記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:17:09.92 ID:3FCzbyy90
P「あ、あの……美玲?」

美玲「な、なんだよ……あんまりジロジロ見るなよな!」

P「いや、でもさ………」

美玲「う、うるさいぞ! あんまりしつこいと、ひっかくぞ!」

P「そうは言ってもな~~」

美玲「これ以上なんか言うなら……さ、早苗さんに言いつけるぞ!! この変態プロデューサー!」

P「それは困るな………わかった。黙るから一つだけ俺のお願いを聞いてくれないか?」

美玲「な、なんだよ……?」



P「そろそろ俺の膝の上からどいてくれない? 仕事がしにくいのだが………」

美玲「やだ」

P「……………」
3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:20:06.57 ID:3FCzbyy90
P「その……なんだな………隣が空いているから、そっちに座ったらどうだ?」

美玲「フンッ………その手には乗らないぞ! 隣に座らせて、ウチに何か変態的なことをする気なんだろ!」

美玲「こ、このロリコンプロデューサーめ!!」

P「いや、明らかに膝の上の方が危ないと思うのだが………」

美玲「ウチは、一匹狼なんだ………だからここが一番安全なんだ!」

美玲「な、なにか変なことでもしようとすれば、すぐさま噛みついてやるからな!」

美玲「これだけ至近距離にいるんだ………絶対にオマエはウチの攻撃をよけられないんだからな!」

P「あ、うん………そうだな………」


P(う~む………どうしよう? まったく答えになっていない………)

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:23:20.60 ID:3FCzbyy90
ちひろ「プロデューサーさん、今日久しぶりに飲みにでもいきませんか?」

P「あっ、いいでs」

美玲「ガオ――――ッ!!」

ちひろ「え……」

P「!?」
5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:24:50.54 ID:3FCzbyy90
ちひろ「美玲ちゃんどうしたの?」

美玲「ガルルルル………」

ちひろ「もしかして………威嚇されてる?」

美玲「こ、これ以上近づいたら……ちひろさんでも容赦しないからな!」

美玲「ガオ――ッ!」

ちひろ(あら嫌だ。かわいい)

P(確かに!)
7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:27:17.51 ID:3FCzbyy90
ちひろ「うふふ、そうね。噛みつかれるのは怖いし………お邪魔者は退散しますかね」

美玲「べ、別にそういうわけじゃ……///」

ちひろ「千川ちひろクールに去るぜ…………」



美玲「べ、別に違うからな!」

美玲「ただ……ウチはその………狼みたいに自分のなわばりを守っただけなんだからな!」

美玲「それだけなんだからな! 他意なんてあるわけないんだしッ!」

美玲「わ、わかったな!!」

P(なにこれ、可愛すぎ)

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:29:22.03 ID:3FCzbyy90
P「ふぅ………今日も仕事疲れたな~~」

P「にしても美玲のアレはなんなのかな……たぶん、好かれているとは思うのだが………」

P「その割には口調はツンツンしてるし………判断に困るな」

P「う~む………どうしたものか………」

ガチャ
P「ただいま―――って誰もいないけど」

美玲「が、ガオーッ!!」

P「!?」
11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:31:15.86 ID:3FCzbyy90
P「美玲!? なんでここにいるんだ?」

美玲「そ、それはウチのセリフだしッ!」

P「いやいや。ここは俺の家だからな?」

美玲「ち、違う!!」

P「えぇぇ? 違うの!?」

美玲「こ、ここは………」


美玲「ウチのなわばりだしッ!!」

P「ええぇぇ~………」


13:画像の兄貴、ありがとう:2013/06/10(月) 20:33:48.30 ID:3FCzbyy90
P「そのようなことあろうはずがございません!」

P「ここは俺の家で間違いないと思うぞ?」

美玲「たった今、ウチの手によって、ここは奪われたんだ!!」

P「ばんなそかな……」

美玲「出ていけと言いたいところだけど! 仕事上のパートナーのよしみだ……」

美玲「と、特別に入れてやる!」

P「そ、そうか……?」

P「あっ、ありがとう………?」
14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:36:01.10 ID:3FCzbyy90
P「で………まぁ、俺の家にいるのはこの際いいとしよう」

美玲「ウチのなわばりだしッ!」

P「はいはい―――で………ご両親にはなんて?」

美玲「ウチは一匹狼だぞ!」

P「うん、それで?」

美玲「だから、親に連絡なんかいれなくても平気だモンッ!」

P「なるほど」





P「夜分遅くに失礼します。私CG事務所のPと申しまして……あっ、美玲さんのお父様で!」

美玲「うが~~~~~~~~!!」


15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:38:45.34 ID:3FCzbyy90
P「はい……今から送り届けますので―――」

美玲父(cv若本規夫)「うっうー☆ わかりましたー! よろしくお願いしますねー!」

P「御心配をおかけしまして……本当に申し訳ございませんでした!」

美玲父「いえいえ。悪いのはこっちかなーって思いますし。美玲の事お願いしますねー☆」

P「はい。わかりました。では………失礼いたします」


P「ふぅ……これでよしっと………美玲―――! お父さんには連絡したから。帰るぞ―――ッ!」

P「美玲………? あれ、どこだ?」
16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:40:02.15 ID:3FCzbyy90
P「こんな所にいたのか…………ほら、机の下に隠れてないで、出てきなさい」

美玲「う~~~~~~ッ!!」

P「ほらほら、唸ってないで出てきなさい」

美玲「が、がおーッ!」ペシ

P「おっと、ひっかいて来た」

美玲「う~~~~~~~ッ!!!」

P「……………」
17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:41:15.57 ID:3FCzbyy90
P(美玲は元来素直になれない性格だ………)

美玲「がおーッ! がおーッ!」

P「大丈夫よ。私は敵じゃないわ」ぎゅ

美玲「!!」

P(だがここはあえて、最初は大胆に抱きつく)

美玲「う……うがぁ~~~~~~///」ペシッペシッ

P(美玲は抵抗するが、悲しいかな、非力なので猫パンチ程の威力もない)

P「お~よしよし」ナデナデ

P(抵抗に負けず、ひたすら愛でる。そうすれば………)

美玲「うぅぅ~~~~~~~///」

ギュウウウウ

P(おとなしくなり。逆に向こうから甘えてくるというわけだぁ!)

P「じゃあ……お家に帰ろうな?」

美玲「うぅ~~~///」
18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:43:15.82 ID:3FCzbyy90
美玲父「プロデューサー、ウチの美玲が迷惑をかけていたみたいでごめんなさいなの~!」

P「いえいえ。どうか気にしないでください」

美玲父「ほら、美玲もプロデューサーに謝るの!」

美玲「フンだッ!」プイッ

美玲父「もう~~~~美玲ったら~~~~!」

P「いえいえ、いいですよ。私も気にしていませんから」

P「だけどな美玲? もうこんなことしちゃダメだぞ?」

P「お前はアイドルなんだから。男の家なんかに入ったらあらぬ噂が飛び交っちまうかもしれないんだからな」

美玲「……………」

19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:43:58.72 ID:3FCzbyy90
P「では、私はこれで失礼させt」

美玲「」ギュ

P「え………美玲?」

美玲「ん―――ッ!」

P「いや……ちょっと………離してもらわないと帰れないんだけど………」

美玲「ん―――ッ! ん―――ッ!」

美玲父「あはっ☆ 美玲ったら必死になってカワイイの!」

P「ど、どうすれば………」
21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:44:59.47 ID:3FCzbyy90
美玲父「あふぅ………眠くなってきたの。もうめんどいからプロデューサーもここに泊まればいいなって思うな」

P「はい!? 何言ってるんですか! アイドルの家にプロデューサーである俺が止まるなんt」

美玲「ん―――っ!」ギュウウウ

P「美玲………ダメなんだよ………こう、世間体的に―――」

美玲父「もう、めんどいから早く入れなの!」

P「いや、しかしですね―――」

美玲父「うだうだ言ってねぇで、さっさと入りやがれゴルァ!」

P「!?」

23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:47:12.56 ID:3FCzbyy90
P「結局………泊まることになってしまった………」

美玲「か、勘違いするなよ! ウチは嫌なんだけど、親がうるさいから……仕方なくだ!」

美玲「本当だぞ!!」

P(あれだけ俺を離さなかったくせに、どの口がほざいているんだか………)

P(でも可愛い!)
24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:49:37.48 ID:3FCzbyy90
P(逆に考えるんだ………お父さんもいることだし、二人っきりじゃないからOKなんだと)

美玲父「はぅぅ~~~プロデューサー~~~すいません! ちょっといいですか~~?」

P「どうしました?」

美玲父「これからちょっと旅行に行ってきますので、美玲のことお願いしますですぅ~~!」

P「はぁ!? 旅行!? もう夜遅くですよ!? てか寝るとか言ってませんでした!?」

美玲父「はうぅ~~~すいません~~~こんなダメダメな私は穴掘って埋まってますぅ~~~!!」ブンブンブン

P「うわ、ちょ! スコップを振り回さないでください!!」

美玲父「では、お願いしますですぅ~!」スタコラサッサ

P「あ、待ってください!! そんな一方的に――――」


P「行ってしまった…………」チラッ

美玲「///」

P「もしや謀られた………?」

25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:51:06.67 ID:3FCzbyy90
美玲「お、オマエの魂胆はわかってるぞ!」

美玲「二人っきりなのをいいことに、ウチに嫌らしいことをしようとしてるんだろッ!」

美玲「そう思い通りになんかさせないからなッ!」

美玲「なにか変なことしようとしたら、ひっかくからなッ!」

P「あの………美玲?」

美玲「なんだよ?」



P「トイレに行きたいから離れてくれないか?」

美玲「嫌だ」ギュウウウウ

P「」
26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:53:37.53 ID:3FCzbyy90
P(それからも美玲はトイレだけでなく、風呂にまでくっつこうとしてきた)

P(俺はその度に、美玲をなだめて、なんとか離れさせていった)

P(そして時刻は、もう深夜に―――)


P「それじゃあ、寝るとしようか。俺はソファーを借りるけどいいかな?」

美玲「と、当然だしッ! べ、ベットで寝るなんて図々しいんだからな!」

P「それじゃあ、また明日な。お休み」

美玲「うん………」


美玲「…………」
27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:55:04.78 ID:3FCzbyy90
P「」Zzzzz

美玲「………」ガサコソ

P(やっぱりキタ――――――ッ!!)

P(どうする? すぐ起きて追い出すか?)

P(いや、とりあえず様子見をするか……まだ変なことをするとは限ったわけではないし)

美玲「うんしょ、うんしょ」

ヌギヌギ

P(なんか俺の服を脱がし始めてんですけど………早速変なことをやりだしたな)

P(一体どういうつもりだ? まさか夜這―――)

美玲「がぶっ!!」

P(!?)

29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:57:31.67 ID:3FCzbyy90
P(俺の体に噛みついてきただと!?  一体どういうつもりだ!?)

美玲「がぶぅぅぅぅぅ!!」

P(しかも割と強く噛みついてきてるな。結構痛いぞこれ……)


美玲「よ、よし……これで、プロデューサーの体にウチの痕をつけたぞ!」

P(痕………? あっ、本当だ。歯型がきっかりついちゃってるよ)チラッ

美玲「これでプロデューサーは………ウチの物だ………」

P(まさか、所有印のつもりか?)
30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 20:58:44.59 ID:3FCzbyy90
美玲「ウチはアイドルになってまだ日が浅いし……」

美玲「それにこんな性格だから………」

美玲「プロデューサー、今は優しいけど………その内うんざりして、離れて行っちゃうかもしれない……」

P(…………)

美玲「そんなの嫌だ………グスッ………プロデューサーは……ウチのパートナーなんだ……」ウルッ

P(…………)

美玲「も、もう一つ! 痕をつけなきゃ!」

美玲「がぶっ!」

P(…………)









P「こら!」

美玲「!?」ビクッ

31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:00:12.78 ID:3FCzbyy90
美玲「お、おおおおオマエ! ま、まさか起きて―――」

P「こんなに強く噛んでたら、寝てるフリしてなくても起きちゃうっての」

美玲「ち、違うからな!! こ、これは別にその―――」


P「はいはい。わかってるよ、美玲」

抱きッ

美玲「!!」
32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:01:13.21 ID:3FCzbyy90
P「俺は美玲がとってもいい子だってのは知ってるから」ナデナデ

美玲「あ………うぁ…………///」

P「離れたりなんかしないよ。俺は美玲の担当プロデューサーなんだから」

美玲「ほ………本当?」

P「ああ、だからもうこんな事しなくても平気だよ」

P「俺たちは、ずっと一緒さ」

美玲「う……うん……///」

P「うんうん、よしよし。美玲はかわいいなぁ~」ナデナデ

美玲「くぅ~~ん~~~///」

33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:03:07.67 ID:3FCzbyy90
☆数日後 事務所内☆



P「あの………美玲?」

美玲「ん……なんだよ?」

P「その……なんというか、離れてくれないかな~って」

美玲「やだ」ギュウウウウ

P「いや、本当にお願いします!!  早く離れてくれないと………」


まゆ「へぇ、Pさんと美玲ちゃん……ずいぶんと仲がいいんですねぇ……」

智絵里「そ……そんな………私のプロデューサーが……」グスツ

響子「あれ~? そこは私の場所なはずなのに……おかしいな~」

ゆかり「……………」ゴゴゴゴゴゴ


P「」

34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:06:12.98 ID:3FCzbyy90
P「ち、違うんだ!! 俺と美玲はそういう関係ではございません!!」

美玲「そ、そうだぞ! 勘違いするなよなッ!!」

P「いいぞぉ! 美玲からも言ってやれ!」

美玲「ウチとプロデューサーはずっと一緒にいるって約束しただけなんだからな!」

P「ちょ、おま! えええええっ!?」


四天王「……………」
36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:08:40.25 ID:3FCzbyy90
P(こ、このままでは………俺の命、なにもかもお終いだぁ!)

P(ちひろさん! お助け下さい!!)

ちひろ(無視)

P(!?)


美玲「がぶっ♪」

P「はうっ!」

P「こ、こら美玲! こんな時に甘噛みはやめなさい!」

美玲「くぅ~~~ん///」

P「ああもう……可愛いなぁ~~~~!!」

P「…………ハッ!!」


四天王「……………」

 ┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨┣¨┣¨


P「ひぃ!!」

37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:12:27.28 ID:3FCzbyy90
まゆ「うふっ、これはまゆがきっちりと教えてあげないといけませんねぇ……」

まゆ「美玲ちゃんに………そして、Pさんにも………」

智絵里「プロデューサーは私の物プロデューサーは私の物プロデューサーは私の物」ブツブツ

響子「旦那様に正しい教育をするのも妻の役目ですよね………」

ゆかり「うふふうふふうふふうふふうふふうふふwwwwwwwwwwwww」



美玲「がぶっ♪ がぶっ♪」

P「」


P「」


P「」








P「どうしてこうなった………」



おしまい


40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/10(月) 21:16:44.39 ID:3FCzbyy90
以上です。読んでいただきありがとうございました!
美玲ちゃんのSRが出ないのでムシャクシャして書きました。
運営よ……財布の中身は準備万端なんだぜ………?

世界観繋がっていませんが、前作です↓ よろしければどうぞ。

モバP「加蓮が再び病弱になってしまった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370515289/


駄文失礼しました!!
お奨め記事
8月11日 12時09分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告