記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:10:25.80 ID:S4p6m+xt0

このみ「さーて、今日はお姉さん飲んじゃうわよー」

莉緒「やだー、このみ姉さんかっこいいーさすが!」

風花「私も今日はとことん飲みたいです!」

歌織「あの、明日も仕事ですし、ほどほどに...」

2:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:12:21.03 ID:S4p6m+xt0

このみ「じゃあ、一杯目ビールの人手を上げて」(ビシッ

莉緒「はーい」(ビシッ

風花「はーい」(ビシッ

歌織「すみません、私はカルピスサワーで」

莉緒「はーい。じゃあ歌織ちゃん、悪いけど注文お願いできる?」

歌織「はい。えっと、このボタンをおせばいいんですよね?えいっ」(ピンポーン

このみ「おっと、いけないいけない。カバンの中にあるわよね...」(ガサゴソ

歌織「このみさん?どうしたんですか?カバンの中をゴソゴソと?」

風花「まっ...まぁすぐにわかりますから...」

 
3:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:15:04.86 ID:S4p6m+xt0

店員「ハイヨロコンデー!」

歌織「えーと、ビール3つとカルピスサワー1つお願いします」

店員「は?おたくらさぁ?未成年にお酒なんて出せるわけないでしょ?ふざけてんの?」

歌織「え?...はっ、はい。あのっ、でもっ、このみさんは...」

風花「えーと、コホン。ひっ、ヒカエオロー。このお方をいくつだとココロエルー?」

店員「はぁ?12歳くらいだろ?」

莉緒「この免許証が目に入らぬかー」(ドヤ

歌織「・・・」

莉緒「・・・」

風花「・・・」

店員「・・・」

このみ「えっと、あっと、ちょっと待ってね?確かここに、あっ、あった!」

莉緒「ちょっとこのみ姉さん?決まんないでしょ?」

このみ「だったら、私が免許証見つけてから始めなさいよ!仕方ないでしょ」

このみ「えっと、気を取り直して...ほら!目に入らぬか!」

店員「ははぁ!!失礼いたしました!!」(土下座

このみ「カーカッカッカッ、これからは見た目で年齢を判断せぬように」

このりおふうかてんいん「「「「めでたし!めでたし!」」」」

 
4:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:16:43.03 ID:S4p6m+xt0

歌織「あの...なんですかこれ?」

風花「ごめんなさい歌織さん。事前に言っておけばよかったんですけど...」

このみ「この店に来た時はいつもやるのよ。鉄板ネタってやつ?」

莉緒「店員くん、新しい子が来るとすぐに張り切るんだから。歌織ちゃん驚いてたでしょ?」

店員「スミマセン、また綺麗な方が来たので調子乗っちゃいました。お詫びにそちらの綺麗な方の一杯目は無料で大丈夫っす」

このみ「あら?歌織ちゃんは綺麗で私たちはそうじゃないって言うのかしら?」

莉緒「もぅ、店員くんたらひどいわー」

店員「ちょちょちょ、そういうわけじゃないっすよ。ただ、全員の分無料にしちゃうと俺のクビがスポーンなっちゃいますよ」

風花「あのっ、そういうことなら私たちは大丈夫ですよ」(ニコッ

店員「風花さん...やっぱ女神だ...。おっといけね。じゃあ、急ピッチで持って来ますねー」

このりおふうか「「「おねがいしまーす」」」

 
5:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:17:37.85 ID:S4p6m+xt0

歌織「はぁ...びっくりしてしまいました。皆さん、ここにはよく来られるのですね」

このみ「そうね。安いし美味しいし、あまりお仕事がない時からずっと来てるの」

莉緒「ホームの居酒屋ってやつ?いいオンナには大切なものよ」

風花「私はあの水戸黄門ごっこ、まだ恥ずかしいんですからね///」

歌織「ふふっ、いいですね。肩の力を抜いて、ゆっくり心を休める場所。素敵です」

 
6:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:19:19.87 ID:S4p6m+xt0

店員「お待たせしましたー。ビールとカルピスサワーとお通しです」

風花「はい、ありがとうございます」

店員「ゴユックリー」

このみ「さーて、じゃあ今日も一日お疲れ様でした」

このりおふうかおり「「「「かんぱーい!」」」」

このみ「ゴキュゴキュゴキュ...プハーッ!生き返るわー」

莉緒「ゴキュゴキュゴキュ...プハーッ!生きててよかったわー」

風花「ゴキュゴキュゴキュ...プハーッ!おいしー!」

歌織「ゴクゴク...美味しいです」

 
7:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:20:51.77 ID:S4p6m+xt0

歌織「皆さん、豪快に飲まれるのですね」

このみ「一杯目はね。やっぱり一口目って一番美味しいじゃない」

莉緒「ストレス社会でカラッカラに乾いた心に、冷たいビール。最高ね」

風花「あまり行儀は良くないかなって思うんですけど、思いっきり飲んだ方が美味しい気がして///」

歌織「そうなんですね、今度から私もやってみようかな?」

風花「かっ、歌織さんは無理しなくても大丈夫ですよ。個人の好き好きですし」

このみ「ちょっとー、風花ちゃんまで私たちと歌織ちゃんの扱い違うじゃない!ブーブー」

莉緒「もぅ、お姉さんたち悲しいわクスン」

風花「そんな、そういうわけじゃ...うぅ、困らせないでくださいよー ><」

歌織「ふふっ」

風花「もぅ、歌織さんまでー」

歌織「ごめんなさい、なんだか風花さんシアターにいるときよりも可愛くって」

風花「皆さんの中では一番年下なんですから、仕方ないですよぉー ><」

 
8:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:23:07.08 ID:S4p6m+xt0

################
数十分後
################

風花「だいたいー、プロデューサーさんはもぅなんなんれすかー?あんなお仕事ばっかり持って来てー」

このみ「おっ、出たわね。風花ちゃんの泣き上戸」

歌織「あの、大丈夫ですか?風花さん?」

莉緒「大丈夫大丈夫。風花ちゃんは酔っ払ったらいつもプロデューサーくんの愚痴を言うの」

風花「私は清楚なアイドルになりたいのにヒック...いっつもヒック、えっちなお仕事ばっかり持って来てー」

歌織「えっちなお仕事!?」

このみ「あー、水着のグラビアの話ね。やましい話じゃないから、安心して」

風花「いっつもおっぱいおっぱいって。そんなにおっぱいが好きなら牛さんのプロデューサーになっちゃえばいいんれすよ!プロデューサーさんのばかーうえーん」

莉緒「まぁまぁ風花ちゃん、どうどう」

歌織「だいぶ荒れてらっしゃいますね」

このみ「まぁ、フラストレーションを溜めてたら心が腐っちゃうから、こうやって吐き出さないとね」

歌織「このみさん、オトナですね」

このみ「まぁ、一番お姉さんだしね。当然よ!」

 
9:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:25:11.53 ID:S4p6m+xt0

################
また数十分後
################

このみ「プロデューサーのばかー」

歌織「あぁ...このみさんも壊れてしまいました...」

莉緒「あらあら。今度はこのみ姉さん、どうどう」

このみ「ウイッ、ヒック。またキッズブランドのお仕事なんてとってきて!私はもう広めにいうとアラサー一歩手前の大人のレディなのよ!むきー!」

風花「そうらそうら!プロデューサーさんばかー!むきー!」

風花「莉緒さんはいいれすよね。大人の女性って感じの仕事が多くて」

莉緒「あら、それはそれで大変なのよ」

このみ「へ?そうなの?」

歌織「そうなんですか?」

莉緒「まぁ、持ってくる仕事は悪くないんだけど。私がちょっとオトナの本気を出すと、プロデューサーくんったら『また残念が始まった。手に負えないから放っておこう』なんて呆れるの。失礼しちゃう!」

風花「莉緒さんの本気...分厚いコート...中に何も着てないように見えるくらいの...」

このみ「コートをバッと広げると...中にはセクシーな衣装が...」

ふうかこのみ「それは仕方ない(わ)(れす)ね」

莉緒「ちょっと!2人もプロデューサーくんと同じ目してる!その目!」

 
10:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:26:36.23 ID:S4p6m+xt0

風花「歌織さんはー?どうなんれすか?えっちなプロデューサーさんにひどいことされてませんか?」

このみ「ここは女子会なの。禁断の園なのよ。ここではすべてのことを正直に話してもらうわ」

莉緒「大丈夫。みんな明日には忘れちゃってるから」(ケタケタ

歌織「私ですか?えーっと、プロデューサーさんは良くしてくださってます」

風花「ほんとうれすか?」

歌織「はい。新しい素晴らしい世界へ私を解き放ってくださいます。導くのではなく、見守るような距離で」

歌織「例えるなら、空を夢見るだけの小さな鳥かごにいた私が、羽ばたいていくのを見守ってくれるような、そんな素晴らしい方だと思っています」

 
11:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:27:56.02 ID:S4p6m+xt0

風花「・・・」

このみ「・・・」

莉緒「・・・」

歌織「あの?何か私変なことを言ってしまったでしょうか?」

風花「ずるいー。歌織さん愛されてるー」(びえーん

このみ「やっぱり私たちと扱いの差があるわー」(ムキー

莉緒「ちょっと格差を感じるわね・・・」(ドヨーン

歌織「あのっ、あのっ、何かすみません」

 

12:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:28:47.58 ID:S4p6m+xt0

風花「謝らなくていいれすよぉ、私だって私だって絶対清楚なアイドルになるんれすから!」

このみ「私も、プロデューサーにオトナの魅力を見せつけてやるんだからっ!」

莉緒「私も負けないわよ!もう残念なんて言わせない!」

このりおふうか「「「やるぞー!かんぱーい!」」」

このりおふうか「「「ゴキュゴキュゴキュ、プハーッ」」」

歌織「あのあのあの、もぅ飲み過ぎですよ!」

 
13:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:29:55.29 ID:S4p6m+xt0

歌織「それに、3人とも心配せずとも愛されてますよ」

このみ「しんじられない!」

莉緒「プロデューサーくんのみかたにつくのね!」

風花「こんきょをもとめますっ!」

歌織「えっと、根拠と言えるかどうかわかりませんが、皆さんの歌を聴いて思うんです」

このりおふうか「「「うた?」」」

歌織「はい。風花さんは清らかで温かい女性の歌、このみさんは芯の強い大人の歌、莉緒さんはいじらしく可愛らしい歌。どれも素敵な歌ばかりです」

歌織「皆さんの歌を聴いて、プロデューサーさんが皆さんのことを大事に思ってらっしゃるって、強く思いました。だから、大丈夫です」(ニコッ

 
14:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:30:48.38 ID:S4p6m+xt0

風花「・・・」

このみ「・・・」

莉緒「・・・」

歌織「えっ?あの、私何か間違ったことを言ってしまいましたか?気分を害されたなら、忘れてください」

このみ「女神!」(ダキッ

莉緒「日本一!」(ダキッ

風花「うわーん、すきー!」(ダキッ

歌織「ちょっと皆さん!抱きつかないでください!恥ずかしい///」

 
15:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:32:18.17 ID:S4p6m+xt0

################
数十分後
################

このみ「スピー」(zzZ

莉緒「スピー」(zzZ

風花「スピー」(zzZ

\カランカラン/

店員「ラッシャーセー!あっ、いつもの送迎の人!お疲れ様です」

ミリP「送迎の人じゃないんですが...まぁいいか。お疲れ様です。ご迷惑をおかけしなかったですか?」

店員「はい。いつもどおり楽しく飲んでましたよ」

ミリP「なら良かった..」

 
16:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:33:42.34 ID:S4p6m+xt0

歌織「あ、プロデューサーさん。お疲れ様です」(ペコリ

ミリP「お疲れ様です。本当に...。大丈夫でしたか?」

歌織「はい。楽しくお酒を飲めました」

ミリP「この状況で楽しく...さすがですね」

歌織「いえいえ、それほどでもありません」

ミリP「はぁ、アイドルとして飲みすぎるなとは言ってるんですが、なかなかに聞いてくれなくて...」

歌織「ふふっ。いいじゃないですか、周りの人に迷惑をかけていなかったのですから」

ミリP「そういう問題じゃあ...」

歌織「そうかもしれませんね。でも、プロデューサーさん。胸に手を当ててみてください」

ミリP「へ?胸に?」

歌織「はい。どこか思い当たるところはないですか?」

ミリP「ん?いや、何も...」

歌織「はぁ...それではこうなるのも仕方がないです。紬ちゃんの言葉を借りるなら『あなたは、バカなのですか』という感じです」

ミリP「え?なに?ひどい」

 
17:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:34:57.88 ID:S4p6m+xt0

ミリP「ほら、起きろ起きろ帰るぞー」

このみ「むにゃむにゃ、わープロデューサー」(ギュッ

莉緒「ふわぁー、プロデューサーくーん」(ギュッ

風花「プロデューサーさーん」(ギュッ

ミリP「お前らなんだ?うわっ、酒くさ...」

歌織「プロデューサーさん、女の子に向かってそれはひどいと思いますよ」

歌織「女の子はきっといつまでたっても女の子です。優しくしてあげて、気を使ってあげてくださいね」

ミリP「うーん、そうですね。そうします」

歌織「はい。できれば、明日からもずっとお願いします」

 
18:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:36:03.02 ID:S4p6m+xt0

################
翌朝
################

風花「おはようございます」

莉緒「おはよーございまーす」

このみ「おはようございます」

ミリP「お前ら昨日ベロンベロンだったのに、元気だな」

莉緒「あー、プロデューサーくんが送ってくれたのかすかに覚えてるわ。ありがと」

このみ「いつもいつもありがとうね」

風花「申し訳ないです...」

ミリP「まぁ、いいってことよ」

 
19:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:37:13.58 ID:S4p6m+xt0

ミリP「それで、仕事の話なんですけど。莉緒、CMの仕事が取れそうだ。冬の新作コスメの仕事」

莉緒「あら、本当に?やった!」

ミリP「このみさんはグラビアです。スポンサーの意向で、大人な冬服がたくさん着られますよ」

このみ「え?うそ?私に?」

ミリP「風花はドラマの仕事だ。1人孤児院を守る健気なシスターの役」

風花「清楚なお仕事?」

ミリP「3人とも待たせてすまんな。ようやく、希望に合う仕事が取れたよ」

歌織「みなさん良かったですね!これでやけになってお酒を飲まなくても済みますね」

 
20:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:38:36.24 ID:S4p6m+xt0

このみ「ふっふっふっ、世界がようやく私のオトナの魅力を求めてきたようね」

莉緒「私もついに魅力満々のお仕事。残念なんて風評被害から脱却よ」

風花「私もついにえっちなお仕事から、憧れの清楚なお仕事に」

このりおふうか「「「そうとなれば!!!」」」

ミリP「そうとなれば?」

歌織「どうなるのですか?」

このりおふうか「「「今夜は祝い酒!!!」」」

ミリP「おまえらな!昨日の今日で反省というものはないのか!?歌織さんも言ってやってください!」

歌織「私もお伴します!」

ミリP「えー!?」

千鶴「昨日はご一緒できなかったので、今日はお邪魔したいですわ!」(ニュッ

あずさ「私もお願いしますー」(ニュッ

ミリP「増えた!?」

このりおふうかおりちづるあずさ「「「「「「今夜は飲むぞー!!!!!!いえーい!!!!!!」」」」」」

ミリP「はぁ...今夜も残業だ...」




E N D

 
21:◆uYNNmHkuwIgM:2017/10/15(日) 23:39:41.11 ID:S4p6m+xt0

終わりだよ~(○・▽・○)

読んでくださった方、ありがとうございます!

 

お奨め記事
10月18日 06時09分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告