記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:18:33.75 ID:GjvzOjyn0
皆さんは「龍田」と聞いて何を思い浮かべるだろうか


天龍型の怖くて可愛い方


天龍大好きっ子


ヤンデレっぽい


怖い


可愛い


などなど…まぁ、俺も最初はそんなこと考えていた
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:21:48.12 ID:GjvzOjyn0
そんな龍田に惹かれていくのも仕方がないことだと思うんだ


戦場でのピリッとした、味方すらも震えさせるような龍田


鎮守府での天龍をからかっている龍田


駆逐艦と一緒に遊んでいる龍田


その全てに惹かれ、なんとか仲良くなろうと秘書官をお願いした。
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:25:36.81 ID:GjvzOjyn0
最初は渋々といった感じだったが了承してくれた


もちろん龍田の仕事での有能さは言うまでもなく、


俺が少しでもサボろうとするとすぐに釘を刺しに来たり…


そんなことがあってもたまに入れてくれるお茶にすぐ機嫌が良くなってしまう俺も俺だが
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:28:07.44 ID:GjvzOjyn0
まぁ、順調に仲良くなっているって思っていたんだ


龍田のことをなんでも知っていると思っていたんだ


そう、あの時までは…
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:32:24.92 ID:GjvzOjyn0
提督「よーし、今日も仕事だーっと」


提督「龍田のおかげで寝坊癖もなおったし、ほんと龍田はいい子だよなぁ」


提督「最近は仲良くなって来ている(願望)し、このままいけば…」グフフ


提督「おっと、執務室到着だ」


ガチャ


提督「おはよう龍…田…」


龍田「あら~おはようございます~」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:34:56.17 ID:GjvzOjyn0
その時俺が目にしたものは


今まであった執務机は無くなりこたつが置いてあった


そしてこたつの周りにはお菓子や漫画、ゲームが散乱し


こたつむりとなった龍田がいたのだ
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:37:22.53 ID:GjvzOjyn0
提督「な…なにしているんだ?」


龍田「見て分からない~?漫画を読んでるのよ~」


龍田「今この作品が盛り上がっているとこなのよ~」


提督「…」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:44:06.88 ID:GjvzOjyn0
俺の中での龍田像が崩れ去ったのは言うまでもない


呆然と立っている俺に龍田は首をかしげてなにかを言っていたみたいだが


俺には届いていなかった


しばらく俺が立ち尽くしていると、執務室のドアを叩く音がした
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:48:10.78 ID:GjvzOjyn0
俺は我に返りドアを開けた


この龍田を見てもらってこれが本当に龍田なのか聞こうと思ったからだ


その結果は…
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:49:33.89 ID:GjvzOjyn0
提督「いらっしゃい、さぁ中へ…?!」


龍田「いらっしゃい~」


天龍「失礼するぜ」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:52:23.23 ID:GjvzOjyn0
天龍を迎え入れ振り向いたその先にいた龍田は


いつもと変わらぬ龍田がそこにいた


出していたこたつはいつの間にか撤去され執務机が出されていた


俺はその光景に、これは夢だと断定して倒れてしまった

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:54:15.92 ID:GjvzOjyn0
そして目が覚めたとき


俺はこたつの中で眠っていた
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:57:21.48 ID:GjvzOjyn0
提督「ん…」


龍田「あら~今起きたの~?」


提督「なんだ…まだ夢か…」


龍田「そろそろ起きないと~またお仕置きよ~?」


提督「はい!起きました!」


龍田「素直な提督は素敵よ~」


14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 15:59:27.78 ID:GjvzOjyn0
素敵と言われてすこし有頂天になったが


やはりさっきのことが夢ではなかったことを確信した


何故なら龍田はこたつに入りながら漫画を読み、ボテチを食べていたからだ
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 16:01:10.72 ID:GjvzOjyn0
提督「あ~…龍田よ、一つ聞いていいか?」


龍田「なぁに?」


提督「仕事はどうしたんだ?」


龍田「終わらせたわよ~」


提督「な…」


龍田「提督がお寝坊さんだったからね~」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 16:02:50.92 ID:GjvzOjyn0
俺はそんなに寝ていたのかと時計を見たが、確かにもう昼過ぎだ


まぁ確かにこの時間なら終わっているのかとも思ったが


流石に早すぎるのではないかとこたつの上にあった書類を見てみると
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 16:05:58.15 ID:GjvzOjyn0
提督「ん?」


提督「終わってないじゃないか」


龍田「終わってるわよ~」


提督「だから…」


龍田「私の分はね~」


提督「…へ?」


龍田「私が働いている間にすやすや寝てる人の分までなんで私が働かないといけないのかしら~?」


提督「あぁ~…」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 16:10:03.88 ID:GjvzOjyn0
正論を言われてしまった俺はなにも言い返せずに仕事に取り掛かった


その時の龍田のやってやったぜみたいな笑顔を見れただけで


いつもより仕事が多いような気もしても全然きにならなかった


それに龍田がゴロゴロしている時もツボにきたのか笑っているのを見ていると


俺はこの結論に至ったのだ
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 16:10:58.02 ID:GjvzOjyn0
こんな龍田もありだな
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/23(土) 16:12:18.72 ID:GjvzOjyn0
これにて終了です。


もっと話広げたかったんですが力量が追いついてません。もっと頑張りたい…


依頼出してきます
お奨め記事
タグ:
9月24日 22時09分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告