記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆3P1o8JdRMw:2017/11/27(月) 00:57:37.17 ID:c6JRfw540


モバP「温泉……」

楓「……」

モバP「旅行ですか?」

楓「ただ、疲れを癒したい。それだけです」

モバP「…………僕は反対です」

ちひろ「…………!」

楓(why……)

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 00:58:51.44 ID:c6JRfw540

モバP「先日のライブを見ましたが……あなたの疲労はまだ、菜々さんに及びません」

楓「……!」ピク

モバP「今温泉に行きたいという……。それは逃げじゃないですか?」

楓「っ、ちが……」

モバP「まして全国にはもっと疲れてる人がいるかも」

楓「…………」

モバP「とりあえず……あなたは日本一のアイドルになりなさい」


楓「――――――――!!」


モバP「鬼怒川温泉はそれからでは遅くはない」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 00:59:51.96 ID:c6JRfw540

楓「…………」

モバP「……わかって、いただけましたか?」





楓「……」ダッ!

モバP「あっ、ちょっと! ち、ちひろさん! 捕まえてください!」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:01:22.31 ID:c6JRfw540

楓「嫌です。意地でも温泉に行きます」ムスッ

モバP「わかってくださいよ~、今が大切な時期なんですから」

楓「ずっとそんなこと言ってますよね?」

モバP「いや、まあ。嘘は言ってないですし、ははは……」

楓「私、ずうっとまとまったお休みいただけていないんですけど」

モバP「それは悪いと思ってますよ。でもしょうがないじゃないですか。毎日仕事をもらえるなんて、この業界ではありがたいことなんですよ?」

楓「それはわかってます。私だって、仕事をもらえてわーくわくしてます。でも、流石にそろそろお休みをいただきたいんです」

モバP「ま、まぁ。うーん……」チラッ
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:02:44.79 ID:c6JRfw540


ちひろ「……いいんじゃないですか?」



モバP「えっ」

楓「本当ですか!?」

ちひろ「はい! 仕事も大切ですけど、体を壊してしまったら元も子もないですから」

モバP「おかしい、ちひろさんがこんなこと言うなんて……」ボソッ

ちひろ「プロデューサーさん?」

モバP「あ、いえっ、なんでもありません」

ちひろ「……正直、私も疲れてたんですよね。どこかの誰かさんが、毎日のように仕事持ってくるから」

モバP「えっ、僕が悪いんですか」

ちひろ「いえいえ。でも、たまにはいいじゃないですか。頑張ってスケジュール調整してくださいね、プロデューサーさん」

モバP「はあ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:03:54.64 ID:c6JRfw540

モバP(まぁ……)


楓「やった! それじゃ、2人で予約とっておきますから。久しぶりの温泉、夜のお酒も含めて楽しまないとですね、ふふっ」


モバP(楓さんも凄い喜んでるし、いっか……)


モバP「……ん?」

楓「はい?」

モバP「2人?」

楓「ええ、2人で」

モバP「楓さんと、ちひろさんですか?」

楓「いえ、私とプロデューサーです」

モバP「…………??」

ちひろ「あまり羽目を外しすぎないようにしてくださいね。何か問題が起こったら、結局もっと忙しくなってしまうかもしれませんし」

楓「ええ、私も大人なので、上手く調整します」



モバP「…………????」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:05:37.32 ID:c6JRfw540




楓「それじゃ、乾杯~!」

モバP「え、ええ。乾杯……」


カンッ



楓「んっ……ぷはっ。ああ、やっぱりおいしい。温泉も気持ちよかったし、最高ですね」

モバP「……今更なんですけど、どうして僕まで温泉に来る必要があったんでしょうか?」

楓「え? だって、プロデューサーもお休みだったじゃないですか」

モバP「まぁ、結果だけ言うとそうなんですけど」

楓「だったら、別に不自然なところはありませんよね?」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:06:35.87 ID:c6JRfw540

モバP「そ、そうですかねぇ? 休日に泊りがけでアイドルと温泉に行くプロデューサーって、中々に不自然だと思うんですけど」

楓「まあ、そんな些細なことはいいじゃないですか。飲んでください、グイっと」

モバP「……ちひろさんにも言われましたけど、あまり羽目を外しすぎないでくださいよ?」

楓「ええ、もちろん」

モバP(大丈夫かなあ……)



モバP「……ま、もう来ちゃったんだし、楽しみますか!」ゴクゴク

楓「それでこそプロデューサーです! このオフでビールをしこたま飲んで、羽根がのびーる気分を味わいましょう♪」ゴクゴク
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:08:09.96 ID:c6JRfw540

――1時間後――


モバP「それでね、菜々さんに言ってやったんですよ! 『この馬鹿、高校生が酒なんて飲んでいいと思ってるんですか!』って!」

楓「ふふふっ。そういえば、菜々さん765プロの北沢さんのこと、ずっと『沢北さん』だと思っていたらしいですよ」

モバP「あははっ! 阿呆ですね菜々さん! その、ちょっと抜けてる所が魅力的なんですけどね」

楓「そうですねぇ。今日も、私たちが温泉に行くのすごく羨ましがっていました」

モバP「あぁ、そうですか。菜々さんも今忙しいですから。少し落ち着いたら、頑張って休み調整しますよ」

楓「そうですか! じゃあ、私たちは気兼ねなく飲みましょう飲みましょう!」ゴクゴクゴクゴク

モバP「違いねぇ! はっはー!」ゴクゴク
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:09:01.80 ID:c6JRfw540

――2時間後――

楓「私、ブラックニッカをカッコよく飲む男性がタイプで」トクトク…

モバP「ちょ、つぎすぎぃ! いや、奇遇ですね。僕もブラックニッカをスルッと飲む女性がタイプなんですよ」

楓「……じゃーんけーんぽん!」

モバP「やったぜ。」

楓「……スルッといきます。……んぷっ、オロロロロロ」

モバP「だっはっはっは!」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:10:32.70 ID:c6JRfw540

モバP「落ち着きました?」

楓「ええ。それにしても……梅酒はうめえっしゅ」ゴクゴク

モバP「ちょ、パック直飲みはまずいですよ!」

楓「ングング…………んぶっ!?」

モバP(あ、止まった)

楓「……ンー……ンー」

モバP「ちょ、ちょっとまって下さいね。すぐに袋を――――」

楓「オロロロロロ」

モバP「だっはっはっは! ちょっと待ってくださいね! ティッシュ持ってきますから!」ゲラゲラ

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:11:57.28 ID:c6JRfw540

――3時間後――


モバP「気持ちわりぃ…………」

楓「………………」

モバP「完全に、飲み過ぎ、ました、ね……」

楓「……プロデューサー、私の名前を言ってみてください」

モバP「……え? なんですか……」

楓「ちひろさんはちひろさん…………菜々さんは菜々さんってことです……」

モバP(……何だ……?)

楓「そして私は、私は誰なんでしょう?」

モバP「…………?」

楓「…………飲みます」トクトク……

モバP「……! か、楓さん! それ以上飲んだら――」




楓「はい、私は楓。酒癖の悪い女……」クイッ





楓「オロロロロロロロロロ」





モバP「何してんだこの人……」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:12:46.50 ID:c6JRfw540




チュンチュン


モバP「……おはようございます」

楓「おはよう、ございます」

モバP「調子は……悪そうですね」

楓「プロデューサーだって、顔色最悪ですよ」

モバP「そりゃまぁ、大学生みたいな飲み方したらそうなりますよ。……あー、頭痛い」

楓「私も、かなり……」

モバP「いっつもあんな感じなんですか? 美優さんとか、早苗さんとかと飲んだ時って」

楓「……いえ」

モバP「そりゃそうですよね、毎回あんなんじゃ体持たないですし」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:13:18.31 ID:c6JRfw540

楓「…………あなただから」

モバP「……?」

楓「プロデューサー、だけです。あんな風に、無茶して飲めるの……」



モバP「……そっすか。ま、程々にしてください。このままじゃ、将来結婚した時に旦那さんが苦労しますよ」

楓「…………」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:14:01.73 ID:c6JRfw540





楓「…………どあほう」

モバP「え、何故」

楓「……そういうところですよ」



おわり
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/27(月) 01:19:19.21 ID:c6JRfw540
読んでいただいてありがとうございました。
僕は小暮が好きです。
お奨め記事
11月27日 22時09分|モバマス1件のコメント

“楓「温泉に行こうと思ってます」モバP「……」” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    (楓さんが)大好きです
    今度も嘘じゃないっす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告