサー、髪の毛が気になるんですよね?」

静香 「こうすれば、髪の毛が顔の前に来るかなって」
32:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:19:42.89 ID:PeYkwMWD0

P 「……誰から聞いた?」

静香 「小鳥さんから」

P 「あの鳥め……早速喋ったな」

静香 「…………」ドキドキ

P 「で、でも本当に良いのか?」

静香 「い、良いって言ってるんだから早くしてください!」
33:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:20:10.16 ID:PeYkwMWD0

P 「そ、それじゃ……」ギュッ

静香 「あっ……」

P 「……静香、やっぱり身体細いな」

静香 「……やっぱり、ボリュームがある方が良いんですか?」

P 「まぁ、それも一つの持ち味だけどな」

P 「でも……うん、細いのも十分魅力的だと思うぞ?」

静香 「あ、ありがとうございます」カァ
34:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:20:40.48 ID:PeYkwMWD0

P 「…………」

静香 「……プロデューサー、ちょっと手どけてもらえますか?」

P 「やめるか?うん、それがい――」

静香 クルッ ダキッ

P 「はい?」

静香 「……やっぱり、正面からの方がいいです」

P 「……なんで?」

静香 「プロデューサーの顔が見えるじゃないですか」カァ

静香 「……プロデューサーは、髪の毛の方が気になるかもしれませんけど」ギュッ

P (静香がこんな事してくる時点でお腹いっぱいだよ!)ドギマギ

静香 「♪」ルンルン
35:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:21:09.77 ID:PeYkwMWD0

P 「……はは、なんだか意外だったな」

静香 「意外?」

P 「静香、こういうの嫌いだと思ってたからさ」

P 「未来にした時も怒ってたじゃないか」

静香 「そ、それは……その」

静香 「……しかったから」ボソッ

P 「?」

静香 「なんでもないです!」

P 「わ、悪い」
36:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:21:38.76 ID:PeYkwMWD0

静香 「未来と比べて、どうですか?」

P 「未来と?話すような事でもないと思うんだが……」

静香 「…………」ジッ

P 「未来と比べると、妹って感じはしないかなとしか」

静香 「それなら……こほん」

静香 「は、ハニー?」カチコチ

P 「無理しなくて良いって」ポス

P 「静香には静香の良さがあるんだから、な!」

静香 「……もう、カッコつけたつもりですか?」クスッ

P 「ありゃ、ダメか?」

静香 「いえ、それくらいの方が頼もしいです」ギュッ

37:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:22:18.23 ID:PeYkwMWD0

P 「……悪い、そろそろ眠くなってきた」ナデ

静香 「良いですよ、そのまま寝ても――」チラッ

P スー

静香 「疲れてたのかしら……」

静香 「……そうだ、今なら」ズイッ

P スヤスヤ

静香 「……ど、どっちにしよう」アワアワ

静香 「……こんなチャンス、二度と来ないかも」

静香 「――――!」チュッ

静香 「……お、おやすみなさい!」カァアア

P ムニャムニャ

静香 「……♪」ギュゥウ
38:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:22:45.97 ID:PeYkwMWD0
――――― 

小鳥 「おはようございまーす」

P 「来たな、諸悪の根源め」

小鳥 「何のことか分からないピヨ」プイッ

P 「静香に抱き枕の事話しましたね……まったく」

小鳥 「まぁまぁ……静香ちゃん、どうでした?」

P 「……話すの気が引けるんですけど」

小鳥 「良いじゃないですか、ほら!」
39:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:23:12.74 ID:PeYkwMWD0

P 「……俺、勘違いしてました。静香だって14歳なのに」

P 「甘えたがりの年頃だったの、すっかり忘れてました」

小鳥 「甘えさせてあげられました?」

P 「アレで甘えられたのかは謎ですが……どうだろ」

ガチャリ

志保 「おはようございます」

小鳥 「おっ、志保ちゃんに……噂の静香ちゃん!」

P 「二人で来るなんて珍しいな、どうかしたのか?」
40:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:24:06.96 ID:PeYkwMWD0

静香 「べ、別になんにも」チラッ

P 「?」キョトン

静香 「――っ!別に、なんでもないです!」

P 「あ、ああ……?」

志保 「朝からずっとこうなんですよ、顔赤くして」

志保 「プロデューサーさん、原因分かりませんか?」

P 「原因?さぁ……」

小鳥 「抱き枕の刺激が強すぎたんじゃないですか?」

志保 「……は?」ピタッ
41:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:24:32.46 ID:PeYkwMWD0

静香 「ち、違いますよ小鳥さん!」

小鳥 「えっ、何か違うの?」

静香 「……そ、その」ゴニョゴニョ

小鳥 「――えっ?」

静香 「言わないでください小鳥さん!」

P 「!?」サッ

志保 「なんで唇を抑えたんですかプロデューサーさん」
 
P 「い、いやなんとなく」
42:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:25:03.05 ID:PeYkwMWD0

静香 「と、とにかく!今日はみんなとリハーサルしてきますから!」

P 「おう、頑張ってこい!」グッ

静香 「……はい!行ってきます!」ダッ

小鳥 「良いなぁ、良いなぁ……」ドヨーン

P 「なんで小鳥さんは沈んでるんですか」

志保 「それでプロデューサーさん、抱き枕ってどういう事ですか?」

P 「……し、志保。まずは落ち着いて話し合おう、な?」

志保 「急に抱き枕になりたいとか言い出したと思ったら……そんな事だったなんて」

志保 「詳しい話、聞かせてもらいますからね」ニコッ

P 「……お、お手柔らかに」


静香 「~~♪」ルンルン

おしまい
43:◆SESAXlhwuI:2017/11/25(土) 19:26:29.54 ID:PeYkwMWD0
なんで続いたのか
楽しんで読んでもらえれば幸いです
元スレ:
お奨め記事
11月28日 18時09分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告