記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 14:58:49.48 ID:/1Zhxejo0
夕美「プロデューサーさんに甘えるよ、美波ちゃん!」カッ!

美波「プロデューサーさんに甘えようね、夕美ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!!」」ガシッ!!

夕美「ところで美波ちゃん!」

美波「どうしたの!」

夕美「『甘える』って具体的にはどうやるの?」

美波「…」エ-ト

夕美「…」

美波「…」

夕美「…」
2:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 14:59:14.29 ID:/1Zhxejo0
美波「…甘えさせてくださいって直接頼んでみる…とか?」

夕美「…でもさ、そもそも『甘える』って何?」

美波「…」

夕美「…」

美波「…」

夕美「まずはそこから話し合おうか!」カッ!

美波「そうだね!  作戦会議だね!」カッ!
3:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 14:59:46.70 ID:/1Zhxejo0
美波「まずはディスカッションの基本。『甘える』ということを私たちなりに定義付けるところから始めたいと思います!」ビシ-

ドサ-

夕美「すごい量の本だね!  山積みだね!」

美波「文献の提供は鷺沢文香さんによるものだよ!」

文香「…あの…よろしくお願いします」ヒョッコリ

夕美「美波ちゃん。文香さんもプロジェクトのメンバーに?」

美波「ええ、心強い味方でしょう。そして何より…!」

文香「…私も『甘える』という行為に興味を持っていますので…」

夕美「つまり同志だね…!」

文香「ええ…同じ志を持つ者ですから…お互いに高め合うことが最も良いかと…」

美波「だね!」

2人「「やるよ!!」」カッ!

文香「やりましょう…」キラ-ン
4:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:00:28.95 ID:/1Zhxejo0
夕美「でも、甘えるってどういうなのかな?」

文香「…」

ペラリ...ペラリ...

文香「…こちらの恋愛小説が参考になるかもしれません…この方面には明るくないのでメジャーなものを選んだつもりですが…」

美波「それは何の本なのかな?」

文香「『源氏物語』です…」

美波「ふ、古い!」
5:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:00:56.90 ID:/1Zhxejo0
夕美「…ごめんなさい。私、どういう話かよく知らないんだけど、どんな話なの?  簡単に教えてほしいな」

文香「…光源氏という美形の完璧超人の男性が人妻から幼子まで食い散らかす恋愛小説です」

美波「参考に!!」

夕美「ならないね!!!」

文香「…ですね」

美波「甘ったれてはいるけどね!」

夕美「私たちの目指す『甘える』とは違うね!」

文香「…文学的には素晴らしい作品なのですが」

美波「かもしれないけどテーマから外れているのでボツですよ!  文香さん!」

文香「…」ショボ-ン

夕美「気を落とさず次行きましょう!!  次っ!」

文香「…そうですね。挫折を乗り越えることで私たちは成長していくのですから」

美波「そうだね!!」

2人「「やるよ!!」」カッ!

文香「…おー」ビシ-
6:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:01:24.77 ID:/1Zhxejo0
(次の日)

タッタッタッ...!!
バタ-ン!!

夕美「2人とも!!  甘えの極意を収めた映像資料を持ってきたよ!」

美波「本当!?」

文香「…!」

夕美「ふっふっふ…とくと見よ!  だよ♪」

夕美「では、上映開始!」ピッ
7:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:01:52.94 ID:/1Zhxejo0
唯『プロデューサーちゃーん♪  ちゃーっす♪』ダキ-

唯『あはは☆  抱きついたくらいで照れんなー♪  唯とプロデューサーちゃんの仲じゃん☆』

唯『ん♪  何か当たってんのが気になるの…♪』

唯『えへへ…☆  いいじゃん、いいじゃん。ちょっとの間だけこうしてようぜ〜♪』ムギュ-

唯『2人きりなんだからさ…甘えさせてよ…♪』スリスリ

夕美『…』

夕美『唯ちゃん。おはよう』ゴゴゴ

唯『…あ、あれ?  ゆ、夕美ちゃんいつからいたん!?』

唯『あ、あはは…ちょーっと恥ずかしいとこ見せちったかな///』

ピッ
8:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:02:43.17 ID:/1Zhxejo0
夕美「以上です」

美波「…」ガタガタガタ

文香「…」フルフルフル

夕美「…いかがでしょうか。お二人とも」

文香「こ…これはいけません…!」フルフルフル

夕美「高速で首を横に振ってるね」

美波「…こ、これはハードルが高い…かな」

夕美「戦慄してるね。美波ちゃん」

美波「だって!! 抱きついたり!  胸を押し付けたり!  あ、あああんな風に…その…頭をこすりつけたりだなんて!!」カッ!!

夕美「気持ちはわかるけど落ち着こうよ。美波ちゃん。冷静になってから問題を考えよう」キリッ
9:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:03:16.68 ID:/1Zhxejo0
文香「…夕美さん」

夕美「何かな?」

文香「…先程から脚が震えているように見えますが」

夕美「…」カタカタカタ

夕美「し、仕方ないでしょ!  朝からあんな極意を目の前で見せつけられちゃったんだもんー!」ヒ-ン

美波「…夕美ちゃんよく頑張ったね。おいで」ウェルカム

夕美「うぇーん!  美波ちゃーん!」ダキ-

美波「よしよし♪」ナデナデ
10:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:03:52.88 ID:/1Zhxejo0
文香「…」

美波「どうしたの?  文香さん。じっと見つめて」ヨシヨシ

夕美「♪」

文香「それです…!」カッ!!

美波「何がそれ?」

文香「いまの夕美さんの状態こそが…私の想い描いていた理想の『甘え』のような気がするのです…!」カッ!!

夕美「いまの私の状態?」

美波「?」

文香「…夕美さん…貴女が抱き付き…頭を撫でてもらっている相手が美波さんではなく…プロデューサーさんだったらどうでしょう…」

夕美「プロデューサーさんだったら…」

夕美「…」

夕美「…はぅっ!」ボンッ!!

夕美「…///」プシュ-

美波「ゆ、夕美ちゃん!?」

文香「…計らずも我々の理想が見えてきましたね」フフフ

美波「ひ、冷えピタを早く!  顔が真っ赤だよ!」

夕美「」キュ-
11:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:04:28.59 ID:/1Zhxejo0
(次の日)

文香「…」クワッ!

カッ...カッ...カッ...カキカキ...
バン!!

美波「…」

夕美「…」

文香「…結論が出ました」

【我々の目指す『甘える』とは】

1、頭部や背中などを撫でられること
2、ハグをされること
3、上記の行為を2人きりの空間で堪能すること

12:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:05:12.76 ID:/1Zhxejo0
文香「…異論があれば挙手を」

夕美「ぎ、議長!」ピシッ!

美波「議長!」ピシッ!

文香「夕美さんからどうぞ…」

夕美「異論ありません!  素晴らしいです!!」カッ!!

文香「…ありがとうございます」

夕美「で、ですが…2人きりの空間で甘ったるい時間を過ごすことを考えただけで赤面してしまい…ます…///」プシュ-

文香「…3人で乗り越えましょう」ニコリ

夕美「議長…!」ジ-ン
13:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:06:45.14 ID:/1Zhxejo0
美波「次、よろしいでしょうか?」

文香「どうぞ。美波さん」

美波「文香さんの掲げた理想は素晴らしいものだと思います。私も想像するだけで幸福感に満たされてしまいました」

文香「でしょう…」フフフ

美波「ですが!  どうやってこの理想の場面を作り出すのでしょうか!」カッ!!

文香「…」

美波「事務所には人の出入りが多いです。そしてプロデューサーさんは忙しい方。いま現在恋人でもない私たちのために『2人きりの空間』を作り出してくれるとは思いません!」

美波「私が目指すのは実現不可能な高い理想ではなく、身の丈にあった実現可能な理想なのです!」ビシッ!

夕美「み、美波ちゃん。そんなに厳しいことを言わなくても…」

美波「いいえ。想像で満たされてはいけないわ。私はプロデューサーさんに甘えたいのよ!」キリッ

美波「…それに、もし理想を高くしすぎて、甘えられなかった時、悲しくなるのは私たちなんだよ?」

夕美「…」
14:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:07:12.79 ID:/1Zhxejo0
文香「…美波さんのおっしゃることはもっともです」ニマリ

美波「…その文香さんらしかぬ不敵な笑み…そして余裕…何か秘策を隠しているんでしょう?」ニヤリ

夕美「秘策!?」

文香「…」

ガサゴソ...ピラリ

文香「…こちらをご覧ください」

夕美「なになに…『346プロ・チーム対抗叩いて被ってじゃんけんぽん大会開催のお知らせ』?」

文香「こちらで優勝すると…なんと『プロデューサーさんの監視付きで国内旅行』ができるそうなんです」

美波「!」

夕美「!」
15:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:07:42.99 ID:/1Zhxejo0
文香「…監視とは裏を返せば…」

夕美「一緒の旅行!!」カッ!

美波「そして邪魔する者は誰もいない!!」カッ!

文香「…その通りです」ニタリ

美波「文香さん…!」ガシッ!!

夕美「文香さん!」ガシッ!!

文香「ふふふ…気が早いですよ…」

文香「優勝を目指して…練習をしましょう」

2人「「うん!!」」
16:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:08:22.66 ID:/1Zhxejo0
(しばらくして)

文香「…美波さん」

文香「…あなたはチームの柱です!」

夕美「す、凄いよ!  美波ちゃん!」

美波「そんな。褒めすぎだよ♪」キラキラ

夕美「輝いてる…美波ちゃんが輝いてるよ…!」

文香「私たち3人でゲームをしてみても…美波さんは圧倒的です…夕美さんがついで…私はさほど戦力になれませんね…」

文香「…不得手、と言ってしまうのは簡単ですが…チームの為に力になれないのは…歯痒いものですね…役に立てず申し訳ありません」

美波「そんなことないよ!  文香さんは私のチームの頭脳だもの!」

夕美「そうだよ!  文香さんがいなかったらいまの私たちはここにないもん!」

文香「美波さん…夕美さん…」ホロリ

美波「ほら、3人で頑張って」

夕美「いっぱいプロデューサーさんに甘えようね♪」

文香「はい…」ニコリ

文香「(それでも私も何か力に…)」
17:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:09:30.60 ID:/1Zhxejo0
(次の日)

文香「…おはようございます」

モソモソ

夕美「おはよう…って、何その古ぼけた本は?」

美波「えっとなになに…『叩いて被ってじゃんけんぽん奥義の書』ですって!?」

文香「…昨日…叔父や、その友人の方に聞いて回ったのです」

文香「1冊しかありませんでしたが…ここには勝利を勝ち取るタクティクスが全て記されているはずです…」

美波「ありがとう文香さん!」ダキッ!

文香「…わ」

夕美「これがあれば絶対勝てるよ!」ダキッ!

文香「…♪」ムフ-

美波「それじゃあ夕美ちゃん!」

夕美「ええ!」

2人「「特訓だよ!!」」カッ!!

文香「…ドリンクやタオルは用意しておきますね」

文香「(…実は私も必殺技を習得したのですが…アレを使うのはいざという時だけにしておきましょう)」
18:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:10:26.87 ID:/1Zhxejo0
(当日)

シュッ...スパ-ン!!

夕美「ふふふ…ついに編み出したよ!  その名も『デビル相葉・ゴースト』!」

文香「あの…それはどういった技なのでしょうか?」

夕美「ゲーム中、まるで目の前から消えるように錯覚させる技なんだよ!  これで攻撃の時も、防御の時も相手を混乱してさせることができるね!」

文香「…素晴らしいです」パチパチ

美波「凄いよ夕美ちゃん!」パチパチ
19:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:13:10.63 ID:/1Zhxejo0
参考画像【アイシールド21より】
デビル相葉・ゴースト
null
20:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:13:42.43 ID:/1Zhxejo0
夕美「えへへ…♪  でも美波ちゃんの方がもっと凄いよ♪」

美波「私は特別な技とかないよ?」

文香「しかし…美波さんの反射速度は凄まじいものです…普通にゲームをしているだけでも、特別な技に見えてしまいます…」

文香「そう…仮に『女神の反射速度(ミナミのインパルス)』とでも名付けましょうか」
21:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:14:28.21 ID:/1Zhxejo0
参考画像【アイシールド21より】
女神の反射速度(ミナミのインパルス)


22:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:15:30.50 ID:/1Zhxejo0
文香「(美波さんは圧倒的な反射神経を持つ方…ゆえにルールに則った上で『後出しジャンケン』が可能…!  通常のジャンケンであれば勝率はゆうに75%を超える…!)」

文香「(さらに…ジャンケン決着後も圧倒的な速度で攻撃、防御に転じることが可能。まさに最強…あらゆる戦略も彼女には通じないのです…!)」

文香「…これなら優勝は堅いでしょうね」

夕美「でも、油断は禁物だよ。全力で勝ちに行こうね♪」

美波「うん!」

文香「…はい」
23:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:16:27.31 ID:/1Zhxejo0
(当日)

ド-ンド-ン...!!

ちひろ「始まりました。第3回346プロ開催・叩いて被ってじゃんけんぽん大会です。皆さんフェアプレーを心がけてください」

ちひろ「ルールは簡単。3人のチームを組み、叩いて被ってじゃんけんぽんで勝敗を決するのです。形式は勝ち抜き戦。遅刻などでプレーできない選手が出た場合、その方を欠場としてゲームをしてもらいます」

ちひろ「なお。参加費は1チーム2500ジュエルとなっております。忘れた方はこの私にお渡しください♪」

美波「…いよいよだね。2人とも」ゴゴゴ

夕美「うん。血の滲むような努力をしたんだもん。絶対優勝できるよ!」ゴゴゴ

文香「…勝ちましょう」ゴゴゴ
24:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:18:04.89 ID:/1Zhxejo0
柚「…なんかあのチーム迫力あるよね」

あずき「そうだねー」

穂乃香「たとえ遊びであっても全力を尽くす姿勢…さすがです!」

忍「いや、多分だけどあの人たちは『遊び』だと思ってないよ」

あずき「…だね」

穂乃香「?」

柚「ところで誰か1人抜けなきゃいけないけど…どうしょっか?」

穂乃香「優勝した場合、旅行は4人全員行けるらしいですが…」

忍「…やっぱみんな試合には出たいよね」

4人「「「…」」」

4人「「「じゃんけんっぽいっ!!」」」

4人「「「あいこでしょ!!」」」
25:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:18:43.29 ID:/1Zhxejo0
【第1回戦】vs ニュージェネレーションズ

美波・未央「たったいて被ってじゃんけん…」

未央「ぽん!」チョキ
美波「ぽんっ!  ふっ!」グ-

シュッ...ピコ-ッ!!

未央「へぶっ」

美波「やった♪」

未央「は、早すぎるぜ…みなみん」パタリ

凛「ふーん…美波1人で卯月と未央を連続抜きするなんて…なかなかやるみたいだね。でも、私はそうもいかないよ」

美波「ふふふ…御託はいいからかかってきなさい」ゴゴゴゴ

凛「…」キッ!!
26:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:19:19.78 ID:/1Zhxejo0
美波・凛「たったいて被ってじゃんけん…」

凛「ぽん!」パ-
美波「ぽんっ!  ふっ!」チョキ

シュッ...ピコ-ッ!!

凛「あぅ」

ちひろ「決まりました♪  美波ちゃんの勝利です。よって、チーム『フローラ書店』の勝利となりました♪」パチパチ

夕美「ふふふ。楽勝だったね♪」

文香「…お疲れ様でした。タオルです」スッ

美波「ありがとう♪」

凛「そ、そんな…プロデューサーとの2人きりの旅行が…!」ガクッ

未央「いや、私たちもいたからね?」
27:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:19:55.92 ID:/1Zhxejo0
【第2回戦】 vs 野球どすえチーム

友紀「ふっふっふ…反射神経には自信があるんだよねー♪」

夕美「甘いよ…友紀ちゃん…!」

友紀「?」

友紀「ま、いいや。ほら始めようか」

夕美「ええ」

夕美・友紀「せーの…たったいて被ってじゃんけん…」

夕美「ぽん!」チョキ
友紀「ぽんっ!」グ-

友紀「(よし、もらった!)」

シュッ...スカッ!!

友紀「え!?  消えた!?」

夕美「…錯覚だよ♪」ニマリ

友紀「なにぃ!!  目の前にいる!?」

文香「(夕美さんを正攻法で倒すのは至難の業です…あのようにかわし続ければいずれ…)」

夕美「そりゃー♪」

ピコン!

友紀「あー、負けた...」

文香「(…勝利を掴めるのです)」

美波「夕美ちゃん凄いよ♪」

夕美「えへへ♪」

ちひろ「チーム『フローラ書店』!  準決勝進出です!」
28:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:20:31.21 ID:/1Zhxejo0
【準決勝】vs にゃんにゃんロック

アナスタシア「ミナミ…あまり強く叩かないでくださいね?」

美波「あ、あぅ…」

夕美「…美波ちゃん。完全に戦意を失ってるよ…」

文香「(これはまずいですね…)」

ピコッ

アナスタシア「ダー♪」

美波「…ごめんなさい。負けちゃったよ」

文香「いいんです…情というのは殺しきれませんからね…」

夕美「うん。私が頑張るよ♪」

ちひろ「チーム『にゃんにゃんロック』。選手交代です。アナスタシアちゃんに代わって、多田李衣菜ちゃんが出場します」

文香「…」

夕美「じゃあ行ってきま…」

スッ

夕美「文香さん?」

文香「…任せてください…私が出ます」

美波「…勝算はあるの?」

文香「はい…じゃんけんにさえ勝てば100%勝ちます」

夕美「?」
29:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:21:01.31 ID:/1Zhxejo0
文香「…よろしくお願いします」ペコリ

李衣菜「こちらこそ!」

李衣菜「(相手は文香さんか…あんまり俊敏ではなさそうだし。有利なはずだよね?)」

文香「では…」

文香・李衣菜「せーの…たったいて被ってじゃんけん…」

李衣菜「ぽん!」グ-
文香「ぽん…」パ-

李衣菜「(ガード!)」スッ

文香「…」

ヒョイ

李衣菜「(よし…ガード成功…文香さんはピコハンを取るのがやっぱり遅…い?)」

李衣菜「ん?」
30:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:21:40.14 ID:/1Zhxejo0
文香「…剛腕から繰り出される一撃は…岩をも砕きます…!」ゴゴゴゴ

李衣菜「ちょ!?  ガードしてるのになんで振りかぶって…!?」

文香「恨みはありませんが…夢のために…」

スパァァァン!!

李衣菜「…」

李衣菜「」パタリ

みく「り、李衣菜チャーンッッ!!!」

31:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:22:08.38 ID:/1Zhxejo0
ちひろ「李衣菜ちゃん、ゲーム続行不能。勝者は文香ちゃんです」

みく「え!?  あれ有りなの!?」

文香「勝利…です。次の方…どうぞ」フフフ

みく「無理無理無理!!  棄権するよ!!  死にたくないにゃぁぁぁぁぁぁっ!!」ガタガタガタ

アナスタシア「ダー…パワフルですね」

夕美「…」

美波「…」
32:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:22:53.41 ID:/1Zhxejo0
【決勝】vs アダルティーズ

美波「はっ!」

瑞樹「あぅ」

夕美「ふっ!」

菜々「あべっ!」

文香「…」スッ

スパァァァァァン!!

楓「」

ちひろ「おめでとうございます。チーム『フローラ書店』圧倒的勝利を収めました」

3人「「「♪」」ドヤッ!
33:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:23:23.16 ID:/1Zhxejo0
P「とりあえず優勝おめでとう。俺は仕事で大会を見られなかったけど圧倒的だったらしいな。練習したのか?」

美波「いえ、たまたまですよ♪」

夕美「ええ。たまたまです」

文香「…たまたま…ですね」

P「そ、そうか」

3人「それより早く旅行に!」

P「はいはい。明日遅刻するなよな」

3人「…♪」ガッツポ!!
34:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:23:56.75 ID:/1Zhxejo0
(後日)

美波「ところで2人とも」

夕美「どうしたの?」

文香「…なんでしょう」

美波「優勝して他の人には邪魔されない状況にはなったけどさ…甘えられる?」

夕美「…」

文香「…」

美波「…し、正直…私はちょっと恥ずかしいんだよね」

夕美「…わ、わかる///」テレテレ

文香「…あぅ」コクコク
35:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:24:23.89 ID:/1Zhxejo0
美波「…私たちに何ができるかを検証してみようか。まず、手を繋げと言われたらできる人。挙手を」スッ

夕美「…」フルフル

文香「…」スッ

美波「次。ハグをしてくれると言ったら飛び込める人」スッ

夕美「…///」フルフル

文香「…」フルフル

美波「では…同じ部屋で寝ることができる人」

夕美「」キュ-

文香「…」

美波「…」

夕美「…」

文香「…」
36:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:24:53.68 ID:/1Zhxejo0
美波「もしかして…私たちって甘えるのに向いてないのかな…」シュ-ン

文香「...」シュ-ン

夕美「み、美波ちゃん!  文香さん!  ダメだよ!」カッ!!

美波「…」

文香「…」

夕美「わ、私はいま全部に手を挙げられなかったけど…あんなに頑張ったのに何もできないのは悲しいもん!」

夕美「…明日までに…全部できるように練習しよう!!」カッ!!

夕美「…恥ずかしいけど///」ボソリ

美波「…そうね。ここまで来て逃げるのは無しだよね♪」

文香「…ええ。やりましょう」

夕美「じ、じゃあ…ええと…3人でハグとか手を繋ぐ練習とか…してみようか」

美波「よし。やろう♪」

文香「…ええ」

37:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:25:24.30 ID:/1Zhxejo0
(次の日)

美波「プロデューサーさん♪  あそこのお店に行ってみましょう♪」ギュ-

P「お、おう」

文香「…あちらも」ギュ-

P「行くからあんまり急かすなよ」

夕美「ぷ、プロデューサーさん!  あれ見ようよっ!」ギュ-

P「…」

夕美「ど、どうしたの?」

P「いや、熱でもあるのかなと」

スッ...ピトッ

夕美「ひゃぅぅ!」ビクッ

夕美「(お、おでこに手が!)」

P「熱はないみたいだけど…」

夕美「…///」プシュ-

P「…と思ったら急に熱が」

夕美「へ、へへ平気だよっ…///」

美波「(いいなあ夕美ちゃん)」

文香「(…羨ましいです)」
38:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:26:23.41 ID:/1Zhxejo0
(しばらくして)

美波「プロデューサーさん♪」ギュッ

夕美「ぷ、プロデューサーさん///」ギュ-

文香「…プロデューサーさん」ギュム-

P「(なんか今日は密着度が高いな)」
39:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:26:49.07 ID:/1Zhxejo0
(夜・旅館)

美波「ふぅ…今日は楽しかったね♪」

夕美「…」グデ-

文香「…夕美さん…燃え尽きていますね」

夕美「…えへへ…プロデューサーさんに抱きついちゃった…///」ニマニマ

美波「ほら、嬉しいのはわかるけどプロデューサーさんが温泉から帰ってくるまでにはシャッキリしないとダメだよ♪」

夕美「はーい♪」ニコニコ

文香「…お風呂上がり…いよいよハグです」

美波「ふふふ、まだ頑張るよ♪」

夕美「…だ、だね///」

文香「しかし…どのようにプロデューサーさんにハグをしてもらうのでしょうか…」

美波「大丈夫。任せて」
40:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:27:17.43 ID:/1Zhxejo0
P「ふー…いいお湯だった」

美波「おかえりなさい♪」

P「ああ、待たせちゃってすまないな。夜ご飯食べに行こうか」

美波「ええ、けどその前に」

P「?」

美波「プロデューサーさん。いつも私たちは頑張ってます」

P「うん。わかるよ」

美波「だから…その…全員にハグをしてください!」カッ!!

夕美「(ま、真正面から!)」

文香「(…流石です。美波さん)」

P「…ハグ?」

美波「は、ハグです…///」プシュ-
41:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:27:45.92 ID:/1Zhxejo0
夕美「(やっぱり…美波ちゃんでも恥ずかしいんだ)」

文香「(…美波さんだけに言わせるなんてことは…させませんよ)」

夕美「…わ、私からもお願いします!」カッ!!

文香「…お願いします」カッ!!

P「…」

P「その訳あり顔。何かを決意したようだな。事情はわからないがよろしい。全力でハグをしよう!」

美波「(事情も何も…)」

夕美「(ハグ自体が目的なんだけど…///)」

文香「(何はともあれ…ハグです)」グッ
42:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:28:15.32 ID:/1Zhxejo0
「さて…トップバッターは…」

夕美「お、おおお願いしますっ…!」

P「夕美か。よし」

スッ...ギュ-...!!

夕美「…わぁぁ…///」ニマニマニマ

P「いかがでしょう」ギュ-

夕美「…えへへへへ…いいです…///」ニマニマニマ
43:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:28:45.35 ID:/1Zhxejo0
P「それは何より」ヨシヨシ

夕美「はぅ…あ、頭を撫でられると…///」

P「…」ナデナデ

夕美「…///」ニマニマ

夕美「(だめ…顔が緩みきっちゃってるよ…えへへへ…///)」ニマニマニマ

美波「(早く早く早く)」ジ-

文香「(交代を…早く…)」ジ-
44:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:29:59.73 ID:/1Zhxejo0
(少しして)

夕美「」キュ-

P「次は文香か」

文香「では…///」スッ

P「はい」

スッ...ギュ-

文香「これは…っ…」

P「どうよ?」ギュ-

文香「…は、はい…言葉にできないような…その…幸福感があります…///」

文香「…これはよいですね…癖になってしまいそうです…」スリスリスリ

P「そっか」ポンポン

文香「…っ!」ピクッ

P「あ、いまの嫌だった?」

文香「い、いえ…! むしろ…いまのように…背中をポンポンとしてくれると…その…とても嬉しいです…」

文香「…ぜひお願いします」

P「OK」ポンポン

文香「…はぅ」

文香「…♪」ニマニマ

美波「(ふ、文香さんが見たこともないようなとろけた表情に…!)」

美波「(いいなぁ、いいなぁ、早く早く!)」ソワソワ

文香「…♪」ギュ-
47:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:31:34.14 ID:/1Zhxejo0
(少しして)

文香「」キュ-

美波「で、では…よろしくお願いします」ドキドキ

P「はい。おいで」

スッ...ギュ-

美波「…」

P「…」ギュ-

美波「…♪」スリスリ

P「…リアクションはあんまりないんだな」
48:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:32:01.10 ID:/1Zhxejo0
美波「…だって、その」

P「ん?」

美波「…嬉しすぎて…もう何もできないといいますか…」

美波「…いや、何でもないです。だ、黙って抱きしめてください///」ギュ-

P「ん」ギュ-

美波「…♪」

P「…」ギュ-

スッ...プニプニ

美波「…わっ…ほっぺを触るのはずるいです…///」

美波「…許してあげますけど///」ニマニマ

美波「…エヘヘ♪」
49:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:32:28.92 ID:/1Zhxejo0
夕美「あ、あの…プロデューサーさん」

P「あ、夕美起きたのか?」

夕美「…美波ちゃんが終わったら…もう一度…お願いしてもいいですか?」

文香「…私も」

美波「あ、ずるいよ。2人とも!  わ、私もよろしくお願いしますします!」

P「そろそろご飯を食べに行かないと時間がーーー」

3人「「「お願いします♪」」」

P「」
50:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:32:55.09 ID:/1Zhxejo0
(次の日)

美波「…また来年も大会に参加しようね♪」ニマニマ

夕美「そうだね…♪」ニマニマ

文香「…ええ♪」ニマニマ

カチャリ...

ちひろ「あ、3人揃っていたんですね。おはようございます。昨日はどうでしたか♪」

3人「「「最高でした!」」」

ちひろ「それはよかったです」
51:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:33:25.87 ID:/1Zhxejo0
ちひろ「…」

ちひろ「それでですね…ちょっと子耳に挟んだのでお聞きしてもいいですか?」

3人「「「?」」」

ちひろ「噂ですけど…3人がハグをしたり…手を繋いでる姿を見た人がいたと聞いて…もしかして…美波ちゃんたちは女性好きなんですか?」

美波「」

夕美「」

文香「」

終わり

53:◆hAKnaa5i0.:2017/11/13(月) 15:38:37.90 ID:/1Zhxejo0
以上です。
お読みいただきありがとうございました。

清純派かつ癖があまりない子が多い大学・短大生組が大好きです。また機会があればこの子たちでわちゃわちゃするだけの話を書こうかと思ってますので、またお付き合いいただけると嬉しいです。では

お奨め記事
11月15日 12時09分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告