記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 16:52:33.21 ID:Pj3Hq5r30
キャラ崩壊注意



古鷹「今までは『提督は優しい人だから』と言い聞かせてきたけれど……」

古鷹「さすがにもう見逃せません」

古鷹「私がどうして怒ってるか、分かりますか?」





満潮「えっと……」キョトン

曙「どうしてかしら?」キョトン

霞「思い当たる節が無いわ……」キョトン

古鷹「そう……」
2:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 16:56:34.23 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「他にも候補はいたんだけど……」

古鷹「あなたたちが一番目に余ったので、こうして呼びました」

古鷹「私が怒ってる理由、まだ分かりませんか?」





満潮「理由って言われても……」

曙「え……分かる?」

霞「むしろ、古鷹が怒ってることに、戸惑いを感じてるくらいで……」ワカンナイ

古鷹「はぁ……」
3:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 16:57:25.94 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「ヒントを出しますね」

古鷹「ヒントは『日常生活』です」

曙「あっまさか……!?」ビクッ

霞「心当たりがあるの曙?!」

曙「も、もしかして……!」
4:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 16:58:00.05 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「ヒントを出しますね」

古鷹「ヒントは『日常生活』です」

曙「あっまさか……!?」ビクッ

霞「心当たりがあるの曙?!」

曙「も、もしかして……!」
5:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 16:58:41.30 ID:Pj3Hq5r30
曙「秋刀魚がさっぱり釣れなかったから内緒で爆雷漁法したことg――!?」

古鷹「それもだけど今は違うの!!」プンスカ!
6:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:00:32.35 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「もういいです! 正解言いますから!」

古鷹「正解は『提督への態度がひどい』でした!」

古鷹「あんなに頑張ってる提督に対して、ヒドイと思いませんか!?」

満潮「……」

曙「……」

霞「……」









満潮「?」

曙「?」

霞「?」

古鷹「うそ……でしょう……!?」
7:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:01:21.16 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「答えを言ったのに、さも『心当たりがありません』と言わんばかりの態度……!」

曙「だって、本当に心当たりが――」

古鷹「思い出して! すっごく思い出して!」

古鷹「普段あなたたちが提督に、どれだけ酷いことをしているか……!」

満潮「あ、あぁっ……!」ビクッ

霞「何か分かったの満潮?!」

満潮「それって、まさか……!」
8:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:03:14.80 ID:Pj3Hq5r30
満潮「どうせ馬鹿舌だと思ってスーパーで買った茶葉で淹れたお茶を司令官に出していたことg――!?」

古鷹「それもだけど今は違うの!!」プンスカ!
9:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:04:56.22 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「というか、何それ!? 私聞いてない!」

古鷹「いつもお高い茶葉で経費取ってたよね!?」

古鷹「まさかの経費横領発覚だよ!?」

満潮「でも、経費削減しろっていつも言われてるし……」

古鷹「それなら報告しなきゃダメでしょ!」

古鷹「その差額はどこにいったの!?」

霞「あぁ……!?」ビクッ

曙「知っているのか霞?!」

霞「じ、実は……!」
10:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:05:32.21 ID:Pj3Hq5r30
霞「その浮いたお金で作ったバレンタインの本命チョコをただの義理チョコと嘘ついて渡したことg――!?」

古鷹「とにかく全部違うの!!」プンスカ!!
11:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:12:45.11 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「……ハァ」ガックリ

古鷹「まさか、こんな衝撃的な事実を知らされるなんて……!」

霞「ゴメンなさい……」シュン

曙「ゴメンなさい……」シュン

満潮「ゴメンなさい……」シュン

古鷹「まぁ、今回は特別に許します」

古鷹「それよりも! 私が言いたかったことはね……!」

12:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:13:51.43 ID:Pj3Hq5r30









古鷹「提督に『クソ』だの『クズ』だの『バカ』だの暴言ばかり吐いていることです!!!!!!!!」








13:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:14:30.35 ID:Pj3Hq5r30
霞「……」

曙「……」

満潮「……」

古鷹「……」









霞「?」

曙「?」

満潮「?」

古鷹「ダニィッ!?」
14:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:16:41.34 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「おかしいでしょ!? なんでそこで可愛く首をかしげちゃうの!?」

古鷹「何も難しくないから! すごく簡単なこと言ってるから!」

古鷹「上司に向かって『クソ』とか『クズ』とか『バカ』とか言っちゃダメなの!」

古鷹「今はまだ大丈夫でも、いつ提督の堪忍袋の緒が切れるか分からないんだから!」

古鷹「今なら間に合うよ? 一緒に謝りに行こう? ね?」

曙「……えっと……」

満潮「それは……」

霞「あの……古鷹?」
15:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:17:19.53 ID:Pj3Hq5r30









霞「私……許可貰ってるわよ……司令官から」

曙「私も」

満潮「私も」





古鷹「!?!?!?!?」
16:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:19:11.16 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「えっ? えっ!? ええっ!?」

古鷹「そんな、暴言を……あれっ、えっ、なんでっ……?!」グルグル

古鷹「でも今確かに、だけどっ……え、あれ……えっと……?!」グルグル

古鷹「……」









古鷹「そっかていとくはへんたいだったんだ」

霞「違う違う違う違う!?」ブンブン

満潮「落ち着いて!?」ブンブン

曙「そんなのこっちからお断りよ!?」ブンブン
17:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:21:06.96 ID:Pj3Hq5r30
霞「なんていうか、その……」

霞「『クズ』って別に『屑』って意味じゃないのよ」

曙「私も同じで……」

曙「『クソ』は『糞』と違うから」

満潮「私の『バカ』は『馬鹿』ではあるけど……」

満潮「いわゆる『馬鹿』とは意味が違うの」

古鷹「えぇ……どういうこと?」
18:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:21:45.60 ID:Pj3Hq5r30
霞「私の場合は――」





――
――――
19:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:25:53.23 ID:Pj3Hq5r30
いまはむかし――



霞「……うん、書類確認しました」バサッ

提督「ちょっと休憩するか」ノビー

霞「あなたって、有能なのね?」

提督「自分で言うのもアレだけど、昔に比べりゃ、なかなかデキる男になったよ」

霞「なかなかなんてレベルじゃ無いわよ」

霞「艦隊の指揮、鎮守府の運営、海軍との交渉、海域の攻略……」

霞「どれも完璧じゃない!」

提督「僕は、この鎮守府の最高責任者だからね」

提督「大小問わず、ミスを犯してみんなを不安にさせたくないだけさ」

霞「あーあ……上司のミスにつけこんで実質的な権限を持つ予定だったのにー……」ブーブー

提督「ハッハッハ! 最高の褒め言葉だな」
20:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:27:54.38 ID:Pj3Hq5r30
霞「特に、艦娘たちの手厚いサポートには感謝しているわ」

提督「君たちはいわゆる少数精鋭の軍人だからね。そりゃたっぷりサービスしなくちゃ」

霞「それなのに……」ジー

名札『九頭』

霞「名前は九頭(クズ)なのね」

提督「九頭提督です!!」ビシッ

霞「ンフッww やめさないよ……ww!」プルプル

提督「お、霞の笑顔は久し振りだな」

霞「なっ……!?」カァァ///

霞「……」ドキドキ///

霞「このこと外で言ったら怒るわよ……?」モジモジ///

提督「分かった、約束する」

霞(な、なによ突然……!)ドキドキ///
21:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:29:33.70 ID:Pj3Hq5r30
提督「霞は、この話題の時だけ笑顔になるなぁ」

霞「どうしてか笑いのツボに入っちゃうのよね……」

提督「そうか……」ティン

提督「それなら俺のことを『九頭』って呼んでくれないか?」

霞「へっ!?」

提督「艦娘の笑顔は国民の笑顔!」

提督「……霞ならこの言葉の意味、分かるはずだ」

霞「……」

霞「し、しかたないわね!」

霞「そのしょうもない思いつきに付き合ってあげようじゃないの、このクズ司令官♡!」

22:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:30:33.64 ID:Pj3Hq5r30
――――
――





霞「……ということがあって……」

満潮「めっちゃ仲良しやんww(関西弁)」

曙「『私の笑顔を見て~♡』って意味ねww!」

霞「ん゛も゛ーっ!」プンスカ!

古鷹「と、とりあえず理解しました」
23:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:31:10.17 ID:Pj3Hq5r30
霞「そういう曙はどうなのよ!?」

曙「私の場合は……」





――
――――
24:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:32:00.42 ID:Pj3Hq5r30
むかしむかし――



曙「綾波型8番艦、曙です! 本日より鎮守府に着任します!」ビシッ

提督「どうも、この鎮守府の提督を務める九頭という」

提督「君が曙か。綾波や朧たちから話は聞いているよ」

提督「僕は君たち艦娘を預かる身だが、同時に君たちの保護者でもあると考えている」

提督「何か問題があったら私か艦娘たちにすぐ相談してくれ」

曙「えぇ、その話は聞いているわよ」

曙「前の鎮守府で、艦娘にセクハラした同僚提督をフルボッコにしたんですって?」

提督「そうだよ」

曙「呆れたわ……自分のキャリアがどうなっても良いの?」
25:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:32:59.04 ID:Pj3Hq5r30
提督「あぁ、どうなっても構わない」

曙「ちょ」

提督「綺麗ごとで国民を守ることは出来ないからな」

曙「……」

提督「艦娘も同じだ。僕たち人間には出来ないことをしてくれる人を、どうして粗末に扱えるだろうか……」

提督「今は口だけと思ってくれて良い。これからの僕の態度で分かってもらえたら」

曙「……ま、期待はしておくわ」

提督「ありがとう」ニコリ

曙「っ……!?」ドキッ///

曙(な、何トキメいてるのよ私……!? こ、こんな軟弱そうな男になんか……!)ドキドキ///
26:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:34:02.00 ID:Pj3Hq5r30
提督「……というわけで、これ名刺です」つ□

曙「顔写真までいれて、ご丁寧に……」ウケトリ

提督「このアドレスに連絡くれたら、すぐに反応できるから」

曙「はいはい」

曙「えっと……」

『九頭久宣』

曙「……」

曙(やばっ全然読めない人の名前ってなんでこんなに読みにくいのよしかもこういう時に限って読み書いてないし何これこのくらいなら誰でも読めますよねーって私に喧嘩売ってるのかしら悪かったわね賢くなくてどうせペーペーの子供ですよーだ子供といえば最近の子供の名前って本当に読めないわよね何で宇宙って書いてテラって読むのよ絶対親が勘違いしてつけちゃったわよねしかもその程度ならキラキラネームの中でも最弱ってどういうことなの碧でアクアマリンとか読めるわけないでしょバカじゃないの今になれば光宙のがかなり読みやすい方とか生きづらい時代になったわね本当に)

曙「えっと……」

曙「く……そ?」

提督「ンフッw」

曙「あ、あれっ!?」
27:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:34:31.18 ID:Pj3Hq5r30
提督「いや、ゴメンwフフッ……ww」プルプル

提督「たまに間違われることはあるけど……w」

提督「まさか『そ』……『せん』じゃなくて『そ』……ww」プルプル

曙「……」

曙「~~~~っ」カァァ///

提督「そうだな……フフッ……曙が良ければ、そう呼んでくれても構わないぞ……フフフ……w」プルプル

曙「こ、この……!」

曙「このクソ提督!!!!!!!!」
28:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:35:01.88 ID:Pj3Hq5r30
――――
――





曙「……ということがあって……」

霞「結局気に入ってるんじゃないのww!」

満潮「『あなたを特別な名前で呼ぶのは私だけなんだからー♡』ってことでしょww?」

曙「ん゛も゛ーっ!」プンスカ!

古鷹「と、とりあえず理解しました」
29:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:35:41.43 ID:Pj3Hq5r30
曙「そういう満潮はどうなのよ!?」

満潮「私の場合は……」





――
――――
30:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:37:59.53 ID:Pj3Hq5r30
むかしあるところに――



満潮「はぁ~……」ペラペラ

提督「どうした満潮? 辛いことでもあるのか?」

満潮「別に。ただ感心してただけ」

満潮「着任したばかりの艦娘を秘書艦にするって聞いた時は、どうなるかと思ったけど……」

提督「案外なんとかなるもんだろう?」

満潮「えぇ、なんとかなるに決まってるでしょ、あなたが全部終わらせちゃうんだから!」

提督「満潮にも仕事は回してるじゃないか」

満潮「書類に目を通したりする程度じゃない!」

提督「それも大事な仕事だから」

提督「それに、こうした作業のおかげで、鎮守府全体の動向がつかめただろう?」

満潮「うん……まぁ、それはそうね」

満潮「おかげで各施設の関係者とすぐ仲良くなれたわ」
31:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:38:52.60 ID:Pj3Hq5r30
提督「艦娘も僕たちと同じ、感情をもって生きている」

提督「だからただの兵器みたいに、ただ使われるだけではいけないんだ」

提督「眼前の敵ばかり見ず、まずは周囲を見て、仲間を見て、組織を見て……」

提督「そうやって大局を俯瞰視点で見られるようになることが、大事だと思っている」

提督「そうすれば、思いがけない罠があっても、全員が協力して回避できるようになるからね」

提督「そのための第一歩が、秘書艦となって、この鎮守府全体を知ってもらうことだ」

満潮「ふぅん……寝ぼけた顔して、頭はずいぶん切れるのね?」

提督「失礼な、顔面でバランスを取っていると言いたまえ」

満潮「その発想は無かったわ」
32:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:40:29.47 ID:Pj3Hq5r30
満潮「ここまで鎮守府のことを考えているなんて……」

満潮「あなたって、親馬鹿ならぬ提督馬鹿ね」

満潮(でも……私たちのことを真剣に考えてくれるなら……)

満潮(そんな馬鹿も……か、カッコイイ……かも……?)ドキドキ///

提督「あぁ、うーん……」

満潮「どうしたの? 気に障った?」

提督「いや、そうではないんだけど……」

提督「提督馬鹿だと『野球馬鹿』や『釣り馬鹿』みたいに、まるで俺が提督スキスキ人間みたいに聞こえて……」

満潮「その発想は無かったわ!」
33:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:41:48.25 ID:Pj3Hq5r30
満潮「たまに出る、そのめんどくさい考え方……なんとかならないの?」

提督「う……」

満潮「ハァ……」

満潮「それじゃ『バカ提督』! それでどう?」

提督「おっ! なんか良い響きだなソレ!」

満潮「よっ! バカ司令官!」

提督「良いね良いね! ちょっと楽しい気分になってきたよ!」

満潮「もう……本当にバカなんだから……///」クスッ
34:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:42:37.44 ID:Pj3Hq5r30
――――
――





満潮「……ということがあって……」

曙「青春真っ盛りじゃんww!」

霞「『大好きな司令官をバカ扱いする私は司令官バカ』ってことねww!」

満潮「ん゛も゛っー!」プンスカ!

古鷹「と、とりあえず理解しました」
35:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:43:20.51 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「つまり3人とも、ちゃんと提督を慕っていた、ということで良いんだよね?」

霞「べ、べつに慕ってなんか……!」カァァ///

満潮「あんなバカに、なんで……!」カァァ///

曙「クソ司令官のことなんて……!」カァァ///

古鷹「そう……」









古鷹「提督のために、爆雷使うほど頑張ったり、提督の味覚を完全に把握していたり、提督に本命チョコを渡そうと画策していたりするけど、慕ってはいないと?」ニッコリ

曙「」

満潮「」

霞「」
36:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:44:47.94 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「ここは指導室だから、他には誰もいないよ? 私たちだけ」

古鷹「ここで聞いた話は絶対に口外しないって約束するから」

古鷹「今だけは素直になろう? ね?」

古鷹「だから、正直に話して欲しいの」

曙「……」

満潮「……」

霞「……」

37:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:45:51.42 ID:Pj3Hq5r30
曙「本当は大好きで仕方ありません!!!!!!!!」カァァ///

満潮「一目見た時から愛しています!!!!!!!!」カァァ///

霞「子供作ってママになりたいです!!!!!!!!」カァァ///

古鷹「おぉっと凄い子が潜んでたぁ!!!!!!!!」カァァ///
38:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:47:46.06 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「みんなの気持ちはよく分かりました」

古鷹「普段の生活でも、提督への愛情は見え隠れしていましたから」

古鷹「その割には暴言ばかりだったので、歪んだ愛情を抱いているのではと心配でしたけど……」

古鷹「その心配はありませんでしたね」ホッ

曙「そ、そんなわけないじゃない!!」

満潮「一生懸命な司令官から目が離せません!!」

霞「こっちは艦隊4つ分運用できるくらい孕む覚悟よ!!」

古鷹「その目……本気なんですね」

曙「そう!!」

満潮「はい!!」

霞「えぇ!!」

古鷹「本気で24人も産むんですね(困惑)」
39:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:49:38.11 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「ただ、それはちょっと、いただけないというか……」

曙「どうして!? 私たちの愛情は足りないと言うの!?」

古鷹「あ、そっちじゃなくて……」

古鷹「その……私、これだから……」キラリン

満潮「左薬指の指輪……?」

霞「ケッコンカッコカリってこと?」

曙「ジュウコンカッコカリで動じるあたしたちじゃないわよ!」

古鷹「いえ、そっちではなくて……」
40:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:50:09.00 ID:Pj3Hq5r30









古鷹「私……提督と、ケッコンカッコマジ済みなので……」








41:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:50:40.68 ID:Pj3Hq5r30
曙「」

満潮「」

霞「」

古鷹「~~~~っ♡!」カァァ///

曙「」

満潮「」

霞「」
42:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:52:04.06 ID:Pj3Hq5r30
曙「はあああああ!?!?!?!?」

満潮「いつの間に!?!?!?!?」

霞「どういうこと!?!?!?!?」

古鷹「えっと、その……」

古鷹「皆さんが着任するずっと前、新人だった提督が最初に着任した鎮守府で……」

古鷹「まだ右も左も分からなかった提督が、まだ右も左も分からなかった私に出撃命令を出したんですけど……」

古鷹「おおよそレベルの釣り合わない海域に単身乗り込んでしまった私は、深海棲艦からの総攻撃を喰らってしまって……」

古鷹「その結果、修復不可能の損傷と火傷を、顔の左側に負ってしまったんです」コレ...

曙「それ本当に火傷だったの!?」

満潮「気を遣って聞かないようにしてたから!!」

霞「初めて聞いたわその事実!!」
43:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:53:34.77 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「この事件から『これからは誰も傷つかない鎮守府を作る』と心に誓った提督は、それはもう必死に働きました」

古鷹「私に専用の義眼を用意してくれただけでなく、女性を傷者にした責任を取らせてくれと、結婚を前提としたお付き合いを申し出たんです」

古鷹「そんな彼の想いに心を打たれた私は、その申し出に喜んで応えました」

古鷹「その時の義眼が、コレです」ピカーッ!

曙「うおっまぶしいっ!」

古鷹「自分1人でも鎮守府を運営できるよう勉強をし、その分手のあいた秘書艦に鎮守府の運営を教育することで、誰もが安心して暮らせる生活基盤の構築を行いました」

古鷹「それは全て、第2の私を生み出さないためにと……」

霞「古鷹……」
44:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:55:18.79 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「彼がこの鎮守府へ移動になったのも、セクハラされた私を助けるためで……」

満潮「あれ、古鷹のことだったの!?」

古鷹「『作り物なら痛みも無いんだろうゲヘヘヘ……』と言って義眼を舐めようとしてきたところをグーパン1つで轟沈させた提督は、本当に格好良くて……♡」ドキドキ///

曙「あーそれは惚れてまうわー」ウンウン

満潮「同僚の性癖が酷すぎる!!」

霞「当然の結果じゃないの!」
45:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:58:22.22 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「一緒にいた加古の証言もあって、提督はお咎めなしになったんだけど……」

古鷹「当時の鎮守府は、複数の提督が存在するところで……」

古鷹「えっと……つまり、嫉妬しちゃったのかな?」

古鷹「『僕の嫁を薄汚い手で汚してたまるか!』って突然騒ぎ始めて……」

古鷹「どうも、また私を奪おうとする事件が起こるんじゃないかって、心配になったらしく……」

曙「えwうそっww」

満潮「ちょっとちょっとw」

霞「それってまさかww」

古鷹「そのあと、3日後くらいに……」

古鷹「えっと……そのぉ……」モジモジ///
46:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:58:54.91 ID:Pj3Hq5r30









古鷹「『結婚しよう』って……プロポーズを……♡」カァァ///



満潮「FOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!」

曙「FOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!」

霞「FOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!」
47:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 17:59:42.12 ID:Pj3Hq5r30
古鷹「そのころにはもう、提督の評判は良かったから……」

古鷹「大本営も『1人で鎮守府を任せられる』って判断してくれて……」

古鷹「加古と数人の艦娘と一緒に、この鎮守府(愛の巣)にやって来たの……///」

曙「つまりこの鎮守府は、古鷹のための鎮守府だったわけね!!」ヒューヒュー

満潮「新人をここまで有能に育て上げちゃうなんて……!!」ヒューヒュー

霞「これって『あげまん』ってやつよね!? 私知ってるんだから!!」ヒューヒュー

古鷹「ぁぅ……///」モジモジ
48:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:00:46.20 ID:Pj3Hq5r30
曙「でも……そっか……」

満潮「司令官にはもう……」

霞「素敵な奥さんがいたのね……」

古鷹「はい……」

曙「……」

満潮「……」

霞「……」

古鷹「……」
49:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:02:13.14 ID:Pj3Hq5r30
霞「ちょっと作戦タイム」ビシッ

古鷹「あっはい」

霞「……」トコトコ

曙「……」トコトコ

満潮「……」トコトコ





霞「……が……から……」ヒソヒソ

満潮「……しゅ……に……」ヒソヒソ

曙「……それ……ない……」ヒソヒソ





霞「……」トコトコ

曙「……」トコトコ

満潮「……」トコトコ

霞「作戦タイム終了」ビシッ

古鷹「あっはい」
50:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:03:11.02 ID:Pj3Hq5r30
霞「3人でよく話し合った結果……」









霞「私たちを!!」

曙「司令官と古鷹の!!」

満潮「養子にしてください!!」

3人「「お願いします!!!!!!!!」」orz orz orz

古鷹(えぇえぇぇぇえぇぇ~~~~!?)ガビーン
51:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:04:17.44 ID:Pj3Hq5r30
満潮「もう司令官無しの生活は考えられないのよ!!」

曙「人生のほとんどを提督と暮らしたのよ!?」

霞「なら司令官は私たちの責任を取るべきだわ!!」

古鷹「さ、さすがに私1人で決められる話じゃ……!」アワワ

52:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:04:48.36 ID:Pj3Hq5r30
満潮「なんでもするから!! まわりに自慢できる娘になるから!!」

曙「なんでもするから!! 新鮮な魚介類を毎日とってくるから!!」

霞「なんでもするから!! ママになる秘訣を教えてあげるから!!」

古鷹「えっと、あの、その……」アセアセ
53:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:05:19.50 ID:Pj3Hq5r30









古鷹「ママになる秘訣を教えてください(混乱)」








54:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:06:57.20 ID:Pj3Hq5r30



――数か月後、深海棲艦との戦争は終止符を迎えた

直後、提督に4人の娘ができたのだが、

それはまた別のお話に――





終わり
55:◆ag9TZfREZs:2017/11/19(日) 18:08:08.06 ID:Pj3Hq5r30
何とは言わないけど

古鷹は達すると左目が

ロービームからハイビームになるという脳内設定



以上です、ありがとうございました
お奨め記事
11月21日 20時09分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告