記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:29:03.05 ID:fBjGVn0No

- 執務室 -

提督「村雨はどう思う?」

村雨「そんな事ありませんよ~」カキカキ

提督「そうか、それならいいんだ……」

村雨「…………」カキカキ


おしまい

--


※過去作

艦これ】村雨「村雨の素敵な一日、見せたげる♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468830659/

【艦これ】村雨「提督ー!ドッジボールしましょー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477812011/

【艦これ】2本のマフラー
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479392500/

今回のお話と設定は同じですが、読んでいなくても特に支障はありません。もしよかったらどうぞ!
2:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:29:45.52 ID:fBjGVn0No

提督「こらこらこら~!話を終わらせるんじゃな~い!!」

村雨「もぅ~、今は先日遂行された本土沖とMS諸島北部の作戦に関する報告で、やる事が山積みなんですよ!」

村雨「ほらっ!口じゃなくて手を動かす!」

提督「んー、そうは言ってもなぁ…」

村雨「山風ならきっと大丈夫よ。まだ着任したばかりで慣れてないから」

村雨「提督の事も警戒しちゃってるんじゃないかな」

提督「……」

村雨「いつも通り接してればいいのよ。あとは時間が解決してくれるわ」

提督「……いやそれでも『構わないで…』とか『放っておいて…』とか言われちゃうとなぁ」

提督「そういうワケにはいかないよなぁ……」

村雨「あら、あの娘がそんな事を?」

提督「もしこれが山風の本音なら、曙に『クソ提督!』って言われた時以来のショックだよ…」ガクッ
3:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:31:27.62 ID:fBjGVn0No

村雨「はぁ~、もうしょうがないですね」

提督「ん?」

村雨「山風が提督を嫌っているとは思えないけど、このままだと提督は執務が手につかないだろうし」

村雨「それに村雨もちょっと気になるし。あの娘との今後について、一緒に考えますか」

提督「さすが村雨っ!俺の自慢の嫁さんだよ~!」

村雨「ただしっ!」トコトコ

提督「?」

ドンッ!

村雨「この今日までの書類を全部終わらせてからね♪」ニコッ

提督「おうふ…」
4:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:32:58.51 ID:fBjGVn0No


その後、しばらくして・・・


提督「ふぁ~~~、やっと終わったぁ…」

村雨「ふふふ、お疲れ様です♪」ハイ コーヒー

提督「おお、ありがとう」ズズズ

提督「いやぁ~ひと仕事終えた後に飲む村雨のコーヒーは格別だなっ!」

村雨「あらあら、おだてても何も出ませんよ?」

提督「あはは、そういうつもりはないさ」

提督「それより山風についてなんだが……」

村雨「はい、わかってますよ。休憩しながらじっくり話し合いましょ」

提督「ああ…」ズズズ
5:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:34:27.02 ID:fBjGVn0No





提督「さて、これからどうするか……」

村雨「うーん」

提督「山風は着任してまだ日が浅いから、何をするにも慎重に事を運ぶべきだと思うんだ」

村雨「お仕事しながらちょっと考えたんだけど」

提督「うん」ズズ

村雨「山風と二人っきりでデートしてみるのはどうかしら?」

提督「ンブッ!」プシャー!

村雨「やだっ!ちょっと大丈夫~?」スタタタ

提督「ゲホッゲホッゲホッ……すまん…」ゲホッ

村雨「そんなに驚かせちゃった?」背中スリスリ

提督「そりゃあいきなりデートなんて言われちゃあな」ガサゴソ

提督「これから山風との距離を縮めていこうって時に……こう……段階をとばしすぎではないかい?」フキフキ

村雨「そうかな~?」フキフキ

提督「でもまあ確かに。お互いについて知る際は、二人で同じ時間を過ごすのは良いと思うが…」

村雨「でしょー。それにあの娘にとっていい気分転換になるかなって」

村雨「着任したばかりで今は新しい事や覚える事が多くて大変だからね」
6:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:35:43.54 ID:fBjGVn0No

提督「そうだな、だがしかしデートか……。こちらは大歓迎なんだが…」

提督「問題は山風がこの誘いを受けてくれるかどうかだな……」

村雨「んふふっ♪そこは提督と山風の立場上の関係を利用しちゃえばいいのよ♪」ニコッ

提督「立場上の…関係……?上司と部下みたいな……?」

村雨「そうそう、『デート』としてじゃなくて~」

提督「……」ハッ!

提督「『任務』かっ!?」

村雨「イエーッス!」

村雨「それでね、3日後ちょうど二人ともお休みなんだけど、この日にするのはどうかしら?」

提督「……でもそれって俺への印象が悪くならないか?」

提督「ちょっと騙してる感じがするし…」

村雨「ふふっ、提督として腕の見せ所じゃない!」

村雨「山風の事お願いしますね、提督」

提督「自信ないです」キッパリ

村雨「もぅ仕方ないわね~。それじゃあこの村雨が一肌脱いであげる♪」

提督「ほう…?」
7:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:36:54.65 ID:fBjGVn0No

次の日のお昼、間宮食堂にて・・・


ガヤガヤ ワイワイ


山風(モグモグ…)

山風「間宮、オムライス、いつ食べても…美味しい……!」キラキラ

トコトコ

江風「山風の姉貴~となり座るぜ~」

山風「江風…」

涼風「あー!お腹ペコペコだよ~」

海風「山風、午前の演習大丈夫だった?」

山風「うん…何とか……」

江風「ン、姉貴は今日もオムライスかー。飽きないねェ」

山風「何よっ…。別に…いいじゃない……」

江風「ダメだーって言ってるワケじゃねェよ~?」チラッ

山風(モグモグ…)

江風「ふふん!一口いただきっ!」ヒョイ

山風「あぁ!こらぁ~…」

海風「江風、お行儀が悪いですよ」

江風「へ~い」モグモグ

海風「もう…」
8:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:38:23.58 ID:fBjGVn0No

コソコソ ササッ

提督&村雨(ジー……)

提督「いるか?山風」

村雨「……いたっ!ほらあそこ!」ビシッ

提督「…おっ!ほんとだ!」

村雨「海風達も一緒ね…」

村雨「あっ、ちなみに間宮さんのオムライスがお気に入りみたいよ」

提督「ふむ……今日も食べてるみたいだな」ジー

山風(パクッ モグモグ…)

山風(ニコッ)

提督「とっても…可愛らしいではないか……!」キュン

村雨「ふふっ、そうね♪」
9:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:40:16.88 ID:fBjGVn0No

提督「よし、行くぞ!」

村雨「提督は嫌われてなんかないんだから!自信持って!いつも通りに!」

村雨「何かあったら村雨がフォローしますから♪」

提督「あぁ!よろしく頼む!」

龍驤「キミら何してんの?入口で突っ立ってるとみんなの邪魔になるで?」

提督「おわぁ!?龍驤!ははっ、悪い悪い」スッ

村雨「ごめんなさいっ!」スッ

龍驤「なんや?怪しいなぁ~。な~んか企んどるんかぁ?」

提督「いやいやなんもないって、あはは……」

龍驤「ふ~ん……」ジー

提督「お、おぉ!サラも一緒か!調子はどうだ!?」

サラトガ「Hello! サラは今日も絶好調です」

村雨「こんにちは、サラさん!ここでの生活にはもう慣れましたか?」

サラトガ「Yes! 艦隊のみなさんが優しくしてくれますし…」

サラトガ「それに賑やかで、とても居心地がいいです」

村雨「そう言ってもらえると嬉しいです!」

龍驤「賑やかというかうるさすぎるくらいやけどな~」

提督「あはは…」
10:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:42:05.89 ID:fBjGVn0No

提督「そうだ、その……日本の生活文化の方も大丈夫か?」

提督「サラに限らず、海外艦の娘を迎えるたびに少し心配になるんだ」

サラトガ「No ploblem! もっとJapanの事を知りたいくらいです!」キラキラ

提督「ははっ、余計なお世話だったようだ」

サラトガ「……実はその点で1つ気になる事があるのですが」

龍驤「お?なんや?」

サラトガ「夜になるとお祭り?のように外が少し騒がしくなる時があって…」

村雨「あっ…」

サラトガ「ヤセンダー?と聞こえたのですが、コレはJapanの伝統的な文化なのですか!?」キラキラ

提督「いや、それはこの鎮守府一帯に限った話だな」

サラトガ「??」

龍驤「ま、まあその辺含めてこれからサラと色んな話をするとこや」

村雨「お邪魔しちゃって、すみません…」

龍驤「かまへんかまへん!」

龍驤「お腹も空いてきたしウチら先に行くでー、ほなまたな~」

サラトガ「では、失礼します」ニコッ

提督「おう、午後からも頑張ってなー」
11:◆01jT186BxI:2016/12/24(土) 22:44:08.26 ID:fBjGVn0No


ガヤガヤ


村雨「あらあら。サラさん、みんなに話しかけられちゃって」

提督「もう艦隊には馴染んでいるようだな。よかったよかった」


シンミリ…


提督「……ハッ!山風は!?」

村雨「あっ!?」

山風(モグモグ)

提督「よしっ、急ぐぞ!」バッ

村雨「はい!」ピュー


タッタッタッ…

15:◆01jT186BxI:2016/12/26(月) 21:59:11.04 ID:3yexoybMo





トコトコ

提督「おっ、お~山風。となりいいかな?」

山風「別に…いいけど……。もうすぐ食べ終わるよ……?」

提督「かまわんさ」

村雨「海風、おとなりいいかしら?」

海風「はい、大丈夫ですよ」

村雨「ありがと、お邪魔しま~す♪」(提督の手前の席に座る)

江風「ン、二人とも遅めのお昼だねェ」モグモグ

涼風「わかった!二人でこっそりゲームしてたなぁー!?」

涼風「やるならあたいも混ぜろってー!」

提督「なっ!?」
16:◆01jT186BxI:2016/12/26(月) 22:00:46.52 ID:3yexoybMo

提督(山風の前でなんて事を……!)

山風「ゲーム……?」

提督(まずい…このままじゃ山風にだらしない提督だと思われてしまう……)

提督「そそそ、そ~んなワケないだろぉ~?」

提督「まったく~何を言ってるんだ~涼風ぇ~!?」コイツゥ

涼風「んん!?提督な~んか気持ち悪いぞぉ~?」

提督「えっ!?」

涼風「さっきのは冗談だぞじょ~だん!」

提督(や、山風にも気持ち悪いって思われたか……?)チラッ

山風「……」

提督(うっ…表情からは読み取れない……)

江風「今の焦りよう…」ジー

海風「提督ひょっとして本当に…」ジー

提督「えっ?い、いやゲームなんか…」アセアセ
17:◆01jT186BxI:2016/12/26(月) 22:02:26.75 ID:3yexoybMo

村雨「はいはい、提督をイジメるのはそこまでよ♪」

村雨「本部から急に連絡が入ってね。その対応で遅れちゃったのよ」

村雨「ねっ♪」ウィンク

提督(村雨…!)

提督「ああ、上の連中もなかなか首を縦に振ってくれなくてな」

涼風「ふ~ん」パクッ

海風「それはそれは…大変でしたね……」

江風「たまにはガツーンと言ってやりゃいいのよ!ガツーンとさ!」

提督「ははは、たしかに一度は言ってみたいもんだね」
18:◆01jT186BxI:2016/12/26(月) 22:04:04.53 ID:3yexoybMo


ワイワイ ガヤガヤ


江風&涼風(パクパク モグモグ…)

江風「は~食った食った~。ごちそうさ~ん」

涼風「ごちそうさま~!」

江風「じゃ姉貴達、江風は涼風と先に戻ってるぜー」

海風「江風はもうすぐ演習でしょ?早めに備えておいてくださいね」

江風「はいはい、わーってるって。提督もそンじゃあな~」

提督「おーう」モグモグ

江風&涼風(スタタター)





提督(よし、そろそろ。まずは当たり障りのない会話から…)

提督「山風……ど、どうだ?最近の調子は?」

山風「え…?」

提督「何か分からない事や困った事があったら、遠慮なく俺に相談していいんだぞ?」

山風「……いいのに」

提督「えっ?」

山風「あたしには姉さん達がいるから……て、提督が構わなくても……」

提督「うっ…」

海風「山風…」ハァ

村雨「……」パクッ モグモグ

提督(ダメだ!ここで引いたら今までと何も変わらない…!)
19:◆01jT186BxI:2016/12/26(月) 22:06:33.19 ID:3yexoybMo

提督「フフッ、山風には悪いがウチだとそういうワケにはいかなくてな」

山風「?」

提督「俺は艦隊のみんなとはちゃ~んと向き合うよう心掛けているんだ」

提督「た、たとえ避けられようともなっ!」

村雨(昨日は結構へこんでたけどね)フフッ

山風「……」

提督「それに君のような可愛い娘に『構わないで』なんて言われちゃあね」

提督「余計に構いたくなってしまうのだよ…!」

山風「……?」

山風「じゃあ……」

山風「か、構ってって言えばいいの……?」

提督「おっ、しょうがないなぁ~。よーしよしよし~!」ナデナデ

山風「うぅ~…どうすればいいのぉ~……」ウルウル

村雨「ふふふっ♪」

海風「あはは…」

山風「///」
20:◆01jT186BxI:2016/12/26(月) 22:08:50.76 ID:3yexoybMo

海風「あの…すみません提督。この娘、人見知りで……」

提督「謝る事なんかないぞ。俺も小さい頃は人見知りだったしな」

海風「はあ…意外ですね」

提督「そうか?あの頃は親戚に会ってもすーぐ母親の後ろに隠れてたみたいで」

提督「挨拶もお辞儀くらいが精いっぱいだったかなー」

村雨「提督にもそんな可愛らしい時代が…!」フフフ

提督「まあな!……まあそのなんだ。山風もな」

山風「……?」

提督「いきなり人見知り禁止!なんて無理だし、言わないから」

提督「艦隊のみんなと少しずつでも仲良くなってくれたら嬉しいよ」

山風「……」

山風(コクッ)

村雨&海風(ニッコリ)

提督「よし!期待してるぞ、山風!」ニコッ

金剛(ササッ サササッ…)
24:◆01jT186BxI:2016/12/28(水) 16:31:14.09 ID:Z+BV8Y55o

提督(なんだなんだ、山風いい娘じゃないかぁー!よし、この調子でデートの誘いを…!)

金剛「ヘーイ!提督ー!」ムギュ-(背後から抱きつく)

提督「うおあぁ!?」

村雨「こ、金剛さん!?」

提督(金剛の、むむ胸が当たってる…!)ムフフ

村雨(ムッ!)

金剛「ニュ~フェーイス!の山風ちゃんに挨拶しようとしたら~」

金剛「なーんとそこには提督がいるではありませんカ~!」

山風(オドオド)

金剛「私と提督はやっぱり!運命の赤い糸で結ばれているのデース!」

村雨「それはどうですかね~!?実際提督はこの村雨を選んでいるワケですし~!」指輪チラッ

金剛「むむむ…!」
25:◆01jT186BxI:2016/12/28(水) 16:32:51.60 ID:Z+BV8Y55o

提督「こらこらやめないか二人とも。山風がビックリしてるぞ」

山風(オドオド)

村雨「あぁ!ごめん山風!」

金剛「Oh、驚かせちゃってSorryデース」

金剛「私は英国で産まれた帰国子女の金剛デース!よろしくお願いしマース!」ビシッ

山風「……」

山風「よ…よろ……」モジモジ

山風(ササッ)←テーブルの下を移動

山風「うぅ……」スッ(海風の後ろに隠れる)

海風「すみません、金剛さん…」

村雨「まあいきなりは難しいわよねぇ」ナデナデ

金剛「Oh、シャイな娘なんですネー。でも!私のライバルである事には変わりまセーン!」

提督「ライバル?」

村雨「山風が…ですか……?」

金剛「イエース!私は見ましたヨー、新人にもかかわらず提督から頭をナデナデしてもらうなんて……!」

金剛「強力なライバルの登場デース!」

提督「あ~それには何というか…深い事情があってだな……」

金剛「フッ…いいのデース提督。どういう事情があろうとも、私は正々堂々勝負するだけデース!」ドーン!

提督「そ、そうか…」

提督(思わず圧倒されてしまった…)
26:◆01jT186BxI:2016/12/28(水) 16:37:18.39 ID:Z+BV8Y55o

金剛「私も負けてられないデース!」ササッ

金剛(スッ)←提督のお弁当からたこさんウィンナーをつまみ出す

提督「ん?」

金剛「はいっ提督、あ~んするデース!」

村雨「ななっ!?」

提督「何をしてるんだ金剛!?」

金剛「フフフッ!私と提督がラブラブなところを山風ちゃんに見せつけるのデース!」

村雨「ちょっとやめてくださいよー!しかもそれ村雨が作ったお弁当だし~!」バッ

金剛(ニヤリッ)

金剛「比叡!出番デース!」

比叡(タタタッ! ガシッ!)

村雨「えっ!?」グッ

比叡「ごめんね~村雨ちゃん。これもお姉さまのためなのです!」ググッ

村雨「離してください!比叡さ~ん!」ズルズルー

提督「村雨!」

金剛「これで邪魔者はいなくなりまシター!」(ゲス顔)
27:◆01jT186BxI:2016/12/28(水) 16:38:57.29 ID:Z+BV8Y55o


ワーワー ガヤガヤ


海風(これは……海風達はここにいないといけないのでしょうか……?)

海風(一応、山風も関係してるみたいだし…)チラッ

山風「……」

海風「山風、部屋に戻っていいと思う?」

山風「さあ……」

海風「う~ん…」
28:◆01jT186BxI:2016/12/28(水) 16:41:57.92 ID:Z+BV8Y55o

金剛「提督ぅ!はいっあ~ん…」スッ

村雨「提督ー!だめ~!」

提督「うっ…」

提督(金剛があ~んしてくれてる…可愛いし嬉しい…)

提督(あと単純にたこさんウィンナー食べてえ…!なんていいチョイスだ金剛……!)ゴクリッ

提督(だが俺には村雨が…!しかも本人の目の前でなんてそんな……!)
31:◆01jT186BxI:2016/12/30(金) 18:29:56.99 ID:DUHeVnTgo

村雨「……このままでいいんですか?比叡さん」ボソッ

比叡「えっ?」

村雨「大好きなお姉さんが提督にとられちゃいますよ…?」

比叡「お姉さまが司令に……で、でも!私はお姉さまの幸せを願っt」

村雨「大好きなお姉さんが遠くに遠くに行っちゃいますよ…?」

比叡「えっ!?そ、そんな!お姉さまがっ!?」ガクッ

村雨(スルッ)

村雨「比叡さんごめんなさい!」バッ
32:◆01jT186BxI:2016/12/30(金) 18:31:21.93 ID:DUHeVnTgo

金剛「さぁ早くこのたこさんウィンナーを食べるのデース!さぁさぁ…さぁ!」スー

提督「あっ…あっ…あ~……」

タッタッタッ!

村雨「あ~んっ!」パクッ!

金剛「What's!?」

提督「む、村雨!?」

村雨「そうはさせませんよ!金剛さん!」モグモグ

金剛「むぅ…あの比叡から逃れるとは……」

金剛「さすがデスネー!村雨!」

提督「俺の…たこさんウィンナー……」アァ…

村雨「そこ!?も~!あとで村雨のあげるからっ!」

提督「ほんとか!?」
33:◆01jT186BxI:2016/12/30(金) 18:33:30.82 ID:DUHeVnTgo

金剛「こうなったら提督とのハグハグでラブラブアピールデース!」ガシッ

村雨「うわぁ~!もっとダメですぅ~!」ギュー

金剛「むぅ~、離すデース!」

提督「はわわわわ~」ユラユラ

タッタッタッ!

比叡「お姉さま~~!」ピョーン

金剛「ひ、比叡!?」

村雨「ちょ!待っ!」

ドーン!

ドタバタ ドタバタ

村雨「いったぁ~い……」

村雨「提督、大丈夫?」

提督「あぁなんとか……」

金剛「比叡、どうしたデース…?」
34:◆01jT186BxI:2016/12/30(金) 18:35:56.46 ID:DUHeVnTgo

比叡「お姉さま!比叡を…比叡を見捨てないでぇー!」ギュー

金剛「フフフ……。なーに言ってるデース」

金剛「比叡も榛名も霧島も、私の大事な妹デース。そんな事するわけありまセーン」ナデナデ

比叡「あぁ…お姉さま…!」

提督「よくわからないが…?大丈夫か比叡……?」

比叡「あっはいっ!すみません司令!なんでもないです!」ニコッ

提督「うん、いい笑顔だ」

村雨(比叡さんに悪い事しちゃったみたいね…)

村雨(後でちゃんと謝らないと)


龍驤(イライラ…)←提督達の近くの席にいる

足柄(ムカムカ…)←少し離れた席にいる
39:◆01jT186BxI:2017/01/02(月) 20:35:53.11 ID:mQIb2UXvo

金剛「フフフ…」キラン

金剛「Chanceデース!提督にBurning Love!」ギュー

提督「うおっ!?」ハグハグ

村雨「あっ!?もう油断も隙も無いんだから!」プンスカ

村雨「む、村雨だって……バーニングラーブ!」ムギュッ

比叡「私も!お姉さまに……バーニングラーブ!」ギュー

提督「ちょっ、お前達やめなさいって……!」

提督(ああ…ここが天国かぁ……)ンフフ


海風「ふふふ…村雨姉さんも金剛さんも、提督が大好きなのね」

山風「……」

山風「海風姉…そろそろ行こっ…」ガタッ

海風「えっ?ええそうね…」ガタッ
40:◆01jT186BxI:2017/01/02(月) 20:40:41.94 ID:mQIb2UXvo


ガヤガヤ ガヤガヤ


龍驤(ガタッ)

足柄(ガタッ)


村雨「金剛さん!ベッタリし過ぎですよー!」グイッ

金剛「うふーん♪」ベッタリ

比叡「んっふぅ、お姉さまぁ…」ベッタリ

提督「まいったな……。山風にこんなとこ見せたら~って…?」チラ

提督(あれ?山風は…?)キョロキョロ


スタタタタ!


足柄「も~!アンタ達さっきからドタバタうるさいのよっ!」ドンッ!

足柄「カツサンドの味を堪能できないじゃない!!」

金剛「Wow! 足柄と龍驤も提督狙いデスカー!?」

足柄「はぁ~?私はアンタ達を注意しに来たのよ!注意しに!!」

村雨「ご、ごめんなさい!その…はしゃぎ過ぎちゃいました……」

龍驤「ホンマやでっ!それに司令官~!?」ギロッ

提督「は、はい!?」

龍驤「や~っぱり変な事企んどったんやなぁ!」

提督「これは誤解だ龍驤!金剛がいきなり俺を……」

金剛「龍驤の言う通りデース。提督ぅ、時間と場所をわきまえなヨー!」ニコッ

提督「おい主犯、おい」

比叡「司令がこんな人だったなんて思いませんでした」(真顔)

提督「比叡は100%金剛お姉さまに味方するんですね~」デスヨネー

村雨「ふふふ…」
41:◆01jT186BxI:2017/01/02(月) 20:43:25.87 ID:mQIb2UXvo


ガミガミ ガミガミ


足柄「まあ、騒がしくしなければこっちはそれでいいから。他のみんなに迷惑かけないようにね?」

提督ら一同「ごめんなさぁい…」

龍驤「イチャイチャするのもどうかと思うけどな~」

金剛「ニュ~フェーイス!の山風ちゃんに提督と私のラブラブな関係を教えてたんデスヨ!」

龍驤「はぁ?ますますワケわからんでぇ」

足柄「……その山風はいないみたいだけど?」

金剛「Oh、いつの間にデース?」

提督「そうだ、山風もう帰っちゃったのかな…」キョロキョロ


海風&山風(トコトコ)


村雨「提督!あそこにっ!」ビシッ

提督「でかした村雨!ちょっと行ってくる!」バッ
42:◆01jT186BxI:2017/01/02(月) 20:46:23.30 ID:mQIb2UXvo

川内「あれ?提督のいるとこ?なーんか集まりができてるけど……」モグモグ

川内「もしかして……夜戦!?」

神通「違いますよ姉さん。今はお昼です」

那珂「もしかしてぇ~那珂ちゃんのミニライブ待ち!?」

那珂「人気者はつらいね……でも行かなきゃ…!」

那珂「ファンのみんなが待ってくれてるからっ!」バッ

神通「違いますよ那珂ちゃん。座ってください」グイー





赤城(モグモグ)

赤城「……どうしたんでしょう、先ほどからあちらの方が少し騒がしいですね」パクッ

加賀「そうですね。……赤城さんの食事を邪魔するとは許せません」

加賀「ちょっと黙らせてきます」スッ

赤城「ああ加賀さん、そこまでする必要はないですよ」

加賀「そう、ですか…」

赤城「それよりご飯のおかわり、もらいに行きませんか♪」ニッコリ

加賀「は、はい。わかりました…」
43:◆01jT186BxI:2017/01/02(月) 20:49:27.05 ID:mQIb2UXvo


ガヤガヤ ワイワイ


龍驤(タッタッタッ!)

龍驤「いやぁすまんすまん!でもこれで少しは静かになるはずや」

サラトガ「フフフ…」

龍驤「ん~?ウチなんかおかしな事言うた?」

サラトガ「いえ……みなさんとても仲が良くて本当に賑やかだなと改めて思いまして…」フフ

サラトガ「そんなみなさんと同じ艦隊で頑張れると思うと……これからが楽しみです!」

龍驤「せやな。ウチも同じ気持ちや!今度は味方同士、期待してるで!」

サラトガ「はい!」ニコッ
47:◆01jT186BxI:2017/01/05(木) 23:57:20.69 ID:uvJySEDbo

- 食堂出入り口付近・廊下 -


タッタッタッ…


提督「海風~!山風~!」タッタッタッ

海風「提督!?」

提督「ふぅ~、間に合って良かった」ゼェゼェ…

海風「すみません…何も言わずに抜け出して…」

提督「いやいいんだ。あんな状況じゃしょうがないさ」

海風「ふふふ…提督、幸せそうなお顔でしたよ」ニコッ

提督「げっ!本当に!?」

海風「ね?山風?」

山風「……うん」

提督「うわあ…恥ずかしいとこ見られちゃったな~」アハハ

提督(どうか俺を嫌いにならないで……お願い!)

海風「あの……わざわざ呼び止めて、海風達に何かご用ですか?」

提督「ええっとその……山風に大事な話があるんだ」

山風「あたしに?」
48:◆01jT186BxI:2017/01/06(金) 00:00:12.52 ID:EUY63JHwo

提督「ああ…、たしかもう少ししたら練習航海だよな?」

提督「それが終わって落ち着いた時にでも、執務室に顔を出してほしい」

山風「!?」

山風「はっ、はい。了解しました」

提督「ははは、そこまでかしこまる必要はないぞ」

提督「それに時間はかからないだろうし。他に用事があるなら多少遅くなっても構わない」

海風(山風に…?いったいどんなお話かしら……?)

提督「用件は以上!いきなり呼び止めて悪かった、それじゃあな」

海風「あぁ!はいっ!」ペコリ

山風「……」
49:◆01jT186BxI:2017/01/06(金) 00:02:58.97 ID:EUY63JHwo

- 執務室 -

提督「はぁ……疲れたぁ……」グッタリ

村雨「そうですね…」ハァ…

提督「金剛に捕まるわ~龍驤と足柄に怒られるわ~で散々だったな…」

村雨「……ごめんなさい、提督」

提督「えっ?何が?」

村雨「提督は山風とお話したかったのに、村雨が金剛さん相手にムキになっちゃって…」

村雨「提督のフォローをするどころか邪魔をしてしまったわ」

村雨「村雨もまだまだ子供ですね…」

提督「フフフッ、村雨は意外と負けず嫌いなところがあるからな」ニヤッ

村雨「うぅ…」

提督「でも謝ることはないぞ。予定と違う形ではあるが、山風に例の話ができそうだし」

提督「それに……」

村雨「それに?」
50:◆01jT186BxI:2017/01/06(金) 00:07:09.33 ID:EUY63JHwo

提督「村雨と金剛のダブルバーニングラブをこの身で味わえた…!素晴らしかったぞ……!」キラキラ

村雨「ふふふ♪もう提督ったら♥」

提督「ムフフ…この際、『提督ラブラブアピールコンテスト』でも開催してみようかな!」

村雨「なんですかそれ?」

提督「ほら、さっきの金剛みたいに俺とのラブラブ度をみんなで競うんだ。村雨はもちろん優勝候補だな~」

提督「ライバルは金剛を筆頭に……あとは誰が参加しそうかなぁ」ワクワク

村雨「……」ムスー

提督「榛名や如月とか…?最近は蒼龍なんかも……」チラッ

提督「あ、あれ?もしかして村雨怒ってる…?嫌だなぁ~!冗談に決まって」

村雨「別に~?村雨はかまいませんけど~??」

提督「本当か!?さすが村雨!胸だけじゃなく器も大きい!!」

村雨(イラッ)

村雨「かまいませんけど~やるならそれなりに覚悟しておいた方がいいと思いますよ~?」錨ブンブンッ

提督「あっ、あははは……」ガクガク ブルブル

提督(ガタッ スッ スッ)

提督「すみませんでした」(土下座)

村雨「もう、すぐ調子に乗るんだから」
53:◆01jT186BxI:2017/01/07(土) 23:26:00.78 ID:7WjIoYj3o


それからしばらくして・・・


提督「……」カキカキ

村雨「……」カキカキ

村雨「ねえ、提督」

提督「ん~?」カキカキ

村雨「山風にはこの執務室に来るよう伝えたのよね?」

提督「ああ、そうだな」

提督「山風は昼食後に練習航海を控えてたからな。話はそれが終わってからでも遅くないと思って」

村雨「なるほどね~…」時計チラッ

村雨「そろそろ来てもおかしくないわね」

提督「うむ…」
54:◆01jT186BxI:2017/01/07(土) 23:29:02.24 ID:7WjIoYj3o

提督「……」

村雨「提督?」

提督「食堂で山風に対して結構踏み込んで接したけど……あれで良かったのだろうか……?」

村雨「ふふふ。いつもの提督みたいで、いい感じだったと思いますよ」ニコッ

提督「そう…?嫌な思いさせてなきゃいいけど…」

提督「あとあれだ。ダブルバーニングラブの時、俺は幸せそうな顔をしていたらしい」

提督「変態だと思われたりしてないよな…?」ハズカシー

村雨「あら、その通りじゃない」

提督「失礼な!俺は紛うことなき、紳士の中の紳士だぞっ!!」ドンッ!

村雨「はいはい」ハァ

村雨「山風に良く想われたいなら机の上とか散らかってるとこ、整理したらどうですか?」

提督「あぁ……たしかにこれじゃあ印象がよろしくないかもな」
55:◆01jT186BxI:2017/01/07(土) 23:31:00.15 ID:7WjIoYj3o


ガサゴソ ガサゴソ


村雨「ちょっとこれいつの作戦の資料よ~。もうしまってもいいでしょ?」ピラッ

提督「どれどれ……」ジー

提督「おうOKOK。多分編成とか装備とか参考にしたかったんだろう」

村雨「それは大変結構な事ですけど、見終わったらちゃんと元の場所に戻しておいてください~!」

提督「すみません…」







ガサゴソ ガサゴソ


提督「んあ!?だぁれだ~!部屋の隅っこの方にお菓子袋を捨ててるの~!」

村雨「ふふふ…」

提督「夕立かぁ~?まったくもう……」スッ スッ

村雨「そういえば提督、山風とのデートプランはどうなってるの?」

村雨「村雨、すごく興味あるんですけどっ!」ジー
56:◆01jT186BxI:2017/01/07(土) 23:32:42.44 ID:7WjIoYj3o

提督「えぇ?そこまで綿密な計画を立ててるわけじゃないぞ…?」

提督「街のほうに出向いて、色んなとこを案内して回ろうかと思ってるよ」

提督「あとはそうだな……昼は鳳翔の店にお邪魔しようかな~」

提督「このくらいしか考えてないぞ」

村雨「ふ~ん…」

村雨「うふふっ、着任したばかりの山風を気遣ってくれるんですね。ありがとうございます」ニコッ

提督「フッ、提督として当然の事をしてるだけさ…!」キリッ

村雨「おぉ~!頼もっしい!」

提督「…と思うじゃん?」

村雨「あら?」
57:◆01jT186BxI:2017/01/07(土) 23:36:26.68 ID:7WjIoYj3o

提督「山風とのデートは楽しみではあるけど…正直うまくいくか不安でな……」

提督「俺にあの娘を楽しませる事はできるのだろうか」

村雨「ん~、ちょっと考えすぎじゃないですかね~」

提督「そう?」

村雨「あまり気負わずに、逆に提督の方が楽しむぞ!みたいな感じでさっ♪」ニコッ

提督「……」フッ

提督「ははは、確かに」

提督「俺の方が考えすぎて空回りすると、山風に心配をかけてしまう可能性があるしな」

提督「ありがとう村雨。だいぶ気が楽になったよ」


トントン(小さなノック音)


村雨「いえいえ」

村雨「……万が一うまくいかなくても、その時は慰めてあげますよ♪」

提督「えっ?」

村雨「あなたにはこの村雨がついてますから、思いっきり楽しんできてください♥」ニッコリ

提督「村雨…!」ズッキューン

提督(こ…これが……大天使村雨……!)
59:◆01jT186BxI:2017/01/11(水) 01:18:50.91 ID:vGuRqnx8o


トントン(小さなノック音)


提督「あの……村雨……」

村雨「はいはーい?」

提督「こ、今度は俺からバーニングラブしてもいいか……?」

村雨「ふふふっ、かまいませんよ♪」スッ

提督「村雨…!」バッ


ドアガチャ


提督&村雨「!?」ビクッ

山風「し…失礼します……」

山風「えっと……何してるの…?」

提督&村雨「あっ……」ムギュー

提督&村雨(スッ スッ)

提督「そーれワンツー、ワンツー♪」(村雨と一緒に踊る)

村雨「ワンツー、ワンツー♪」

提督「おぉ来たか!待ってたぞ!」サッ サッ

村雨「いらっしゃい!山風!」クルクルー

山風「う、うん…」
60:◆01jT186BxI:2017/01/11(水) 01:26:21.95 ID:vGuRqnx8o

提督「ふぅ~疲れた疲れた~」

提督「いやぁ最近運動不足でな~。舞風に教わったダンスを村雨と一緒にしてたんだ」

山風「そう……」

提督(な、なんとかごまかせた……よな?)チラッ

村雨(多分ね…)アセアセ

提督「そういえば一人でここに来るのは初めてか…」

提督「これから部屋に入るときはちゃんとノックをするようにな」

山風「したけど…反応なかったから……」

提督「あれれ?そうだったの?」

山風(コクッ)

提督「ごめん…気づかなかったよ……」

村雨「まぁ夕立とかはいきなりドーン!って入ってくるし、そこまで気にしなくていいわよ♪」

山風「はあ…」

提督「うぐぅ…提督としての威厳が……」

村雨「ふふふ…」
61:◆01jT186BxI:2017/01/11(水) 01:29:40.82 ID:vGuRqnx8o

提督「え~」コホン

提督「よく来てくれた山風。早速本題なんだが、話というのはな……」

山風(ドキドキ)

提督「フフフ…。駆逐艦山風、君に特別任務を命じる!」ビシッ!

山風「特別…任務……?」ゴクリッ

提督「ああ!山風には鎮守府近辺の街中を探検してもらう!」

提督「俺と一緒になっ!」ニコッ

山風「……?」

山風「鎮守府の外の…街に出るってこと…?」

山風「遠征とか…出撃じゃなくて…そういうのもあるの…?」

提督「あ、ああ。まあな」
62:◆01jT186BxI:2017/01/11(水) 01:34:49.45 ID:vGuRqnx8o

提督「これからも山風に頑張ってもらうためにも、自分の置かれた環境についてもっと知って欲しくてな」

村雨「オシャレな洋服屋さんとか~、みんなでワイワイ遊ぶ所とか~」

村雨「山風が気に入る場所もきっとあるはずよ♪」

山風「そう…かな……」

提督「任務、受けてくれるな…?」ドキドキ

山風「……うん、いいよ」

提督「本当か!?」

山風「任務は…ちゃんとやらなきゃ…」

提督(いよおっしゃあああああ!!!)

村雨(ニヤリ)

村雨「ふふふっ…やるわね山風、頭なでなでから一気に提督とデートにまで!」

村雨「お姉ちゃん妬いちゃうな~♪」ニッコリ

山風「デ、デートなんて…そういうつもりじゃ……///」

提督「こらっ村雨!山風を困らせるんじゃない!」

村雨(テヘペロ)
66:◆01jT186BxI:2017/01/14(土) 01:24:45.32 ID:brH6yZ5Wo

提督「えーっと話はこんなところかな……?」

村雨「あらあら。いつ任務を遂行するのか、まだ言ってないわよ?」

提督「おっとすまんすまん、大事なとこが抜けてた」

提督「山風、この執務室に2日後の午前9時に来てくれ」

山風「2日後…?」

提督「ああ、俺と山風が休みの日だな」

山風「……いいの?」

提督「ん?何が?」

山風「提督って…いつも忙しそう……」

山風「それなのにせっかくのお休み…あたしなんかと一緒で……」モジモジ

提督「ははは、何だそんな事か」
67:◆01jT186BxI:2017/01/14(土) 01:26:40.49 ID:brH6yZ5Wo

提督「さっき食堂で話したろ?俺は君達艦娘と向き合うようにしてるって」

提督「自分でそうしたくて……すすんでやってる事なんだ」

提督「むしろ楽しみにしてるくらいだ」ニコッ

村雨(ニコニコ)

山風「そう……提督も変わってるのね…」

村雨「ふふふ、同感ね……。色んな意味で」ニヤ

提督「なんか意味深な感じにするのはやめなさい……」

提督「でも山風の方は休日なのに仕事するっていう形になるか……」

村雨「任務だからねー」

提督「代わりに次の日を休みにしようか…?」

提督「まあそこらへんは山風に任せるか。どうしたいか決まったら教えてくれ」

山風「う、うん…」

村雨「はいはーい!村雨、1週間くらいお休みが欲しいでーす!」ウキウキ

提督「だめ」

村雨「えぇ~、ちょっとはノッてくれてもいいんじゃなぁい?」

提督「村雨には聞いてないからな~!」

村雨「け~ち!」プイッ

山風「……」
68:◆01jT186BxI:2017/01/14(土) 01:28:19.51 ID:brH6yZ5Wo

提督「山風、他に何か聞きたい事はあるか?」

山風「……」ウーン

山風「うん、大丈夫……」

提督「そうか。まあ今でなくても何かあったら、俺や村雨に遠慮なくなんでも聞いてくれ」

村雨「うんうん♪」

提督「あっ、あとこの特別任務の件はなるべく内密にな…」

提督「他の娘に知られると、面倒事になるかもしれないからさ……」

山風「……?」

山風「わかった…」

提督「よしっ、それじゃまた2日後にな。山風も楽しみにしてろよ~!」

山風「……それじゃあ」クルッ

村雨「うん、またねっ」

山風(トコトコ)

山風「失礼しました」ドアガチャ

バタン
69:◆01jT186BxI:2017/01/14(土) 01:29:48.98 ID:brH6yZ5Wo





提督「ふう……何とかうまくいったな…」

村雨「よかったですね」

提督「ああ…。でも結構あっさりとOKの返事してくれたな」

提督「『任務』っていう名目が効いたのか…?」

提督「それだったら真面目でいい娘すぎるだろ…またなでなでしたい……」

村雨「ん~、そうかしら?」

村雨「いい娘だとは思うけど、村雨の言った通り提督を嫌ってないって事でしょ」

提督「そう思っていいのかなぁ」

村雨「『構わないで』っていう言動も単なる照れ隠しよ。可愛いじゃない♪」

提督「う~ん……まあなぁ…」

村雨「もう!そんな調子でどうするんですかっ!当日楽しめないわよ!?」

提督「ああ、わかってるよ。ちゃんと切り替える」
70:◆01jT186BxI:2017/01/14(土) 01:31:23.06 ID:brH6yZ5Wo

提督「そうだ、村雨。一つお願いがあるんだけど」

村雨「えっ?なになに?」

提督「当日に着て行く服を見繕ってくれないかな?出来ればカッコ良さげに!」

村雨「……」ウーン

村雨「だ~めっ!」

提督「えっ!?なんでぇ~?」

村雨「たまには自分でちゃんと決めなさい!山風に色々知って欲しいんでしょ♪」ニヤニヤ

提督「えぇ~、俺の服装とそれ関係あるか~?」

村雨「提督の事も知ってもらわなきゃね♪」

提督「俺にファッションセンスがないのは、村雨が一番わかってるだろぉ…」

提督「もし笑われたらどうしよう……あぁそれに…」ブツブツ…

村雨「ふふふ…」
72:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:45:28.84 ID:7fkxqeZEo


そしてその時はあっという間に訪れた・・・


- デート当日・執務室 -


提督「う~ん……」←服装チェック中

提督(スッ スッ)

提督「……」ジー

提督「まぁこんなもんでいいだろ」

提督「肝心なのは見た目じゃなく中身だ!中身!」ウンウン

提督(……それより村雨はどこに行ったんだ?気づいたらいなくなってるし)

提督(山風が遅いのもちょっと心配だな……。もしかしてドタキャン……?)

提督(そうだったら俺もう生きていけない……)ガクッ


シーン…


提督(だんだん緊張してきた…)ドキドキ


トントン


提督(おっ?山風か!?)

提督「は、はーいどうぞ」
73:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:47:23.71 ID:7fkxqeZEo


ドアガチャ


山風「失礼…します……」モジモジ

提督「おう山風、待ってた…ぞ……?」

山風「///」

提督「おぉ……」ジー

提督(山風の私服姿……!)

提督(少し袖の長いセーターにマフラー、短めなスカートに黒いタイツ……そして手には上着のダッフルコートを持っている…)

提督(ん…よく見るとお洒落なシュシュ?で髪を束ねている……。そして山風自身の恥じらう姿も手伝ってとても……)

提督「可愛い……」

山風「そんなに…見ないで……」

提督「ああすまん!つい見惚れちゃったよ」

提督「姉さん達のおさがりか…?見た事あるのがちらほら……」

山風(コクッ)

提督「フフフ、よく似合ってるぞ」

山風「……」

山風「その…実は……」

山風「いつもの制服で、行こうとしたら…姉さん達に止められて……」
74:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:48:59.18 ID:7fkxqeZEo


~ 回 想 ~


- 駆逐艦寮・山風(二十四駆)の部屋 -


山風『…………』ガサゴソ スッ スッ ←身支度中


トントン


山風(えっ…?誰……?)

山風『は、はーい…』


ドアガチャ


村雨『おはよ~!や~ま~か~ぜっ♪』

山風『村雨姉…?お、おはよっ…』

海風『聞きましたよ山風!これから提督とデートに行くって!』バッ

山風『何…?海風姉まで……ていうか、みんないる……?』


ゾロゾロ


江風『山風の姉貴ぃ~!なんだその格好は~!?』バッ

山風『えっ…?』

涼風『デートなんだからさー、もっとオシャレしないとなぁー!』ニヤニヤ

山風『デートじゃないし……。一応任務だから、この格好でいいよ……』
75:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:50:10.48 ID:7fkxqeZEo

村雨『固い事言わない言わない!』

白露『お部屋にいっちばんにお邪魔しま~っす!』ズザー

時雨『山風、まだ外出用の服を持ってないよね。だから……』

夕立『みんなの服を着てオシャレするっぽ~い!』

山風『えっとその…9時までには行かないといけないし、そんな暇……』

五月雨『提督は優しいから、ちょっとくらい遅れても大丈夫っ!』

村雨『うんうん♪』ニッコリ

山風『えぇ…』

春雨(トコトコ)

春雨『よいしょ』ドサッ

春雨『はいっ、みんなの洋服持ってきました』

村雨『ありがと春雨』

海風『もしよかったら海風達のも!』ガラッ スッスッスッ ←洋服棚から取り出してる

白露『わぁ~!すっごい量!』

時雨『これだけの人数だからね』

夕立(ニヤリッ)
76:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:51:57.88 ID:7fkxqeZEo

夕立『さあ、山風!脱いで脱いで!』ガシッ

山風『ちょっ、夕立姉…』ヌギヌギ

江風『にひひ~!ここは江風達にまかせてさっ!バッチリ決めてきなよ!』ガシッ

山風『江風…あなた何か勘違いしてない……?』ヌギヌギ

夕立(キラリッ)

夕立『ぽいぽいぽ~い!』(山風の制服ぽーん!)

山風『ひゃああっ!?』

時雨『じゃあ早速僕のを着てみてよ。山風は控えめな感じが似合うと思うんだ』スッ

白露『いやいや!ここは元気で明るいイメージの……』

白露『こういうボーイッシュのがいいって!ギャップで攻めるべし!』ビシッ!

夕立『んー、提督さんの好みに合わせた方がいいっぽい?』

村雨『おぉ!夕立いい事言うじゃない!それなら村雨の服をメインに考えて……』

白露『えー、村雨のは提督見慣れてるんじゃない?もっとドーン!とインパクトで勝負しなきゃ!』

村雨『失礼しちゃう!村雨が選んだ服はインパクトに欠けるって言いたいわけ~!?』

時雨『まあまあ二人とも』


ワーワー ガヤガヤ


山風(ちょっと…寒い……)
77:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:53:37.52 ID:7fkxqeZEo

海風『山風、大丈夫?姉さん達の考えがまとまるまで、このコートでも羽織って』スッ

山風『あ、ありがと……』

春雨『最近また冷えてきたからマフラーと……』

五月雨『手が冷たくなった時のために、手袋も持って行かないと!』

江風(ガサゴソ)

江風『お、このシュシュ……いいンじゃねェか?』ヒョイ

涼風『いやー!こっちの方が山風姉に似合うってー!』

江風『ン?そうかぁ?』


ワーワー ガヤガヤ


山風『うぅ…///』


~ 回 想 お わ り ~

78:◆01jT186BxI:2017/01/16(月) 23:56:00.81 ID:7fkxqeZEo

提督「はっはっはっはっ!そんな事があったのか。まるで着せ替え人形だなぁ」

山風「わ、笑わないでよ…」

提督「ははっ、すまんすまん」

山風「……」

山風「あ、あの…遅れて、ごめんなさい……」

提督「大丈夫、全くもって問題ない!」

提督「……やっぱりみんなも山風がこの鎮守府に来てくれて、本当に嬉しいんだろうな」

山風「そう…なの……?」

提督「ああそうさ、おそらく山風が思ってる以上にね」

提督「だから可愛くて可愛くてしょうがなくて、つい構ってしまうんだ。俺もそうだし」

山風「……」

提督「でもまっ、あまり度が過ぎるようだったら、頼りになるこの俺に言ってくれれば一瞬で解決だぞ!」ドンッ

山風「別に、そこまでじゃないから……」

提督「そっか、それならいいんだ」ニコッ

提督「じゃ、じゃあそろそろ行こうか」

山風(コクッ)
81:◆01jT186BxI:2017/01/19(木) 20:39:07.21 ID:Al/WwsAKo


- 鎮守府近くの商店街 -


トコトコ トコトコ


提督「えーっと……」

提督「ここがドラッグストア。医薬品や日用品が販売されているお店だ」

提督「最近だと湿布を買ったな。執務室でずっと机にむかってると肩がこってしまうんだ…」

山風「ふーん…」

提督「他にも風邪薬や頭痛薬とか、鎮守府に常備してる一般的な薬品はこのお店で購入してるんだ」

山風「へえ…」

提督「……まあ山風達、艦娘は具合が悪かったら、明石に診てもらったほうがいいか…」

山風「うん…」

提督「……」
82:◆01jT186BxI:2017/01/19(木) 20:41:04.18 ID:Al/WwsAKo

提督(うう…思ってたより盛り上がらない…。村雨が言ってた通りちゃんとプラン立てた方が良かったか…?)

提督(そうだ!適当に紹介するんじゃなくて、他の艦娘がよく行ったり、山風が興味持ちそうなお店を中心に……)

山風「……?」

山風「提督…?どうした、の……?」

提督「いや、なんでもない!」

提督「よーし山風!次はこっちだ!」ギュッ

山風「あぁ…ちょっと……///」

提督「ん?ゆっくり歩いた方いいか?」

山風「べ、別に……」

山風(恥ずかしいけど…あたたかい……提督の手…)

山風(手袋、あるけど…いらなかった……かな…)


スタタター



青葉(ジー…)

青葉「いただきぃっ!」パシャッ

青葉「青葉、見ちゃいました……」

青葉「うふふふふ♪」ササッ
83:◆01jT186BxI:2017/01/19(木) 20:43:34.09 ID:Al/WwsAKo

提督「山風は本とか読んだりする?」トコトコ

山風「いや…あまり……」トコトコ

提督「ふむ……ウチだと駆逐艦の娘はよく漫画を読んでるぞ。白露とか夕立とか」

山風「海風姉が…部屋で小説読んでるの、見た事ある……」

提督「ほう海風が……。それは知らなかった」

提督「小説は大淀やはっちゃんから借りた事あるな~」

山風「……」

提督「……よし着いた。ここだな」

山風「ここは……?」

提督「本屋。みんなが読んでる漫画や小説はだいたいこの店で買ってるはずだ」

提督「参考書は専門書もあるし、結構品揃え豊富だぞ」

山風「ふーん…」

提督「早速中に入ろう。どういう本があるか見ておくだけでも損はない」

提督「もし欲しいのがあったら言ってくれよ?今日は特別に俺の奢りだ!」

山風「え…?でも……」

提督「いいからいいから」グイッ

山風「わぁ~…」ズルズルー
84:◆01jT186BxI:2017/01/19(木) 20:45:06.24 ID:Al/WwsAKo

青葉(ササササッ! スタッ!)

青葉(キョロキョロ)

青葉(ジー…)

青葉「お二人とも書店に入って行きましたねぇ」

青葉「……ん~、青葉も行きたいけどちょっと危ないかなぁ」

??(ササッ)

??「青葉さ~ん?」ツンツン

青葉「うわああっ!?」ビクッ!

青葉「む、村雨ちゃん…?もう驚かさないでよぉ~」

村雨「うふふ…ごめんなさい♪」

村雨「それより青葉さん、またストーk…取材ですか?」

青葉「はいっ!今、新任艦娘の特集を考えてましてねぇ」

青葉「それで山風ちゃんの休日に密着取材してたら、なんとそこに司令官が現れたではありませんか!」

青葉「これは絶対いいネタになりますよ!」キラキラ

村雨「あはは…なるほどねぇ……」
85:◆01jT186BxI:2017/01/19(木) 20:46:50.16 ID:Al/WwsAKo

青葉「村雨ちゃんは司令官の浮気現場を押さえに来たんですよね?青葉、協力しちゃいますよ!」

村雨「違いますっ!提督は今、山風に街案内をしてるんですけど…」

村雨「そ、それで村雨の大事な妹に変な事をしないか、心配になって来ちゃったんです」

青葉「えぇ~?その話本当ですかぁ~?」

村雨「本当です!」

青葉「ふむふむ…」メモメモ

村雨「……あれ?青葉さんって今日お休みですか?」

青葉「はい。本来は違うんですけど、代わりにガサに出てもらってますぅ。ガサには青葉の休日に休んでもらう形で」

青葉「休日を交換したと言えばいいでしょうかね」

村雨「そう、ですか……」

村雨「実は村雨も、時雨姉さんと……」アハハ

青葉「ふふふ…そんなに司令官の事が気になるんですねぇ~」

村雨「はい…」

村雨「……あ、違います!村雨は山風が心配で~!」

青葉「うんうん!そういう事にしておきましょう!」メモメモ

村雨「ちょっ!記事にしないでくださいよ!?」
87:◆01jT186BxI:2017/01/23(月) 18:21:20.51 ID:rmgRghZ1o

青葉「ふふ~ん♪それじゃあ記事にしないかわりに、青葉のサポートをお願いしていいですかぁ?」ニヤッ

村雨「別にいいですけど……サポートって何をすれば…?」

青葉「えーっと…」

青葉「……」

青葉「ひっ必要な時にお願いします!」アセアセ

青葉「今はお二人にバレないよう努めましょう!」

村雨「はあ……わかりました」

青葉「あ!それじゃあこれを」

村雨「えっ?サングラスとマスク…?変装ですか?」

青葉「はい!見つからないように念のためしておきましょう」スッ

村雨「ん~、これって意味あるのかしら…逆に怪しくて目立つような……」スッ

青葉「あっ!お店から出てきましたよ!隠れてっ!」バッ

村雨「はいっ!」バッ
88:◆01jT186BxI:2017/01/23(月) 18:22:13.45 ID:rmgRghZ1o


♪ ピロリロピロリロ~  ピロリロピロリロ~


店員「ありがとうございましたー」

提督「ふぅ~……。新作のコーナー、結構面白そうなのあったなー」

山風「あの……」

提督「ん?」

山風「本、買ってくれて……」

山風「あり……ありがとっ!」

提督(可愛い…)

提督「ふふっ、どういたしまして」ニコッ

提督「チラッと山風の見ちゃったけど、料理本…かな……?」

山風「うん……あとお菓子作りの本も…」

提督「おぉ~?これは期待していいのか~?」チラッ チラッ

山風「………」

山風「気が、向いたらね」

提督「いいねぇ!楽しみにしてるよ!」ワクワク
89:◆01jT186BxI:2017/01/23(月) 18:23:47.35 ID:rmgRghZ1o

山風「提督は……どんな本、買ったの?」

提督「俺は専門書だよ。仕事に役立つと思ってな」

提督「大人になっても日々勉強だぞ!」ガハハ

山風「ふ~ん…」

提督(厳密に言うと『リーダーとしての威厳』っていう人格形成についての本だけどな…)

提督(山風や他のみんなにも知られたら恥ずかしいから、うやむやにしてしまった…)

提督(で、でも嘘は言ってないのでセーフ…!)

提督「よーし山風、次はこっちだ!」バッ

山風「あぁ、待って~…」トコトコ



村雨(会話は聞き取れないけど、見てると雰囲気は良さそうね……)ジー

村雨(ふふっ…いい感じいい感じ♪)

青葉「……」パシャッ パシャッ

青葉「あっ!動いた…!」

青葉「青葉達も行きましょう!」ササッ

村雨「はいは~い♪」ササッ
90:◆01jT186BxI:2017/01/23(月) 18:25:18.26 ID:rmgRghZ1o


トコトコ トコトコ


提督「さ~てお次は~……ココだ!」ババーン!

山風「ここは…?」

提督「『アラウンド2』っていうアミューズメントパークだ!」

山風「あ、あみゅ~ずめんと……?」

提督「要はみんなで楽しく遊ぶところさ。娯楽施設っていうのかな」

山風「みんなで、遊ぶ…」

提督「ああ。ゲームしたり、スポーツしたり、カラオケしたり…」

提督「あっ、カラオケって知ってるか?」

山風「歌、歌う…」

提督「そうそう。みんなでワイワイ歌うことで日頃溜まっていくストレスを吐き出すのさ!」

山風「あたし…そういうのはちょっと…」

提督「わかるぞ。最初は俺も恥ずかしくて、ずっとタンバリン持ってたなー。おまけに音痴だし」

山風「そう、なんだ…」

提督「まぁ今日は山風と一緒にゲームをして遊ぼうかな~と思って!」

提督「さっ、こっちこっち!」グイッ

山風「うん…」トコトコ
91:◆01jT186BxI:2017/01/23(月) 18:26:21.64 ID:rmgRghZ1o


ササッ ササッ


青葉「ほぉココですかぁ」メモメモ

青葉「確かに休日の息抜きに利用してる娘がちらほらといますねぇ」

村雨「ねえねえ青葉さん。せっかく来たんだし、村雨達も遊んでいきましょうよ~!」

青葉「ダメですよ~、今は取材中ですから遊んでるヒマはありませんっ!」

村雨「えぇ~」

青葉「見失わないように、さぁ行きましょう!」スタスター
94:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:01:30.11 ID:iQZzV7Clo

- 施設内・ゲームコーナー -

ガヤガヤ ガヤガヤ…

山風「う~ん…ちょっと、うるさい……」トコトコ

提督「まぁな~。いろんな筐体が大音量で鳴り響いてるからなぁ」トコトコ

山風「!?」ピタッ

提督「でもさ、こう……」トコトコ

提督「一度遊びに夢中になっちゃえば気にしなくなるからだいじょう……ってあれ?山風?」キョロキョロ

山風(ジー)←UFOキャッチャーを覗き込んでる

提督(ん~…?)ジー

提督「あの…くまのぬいぐるみが欲しいのか…?」

山風「……う、うん」
95:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:02:16.39 ID:iQZzV7Clo

提督「よーしわかった!まずはUFOキャッチャーで遊ぶか!」

山風「これ…どうやって遊ぶの…?」

提督「あそこにあるアームっていうので欲しい景品を掴んで持ってきて、この手前の穴に落とすんだ」

提督「山風はこの手元にあるボタンでアームをうま~く操作しよう」

山風「難しそう…」

提督「うーん、確かに景品をGETするとなればそれなりにな…」

提督「でも操作自体はボタンを押したり離したりするだけだから簡単だぞ」

提督「ほら、早速やってみよう」

山風「うん…」
96:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:03:18.33 ID:iQZzV7Clo

提督「えーっと…」ジー

提督「1Play100円か」

チャリーン

山風「最初は、提督やってみて…」

提督「おぉそうするか。ちゃんと見てろよ~」

提督「まずは横移動だな。このボタンを押して…」ポチッ


アーム(ウィーン…)


提督「良き所でボタンを離す!」スッ


アーム(ピタッ)


提督「次はこっちのボタンを押して、同じ要領で…」ポチッ


アーム(ウィーン…)


提督「アームがくまさんの真上あたりに行ったところでボタンを離す!」スッ


アーム(ピタッ)


提督「あとは祈るのみ!そこまで大きくないから難しくない…はず!」


アーム(パカッ ウィーン ガシッ)


山風「おぉ…!」

提督「いけるか…?」


アーム(ウィーン… ポロッ)


提督&山風「あっ」
97:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:04:35.18 ID:iQZzV7Clo

提督&山風「………」

提督「と、まあこんな感じで遊ぶんだ!簡単だろ?」

山風「うん…」

提督「よーし、それじゃあ Let's try!」

チャリーン

山風「……」ポチッ

アーム(ウィーン…)

山風「……」スッ

アーム(ピタッ)

提督「うむ、いいぞ。その調子…」
98:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:05:40.34 ID:iQZzV7Clo





(山風、3回目のチャレンジ)

アーム(パカッ ウィーン ガシッ)

提督「お!これはガッチリ掴んでるんじゃないかっ!?」

山風(ドキドキ…)

アーム(ウィーン…)

提督「おお~!?」

アーム(ウィーン… パカッ)

くまさん(コロコロー)

提督「おおー!」ガサゴソ ヒョイ

提督「ほらっ獲れたぞ!山風!」

山風「やった…!」

提督「いやあ初めてなのに3回目でGETするとは大したもんだよ!」

山風「そんなこと、ないよ…」モゾモゾ
99:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:06:39.52 ID:iQZzV7Clo

提督「ん、どうした?」

山風「ぬいぐるみ、カバンにうまく入らなくて…」

提督「どれどれ…」

ギュッ ギュッ

提督「う~ん、ちょっと厳しいか…?」

提督「……いや、このままでいいんじゃないか?」

山風「えっ?」

提督「顔と手をカバンからちょこんと出す感じで…」スッ スッ

山風「……可愛い」

提督「だろ~?まあ山風の可愛さには到底及ばないがな」

山風「っ……///」

山風「そういうの、いいから……///」

提督「おっと、これは失礼」ニヤッ
100:◆01jT186BxI:2017/01/27(金) 18:11:00.25 ID:iQZzV7Clo

青葉「ほぉ~」パシャ

青葉「見てください、村雨ちゃん!カバンからくまさんが顔出してて可愛いですよ!」

村雨「むらさめ~~……」ウデグルグル

村雨「パ~~ンチッ!!!」ドゴォーン!


パンチングマシーン(アリガトウゴザイマスッ!) バインバイン…


青葉「ちょっと!あまり目立たないでくださいよぉ~!?」

村雨「やったあ!トータルスコアのランキング3位になりましたよー!」


ザワザワ ザワザワ…


村雨「もうちょっと本気を出して今度は1位を…!」

青葉「やめなさいってー!」アセアセ
104:◆01jT186BxI:2017/01/30(月) 23:33:59.73 ID:IDlk/oglo

トコトコ トコトコ

提督「他になんかやってみたいゲームはあるか~?」トコトコ

山風「……」トコトコ

提督「ふ~ん、ここらへん変わったなぁ~」

提督「え、何これ何これ…?」ジー

山風(ツンツン)

提督「ん、どした?」

山風「このおっきい台、何…?」

提督(おっ!)キラーン!

提督「うむっ!これはエアホッケーだな!」
105:◆01jT186BxI:2017/01/30(月) 23:35:16.46 ID:IDlk/oglo

提督「このハンコみたいなのを使って、パックっていう小さい円盤を相手ゴールにブチ込むんだっ!」

山風「ふーん…」

提督「お互いハンコをこうやって動かして……」ス-ッ ス-ッ

提督「パックをカンカーン!って打ち合うんだ!」

山風「わかったけど…提督、急に熱くなって…どうしたの?」

提督「ふふ~ん♪実は子供の頃、これでよく遊んでな。それで大得意なんだ」

提督(ここはカッコいい所を見せるチャンス…!)

提督「まぁ山風がどうしてもって言うなら遊ぶけどぉ~…」

提督「俺が強すぎて勝てなくても泣くんじゃないぞっ♪」ニヤッ

山風「……そう」スタスター

提督「……えっ?」

提督「ちょっちょっ!ちょっと待って山風!」グイッ

山風「何?」

提督「こ、これで遊びたいんだろ?我慢しなくていいんだぞ…?」

山風「別に……これがどんな遊びか、知りたかっただけ…」

提督「えぇ…」
106:◆01jT186BxI:2017/01/30(月) 23:36:13.86 ID:IDlk/oglo

提督(しまった!いつもの煽るような調子でいってしまった…)

提督(村雨や夕立相手なら、こういう誘いに乗ってくるんだけど…)

提督「じゃあさ、山風」

山風「うん?」

提督「提督として非常に優秀な俺の、こういう意外な一面って見たいとは思わないかい?」

山風「提督って、優秀なの…?」

提督「ああ!その証である甲種勲章がウチの執務室に飾られてるぞ」

山風「へえ……。意外ね」

提督「あらら、そっち?」コケッ

提督(なんという誤算…!もう、こうなったら……!)
107:◆01jT186BxI:2017/01/30(月) 23:37:23.38 ID:IDlk/oglo

提督「あのぉ~、山風さん?」

山風「えっ…?」

提督「今は鎮守府外の環境を知るために、色々街を回ってるわけですが…」

提督「僕についても知ってほしいので……」

提督「一緒にエアホッケーで遊んでください!お願いしますっ!」バッ!

山風(ドキッ!)

山風「えっと…そ、そこまで言わなくても…いいのに……」アセアセ

山風「うん、一緒にあそぼ」ニコッ

提督(可愛い…)

提督「ありがとう…ありがとう……!」





青葉「提督……気持ちは嬉しいけど、あなたには村雨姉が…」←アフレコして遊んでる

青葉「だから…ごめんなさいっ!」

青葉「待ってくれ!山風!」グイッ

青葉「俺には君しかいないんだ…形式上ジュウコンになってしまうが……」

青葉「俺は……村雨じゃなく山風、君だけを愛しているっ!」

青葉「提督…!」


青葉「会話はだいたいこんな感じですかねぇ~」メモメモ

村雨「絶対違いますっ!!」
110:◆01jT186BxI:2017/02/02(木) 23:35:35.66 ID:8shLUa11o

提督「よぉーし!まずは軽く練習だな♪」

提督「スピードゆっくりでいくから打ち返してくれ~」

山風「うん…」

提督「ほいっ」カンッ

山風「……」カンッ

提督「そう、そんな感じ」カンッ

山風「……」カンッ





提督「あと両側の外壁を使って、パックの軌道を変える事が可能だ」

山風「軌道を、変える…」

提督「こういう風に」カンッ

カッ

山風「おー…」
111:◆01jT186BxI:2017/02/02(木) 23:37:30.82 ID:8shLUa11o

カンッ カッ カンッ カッ 

カンッ カッ カッ カンッ カッ 


提督「いい感じいい感じ。山風、なかなか筋がいいなぁ」

山風「そう…?」

提督「うむ、これなら白熱した試合ができそうだ…!」

提督「というわけで今から勝負するぞ!」

山風「えっ…」

提督「このゲーム機は時間制だから……残り時間の3分、ちょっとやってみよう!」

山風「う、うん」

提督「山風からでいいぞー」スッ

パック(スルーッ)

山風「じゃあ、いくよ…?」

提督「ばっちこーい!」

山風(カンッ!)

カッ!

提督「むっ!」カンッ!
112:◆01jT186BxI:2017/02/02(木) 23:38:44.07 ID:8shLUa11o


カンッ! カッ! カンッ! カッ!


提督(外壁を利用していきなりゴール隅に鋭いショット…)

提督(やるではないか山風…)ニヤリ

提督(だが…!)カンッ!

GOAL!

山風「あっ…」

提督「よし!これで俺に1点入るってことな」ドヤァ…

山風(ムッ)

山風「続けるよっ」カンッ!

提督「フフフ、かかってきなさーい!」
113:◆01jT186BxI:2017/02/02(木) 23:40:09.14 ID:8shLUa11o

カンッ! カッ! カンッ! カッ!





提督 4 - 1 山風


提督「♪~」


カンッ! カッ! カンッ! カッ!





提督 5 - 4 山風


提督「……あ、あれ?」


カンッ! カッ! カンッ! カッ!





(LOSE) 提督 6 - 8 山風 (WIN!) 


提督「」

山風「勝った…!」フフ…

提督「さ、さーて準備運動はOKだな~!?」

山風「えっ?」

提督「次は5分フルタイム!本気で行くからな~、覚悟しろよ~!」

山風「……まぁ、いいけど」
114:◆01jT186BxI:2017/02/02(木) 23:41:29.57 ID:8shLUa11o

(そして5分後)

カンッ! カッ! カンッ! カッ!





(LOSE) 提督 9 - 20 山風 (WIN!)


提督「うぅ…ひぐっ…ぐすんっ……」

提督「そんなぁ……」orz

山風「ご…ごめんなさい提督、泣かないで…」っハンカチ

提督「あぁ、ありがとう…山風は優しい子だな……」フキフキ

山風「そんな事…ない……」

提督「こんな俺からだけど一つお願いを聞いてくれないか?」

山風「何?」
115:◆01jT186BxI:2017/02/02(木) 23:43:16.05 ID:8shLUa11o


提督「 も っ か い !! 」


山風「えぇ…」

提督「頼む!次で本当にラスト!」ゴソゴソ

提督「ほらっ、山風が勝ったらこの間宮食堂3食分の無料券あげるから!」ヒラヒラ

山風「!?」

山風「……しょうがないわね」

提督(よしっ!)

提督「ありがとう、山風」

提督「…だが勝負となると話は別だ」

提督「全力で勝ちに行かせてもらうぞ!」

山風「ムダだと思うけど……」ハァ
119:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:23:35.10 ID:0bSQEGPRo

青葉「あらら~、司令官ボコボコにされてますね~」

青葉「山風ちゃんに慰められてますよ」パシャパシャ

村雨「ふふふ…」

青葉「艦娘相手だと分が悪いのに……司令官もよくやりますねぇ」

村雨「うふふ、そこがいいんじゃないですかっ♪」

村雨「村雨たち、艦娘を深海棲艦に対抗するための存在ってだけじゃなく…」

村雨「普通の女の子としても見てくれてるって事ですよ♪」

青葉「ほぉ……なるほどなるほど!」メモメモ

青葉「村雨ちゃんの取材もまだまだネタがでそうですねぇ」ニヤッ

村雨「もぅ!提督も言ってましたけど、取材はほどほどにしてくださいよ!」

青葉「わかってますってー…」チラッ

青葉「ん~?お二人さん、もう1戦するみたいですねぇ」パシャ
120:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:24:48.93 ID:0bSQEGPRo





村雨(ん~……暇だなー…)キョロキョロ

村雨「あっ!」トコトコ

青葉(ジー)←提督と山風の方を見てる

村雨「青葉さーん!一緒にプリクラ撮りましょうよ~!」

青葉「えっ?イヤですよ~、それにお二人を見失ったらどうするんですかぁ~」

村雨「うふふ…二人が行く場所にはアテがあるから、ちょっとくらい遊んでも大丈夫ですよ~!」

青葉「そうなんですかぁ…?いやそもそも青葉そういうのは」

村雨「ほらほらぁー!」グイッ!

青葉「あぁー!?ちょ、ちょっとー!」ズルズルー
121:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:26:35.24 ID:0bSQEGPRo

チャリーン……  GAME START!

カンッ! カッ! カンッ! カッ!





提督(くっ…相変わらず攻守にムダがない…)

提督「おりゃ!」カンッ!

山風「…!」カンッ!

カッ! カッ!

提督「うおっ!」カンッ

提督(今のだ…反応の速さが人間のソレでは……)ハッ!

提督(いや、山風は艦娘だった……普段の出撃や演習とかの経験が活きてるとか…?)

提督(砲撃戦で弾の軌道を見切って躱すことに慣れてるから…そういうのに秀でてるんだ……!)

提督(フッ、俺としたことが。今更それに気づくとはな…)
122:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:27:44.34 ID:0bSQEGPRo

カンッ! カッ! カンッ! カッ!





提督 2 - 4 山風


提督(うぅ…悔しいが力勝負では分が悪い。ここは守りに重点を置いて…)

提督(攻勢にでるときはなるべく壁に当てて軌道を変えて、山風のミスを誘発する…!)

提督(おそらく直線系よりは可能性があるはず…)


カンッ! カッ! カッ! カチャ!(GOAL!)


山風「あっ」

提督「ふっふっふ…」

提督(そう、こんな感じで!そして……)
123:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:29:32.59 ID:0bSQEGPRo

カンッ! カッ! カンッ! カッ!

カンッ! カンッ! カッ! カチャ!(GOAL!)


提督「あっ!くっそぉ…」

提督「……あれ?パックが落ちてこないなぁ」(下を覗き込みながら)

提督「そっちにない?」

山風「えっ…?」←下を覗き込む

提督(ニヤッ)←パックを取り出す

提督(カンッ!)


カチャ!(GOAL!)


山風「あぁ!」

提督(精神的にも揺さぶっていけば…勝機はある……!)

提督「ふふっ…。かかったな、山風」ニヤニヤ

山風「ずるい…」

提督「全力で勝ちに行くと言っただろう?もはや手段は選ばないのだ…」ガハハ


カンッ! カッ! カッ! カチャ!(GOAL!)


山風「あぁーもうっ!」

提督(ニヤニヤ)


提督 7 - 7 山風


提督(あれ、これイケんじゃね?薄々気づいてたけどやっぱり俺って天才…?)
124:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:31:38.02 ID:0bSQEGPRo

カンッ! カッ! カンッ! カッ!





(LOSE) 提督 10 - 16 山風 (WIN!)


提督「」チーン

山風「うふふ…」

提督(しかし……そううまくはいかなかった…)

提督(あれから山風の警戒心はMAXになり、全神経をパックに集中しているように思えた…)

提督(山風によそ見をさせるために繰り出した『あれ?あそこにいるの海風と江風じゃね?』作戦もスルーされ失敗に終わった…)

提督「……くやしいが完敗だよ」

提督「山風、お前がナンバーワンだ……!」

山風「??」

提督「そしてこれが無料券だ…受け取れ……!」ヒラヒラ

山風「うん、ありがと…」
125:◆01jT186BxI:2017/02/05(日) 01:32:55.02 ID:0bSQEGPRo

提督「ふう~つっかれた~、何か飲み物欲しいなー。自販機どこだっけか」キョロキョロ

山風「あっちにあったよ…」

提督「おうっ、それじゃ行こうか。荷物忘れないようにな」トコトコ

山風「うん…」トコトコ

提督「山風、エアホッケーどうだった?楽しかっただろ?」

山風「えっ?う~ん…」

山風「まぁ、それなりに……」

提督「ふふふ、そいつは良かった」ニコッ

提督「次は少し早いけど昼食にしよう。鎮守府の近くにいい店があるんだ♪」

山風「鎮守府の近く?」

提督「ああ。ちょっと引き返す感じになるけど、山風にもその店について是非知ってほしくてな!」

山風「はあ…」
129:◆01jT186BxI:2017/02/07(火) 01:17:07.93 ID:NpdmRWITo





青葉「うひぃ~疲れたぁ……」グッタリ

村雨「ふふふっ♪可愛いのが撮れたからいいじゃないですかー♪」

村雨「ほら、これなんかいい感じに盛れてますよ?青葉さんの記事に使ってみたらどうです?」ニヤッ

青葉「使いませんっ!」

青葉(キョロキョロ)

青葉「ほら~もういなくなってるじゃないですかぁ~」

村雨「大丈夫!この村雨について来てくださーい!」ピュー

青葉「あぁ!待ってくださいよぉ~」スタスター
130:◆01jT186BxI:2017/02/07(火) 01:18:10.24 ID:NpdmRWITo


提督と山風、鳳翔の店に向かう道中・・・


提督「どうせだからさっきと別の道を歩いているが……」

提督「俺もここらへんはあまり知らないから新鮮だな」


ワイワイ ガヤガヤ ワイワイ ガヤガヤ


提督「活気があっていいなぁ。それに飲食店が多め…かな……?」クンクン

山風「いい匂い…」

提督「そうだな……まぁ少しくらいならいいよね…?」

提督「山風、なんか買って食べよう!」

山風「うん、いいよ」
131:◆01jT186BxI:2017/02/07(火) 01:19:29.56 ID:NpdmRWITo





トコトコ トコトコ

山風「はふっはふっ……」モグモグ

提督「んん、んまいんまい」モグモグ

提督「美味いなこのコロッケ」

山風「うん…」モグモグ

提督「熱くないか?俺がフーフーしてあげようか?」ニッコリ

山風「嫌よ」

提督「むぅ…」

山風「……」

山風「提督、口元に……ついてる」

提督「えっ、衣かな…?」スッ

提督「……」ピタッ

提督「山風~、どこについてるかわかんないからとってくれな~い?」顔スッ

山風「嫌よ、言われたらわかるでしょ…それくらい……」

提督「むぅ…」
132:◆01jT186BxI:2017/02/07(火) 01:20:42.87 ID:NpdmRWITo


トコトコ トコトコ


提督「よし、着いたぞ」

山風「ここって……」

提督「お、もしかして知ってたか?居酒屋『鳳翔』」

山風「聞いた事ある……」

提督「ふむ。でもまだ店に入った事はないんだよな…?」

山風「うん…」

提督「昼はともかく、夜は飲兵衛の標的になるかもしれないからな」

提督「もし行くなら覚悟した方がいいぞ…!」

山風「き、気をつける…」

山風「お店、お昼もやってるの…?」

提督「ああ、一応やってるぞ。でも昼は酒出さないし、艦娘や一部の常連客しか知らないんじゃないかな」

山風「ふーん…」

提督「さあお腹空いたし、中に入ろう。鳳翔に話はついてるんだ」
133:◆01jT186BxI:2017/02/07(火) 01:23:10.54 ID:NpdmRWITo

- 居酒屋『鳳翔』 -


ガラガラ


提督「こんちはーっす」

鳳翔「あら、いらっしゃいお二人とも。お待ちしておりましたよ」

山風「こ、こんにちはっ!」

鳳翔「はいっ、こんにちは」ニコッ

鳳翔「山風ちゃんはお店に来るのは初めてですね。ゆっくりしていってください」

山風「はい…」

提督「えーっと…どこに座ってもいいのかな?」

鳳翔「すみません、まだ色々と準備中で……」トコトコ

鳳翔「こちらの席をお使いください」

提督「了解……おぉ、お前達も来てたのか」

祥鳳「こんにちは、提督。ふふふ…山風ちゃんも」ニコッ

山風「どうも…」ペコッ

瑞鶴「提督さーん!村雨から山風に乗り換えたってホントー!?」ニヒヒ

提督「違うからっ!!鳳翔の話ちゃんと聞いてなかったのかぁ~?」

翔鶴「すみません提督、瑞鶴が失礼を…」

鳳翔「うふふ……」
140:◆01jT186BxI:2017/02/09(木) 17:35:50.60 ID:QooQ/gWqo





提督(ズズズッ)

提督「ふう~……」

提督「お茶もうまいし落ち着いた雰囲気だし……」

提督「いいトコだろ?」

山風「うん…」ズズッ

ワーワー ガヤガヤ…

提督「……今は瑞鶴がいるから少し騒がしいけどな」ボソッ

瑞鶴「ん、提督さん。なんか言ったぁ~?」

提督「いやあ!?なんでもないけど~?」アセアセ

瑞鶴「あっそー」

瑞鶴「でさぁ翔鶴姉!あの時に~……」ワーワー

提督「危ねぇ…爆撃されるとこだった……」

山風「ふふ…」クス
141:◆01jT186BxI:2017/02/09(木) 17:37:20.65 ID:QooQ/gWqo

提督「え~、気を取り直して」コホン

提督「見ての通り、ここはみんなの憩いの場となっている」

提督「基本的に鳳翔を慕っている空母の娘達がよく訪れるようだな」

山風「うん、今いる人も…みんな空母だね」

提督「そうだな。なにせ鳳翔は『全ての空母の母』と言われているからな」ドンッ

山風「すごい…」キラキラ

提督「人柄の良さもあって空母の娘に限らず、みんなに慕われているよ」

鳳翔「そんなそんな。大袈裟ですよ、提督」トコトコ

提督「またまたご謙遜を」ニヤリ

鳳翔「ふふふ…。はいっお待ちどうさまです」カタッ カタッ

提督「おぉー来た来た!鳳翔の手料理はすごく美味しいから、山風にも食べて欲しかったんだよー」

山風「わあ…」
142:◆01jT186BxI:2017/02/09(木) 17:38:50.49 ID:QooQ/gWqo

提督「……ってあれ?言っていいのかわからないけど…」

提督「おかずの量が少ないんじゃ…?」

鳳翔(クスクス)

提督「え?何かおかしい事…」

タッタッタッ

提督「ん?」

瑞鳳「提督ぅ!私が作った卵焼き、食べりゅ?」

提督「食べりゅうううっ……あっ…!」チラッ

提督「ありがとう瑞鳳。いただきます」キリッ

山風「提督…どうしたの……?」

瑞鶴(プフッ!)

翔鶴「提督、お身体の具合でも悪いのですか?いつもの調子が…」

提督「あぁー!げふんげふん!」
143:◆01jT186BxI:2017/02/09(木) 17:40:24.79 ID:QooQ/gWqo

提督「翔鶴、気遣いは嬉しいが今のはふれないで欲しかった……」

翔鶴「??」

祥鳳(クスクス)

瑞鳳「うふふ…。山風ちゃんも、たんとお食べ♪」

山風「はい……いただきます…」

鳳翔「こちらのお魚の煮付けも、一緒にどうぞ」カタッ カタッ

提督「おほぉ…美味そう……」ジュルリ

祥鳳「ねぇ瑞鳳、あたしたちも卵焼きもらえるかしら?」

瑞鳳「うん!そのつもりよ!ちょっと待っててっ!」ピュー

瑞鶴「わーい!楽しみぃ~!」ウキウキ

翔鶴「瑞鶴ったら、子供みたいにはしゃいじゃって」クス

提督「いやあ気持ちはわかるぞ。あま~くてフワフワで……」パクッ

提督「ん~美味いっ!」モグモグ

提督「どうだ?山風」

山風「うん…すごく美味しい……!」モグモグ

提督「そうだろそうだろ!鳳翔の料理も、いつ食べてもおふくろの味を思い出すよ…」モグモグ

鳳翔「ありがとうございます。美味しそうに食べてもらうと、こちらも嬉しいです」ニコッ
148:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:40:55.11 ID:+6yfL3Y+o





ササッ ササッ

青葉「ふむふむ。鳳翔さんのお店で昼食ですか…」メモメモ

村雨「それじゃっ、早速行きましょ~♪」

青葉「えっ!?」

村雨「あぁ~お腹空いた~!」スタタター

青葉「ストップストップ!まさか正面から入ろうとしてませんか!?」

村雨「そうですけど…?」

青葉「それじゃあバレバレですよ!ちょっとついて来てください!」バッ

村雨「えぇ~まだ続けるんですかぁ~…」トボトボ
149:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:42:06.21 ID:+6yfL3Y+o

トコトコ トコトコ

村雨「お店の裏口…?」

青葉(ガサゴソ…)

村雨「何してるんですか?」

青葉「……あった!」っ鍵

カチカチ……  ガチャ!

青葉「さあ!ここから潜入です!」

村雨「潜入って……。これ本当に大丈夫なんですか…?」

青葉「ハイ!鳳翔さんの許可はもらってます!」

村雨「えっ?いつの間に…」

青葉「ムフフ…鳳翔さんは青葉の取材に協力的で、営業中ならいつでも潜入してOKなのですっ!」

村雨「鳳翔さん…優しすぎです……」

青葉「懐が深い人ですよね…。それだけ青葉の事を信頼してくれてる、というのもあると思いますけど」

村雨「ん~、それはちょっと…」

青葉「えぇ!?ひどいっ!」
150:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:42:50.49 ID:+6yfL3Y+o

サササッ ササッ

青葉(キョロキョロ)

青葉「もう少しで厨房ですよ!油断しないでくださいね!?」

村雨「はぁ~い…」

サササッ ササッ





瑞鳳「♪~」ルンルン

瑞鳳「よしっ!」スタタタター

村雨「……今のは瑞鳳さんですね」

青葉「はいっ。おそらく料理でも運んで行ったのでしょう」

青葉「では引き続き慎重に…」サッ
151:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:43:53.58 ID:+6yfL3Y+o

ワイワイ ガヤガヤ…

青葉「わぁ…結構賑わってますねぇ」コソコソ

鳳翔(……あらっ?)チラッ

村雨&青葉(すみません!お邪魔してますっ!)ペコッ

鳳翔(うふふ…)ニコッ

村雨「空母の人達は、カウンター席ですね…」ヒソヒソ

村雨「提督と山風は……その近くのテーブル席にいますよ」

青葉「はい、みなさんにバレないように。もう少し近づいて、様子を見てみましょう…」





提督「んん!美味い美味い…」パクパク モグモグ

山風「……」ジー(窓の外を眺める)

提督「どした、山風?遠慮しなくてもいいんだぞ?」

山風「うん……」パクッ
152:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:45:00.68 ID:+6yfL3Y+o

山風「……ねえ、歩いてる時も、気になったんだけど……」

提督「んー?」

山風「あそこの遠くにある……丸いのって何…?」

提督「丸い……?」ジー

提督「あー。あれは観覧車だな」

山風「観覧車…?」

提督「遠いからわかりづらいけど、ゴンドラに乗ってゆったりと街の景色を見て楽しむ乗り物だよ」

山風「ふーん…」

提督「……」ニヤッ

提督「よーっし!午後からはあの観覧車がある遊園地で過ごすか!」

山風「えぇっ!?」

提督「たしか電車で二駅行ったとこかな。せっかくだし山風が興味を持った場所に行くとしよう!」ニコッ

山風「……いいの?」

提督「全然大丈夫!むしろ次どこに行こうか迷ってたからちょうどよかった」
153:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:46:11.42 ID:+6yfL3Y+o

瑞鶴「ん~!美味しい~!」モグモグ

翔鶴「瑞鶴、あまり食べ過ぎてはいけませんよ?」

瑞鶴「わかってるぅ」パクパク

祥鳳「ふふふ……いい食べっぷりね」

瑞鳳「おかわりしたかったら遠慮せず言ってね♪」

翔鶴「いえ、そんなっ!」

瑞鶴「ホントですかぁー!?」

翔鶴「いけません、瑞鶴。あなた少しは遠慮する事も覚えなさい」

翔鶴「先輩方の前で……恥ずかしいですよ」

瑞鶴「はぁ~い」ショボン

祥鳳「あら、先輩だなんて。そこまで気にする必要はないわよ?」クスクス

瑞鳳「そうそう!瑞鶴ちゃん、元気があっていい娘じゃない!」ニッコリ

瑞鶴「ですよねっ!?」ニコッ

瑞鶴「翔鶴姉はマジメすぎるのよっ!」

翔鶴「もう…調子がいいんだから……」
154:◆01jT186BxI:2017/02/12(日) 20:47:35.84 ID:+6yfL3Y+o


キャハハ ウフフ…


村雨&青葉(コソコソ…)

青葉「う~ん。出来ればお二人の会話を聞きたいんだけど……ハッキリ聞き取るのは難しいかなぁ」

村雨(キョロキョロ)

瑞鶴(!)

村雨(ハッ!)クルッ

瑞鶴「んん…?」

村雨(ヤバ……瑞鶴さんと目合ったかも…)

瑞鶴(ジー…)

瑞鶴(村雨に……もう一人は青葉…?)

瑞鶴「あっ…」(察し)

瑞鶴「いや待って……」ピカーン!

瑞鶴(ふふふっ!イイ事思いついたわ!)ニヤリ
157:◆01jT186BxI:2017/02/17(金) 23:29:05.05 ID:LEOUwWR2o

瑞鶴「ねえねえ山風!提督さんにどーいうトコ案内してもらったのっ!?」バッ

山風「っ!?え~っと……」ソワソワ

提督「ど、どうしたんだいきなり」

瑞鶴「ふふ~ん♪ちょっと気になってね~」

山風「いろんなトコ……本屋とかゲームで遊ぶトコとか……」

瑞鶴「ふ~ん、なるほどねぇ~……。楽しかった?」

提督(ドクン…)

山風「……まあまあ」

提督(ホッ)

瑞鶴「そっか♪よかったね~提督さん、まだ十分脈アリだよっ!」

提督「ま~たお前は……。たしかに山風は父性本能をくすぐる魅力的な子ではあるが」

山風(ふ…ふせい……?)

提督「俺にはもう心に決めた人がいるからさ……」フッ
158:◆01jT186BxI:2017/02/17(金) 23:30:02.60 ID:LEOUwWR2o

瑞鶴「ひゅ~!相変わらず一途だねぇー!」

提督「まあな」

村雨(ニッコリ)

瑞鶴(ニヤリ)

瑞鶴「じゃあさ!村雨のどういうトコが好きなの!?」

村雨(!?)

青葉(これは……!)メモ帳 スッ

提督「えぇ…みんなの前で言うのは恥ずかしいな~」

翔鶴「もう瑞鶴ったら……」

翔鶴(でもちょっと興味あるかも……)

瑞鶴「いいじゃない!ね、山風も提督さんとお姉ちゃんについて知りたいよねっ!?」

山風「…………」コクッ

祥鳳「ん~、興味ない事はないけど……」

瑞鳳「興味あるー!」

鳳翔「うふふ……」ニコッ ←厨房で雑務をしている

瑞鶴「村雨のちょっといいトコ、教えてよ♪」ニコッ

提督「う~ん、そうかあ。そこまで言うなら…」

村雨(ちょ!待っ!)バッ

青葉(待って村雨ちゃん!ここはなんとか…なんとか耐えるのですっ!)ググッ

村雨(いやあああ!!)バタバタ
159:◆01jT186BxI:2017/02/17(金) 23:32:49.62 ID:LEOUwWR2o

提督「いいトコかぁ…ありすぎて何から話せばいいか……」ウーン

提督「村雨の魅力……。駆逐艦離れした素晴らしい胸部装甲、そして事ある毎に溢れ出る色気……」

艦娘たち「……」(引き気味)

提督「と、言うのは冗談でっ!」コホン!

提督「まずは元気で明るくて、人懐っこい性格だな。姉の白露や、双子の妹である夕立っぽさを感じる時があるよ」

提督「仕事が多く立て込んで大変だったり悩んだりしても、村雨の笑顔を見るだけで励みになるんだ…」

村雨(///)ポッ

提督「それに村雨は気遣いができるし、女子力も高いんだぞ!」

提督「執務中、寒さで震える俺にマフラーを編んでくれたり。日頃作ってくれる手料理は美味しいものばかりだ」

提督「あっ、そのマフラー今日もしてるんだった。これな」スッ

瑞鶴「お~」

山風「それ…村雨姉が編んだんだ……」

翔鶴「よくできてますね」

祥鳳「ふふふ、お洒落で明るい感じがして…」

瑞鳳「村雨ちゃんっぽいわね!」

提督「ああ、とても嬉しかった。時雨も編んでくれたし、二人のこういう優しいトコは似てるなーと思うよ」

村雨(///)ポッ
160:◆01jT186BxI:2017/02/17(金) 23:34:10.31 ID:LEOUwWR2o

ペラペラ ペラペラ





瑞鶴(う~ん、なんか思ってたのと違う!)

提督「あとはそうだな~。俺のだらしないトコにも向き合って色々考えてくれr」

瑞鶴「ねえ提督さん!もっとこう…私達が知らないような村雨の意外なトコ、なんかなぁい?」ニヤッ

提督「えぇ?意外なところかぁ……」ウーン

村雨(いけないっ!もっと恥ずかしい事言われるかも!)バッ

青葉(待って村雨ちゃん!まだなんとか…なんとか耐えるのですっ!)ググッ

村雨(いやあああ!!)バタバタ
165:◆01jT186BxI:2017/02/20(月) 18:26:29.16 ID:QJI06yQXo

提督「でもそれ村雨に悪いような…」

瑞鶴「いいじゃない!今までどんなに厳しくても、共に戦い抜いてきた仲なんだからっ!」

瑞鶴「村雨もそんな細かい事、気にするような娘じゃないわ!」

提督「それもそうか…」

村雨(気にしますよー!!)

提督「ん~……」

提督「村雨って二駆で妹達を引っ張っていた経験を活かして、艦隊でもムードメーカーとしての役割を担ってくれてさ」

提督「お姉さんみたいな感じで結構しっかりしてるトコもあるだろ?」

瑞鶴「まあ……そうね」

祥鳳「村雨ちゃんの明るい姿を見てると元気をもらえるわ」

瑞鳳「うん!提督のために頑張ってるのが伝わってくるわよね♪」

村雨(///)ポッ

翔鶴「瑞鶴、あなたも少しは村雨ちゃんを見習ったらどう?」

瑞鶴「むぅ~!」

提督「ははは。まぁそんなしっかり者の村雨も時折な………」
166:◆01jT186BxI:2017/02/20(月) 18:27:35.76 ID:QJI06yQXo

~ 回 想 ~


- 執務室 -


村雨『…………』ウーン

村雨(暇だなぁ~。お仕事も終わっちゃったし……)

村雨(他に何か…する事あるかしら……)チラッ

提督『…………』カキカキ

提督『ん~。この新任務どうしようかな……』

提督『羅針盤頼みの海域はイヤだなぁ。何度も出撃するとみんな疲れて大変だし…』

村雨『………ねぇ…』ボソッ

提督『ここはある程度ローテーションを組んでおくか……』

村雨『提督……』

提督『…………』ブツブツ

村雨(ムッ)

村雨『そうですか~。この村雨を放置ですか~……』トコトコ

提督『ん…?のああっ!?』ドスンッ

村雨『村雨そんな趣味ないからっ!構って!!』ムギュー


~ 回 想 お わ り ~


提督「こういう風に甘えてきたりもする。可愛い」ウンウン

山風(///)ポッ

瑞鶴「へぇ~……」ニヤニヤ

翔鶴「うふふ…可愛らしいですね」ニコッ
167:◆01jT186BxI:2017/02/20(月) 18:28:26.38 ID:QJI06yQXo

瑞鳳「でも意外ってほどでもないかな~?」

祥鳳「二人を見かけるといつも仲良さそうにくっついてるからねえ」クスクス

提督「そ、そうかな?」

瑞鳳「その執務室の時みたいな、イチャイチャしてるとこは見てみたいけど♪」

村雨(///)プシュー… プシュー…

青葉「うふふっ♪」メモメモ

提督「なっ!?執務中にイチャイチャしてるとは言ってないぞっ!」

瑞鶴「ふぅ~ん……」ニヤニヤ
168:◆01jT186BxI:2017/02/20(月) 18:29:48.81 ID:QJI06yQXo

提督「や、山風も構ってほしくなったら遠慮なく言ってくれよ!休憩中に話でもなんでも聞くからさ!」

山風「あ、あたしは…いいよ……」

瑞鳳「じゃあ私が構ってもらおっかな♪」

提督「おっ?大歓迎だぞ」

瑞鶴「気をつけてくださいね。やりすぎると嫉妬した村雨の錨が飛んできますから」

瑞鶴「『怒り』だけに」ドヤッ

翔鶴「あらっ、瑞鶴お上手ね♪」

山風(駄洒落…?)

提督「はっはっは!村雨はそんな事しないって!」


アッハッハ ウフフ…


青葉「……しますよね?」ボソッ

村雨「しませんよっ!」
172:◆01jT186BxI:2017/02/24(金) 20:49:11.05 ID:d5MXPZ5So

提督「さて、そろそろ行くか」

山風「うん。あっ…」

提督「ん、どうした?」

山風「ぬいぐるみとか、置かせてもらえる…かな?」

提督「あ~そうだな、さっき買った本も置いていこう。鳳翔に伝えておかなきゃ」

提督「ごちそ~さ~ん!お会計頼む~」

鳳翔「いえいえそんな。お代は結構ですよ?」トコトコ

提督「ん~……そうか。ではお言葉に甘えようかな」

山風「ご…ごちそうさま、でした…」

鳳翔「はい、お粗末さまでした」ニッコリ

提督「それと帰るまでこの手荷物、ここに置かせてもらっていいかな?」

鳳翔「はい、構いませんよ」
173:◆01jT186BxI:2017/02/24(金) 20:50:44.90 ID:d5MXPZ5So

瑞鶴「あれっ、提督さん達もう行くの?」

提督「ああ。お前達も俺が休みだからってサボったりするなよー」

翔鶴「安心してください提督。私達これから一航戦の先輩方と一緒に訓練なんです」ニコッ

瑞鶴「げぇ~そうだった……」

提督「あははっ!加賀にみっちりシゴかれてこい!」ニヤッ

瑞鶴「むぅ~…。もう加賀さんに負けないくらいの練度になったのに…」

鳳翔「うふふ、それでも日々の鍛錬を怠ってはいけませんよ」

瑞鶴「は~い」

翔鶴「そうですよ。瑞鶴がここまでの練度になれたのも加賀さんをはじめ、皆さんの指導があったからこそです」

瑞鶴「うん……わかってるぅ」
174:◆01jT186BxI:2017/02/24(金) 20:53:31.14 ID:d5MXPZ5So

瑞鳳「ねえねえ山風ちゃん!これからどこに行くの?」

山風「えっと……遊園地に…」

瑞鳳「えぇー!?いいなあ~!!」

祥鳳「せっかくの休みなんだし、うんっと楽しんできなさい」ニコッ

山風「はっ、はい…」

祥鳳「提督もお気をつけて」

提督「おおう、それじゃあなー」ガラガラ


ガシャン


シーン……


村雨「瑞鶴さあああんっ!!!」バッ!

瑞鶴「わああ!?」ムギュ

瑞鶴「あれっ!?村雨いたんだぁー?」ニヤッ

村雨「もぉおおお!いるの知ってて提督にあんな事聞いたんでしょー!!」ポコスカ ポコスカ

瑞鶴「痛っ、痛い痛い!ごめん!ごめんって~!」キャハハ

翔鶴「あらあら…」クスッ
175:◆01jT186BxI:2017/02/24(金) 20:55:39.73 ID:d5MXPZ5So

青葉「あ、あれ…?青葉達、バレてたんですか…?」スッ

祥鳳「まあ…そうね……」

瑞鶴「あれ?みんな気づいてたんだ」

瑞鳳「青葉ちゃんは相変わらずね♪」

青葉「はい!常日頃、取材で大忙しですっ!」

青葉「それにしてもよく気づきましたねぇ。空母の皆さんの索敵能力に青葉、感服です!」

青葉「………」

青葉「あれっ!?青葉達を敵だと思ってるんですか!!?」

村雨「なんでそうなるんですか……」

瑞鶴「あながち間違ってないんじゃない?ストーカーは女の敵よ!」ビシッ!

青葉「えぇ!?青葉はストーカーじゃないですぅ!!」
176:◆01jT186BxI:2017/02/24(金) 20:57:22.43 ID:d5MXPZ5So

キャハハ ウフフ

青葉「あぁ!あまり長話してる場合じゃありませんでした!早くお二人を追わないと!」

村雨「そうですね……」

村雨「でもその前に!村雨達もここで鳳翔さんの手料理をいただいてから…」ジュルリ

青葉「気持ちはわかりますが急がないと本当に見失っちゃいますよ!昼食はこのあんぱんと牛乳にしましょう」スッ

村雨「えぇ……それっていつも持ち歩いてるんですか?」

青葉「はいっ!取材中のお腹の足しに、常備してます!」

祥鳳(まるで刑事の張り込みみたいね…)

鳳翔「あらっ?おにぎりと瑞鳳さんの卵焼きが入った簡単なお弁当、用意してたけど……」スッ

鳳翔「余計なお世話だったかしら…?」

村雨「ほ……鳳翔さん……!」ウルウル

青葉「余計なお世話なんてとんでもないです!是非…いただきます……!」

村雨「お、お母さんって呼んでもいいですか…?」

鳳翔「うふふ……村雨ちゃんと青葉ちゃんも気をつけてくださいね」ニコッ

村雨&青葉「はい!行ってきます!」
179:◆01jT186BxI:2017/02/28(火) 02:26:23.99 ID:ZLjvv/Fzo

提督「はぁ~!食った食ったー」

山風「うん…美味しかった……」

山風「………」

山風「提督、村雨姉の事…大好きなんだね……」

提督「そうだな。大好きだし……愛しているよ…」フッ

山風(///)ポッ

提督(よし、思い切って聞いてみるか…!)

提督「やっ山風もこの特別任務で一緒に過ごしてさ!俺の事、大好きになったよな!?」

山風「えっ…」

山風「……」

山風「嫌い…」

提督「えっ」ガーン!

山風「じゃないよ…」ニコッ

提督「ほっ…」
180:◆01jT186BxI:2017/02/28(火) 02:29:58.91 ID:ZLjvv/Fzo

提督「まったく!上官をからかうとは悪い子だ!」ウリウリー

山風「ちょっ、やめて…」髪クシャクシャー

山風「うぅ…///」

提督(可愛い…)

提督「山風だってさ、二十四駆のみんなが大好きだろ?」

山風「だ、大好きなんて、そんな…///」

提督(照れてる山風も可愛い…)

山風「うん…海風姉は、優しい…。すこし、好き」

山風「江風と涼風も、うるさいだけで、嫌いじゃ…ない」

提督「そっか」ニッコリ

提督(もうちょい素直になってもいいのになぁ~)フフッ



ササッ ササッ

村雨「前方、提督と山風を発見!」

青葉「了解!引き続き追跡を開始する!」

ササッ
181:◆01jT186BxI:2017/02/28(火) 02:32:51.61 ID:ZLjvv/Fzo

トコトコ トコトコ

提督「海風達とはこれからも一緒に仲良く。そういう関係は大切にしてほしいと思う」ウンウン

山風(!?)ピタッ

提督「だがな山風。前も話したが、艦隊のみんなともある程度コミュニケーションを取れるようにな」トコトコ

提督「少しずつでいいからって……あれっ?いない!」クルッ

山風(ジー)←ショーウィンドウを眺めてる

提督「ん~?な~に見てんだ~?」ジー

提督「……着物?」

山風「う、うん…」

提督「へぇ~…。そういえばあと少しでそんな時期かぁ~」

山風「えっ?」

提督「もうすぐ年を越すだろ?その時期になると、一部の艦娘が晴れ着姿をお披露目してくれるんだ」

提督「新年の挨拶と一緒にな♪」

山風「ふ~ん、そうなんだ……」

山風「………」ジー…

提督「……さ、さすがにこれは買ってやれないぞ!?」

山風「ふふ…そんなつもりはないよ」

提督「だよな…」ホッ
182:◆01jT186BxI:2017/02/28(火) 02:34:12.39 ID:ZLjvv/Fzo


そして遊園地に向け、移動中の電車内・・・


ガタンゴトン… ガタンゴトン…


山風「わぁ…」キラキラ

提督(ん…今度は窓からの景色を見ているのかな……)

提督(見て、感じ取り、学ぶ……これも山風にとっては貴重な経験だな)ウム

提督「そういえば……山風、電車に乗るなんて初めてだよな…」

山風「うん…ちょっと緊張したけど、大丈夫」

提督「可愛い…」

提督「あっ」

山風「えっ?」

提督「山風が可愛すぎて、思わず心の声が出てしまったよ…」

山風「だから、いいって…そういうの……///」
183:◆01jT186BxI:2017/02/28(火) 02:35:13.36 ID:ZLjvv/Fzo


その頃、隣の車両では・・・


ガタンゴトン… ガタンゴトン…


村雨「んん~!おいひぃ~~!」モグモグ

青葉「はいっ!」モグモグ

村雨「やっぱり瑞鳳さんの卵焼きは絶品ですよねー!」

村雨(チラッ)

村雨「あれ?青葉さん、卵焼き残すんですかぁ? 村雨が食べてあげますよ?」ニッコリ

青葉「ダメですよっ!青葉はお楽しみを後にとっておくタイプなんですう!」

村雨「うふふっ、冗談ですよ♪」
186:◆01jT186BxI:2017/03/02(木) 18:51:02.46 ID:GmO35f37o


そして、到着駅からバスに乗って移動し・・・


提督「よ~し着いたー!」

山風「ここが…!」ワクワク

提督「ああ!そこまで時間かからなかっただろ?」

山風「うん、思ったよりは……」


ワイワイ… ガヤガヤ… キャー! ピャー! 


山風「賑やか……」

提督「そうだな。今日は平日だからそこまで人は多くないけど」

山風(キョロキョロ)

山風「どれで、遊べばいいの?」

提督「何でもいいぞ~!いきなりジェットコースターってのもアリだ!」

山風「ジェット…コースター……?」

提督「アレ」っ ツンツン
187:◆01jT186BxI:2017/03/02(木) 18:52:33.67 ID:GmO35f37o

スー…


「キ ャ ア ア ア ー ー ー !!!」ギュオオオー!


スー…


山風「こ、怖そう…」フルフル

提督「はっはっは。まあ無理して乗る必要はない」

提督「山風が遊びたいのでOKだ」

山風「うん…」

提督「じゃ、もう少しうろついてみるかー」



村雨「はいは~い!遊園地に到着で~す!」ウキウキ

村雨「それじゃ青葉さん!早速ジェットコースターへ Let's Go♪」

青葉「はぁ…やっぱり遊び目的なんですねー。しかもいきなりジェットコースターとは……」

青葉「青葉は取材で忙しいので、村雨ちゃん一人で遊んでてください!」

村雨「えぇ~、青葉さんも一緒じゃないとつまんないですよ~」

村雨(だって青葉さん、リアクションとか面白そうだし…)ニヤ

青葉「それではっ!」スタスタスター

村雨「ああっ!待ってくださいよ~!」スタスター
188:◆01jT186BxI:2017/03/02(木) 18:53:45.27 ID:GmO35f37o






- メリーゴーランド -


提督(メリーゴーランドなんて乗ったのいつぶりだ…?)ユラー

山風「♪~」ユラー

提督(ふふふ、子供っぽくて可愛いな)

提督(でも乗ってみるとなんか…開放感があるというか……悪くないな)

提督「どうだ、山風。気分の方は?」

山風「うん…キラキラしてて、景色も見れて……」

山風「気持ちいい…」

提督「同感…」フゥ…
189:◆01jT186BxI:2017/03/02(木) 18:54:49.68 ID:GmO35f37o


一方、近くのコーヒーカップに乗り監視を続ける村雨と青葉・・・


青葉(ジー…)←カメラを覗き込んでる

青葉「ん~、タイミングがうまく合いませんねえ」クルクルー

村雨「あのー、わざわざこれに乗る必要はあったんですか?」クルクルー

青葉「お二人にバレない事を優先したんですけど…」

青葉「思ってたより難しいですう」ジー

村雨「……そうですかぁ」

青葉「あれ?どうしたんです?もしかしてお二人のラブラブ姿に嫉妬しちゃったんですかあ?」

青葉「錨、飛ばしちゃいます?」ニヤリッ

村雨「飛ばしませんっ!そもそも外出時は持ち歩きませんし!」プンスカ

青葉「うふふ…」ジー

村雨(ムスッ)
190:◆01jT186BxI:2017/03/02(木) 18:56:02.51 ID:GmO35f37o

村雨「……!」キラーン!

青葉「………」パシャ

青葉「おっ今のよく撮れたかも♪」

村雨「それは良かったですねえ」ニヤリ

村雨「あーっと~、手が滑ったぁ~~」クルクルー ←中央のハンドルを回してる

青葉「この調子でもう1枚……」

カップ(グルグルグルグルー)

青葉「………」ジー

青葉「……んっ…?」

青葉「うぅ……何か…気持ち、悪…」クラクラ

村雨「青葉さ~ん、大丈夫ですかぁ?」サスリサスリ

青葉「むぅ…ううっ………」
192:◆01jT186BxI:2017/03/05(日) 17:43:20.05 ID:XbglTNCyo

トコトコ

提督「ふぅ~、大人でも中々楽しめたなー」

グイッ

提督「ん~?」

山風「……あれ、何?」

提督「どれー?」ジー…

提督「お、もしかして…スケートリンクか?」

山風「スケート…?氷の上を滑る……?」

提督「そうそう。あれいつの間にできたんだ?ちょっと行ってみない?」

山風「……いいよ」



村雨「出口こっちですよー」スリスリ

青葉「はいぃ……」ノロー

村雨(ちょっとやりすぎちゃったかな…)テヘッ

青葉「司令官は村雨ちゃんを大天使、たまに小悪魔と言ってた時がありましたけど…」

青葉「本性は100%大悪魔という事がわかりました……」メモメモ

村雨「な、何の事かなぁ~?」アセアセ
193:◆01jT186BxI:2017/03/05(日) 17:45:03.55 ID:XbglTNCyo


- スケートリンク -


提督「お~、やっぱりそうだ」


スイー スイー スイー


山風「海上での…あたし達みたい……」

提督「たしかに」

山風「……」

提督「どうだ山風、やってみないか?」

山風「えっ…?」

提督「いや、普段から似たような感覚で海の上を走ってるから…」

提督「もしかしてあまり楽しめないかも……?」

山風「……ううん、そんな事ないと思う」

山風「スケート、してみたい…」

提督「おっ、やるか!そうと決まればコーチはこの俺に任せてくれ!」

提督「……まあ俺自身は普通に滑れる程度だけどな」アハハ

山風(コクッ)

山風「お願い…」
194:◆01jT186BxI:2017/03/05(日) 17:46:13.32 ID:XbglTNCyo





提督「……」スイー

山風「……」スイー

提督「そう、その調子…」

提督「転ばないように、俺の手をしっかり握ってるんだぞ?」

山風「うん…」ギュッ

提督(あぁいいなぁ、このシチュエーション……)ンフフ

山風(///)ポッ





提督「……」スイー

山風「……」スイー

山風「提督……」

提督「んん?」

山風「あと…いいから……手、離して……」

提督「え…」

提督(正直…離したくない……!)グッ
195:◆01jT186BxI:2017/03/05(日) 17:48:07.18 ID:XbglTNCyo

山風「……ちょ、ちょっと…」

山風「もう大丈夫、一人で滑れるから……」

提督「や、山風……」

山風「一人で、滑ってみたいの…」

提督「……くっ…!」スッ

山風(スイー)

提督(あぁ…山風が俺の手を離れ、一人遠くへ旅立っていく……)

山風(シャーシャーシャー)

提督(成長し、親離れする子供を見届ける気持ちって…ここまで辛い……ものなのか…)ウルウル

山風(スー…)

山風「提督、見てた…?一人でも滑れた…よ……?」

山風「どうしたの…?」

提督「いや…なんでもない、大丈夫。ちょっと物思いにふけってただけだ…」グスン

山風「??」

提督「それより山風の滑り、ちゃんと見てたぞ~!すごく上手じゃないか!」

提督「最初から俺の手助けなんていらなかったかもな」

山風「べ、別に…そんな事、な…」

提督「ふふっ…どうだ山風、かる~く競争でもしてみない?」

山風「……うん、いいよ」
196:◆01jT186BxI:2017/03/05(日) 17:49:33.50 ID:XbglTNCyo





スイー スイー

青葉「うっひょお~!両手を繋いで一緒に滑ってますよ~!」キャー!

青葉「どこからどう見ても恋人同士じゃないですか~!」パシャパシャ!

青葉「……あっ!親子にも見えなくはない?」

村雨「♪~」スイー

青葉「ねえねえ村雨ちゃん!このままだと本当に、正妻の座が山風ちゃんに盗られちゃいますよ~!」

村雨「はっ!」バッ!

村雨(クルクルー スタッ!)

村雨(スイー)


オー… パチパチパチパチ…(拍手)

スゴイネー カワイー


青葉「……村雨ちゃんって、プロのスケーターでもあったんですね…」

村雨「うふふ♪でもさすがにそこまでは…」

村雨「ジャンプも2回転までしかできないし」

青葉「十分凄いと思います、はい」
202:◆01jT186BxI:2017/03/09(木) 01:31:26.92 ID:jiyu3jNCo





村雨(ジー…)

青葉「おっ今度は一緒に並んで滑ってますね~」ヨロヨロ…

村雨「よ~く見たら青葉さん、ぎこちない感じですね」

村雨「さっきの二人みたいに手、貸しましょうか?」ウフフ

青葉「遠慮しておきますっ!手を取った瞬間、青葉を高速で引っ張り回すんでしょ!?」

青葉「残念ながらその手には乗りません!」ニヤ

村雨「そんなつもりはないんですけど……それ、面白そうですね!ちょっとやってみましょうよ!」

青葉「や~りませんって!」

ツルッ

青葉「うわああっ!?」コケッ

村雨「ああっ!」

青葉「イタタ…」

村雨「大丈夫ですか?」っ スッ

青葉「あ、すみません」ニギッ
203:◆01jT186BxI:2017/03/09(木) 01:33:13.55 ID:jiyu3jNCo

青葉(ハッ…!)

青葉(村雨ちゃんの手を…取ってしまった……)

村雨「捕まえましたよ~!」ニヤリ

青葉「し…しまっ……」ガクブル

村雨「な~んてね♪それより二人を追っかけましょう」

村雨「次に行くみたいですよ」チラッ

青葉「あぁ、はい。そうですね…」ホッ…





提督「さぁ~てと、次は何しようかねえ」トコトコ

山風「……」トコトコ

提督「山風はどうしたい?」

山風「て…提督に……」

提督「ん?」

山風「提督に、まかせる…。今まであたしがやりたい事に、付き合ってもらってたから……」

提督「あはは。付き合ってもらったなんて、俺も山風と一緒に十分楽しめてるよ」

山風「そう…?」

提督「ああ。でも山風が言うなら…」

提督「……ごめん!ちょっと考えさせて!」

山風「う、うん…」
204:◆01jT186BxI:2017/03/09(木) 01:34:16.40 ID:jiyu3jNCo

トコトコ

提督「う~~~ん…」

山風「……」

提督(考えろ、これは大チャンスだぞ…!)

提督(山風のあんな顔やこんな顔、意外な一面とかを引き出せそうなアトラクション…)

提督「う~~~ん…」キョロ キョロ

山風「どうして、そんなに悩むの…?」

提督「ここ大事、超大事だから」

山風「そう…」
205:◆01jT186BxI:2017/03/09(木) 01:38:02.18 ID:jiyu3jNCo

提督(山風がジェットコースターに乗ると、どういうリアクションするか気になるし…)

提督(観覧車……は一番最後にするか)

提督(あとゴーカートなんかもいいなー。二人でキャハハウフフしながら競争を……ハッ!?)

提督(うまくいけば山風と二人乗りできる…?)ムフフ…

提督(いやダメだダメだダメだ。何を考えている)

提督(俺は軍人だぞ。提督だぞ。村雨がいるんだぞ)

提督(それに今は特別任務を遂行している最中で、山風の見識を広げる事が主目的…)

提督(いいかげん俺を好きになってもらおうなんて考え……)チラッ

山風「提督…?」ジー

ズッキューン

提督(うん、可愛い。この娘に気に入られたい。この娘を守ってあげたい)

山風「だ、大丈夫…?あたし、余計な事言った…?」

提督「ああすまん!心配かけちゃったか」

提督「……」ニヤッ

提督「よ~し決めた!山風、こっちだ!」ギュ

山風「うん…」


スタスタター

206:◆01jT186BxI:2017/03/09(木) 01:42:11.62 ID:jiyu3jNCo


- おばけ屋敷 -


山風「ここって…」

提督「おばけ屋敷!」

山風「おばけ…」フルフル

提督「フフフ、怖いか?」

山風「別に、怖くなんか……」

提督「ほ~。俺は山風と一緒におばけ屋敷に入りたいな~って思ってるんだけど~」

提督「その様子ならOKという事でいいのかな…?」ニヤリ

山風「……」

提督「無理ならまた別のトコにするが…」

山風「ううん、平気…」

山風「い、行くよ」トコトコ

提督「おおう…」

提督(無理してるようにしか見えないな…)

提督(でもまあ山風の身に何が起きようとも、この俺が守ってやればいいだけの話…)
209:◆01jT186BxI:2017/03/13(月) 01:31:54.12 ID:+rEKdD3Uo


~ 妄 想 ~

トコトコ

山風『うう…怖いよぉ……』ムギュ-

提督『ははは、そんなにくっつくなって~。俺がいるから大丈夫だy』

おばけ『バアアアァァーーー!!!!!』

山風『きゃっ!!』ビクッ!

提督『山風!』スッ!

提督『大丈夫か!?早く俺の後ろに隠れるんだ!』

山風『提督……。あ、足がすくんで……動けな…』ビクビク

提督『はっはっは、まったく。おばけは平気じゃなかったのか?』

山風『んん…///』

提督『ほれっ』

山風『……?』

提督『おんぶ』

山風『い、いいよ…そんな……』
210:◆01jT186BxI:2017/03/13(月) 01:37:58.44 ID:+rEKdD3Uo

提督『ほら、早くしないとおばけがいっぱい襲ってくるぞ~!』

山風『……』スッ

提督『よいしょっと!』ギュッ

提督『しっかりつかまってろよ~!』トコトコ

山風『うん…』ムギュー

提督『安心しろ、山風はこの俺が守る!』キリッ

山風(///)カァ

山風『……提督』ドキドキ

提督『んー?』

山風『…す……好きぃ…♥』ギュッ

~ 妄 想 終 わ り ~


提督(きっとこうなるだろうなぁ……。ここは一度来た事あるから、ある程度余裕を持てるし!)

提督「むふふふふ…♪」ニンマリ

山風(て、提督の方怖い、かも……)
211:◆01jT186BxI:2017/03/13(月) 01:39:54.92 ID:+rEKdD3Uo

サササッ ササッ

青葉「ここは……おばけ屋敷?」

村雨「そうですね、久しぶりだな~!」

青葉「えっ?入った事あるんですか?」

村雨「はい、提督と一緒に」

青葉「ほうほう、もう少し詳しく」メモメモ

村雨「えっ?う~ん……」

村雨「提督ホントは怖いのに、村雨の前だからカッコつけようと頑張ってるのが可愛かったな~」

村雨「『大丈夫か村雨!』『俺から離れるなよ村雨!』って感じで」ウフフ

青葉「ほう……」メモメモ

村雨「おばけ屋敷自体はそこまで怖くなかったんですけどね」

青葉「ああ、お客さんからもっと怖くしてほしいって要望が多かったみたいで」

青葉「少し前にパワーアップしたみたいですよ」

村雨「おぉー!そうなんですかー!?」

青葉「青葉、来たのは初めてですけど、そういう情報だけは持っているのです!」ドヤッ
212:◆01jT186BxI:2017/03/13(月) 01:41:00.91 ID:+rEKdD3Uo

青葉「それじゃあ早速…」

村雨「はい!」

青葉「出口に向かいましょう!」
村雨「入口に並びましょう!」

村雨「え?」

青葉「え?」

村雨「……どうして出口?」

青葉「そりゃあもう!おばけにビックリして慌てて出てくるお二人を写真に収めるためです!」

村雨「あぁ~そういう…」

青葉「ハイ!そういうワケで、行くなら村雨ちゃん一人でね!」

村雨「またそれですかぁ~……。おばけ屋敷に一人で入る女の子ってどう思います?」

青葉「えっそれは……」
213:◆01jT186BxI:2017/03/13(月) 01:43:05.39 ID:+rEKdD3Uo

青葉「あっ!ほら、最近一人カラオケとか流行ってるじゃないですかぁ!?」

青葉「ヒトオバですよ、ヒトオバ!」

村雨「そんなのじゃ納得しません~!」

村雨「パワーアップしたんですよ!体感しないワケにはいかないでしょ!?」

青葉「いやぁ…別に……」

村雨「むぅ……。て、提督や艦娘・軍事関係だけじゃなくて、たまにはこういう穴場スポットを記事にしてみるのはどうですか!?」

青葉「ああ、たしかにそういうのもアリかもしれませんねぇ…」

村雨「でしょでしょ!?」ウキウキ

青葉「………」ウフフ

青葉「もうしょうがないなぁ」

青葉「ここまで協力してもらったし、今回は付き合ってあげましょう!」

村雨「やったぁー!いい感じいい感じ♪」
216:◆01jT186BxI:2017/03/15(水) 18:05:24.87 ID:aoiC2Xmeo

ゾロゾロ ゾロゾロ

提督「そろそろだぞ山風。準備はいいか?」

山風「うん…」ハラハラ ドキドキ


村雨&青葉「……」コソコソ ←他のお客さん1組挟んで、その後ろに並んでる





テクテク テクテク

山風「不気味……」

提督「そうだな……」

山風「変な音楽、流れてるし…夜みたいに暗くて……嫌…」

提督「まあ客に恐怖心を与えるための演出さ。全部人の手によよ、よるものだから」プルプル

山風「……」ジー

提督「どど、どした?」

山風「その…提督、怖がってる……?」

提督「いやぁ?そんな事ないけどぉ~?」

提督「あれだ、あの~…室温が低いせいで震えてるだけだから」

提督「まったく…不要な演出だよな……」


ガシャーーンッ!!!


提督「なになになにイィィーーー!!?」ビクビクッ!

山風「びっくりした…」

提督「ああ…」

山風「やっぱりていとk」

提督「さあ先を急ぐぞ~山風~!」スタタター

山風「……」

山風「ふふ…」
217:◆01jT186BxI:2017/03/15(水) 18:06:34.56 ID:aoiC2Xmeo





提督(おかしい……。前来た時、こんなに本格的だったか……?)チラッ

提督(こんな奇妙な絵画、飾ってあったっけ…?)ジー

ギョロッ

提督「うおああっ!!」ビクッ!

山風「!?」

山風「どうしたの…?」

提督「あ、あれの女の人の目がうごっ動いたんだ…」

山風「ほんと…?」ジー

山風「………」

山風「何も起きないよ」

提督「ぬあっ!何で俺の時だけ!?スタッフさん仕事してーーー!」

山風「提督、大丈夫…?まだ始まった、ばかりだけど…」

提督「ん?あぁ余裕余裕。少しは驚いてあげないと、頑張ってるスタッフさんが悲しんじゃうからさ」(震え声)

提督「俺の優しさよ優しさ」トコトコ

山風「そう…」トコトコ

山風「あっ提督、道そっちじゃないよ…」

提督「あらっ?」
218:◆01jT186BxI:2017/03/15(水) 18:07:39.85 ID:aoiC2Xmeo





トコトコ トコトコ

村雨「……青葉さん、こういうトコって苦手じゃないんですか?」

青葉「えっ?別に?問題ありませんよ?」

村雨「意外ですね。それにちょっと残念…」

青葉「なんで残念なんですか!?」

青葉「青葉達、艦娘はあの深海棲艦と日々戦っているんですよ!」

青葉「おばけ屋敷程度で怖がったりなんて」


キャアアアアアアアアアア!!!


青葉(ビュンッ!)

村雨「………怖がったりなんて?」

青葉「し、しませんっ!」ムギュー

村雨「そうですかぁ。あの、それなら…」

青葉「はい?」ムギュー

村雨「動けないので……離してもらえませんか?」

青葉「ああ、すみません」スッ
219:◆01jT186BxI:2017/03/15(水) 18:08:52.82 ID:aoiC2Xmeo

村雨「かなり力入ってましたよ。実は怖いんでs」

青葉「怖くはないですよ!ちょっと驚いただけです!」

青葉「あーいうビックリ系は、無意識に体が反応してしまうからしょうがないんですっ!」

村雨「村雨もびっくりはしましたけど、あそこまでは……」

青葉「しょうがないんですっ!」

村雨「うふふ、無理して隠さなくてもいいじゃないですかー!」

村雨「青葉さん可愛いですよ♪」

青葉「か、か、か、可愛い……?///」カァー

青葉「もぉー!青葉をからかったりしてー!」

村雨「えぇ~、女の子らしくていいじゃないですか~!」

青葉「青葉はそういうのはいいんですよ!」

青葉「ほら!さっさと行きますよ!」ピュー

村雨「あっ青葉さん、そっちは非常口ですよ」

青葉「ええっ!?」
220:◆01jT186BxI:2017/03/15(水) 18:09:58.18 ID:aoiC2Xmeo





提督「うぅ……」テクテク

提督(さっきから執拗に脅かしてきやがって……!)

提督(ゾンビみたいなお姉さんとも目が合ってもう一叫びしちゃったし!)

山風「………」テクテク

提督「山風、意外と余裕そうだな……こういうの平気?」

山風「ん…そんな事ない……怖い、よ」

提督「それなら俺にべった~りくっついてもいいんだぞ?」

提督「……むしろそうしてほしい」

提督(正直、俺も怖いから)

山風「それは、いい……恥ずかしいから…」

提督「むぅ…」

ウアアァァ…… ウウウゥゥ……

提督「ここらへんは墓地か…?さっきから気味の悪い呻き声が……」

山風「て、提督…浮いてるの何、あれ……?」
221:◆01jT186BxI:2017/03/15(水) 18:11:25.28 ID:aoiC2Xmeo

提督「浮いてる?ああ、あれは人魂だな」

山風「ひとだま…?」

提督「実際に存在するかは知らないが、死んだ人間の魂が宿った火の玉と云われててな」

提督「ココだと後ろでスタッフが釣り竿で吊るして表現してるんだろう」

山風「ふ~ん…」

提督「ん、なんだこれ……『お墓にあるお供え物をここに置いてください』…?」

提督「もう絶対何か起きるじゃないっすかぁ~!無視無視!」

山風「だめ……この先の扉、開かない…」ググッ

提督「ですよねぇー……」

提督「艦娘パワーでなんとかならない?」

山風「……ならない」

提督「やるしかないか…」
224:◆01jT186BxI:2017/03/18(土) 18:23:29.66 ID:A7wwFl2so

提督「……よしっ」ドクンッ

提督(スッ)

ガチャ!

提督「おっ開いたのか…?」

ガラガラ

山風「そうみたい」

??「カエセェ…」

提督&山風(ピタッ)

??「カエセェ…」

提督「……えっ?」

??「ソ イ ツ ヲ カ エ セ ェ ー !!!」

提督&山風(ビクッ!)

提督「何…?お供え物を戻せと……?」
225:◆01jT186BxI:2017/03/18(土) 18:24:18.23 ID:A7wwFl2so

ゾロゾロゾロゾロ…

山風「ひっ!?」ゾクッ

山風「て、ていとくぅ……後ろ、いっぱい来てる…!」フルフル

提督「んっ?」クルッ

ゾンビ(ウアアアァァ………)ゾロゾロ

提督「うわああああああああああ!!!!!」ギャー

提督「は、早く逃げるぞっ!」

山風「えっ、お供え物……返さなくていいの…?」

提督「いいからいいから!急いで!」っ スッ

山風「うん…」ギュッ

提督&山風(バッ!)
226:◆01jT186BxI:2017/03/18(土) 18:25:04.67 ID:A7wwFl2so

ヌクヌク…

山風「んん…?動きづらい……足場が…」

提督「なっ…」コケッ

提督「なんか、ヌメヌメするぅーー!!?」

ゾンビ(ウアアアァァ………)ゾロゾロ

提督「落ち着け、こういう時こそ冷静になるんだ…」チラッ

提督(奴らは地を這って移動している…)

提督(足場を悪くされてるとはいえ、落ち着いて歩けば追いつかれはしない…!)

提督「山風!奴らは移動が遅い!足をとられないよう、ゆっくり歩くんだ!」

エリートゾンビ「ウアアアァァーーー!!!」カサカサカサ

山風「は、速い人もいるよっ…!」

提督「ひええええ~~!!!やっぱり急げー!」ピュー!
227:◆01jT186BxI:2017/03/18(土) 18:26:24.70 ID:A7wwFl2so





提督「な、なんとか、なったか……」ゼェ… ハァ…

山風「怖かった…」

提督「ああ…。あんな速いほふく前進、初めて見たぞ……」

提督「あのゾンビ、軍人なんじゃないか…?」ハァ…

提督「それにみかん1個(お供え物)に何だよあの執念。仕事終わってから買いに行けるだろ……」ブツブツ

山風「ふふっ…」ニコッ

山風「………」

山風「もう追ってこない、よね…?」

提督「大丈夫だろう。こういう疲れさせる仕掛けの後は、だいたい一息つけるようになってるからな」


ロッカー(ガタン!)


提督&山風(ビクッ!)

山風「今、あそこのロッカーが……た、倒れて……」フルフル

提督「もしかして…」ゴクリッ…

ゾンビ(ガチャ)

ゾンビ「ウアアアァァ……」タッタッタッ!

山風「こっちに、来るよっ!」

提督「な、なんで~~!!?」スタタター!
228:◆01jT186BxI:2017/03/18(土) 18:27:28.28 ID:A7wwFl2so





テクテク テクテク

青葉「うわ~…。なんですかここ…気持ちの悪い……」キョロ キョロ

村雨「これって全部マネキン…?とか人形ですよね……?」キョロ キョロ

村雨「みんな…笑ってる……」

青葉「たしかに…。こういう雰囲気のせいか、狂気性を感じますね…」

村雨「あれ?あそこの女の人っぽいマネキンだけ笑ってないですよ?」

青葉「えっ、どれですか?というかそういうのはあまり探らない方が……」ジー

マネキン(…………)

マネキン(ニタァ…)ニッコニコ

青葉「ひんっ!」ビクッ!
村雨「っ!?」ゾクッ

青葉「いやあああああああああああああああ!!!!!」
村雨「キャーーーーーーーーーー!!!」


タッタッタッタッタッ!

229:◆01jT186BxI:2017/03/18(土) 18:31:15.99 ID:A7wwFl2so





青葉「な、な、な、何なんですかアレは!?あの中にひぃ、人が紛れ込んでいたというのですか!?」ハァ… ハァ…

村雨「そうみたい……ですね………」ハァ…

村雨(ゴクリッ)

村雨「はぁー、ビックリしたあ!」

青葉「もぉ~、村雨ちゃんがみんな笑ってるなんて言うから」

青葉「あの人も笑わないといけなくなって、こんな事になったんですよ!」

村雨「村雨のせい!?」

青葉「やっぱり来なきゃ良かったよぉ…」

村雨「えぇ~、楽しいじゃないですかぁ~♪」

青葉「非常口非常口……」キョロキョロ

村雨「ダ~メッ♪」ググッ

青葉「うご!、力つよっ!?」ズルズルー

村雨「さあ!どんどん行きますよ~!」
233:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:04:08.52 ID:OQ1HsyUwo






『お墓にあるお供え物をここに置いてください』


村雨&青葉「………」

青葉「村雨ちゃん、GO」

村雨「絶対何かありますよねこれ……」

村雨「ん~、このみかんをここに置けば、扉が開くって事…?」

青葉「まあ普通に考えたらそうじゃないですかあ?」

村雨「……じゃあ、置きますよ?」

青葉「天井からヘビが降ってきたりして…」ボソッ

村雨(ビクッ!)

村雨「ちょっと~!やめてくださいよぉ~!」

青葉「あはは、すみませーん」ニヤニヤ

村雨「もぅ…」スッ
234:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:07:05.97 ID:OQ1HsyUwo

ガチャ!

村雨「あ!今ガチャって!」

ガラガラ

青葉「ふむ、開きましたねぇ。真っ直ぐな道が見えますよ」

??「カエセェ…」

村雨&青葉(ビクッ!)

??「ソ イ ツ ヲ カ エ セ ェ ー !!!」

村雨&青葉「……」

村雨「や、やだなぁ~!青葉さん、また脅かせようとして~!」アッハハー

青葉「いやいやいや、青葉じゃないですよ!あんな声でませんって!!」

ゾロゾロゾロゾロ…

村雨&青葉「!!?」

ゾンビ「ウアアアァァ………」

村雨「ちょ、待っ!」

青葉「ぎゃあああああああああああああ!!!!!」ビューン!

村雨「えぇー!?青葉さん、速っ!」

村雨「っ…!?何ここ、動きづら~い…」ヌクヌク

エリートゾンビ「ウアアアァァーーー!!!」カサカサカサ

村雨「ひぃやあっ!こっちにも速いのが!」

村雨「あ、青葉さん待ってえええええ!!!」ピュー!


タッタッタッタッタッ!

235:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:08:43.23 ID:OQ1HsyUwo

ぎゃあああああああああああああ………

提督(今の声……)

山風「すごい悲鳴…後ろの人かな……?」

提督「ん?ああ、おそらくな。ゾンビに追われるとこだろう」

山風「うん…」

提督「あれれ?ここ分かれ道だけど、どっちに行けば…?」

ブオオオン! ブオオオオオオン……

提督「うおおっ!!?」

山風「なに…?」

ジェイソン(トコトコ)

提督「あ、あれは……」

ジェイソン(ブオオオン! ブオオオオオオン!!!)←刃なしチェーンソー音

山風「誰…?」フルフル

提督「ジェイソン…?」

ジェイソン(タッタッタッタッ!)

提督「ひいいぃぃぃ!!殺されるうううぅぅ!!」

提督「山風!こっちこっち!」

山風「う、うん!」

スタタタター

山風(お面つけてるけど、ちゃんと見えてるのかな……?)
236:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:09:57.37 ID:OQ1HsyUwo


その後も数々の仕掛けが四人を襲う・・・


ジリジリ!(ノイズ音)

青葉「んはああっ!?」
村雨「きゃっ!」

ジーージリジリジリジリ……

村雨「はぁ…」

青葉「も~!うるさいなあ!!」


キャーハッハッハッハッハ!

提督「うんんんっ!?」
山風「ひゃっ!?」

アヒャヒャヒャヒャ…

提督「びっくりしたあ…」

提督「あれ、山風どこ?」キョロキョロ

スルッ

山風「っ!!?」ビクッ ←お尻を触られる

提督「ああ、そこか。大丈夫k」

山風(ブンッ!)

バチンッッ!(ビンタ音)

提督「ぶはあっ!なんでええ!?」
237:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:11:45.88 ID:OQ1HsyUwo





タッタッタッタッタッ!

提督「うわああああああああああああ!!!」スタタタター

ピタッ

提督「ハァ……ハァ……」

提督「最後の……マジで心臓止まるかと思った……」ハァ…

山風「提督の悲鳴の方、びっくりした」

提督「あぁ…すまん……」

山風「いいよ……。それよりあれ、出口じゃない?」テクテク

提督「おおっ!やっと終わりかー」テクテク

提督「よーし、一緒に開けるぞ!」

山風「えっ?わ、わかった…」

提督「せーのっ!」


ガチャ!

238:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:13:09.74 ID:OQ1HsyUwo

太陽光(ピカー)

山風「まぶし……」

提督「ゴーーール!!はあ、やっと終わった~……」

山風「怖かったね…」

提督「ああ……。でも山風は結構平気な感じに見えたけど?」

山風「そう、かな……?」

山風「……て、提督がいてくれたから、かも……///」

提督「えっ!?」

山風「いっぱい怖がってたけど……あたしの事、忘れないで見てくれてた…」

提督「まあな!提督として当然の事をしたまでさ…」フッ…
239:◆01jT186BxI:2017/03/22(水) 01:14:38.39 ID:OQ1HsyUwo

山風「……でも、セクハラしたのは…許さないよ……」ムッ

提督「だからごめんなさいって~。薄暗くてよく見えなかったんだよぉ~」

提督「それで山風を見失って、辺りを探してたら手が偶然……」アッ…

山風(プイッ!)

提督「ああっ!怒らないで~!」

提督「そうだ!今から面白いモノが見られるかもしれないんだ!それでなんとか、機嫌直して!?」

山風「面白いモノ……?」

提督「えーっと…」ジー

提督「あそこに隠れるか。山風、こっちこっち」

山風「隠れる……?」
242:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:05:26.03 ID:xtV00Tjdo





テクテク

青葉「うぅ~……まだ続くんですかぁ~…」

村雨「どうですかね~」

村雨「もう結構歩いたからそろそろ終わりだと思いますけど…」

青葉「あうぅ~…」

村雨「……それはそうと青葉さん、脅かされるたびに村雨を置いてダッシュで先に行っちゃうなんて……ひどくないですか!?」プンプン!

青葉「あ、あれ?そうでしたっけー?」

村雨「そうですよ~!さっきは逃げきれましたけど、もし囲まれたりでもしたらどうするんですか~!?」

青葉「ん~……」

青葉「村雨ちゃんなら、笑顔で全員蹴散らしてそうだから大丈夫ですっ!」ニコッ

村雨「えぇ…村雨そんなイメージ持たれてるんですかぁ…」シュン

青葉「嘘ですよ、嘘!」ウフフ

青葉「それよりあれ!また何か書いてありますよ!」

青葉「近くにあるのってもしや…」ゾクッ

村雨「い、井戸…ですね……」
243:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:07:18.71 ID:xtV00Tjdo

青葉「なになに……『井戸から水を汲み上げここに注ぐべし。さすれば聖なる力により、道が拓けるであろう……』」

村雨「えぇ~…。こわぁい……」

青葉「んん~、青葉思うんですけど…」

村雨「はい?」

青葉「何かをやらせるのはいいけど、それにちゃんとしたストーリー性が欲しいかなーと」

青葉「あと日本の妖怪やホラー洋画のキャラクターを、適当に集めました~みたいな感じで…」

青葉「統一感がないです!チープでダメですう!」

村雨「おばけ屋敷へのダメ出しですか…?」

青葉「はいっ!」

村雨「うふふ、それなら要望として出してみたらどうです?またパワーアップするかも!」

青葉「こんな怖いトコ、もう来ませんけどねっ!!」
244:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:08:53.83 ID:xtV00Tjdo

村雨「さっきは村雨がやったので、今度は青葉さんですね。水汲みGO♪」

青葉「………」

村雨「……んん?青葉さん?」

青葉「じゃんけん!」バッ!

村雨「え!?」

青葉「ぽん!」


青葉(パー)  村雨(グー)


青葉「んっふふ~!村雨ちゃん、GO♪」

村雨「急に仕掛けるなんてず~る~い~!!!」

青葉「敗者は勝者の命令に黙って従う…それがこの屋敷のルール……!」カッ!

村雨「そんなルールありませんよ!」

村雨「……ハァ、わかりました。村雨がやります」

青葉「さっすがぁ~♪よっ!大天使ムラサメエル!」
245:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:09:59.72 ID:xtV00Tjdo

村雨「え~っと……これを引っ張り上げるだけでいいみたいですね」グッ

カラカラカラ…

村雨「ちゃ、ちゃんとそばにいてくださいねっ!?」

青葉「はーい、いますよ~」

青葉「……どんな感じです?」

チャプチャプ…

村雨「ん~……」

村雨「思ったより軽いですね…。かすかに水の音が聞こえるような……」

青葉「なるほど。おそらく血に浸された生首が入っているのでしょう」

村雨(ビクッ!)

村雨「……さらっと怖い事言わないでくださいよぉ~」フルフル
246:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:11:19.44 ID:xtV00Tjdo

カラカラカラ…

青葉「わぁ~…蓋がしてありますよぉ~…」ガクブル

村雨「開けますね…!」ドクン…

村雨「……えいっ!」パカッ

青葉「ひんっ!」

村雨「……ああーよかった~、水ですね」ホッ

青葉「ほっ……」

村雨「これをここに注いでっと…」スー…

??(ササッ)

青葉「いいですよ~!さっさとこんな場所からおさらばしましょう!」

??(ピタッ)←青葉の背後に忍び寄る影

青葉(ビクンッ!)

青葉(なんですか今の…悪寒が走ったような感覚……)ゾクゾク
247:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:13:07.39 ID:xtV00Tjdo

村雨「……あらっ?特に何も起きませんね?先に進んでみます?」

青葉(クルッ)

貞子っぽい幽霊(ドンッ!)←青葉を睨む

青葉「」

青葉「ひいいいぃぃぃぃ~」


青葉「ぎゃああああああああああああああああああ!!!!!」


村雨&貞子(ビクッ!)

青葉「近い!近いよおおおお!!近かったよおおおお!!!!」スタタタター


タッタッタッタッタッ!

248:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:14:38.58 ID:xtV00Tjdo





- おばけ屋敷・出口 -

青葉「いやああああああああああああっっっ!!!」タッタッタッ!

パシャパシャ!(撮影音)

青葉「はあ…はあ……はあ…。こわ…かったぁ……」ゼハゼハ…

青葉「最後……いったいな、何が起きたんですかっ……?」ハァ

トコトコ

提督「や~~っぱり青葉だったか!」

青葉「げっ!?」

山風「ど、どうも…」

青葉「司令か…ハッ…!?」

青葉(スッ スッ)←変装グッズを装着

青葉「え?すみません、人違いでは?」

提督「いやもう遅いから…」
249:◆01jT186BxI:2017/03/25(土) 18:15:53.81 ID:xtV00Tjdo

青葉「うぅ…」

提督「フフフ……いい怯えっぷりだったぞ青葉」ニヤニヤ

提督「そして!その様子をケータイに収めさせてもらった!」

青葉「えぇ!?やめてくださいよ~!」

提督「いつも青葉がやってる事だろ~?たまには被害者の身になりなさい!」

タッタッタッ!

山風「…? 誰か、来るよ…」

村雨「はあ…はあ…もう青葉さん、また先に行っちゃうんだからぁ…」

提督「む、村雨!?」

村雨「提督っ!?あっ…」

村雨「……」

村雨(スッ スッ)←変装グッズを装着

村雨「え~っとぉ、人違いだと思いまぁす♪」キャピキャピ

提督「だからもう遅いって…」
252:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:09:08.56 ID:W8ZHCG7So





提督「さて、詳しく話を聞かせてもらおうか…」キリッ

村雨&青葉「うぅ…」

青葉「ここよりもどこか座れる所で、おやつでも食べながらどうですかぁ!?」

村雨「賛成!」

提督「うむ、それもそうだな」

提督「山風もそれでいいか?」

山風「うん、いいよ…」

青葉「もっちろん!司令官の奢りですよね~!?」キラキラ
253:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:10:20.11 ID:W8ZHCG7So

提督「当然だろ~!ただし、青葉を除く」

青葉「ひっ、ひどい!なんで青葉だけ!?」

青葉「これが噂の艦娘差別というやつですか!!?」

提督「噂になってないし、まずそんな言葉自体ないから」ハァ

村雨「うふふ…。いいですよ提督、自分で出しますから」

山風「あたしも」

提督「えっ、そう…?」

青葉「仕方ないですね……。ここは青葉だけが提督のご厚意を…」

提督「よ~し、それじゃあ行くか~」トコトコー

村雨「はいは~い♪」トコトコー

青葉「ああ、待って~!無視はだめですぅ無視はー!」スタタター

村雨&山風(クスクス)
254:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:12:05.96 ID:W8ZHCG7So

- 園内・フードコート -

提督(ソフトクリーム)ペロペロ

村雨&山風(チュロス)サクサク

青葉「あ~んっ!」パクッ!

青葉(モグモグ…)

青葉「おぉ!この肉まん、生地がモチモチ、肉汁が多くていい感じですぅ!」パクッ

青葉「遊園地の露店でこのクオリティですか…!」

村雨「ふふ…。山風はどう?美味しい?」

山風「うん…ちょうどいい甘さで、美味しい」

村雨「でしょでしょ!このサクッとした食感もいいわよねー」サクッ

提督「ほー。どれ、俺にも少しくれないか山風」

山風「えっ……」

山風「///」ポッ

山風「む、村雨姉から…もらって……」

提督「フフフ…」ニコッ
255:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:14:01.18 ID:W8ZHCG7So

村雨「しょうがないですねー。はい提督、あ~ん♥」ニコッ

提督「あ~んっ!」パクッ

提督「……んん!美味い!」モグモグ

提督「村雨があ~んしてくれたから、より一層美味しく感じるよ!」

村雨「もぅ何言ってるんですか提督ったら♥」

村雨「あ!提督もそのソフトクリーム、村雨にちょっとくださいよ~」

提督「おう、構わないぞ」

イチャイチャ イチャイチャ

青葉(ゴクゴク…)←ウーロン茶を飲んでる

青葉「かぁ~!相変わらずですね、このお二人は」

青葉「山風ちゃんも今後こーいうイチャイチャ風景を見慣れる必要がありますねぇ」

山風「は、はあ…」ズズズ… ←メロンソーダを飲んでる
256:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:15:43.90 ID:W8ZHCG7So

ワイワイ ガヤガヤ……

提督「さてと、そろそろ本題にはいるか」キリッ

青葉「え」

村雨「えっ?」

提督「さっきまで二人で俺と山風の後を追ってたんだろう?忘れたとは言わせないぞ?」

青葉「あはは…そうでしたっけねぇ……」

村雨&青葉(おやつの話題とかでごまかそうとしたけどダメだったみたい…)

提督「まあ青葉はいつもの事だが、たしか今日は休みではないよな?」

青葉「はいっ!でもガサが代役になってくれてるので大丈夫でっす!」

提督「はぁ……。取材する事は止めないがほどほどにっていつも言ってるだろ?」

提督「自分のすべき任務を衣笠に押し付けてまで……。ちょっとやりすぎじゃないか?」

青葉「うぅ…すみません~…」

山風(ソワソワ)
257:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:17:38.06 ID:W8ZHCG7So

提督「村雨もな」

村雨「はい…」

提督「……そもそも村雨はどうして青葉と一緒に行動してたんだ?」

提督「弱みでも握られた?それなら青葉、俺に詳しく教えt」

村雨「違いますっ!」

村雨「えっとぉ……提督と山風が二人っきりで本当に大丈夫か…」

村雨「当日になって急に心配になっちゃって……思わずついて来ちゃいました」テヘッ

村雨「ごめんなさい提督……。山風も、ごめんね」ナデナデ

山風「……ぁ………あの……」

提督「なるほど…そういう事か……。村雨らしいといえばそうだが」

山風「て、提督っ!」

提督「ん?どうした?」
258:◆01jT186BxI:2017/03/28(火) 18:19:28.97 ID:W8ZHCG7So

山風「あたし、大丈夫だから…お、怒らないで……」ウルウル

提督(ぐはっ! か、可愛すぎる…!)キュン

提督「い、いや違うんだ山風。怒ってるんじゃなくて、上官として注意を促しているだけでな…」アセアセ

村雨&青葉「怒らないで……」ウルウル キラキラ

提督「こら、便乗やめなさいそこ」

村雨&青葉(キラキラキラキラ)

提督「うぉ、眩しっ!怒ってない!怒ってないからやめろォ!」

村雨&青葉「うふふ…」クス
261:◆01jT186BxI:2017/04/01(土) 00:29:14.95 ID:gwB7jg5Io





青葉(パクパク モグモグ…)

青葉「ふぅ~、ごちそうさまでしたぁ~!」

村雨(モグモグ…)

村雨「ホントだ!この肉まん美味しい~!」

青葉「ですよねですよね!これはきっと本場中国で腕を磨いた、名のある料理人の一品ですよ!」

提督「えぇ~そんな料理の鉄人みたいなのが、ここで店やるかぁ?」

提督「まあたしかに美味しいけど…」モグモグ

山風「はふっ…はふっ……」パクッ

青葉「で、これからどうするんですかぁ司令官?」

提督「うむ」時計チラッ

提督「ん、もうこんな時間か」

村雨「村雨、まだ遊び足りないかなぁ~!」チラッ チラッ
262:◆01jT186BxI:2017/04/01(土) 00:30:33.12 ID:gwB7jg5Io

提督「フフフ、まだ帰らないから安心しろ村雨」

村雨「さっすが提督!」ウキウキ

山風「次は何するの…?」モグモグ

提督「さっきまではもう観覧車で〆ようかなーと思ってたんだけど~…」

青葉「思ってたけど…?」

提督(ニヤッ)

提督「さっきの件で村雨と青葉への戒めとして、ジェットコースターに乗ろうと思いま~すっ!」

青葉「…………えっ?」

村雨「♪」

青葉「えええええええええええええ!!?」ガビーン!

村雨「きゃ~♥ 村雨、こわぁ~い♪」

村雨「でも提督命令だし仕方ないですね…。さあ行きましょう!青葉さん!!」ウキウキ

青葉「嫌ですよおおお!というか村雨ちゃん、ウッキウキじゃないですか!?戒めになってませんよお!」
263:◆01jT186BxI:2017/04/01(土) 00:31:51.68 ID:gwB7jg5Io

提督「青葉よ。これを忘れたか?」ケータイ スッ

青葉「むむっ!?それは……!」

提督「青葉の画像自体が記録として少ないのに、これはおばけに怯える恥ずかしい姿を映した超激レア画像だ!」

村雨「写真の記録は、ほとんど青葉さんが撮影したものだし」

村雨「青葉さん本人もそっちに徹してるからねぇ」

青葉「くっ…!」

提督「ふっふっふ……これを鎮守府の掲示板に晒されたくなかったら、大人しくジェットコースターに乗るんだな!」(ゲス顔)

青葉「むぅ……司令官は卑怯者ですう!悪魔ですう!変態ですう!」

提督「ガッハッハ………。え?最後酷くない?納得いかないんだけど…」

村雨「うーん、あんまり否定できないかなぁ…」

山風(ウンウン)

提督「えぇ…泣きそう……」
264:◆01jT186BxI:2017/04/01(土) 00:33:17.43 ID:gwB7jg5Io





提督「山風はどうする?」

山風「えっ…?」

提督「ジェットコースターに乗る?それなら俺も一緒に行くが…」

山風「………」ウーン…

提督「まぁ無理して乗らなくても、二人が絶叫する姿を見るだけで十分楽しめると思うぞ」

提督「特に青葉には注目だな」ニンマリ

山風「ううん、せっかく来たんだし……あたしも、乗ってみたい…」

提督(ニコッ)

提督「よぉ~し、わかった!」

提督「というワケで、これからみんなでジェットコースターに乗るぞ~!」

村雨「いい感じいい感じ♪」ニコニコ

青葉「嫌な感じ嫌な感じ!」ブーブー!
265:◆01jT186BxI:2017/04/01(土) 00:34:51.44 ID:gwB7jg5Io

- ジェットコースター -

ガッタンゴットン ガッタンゴットン ……

青葉「うわぁ…ああぁ……どんどん…上へと進んでく……」ガクブル

村雨「このドキドキ感…!たまらないですねー!!」ワクワク

青葉「シートベルトとか安全装置…大丈夫なんですかぁこれぇ……」ソワソワ

村雨「うふふ…」

青葉「もし壊れてたりしたら……ああああああっ!!」バタバタ

村雨「ちょっ!青葉さん、落ち着いて!暴れないでくださいよ~!」



山風「うわぁ……いい眺めだけど、高いね…」プルプル

提督「はっはっは。てっぺんまで昇ったら一気に駆け抜けるからな!」

山風「ふえぇ……き、緊張する…」

提督(可愛い)
266:◆01jT186BxI:2017/04/01(土) 00:36:48.89 ID:gwB7jg5Io

山風「提督はこれ…平気なの……?」

提督「うむ、結構好きだぞ。ホラー系はあのありさまだったけど、絶叫マシンは意外と問題ないな~」

山風「そう……」

提督「山風は初めてなんだから、怖がったり緊張するのは何もおかしくない」

提督「でも山風には俺がついてる。だから安心してくれ」キリッ

提督「……な~んてね!どう?カッコよかった?」

山風「………」

山風「提督…」

提督「ん?」

山風「手……に、握って……いい…?///」

提督「!?」

提督「ああ!もちろん!」ニコッ

ギュッ

山風「あ…ありがと……」
269:◆01jT186BxI:2017/04/04(火) 01:47:51.24 ID:gnIga1Doo

ガッタンゴットン ガッタンゴットン ……

村雨「キャー!もうすぐですよぉ~!」

青葉「あぁどうか青葉に神のご加護を…」ブツブツ…

提督「山風、そろそろだぞ」

山風「うん…!」グッ


スー… フワッ

ギュオオオオオーーーーー!!!


青葉「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ーーー!!!!!」ガタガタ

村雨「いええええぇぇぇい!!!」グラグラ

提督「んんんんんっ!」ガタガタ

山風「うううぅ……」グラグラ
270:◆01jT186BxI:2017/04/04(火) 01:48:56.15 ID:gnIga1Doo






ギュイイイィィィィーーーンッ!


「キ ャ ア ア ア ー ー ー !!!」


ギュイイイィィィィーーーンッ!


青葉「うえぇっ!?地面近っ!!ア゛ア゛ア゛ア ッ !!!」

提督「うおおおおおおっっ!!!」





クルクルクルクルー(きりもみ回転)

青葉「落ちるっ!落ちるってええ!!!」

村雨「うふふ♪」
271:◆01jT186BxI:2017/04/04(火) 01:49:54.60 ID:gnIga1Doo





村雨「最後!一番スピードでるとこっ!!」

青葉「もういいってぇ……」


ビューーーーーーーーーンッ!!!!


「キ ャ ア ア ア ー ー ー !!!」


ビューーーーーーーーーンッ!!!!


青葉「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ーーー!!!!!」

村雨「Fooooooooo!!!」

提督「んんんんんっっ!!!」

山風「っ……!!!」ググッ
272:◆01jT186BxI:2017/04/04(火) 01:51:15.31 ID:gnIga1Doo





ガタゴトン ガタゴトン…

プシュー…

係員「はーい、到着になりまーす!お疲れ様でしたー!」

青葉「」

村雨「あぁ~!楽しかったぁー!」

提督「ふぅ~……」

山風「…………」





係員「お預かりしてたお荷物、こちらになりまーす」スッ

村雨「ありがとうございま~す!」

青葉「うぅ…」グッタリ

村雨「はいっ青葉さんの」スッ

青葉「あぁ…どうも……」

山風「…………」

提督「フッフッフッ……。大丈夫かぁ~青葉~?」ニヤ

青葉「大丈夫じゃないですぅ。死ぬかと思いましたぁ……」

村雨「うふふ…。山風はどうだった?」

山風「…………」ボケー

提督「ん?」

青葉「むむ?」

村雨「あらっ?」
273:◆01jT186BxI:2017/04/04(火) 01:52:21.43 ID:gnIga1Doo

提督「や~まかぜっ!」肩ポンッ!

山風「あっ!」ビクッ!

山風「えっ…何……?」

提督「ちょっと刺激が強すぎたみたいだな」ニヤ

村雨「初めてのジェットコースター、どうだった?」ニッコリ

山風「うん…いっぱいびっくりしたけど……面白かった…」

村雨「うんうん♪」

青葉「いいんですよ~山風ちゃん。わざわざお姉さんに合わせなくても」

山風「いや…えっと……そういうわけじゃ…」
274:◆01jT186BxI:2017/04/04(火) 01:53:32.11 ID:gnIga1Doo

村雨「そんな事ないもんねぇ~」ナデナデ

提督「ねぇ~」ナデナデ

山風「っ!?」

青葉「ちょっと!なんで司令官がなでなでしてるんですか!?」

提督「だってさぁ…山風を見てるとなでなでしたくなるんだもん」ナデナデ

村雨「実際なで心地いいし」ナデナデ

山風「………」

青葉「そうなんですかぁ…?すみません、ちょっと失礼します」

青葉(ナデナデ…)

青葉「あっ、たしかに!わかりますぅ!」ナデナデ

提督「だろ~?」

山風「うぅ……///」
278:◆01jT186BxI:2017/04/08(土) 01:50:51.59 ID:lcuBgT/do

提督「よーし!一日がかりの特別任務、あとは観覧車でまったり過ごせば完了だぞ!」

村雨「いぇ~い!」

青葉「そういえばそーいうていでしたね…」

提督「もうライトアップする時間帯だし、いい眺めが見れると思うぞ」

山風「楽しみ…」





- 観覧車 -


係員「乗り込む際は、お足元にご注意くださ~い」

青葉「ふ~…」トコトコ

青葉「今日は疲れましたねぇ~」スッ

青葉「そこそこネタは仕入れましたけど、村雨ちゃんに振り回されてばかりだったからなぁ~」

村雨「えぇ~、それはお互い様ですよ~」

村雨「……でもすっごく楽しくて、充実した一日だったなー!」

提督「おいおい、本来はそれぞれ秘書艦の仕事や哨戒任務に励むべきだったのを忘れるなよ~」

村雨&青葉「はぁ~い」
279:◆01jT186BxI:2017/04/08(土) 01:52:00.03 ID:lcuBgT/do

山風「そういえば……」

提督「どうした?」

山風「今、鎮守府って……提督いないけど、大丈夫なの?」

提督「ああ、俺が留守の間は長門が提督代理に就いてるんだ」

提督「危険な海域への出撃はしないで、小規模な遠征や哨戒任務・演習が主になるな」

山風「そうなんだ……」

青葉「うんうん、だからサボりやすいんですよね~」ボソッ

村雨「青葉さんっ!」

提督(ジー…)

青葉「あはは……冗談ですよっ、冗談!」テヘッ
280:◆01jT186BxI:2017/04/08(土) 01:53:28.01 ID:lcuBgT/do

提督「ハァ…まったく……」

青葉「それより司令官、よく青葉達に気づきましたねぇ~」

青葉「この青葉のスニーキング能力が破られるなんて……ハッ!」チラッ

青葉「村雨ちゃん…あなたがいたから……!」

村雨「えぇっ!?」

青葉「ゲームコーナーのパンチングマシーンで好記録を出したり、スケートで2回転ジャンプしたりで目立ってましたもんね~」

村雨「いや…おばけ屋敷でバレちゃったみたいだし多分……」

提督「うん、後ろの方からすごーい悲鳴が聞こえてな。この声は多分青葉かな~と」

青葉「あえっ…?そうなんですか……?」

青葉「山風ちゃんも聞こえました…?」

山風「は、はい……青葉さんだとは思わなかったけど…」

青葉「」チーン
281:◆01jT186BxI:2017/04/08(土) 01:54:41.78 ID:lcuBgT/do

提督「はっはっは、まあいいじゃないか。青葉も女の子なんだし」

提督「男の俺でも結構ビビっちゃったしな」

青葉「良くないですぅ……。青葉、一生の不覚……!」

村雨「うふふ…」チラッ

村雨「あ!ほら山風、外っ!」

山風「え…?」チラッ


キラキラ キラキラ……


山風「キレイ…」ジー

村雨「そうね…」

青葉「わぁ……ここは1枚撮っておきましょう!」パシャ

提督「フッ、でもこの景色よりお前達のほうがキレイだよ…」キリッ
282:◆01jT186BxI:2017/04/08(土) 01:55:37.28 ID:lcuBgT/do

青葉「あーはいはい、そうですかそうですか~」

提督「えっ、青葉は違うよ?」

青葉「うえぇ~!?」

提督「あれっ?青葉って意外と自分の事…」

青葉「いいい今のはナシでっ!そんな事思ってないですからっ!///」

提督「ふふふっ、冗談冗談♪」

青葉「ぐぬぬ…」
283:◆01jT186BxI:2017/04/08(土) 01:57:18.00 ID:lcuBgT/do

キャハハ ウフフ…

村雨「ねえ山風、提督と二人っきりの特別任務、どうだった?」ニコッ

山風「えっ…?」

青葉「おお!青葉にも教えてくださいー!」メモ帳 スッ

山風「うん……いろんな場所に、連れてってもらって……いろんな体験をして……」

山風「楽しかった……。提督、あ……ありがとっ!」

提督(ジーン…)

村雨「そっか♪」

青葉「ふむふむ…」メモメモ

提督「だめだ、嬉しすぎて涙が……。村雨、胸貸して…」スッ

村雨「ちょっ、いやーよ!」ググッ

青葉「山風ちゃん、こんな風に司令官に何か変な事されたりしませんでした?」

提督「えっ?」

山風「う~ん……」ハッ!

村雨「うふふ…いやだな~青葉さん。提督が山風に手を出すワケないじゃないですか~!」

山風「お……お尻、触られた……」

提督「!!?」ビクッ!

村雨「え」

青葉「なんですとっ!?」
290:◆01jT186BxI:2017/04/11(火) 18:16:10.92 ID:AdTPedIAo

提督「ん~?言葉が足りないぞ~山風~?」(震え声)

村雨「提督」

提督「は、はいっ!」ビクッ

村雨「いったいどういう事かしらぁ~?」ゴゴゴ…

提督「えっとそれは……」

村雨「ねぇ……ねえっ!」

青葉「おぉ~!あのゲームコーナーでのパンチ力が今ここで…!」ゴクリッ

提督「落ち着け村雨!これには深いワケが…」

青葉「これは大スクープですよぉー!」キラキラ

山風「ふふっ…」ニコッ
291:◆01jT186BxI:2017/04/11(火) 18:17:43.26 ID:AdTPedIAo





提督「……とまあこんな事があったんです。決して故意ではないんです」

村雨「そうだったの……。屋敷内、暗かったもんね」

青葉「暗闇を利用した計画的犯行…恐るべし司令官……!」メモメモ

提督「……青葉、これ」ケータイ スッ

青葉「ああ!それまだ削除してなかったんですかぁ!?」

提督「事実を捻じ曲げて記事にした場合、この画像を世界中に拡散させる」

青葉「ごめんなさいー!絶対書きませんからっ!!」

青葉「あとその画像、消したいのでケータイ貸してください!」

提督「ほいっ」スッ

青葉「削除!削除!削除っ!」ポチポチ
292:◆01jT186BxI:2017/04/11(火) 18:19:51.88 ID:AdTPedIAo

村雨「事情はわかったわ。ごめんねぇ山風、大丈夫…?」ナデナデ

提督「本当にすまなかった」

山風「いいよ、その……もう平気だから…」

山風「あたしの方こそ…叩いちゃって、ごめんなさい……」ペコッ

提督「山風…」キュン

提督「ギューって抱きしめていい?」

山風「……イヤっ」

村雨「提督」

提督「はい?」

村雨「バチンって引っ叩いていい?」ニッコリ

提督「イヤです…」ガクブル

村雨「まったく!大目に見てあげようと思ったけど、やっぱりこの件は姉さん達に報告ねっ!」

提督「げげっ!」

青葉「あれ?司令官、何か話題性のある画像とかないんですかぁ?」ポチポチ

提督「ん?ああ、そういうのはないだろうな。それ仕事用のだし」

青葉「そうなんですか!?」

提督「お前にやすやすとプライベートのケータイを見せると思うかぁ?」

青葉「むぅ~」
293:◆01jT186BxI:2017/04/11(火) 18:21:50.83 ID:AdTPedIAo





青葉「観覧車、もうすぐ終わりですね~」

山風(オドオド)

提督「うむ」

山風「あ…あの……」

村雨「山風?」

山風「提督は…」

提督「ん?」

山風「提督はどうだった…?あたしと一緒で……。本当に楽しかった…?」

提督「もっちろん♪今日は山風に見識を広げてもらうのが目的だったけど」

提督「俺も山風のちょっといいとこ、いっぱい知ることが出来たしな」ニコッ

村雨「あらっ、良かったじゃない♪」

山風(///)ポッ
296:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:20:58.81 ID:n3C/z1tuo

提督「いやぁ~でも本当に良かったよ~。最近まで山風に嫌われてるんじゃないかと思ってたからさ」

山風「えっ?」

青葉「山風ちゃんに何か悪い事でもしたんですか?」

提督「いや、そうじゃないんだ…」

提督「普段山風に声を掛ける機会があっても、こう……『放っておいて…』って感じで……」

山風「あ…」

提督「俺が嫌われてるだけならそれでいいんだが、何か悩み事を抱えているんじゃないかと心配になってな」

青葉「なるほどー」

提督「……あ、ごめん。やっぱ嫌われるのもイヤだ!」

青葉「あららっ」コケッ

村雨(クスクス)

青葉「もぅどっちなんですかぁ…」
297:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:22:33.13 ID:n3C/z1tuo

山風「あ、あの…そんなつもりはなくて……」モジモジ

村雨「いいのよ~、女心がわからない提督が悪いんだから♪」

提督「えぇーそんなぁ…」ションボリ

青葉(ふむふむ。この特別任務、真の目的はそういう……)メモメモ

山風「………」





係員「はーい、到着でーす。降りる際も、お足元にご注意くださ~い」


トコトコ トコトコ…


提督「さーてそろそろ、我らの鎮守府に帰りますか~!」

村雨「待って待って!みんなにお土産、買っていかないの?」

提督「おっと忘れてた」

提督「……ん~、そうだなぁ。それぞれ全員分用意するのはさすがにきついから…」

提督「クッキーでも何箱か買おうかな。大きめな缶に入ってるヤツ」

提督「食堂のテーブルに置かせてもらって、食べるのは早い者勝ちで!」

青葉「見つけた人によっては一瞬で無くなってしまいそうですね…」

村雨「確かに…」クスクス

村雨「村雨も白露型のみんなに可愛いグッズでも買おうかしら♪」

村雨「山風も一緒に選びましょ?」

山風「うん…」

青葉「……青葉もガサ達に何か買おうかなぁ。今日は代役やってもらったし」
298:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:24:06.98 ID:n3C/z1tuo

ワイワイ キャハハ…

提督「その肝心なお店はどこにあるんだっけ…?」

村雨「ん~……あっち?」

山風「………」

青葉「遊園地の全体図は……?それとも係員の人に聞きます?」

山風「み、みんなっ!」

提督「ん?」

村雨「どうしたの?」

山風「さっき、言いそびれたの……みんなに聞いてほしい事…」

山風「今、いい…?」

提督「ああ、全然!」

村雨「何でも言って♪」

青葉「なんですかなんですかぁ!?」

山風「えっと……あたしも提督と同じで…」

提督「うん」

山風「あの……て、提督の事、色々知れて…良かった……」

提督「山風…!」
299:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:25:11.28 ID:n3C/z1tuo

山風「前から村雨姉やみんなから、提督については聞いてて……」

提督「えっ、本当に?」

山風(コクッ)

山風「……艦娘みんなを、大切に想ってくれる…優しい人って……」

提督「みんな…!」ジーン…

提督「うぅ…今まで頑張ってきた甲斐が……」グスン…

青葉「あらら。司令官、ハンカチ使います?」っハンカチ

提督「うん、ありがと…」フキフキ

提督(フーン!)

青葉「あぁ!ちょっとぉ!?青葉ので鼻かまないでくださいよお!!」

提督「嘘嘘。フリをしただけ」

青葉「もう…」

村雨「ふふっ…」ニコッ
300:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:26:18.75 ID:n3C/z1tuo

山風「あと、ちょっとマヌケで……エ、エッチなところもあるって……///」

提督「村雨ぇ~……」ジー

村雨「だ、だ~れがそんな事言ったのかなぁ~?」

村雨「春雨かなぁ~?夕立かなぁ~?」

青葉「村雨ちゃんでしょうねぇ」

山風(クスクス)

山風「それでね……間宮で提督と話した時や、今日鳳翔さんのお店でご飯を食べた時も……」

山風「提督はいつも、みんなの…賑やかな雰囲気の……中心にいる……」

山風「艦隊のみんなに、慕われてるんだなって……近くで見ててすごく伝わってきた…」

提督「いやぁ~」ニッコリ

村雨「慕われてる?」

青葉「慕われてる……?」

提督「何か問題でも?」
301:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:27:41.81 ID:n3C/z1tuo

村雨「イジられてる?」

青葉「ナメられてる?」

村雨「あっ!それしっくりくる!」ニヤッ

提督(グサッ!)

提督「いいんだいいんだ…オレナンカドーセ……」シュン

村雨「あらあら?泣かないで、提督」

村雨「みんな提督の事、大好きなんだから!ねっ!?」チラッ

青葉「え?んーまあ……大好きかと言われると…う~ん……」

山風「………」クルッ(目逸らし)

提督「妙にリアルな反応やめてくれ…」

村雨「ふふっ…」ニコッ
302:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:29:12.18 ID:n3C/z1tuo

提督「まったく……いちいち話の腰を折るんじゃない!山風が自分の言いたい事、ちゃんと言えないだろ?」

青葉「司令官がそれを言います~?」

提督「ささっ、山風続きを」スッ

山風「う、うん…」

三人(ジー…)

山風(ちょっと、言いづらい…)

山風「……」

山風「えっと……そんな提督や姉さん達、艦隊のみんなとこれからも一緒で……」

山風「本当に、う…嬉しい……///」

提督「山風…」

山風「あたしに出来る事……少ないかもしれないけど、頑張るから……絶対帰ってくるから…」


山風「手を離さないでね…」ニッコリ


提督「ああ!よろしくな山風、これかも期待してるぞ!」ニッコリ

青葉「こちらこそよろしくお願いします!」パシャ

青葉「今日一番の笑顔!いただきましたぁ!」

山風「ああっ!ちょっと…///」

ポンポン

山風「っ!?」

村雨「よく言えたわ山風、えらいえらいっ♪」ナデナデ

山風「うん…///」
303:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:30:39.28 ID:n3C/z1tuo

提督「無事、山風の特別任務も完了したし!帰る前にお土産を買いに行くぞ!」ギュッ

山風「えっ、何…?」

提督「手を離さないって約束したもんな」ニッコリ

山風「い、いまっ…?そういう意味じゃ……」

村雨「いい感じいい感じ♪」ギュッ ギュッ

青葉「えぇ!?青葉もですかぁ~!?」

山風「村雨姉まで…」

提督「よ~し!鎮守府に着くまでずっとこのままな~!」

山風(///)カァ

青葉「恥ずかしいですよぉ~!青葉はいいですから離してくださいー!」

村雨「だめで~すっ!少しくらいならいいじゃないですか♪」ウキウキ

青葉「うぅ~…」
304:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:32:08.95 ID:n3C/z1tuo

提督「山風」ボソッ

山風「?」

提督「今日は本当にありがとう」

山風「えっ?」

提督「さっきの言葉、胸に響いたよ。山風の手も…艦隊のみんなの手も絶対に離さないように……」ギュッ

提督「これからもより一層、気を引き締めていくよ」

山風「提督…」

提督「山風…」スッ ←抱きつこうとする

山風「っ!?」スッ! ←提督の手を離す


バチンッッ!(ビンタ音)


提督「はううっ!?」


おしまい
305:◆01jT186BxI:2017/04/18(火) 15:35:01.91 ID:n3C/z1tuo
以上で終了です。最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。

『構ってー!』の村雨と『構わないで…』の山風をメインにしたお話でした。
時間は掛かりましたが、最後まで楽しく書けて良かったです。

依頼出しておきます。
お奨め記事

“【艦これ】提督「俺は山風に嫌われているかもしれない…」” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    山風のお父さんになりたかった。
    ただそれだけの人生だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告