記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:15:49.11 ID:7nh0SG3i0
沙織「み、みぽりんってさ、キスとかしたことあるの?」

みほ「え?(ミスって言ったよね?)」

みほ「あはは、もちろんあるよ」

沙織「え、ええ!?」

みほ「そ、そんなに意外かな?普通のことだと思うけど」

沙織「普通なんだ……」

沙織「(いや、みぽりんモテそうだし、そうなのかも)」

みほ「この間なんて(転んで)腰痛めちゃって」

沙織「腰ぃ!?」

みほ「う、うん。でも、すぐに病院に行って薬(痛み止め)も貰ったし大丈夫だよ?」

沙織「薬って、ちょっ……」絶句

みほ「?」

沙織「みぽりんのバカーーーー!」ダッ

みほ「え?ええ……?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:18:53.30 ID:7nh0SG3io
………………
………


華「……はい?」

沙織「だから、みぽりんは超絶ビッチだったの!」

華「そのビッ…っというのはよく分かりませんが、勘違いでは?」

沙織「じゃあ、華も聞いてくれば良いよ!」

華「はあ……」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:21:44.31 ID:7nh0SG3io
華「みほさん。男性経験が何度もお有りになるというのは本当なのですか?」

みほ「え?(弾性計算?)」

みほ「(装甲が抜けるかの計算ってことかな?)」

みほ「うん。あるにはあるけど華さんが気にすることじゃないかな」

華「!?」

華「私が気にすることじゃない…というのは?」

みほ「そういうのは私の役割だから」

華「え、ええ……?」

華「好きでやってるわけでは無いのですか?」

みほ「(計算は苦手だし)そうだね、あんまり好きではないかも」

華「そ、そうですか」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:23:20.33 ID:7nh0SG3io
………………
………


沙織「は?みぽりん援交説?」

華「はい。もしかすると文科省の方に廃校を盾に脅されて……」

沙織「……そ、そんな」

華「ひとまず会長に相談しに行きましょう。無駄に話を広めるようで気は引けますが」

沙織「う、うん!」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:25:16.23 ID:7nh0SG3io
杏「西住ちゃんが脅されて、犯されてる?んなバカな。エロ漫画じゃあるまいし」

沙織「本当の話なんですっ!」シンケン

杏「……分かった。確認してみるよ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:27:53.72 ID:7nh0SG3io
杏「西住ちゃ~ん。その、聞きにくいんだけど……脅されてヤッてるってホント?」

みほ「え?」

みほ「(それって……、やっぱり気にしてるのかな)」

みほ「…………初めはそうでした」

みほ「怖くて、足がすくみました。勇気が出ませんでした。学校に居られなくなるって思いで頭が一杯でした」

みほ「でも、沙織や華さんが勇気をくれて、一歩踏み出すことが出来て」

みほ「私はやっと水底からあがれた気がするんです」

みほ「きっかけこそ(会長の)脅しのようなものだったかもしれませんが、今では心から楽しんで(戦車道を)やってますよ」ニコッ

杏「そ、そっか」ヒクヒク

杏「(これってストックホルム症候群的なやつなのかな……西住ちゃん……)」

杏「私が助けてあげるからね!」ダキッ

みほ「え、ええ!?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/09(月) 01:29:16.08 ID:7nh0SG3io
後に誤解が解けたが、3人はみほと目を合わせられなかったという。

お奨め記事
タグ:
10月12日 00時09分|ガールズ&パンツァー0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告