記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 12:57:26.87 ID:7rpDFDmA0
凛「どうしてなんだろうね。心外だよ」

P「…」

凛「プロデューサーもそう思うでしょ?」

P「…」

P「凛」

凛「何?」

P「なんで当然のように俺のスーツを羽織ってるわけ?」
2:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 12:58:08.52 ID:7rpDFDmA0
凛「…」サッ

P「いや、取り上げないから『死守する構え』を見せなくていいよ」

凛「…」ホッ

凛「今日は肌寒いでしょ?」

P「そうだな」

凛「でも、上着を忘れちゃったから羽織ったんだ。もし風邪を引いて仕事に穴を開けちゃったら大変だしね」
3:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 12:58:38.50 ID:7rpDFDmA0
P「なるほど。どうして俺のなんだ?」

凛「プロデューサーの上着がいいから」

P「あそ…」

凛「仕事への意識が高いと思うでしょ」

P「一応」

凛「ならご褒美がほしいかな。ここにサインしてよ」
4:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 12:59:10.04 ID:7rpDFDmA0
スッ

【婚姻届】

P「…」

凛「大丈夫だよ。プロデューサー」

P「何が?」

凛「仮にプロデューサーが女子高生に手を出すようなロリコンだって噂されても私は気にしないから」

P「そういう問題じゃないんだよ。凛」
5:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 12:59:54.19 ID:7rpDFDmA0
凛「こんなにも寛容で優しい私なのに、どうして変態なんて噂が立つんだろうね。不思議だよ」

P「不思議だな。とても不思議だ」

凛「実は私、心にもないことを噂されて結構傷付いてるんだ」

P「そうなのか?」

凛「うん、普段はそっけなくしてるけどさ。気を抜くと電車の中で落ち込んだりしちゃうんだよね…」

P「…」

凛「…プロデューサーのハンカチの匂いを嗅いで元気出すようにしてるけど」

P「待て」
6:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:00:24.60 ID:7rpDFDmA0
凛「?」

P「そういうところだと思うんだ。凛。火のないところに煙は立たないんだよ」

凛「何の話?」

P「我が身を振り返りなさいよって話。電車の中で渋谷凛が一心不乱にハンカチをハスハスしてたら誰だってびっくりするでしょうが。ネットに書きこみたくなるでしょうが。悪循環を自分で生み出しているでしょうが」

凛「そう? 私は見てもあんまり思わないよ?」

P「それはきっと特殊なんだよ」

凛「特殊じゃないよ」

P「言い切るんだな」
7:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:00:59.74 ID:7rpDFDmA0
凛「例えばさ、好きな人とハグした時って相手の匂いに心地良さを感じるでしょ。それと同じ。匂いは幸福そのものなんだよ」

P「力説ありがとう。けど間違ってるからね?」

凛「どこが?」キョトン

P「人の性癖に口出しをするつもりはないけど、人前でそれを開けっぴろげにさらけ出すなって話」

凛「匂いを嗅ぐな、と?」

P「人前ではやめなさい」
8:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:01:31.43 ID:7rpDFDmA0
凛「人前でないなら?」

P「…」

凛「OKなんだね?」

P「…譲歩しよう」

凛「さすがプロデューサー。大好きだよ」ギュ-

ハスハスハスハス...

P「いや、いま抱きついて匂いを嗅いでいいだなんて言ってないからな?」

凛「♪」ハスハス...スリスリ

P「聞いちゃいねぇ…」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/12(日) 13:02:00.58 ID:7rpDFDmA0
P「それで凛」

凛「何♪」スリスリ

P「変態だっていう噂をなくしたいの?」

凛「なくしたいよ」

P「自分は決して変態ではないと言える?」

凛「言える。私は変態じゃないからね」ハスハス

P「…」
10:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:02:43.72 ID:7rpDFDmA0
P「凛のイメージする変態ってどういう人のこと?」

凛「ロリコンかつ、不特定多数の異性と関係を持っている人」

P「それピンポイントで俺を非難してない?」

凛「え? 関係を持ってるの?」

P「持ってないしロリコンでもないよ」

凛「でも、私には手を出したじゃん」

P「いや、やってもいないことをさも事実であるかのように言わないでくれよ」

凛「…」ムス-
11:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:03:29.43 ID:7rpDFDmA0
P「さて、凛さんや」

凛「何?」

P「言葉というものはひとつの意味だけである場合が少なくてですね、色々な意味合いを持っていることが多いのですよ」

P「例えば『馬鹿』という言葉がありますね」

凛「あるね」

P「かつて王貞治さんは死ぬ物狂いで素振りをし続けて偉大なるホームランバッターになりました。そして彼はこう言います。『馬鹿の一つ覚えです』と」

凛「カッコいいね」

P「王さんはある意味で『馬鹿』なわけです」

凛「まあね」

13:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:04:08.86 ID:7rpDFDmA0
P「そこにきて今度は堀裕子ちゃんを思い浮かべてください」

凛「…」

P「ほら、同じ言葉でも全然意味が違うでしょう」

凛「つまり?」

P「凛の考える変態と世間一般的な変態は違うってこと」

凛「他人の評価に左右されるなんてロックじゃないよね」

P「いつから凛はロッカーになったんだ」
14:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:04:39.40 ID:7rpDFDmA0
P「とにかく。『自分のやっていることはおかしいかもしれない』という認識を持つように」

凛「わかったよプロデューサー」

P「よろしい」

凛「つまりプロデューサーは『私は変態です』って女子高生に言わせたい特殊性癖ってことだね」

P「うん。何もわかってないね」

凛「いいよ。プロデューサーがそれで喜んでくれるなら大きな声で言ってあげる。それで興奮してくれるなら私も嬉しいし。良ければ録音して毎日聞いてよ。寝る前とか入眠効果があるんじゃないかな」

P「…」

凛「じゃあ行くよ。私はへーーー」

P「待てい!」
15:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:05:23.62 ID:7rpDFDmA0
凛「プロデューサー。あんまり大きな声を出さないでよ」

P「いや、凛。極めて激しい勘違いをしてるから」

凛「いいから聞いてよ」

P「あ、これ。わかっててスルーしてるやつだ。自分が言いたいからわざと勘違いしてるやつだ」

凛「…流石だね。私の気持ちなんてお見通しなんだ///」テレテレ

P「照れるなお馬鹿」

凛「あ、いま。私のこと王さんと同じ分類したの? おそれ多いからやめてよ」

P「いや、ユッコと同じ『お馬鹿』の分類だよ」

凛「…照れ隠し?」

P「どこまでポジティブなんだ」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/12(日) 13:05:52.02 ID:7rpDFDmA0
凛「というよりさ」

P「なに?」

凛「私って変態なの?」

P「変態の兆しはところどころに見え隠れしているよ」

凛「ふーん…」

P「なんだよ」
17:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:06:34.47 ID:7rpDFDmA0
凛「いや、どうせ変態って言われるならいっそのこと振り切ろうかと。欲望のままに生きようかと」

P「ん?」

凛「人の目さえ気にしなければ楽しいような気がするんだよね」

ギュ-...ハスハスハス

P「シャツに顔を埋めてハスハスするんじゃない」

凛「至福」ギュ-

P「全力で抱きついてくるね」
18:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:07:13.03 ID:7rpDFDmA0
凛「♪」スリスリ

P「…」

凛「あ、そうだ」

P「ん?」

凛「プロデューサーがハグしてくれたら人前で変なことをするのはやめるよ」

P「『殴られたくなければお菓子をよこせ』って脅すジャイアンと同じだな。理不尽だ」

凛「ほら。細かいことはいいからハグしてよ」

P「はい」
19:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:07:44.49 ID:7rpDFDmA0
スッ...ギュム-

凛「…♪」ムフ-

P「いかがでしょう」

凛「悪くないね…♪」スリスリ

P「凛ってなんでいつも頭をこすりつけてくるわけ?」

凛「私の痕跡を残したいんだ」

P「要するにマーキングね」

凛「まあね」スリスリスリ

P「じゃあそろそろ…」

凛「あと5分」ギュ-ッ

P「くっ。すごい力だ」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/12(日) 13:08:14.16 ID:7rpDFDmA0
P「はい。終わり」パッ

凛「…」ム-

P「おっと。『レスリングの構え』を取っても抱き付かせないぞ」

凛「けち」

P「知らんな。とにかく約束は守ってもらうぞ」

凛「仕方ないね。今日だけは我慢するよ」

P「明日以降もだからな?」
21:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:08:48.00 ID:7rpDFDmA0
凛「そんな約束してないよ?」

P「え?」

凛「明日からはまたするよ」

P「謀ったなこの小娘め」

凛「もし、一生やらないでほしければ…」スッ

【婚姻届】

凛「こちらのサービスがお得なプランとなっております。判子ひとつでOK。難しいことは何もありません」

P「いやケータイかよ」

22:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:09:36.00 ID:7rpDFDmA0
凛「どう? お買い得だよ?」

P「検討しておきます」

凛「予約されちゃった…///」

P「いや、検討だっつってんだろ」

凛「無しではないんだね?」

P「…」

凛「無しではないんだよね?」

P「…まあ」

凛「…♪」ニマニマ

P「(これで変態成分さえなければなぁ…)」
23:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:10:05.18 ID:7rpDFDmA0
(しばらくして)

P「さて、仕事も終わったし帰ろうか」

凛「そうだね帰ろう」

P「それじゃあな。俺は車だから」

凛「うん。よろしくね」

P「ん?」

凛「へ?」
24:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:10:47.69 ID:7rpDFDmA0
P「ほとんど毎日このやりとりを繰り返しているけど凛は電車だからな?」

凛「送っていってよ。お父さんとお母さんに紹介するから」

P「色々とすっ飛ばし過ぎているね。うん」

凛「…あ、もしかして。プロデューサーの家に…?」

P「連れて行きません」

凛「大丈夫だよ」

P「何が?」

凛「パジャマとか…いらないから…///」

P「じゃあまた明日な」

凛「待ってよ」ガシ-
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/12(日) 13:11:15.04 ID:7rpDFDmA0
P「なんだよ。家にはあげないぞ」

凛「…それはいいけどさ」

P「ん?」

凛「…か、帰りに変なことはしないようにするから、その…」

凛「できたら、明日、褒めてくれる…?」

P「…」
26:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:11:48.77 ID:7rpDFDmA0
P「うん。いいぞ」

凛「…!」パァァァ

P「ちゃんと我慢しろよ?」

凛「うん。絶対やらない」コクコクコク

P「それじゃあ約束な」

凛「うん…♪」ニコニコ
27:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:12:33.06 ID:7rpDFDmA0
(次の日)

《Twitter》『また渋谷凛がハンカチをハスハスしてたってマジ?』

P「どういうことだ?」

凛「つい」

P「ついじゃねーよ!」

終わり
28:◆hAKnaa5i0.:2017/11/12(日) 13:16:34.02 ID:7rpDFDmA0
以上です
お読みいただきありがとうございました

凛と柚がデレステのコミュで絡むことを心から待ち望んでいます
お奨め記事
11月14日 18時09分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告