記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:14:35.39 ID:PJ+YFU30o


魔王「ふむ、ついに勇者がわが城目指して旅立ちおったか」


火の魔人「ええ、そのようですな魔王さま」

水の魔人「魔王さまに逆らおうなどとは、笑止千番」

風の魔人「我ら四天王が、必ずや」

土の魔人「勇者の息の根を止めてごらんにいれましょう」

テュの魔人「全て我々にお任せください、魔王さま」

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:15:21.14 ID:PJ+YFU30o


魔王「おお、何と頼もしい。期待しておるぞ」


火の魔人「ははっ、なぁにたかだか人間ごとき」

水の魔人「魔王さまの手を煩わすまでもありません」

風の魔人「必ずや、我ら四天王が」

土の魔人「勇者を仕留めてみせましょう」

テュの魔人「我々の活躍にご期待ください、魔王さま」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:15:58.27 ID:PJ+YFU30o


魔王(・・・)


火の魔人「さぁーて、どうやって勇者を仕留めてやるか」

水の魔人「フフフ、火の魔人の技を食らえば勇者も真っ黒焦げですね」

風の魔人「ボクの真空波で、勇者をズタズタに切り裂り裂いてやる」

土の魔人「おうおう、勇者を仕留めるのはこの俺だ」

テュの魔人「腕がなりますなぁ、クックック・・・」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:16:49.81 ID:PJ+YFU30o


魔王(・・・)

魔王(何か、四天王・・・)

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:17:43.50 ID:PJ+YFU30o


魔王(五人いね?)


火の魔人「フフフ、骨も残さず灰にしてやろう」

水の魔人「私こそ超水圧で勇者をペシャンコにしてやりますよ」

風の魔人「人間がボクのスピードについてこれるもんか」

土の魔人「フン、勇者などひとひねりだわい」

テュの魔人「おやおや、これは私もうかうかしてられませんなぁ」

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:19:16.90 ID:PJ+YFU30o


魔王(なんか、最後のヤツ、あれ何の魔人?)


火の魔人「まあたかが人間がどれほどの事があろうか」

水の魔人「きっと、われわれの力には太刀打ちできないでしょうね」

風の魔人「どれだけ楽しませてくれるかなぁ」

土の魔人「魔王さまに逆らった事を後悔させてくれるわ」

テュの魔人「はてさて、今から戦うのが楽しみですなぁ」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:20:43.27 ID:PJ+YFU30o


魔王(他のは火とか水とか見た目でもわかりやすいけど)

魔王(何ていうか、最後のアイツ独特すぎてコメントし辛いっていうか・・・)

魔王(・・・まぁ、みんなには馴染んでるみたいだからいいんだけどさ)

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:21:43.51 ID:PJ+YFU30o


魔王(うーむ、アイツが何の魔人か気になる・・・)

魔王(だけど、ダイレクトに「ねぇキミ、何の魔人だったっけ?」って聞いて)

魔王(傷つかれても、困るしなぁ)


火の魔人「フフフ…。血がたぎるわ。セイヤァ!」ボォッ

水の魔人「おおっと、火の魔人どの。技を出すのはまだ早いですよ」

風の魔人「勇者と戦う時まで取っときなよ」

土の魔人「ガッハッハ。あの炎をぶつけられたら、勇者といえども耐えられまい」

テュの魔人「見事な炎。素晴らしい技の冴えですなぁ」

10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:24:34.66 ID:PJ+YFU30o


魔王(・・・そうか、技だ!)

魔王(今ここであいつに技を出させれば、何の魔人かわかる!)

魔王(ワシ、冴えてるぅ~。では、早速・・・)

11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:25:20.21 ID:PJ+YFU30o


魔王「聞け、皆の者よ」

魔王「ひとつ、余興の代わりに」

魔王「お主らの技を、ワシの前で披露してもらおうか」


水の魔人「え?我々の技をですか?」

風の魔人「ええ、いいですよ魔王様」

土の魔人「グフフ、魔王さま、我らの力とくとご覧あれい」


12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:27:01.95 ID:PJ+YFU30o


炎の魔人「では、拙者から参ります。はぁーーーっ!」

ゴォォーーーー・・・!

魔王「ほう。凄まじいまでの炎。あらゆる物を焼き尽くす勢い」


水の魔人「次は私が・・・。でぇーーーーーいっ!」

ビシャーーーーン・・・!

魔王「ふむ。ものすごい勢いの水流だ。岩をも貫く水の槍と言った所か」

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:28:13.32 ID:PJ+YFU30o


風の魔人「行きますよ・・・。それぇーーーーーっ!」

ビュォォーーーー・・・!

魔王「おお、何という風力!まさに全てを切り刻む真空の刃」


土の魔人「グフフ・・・。どりゃあーーーーーーっ!」

ゴゴゴゴ・・・!

魔王「むう、巨大な岩石が猛烈な勢いで・・・。これは勇者といえどひとたまりもないだろう」


魔王「・・・そして」チラ

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:29:19.01 ID:PJ+YFU30o


テュの魔人「うおおーーーーーっ!」

デロォォーーーーン・・・

魔王「ウエッ・・・。何あれキモッ!手から何出てんのあれ?」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 20:30:15.52 ID:PJ+YFU30o


テュの魔人「ふぅ、ざっとこんな物です」

火の魔人「さすがは、テュを司る魔人どのですな」

水の魔人「我々も負けていられませんね」

風の魔人「テュに手柄は渡さないからなー!」

土の魔人「すさまじい技よ。勇者は災難だな、ガッハッハ」


魔王「あれテュって言うの?テュってなに?」

魔王「みんなの中だとあれが一番強い事になってんの?」

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:24:19.67 ID:PJ+YFU30o


魔王「ますますわからん・・・」

魔王「・・・」

魔王「・・・いいや、もうダイレクトに聞いちゃえ!」

23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:25:14.22 ID:PJ+YFU30o


魔王「ねぇキミ、キミって何の魔人だったっけ?」

魔王「今手から何出してたの?」

テュの魔人「え?ですからたった今ごらんに入れたように」

テュの魔人「テュですよ。私はテュの魔人ですからね」

魔王「そのテュが何かわかんないから聞いたんだけどなぁ」

24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:26:05.42 ID:PJ+YFU30o


魔王「それで、どうやって戦うの?」

テュの魔人「ええですから、私の出すテュでもって」

25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:26:33.41 ID:PJ+YFU30o


テュの魔人「勇者をテュまみれにしてやりますよ」

魔王「そこはテュまみれじゃなくて、できれば血まみれにして欲しいなぁ」

テュの魔人「勇者をテュまつりにあげてご覧にいれます」

魔王「そんな血祭りみたいなニュアンスで言われても」

26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:28:20.65 ID:PJ+YFU30o


テュの魔人「魔王さま、私の力をお疑いですか?」

魔王「いや、疑うとかそういうんじゃないんだけどさ」

27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:29:50.92 ID:PJ+YFU30o


テュの魔人「では、魔王さま自身に味わっていただきましょうか」

テュの魔人「私のテュを」デロォォーーーン…

魔王「いやいいから!しまってそれ!キモいから!」

28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/07/25(火) 21:32:40.28 ID:PJ+YFU30o


火の魔人「おお、それはいい機会ですな」

水の魔人「食らってみれば、魔王さまもテュの恐ろしさがご理解頂けるでしょう」

風の魔人「魔王さま、テュを食らってみるの?後悔しても知らないよ?」

土の魔人「ガッハッハ、さすが魔王さま。いい度胸ですな」

テュの魔人「大丈夫ですよ、魔王さまなら耐えられます」デロデロォーーーン…

魔王「いや、いいっていいって!」

32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:44:51.51 ID:/A9ZIqtNo


テュの魔人「では、参りますよ・・・」デロデロデロォ…

魔王「もー、いいってーーーー!」

―――――

―――

――



33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:45:18.10 ID:/A9ZIqtNo


魔王「・・・はっ?」


火の魔人「どうされました魔王さま」

水の魔人「ずい分とうなされてたようですが」

風の魔人「悪い夢でも見たんですか?」

土の魔人「汗ビッショリですぞ」

34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:45:59.76 ID:/A9ZIqtNo


魔王「夢?夢だったのか・・・」


火の魔人「勇者のことが気がかりですかな?」

水の魔人「それならば、ご安心ください魔王さま」

風の魔人「我ら四天王が、勇者なんてひとひねりですよすよ」

土の魔人「大船に乗った積りでご安心召されい」

35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:46:36.72 ID:/A9ZIqtNo


魔王「ふぅ、夢で良かった・・・」


魔王「そうだよな、あんなわけのわからんヤツが」

側近「魔王さま!ニュースです!」

魔王「ん?何事だ」

36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:47:28.73 ID:/A9ZIqtNo


側近「勇者が倒されました!」

魔王「なに?まことか?」


火の魔人「おお、それはめでたい!」

水の魔人「やはり、人間ごときが我ら魔族に勝てる道理はありませんでしたな」

風の魔人「あーあ、手柄が取られちゃった」

土の魔人「今夜は祝賀会ですな、ガッハッハ」


37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:48:39.49 ID:/A9ZIqtNo


魔王「それで、誰が勇者を打ち取ったのだ?」

側近「ええ、テュです。テュの魔人ですよ」

魔王「は?」

38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:49:07.06 ID:/A9ZIqtNo


火の魔人「やはりか。さすがテュの魔人どのですな」

水「彼のテュの前では、勇者など赤子も同然」

風「ちぇーっ、久しぶりに暴れられると思ったのに」

土「これで我らに逆らうヤツなど居ないだろう、グワッハッハッハ」


魔王「えっ、なにあれ夢じゃなかったの?」

39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:49:51.57 ID:/A9ZIqtNo


火の魔人「しかし、本当に勇者を倒してしまうとは」

魔王「これも夢であって欲しいなぁ」

火の魔人「まさに、テュの魔人どのの」

40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:50:19.79 ID:/A9ZIqtNo


火の魔人「おテュがらですな」

魔王「うわぁ・・・」


終わり

41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/16(土) 19:52:12.96 ID:/A9ZIqtNo
いいオチが思いつかないで長い間放置になっていました
こんなオチでスイマセン
依頼出して来ます
お奨め記事
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告