記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:35:22.84 ID:2IY/Izt40
志希「ぬっふっふっふ!」

志希「出来たぞぉ、女の子が擦り寄ってくる薬!」

志希「これを飲めば、たちまち理由も無く周りにおにゃのこが群がるのだ!」

志希「これをプロデューサーにでも飲ませて、たんまり困らせてやろう! うひひ!」

志希「そういうわけだから、飲んでちょ!」

モバP「目の前でそんなこと言われて、飲むわけ無いだろう」

志希「えぇー?」

モバP「えぇーじゃなくて」

志希「けちんぼ!」

モバP「けちんぼてなんだよワガママだなおい」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:39:09.83 ID:2IY/Izt4o
志希「いいから飲むんだよぃ!」

モバP「そんな得体のしれないものを飲めと言われて飲む奴がいるか」

志希「むむ、仕方無い、だったら原理を説明してやろー!」

志希「主成分に女の子が潜在的に惹かれるフェロモンを生成する成分が」

モバP「説明されても飲まないっての!」

志希「飲めよー、飲めよー!」グイグイ

モバP「おい、押し付けてくるな!」グググ

志希「ふんぬぅ!」

モバP「お前こんな時ばかり本気になんなよ、すげー力入ってるぞ!」

ツルッ

志希「あっ」

モバP「あっ」

バシャ

「ウヒッ!?」

モバP「あー」

輝子「………………」ビッショリ

志希「あちゃあ」

モバP「(狙い澄ましたように机の下に落ちたなあ)」

輝子「な、なにこれ……水?」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:42:08.62 ID:2IY/Izt4o
輝子「女の子が擦り寄ってくる薬……?」

志希「イエス」

輝子「な、なるほど……」

志希「……」スリスリ

輝子「……」

志希「いい匂いだねぇ、髪の毛」

輝子「お……おう」

モバP「お前が擦り寄るんじゃない」グイ

志希「おあー」ズルル

モバP「しかし、大変な事になったな」

輝子「まあ……なんとかなる、と思う」

モバP「だったらいいけどな」

モバP「で、いつまで効果が続くの?」

志希「約720時間、大体1ヶ月」

モバP「長ぇ!?」

志希「でも今回は経口摂取じゃなくて頭に被っただけだから、今日中には効果が切れると思うよん」スンスン

輝子「う、うん」

モバP「離れろ」グイ

志希「ぬあー」ズルル
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:46:48.33 ID:2IY/Izt4o
モバP「まあ、今日は輝子は仕事入ってないから大丈夫かな」

志希「ん? 仕事無いのに事務所に来てるの?」

輝子「トモダチ……キノコのお世話があるから、な……」

志希「なるほどねー」クンカクンカ

輝子「……」

モバP「おい」

志希「おおっと」バッ

モバP「そんなお前だって仕事無くても事務所に遊びに来るじゃねえか、今みたいに」

志希「アタシは研究の成果を試しに来ているのだ!」

モバP「その実験台に俺を使うのはやめろ」

志希「えぇーそりゃないぜー?」

モバP「お前と違って俺は忙しいの、早く帰れ」

志希「ぶー!」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:49:53.83 ID:2IY/Izt4o
志希「あ、1つ注意があるよ!」

輝子「ん?」

志希「その薬による効果は、普段から接している人ほど影響が強いんだよねー」スンスン

輝子「……」

モバP「おい?」

志希「わっと危なぁい」バッ

志希「アタシみたいに普段あまり関わりがない人なら、このようになんとか自分から離れることが出来るんだけど」

志希「仲良くしてる人は、もはや磁石って勢いで引っ付いて離れないよ」

輝子「そ、そうなのか……」

乃々「……」ピトッ

輝子「通りでお隣さんが……」

モバP「いつの間に」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:53:08.45 ID:2IY/Izt4o
輝子「……」

乃々「……」

輝子「あの……」

乃々「?」

輝子「……」

輝子「近い……んだけど」

乃々「そうですか……」

輝子「……」

乃々「……」

志希「……」ピトッ

モバP「お前」

志希「はい」スッ
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 22:56:39.43 ID:2IY/Izt4o
輝子「は、離れて……ください」

乃々「ああ……」

輝子「……」

乃々「むーりぃー……」

輝子「そ……そう」

乃々「……」

モバP「いかんな……俺は仕事で少し外に出なきゃいけないんだが」

モバP「まあ……乃々なら大丈夫かな」

志希「おー、いってらっしゃーい」

モバP「お前も離れるんだよ!」グイ

志希「何故だァ! 仕事は無いはずだぁー!」ジタバタ

モバP「じゃあちょっと留守を頼むな」

輝子「おう、わかった……」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:00:59.26 ID:2IY/Izt4o
輝子「……」

乃々「……」

輝子「な、何故……くっつく?」

乃々「え?」

輝子「……」

乃々「……」

乃々「なんででしょうか……」

輝子「……」

乃々「なんかこう……くっつきたくなる、と言うか……」

乃々「……そんな感じですけど……」

輝子「……そうか」

乃々「はい」

輝子「……」

乃々「……」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:04:41.03 ID:2IY/Izt4o
輝子「じゃあ……は、離れても、いいのでは……」

乃々「……」

輝子「……」

乃々「うーん……」

輝子「……」グイ

乃々「あうぅ……」ギュウ

輝子「……ぬぬぬ」グイー

乃々「む、むーりぃ……」ギュウウ

輝子「……と、取れない」

乃々「……」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:07:28.03 ID:2IY/Izt4o
輝子「こ、困ったな……わりと」

乃々「……」

輝子「……」

ヒタッ

輝子「っ!?」ゾクゥ

乃々「ど、どうかしました?」

輝子「い、今背中がひんやりと……」

ガチャ

小梅「そ、そんなに急いで……あ」

輝子「お? やあ小梅ちゃん……」

小梅「輝子ちゃん、こ、こんにちは……」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:12:43.17 ID:2IY/Izt4o
小梅「……え、えっとね……」スッ

小梅「あ、あの子が、輝子ちゃんの背中に、つ、憑いちゃったん、だけど……」ピトッ

輝子「えっ……」

小梅「……」

輝子「ま、マジか……」

小梅「うん……」

小梅「あ、でも、害意は無いから安心して……せ、背中がひんやり、するかもだけど……」

輝子「そ、そうか……」

小梅「……」

輝子「小梅もくっつくのか……」

小梅「え? ……あ」

輝子「……」

小梅「……」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:16:00.90 ID:2IY/Izt4o
小梅「あ、あの……その」

小梅「も、もしかしたら、あの子が……な、なにかするかも、しれないし……」

小梅「こ、こうやって、くっついた方が……あ、安全……だよ?」

輝子「さっき害意は無いって……」

小梅「あっ……えーと」

輝子「……」

小梅「……」

輝子「……」

小梅「……い、いぢわる……」ギュウ

輝子「な、何故……」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:20:48.93 ID:2IY/Izt4o
輝子「……」

小梅「……」

輝子「離れて……ほしいかな……」

小梅「……」

小梅「えーっと……」

輝子「……ぬぬ」グイ

小梅「うぅ」ギュウ

輝子「ぬぬぬぬぉ」グイー

小梅「やぁー……」ギュウウ

輝子「ダメだ……離れない」

小梅「……」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:25:25.49 ID:2IY/Izt4o
輝子「……」

乃々「……」

小梅「……」

輝子「……」

輝子「狭い……」



美玲「お前ら机の下で何してんの?」

輝子「あ……や、やあ」

輝子「何してると言われても……うーん」

美玲「? 変なの」ピトッ

輝子「……」

美玲「……」

輝子「やはりくっつくのか……」

美玲「ん? あー」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:30:04.19 ID:2IY/Izt4o
美玲「なんていうか、そのさ」

美玲「すごくくっつきたくなる、というか」

美玲「なんかそんな……」

美玲「な?」

乃々「はい……」

小梅「わ、分かる……」

輝子「……」

美玲「い、いいだろ別にッ!」

美玲「くっつきたくなるんだモン、仕方ないだろッ」

輝子「はあ……」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:34:09.38 ID:2IY/Izt4o
輝子「……」

美玲「……あむ」カプ

輝子「フゥオ!?」ビクゥ

美玲「あむあむ」

美玲「ん……ほんのり甘いなッ!」

輝子「な、何故……甘噛みを……」

美玲「え? さあ……なんかしたくなった」

輝子「なんかって……」

乃々「……」

乃々「あー……」

輝子「や、やらなくていいって」

乃々「……あうぅ」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:38:48.02 ID:2IY/Izt4o
輝子「……は、離れて……ほしいのですが」

美玲「え?」

輝子「……」

美玲「うーん……」

輝子「……」グイ

美玲「わわっ」ギュウ

輝子「ふんぬぬぬ」グイー

美玲「やめろってばッ! このッ」ギュウウ

輝子「……離れない」

美玲「なにすんだよもうッ」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:43:05.93 ID:2IY/Izt4o
輝子「……」

乃々「……」

小梅「……」

美玲「……」

輝子「狭い……すごく狭い……」



幸子「あれ、皆で何してるんです?」

輝子「……うん、来ると思った……」

幸子「えっ? ボクのことがカワイイ? えへへ、そりゃあ当ぜn」

美玲「誰も言ってないって」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:47:58.95 ID:2IY/Izt4o
輝子「このメンツを考えると、な……」

幸子「ああ、確かにいつものメンバーですね」

幸子「それで、なんで皆でくっついてるんですか?」

小梅「うーん……な、なんとなく?」

幸子「ふーん……まあ、なんでもいいですけどね」ピトッ

輝子「……」

幸子「……」

輝子「やっぱりくっつくのか!」

幸子「うわっ、いきなり叫ばないでくださいよ!」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:52:04.32 ID:2IY/Izt4o
幸子「だってですね、皆もくっついてるじゃないですか」

幸子「だからカワイイボクもくっつかない訳にはいかないでしょう」

幸子「ね?」

輝子「そうでもない」

幸子「そうでもあります!」

幸子「ねえ?」

乃々「……」

小梅「……」

美玲「……」

輝子「……」

幸子「あの、誰か返答してくださいよ」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/01(日) 23:56:54.73 ID:2IY/Izt4o
輝子「離れて……」

幸子「えぇ?」

輝子「……」

幸子「そう言われましても」

輝子「ふんぬ」グイ

幸子「うわっ、ちょ」ギュウ

輝子「ぬぬぬぬ」グイー

美玲「おらッ」グイー

小梅「……え、えい」グイー

幸子「ちょちょちょ!? なんで皆して引き剥がそうとするんですか!」ギュウウ

輝子「ぬう……剥がれない」

幸子「なんなんですか全く」ギュウ
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:00:36.77 ID:FeQ97Zcto
輝子「……」

乃々「……」

小梅「……」

美玲「……」

幸子「……」

幸子「ところで、狭くないですか?」

美玲「そりゃ机の下だもんな」

小梅「い、移動、する?」

幸子「ですね」

乃々「……」

小梅「……」

美玲「……」

幸子「……」

輝子「……」

輝子「移動……しない、のか?」

幸子「早く動いてくださいよ」

輝子「え、わ、私か……?」

乃々「そうですけど……」

輝子「……」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:04:44.76 ID:FeQ97Zcto
輝子「い、移動したいなら……したい人が動けばいいと思う……けど」

美玲「そう? それじゃあ」グイ

輝子「ま……待って、なんで引っ張る……?」

美玲「え? そりゃそうだろ」

小梅「う……うん」

輝子「ど、どういうこと、なんだ……」

幸子「ほーら、移動しますよ!」グイ

輝子「お、おうう?」

乃々「よいしょ……と」

ガン

小梅「アイタッ」

輝子「あ、だ、大丈夫……?」

小梅「う、うん、ぶつけただけだから……」
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:07:58.30 ID:FeQ97Zcto
美玲「よし、立った」

輝子「……あの、歩きにくいから、離れて……」

乃々「え? はあ……」

小梅「……」

美玲「……」

幸子「……」

乃々「……」

輝子「……」

輝子「離れろよォ!!」

美玲「だからいきなり叫ぶなよッ!」
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:12:08.13 ID:FeQ97Zcto
乃々「ソファーに着きましたね……」ポフ

輝子「くぅ……あ、あの薬の効果がここまでとは……」

小梅「……」ポスッ

輝子「?……あの」

小梅「?」

輝子「何故……膝の上に……」

小梅「ば、場所、無いから……」

輝子「……そ、そう……」

幸子「……」

幸子「よ、横も前も取られて場所が無い……」

幸子「……ぬうう」グイ

美玲「うわっ、おい、割り込むなってッ!」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:16:16.03 ID:FeQ97Zcto
輝子「……」

乃々「……」

小梅「……」

美玲「……」グイグイ

幸子「……」グイグイ

輝子「……わ、ワタシノタメニアラソワナイデー……」

輝子「なんて……」

幸子「ぬぬぬぬ!」

美玲「むぎぎぎ!」

輝子「き、聞いてないですね……ハイ」



まゆ「あら」

輝子「ッ!!」
38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:20:53.04 ID:FeQ97Zcto
まゆ「なんだか楽しそうなことをしてますねぇ」

輝子「お、おう……そうか、そう見えるか……」

輝子「……あ、生憎だが、もうスペースは無いんだ……ぜ」

まゆ「大丈夫ですよ、安心してください」

まゆ「私はあくまでもPさん一筋なので」スッ

まゆ「こ、こんなことには、興味がないですから……!」グググ

美玲「うわわっ!」

幸子「ちょ、待っ!」

輝子「思いきり割り込んでるゥ!!」
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:25:24.88 ID:FeQ97Zcto
まゆ「おかしいですねぇ……」

まゆ「今日の輝子ちゃん、何故だか惹かれるんですよねぇ……!」グググ

美玲「それは分かる……!」グググ

幸子「何故か体が動くんですよね……!」グググ

まゆ「ええ、頭では分かっていても体が勝手にですねぇぇぇ……!!」グググ

輝子「ぐえっ、う、腕が」

乃々「……あ、あの」

小梅「そ、それ以上は、危ないんじゃ……」

輝子「痛、イタタタタタタタタタタ」

まゆ「痛がってますよ、離してあげたらどうですか?」グググ

美玲「お前が離せばいいだろッ」グググ

幸子「離せと言われても、体が言うこと聞かなくてですね」グググ

輝子「い……いい加減にしろォ!!!」グイッ

ゴキッ

輝子「ハウッッッ!?」

乃々「あっ」
41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:29:45.97 ID:FeQ97Zcto


次の日


輝子「……ひ、酷い目に遭った」

モバP「肩の脱臼か……」

志希「でも亜脱臼で済んでよかったねー」

モバP「元々はお前のせいだろ」

輝子「数週間は、安静にすること、だって……」

輝子「ちゃんと治せば、後遺症は無い、らしい……」

モバP「だったらよかった」

モバP「でだ、志希」

志希「んー?」

モバP「俺の三ツ矢サイダーにその薬を入れるんじゃない」

志希「あれ、バレた?」

モバP「目の前で垂らしてたらそりゃ分かるっての」
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:33:56.64 ID:FeQ97Zcto
志希「いやーははは……バレちゃうかー」

モバP「全く、どうすんだよこれ」

志希「だったらこうだっ!」バシャ

モバP「わぶっ!?」

輝子「み、水鉄砲……」

志希「にゃはは、別に飲まなくてもぶっかけるだけで効果はあるからねー」

モバP「お……お前なぁ~」ビッショリ

モバP「このっ!」バシャ

志希「ぬひゃあ!?」

志希「ちょ、三ツ矢サイダーかけないでよぉ! ベトベトじゃにゃいか!」ビッショリ

モバP「道連れだ、お前も薬まみれになっちまえ」

輝子「(……に、逃げよう)」ピトッ

モバP「ん?」

輝子「……あれ」
43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:38:04.96 ID:FeQ97Zcto
モバP「お、おいおい、くっつくなって」

輝子「ご、ごめん……」バッ

志希「薬が効いてきたねぇ」ガバッ

志希「イエス、ナイススメル」スンスン

モバP「お前薬関係なく引っ付いてきてるだろ! 後サイダーの匂いがすごい!」

輝子「……あ」



凛「……ふーん」

留美「あら」

ナターリア「ア!」

奏「へえ」

早苗「お?」



モバP「やべえ……なんでこんな時に積極的勢が」

志希「……よし、アタシはここらで退散しよーっかな」

ガシッ

まゆ「見てましたよぉ、思い切り抱きついているところ」ニッコリ

志希「(アカン)」
44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:40:06.21 ID:FeQ97Zcto
アッー

アオオーーッ



輝子「……」

輝子「……合掌」スッ


おしまい
45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:40:46.61 ID:FeQ97Zcto
輝子がイチャイチャする話が書きたかった

見てくれた人ありがとう
46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/03/02(月) 00:43:22.67 ID:MuXuUHRw0
輝子ってぜんぜんボッチじゃないよねかわいい
乙!
お奨め記事
3月2日 06時00分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告