記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 20:59:18.13 ID:kHukCmcj0
ようちかりこ



曜の家の前

千歌「ごほん。えー、では今から潜入しますのは、我が親友、曜ちゃんの家です」

梨子「あの、私、カメラ担当でいいの? あんまり上手く撮れないけど」

千歌「いいんです。いいんです」

梨子「それにこんな夜遅くに……」

千歌「曜ちゃんのお母さんの許可は取ってるから大丈夫だって。いざ、出陣!」

タタタタっ

梨子「あ、待ってよ千歌ちゃん」

タタタっ

千歌「覚悟しろー、曜ちゃん!」

梨子「大きな声出さないでってば」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 21:04:36.20 ID:kHukCmcj0
ガチャ

梨子(というか、よく親の許可が取れたわよね)ひそひそ

千歌(すべては話してないもん)

梨子(……あとで、どうなっても知らないから)ひそひそ

千歌(あ、ずるーい。共犯のくせに)

梨子(う……)

千歌(梨子ちゃんも、見たいって言ったよね? 曜ちゃんが嬉しがる所)

梨子(言ったけど、他にもね……うん)

千歌(いいから、いくぞー!)

トタトタトタっ

3:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 21:10:45.03 ID:kHukCmcj0
ガッチャ
ガッチャ

梨子(所で、その荷物は? 重そうね)

千歌(あ、これは先輩方に頂いたありがたい……うん、ありがたいナニとかでして)

梨子(……あ)

千歌(曜ちゃん、喜ぶかな?)

梨子(たぶん、絶叫すると思う)

千歌(やっぱり?)

梨子(でも、やるんでしょ)

千歌(えへへ)ニコ

梨子(ごめんね、ほんとに、ごめんね、曜ちゃん)
4:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 21:19:55.37 ID:kHukCmcj0
ギイ――

曜「すーすー」

千歌「ふふ、ぐっすりだね」

梨子「ええ」

千歌「では、まずは……」

イソイソ――ゴソ

梨子「ちょっと、千歌ちゃん」

千歌「なんざんしょ」

梨子「どうして、曜ちゃんの足元からベッドに潜り込むのよ」

千歌「え、えー、だって顔の方からだと、顔が良く見えて恥ずかしいし……」

梨子「どうして、ここで怖気づくの……千歌ちゃんがしないなら、私がするわよ」

千歌「そ、それは、困る」

梨子「私も、カメラ係だから、千歌ちゃんにしてもらわないと困るわ」

千歌「オー、オーケイ」

5:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 21:25:35.66 ID:kHukCmcj0
ゴソゴソ

曜「う、うん? だ、誰かいるの?」

千歌「あ」

梨子「あ」

曜「え……」ゴシゴシ

千歌「ぐ、ぐっもーにん」

曜「え……え……え」パクパク

千歌「あ、あのね、あの、お誕生日おめでとう曜ちゃん!!」

曜「え、う、うそ……」

千歌「プレゼントを持ってきたの!」

曜「みんな、忘れてるのかと……」

梨子「ごめんね。夜までのサプライズにしてたのよ。寂しい思いさせたよね」

曜「サプライズって……あははっ、そうだったんだ。あははっははははっ!!」

千歌「曜ちゃんが壊れたっ」

曜「もう、びっくりするからっ、二人とも! やめ、やめて……っあははは! お腹痛い!! あははっ!」

千歌「というわけでして、曜ちゃんを、き、気持ちよくしに来ました。色々と」

曜「……ええ!?」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 21:40:06.66 ID:kHukCmcj0
梨子「録画開始」

曜「梨子ちゃん?」

梨子「パジャマ姿の曜ちゃん、可愛い」

曜「もお、何言ってるのさ」

千歌「曜ちゃん、はい、寝て寝て」

グイっ
ドサっ

曜「わ……こら、何するのさ」

ギシっ

千歌「よーうちゃん」ニコ

ギシっ

曜「え、あの」ドキ

梨子(千歌ちゃんが、四つん這いに曜ちゃんを押し倒す)

千歌「いつも、ありがとう。私に付き合ってくれて……曜ちゃんいなかったら、私、前に進めてなかった。壁に背中合わせて、見ないようにしてた」

曜「改まって、もお、照れるじゃんか」ドキドキ

千歌「私の先を行く曜ちゃんがいたから、私は私の先に行けた。私は普通だったけど、普通星人だったけど、その普通が今の私たちの特別になったよ」

曜「え、ええっと、と、とりあえず、近いような」

コツン

曜「あいた」

千歌「へへ、曜ちゃんのおでこ温かい」

曜「千歌ちゃんもね……」ドキドキ

7:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 21:53:16.49 ID:kHukCmcj0
ジー

梨子(月明かりに照らされて、二人ともなんだか綺麗)

梨子(千歌ちゃん、羨ましい)

千歌「曜ちゃん、曜ちゃん……」

曜「ち、千歌ちゃん、梨子ちゃんもいるんだから、そんなに甘えてこないでよ」カアア

千歌「あ、気にしないで……、今は、私だけを見てよ、ね?」

ギュウっ

曜「う……いやいやいや、あのさ、さっきから薄々感じてたけど、今日の千歌ちゃんいつも以上に、変! 頭、ヨーソロした?!」

千歌「してないもん」

スリ

曜「どうして、頬を寄せるのかな?! うん!?」

千歌「言ったじゃん。よ、曜ちゃんを気持ちよくさせるって。まずは幸せな言葉で……」

曜「ひ、ひえ」

千歌「曜ちゃんがいるから、チカは頑張れた。曜ちゃんと同じ時間を過ごせて本当に嬉しいんだ。同じバスに乗って、学校に行って、ラブライブに向けて練習して……さいッッッこうに、楽しいのは、曜ちゃんがいるからだよ。ねえ、まだまだチカを楽しませてくれる?」

曜「そ、その……」

梨子(誰かしら、この台詞考えた人……鞠莉さん?)

曜「ほら、あの、私だけじゃないしね? 梨子ちゃんだって、みんなだっていたからこそで……」

千歌「だめなの?」シュン

曜「え、ええ?! い、いいよ! いいに決まってる! これからもずっと、千歌ちゃんとフルアヘッドだよ!」ハアハア
8:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 22:23:38.51 ID:kHukCmcj0
梨子(曜ちゃんも、良い感じに壊れてきたかしら)

千歌「うわあーい、やったああ!」

ギュゥ

曜「く、苦しいです、隊長ッ」

千歌「あ、ごめんね。嬉しくって、つい~」

曜「もう十分わかったよ。ありがとう、千歌ちゃんの愛でお腹いっぱい」

千歌「でね~、本番はこれからなんだよ」

曜「本番? 本番て?」

千歌「うん、まずは、曜ちゃんは私の事好き?」

曜「え、そりゃ、まあ」

千歌「煮え切らない返答は、ぶーです。ちゃんと言って」プクー

曜「なんでいきなり」

千歌「言わないと、嫌いになる」

曜「ええ?! なんじゃそりゃ~だよ?!」

千歌「それ、チカの台詞ッ。いいから、どっちですか?」

曜「ス、スキデス……」カアア

千歌「うんん?」

曜「わ、私、渡辺曜は、千歌ちゃんが大好きです!!」

千歌「よろしい~、これで合法じゃなくて……ご褒美だよ」

曜「ふえ?」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 22:29:01.77 ID:kHukCmcj0
チュゥ

曜「ふむ?!」

千歌「チュパ……」

ドンッ

千歌「あいたッ」

曜「な、な、なんばしょっとね!?」

梨子「曜ちゃんが混乱のあまり、博多弁に……」

千歌「むー、曜ちゃん私の事大好きなんでしょ?」

曜「そうだけど、だからって、急に、キ、キスはないよね!?」

千歌「じゃあ、嫌だった?」

曜「え?」

千歌「チカとのキス、嫌でしたか?」チラ

曜「い、嫌とかじゃないけど……心の準備とか、その、心得とか、気合いとか……うん」

千歌「嫌じゃないなら、今度は曜ちゃんからして欲しいな」

曜「だ、だからね……梨子ちゃんがね、って、なんでカメラ回してるの!?」

梨子「えっと、思い出として?」ニコ

曜「ひいいいッ」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 23:42:00.65 ID:kHukCmcj0
千歌「はーやーくー」

曜「ええい、どうなっても知りませんぞ」

チュパッ

千歌「んッ……」

曜「ぁむ……」

千歌「はぁ……」

曜「んッ……」

梨子(千歌ちゃん、羨ましい)ゴクッ

千歌「あつ……いね」ハア

曜「唇なんて、燃えそうだよ……」ハア

チュルッ

曜「梨子ちゃんが、見てるのに……」チラ

梨子「かまわず、続けてちょうだい」ハアハア

曜(梨子ちゃんが、めっちゃ息荒いよ怖いよッ)

千歌「曜ちゃん、余所見はダメだよ。今は、千歌が気持ちよくする番だからね? 分かった~?」

曜「ひゃ、ひゃい」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/17(月) 23:54:27.33 ID:kHukCmcj0
曜(とか言って、私からキスしろって言うし……いったい、こんなのどこで習ってきたんだか……って、鞠莉ちゃん達以外に思いつきません)

千歌「曜ちゃん、舌、ちょーだい」

曜「へ? 舌?」

千歌「そうです」

曜「千歌ちゃん、何する気なの」

千歌「え、えっと」チラ

曜(目線を逸らした)

千歌「舌をペロペロするの」

曜(よく見たら、カンペ持ってる!?)

曜「千歌ちゃん、あの、無理にそういうことしなくていいんだよ? ほら、それ貸しなさい」

ヒョイッ

千歌「あ!」

曜「なになに……」

『曜ちゃんを気持ちよーくさせる方法』

『1、褒める。ちかっちが曜をどう思っているかを述べる』

『2、ハグ。キス。舌を舐めてあげる』

『3、挿入』

曜「……」

グシャアッ

千歌「ど、どうどう」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/18(火) 00:01:14.99 ID:70WXWa7Q0
曜「1と2は読めたけど、3は誰? 誰が書いた?」

グシャグシャ!
ポイッ
ボスッ

千歌「ああッ」

曜「千歌ちゃん!」

千歌「3は……」

曜「まさか、ダイヤさんなわけが」

千歌「3は、ルビィちゃんが」

曜「なんと!?」

千歌「書くわけないじゃんか、梨子ちゃんだよー」

曜「紛らわしい」

梨子「……」ソロ

曜「梨子ちゃん? あは、どこ行くの?」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/18(火) 00:15:45.73 ID:70WXWa7Q0
梨子「ちょっと、お手洗いにね」

曜「貴様の入れ知恵かな?」ニコ

梨子「怖い怖い」

曜「私の誕生日に最高のプレゼントをありがとう」

梨子「わ、私は楽曲を提供するように、曜ちゃんの喜びそうなネタを提供しただけでね、決して実際にやろうとは思ってなくてね」

曜「ふうん?」

梨子「そ、それは、確かに書いてる時はノリノリだったけど、今は曜ちゃんの気持ちも考えずに、最低だったなって思ってるんだから……だから」

曜「だから?」

梨子「ゆ、許して欲しいの」

曜「だめ。千歌ちゃん」

千歌「い、イエス」

曜「そのリュックの中身、出して」

千歌「よ、曜ちゃん、一体、何を」

曜「いいから、早く」

千歌「は、ははあッ」

ガサガサッ
ボトトトッ



17:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/18(火) 00:22:34.10 ID:70WXWa7Q0
曜「うわあ……なに、これ」

ミョンミョン

曜「さいっていだね、梨子ちゃん」

梨子「ひぐッ」ビク

曜「こんなもの、私に、そ、その挿入しようとしてたの?」

ぺちん

梨子「あ、ああ、それで顔を叩かないで」

ぺちん

梨子「うッ」

千歌「や、やめて、曜ちゃん。私が、私が企画したの! 曜ちゃんの嬉しいことを一人一つ考えてって」

曜「……」

ぺちん

梨子「あうッ」

千歌「だ、だから、梨子ちゃんは卑猥なこと思いついちゃったけど、悪くないんだよ? だって、曜ちゃんのために」

ぺちん

梨子「はわッ」ゾク

曜「私のためだったら、何してもいいの?」

千歌「そ、それは」

ぺちん

梨子「うんぁ……」ゾクゾク
18:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/18(火) 00:31:18.03 ID:70WXWa7Q0
曜「うんん? 梨子ちゃん、千歌ちゃん? こんなの全速前進してきたら、私、壊れちゃうよ? ねえ? 分かってます?」

ぺちん

千歌「あうっ」

ドシャ

曜「それとも、何かな? 二人とも、壊れる私が見たかったの?」

梨子・千歌「「……」」

曜「……え」

梨子「いや、あの」カア

千歌「えっと」テレ

曜「ご、ごめん、そこは否定していこ? ね?」

梨子「わ、私は……正直な気持ちを言えば、曜ちゃんが善がり狂う姿が見てみたいなって。それで、私に挿入を必死に懇願して欲しいのよね」

千歌「ち、チカは……曜ちゃんに、入れて欲しいなって」

曜「ま、待って、ん? ン? 梨子ちゃんはもうだめだ。千歌ちゃん? 千歌ちゃんは、今、なんて?」

千歌「だから」

曜「だまれ!」

千歌「え、ええ?」

曜「し、信じてたのに」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/18(火) 00:41:17.12 ID:70WXWa7Q0
千歌「落ち着いて、千歌はまだ大丈夫だよ? もうだめなのは梨子ちゃんの方で」

梨子「ちょ、ちょっと千歌ちゃんそれはないでしょ」

曜「どっちも同罪だよ?」

ぐにゅうッ

千歌「そ、そんなの握りしめないで」

曜「私は、二人のこと……やっとちゃんと見れるようになったのに。梨子ちゃんに、千歌ちゃんのことで嫉妬ファイヤーしなくなって、千歌ちゃんに求めすぎないようになったのに。なのに、どうして、二人とも普通でいてくれないの」

梨子「曜ちゃん……」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/20(木) 23:50:49.53 ID:JLv46HXz0
曜「私の涙返せ……よう」

千歌「ダジャレ?」

梨子「しっ」

曜「うッ……グス」

みょんみょん

千歌「なんだか、曜ちゃんがそれ持ってると……」

梨子「え、ええ」

曜「……何?」ゴシゴシ

千歌「ねー?」

梨子「えっちよね」

曜「……あ」

ブン――ベチッボトッ

千歌「な、投げなくても」

曜「つ、つい」

梨子「そうよ、壊れたらどうするの?」

ヒョイ
24:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/21(金) 00:00:18.68 ID:UllLP4d50
曜「謝りたくないけど……ごめんなさい」

梨子「じゃあ、罰として……千歌ちゃん」

千歌「え?」

梨子「え、じゃないわ。曜ちゃん、取り押さえて」ニコ

曜「ふえ?」

千歌「へい、らっしゃい!」

ガシッ

曜「ち、千歌ちゃん?」

ジタバタ

千歌「よ、曜ちゃん、大人しくして?」

ギュウッ

曜「ぐッ」

梨子「誕生日、おめでとう」

サワッ

曜「こ、腰を撫でるなぁッ?!……ぁあわわ」ゾク
25:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/21(金) 00:09:52.77 ID:UllLP4d50
スリスリ

曜「ひ……」

梨子「曜ちゃん、私、まだ何にもしてないのに敏感ね」ニコ

スリスリッ

曜「あうっ」ビク

千歌「曜ちゃん、触る度にとビクビクしてる……」

曜「千歌ちゃん、はな、して」

千歌「だーめ」ニコ

梨子「下、脱いじゃおうか」

曜「待て待て待て待て」ブンブン

梨子「ダメなの?」

曜「状況的に、犯罪に近いよッ?」

千歌「……ち、違うもん!」

曜「どこが!」

千歌「好き合ってる同士なら大丈夫だもん!」

梨子「ああ……曜ちゃんは、私の事、やっぱり嫌いだよね?」シュン

曜「あ、いや」

梨子「千歌ちゃんと曜ちゃんの間を裂こうとか、そういう事は全く考えてなかったけど……でも、現に、一度曜ちゃんに寂しい思いさせちゃったしね」

26:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/21(金) 00:24:56.48 ID:UllLP4d50
千歌「どういうこと?」

曜「や、あれは、その」ワタワタ

梨子「私は、みんなで前へのスタンスの千歌ちゃんも好きだけど、一途に千歌ちゃんを支える曜ちゃんも美味しいなって思ったのよ」

曜「た、食べないで……」ガクガク

梨子「どうしようかな……」

グリグリ

曜「だから、その卑猥なオモチャをッ、んっ……あ、あそこに擦りつけ、ない、でよ」ゾワゾワ

バタバタっ

千歌「暴れちゃ、だめー」

曜「千歌ちゃん、やだっ、離してってば」

梨子「曜ちゃんのその情けない顔、そそるかも」

グリグリ

曜「ぅ……ぁ」ビクン
27:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/21(金) 00:43:26.60 ID:UllLP4d50
千歌「梨子ちゃん、すっごい悪い顔……」

グリグリ

曜「ひぅ……ン」ビクっ

梨子「そうかしら?」

グリグリ

千歌「曜ちゃん、力抜いて? ね?」

曜「無理に、きまって……」

千歌「大丈夫だよ~」

ちゅぅ

曜「んむっ……ッチュパ」

千歌「んちゅっ……ん」

曜「はぁっ……ぁっ」ゾクゾク

梨子「千歌ちゃんばかり、ずるい……曜ちゃん、私もキスしたい……だめ?」

ギュウっ
スリっ

30:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/21(金) 02:54:42.04 ID:UllLP4d50
曜「だ、ダメ!」

梨子「そんなにはっきり言われると、けっこう傷ついちゃうんだけどね」

曜「これ以上は、私の体、も、もたないからっ」カアア

モジモジ

千歌・梨子「「……」」

曜「千歌ちゃんも、いい加減離れてくだしゃい……」モゾ

千歌「そう言われたら」

梨子「ますますねえ」

千歌「うん」

曜「うッ……」

グイっ

千歌「え?」

グルン――スポっ

曜「ていっ!」

ゴロゴロ!

千歌「曜ちゃんが逃げた!」

曜「へっへーん! 二人の思い通りになる曜ちゃんではないのであります!」

ゴロゴロ――ゴチ!

曜「あいた?!」

グラ――ドサササっ

曜「アダダダダっ!?」

ドスドスドスっ

梨子「よ、曜ちゃん」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/21(金) 03:10:04.67 ID:UllLP4d50
曜「いったあ……ぅう」ズキズキ

千歌「大丈夫、曜ちゃんっ」

ガサガサっ

曜「なんとか一命は取り留めました」ガク

梨子「何言ってるのよ、もう」

千歌「びっくりした~……って、ここ、額の所しっかり擦りむいてるしっ」

ペロ

曜「ひぁ?!」

ガシっ

千歌「おうぶっ!?」

曜「舐める舐めるな!」

梨子「……」

ペロ

曜「梨子ちゃんまでっ」ビクっ

千歌「曜ちゃん、曜ちゃん」

曜「な、なに」

千歌「日が昇り始めた!」

33:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2017/04/26(水) 00:28:51.26 ID:jn/4H2770
曜「ええっ、いつのまに?!」

千歌「いちゃいちゃしてたら、あっという間に時間過ぎちゃったね」

曜「ほんとに、二人とも何しにきたのやら」

梨子「曜ちゃんを」

千歌「気持ちよくさせに来ました」

曜「はいはい……」



続かないのでおわり
お奨め記事
4月26日 21時09分|ラブライブ!0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告