記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 20:45:10.97 ID:SlypSMLq0
鳳翔と呼んで欲しい

そんな欲求が湧いたのはいつからでしょうか
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 20:46:06.37 ID:SlypSMLq0
もしかしたら気づいていないだけで

最初から思っていたのかもしれません
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 20:48:48.97 ID:SlypSMLq0
提督は鎮守府のみんなから慕われています


もちろん私も慕っています


提督の人気の一つとして全員に平等に


接しているからだと思います
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 20:53:41.16 ID:SlypSMLq0
それが分かっているからこそ、鎮守府のみんなは


提督を慕っているのだと思います


しかし、私だけ他のみんなとは違う接し方をしています


それは私だけ「さん付け」で「敬語」なのです
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 20:55:27.49 ID:SlypSMLq0
駆逐艦の子達ならともかく


赤城さんや加賀さん、大和さん、武蔵さんにも


呼び捨てで砕けた口調なのに


私だけ「さん」付けで「敬語」なのです
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 20:57:04.34 ID:SlypSMLq0
他の子に聞いてみても、最初からあの様子だったと言うばかりで


私の前でだけ堅い様子なのです


それに気づくことができたのは


ついこの間のことです
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:04:45.66 ID:SlypSMLq0
普段は22時に店を閉めるのですが


その日は隼鷹さんが寝てしまい


提督がいらっしゃる時間まで店にいたのです


その時の提督と隼鷹さんの会話で


この事実に気づくことができました
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:05:51.15 ID:SlypSMLq0
それからというもの


そのことが気になって仕方がありません


そして私は思い切って提督に聞いてみることにしました
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:07:10.99 ID:SlypSMLq0
提督はとてもびっくりしていました


最初は誤魔化していたのですが


私がしつこく聞くとゆっくりと話し始めてくれました
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:09:38.96 ID:SlypSMLq0
「実は私には母親がいません」


「物心ついた時から父しかいなかったので」


「母親というものが何か、全然分かりませんでした」


「友達やドラマ、街にいる親子を見てこんなものなのだろうかと」


「妄想するぐらいでした」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:12:49.19 ID:SlypSMLq0
「そんな中、鳳翔さんに会ったんです」


「まるで話に聞く、理想の母親だったんです」


「しかし、そんなことは考えてはいけないと思いまして…」


「鳳翔さんに対してだけは、他の子のように砕けたようには…」


「でも鳳翔さんとは一緒にいたかったので居酒屋の方にお邪魔していました」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:16:11.30 ID:SlypSMLq0
今度は私がびっくりしていました


まさか提督がこんなふうに思っていたとは…


居酒屋…というか店を作って欲しいと依頼されたのは提督でしたが


最初は私の料理の腕を聞いて頼まれたのかとばかり思っていましたが


もしかしたら、私に会いたいがための口実を作っただけではないか


そんなことを考えていると私の中に一つの考えが浮かびました
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:19:28.60 ID:SlypSMLq0
私は聞きました


「提督は私に母親を求めていたんですね?」


「そ…そうです…」


「そんなに悲しい顔しないでください」


「え…」


「いいんですよ?提督」


「私の前では、私の前だけは」


「鎮守府指揮官の提督としてではなく、一人の人間として」


「私の前にいてください」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:20:28.04 ID:SlypSMLq0
「鳳翔さん…っ」


「そうじゃないでしょ?」


「…お母さん…っ!」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:22:12.73 ID:SlypSMLq0
そうして提督は私の前で


まるで子供のように泣き崩れました


こんな姿を見せるのは私の前だけ…


みんなの前ではあんなに立派な提督が


私の前ではただの子供…


そんな姿を見て私は…
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:22:48.12 ID:SlypSMLq0
罪悪感と共に快感を得ていたのです…
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/17(金) 21:23:40.72 ID:SlypSMLq0
以上で終了です、急ぎ足になってしまい物足りない感もありますがお疲れ様でした。
お奨め記事
タグ:
11月20日 16時09分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告