記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆GWARj2QOL2:2017/11/03(金) 23:57:01.36 ID:B98IY3qEO
ミリシタ準拠はほとんどありません
草は生えてませんが気分を害された方がいらっしゃったら申し訳ありません
2:◆GWARj2QOL2:2017/11/03(金) 23:57:45.66 ID:B98IY3qEO
翼「…んー…」

ジュリア「…」

翼「…」

ジュリア「…おーい」

翼「…ん?」

ジュリア「どうしたんだよ。珍しい…」

翼「…んん?…んー…」

ジュリア「…」

翼「…」

ジュリア「…」

翼「…んー…」

ジュリア「何か喋れよ!!!」
3:◆GWARj2QOL2:2017/11/03(金) 23:58:27.68 ID:B98IY3qEO
翼「え?」

ジュリア「えじゃねーよ。「ん」ってそんな万能なもんじゃねーぞ」

翼「そんな怒んないでよー…悩んでるのに」

ジュリア「いやだから今それ聞いたの。聞いたらこうなったの!!」

翼「…あのね?聞いてくれる?」

ジュリア「さっきからその話題だよ。何事もなかったみたいに始めてるけど」

翼「…あのね…」

ジュリア「…何だよ」

翼「…アイドルって、何だろ?」

ジュリア「…」

翼「…」

ジュリア「…ん…」
4:◆GWARj2QOL2:2017/11/03(金) 23:59:06.52 ID:B98IY3qEO
翼「え?」

ジュリア「…いや、ごめん。アタシムリだわ。その質問」

翼「えー…」

ジュリア「…いや聞いたのアタシだけどさ。ムリだって。お前のが知ってるだろ」

翼「…あのね。この間…なんだけど」

ジュリア「…」

翼「仕事してる時にね、私のファンって人が来てたの。何人か」

ジュリア「ほー…そりゃ良かったな」

翼「でもね、思ったんだけど…」

ジュリア「…?」

翼「それって、モテてるっていうの?」

ジュリア「?」

翼「ファンの人がいるって、モテるって事なの?」

ジュリア「何って?」
5:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 00:00:20.19 ID:02ImYcXLO
翼「酷ーい!真剣なんだよ!」

ジュリア「お前の真剣は真剣じゃねーよ。真剣ってかもう真剣佑だよ」

翼「アイドルだから、モテるのか…」

ジュリア「…」

翼「…モテるから…アイドルなのか…」

ジュリア「…」

翼「…」

ジュリア「…」

翼「どっち?」

ジュリア「はっ倒すぞ」

翼「怖ぁい」
6:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 00:00:56.35 ID:02ImYcXLO
ジュリア「又聞きだけどさ。お前モテたいからアイドルになったんだって?」

翼「そうだよ」

ジュリア「それで採用されたって事はさ、…まあ、モテるだろうって思われたって事だろ」

翼「でもね、あんまりクラスの男の子から告白されたりしないの」

ジュリア「…まー…しないだろ」

翼「えー?」

ジュリア「アイドルだし、芸能人ってなると…まず話しかけづらかったりするだろ」

翼「ジュリアさんは?」

ジュリア「無いよ」

翼「ふーん…」

ジュリア「…」

翼「モテないの?」

ジュリア「お前ホントはっ倒すぞ」

翼「怖ぁい」
10:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:12:37.29 ID:02ImYcXLO
翼「付き合おうだなんて考えてないよ。私だってそんなの知ってるもん!」

ジュリア「なら良いだろ。…っつかそんなコクられたいのか?」

翼「…んー…」

ジュリア「毎日コクられて」

翼「…」

ジュリア「毎日フって」

翼「…」

ジュリア「そしてファンクラブを作りたい的な?」

翼「間違ってはないかなぁ」

ジュリア「とんだサイコ女だな」

翼「でも美希先輩はそうらしいよ」

ジュリア「アレは…でも別にワザとじゃないんだろ?意識的にやってるわけじゃ…」

翼「だから私もそうなりたいの!」

ジュリア「お前バカだろ」
11:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:13:36.97 ID:02ImYcXLO
翼「美希先輩がね?プロデューサーさんに聞いてたの」

ジュリア「…なんて?」

翼「傷付けずに男の子をフる方法教えてって」

ジュリア「…悪気は無いんだろうけど…なぁ…」

翼「私ね、考えたよ!」

ジュリア「…傷付けずにフる方法?」

翼「うん!」

ジュリア「…何?」

翼「年上が好き!」

ジュリア「…ん…まあ何て言っていいか分からないけど…」

翼「これなら私のファンになってくれるかな?」

ジュリア「お前絶対誰かしらから恨み買ってるよ」

12:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:14:53.79 ID:02ImYcXLO
翼「…じゃあさ、ジュリアンはどう?」

ジュリア「ジュリアンって何だお前」

翼「だって本名教えてくれないから…」

ジュリア「良いだろ別に…」

翼「それで?どう?告白されたらどう返す?」

ジュリア「…そら正直に言うよ。断って、それでもまあファンでいてくれるならCD買ってくれって」

翼「…そうなの?」

ジュリア「普通そうだろ。こっちは恋愛ダメってのがあるんだから。それを正直に言うしかないだろ」

翼「それでも食い下がられたら?」

ジュリア「そこからは別問題だろ。何かやられたらそんなのまあ…叫ぶかぶん殴るか」

翼「…んー」

ジュリア「そもそも悩むところがおかしいだろ。モテモテになって男侍らせて、それで堂々とアイドルですだなんて言えんのかよ」

翼「…」

ジュリア「マコ見てみろよお前。同性から、同じ相手から何度も何度も告白されて…」

翼「…」

ジュリア「それでも一人ずつ真摯に相手して」

翼「…」

ジュリア「そういう、真摯に向き合うってのが一番良いんだぞ。アイドルとしても人間としても」

翼「…」

ジュリア「それが後々大勢のファンを作ってな?確固たる地位を築くって…いう」

翼「そっかー…」

ジュリア「一言で片付けられても…まあ分かったなら良いけど」

翼「その時に考えるよ!」
13:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:16:29.40 ID:02ImYcXLO
翼「痛い…」

ジュリア「こういうのは誰かがやらないとダメなんだよな」

翼「ジュリアさんアイドルっぽくないよー!」

ジュリア「知らねーよ。何で生き方まで合わせなきゃいけないんだよ」

翼「…生き方…」

ジュリア「そうだよ。アタシはアタシ、なんだから」

翼「…」

ジュリア「ただお前のは常識的な話だぞ」

翼「…んー…」

ジュリア「フるっていう行為そのものが人を傷つけんだよ。だけどそれでも応援してくれるって奴こそ本当のファンってもんだろ」

翼「…」

ジュリア「お互いがお互いを大事に思いやる。それがアイドルとファンの関係なんだぞ」

翼「…ん」

ジュリア「…まあ、そういうことだよ」

翼「あ!そういえばさ!」
14:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:17:34.21 ID:02ImYcXLO
翼「痛いよぅ…同じとこ小突かれた…」

ジュリア「誰かがやらないとな」

翼「話終わったんじゃないのー?」

ジュリア「聞いてる側が終わらせんな」

翼「んー…最近怖いよー…」

ジュリア「一人くらいいた方が良いだろ」

翼「…終わった?」

ジュリア「…まあ、良いよ。で?」

翼「あのね!真美ちゃん亜美ちゃんから聞いたんだけど!」

ジュリア「あ?」

翼「ぷぅちゃんって」
15:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:18:57.70 ID:02ImYcXLO
翼「3回目ぇ…うえぇ…」

ジュリア「誰かがやらないとな」

翼「今の絶対違うでしょ!!」

ジュリア「それ、どういう経緯で聞いた?」

翼「え?…話してたらジュリアさんの話題になって…」

ジュリア「…」

翼「あ、ぷぅちゃんねーって。その後口噤んでたけど…」

ジュリア「…」

翼「ぷぅちゃんってあだ名なの?」

ジュリア「勝手につけられたんだよ。何でか知らないけど」

翼「どうしてぷぅちゃん?」

ジュリア「知らないって…何か気に入ったんだろ。多分…」

翼「…」

ジュリア「…多分」

翼「何か隠してる」

ジュリア「隠してねーよ…」
16:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:19:34.64 ID:02ImYcXLO
翼「じゃあ今日はジュリアーノの本名を当てちゃう!」

ジュリア「勝手にしろよ」

翼「…ぷぅちゃんだから…」

ジュリア「…」

翼「ぷぅ……ぷぅ…」

ジュリア「…」

翼「…ぷー…ぷ…」

ジュリア「…」

翼「…ぷー…」

ジュリア「…」

翼「太郎」

ジュリア「お前ちょっと来い」

翼「違うよ何となく言ってみただけぇぇぇぇぇぇぇぇ」
17:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:23:55.71 ID:02ImYcXLO
ジュリア「好きイコール付き合うって訳じゃねーだろ」

翼「んー…」

ジュリア「じゃあお前はどうなんだよ。好きなのか?」

翼「…」

ジュリア「…」

翼「…分かんない…」

ジュリア「うわ一番めんどくさい…」

翼「でもね、クラスの男子よりは良いかなって思う!」

ジュリア「…距離がなぁ。近いしなぁ」

翼「…付き合う…んー…」

ジュリア「無いだろ。いや無いって言え。じゃないと後々問題になる」

翼「…問題?」

ジュリア「分かるだろ?アイドルとプロデューサーって…」

翼「…」

ジュリア「まあ後は法律だよ。お前未成年だし」

翼「…捕まっちゃうね」

ジュリア「…そういうことだよ」

翼「でもでも!何回かデートは行ったよ!」

ジュリア「おい誰かアイツ連れて来い!!」
18:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:25:52.78 ID:02ImYcXLO
P「いや、話は分かったよ。うん」

ジュリア「分かってないだろ。マスコミなんてのはスクープ求めて三千里だぞ」

P「それもまあ、分かるよ」

ジュリア「だったら断れよ。二人で遊びに行こうなんてのは」

P「…でもなぁ。そうしないとふてくされてヤル気失くしちゃうんだよ」

ジュリア「それはアンタが何とかしろよ。どうすんだよそんなとこ撮られたら」

P「…でもさ。まだ翼はそういう事を良く分かってないと思うんだ」

ジュリア「じゃあ尚更だろ。言って聞かせろよ」

P「うーん…」

ジュリア「いつ何処で見張られてるかなんて分かんないだろ。アタシよりアンタのが重々承知してる筈だろうよ」

P「でも、楽しくアイドル活動をして欲しいんだ」

ジュリア「リスクの話だっての。手っ取り早く遊びに行こうでそこの部分週刊誌にでも載せられたらどうすんだよ」

P「…」

ジュリア「ワガママを聞くったって限度があるだろ。ダメなもんはダメってあるだろうに」

P「まあでもスーツだからねぇ」
19:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:33:47.41 ID:02ImYcXLO
P「痛い…!タマはダメ…!!」

ジュリア「何で誰もアンタに言わないのかが不思議なんだけど」

P「…うーん…」

ジュリア「39人の半生預かってんだぞ。それを台無しにもしかねないような事平気でやるなよ」

P「ダメかなぁ」

ジュリア「ダメだろ」

P「そうか…」

ジュリア「…ま、分かってくれたなら良いけど」

貴音「あなた様」

P「ん?」

ジュリア「ん?」
20:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:35:05.30 ID:02ImYcXLO
貴音「あなた様。どうされたのですか?そんな所で正座など…」

ジュリア「立場分からせてたんだよ」

P「まあそんな感じで」

貴音「ふむ…。それはさておき」

ジュリア「ん?」

貴音「あなた様。近いうちに共に星を見に行きませんか?」

ジュリア「は?」

P「星か。良いなぁ」

ジュリア「あ?」

貴音「あなた様が宜しければ、今宵にでも…」

ジュリア「お?」

P「そうだなぁ。今日は晴天だし星も出るよなぁ」

ジュリア「…」

あずさ「あの、プロデューサーさん」

P「はい?」

ジュリア「…」

あずさ「このデパートなんですけど、もし良かったら案内していただけませんか?」

P「あ、良いですよ。いつですか?」
21:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:36:26.03 ID:02ImYcXLO
静香「プロデューサー。美味しいうどん屋を発見したんですけど…」

P「あ、良いな。いつ行くんだ?」

百合子「あの、今日はお仕事が終わったら図書館に行きませんか…?」

P「そうだなぁ。そうしようか」

恵美「プロデューサー!明後日二人でカラオケ行かない?仕事終わりで良いから!」

P「お!良いな!」

伊織「ね、ねえ。この間お仕事で行った遊園地だけど…また行かない?」

P「そうだなぁ。観覧車楽しそうだったもんなぁ」

真美「兄ちゃーん!遊びに行こー!」

亜美「兄ちゃーん!」

P「あはは。良いぞー」

桃子「お兄ちゃん!今日は桃子と出かけるんでしょ!?」

P「そうだな。時間もちゃんとあるぞ」

紬「…あ、あの…とても良い餡蜜がある甘味処を見つけたのですが…」

P「餡蜜かー。良いなぁ」

美希「プロデューサー!デートしよ!」

P「良いぞ」

22:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:38:39.85 ID:02ImYcXLO
ジュリア「…」

ジュリア「…」

ジュリア「…」ポリポリ

志保「…」

ジュリア「…」

志保「…」

ジュリア「…」

志保「…」ポン

ジュリア「…」

志保「…ん…」

ジュリア「…んん…」
23:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:49:05.20 ID:02ImYcXLO
ミスしました
>>16と>>17の間に
翼「プロデューサーさんって、どう思う?」

ジュリア「…どう、とは?」

翼「好き?」

ジュリア「えー…」

翼「どう?どう?」

ジュリア「…いやまあ、嫌いではないけど…」

翼「普通?」

ジュリア「…いやまあ、好きだけどさ。付き合おうとは思わないだろ」

翼「…?」

ジュリア「お前じゃあ美希と付き合うの?」

翼「えっ!?そんなのないよ!私普通だよ!!」

ジュリア「それと同じだよ…」

翼「…えっ?」

ジュリア「…まあ…」

翼「…」

ジュリア「…」

翼「…えっ!?」

ジュリア「プロデューサーが女って意味じゃねーよ」ギチギチギチ

翼「痛いぃぃぃぃ助けてぇぇぇぇぇ」
24:◆GWARj2QOL2:2017/11/04(土) 06:49:40.22 ID:02ImYcXLO
終わります
グダグダになっちゃってすいません
お奨め記事
11月14日 08時09分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告