記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 13:00:27.65 ID:Tgl9PBtuO
モバP「大人っぽい仕事がしたい?」

由愛「.....」コクコク

モバP「.....例えば?」

由愛「あの....凛さんや奏さんみたいな....」

モバP「うーん、カッコいい感じか?」

由愛「....!!」コクコクコク

モバP「....似合わなくはないな。少しアダルトめで、上品に.....もう少しタッパが欲しいな。ヒール.....」ブツブツ

由愛「(わくわく)」

モバP「.....由愛」

由愛「はい....っ!」

モバP「もう少し大きくなってからにしよう、うん」

2:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 13:14:53.11 ID:Tgl9PBtuO
由愛「.....」むすーっ

幸子「それで由愛さんは膨らんでるんですね」

美由紀「由愛ちゃんかわいそう」

芳乃「乙女心をわかっておりませんねー」

七海「まったくなのれす」

モバP「そうは言ってもなぁ。なぁ、機嫌なおしてくれよ」

由愛「.....」ぷいっ

モバP「参ったなこりゃ.....」

美由紀「ねぇ、プロデューサーさん。美由紀も大人っぽい仕事がしたい」

モバP「おまえもか。....ちなみにどんな仕事だ?」

美由紀「えっとね.....大人っぽいの!」

モバP「おまえはまず中学生っぽくなるとこからだな」

3:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 13:23:48.01 ID:Tgl9PBtuO
美由紀「....」むすーっ

モバP「ふくれっ面が増えたぞ!」

芳乃「全くそなたはー」

七海「当然の結果なのれした」

幸子「プロデューサーさんはダメダメですね」

モバP「好き放題言いやがって....くそッ、もう会議の時間だ」

幸子「会議?もう夕方ですよ?」

ありすP「オイ!早く行くぞ!」

モバP「今行く!....とにかく、おまえらも早く帰れよ。今日は送ってやれないからな!」

由愛「.....むぅ」

美由紀「ぶーぶー」

ありすP「早くしろよ!飲み放題1時間しかねえんだぞ!」

七海「....会議?」

幸子「へー、最近の会議には飲み物がつくんですね」

芳乃「そなたー?」

モバP「ぐ、あの野郎....とにかく!早く帰れよ!!いいな?」

4:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 13:39:10.59 ID:Tgl9PBtuO
由愛「プロデューサーさんのバカ....っ!」

幸子「担当のアイドルを放り出してお酒を飲みに行くなんて、どうしようもないですね」

七海「でもちょっと大人っぽいれすよ?ダメな方の」

美由紀「美由紀も大人の女になってプロデューサーと夜のお仕事したい!」

幸子「み、美由紀さん、それだと意味が変わってしまいますから」アセアセ

芳乃「由愛はー、どうして大人のお仕事がしたいのでしてー?」

由愛「えぇっと.....なんとなく......」

芳乃「なるほどー、この雑誌の影響でしたかー」

『クールに決めちゃえ!オトナの魅力特集』

由愛「/////」ウツムキ

幸子「『気になる彼を釘付けの小悪魔コーデとオシャレデート!』ですか」

七海「いいれすねー。七海、今日は帰りたくないの~」

美由紀「あ、大人っぽい!」

芳乃「七海はすたいるも良いので似合いましてー」

由愛「.....いいなぁ」

七海「秘訣はお魚を食べることれすよ」



6:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 15:46:31.13 ID:Tgl9PBtuO
ありす「おや、まだ帰らないんですか?」

美由紀「あ!ありすちゃんだ」

ありす「橘です。何かあったんですか?」

七海「由愛ちゃんが子ども扱いされてご立腹なのれす」

美由紀「美由紀もだよ!」

ありす「なるほど....」

幸子「その上、ボク達をほったらかしにしてお酒を飲みに行ってしまいましたからね。橘さんのプロデューサーさんと」

ありす「え?プロデューサーさんは会議だって....ふぅん、そうですか」

芳乃「ありすもおこでしてー」

ありす「橘で...え?おこ?」

芳乃「ちょっぴり怒っているということでしてー」

ありす「あ、いえ、意味くらいは知っていますけど....。それにわたしは怒ったりなんてしていません」

七海「本当に?」

ありす「本当です。子供じゃありませんから」

由愛「....!」ピクッ

7:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 16:10:27.92 ID:Tgl9PBtuO
ありす「だいたい、大人だとか子供だとか些細な問題です。子供みたいな大人もいますし、わたしのように大人びた子供だっているんですから」

由愛「...!!」ピクピクッ

ありす「そもそも大人になりたいと考えることがそもそも子供の発想です。お仕事をしている時点で同級生よりもはるかに大人なんですから。それを子供扱いだなんて論外ですよ」フンス

由愛「.....ふーん」すくっ

ありす「ですから堂々と胸を張って....由愛さん?」

由愛「ありすちゃんは...大人なんだ」

ありす「そ、そうです。その通りです」

由愛「ふーん...そっか...ふーん」

ありす「ひっ、な、なんですか?」

由愛「ありすちゃんは大人で...年上のわたしは子供....ふふふ」

ありす「あ、あの、由愛さんも大人だと思いま....よ、芳乃さん。助けてください」

由愛「ふーん...ありすちゃんは大人だけど芳乃さんの後ろに隠れちゃうんだ....へぇ」

ありす「お、大人だって人に助けを求めます!」

由愛「うん...でもありすちゃんはどうしてわたしを怖がるの?」

ありす「そ、それは由愛さんがなんだか怒ってるし、ゆっくりこっちに近づいてくるからで....」

由愛「....怒ってない」

ありす「え?」

由愛「わたしも 大人 だしありすちゃんより お姉さん だから...怒ってない....です」暗黒微笑

ありす「ひぃっ!!」

8:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 16:19:07.76 ID:Tgl9PBtuO
ありす「わ"たしは、ま"だま"だ子供"でした"!すびばせんでした!」半泣き

幸子「ゆ、由愛さんそのくらいで!年上なんですから!」

七海「そ、そうれすよ?七海達から見ても由愛は大人っぽいれすよ?」

芳乃「よしよしー、怖くありませんー。泣かないででしてー」

ありす「な"い"て"ま"、せん"!子供じゃありませんから"っ!」

由愛「え?」

美由紀「どうどう。由愛ちゃん落ち着いて」

由愛「怒ってない....です。大人だから....」

幸子「そ、そうだ!元はと言えばプロデューサーさんがわるいんです!本当にどうしようもない人ですよね!」

由愛「ぷ、プロデューサーさんは....!悪くないっ....です!」

幸子「ひぃっ!」

9:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 20:18:09.35 ID:ZwQjTwLxO
由愛「落ち着きました....おとなげなかったです.....」しゅん

ありす「ふえぇ...ぐすっ」

七海「七海には由愛ちゃんの怒りスイッチがどこにあるかわかんないれす」

芳乃「由愛は怒らせると怖いですねー」

幸子「ボクからすると一人平然としていた芳乃さんの方が少し怖いのですが.....」

美由紀「うーん」

幸子「なんですか?美由紀さん」

美由紀「あのね、考えてたんだけどね」

美由紀「どうすれば今より大人っぽくなれるんだろう?」

幸子「そうですねぇ、確かに目標が『大人』だと漠然としすぎていますねぇ」
10:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 21:39:27.54 ID:ZwQjTwLxO
美由紀「と、言うわけで!緊急大人会議!」

薫「開催しまーっ!」

仁奈「おとなのきもちになるですよ!」

幸子「ふ、増えましたね」

七海「大人ってなに?どおやってなるの♪」

みりあ「みりあその歌知ってる!」

ありす「それで、具体的にはどうするんですか?」

美由紀「えっとね、大人っぽいことを探して、真似するの」

芳乃「学ぶは真似ぶとも言いますしー。間違いではないでしょー」

由愛「えっと、大人の真似....お、大人の.....///」わわわ

幸子「そ、そう言うのはダメですよ!いえ、ボクも由愛さんがなにを想像したのかまったく見当もつきませんが」

七海「茹でだこみたいになってるれすよ?」
11:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 21:49:40.13 ID:ZwQjTwLxO
由愛「えっと、大人っぽい仕草....メイク?とか...?」

幸子「だったら雪菜さんですかね?」

七海「れも、今日はオフでいないれすよ?」

美由紀「大丈夫!もうね、考えてあるの!」

薫「なになに?」

美由紀「最初はね!プリンを食べるの!」

みりあ「プリン?」

幸子「むしろ子供っぽい気がしますが」

美由紀「ふっふっふっーん!大人の秘密はね、プリンにあるんだよ!」

芳乃「こちらの記事をご覧になればー」

幸子「『スイーツ特集』....これは美波さんの....あぁ、確かに!」

仁奈「おとなのいろけムンムンでごぜーますね」

美由紀「でしょ?だからプリンを大人っぽく食べる練習をするの」


12:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 21:56:14.98 ID:ZwQjTwLxO
ありす「持ってきましたけど....美由紀さんが食べたかっただけでは?」

美由紀「えへへ」

みりあ「おいしー!」

仁奈「芳乃おねーさん!ぷっちんってしてくだせぇ!」

薫「あーん....んー♪」

幸子「この三人に至ってはもう普通に食べてるだけですね」

由愛「えぇっと、大人っぽく.....お手本が欲しいです」

七海「それじゃあ七海と芳乃ちゃんがやるれす」

薫「えーっ?」

みりあ「もっとおとながいい!」

芳乃「そうですかー。ではー、誰かが来るのを待ちましょー」

13:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 22:07:50.51 ID:ZwQjTwLxO
翠(ふぅ、今日も疲れた....)

翠(ん?机の上にプリン?)

美由紀「....(わくわく)」

翠(美由紀ちゃんと年少組の子達....。隠れてるみたいだけど人数多すぎて隠れられてない)

翠(....!なるほど、そう言うことですか)

翠(これはおそらく、私が上手にお皿にプリンを移せるかを試しているのね)

翠(ここでデキるアピールを示して威厳を取り戻さないと....)

翠(集中っ!的を射るときのように!)

プリン(ぷるん)

翠(成功!どう?美由紀ちゃん!)ドヤ顔

美由紀「やっぱり翠ちゃんかー」

翠「え?」

幸子「クールな人だと思っていたんですが、意外と子供っぽいところもあるんですね」

翠「え?えぇ??」

七海「渾身のドヤ顔だったのです」

翠「えーっ?!」

芳乃「どんまい、でしてー」

翠「え?え?え?」

由愛「あの...わたしは集中してる時の顔、かっこいいなって....思います」

翠「あ、ありがとう」

みりあ「次に行こ!」

薫「レッツゴーッ!」

仁奈「みどりおねーさん、またねー!」

翠「.....わたしは、なにをすれば良かったの?」

14:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 22:17:02.85 ID:ZwQjTwLxO
みりあ「ごーごーれっつごーあだると!」

七海「あっはん」

幸子「だいぶ日が落ちてしまいましたね」

由愛「そろそろ帰らないと.....」

仁奈「もう終わりでごぜーますか?」

美由紀「ううん、次も考えてあるよ」

ありす「でもさすがにそろそろ....」

美由紀「次はね、徹夜をします!」

薫「徹夜?」

美由紀「うん。プロデューサーも時々してるし、比奈ちゃんとか楓さんたちも徹夜で何かするんだって!」

仁奈「てつやってなにするでごぜーますか?」

みりあ「みりあ知ってるよ!麻雀!」

幸子「ま、麻雀ですか?」

芳乃「ルールは分かりまして?」

美由紀「あのね、おんなじ絵を揃えるの!」

仁奈「絵並べでごぜーますね!」

七海「微妙に違うと思うのれす」

15:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 22:37:34.14 ID:ZwQjTwLxO
ジャラジャラジャラジャラ

ありす「えぇっと、それを17枚横に並べて二段に重ねて山を作ります」

薫「このジャラジャラってするの楽しいね!」

ありす「それは洗牌というそうです。山を作る動作を砌牌と言うようですが....読み方が独特ですね」

七海「倍プッシュ....っ!」

薫「かっこいいーっ!」

仁奈「仁奈もやるでごぜーますよ!」

みりあ「リーチイッパツツモリャンペーコードラドラオヤッパネー!」

幸子「なんですかそれ?」

みりあ「この前早苗さんが言ってたの!上がったら唱えるんだって」

ありす「おそらく役の名前ですね。調べます」

由愛「いろんな種類が...覚えきれるかな?」

ありす「うーん、点数計算やルールにも色々あるんですね...これは調べるだけでも時間が....」

美由紀「とりあえずやってみよ?ここから自分の前に並べたらいいんだよね?」

ありす「はい、順番に一枚ずつ。計13枚取ってください」

薫「いーち、にー、さーん」

幸子「美由紀さんなんだか手慣れてますね」

美由紀「うん。お正月にね、みんなで集まってやってたの」

ありす「美由紀さんはルール分かりますか?」

美由紀「ううん。お手伝いしてただけ」

芳乃「並べましてー」

ありす「では、芳乃さん一枚とって一枚捨ててください。次は美由紀さんです」
16:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 22:50:37.07 ID:ZwQjTwLxO
早苗「ちょっとー、今日やるって聞いてないわよ?あたしも混ぜて!ビールとおつまみも買ってきたから」

仁奈「あ、早苗おねーさんでごぜーます」

美由紀「リーチ!」

ありす「え?も、もう?役はあるんですか?」

早苗「....え?ちびっこ達?」

仁奈「ちげーですよ!仁奈達は今おとなのきもちになってやがります!」

みりあ「ねぇねぇ!みりあ達大人っぽい?」

早苗「え、えーっと、どういうこと?」

薫「今日はね、せんせー達みたいにてつやでまーじゃんをするんだ!」

七海「い、いや、七海は早く帰るれすよ?」

早苗「あー、なるほど....。大人の真似っ子をしてるわけね」

早苗「とりあえず、子供が徹夜で麻雀なんてダメ!もう暗くなってきてるし送ってあげるから帰る準備しなさい」

美由紀「えー?」

早苗「だーめ!....はぁ、子供の前では控えなきゃなぁ」

由愛「.....!」ピクッ

ありす「?!」びくっ

由愛「....ないです」ぼそっ

早苗「へ?」

由愛「子供じゃないです!!」

早苗「ゆ、由愛ちゃん?!」

美由紀「いまだ!にげろーっ!」

ワーッ

早苗「あ、こらっ!待ちなさい!!」

17:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 23:16:11.99 ID:ZwQjTwLxO
由愛「捕まりました....」

早苗「はぁ、はぁ、一人じゃこの人数は...ぜぇ....厳しい......」

ちひろ「お疲れ様....ひぃ....です.....」

早苗「まったくもう、まだまだ子供なんだからこんな時間まで残ってちゃダメでしょ?」

由愛「.....」ムッ

ありす「ひっ....さ、早苗さん。それは今は禁句で....」

由愛「もう子供じゃない....です」

早苗「....なるほどねぇ。まったく担当のプロデューサー君は何してるんだか」

七海「大人のお店で秘密の会議だそうれすよ?」

早苗「情報ありがとう。他の子は迎えを呼ぶとして...由愛ちゃん、ちょっとおねえさんとお話ししよっか?」

由愛「.....」

早苗「すいません、ちひろさん。他の子達をお願いしてもいいですか?」

ちひろ「はい。わたしも帰るとこでしたし任せてください」

18:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 23:27:56.66 ID:ZwQjTwLxO
早苗「はい、お茶だけど」

由愛「....ありがとうございます」

早苗「それで?何かあったの?今日はとっても"大人"に拘ってるみたいだけど」

由愛「何も.....」

早苗「ん?」

由愛「.....お仕事をするようになって、楽しいことたくさんありました」

早苗「うん」

由愛「だけど...子供だからって、もっと楽しかったり、キラキラしたことさせてもらえてない気がして......芳乃さんや幸子ちゃん、七海ちゃんもちょっと大人っぽいお仕事させてもらえてるのに、ズルイって....思いました」

早苗「そっか」

由愛「あと、美由紀ちゃんも。大人っぽい雰囲気の歌、歌うことがあったみたいで....わたしは1番年下で、このままじゃ置いていかれちゃうって。それで思い切ってお願いしたら....まだ早いって言われちゃいました.....」

早苗「そうなんだ」

20:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 23:37:21.11 ID:ZwQjTwLxO
早苗「由愛ちゃんは早く大人になりたいよね?」

由愛「.....はい!」

早苗「大人ってさ、なんだと思う?」

由愛「大人って....えぇっと.....ごめんなさい」

早苗「そうだよね、分かんないよね」ケラケラ

由愛「.....」むぅ

早苗「あぁ、ごめんごめん。笑っちゃったりして。でもね、分かんなくって当然よ?」

早苗「だってお姉さんだって分かんないもん。そんなこと」

早苗「もう、怒んないで。誤魔化してるんじゃないの。みんな大人になるけど、自分が本当に大人なのかは誰にも分かんないの」

早苗「お酒が飲めたら?タバコが吸えたら?背が大きくなったら?おっぱいが大きくなったら?」

早苗「でも、お酒が飲めない大人も、タバコを吸わない大人も、背の低い大人も、胸が小さい大人もいるでしょう?」

早苗「心は目で見えないし、普段大人っぽい人が急に子供っぽいこと始めたりもする」

早苗「だから、大人はこうなったら大人って決まってないの。あ、法律以外はね?二十過ぎたら法的には大人」

21:◆45SR4r0flud5:2017/11/22(水) 23:47:55.96 ID:ZwQjTwLxO
由愛「だけど...わたし、大人がいいです」

早苗「二十歳まで待てない?」

由愛「.....」こく

早苗「由愛ちゃん、意外とワガママね」

由愛「子供っぽい...ですか?」

早苗「うん。すっごく」

由愛「......」

早苗「でもね、あたしもすっごくワガママだから一緒。そうじゃなきゃこの歳でアイドル目指す!なんて言えないもの」

由愛「でも、早苗さんは綺麗で...羨ましいです」

早苗「そう?ありがとう。でも由愛ちゃんのかわいさ、羨ましいなぁ。若さも」

由愛「あ...あの.....」

早苗「なあに?」

由愛「....ワガママ、ごめんなさい」

早苗「いいのよ。そうやってちゃんと成長していくんだから」

早苗「んー、でも、きちんと叱らないとかな?由愛ちゃんももう『大人』の仲間だもんね」

由愛「....え?」

早苗「大人ってなに?どおやってなるの?♪」

早苗「知らない?あたしこの歌好きよ?」

由愛「....知って、ます」

早苗「大人が何かは分かんないんだけどね、こういう事をきちんと考えるのが大人だと思うの」

早苗「『それが大人の始まり』、でしょ?」ウィンク

由愛「......はいっ!」


22:◆45SR4r0flud5:2017/11/23(木) 00:00:18.84 ID:0AbAmBcaO
モバP「昨日は大変申し訳ありませんでした」土下座

由愛「えっと...もういいです、から」オロオロ

七海「ああいう大人にはばりたくないのー」

モバP「ウルセェ!こっちは仕方なく大人やってんだよ!!」

幸子「まったく、ボクのプロデューサーなのに情けないですね」

モバP「そもそもなぁ、お前らがさっさと帰らずにアホなことやってるからオレが片桐さんに怒られたんだぞ!反省しろ!」

芳乃「なるほどー、まだ叱られたりませんかー」

モバP「今回は芳乃も悪いんだからな!お前も大人組だからな!」

美由紀「美由紀はー?」

モバP「子供でいてくれ....」

由愛「プロデューサーさん?」

モバP「なんだよ!オレが悪かったよ!ゴメンネコメンネーッ!」

七海「開き直ったれすね、アジみたいに」

由愛「.....ウフフ」

モバP「え?ど、どうした由愛?」

由愛「大丈夫です....あの、プロデューサーさんは大人ってなんだと思いますか?」

モバP「難しいこと聞くなぁ。由愛は分かったのか?」

由愛「.....分からないです」

由愛「分からないですけど.....それが大人の人、です!」

END

23:◆45SR4r0flud5:2017/11/23(木) 00:04:41.24 ID:0AbAmBcaO
終わりです。HTML出してきます

もともと年少組がごーごーれっつごー言いながら行進する話を書きたかったのですが、なんか思いがけずいい話っぽくなりました。大人なので
アイスキャンデーを食べる姿にエロスを感じたらもう立派な大人だと思います。話変わりますけど卵アイスってご存知ですか?ちょっとちびっこに配ってきますね
お奨め記事
11月24日 00時09分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告