記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:26:26.04 ID:cSXMv1kDO
総選挙ステマ兼飛鳥といちゃつくスレです。

とってもクールで可愛いこがいるんで、みんな二宮飛鳥に投票します。
あなたは二宮飛鳥に投票できます。確実。
それは、有益です。"asuka"を愛します。
2:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:27:16.14 ID:cSXMv1kDO
P「飛鳥、飯でもどうだ?」

飛鳥「食事かい、生憎にも針は重なっているね」

飛鳥「キミが食べたいものがあるなら、ついていこうか」

P「食べたいものか……」

P「飛鳥?」

飛鳥「すまない、レッスンが入っていたのを失念していた」

飛鳥「失礼するよ」
3:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:27:47.90 ID:cSXMv1kDO
P「く……いい感じかと思ったのに……」

まゆ「お腹が減っていますかぁ?」

まゆ「まゆを食べてもいいんですよぉ」

P「……」

P「いただきます」

まゆ「はい……っ!?」
4:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:28:20.26 ID:cSXMv1kDO
P「まずは首筋から味わうかな」

まゆ「ちょ、ちょっとまってください、いつもみたいに軽く流すんじゃなかったんですかぁ!?」

P「美味しそうだ、まゆ」

まゆ「はわ、はわわわ、ひぅ、息が、くすぐったいですよぉ!」

P「いただきます」

まゆ「ぅ、ぅぅぅ、めし、めしあがれ……///」
5:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:28:52.31 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「待った」

まゆ「ふぇ!?」

P「なんだ飛鳥、俺は今から食事をなにぃっ!?」

P「何故顔とか首にチョコレートでペイントしてあるんだ!?」

飛鳥「15時の鐘には早いだろう、でも、ボクは今が食べ頃だ」

飛鳥「P、召し上がれ」

P「うわぁぁぁあい!!いっただきまーす!」

飛鳥「くっ、ふぅん、んっ、あっ、そこは塗ってな……やぁんっ」



まゆ「なにこれ」

凛「大丈夫?ミニカー食べる?」
6:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:29:21.88 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「……くっ……」

P「お、宿題か?」

飛鳥「課せられた題目、まるで喜劇だ」

P「どれ、教えてやろうか」

飛鳥「キミの手を煩わせるまででもない、ボクが嘆くのは重ねられた頁の数さ」

P「そうか……」
7:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:30:15.57 ID:cSXMv1kDO
卯月「うーん……」

P「卯月も宿題か」

卯月「はい!……でも、難しくて……」

P「どれ……あー、確かにこれは難しいな」
P「俺でよければ教えようか?」

卯月「お願いします!」
8:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:30:46.16 ID:cSXMv1kDO
P「隣失礼するぞ」

ドサッ

卯月「よろしっ……!?」

卯月(ち、近い!!殆どふれあってるぐらいじゃないですか!?)

P「まずここはだな」

卯月(このソファー確かにあんまり幅がないですししょうがないのかもしれないですけどでもやっぱり近いですよね!?)

P「オイラーの最しゅ……卯月」

卯月(凄く真面目な顔で、こんな近くで見るのは初めてで……)

P「卯月、聞いてるか?」

卯月「え、えぇ!はい!聞いてます!」
9:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:31:12.64 ID:cSXMv1kDO
P「じゃあここはどうやって解くか、わかるよな?」

卯月「えぇー、っと……わか……るかもしれませんしわからないかもしれません……」

P「……はぁ、悪い子にはお仕置きが必要だろうか」

卯月「へ?」

P「唇はとっておけ、首にでも仕置きをしようか」

卯月「はいっ!?あ、ちょ、息が当たって!?あぅ、ぅぅぅ……!!」
10:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:31:49.95 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「P、ここがわからないんだ」

P「ん?わからないとこなんてあぅえ゛ぇ゛!?」

P「ほ、保健体育じゃないか!?」

飛鳥「神秘の一言で告げるには、概念の理解に支障をきたすよ」

飛鳥「この理は、欲望と本能に塗れている。そうだろう?」

P「まかせろ、おしえてやる」

飛鳥「こころづよ……どこにつれていくんだい?まって、筆記だ、実技じゃない、あっ、どこさわって、や、んぅ、ふっ、ぅ……!!」


卯月「が、頑張れない……」

凛「ミニカー食べる?」
11:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:32:29.51 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「陽が沈んだね」

P「もうこんな時間か……さて、ちっちゃいのを送ってくるかな」

飛鳥「共に行こうか?」

P「あー……そうだな、飛鳥が暇なら頼むよ」

12:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:33:04.61 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「また信号の悪戯か」

飛鳥「お菓子いるかい?」

P「あーん」

飛鳥「ふふっ、親鳥にでもなった気分だ」

みりあ「みりあもやるー!」

雪美「……」

飛鳥「なら、次の信号ではキミに頼もうか」

みりあ「やったー!」
13:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:33:41.81 ID:cSXMv1kDO
みりあ「ところで、今日はどうして飛鳥ちゃんもついてきたの?」

飛鳥「戯れさ、暇ともいう」

飛鳥「偶にはドライブでもつれてってほしいものさ」

雪美「……お城」

飛鳥「っ!?」

飛鳥「な、なんだい?お城に行きたいのかな、でも近くに城なんて」

雪美「……お城みたいな建物……行くみたい」

みりあ「なにそれ!みりあもいきたい!」
14:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:34:18.80 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「い、いかないよ、そうだ、今度みんなでピクニックにでもいき

雪美「……図星……ペロ、おいで……」

飛鳥「みりあ、はい、お菓子だ」

みりあ「わーい!食べてもいい?」

飛鳥「構わないよ、ゆっくりお食べ」

みりあ「……この後食べられるから、お腹を空かさないとだもんね!」

飛鳥「ぶふぉっ!?」

P「ついたぞ、みりあ」

みりあ「ありがとう!プロデューサー!」

みりあ「またねー!」

P「雪美ももうすぐだからな」

雪美「……ん……」
15:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:34:47.33 ID:cSXMv1kDO
…………
……

P「……飛鳥」

飛鳥「……なんだい」

P「あの二人を送ってから、一言もしゃべってないぞ」

飛鳥「そんなことはないさ」

P「……で、どうする」

飛鳥「……今日はやめておこう」

P「そうだな……興もそがれたろう」

P「……そうだ、花見でもしよう」

P「夜桜を、飛鳥と見たい」

飛鳥「嬉しい誘いだ、断るすべが無い」
16:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:35:36.03 ID:cSXMv1kDO
飛鳥「桃色の雪が季節はずれに舞っている、それはこの国に定義された輪廻のピースだ」

P「ん、ジュースだ」

飛鳥「ありがとう」

飛鳥「……照らされた花が、ボクらを見つめ、ボクらも見つめている」

飛鳥「今は等身大のボクが、美しいこの光景を受け入れようとしているんだ」

P「……綺麗だな」

飛鳥「綺麗、か」

飛鳥「一言で十分か、この景色を言い表すのに」

飛鳥「ならボクも告げよう、綺麗だと」

P「ごちゃごちゃ言ってないで桜を見なさい!口を封じてくれるわ!」

飛鳥「やっ、んっ…………んふ……ちゅ…………」

飛鳥「…………んむ…………っは……好き……ちゅぅ……っ…………」



早苗「なにやってんだあいつら」

楓「ちゅーに、むちゅーですね」

ちひろ「うっはははははは!のめのめのめー!あはははは!!」

早苗「苦労してるのね、このこも」

終わり
17:◆1vv9w0SP82:2017/04/15(土) 10:36:06.08 ID:cSXMv1kDO
終わり
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/15(土) 12:26:20.85 ID:hs6yZiJLO
平然とミニカー薦めてくるしぶりんは一体…
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/15(土) 13:25:22.82 ID:agDNQeQg0
最近はしぶりんがミニカー食べるのが流行ってるのか……?
解せぬ
おつ
お奨め記事
4月20日 12時01分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告