記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:43:53.38 ID:mUzgRXys0

P「おーい、風花ー。経費資料まとまったかー?」

風花「も、もうちょっと待ってください~」

このみ「……ねぇ風花ちゃん。ちょっといい?」

風花「? なんですかこのみさん」

このみ「エクセルあるのに電卓使ってるの?」

風花「はい。電卓ないと計算できませんから」

このみ「エクセルにはね、計算式を書くと計算してくれる機能があるのよ? ここにイコールを入れて、計算したい値を指定すると」

風花「わっ! すごいです!」

このみ「これがエクセルの醍醐味でもあるから、活用するといいわよ」

風花「はいっ! 勉強します! このみさんって物知りですねぇ。すごいです」

このみ「ふふ~ん。伊達に長く生きてないのよ?」

P「頭に栄養使いす」このみ「なんか言った」

P「空耳ですよ。さて、もう一息で終わりだぞー」

このみ「終わったらみんなで飲みに行きましょう!」

風花「おぉー!」

このみ「プロデューサーのおごりでね」

P「え?」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:44:40.40 ID:mUzgRXys0

P「ふぃー、終わったー」

風花「なんですかそれ?」

P「ふぃ息」

このみ「気の抜ける息ねぇ」

P「ため息は幸せが逃げるからふぃ息しておけばいいんですよ」

このみ「じゃあ河岸変えましょうか」

P「別に事務所で遊んでたわけじゃないですけどね」

風花「おっごり、おっごりっ♪」

P「はぁ……」

このみ「幸せが逃げるわよ?」

P「現金が逃げてるんですよ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:45:21.17 ID:mUzgRXys0

1杯目

P「じゃあとりあえずビール3つ」

風花「えっ? わ、私はこっちのカクテルがいいかな~なんて」

このみ「私はビールでいいけど。勝手に決めるのは良くないわよプロデューサー」

P「いいからビールにしとけって。ホップには豊胸効果があるらしいぞ?」

このみ「ビールで」

風花「なおさらいやですぅ!」

P「分けられたらいいのにな。ね? このみさん」

このみ「パンチするわよパンチ」

P「してから言うなよ」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:46:48.50 ID:mUzgRXys0

P「えーでは何かにかんぱーい」

このみ「なにその気の抜ける挨拶」

P「だって何かの日なわけじゃないですしおすし」

風花「おすし?」

このみ「それにしたってもうちょっとやりようってのがあるでしょもう」

P「じゃあこのみさんにお願いします」

このみ「了解。見てないさい? これが乾杯の音頭ってやつよ」

P「はぁ~おどりお~ど~るな~らちょいと」

風花「とうきょうお~ん~ど~」

P・風花「は~よいよい」

このみ「その音頭じゃない」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:48:01.55 ID:mUzgRXys0

このみ「えー…………」

P「まだー?」

このみ「ちょっと待ってってば。うーん……」

このみ「これからの人生で一番若い日に乾杯!」

P・このみ・風花「乾杯!」

P「しかしずいぶんと重い音頭で」

このみ「若さは大切よ?」

P「無為にしてる」

風花「ダメですよ? ちゃーんと考えて生きないと」

P「元看護婦に言われるとすっごく重いんだけどその台詞」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:49:11.93 ID:mUzgRXys0

このみ「まーたプロデューサーは炭水化物ばっかりとって」

P「おいしいから大丈夫ですよ」

風花「あっこのサラダおいしい。このみさんもどうですか?」

このみ「あらありがとう。いただいちゃおうかな」

P「肉食肉食」

このみ「野菜も取りなさいよ」

P「ダンスもするんだから肉も取りなさいよ」

風花「……ダイエットちゅ」
P「風花は菓子の食いすぎ」

風花「酷い!」

このみ「まぁそんなに目くじら立ててダイエットしなくてもいいとは思うけどね」

P「まあそうだな。もうちょっとむちぽよしても大丈夫だぞ風花」

風花「ダイエットします!」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:49:53.15 ID:mUzgRXys0

P「ほーらポークだぞーポーク。むちぽよポーク」モグモグ

このみ「どっかの弾幕ゲームみたいな名前ね」モグモグ

風花「うぅ……プロデューサーさんがいじめる~」

P「お好み焼きとかにしとくか? 肉も野菜も取れるし」

このみ「大き目のやつでみんなで分けましょうか?」

風花「あっ、それはいいですね♪」

P「ちなみにキャベツも豊胸効果が」

風花「もういいです!」

このみ「「もういいです」ですって?!」

風花「あ、そういう意味でいったんじゃありません~!」

P「きょういの格差社会がここにある」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:50:46.40 ID:mUzgRXys0

このみ「別に私は貧乳ってわけじゃないからね!」バクバク

P「へー」

このみ「ちゃーんとプロフィール見てみなさいよ! 黄金体系なんだから!」バクバク

P「わかりましたからキャベツだけ抜き取って食べるのはやめなさいな見苦しい」

このみ「でも、なにを食べたらこんなにたわわになるのかしら」

風花「す、好きで大きくなったわけじゃありません!」

このみ「私だって好きで小さくなったわけじゃありません!」

P「まぁまぁむしろそこがい」
このみ・風花「プロデューサー(さん)は黙ってて!」

P「はい。……俺は雪歩だったのか」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:51:20.61 ID:mUzgRXys0

このみ「別に私は貧乳ってわけじゃないからね!」バクバク

P「へー」

このみ「ちゃーんとプロフィール見てみなさいよ! 黄金体系なんだから!」バクバク

P「わかりましたからキャベツだけ抜き取って食べるのはやめなさいな見苦しい」

このみ「でも、なにを食べたらこんなにたわわになるのかしら」

風花「す、好きで大きくなったわけじゃありません!」

このみ「私だって好きで小さくなったわけじゃありません!」

P「まぁまぁむしろそこがい」
このみ・風花「プロデューサー(さん)は黙ってて!」

P「はい。……俺は雪歩だったのか」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:51:46.30 ID:mUzgRXys0

P「このみさんはあれですよね。黒のなんとかに薬を飲まされたんですよね?」

このみ「キック力なんとかシューズ履いて蹴るわよ」

P「いてていてて蹴るな蹴るな」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:52:16.50 ID:mUzgRXys0

2杯目

風花「あ、そうだ! 今日は十三不塔って役を覚えました!」

P「なぜそんなマニアックなローカル役満を覚えたのか」

このみ「いや、そうとは言えないわよ? 国士無双だって元は十三不塔なわけだし」

P「採用してるところ知りませんけどね十三不塔」

このみ「中国麻雀だったかしらね採用してるの」

P「さあ」

風花「ツモ! 国士無双って言ってみたいですね」

P「あんた天和あがった人だからな?」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:52:59.23 ID:mUzgRXys0

P「しかしもっとこう、わかりやすい役を覚えたほうが」

このみ「そうねぇ何か参考書とかあればいいんだけど」

P「今更麻雀の基本みたいな本持ってないですね」

このみ「堀内本とかはあるけど」

P「初心者があれ読んだら余計混乱するでしょ」

風花「ほりうちほん?」

このみ「元連盟プロの堀内さんっていう人がね?」

P「長くなるからやめい」

このみ「オバカミーコとか読ませてあげるのが一番いいんじゃない?」

P「あー確かに。漫画ですから読みやすさもありますしね」

このみ「まぁ絵柄はあれだけど」

P「あの人は本業雀荘経営だから」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:53:36.71 ID:mUzgRXys0

風花「なにかお勧めの本とかあるんですか?」

このみ「お勧めはさっき言ったオバカミーコって本ね。今度持ってきてあげる」

P「また事務所の本棚がおかしくなる……」

このみ「プロデューサーはなんかないの?」

P「なんかとは?」

このみ「好きな麻雀漫画。ちなみに私はミリオンシャンテンさだめだ」

P「ありましたねそんなの。ん? 目の前にめろんちゃんが」

このみ「あらほんと」

風花「誰ですか? めろんちゃんって」

P「ぱいおつかいでーな帰国子いたいいたい蹴るな蹴るな」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:54:20.33 ID:mUzgRXys0

P「俺はナナオチートイツを読ませたいです」

このみ「却下」

P「なんで」

このみ「反応を楽しみたいだけでしょあんた」

P「はい」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:54:57.70 ID:mUzgRXys0

3杯目

P「……実は風花って飲めるよな。バーベキューのときもカパカパ空けてたし」

風花「そ、そうですか?」

P「うん。見た目とは裏腹にというかなんというか」

このみ「おいしいから仕方ないわよね」

風花「そうですね。だっておいしいんですもん」

P「だからふ」
このみ「ふ?」

P「なんでもないです」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:55:43.04 ID:mUzgRXys0

このみ「莉緒ちゃんはすぐつぶれちゃうから、絶対他の男の人と飲ませないほうがいいわよ」

P「ほう」

風花「そうなんですか?」

このみ「私が男だったらすぐお持ち帰ってるわね」

P「男のこのみさん……ショタみさん?」

風花「なんだかかわいい感じがします♪」

このみ「あーふった私が悪かったからその妄想をやめて二人とも」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:56:15.65 ID:mUzgRXys0

P「他に飲める人はどうなんだろうな」

このみ「あずさちゃんはあんまり強くなかったかな」

P「千鶴なんかはどうですか?」

このみ「うーん、一緒に飲んだことないからわからないわね」

P「千鶴飲ませたら面白そうですけど」

このみ「あら、今度呼んでみる?」

P「……やめときましょう。なんか絡まれてめんどくさいことになりそうだ」

風花「麗花ちゃんはどうですか?」

P・このみ「うーん……」

P・このみ「酔ってる姿が想像できない」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:56:50.25 ID:mUzgRXys0

4杯目

このみ「そういえば」

P「総入れ歯?」

このみ「耳鼻科行く?」

風花「あ、見てあげましょうか?」

P「箸を持ちながら言わないで下さい」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:57:31.10 ID:mUzgRXys0

このみ「そういえば」

P「……」

このみ「昨日は猫の日だったみたいね」

風花「はい♪ ネコカフェのネコちゃんたちに会ってきました~」

P「猫好きなだ風花は」

風花「大好きです!」

P「風花はネコっぽいしな。猫の集会にいてもおかしくない」

風花「ほめられてます?」

P「ほめてるほめてる
  このみさんは犬ですかね」

このみ「うーん。どっちも好きだけど」

P「いや分類的に。小型犬」

このみ「わんわん」

P「いてててっ」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:58:13.40 ID:mUzgRXys0

風花「プロデューサーさんプロデューサーさん」

P「プロデューサーさんは一回でいって言ったでしょ」

風花「私はなにネコですか?」

P「うーん、あれ。ロシアなんとか」

風花「あ、ロシアンブルーですか。うれしいです」

このみ「どんなネコなの?」

風花「おとなしくて頭のいい、綺麗なネコちゃんですよ」

このみ「……なんか格差を感じるんだけどプロデューサー」

P「このみさんはチワワですよ」

このみ「……嬉しがっていいの?」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:58:49.53 ID:mUzgRXys0

このみ「プロデューサーはイヌ? ネコ?」

P「ヨウム」

風花「えっ?」

P「ヨウム」

このみ「あのでっかい鳥?」

P「じゃあね、また明日。君を愛してるよって言って死にたい」

風花「し、死んじゃだめです!」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 19:59:33.99 ID:mUzgRXys0

5杯目

風花「プロデューサーさんちょっと横すいません」

P「ん」

このみ「まっすぐ言って右ね?」

風花「はい。ありがとうございます」

P「……トイレ?」

このみ「そういうときはお花を摘みにって言うのよ」

P「俺は鷹狩だな。結構飲んでるしそろそろ近くなるか」

このみ「……この前の風花ちゃんのライブは良かったわね」

P「えぇ、力入れましたから」

このみ「夕日も綺麗だったし。思わず見とれちゃったわ」

P「そろそろこういう仕事も増やしていきたいところですね」

このみ「うんうん。……ところで」

P「あのへっぴり腰はそのまま使いますよ」

このみ「……だってすべるんだもん」

P「滑らなかったらカーリングにならないだろ」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:00:01.51 ID:mUzgRXys0

P「この前のライブで思ったんですけど」

このみ「なに?」

P「やっぱり風花は指先で表情を作るのが上手いんですよ」

このみ「ふーん」

P「指先をこう、ひらひらさせる感じって言えばいいんですかね。たおやかっていうかなんと言うか」

このみ「……」

P「なにひらひらさせてるんですか?」

このみ「別にー」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:00:28.78 ID:mUzgRXys0

このみ「指って実はポイント高いわよね」

P「指フェチの人もいますからね。俺も若干そうですし」

このみ「へー」

P「女の人でも男の指が好きって人結構多いじゃないですか」

このみ「まぁ私もわかるかな。仕事してる男の人の指って結構好きだよ」

P「お、意外」

このみ「血管が少し浮き出てる感じとか、あとは腱の感じとか」

P「同盟組みます?」

このみ「遠慮しておきます」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:00:52.56 ID:mUzgRXys0

このみ「ネイルとかも好きなの?」

P「うーん、ネイルは好きでも嫌いでもないですね」

このみ「ふーん」

P「タイピングするのには邪魔だと思います」

このみ「私も小鳥ちゃんもしないからねー」

P「邪魔だからですか?」

このみ「まぁそうね。あ、でも他の子がしてたらちゃーんとほめないとダメだからね?」

P「覚えときますよ」

このみ「女の人って先っぽのほうに意識が行くものだから。あ、プロデューサー」

P「はい?」

このみ「そろそろ革靴、新しいのにした方がいいわよ? 結構磨り減ってるから」

P「よく見てますね」

このみ「今度買いに行こうか?」
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:01:30.58 ID:mUzgRXys0

風花「戻りましたー」

P「お、じゃあ俺もちょっと外に出てこようかな」

このみ「鷹?」

P「ヤニ」

このみ「はいはいお外で吸ってきなさい」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:01:57.61 ID:mUzgRXys0

風花「なんのお話してたんですか~?」

このみ「んー仕事の話かな? ……風花ちゃん」

風花「はい」

このみ「プロデューサーにセクハラとかされてない? 大丈夫?」

風花「だいじょうぶですよ。最近はえっちなちょっかいも減ってきてますし」

このみ「大人ねぇ。……あ、風花ちゃんがよ。プロデューサーは子供子供」

風花「……ずっとじろじろ見られるよりも、プロデューサーさんみたいにはっきりしてくれてるほうがいいです」

このみ「……ふーん。まぁこんどちょっかいだしてきたらめってしていいのよ。めっって」

風花「めっですか」

このみ「そうそう。めっって」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:02:26.68 ID:mUzgRXys0

P「戻りましたー」

風花「めっ」

P「え?」

このみ「めっ」

P「え? なにが? 煙草?」

このみ・風花「それもめっ」

P「はやってんのか?」
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:02:53.89 ID:mUzgRXys0

P「そいえば風花」

風花「はい。なんでしょうか?」

P「スケートやってたのか? ずいぶん上手く滑ってたけど」

風花「はい、子供のころに少しだけ」

P「ふーん。子供のころにスケートか。いいとこのお嬢様みたいだな」

風花「ミーハーなだけですよ」

P「他にもなんかやってたのか?」

風花「水泳は結構長くやってました」

P「ふーん。俺は野球」

このみ「私はビール」

P「注文だろうけど、うるさい人がいるからそのボケはやめときなさい」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:03:23.09 ID:mUzgRXys0

風花「プロデューサーさんは野球少年だったんですか」

P「意外か?」

風花「ううん。なんか想像できます」

このみ「スポーツマンっぽい見た目してるしね」

風花「キャッチボールとかしてみたいですね」

P「おういいぞグラブもってきてやる。でもどのボールをキャッチすればいいのか迷いそうだな」

風花「? ……あっ、めっ!」

このみ「そうそう」

P「はやってんのかそれ」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:03:54.87 ID:mUzgRXys0


33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:04:24.20 ID:mUzgRXys0

9杯目

P「そいえばもう二年だなぁ」

このみ「そうねぇ」

風花「二年ですかぁ……」

P「長かった? 短かった?」

このみ「短かった」

風花「長かったです」

P「それは年齢から来るものかな」

このみ「いい雰囲気にそういうのぶちこんでくるのやめなさい」

風花「プロデューサーさんと出会って、劇場のみんなと出会って。色々なことがあって。なんだか、どれも濃厚な時間で……」

このみ「色々あったわねぇ。でもどれもこれも楽しくて。あっという間に過ぎちゃったなぁ」

P「まあまだまだこれから先は長いですけどね」

このみ「そうね。まだまだまだまだ先は長いわね」

風花「これからもよろしくお願いしますね♪」
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:04:52.21 ID:mUzgRXys0


35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:05:26.18 ID:mUzgRXys0

X杯目

風花「あ~そのおつまみおいしそ、きゃっ」

P「あ、大丈夫か?」

風花「あーおみずこぼしちゃいました~」

このみ「拭くものもらってくるわっとっと」

P「あーあーこのみさんも座っててください。俺もらって来ますからちょっと待っててください」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:06:08.28 ID:mUzgRXys0

P「もらってきまし、なにやってるんですかこのみさん」

このみ「ふかふかよふかふか」

風花「ひざまくらですぅ」

P「いやそれはわかるけど」

このみ「プロデューサーもやる?」

P「やりたいけど」

このみ「つめたいだろうからあっためてるのよー。あ、富士山が二つ」

風花「きゃっ、や、やめてください~」

このみ「プロデューサーもやるー?」

P「やりたいけど。ほら離れた離れた。ほい風花、タオル」

風花「あ、どうもすいませんねぇ」

P「……風花お前眠いだろ」
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:06:45.87 ID:mUzgRXys0

このみ「しかたないわねぇ。ほらプロデューサー、おいで」

風花「あっ! こっちこっちのほうがいいですよぷろでゅーさーさん!」

P「いや、大変魅力的ですけど」

このみ「はーやーくー」

風花「はーやーくー」

P「……じゃあこのみさんの方で」

風花「えー?!」

P「お前のは理性が保てるか怪しいんだよ馬鹿やろう」

風花「おいしいのに」

P「風花さーん?」
38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:07:24.31 ID:mUzgRXys0

このみ「ほーらおいでおいで」

P「5、いや2分したら終わりですよ」

このみ「ウルトラマンなのぷろでゅーさー?」

P「3分されてたらカラータイマーが爆発する」

風花「3分……」

このみ「プロデューサー重い」

P「じゃあどけますねこら押さえるな」

このみ「3分そのままなんでしょー?」

P「2分な!」

風花「このみさんばっかりずるー」

このみ「ねんこうじょれつ」

P「多分違う」

風花「……! そうだ、ぷろでゅーさーさ~ん♪」

P「なんだ? 今この感触を記憶するのに忙しいんだけど」

風花「わたし、いきとめるのとくいなんですよ~?」

P「おう知ってる」

風花「ぷろでゅーさーさんとどっちが長くとめられるかためしてみましょ~!」

P「どういう意味だ?」

風花「ん~」

P「馬鹿風花やめろこら!」

風花「いたっ。このみさんがじゃましたー!」

P「このみさんも! ほら膝枕終わり!」

このみ「あーにげた!」
39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:07:56.82 ID:mUzgRXys0

P「いいか! 俺からセクハラするのはありだがお前らからはなしだ!」

風花「ぶーぶー」

このみ「だんじょびょうどー!」

P「くっ、誰が男女共同参画社会基本法なんて推し進めたんだ」

風花・このみ「びょーどー! びょーどー!」

P「このやろう。明日覚えてろ」
40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:08:31.85 ID:mUzgRXys0


41:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:09:07.96 ID:mUzgRXys0

P「……精神的に疲れた。ほら、帰りますよ」

このみ「Zzz」

風花「くーっ」

P「こらー寝るなー。特に風花!」

風花「あ、おはよーございますぅ……Zzz」

P「だから寝るなってば!」

風花「なんでわたしはねちゃだめなんですかー?」

P「お前を背負って帰ったら心の天使が負ける絶対に」

このみ「……なーんかしつれいなことを言われたきがすZzz」

P「……起きないのか」
42:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:09:36.51 ID:mUzgRXys0


43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:10:04.34 ID:mUzgRXys0

風花「わたしもせおってー」

P「俺はハルクじゃない」

風花「はるく?」

P「緑のあいつだ」

風花「がちゃぴんさん!」

P「違う」

風花「じゃあわたしはつかまっちゃいますね~」

P「……まぁそれならいいけど」
44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:10:51.22 ID:mUzgRXys0

P「えー今から予約できるビジネスホテルビジネスホテル」

風花「おとまりすればいいのに」

P「理性が死んでしまいますのでご遠慮してください。はいここ」

風花「?」

P「セミダブルで取りましたので二人で寝てってください」

風花「えー? ぷろでゅーさーさんはー?」

P「自宅に帰りますよもう」

風花「さみしいです……」

P「……涙目になってもだめ。じゃ、また明日」

風花「あしたじゃないですよ?」

P「ん?」

風花「またらいねんも、これからもずーっとよろしくですよ? ぷろでゅーさーさん♪」

P「……おう」
45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:11:22.17 ID:mUzgRXys0
風花の隣にこのみさん立たせてしばらく眺めたいよね。
46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 20:13:05.39 ID:n4Jr90/E0
なにかと思ったらこないだ麻雀やらせた人か
よくわかってるじゃないか乙
48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/23(月) 21:31:24.73 ID:FBAKSfb80
乙乙。雰囲気が素晴らしい。
お奨め記事
2月25日 16時00分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告