記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
2:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:56:35.32 ID:Fulz1Loe0


志保「…全く、時間がないって言うのにプロデューサーさんは…」

静香「ありえませんね、ほんと…」

P「い、いや、あのだな…」

志保「そう言うの、やめた方がいいと思いますよ」

静香「こればかりは志保に賛成です。流石にそう言うのは…」

P「これは志保や静香の為にって…」

志保「今、プロデューサーさんに発言の権利はありません。少し黙っていて下さい」

静香「どうしてこんな事をしたんですか?プロデューサー?」

P「だから、志保と静香に

志保「発言の権利はない、って言いましたよね?」

P「俺にどうしろと…」

3:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:57:04.65 ID:Fulz1Loe0



志保「静香、その袋の中身を確認して」

静香「…やっぱり、そうだったんですね。戻って来た時に息を切らしていたから、そんな気はしました…」

P「……」

志保「プロデューサーさん、戻って来た時に言った言葉を思い出して下さい」

静香「…嘘、だったんですね」

P「……」

静香「きちんと、説明して下さい。貴方の口から、貴方の言葉で」

志保「色々と言いたい事はありますが、先ずはプロデューサーさんの言い分を聞きます」

4:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:57:32.90 ID:Fulz1Loe0


P「…レッスンが終わって疲れてるだろうと思って、差し入れにコンビニでプリンを買ってきました」

静香「ネタは上がってるんです。本当にコンビニのプリンで押し通せると思ってるんですか?」

P「…え、駅前のケーキ屋のプリンだ。凄く美味しいって評判で…」

志保「なんで…!なんでそんな事を!」ドンッ!

P「す、少しでもお前らの力になりたくて…応援したかったんだよ…」

静香「分かっています、プロデューサーがそう言う人だって言うのは…でも!」

志保「少しは、私達の気持ちも考えて下さい」

P「す、すまん…?」

5:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:58:03.28 ID:Fulz1Loe0


志保「忙しい仕事の合間を縫って」

静香「差し入れを買いに行くなんて…」

志保「それも、コンビニのプリンでいいのに」

静香「わざわざ、駅前のケーキ屋?結構並んだんじゃないですか?」

志保「それを隠す為に、頑張って走って」

静香「しかも、事務所に帰ってきてもずっと笑顔で…そんなの」

志保・静香「そんなの!惚れるに決まってるじゃないですか!!」

P「…えぇ…」

6:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:58:34.09 ID:Fulz1Loe0


志保「プロデューサーさん。もう一度私達の関係を思い出して下さい」

P「アイドルとプロデューサーだけど…」

静香「それなのに、こんな事をして許されるとでも思ってるんですか?」

志保「当然ですが、アイドルとプロデューサーの恋愛なんて論外です」

静香「なのに、そんな優しくてかっこ良くて、頑張ってるところを見せられて…」

志保「はぁ…本当に無理です、惚れますよ?」

静香「…プロデューサーのせいです。こんなことになっているのは」

P「え、俺悪いの?」

7:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:59:14.06 ID:yenveTvPO


志保「それに、普段からプロデューサーさんは私達に口煩く体調管理に気を付けろ、と言っていますが…」

静香「朝食も昼食も食べていないんじゃないですか?昨日より少し元気が無いです」

志保「それなのに…っ!自分の食事をコンビニで買う時間を割いてまで…駅前に走って…!」

静香「振舞ってあげたい…私のうどんを」

志保「もう少し、貴方は自分の事も気にかけて下さい」

静香「自分の事を差し置いて、誰かに優しくて…」

志保「私達は朝から貴方の事を心配していると言うのに、自分は可愛い担当アイドルの事、ですか?」

静香「…はぁ」

志保・静香「素敵」

P「もー仕事戻っていい?」

8:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 18:59:53.68 ID:yenveTvPO


志保「また仕事、ですか…食事も取れていないのに」

静香「少しでも私達の為に、って…志保、どう思う?」

志保「無理ね、大好き」

静香「私もよ」

P「あー、この時少し志保ダンス遅れてるな」

志保「プロデューサーさん」

P「はい」

志保「今、一応お昼の休憩ですよね?」

P「はい」

志保「…何を、しているんですか?」

P「志保や静香のレッスンの映像を見ていました」

志保「…はぁぁぁぁぁぁぁあ?」

P「こわい」

9:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 19:00:40.85 ID:yenveTvPO



静香「最近、よく私達のレッスン後に的確なアドバイスをしてくれると思ったら…そんな事をしていたんですね」

志保「レッスンが終わった後も、少しだけど一対一で色々と指摘してくれて」

静香「好きが大好きに変わっていたと言うのに…」

志保「何故、食事しながらじゃないんですか?」

P「いやほら、何か食べながらだと集中出来なくて…血液が脳じゃなくて消化器官にいっちゃうって言うし」

志保「そこまで、真摯になってくれて」

静香「そんなにも、私達の事を…」

志保「最高ですね、まったく…これが愛、ですか」

静香「大好きが愛に変わりました」

志保「この気持ちをどうすればいいんですか!」

P「なんなのなのお前ら」


10:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 19:01:18.02 ID:yenveTvPO


志保「それと、ありがたいんですがレッスン中にレッスンルームに来るの、控えて貰っていいですか?」

P「え…お、俺はお前たちの頑張る姿が見たくて…」

静香「映像を撮っているなら、それで充分ですよね?」

P「…すまん、集中出来ないか…」

志保「プロデューサーさんが忙しいのは知っていますし、そんな中なんとか時間を工面して来てくれているのも知っています」

静香「そんなプロデューサーに、笑顔でレッスンルームに入ってこられると…」

志保「…貴方のことで頭がいっぱいになって、ダンスに集中出来ないんです」

静香「発声練習、全部愛の告白になりそうなんです」

志保「万全のパフォーマンスは見て欲しいですし、頑張ってる姿も見て欲しいんです」

静香「ですが、プロデューサーが来ると…胸がいっぱいになってしまって、色々と覚束なくなってしまって…」

志保「苦手でよく失敗していたステップを成功させた時、自分以上にプロデューサーさんは喜んでくれて」

静香「そのあと、嬉しさと愛しさでもう何も考えられなくなって集中出来ないんです」

志保「ですから…控えて下さい」

P「うす」

11:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 19:01:50.48 ID:yenveTvPO


志保「まったく、プロデューサーさんには不満が尽きません」

静香「自分の事以上に心配になるわね」

志保「はぁ…無理です、プロデューサーさんと二人きりの絵本を描きたいです」

静香「話したいし声聞きたいしそばに居続けたいわ」

志保「理解できてますか?プロデューサーさん」

静香「…私がプロデューサーの嫁って事になりませんかね」

志保「張っ倒すわよ静香、それは私の立場だから」

P「…茜ー!なんとかしてくれー!」


12:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 19:02:20.40 ID:yenveTvPO


P「はー…助かった」

茜「まったくプロちゃんは…茜ちゃんが居ないとダメなんとから」

P「いつもありがとな、茜」

茜「もうちょっとしっかりしなきゃダメだよ?プロちゃん」

P「返す言葉もございません」

茜「プロちゃんは他の子に甘いし、自分の事よりも他人を優先しちゃうしさー」

P「……」

茜「ダメダメだよ、プロちゃん。流石にもっと大人な対応しなきゃ」

P「すまん…」

茜「だからこそ、茜ちゃんはプロちゃんの事が大好きなんだし」

P「…ん?」

茜「あーこの人には茜ちゃんがそばにいてあげなきゃいけないんだって思わせるのやめたほうがいいよ?ほんと大好き」

P「あ、あの」

茜「マジプロちゃんないわー、すっげー好き。優し過ぎて恋する」

P「…誰かー!!」


13:◆TDuorh6/aM:2017/04/29(土) 19:03:32.49 ID:yenveTvPO

お付き合い、ありがとうございました

前作です、よろしければ是非
【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493302519/
お奨め記事
5月2日 06時09分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告