記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:48:32.21 ID:4bVPwKzv0
このみ「そんな訳でセットです」

P「どんな訳ですか」

このみ「プロデューサーがリア麻したことないって言うから手ほどきしてあげようって話じゃない」

P「端折りすぎです色々」

このみ「今は1バイトも無駄にできないのよ」

P「メタい」

このみ「仕事中にss書くのも大変なんだから」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:49:53.68 ID:4bVPwKzv0

このみ「面子は居残ってた小鳥ちゃんと」

小鳥「役無小鳥です」

P「チョンボじゃねーか」

このみ「逃げ遅れた風花ちゃんです」

風花「な……なんですか? ここ、どこですか? なんで私連れてこられたんですか?」

P「みくるちゃんがいる」

このみ「安心して風花ちゃん、とって食おうとか、ひん剥いてやろうとかは思ってないから」

風花「ひっ」

P「俺は超能力者ですねこの並び」

このみ「何言ってるのよプロデューサーは一般人よ一般人」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:50:29.28 ID:4bVPwKzv0

このみ「じゃあ東風ピンのニーヨンアリアリ一枚1000円ね」

P「待て待て待て、それが物騒なことは何となく分かる」

小鳥「そうですよこのみさん、点3くらいから始めないと」

P「音無さんまでなんでオンレート基準なんですか」

このみ「点3?」

小鳥「えぇ、点3$」

P「だからー」

風花「あ、あのっ!」

P「ん? どうした風花?」

風花「私まーじゃんのルールわからないんですけど……」

このみ「あっ」

小鳥「あっ」

P「「あっ」じゃないがなお二人さん」

小鳥「ど、どーしましょうこのみさん」ボソボソ

このみ「「風花さんなら脱衣麻雀の経験あるから大丈夫ピヨ」って小鳥ちゃん言ってたじゃない」ボソボソ

P「おいおっさん二人風花の胸囲に対する偏見をやめろ」

風花「す、好きで大きくなったわけじゃありませんっ!」

P「わかってるわかってる。不可抗力で揉まれて大きくなったんだよな」

風花「それも違いますぅ!」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:51:10.89 ID:4bVPwKzv0

風花「うぅ……プロデューサーさんがいじめる……」

P「すいませんごめんなさい悪かったと思ってますので鷲頭ばりに牌を投げつけるのをやめてください」

このみ「でも困ったわねぇ。今更三麻にするってのも味気ないし」

小鳥「社長でも呼びましょうか?」

このみ「うーん、黒一色(ビギニングオブコスモス)できそうな面子もねぇ」

P「どこの首相ですかうちの社長は」

小鳥「765、876、961の社長さん勢ぞろいで打ったら面白そうですね」

ことり「牌も黒牌ね」

P「金色荘ならぬ黒色荘ですか」

小鳥「金!」

このみ「金!」

P「誰もついて来れないからやめて。ほら風花がぽかんとしてる」

このみ「そうだ」

P「却下」

このみ「……まだ何も言ってないじゃない」

P「すいません、細胞が拒否反応を起こしました」

このみ「風花ちゃんに麻雀教えればいいのよ」

小鳥「風花ちゃんには麻雀を教えて、プロデューサーさんにはリア麻の作法を教えるんですね」

このみ「そうそう。ここには海千山千の猛者が集まってるんだからちょうどいいわ」

P「言っておきますけど、俺はそんなに強くないですよ。ルールがわかるくらいで」

このみ「あら、前鳳凰民みたいなこと言ってなかった?」

P「それは平行世界の俺の話です」

このみ「ずいぶんと今日はメタいわねぇ。あ、こら風花ちゃん逃げない!」

風花「ひっ」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:51:59.01 ID:4bVPwKzv0

このみ「いい?」

風花「よくないですぅ……」

P「お、風花が俺っぽい返しをしてる」

このみ「風花ちゃん、こいつみたいになっちゃだめよ」

小鳥「そうそう薄汚れた大人になちゃうわよ」

P「どす黒い大人二人に言われたくないわい」

このみ「とりあえず、本当に簡単なところだけ教えるわね?
    今目の前にキャラメルみたいなものがあるでしょ?」

風花「さっき投げたやつですか?」

このみ「うん、もう投げないでね。店員さんに怒られるから」

P「もう怒られましたけどね。よく出禁にならねぇな」

このみ「これが牌って言ってこれがないと麻雀が出来ないの。いうなればバスケットのボールね」

風花「やっぱり投げてもいいんですか?」

このみ「表現が良くなかったわね。これでドリブルしたりパスしたりシュートしたりするわけじゃないから」

小鳥「全部で136枚あって、これをポーカーみたいに交換していい役を作るのよ」

風花「へー……123……あれ? 136枚もあります?」

小鳥「えっ?」

このみ「えー8×17トン……になってない16トンだこれ。プロデューサー、探して」

P「俺っすか」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:52:40.82 ID:4bVPwKzv0

風花「なるほどー、全部数字を表してるんですね?」

このみ「そうよ。マンズは漢数字だからわかりやすいと思うけど」

小鳥「ピンズとソーズはちょっと気をつけないとわからないかもね」

風花「丸っこいのが、ピンズ? でしたっけ。これは数を数えればいいんですね」

このみ「そうそう。さすが風花ちゃん。飲み込みが早いわね」

風花「それでこのMみたいなやつが8で鳥が1? でしたっけ?」

小鳥「Exactly(その通りでございます)」

風花「なんとなく分かってきました! これで横につなげたり縦に並べたりすればいいんですね!」

小鳥「そうそう! 小難しい役とかはリーチって言っておけばなんとかなるから大丈夫」

このみ「よし、じゃあ始めましょうか!」

P「待ってまだ5pが見つからない」

このみ「まだ見つからないの?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:54:16.73 ID:4bVPwKzv0

このみ「まず席を決めます」

P「殴り合って?」

小鳥「ファイッ!」

風花「えっ? 私?!」

P「ぐぉっ……!」

小鳥「K.O!」

このみ「じゃあ風花ちゃんが親ね。ってやらせない」

風花「あ、違うんですね? 良かった」

このみ「東南西北の牌を裏返して混ぜてとって人がそこに座るの」

P「へー」

風花「へぇー」

小鳥「2へぇですね」

P「投稿者には200円と粗品が送られます」

このみ「ソフトピンのご祝儀?
    まぁそれはそれとして、ちゃんとしたやり方もあるんだけど、それはめんどくさいから省略するわね」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:55:22.15 ID:4bVPwKzv0

P「でこんな感じで座るっと」

このみ「もし座ったときに眩暈吐き気頭痛がしたら気をつけて、その人とはだいぶ麻雀力が離れてるから注意して闘牌しないといけないわよ」

風花「そうなんですか?」

P「どこの改革だどこの。違うからな」

小鳥「そんな状態だったら早く寝たほうがいいですね」

P「それでも男には打たなければならない時もある」

このみ「で特上卓でラスを引いた後のように真ん中のボタンを押します」

小鳥「あ、私はクールダウン入れるタイプです」

このみ「じゃあクールダウンしましょうか」

P「予約ボタン連打でしょ連打」

このみ「ほらプロデューサー、全員分の飲み物持ってくる」

P「えー」

小鳥「あ、私レッドブルで」

P「サーバーにあるやつでお願いします」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:56:25.48 ID:4bVPwKzv0

このみ「ボタンを押すと山が上がる」

風花「……おぉー」

P「あ、風花がきらきらした目で見てる。これはダメだ。おい風花起きろ、いいかこのゲームは負けるたびに服を脱がされる闇のゲームだぞ」

風花「やりません!」

このみ「そんなことされないから大丈夫よ」

小鳥「諭吉さんは飛んでいくけどね」

このみ「野口さんでしょ?」

P「ノーレートだってばノーレート」

風花「でもこれすごいですね」

P「そうだな。バッテラとか作れそうだよな」

小鳥「それはいやですねー」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:57:44.35 ID:4bVPwKzv0

このみ「それで山から配牌を取ったら対局開始って感じで」

風花「はーい」

P「はーい」

小鳥「プロデューサーさんのはかわいくない」

このみ「最初は全員手牌をオープンにしてやりましょうか。風花ちゃんへのレクチャーもかねて」

小鳥「はーい」

P「はーい」

風花「……プロデューサーさんはかわいくない」

P「なにこれ俺いじめられてる?」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:59:13.71 ID:4bVPwKzv0

P「じゃあ1局やってみますか」

このみ「それじゃあ手牌オープンザプライス」

小鳥「1、10、100……!」

P「安い」

このみ「安い」

風花「み、みなさん早いです」

このみ「あーゆっくりでいいわよゆっくりで。力入れると……」

風花「あっ」

このみ「……そんな感じでビクトリーしちゃうからねー」

小鳥「ブイ!」

P「ぶいっ!」

このみ「とりあえずプロデューサーは卯月さんに謝ってきなさい」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 20:59:49.35 ID:4bVPwKzv0

仕切りなおして

風花「あ、牌の色が違いますね」

小鳥「自動卓は2セットの牌を使うからねー。同じ色だと混じったときに大変でしょ?」

風花「なるほどー」

P「個人的には青色のほうが好きですね」

このみ「店によってはピンクとかもあるわよ」

小鳥「へー、ずいぶんとかわいい色もあるんですね」

P「えーっと左8っと。取りづらいですね左8」

小鳥「慣れてると一発で切れる人もいるみたいですね」

このみ「まぁ最近は配牌取るところなんて珍しいわよ。もうそこも自動」

小鳥「それはなんか……違う気がしますけど」

このみ「慣れちゃうとねーもうだめねー」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:01:00.31 ID:4bVPwKzv0

※全員分とかめんどくさくてやってられません。
 ちゃんとした闘牌が見たい人はim@s雀姫伝をおすすめします。

風花(西家)配牌
ドラ1m
2368m366899p116s ツモ中

風花「えー……なにを交換すればいいんですか?」

このみ「これはセンスの問われる手牌ね」

小鳥「うーん……プロデューサーさんなら何切ります?」

P「うーん、マンズに手はかけられないから3689p6s中あたりが候補ですかね
  大体上がれないんで降り気味に6sからであわよくばチャンタドラあたりを」

風花「んーっとこの緑の6を交換すればいいんですか?」

P「おう切っとけ切っとけ」

風花(西家)
ドラ1m
2368m366899p11s中 ツモ6p

風花「今度は中を交換するんですか?」

小鳥「うーん、説明はしてなかったけどその中は結構使えるから残しておいたほうがいいかなぁ」

このみ「とはいえ好みよねこれ」

P「だじゃれ?」

このみ「はいはい。今度はピンズの3でも切っておきましょうか」

風花「わかりました!」

風花(西家)
ドラ1m
2368m666899p11s中 ツモ中

風花「うーん……うーん」

P「とりあえず8p?」

このみ「68m払うのがバランスよさそうだけど」

小鳥「5ブロックにするか6ブロック続けるかですね」

このみ・P「じゃんけんぽん!」

このみ「八で」

P「負けた……」
14:あ、mはマンズpはピンズsはソーズです。:2015/02/20(金) 21:02:16.66 ID:4bVPwKzv0

風花(西家)
ドラ1m
236m666899p11s中中 出る中

P「あ、中鳴け」

風花「え? ……にゃ、にゃー」

小鳥「よし」

このみ「定番定番」

P「うん」

風花「な、なんですかなくって!」

風花(西家)
ドラ1m
23m666899p11s ポン中中中 ツモ9p 打8p

このみ「さて風花ちゃん問題です。これはなに待ちでしょうか?」

P「はい! 先生!」

このみ「プロデューサーくんは廊下に立ってなさい」

P「酷い!」

風花「えーっと、頭がこれで……一四ですね!」

このみ「はい正解!」

小鳥「そしてここでプロデューサーさんからドラが出る、と」

P「出ませんよ! アンコじゃないですか!」

このみ「でもプロデューサーはなぜかドラを切りたくなっちゃうのよねー?」

P「がっつり面子なんですけど」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:02:44.29 ID:4bVPwKzv0

小鳥「貴方はドラを切るたくなーる切りたくなーる」

このみ「切りたくなーる切りたくなーる」

風花「き、切りたくなーる切りたくなーる」

P「あぁ手が勝手に!」

風花「あがりです!」

このみ「へいいっちょ上がりっ!」

P「はっ俺は何を」

このみ「じゃあプロデューサーくんに問題です。この上がり点は何点でしょうか」

P「記憶にございません」

このみ「点数計算出来ないけどプロ級なの?」

P「タイムリーなネタを。えーたぶん2000点?」

ドラ1m
23m666999p11s ポン中中中 ロン1m

このみ「正解は2600でしたー。20+4+4+8で36は切り上げて40符計算でーす」

P「符計算は苦手なんですよ」

このみ「廊下に立ってる?」

P「遠慮します」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:03:40.00 ID:4bVPwKzv0

風花「まーじゃんって楽しいんですねっ!」

このみ「ね? 楽しいでしょ?」

P「戻ってこーい風花ー。そこは魔窟だぞー」

小鳥「上がれると楽しいわよね最初は。いつからか着順しか見えなくなったり」

このみ「ご祝儀しか見えなくなったり」

P「ptしか見えなくなったり」

P・このみ・小鳥「はぁ……」

風花「?」

P「無邪気な笑顔がまぶしい」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:06:05.28 ID:4bVPwKzv0

小鳥「じゃあトップの言うことを何でも聞くっていうことで」

P「待て待て待て。ノーレートより怖いわそれ」

このみ「それじゃあ3位がトップの言うことを何でも聞くは?」

P「いや、大して変わってないからそれ」

風花「なんか面白そうですねっ」

P「……まぁいいですけど」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:06:40.14 ID:4bVPwKzv0

P(このルール、穴がある! トップラスじゃないのは風花のためだろうけど)

P(積極的にラスればいいんだ!)

このみ「じゃあ親は風花ちゃんね。あ、風花ちゃんのチョンボはなしね」

P(チョンボ4回して終わりだな)

このみ「私と小鳥ちゃん、それにプロデューサーがチョンボしたらその時点で3着は固定ね」

P「なにそれ!」

このみ「じゃないとチョンボ4回する人が出るでしょ?」

P「ぐぬぬっ」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:08:06.86 ID:4bVPwKzv0

P(西家)配牌
ドラ4m
125m36699p29s東南發

P(可も無く不可も無く)

風花「うーん……」

P「どうした風花、悩む手か?」

小鳥「こういうときネタが思いつかない人は天和! とかやっちゃいますよね」

このみ「言ってみたいわねぇ。「明日は晴れるかなぁ」」

風花「プロデューサーさん、てんほーってなんですか?」

P「ん? あぁ親の配牌で上がってると親の役満なんだ。まぁなんだ必殺技見たいなやつだ」

風花「えっと、それじゃあそれです。てんほー!」

風花手牌
234m11p456s東東東白白白

P「……」

このみ「……」

小鳥「……ネタが思いつかなかったのね」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:09:02.29 ID:4bVPwKzv0

P(西家)配牌
ドラ2s
3477m235r6p29s東西白

P(リーチするとマンガンで飛ぶトンパツって、まぁよくあるか)

P(配牌は、いいな。鳴いてマンガンが見える)

P(西家)7順目
ドラ2s
34677m2345r6p234s ツモ7m

P(何切るになったけど)

P「まぁこれだよなぁ」6m

風花「あっ」

このみ「どうかした風花ちゃん?」

風花「うーん、なんか複雑で……。
   えーとリーチってのをすると上がれるようになるんでしたっけ?」

小鳥「そうそう、リーチはお手軽な必殺技だから」

風花「じゃあリーチ!」打7p

P(安牌ナッシング。まぁラスがptマイナスにならない着順戦だとすれば)

P「鉄押しの麒麟児!」7pチー打7m

ドラ2s
3477m234p234s チー5r67p

風花「……」

P(まぁ風花のリーチは愚形だろう。なんとなく)

風花「あ、あがりました!」

風花手牌
1144555666m中中中 ツモ4m

風花「えへへっ、中は大事だってさっき教えてもらったので」

P「メンホン……」

小鳥「ツモスー……」

このみ(プロデューサーの7mで上がりだけど)

このみ「あえての見逃し、じゃないわよね……?」

P「え? 見逃し?」

このみ「プロデューサーの7mアウトよ。147mだから」

小鳥「あ、本当だ7mもある」

風花「?」

このみ(……てっきりプロデューサーを3着に落とすために見逃したのかと)

このみ「気のせいね。多分」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:10:23.42 ID:4bVPwKzv0

このみ「じゃあプロデューサーが罰ゲームね」

P「俺?!」

このみ「起親基準で周りだから」

風花「みんなじゃないんですか?」

P「出たよドS風花」

風花「みんなに言うこと聞かせられたらまたして欲しいなーって」

小鳥「えぇそれはもちろん。ね?」

このみ「えぇもちろん。
    それとは別にプロデューサーに何か命令してもいいのよ?」

風花「え? それじゃあ、……セクシー衣装禁止、とか?」

P「嫌だ」

風花「聞いてくれないじゃないですかー!」

小鳥「ま、まぁそれはほらプロモーションとかもあるから」

P「俺が見たい」

このみ「廊下に立ってろ」
22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:10:51.72 ID:4bVPwKzv0

小鳥「業務以外でのお願いでね、ね?」

風花「んー……なにがいいんですか?」

このみ「3回回ってわん、とか?」

P「わんわん」

風花「かわいくない……」

P「なにこれ俺いじめられてる?」

このみ「いじめられてる」

P「あ、そうか」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:12:06.37 ID:4bVPwKzv0

風花「き、決めました!」

P「決まわれてしまいましたか」

このみ「嫌そうね」

P「嫌に決まってるじゃないですか。東京湾にコンクリ抱えて飛び込めとか、樹海で両手両足縛られて蜂蜜まみれになったりさせられるんですよきっと」

このみ「ウシジマ君の読みすぎよ」

風花「そ、そんなことしませんよぉ!」

P「いーや、こう見えて風花はSなところあるからありうる」

小鳥「ありうる」

このみ「誰がわかるのよこのネタ」

風花「次のお休み、私と猫カフェに行きましょうねプロデューサーさん」

P「……」

小鳥「……」

このみ「……」

P「……え? それだけ?」

風花「え? は、はい」

小鳥「ランチもご馳走しなさい」

P「あ、はい」

このみ「お洋服も一緒に見に行きなさい」

P「了解しました」

風花「そ、そこまでしてもらわなくてもいいですよぉ」

このみ「だーめ。こういうときにはもっと言うべきなの。
    夜はいいお店でフレンチね?」

P「はい」

このみ「ぜっっっったいそのまま帰ってきなさいよ」

P「このみさんに殺されそうなので了解です」

小鳥「イーペーコーの女、ですかねぇ?」

このみ「違うわよきっと。スーアンコの女よ」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:12:51.19 ID:4bVPwKzv0

P「そういえば」

このみ「どうかした?」

P「リア麻の手ほどきとか言っておきながら全然書いてませんね」

このみ「あー確かに」

小鳥「確蟹」

風花「かにかに」

このみ「もうめんどくさいから箇条書きで
・山を前に出す
・リンシャン牌は降ろす
・六枚で切る
・打牌はソフトに
・発声ははっきり
    を守れればそれでいいわよ」

P「うわぁ投げやり」

小鳥「投槍」

風花「やりやり」

P「外野はなんだこれ」
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:13:29.65 ID:4bVPwKzv0

このみ「まぁあれよあれ。楽しく打てればみんな勝者よ」

P「楽しく打とう!」

このみ「フリー!」
小鳥「セット!」
P「天鳳!」
風花「おぉー!」

このみ「……」
小鳥「……」
P「……」
風花「……」

このみ「あ、あとツモ上がりの時の牌は手牌に入れちゃだめよ?」

P「麻雀打つときは部屋を明るくして卓から離れて見てくれよ?」

このみ「卓から離れちゃダメでしょ」

P「1メートルくらいな」

このみ「離れすぎ」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 21:15:39.80 ID:4bVPwKzv0
やり方はこちら
http://www2.odn.ne.jp/~cbm15900/

実践はこちら
http://tenhou.net/0/

終われ。
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/20(金) 23:19:14.11 ID:eseG0XwNo
乙ー

雀姫伝更新まだかな・・・
お奨め記事
2月21日 16時00分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告