記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:29:35.29 ID:6kK4Zp8Lo
P「なぁ、今ちょっと良いか?」

響「…うん?」

響「…自分?」

P「そうそう」

響「……」

響「良いけど…」

P「ん?どうした?」

P「歯切れが悪いけど…忙しかったか?」

響「そういうわけじゃなくて…」

響「うー…なんて言えばいいのかなー…」

響「プロデューサー、なんかいつもと違う感じがするというか…」

響「モヤモヤってするっ!」

P「……」

P「(俺もその気持ちわかるぞ、響)」

P「(お前の名前を呼ばずに会話してる自分にモヤモヤする)」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:30:53.94 ID:6kK4Zp8Lo
響「なんというか…やだっ!」

P「やだって酷いな…」

響「う、ご、ごめん…」

響「うー……」

響「だってぇ…」

P「…俺、お前に何かしたか?」

響「してない…と思う…」

響「なんなんだろう、これ…」

響「なぁ…プロデューサー…?」

P「うん?」

響「じ、自分…どこかおかしくなっちゃったのかな…!?」

響「プロデューサーに呼ばれてから、ずっとよくわかんないモヤモヤが消えないんだよ…」

響「こんなの…どうしたらいいかわかんない…」

P「……」

P「(やばい…今にも響が泣きそうだ…)」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:31:50.99 ID:6kK4Zp8Lo
響「うぅ…」

P「……」

P「…なぁ、響?」

響「…なぁに?」

響「……」

響「…あれっ?」

P「ん?」

響「なんか今、モヤモヤが無くなったような…」

P「お前の勘違いだったんじゃないのか?」

響「むっ!そんなこと…!」

響「……」

響「…あ、またモヤっときた」

P「響」

響「お、スッキリ!」

P「コロコロ変わるなお前」

響「モヤっ…」

P「(面白い)」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:32:48.31 ID:6kK4Zp8Lo
響「…あっ」

P「お、今度はどうした?」

響「ところでプロデューサーは自分になんの用だったの?」

P「あぁ、大したことではないんだ」

P「ちょっと響の声が聞きたくなっただけでな」

響「それだけ?」

P「それだけ」

響「……」

響「…えっへへー♪」

響「しょうがないから寂しんぼのプロデューサーの相手を自分がしてあげるっ!」

響「なんせ自分は完璧だからなっ!」

P「ところでお前、モヤモヤ治ったのか?」

響「またモヤってきたぞ…」

P「(お詫びにあとで頭でも撫でてやろう)」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:33:59.05 ID:6kK4Zp8Lo
別の日

ガチャ…

伊織「お疲れさま」

P「おう、お疲れ」

伊織「あれ?アンタだけなの?小鳥すらいないじゃない」

P「音無さんだったら仮眠室で寝てるぞ」

P「寝不足なんだってさ」

伊織「…寝不足な理由はどうせしょーもない理由でしょうね」

P「ははっ、違いないな」

P「まぁ、座ってろよ」

P「今、飲み物でも入れてくるから」

伊織「あら、気が利くじゃないの」

伊織「この伊織ちゃんが一度だけ認めただけはあるじゃないっ♪」

P「お、今日はやけに素直な…」

P「…一度だけ?」

伊織「にひひっ♪細かいことは気にしないの♪」

P「全くお前は…」

伊織「……」

伊織「…えっと」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:34:45.72 ID:6kK4Zp8Lo
P「ん?オレンジジュースでいいんだよな?」

P「それとも他に何か飲みたいものでもあったか?」

伊織「べ、別に飲み物はなんでもいいの…」

伊織「その…」

P「…?」

P「どうした?珍しく歯切れが悪いな?」

伊織「……」

P「…言いづらいことなら無理に言わなくていいぞ」

P「とは言っても、俺はプロデューサーとか関係無しにお前の問題に向き合ってやりたいんだが…」

伊織「プロデューサー…」

P「…って、すまん」

P「こんなこと言ったら逆にプレッシャーになっちゃうよな…」

伊織「そ、そんなことないわよっ!」

伊織「むしろ…ありがとう…」

P「…素直過ぎて偽物に見えてきた」

伊織「はったおすわよ?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:35:44.81 ID:6kK4Zp8Lo
伊織「全く…アンタって人は…」

P「すまんすまん」

P「とりあえず、まずはなにか飲むか?」

伊織「そうしようかしら…」

伊織「いやでも…」

P「……」

P「…伊織?」

伊織「……」

P「……」

P「(あれ?)」

伊織「…私から言ったら負けだと思ってるんだけど?」

P「…なにが?」

伊織「なにが?じゃないわよっ!!」

P「!?」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:36:50.45 ID:6kK4Zp8Lo
伊織「今、私の中にあるこのモヤモヤ…」

伊織「アンタにはわかってるでしょ!?」

P「い、伊織…少し落ち着けって…」

伊織「違うっ!」

P「!?」

ガチャ…

美希「…あれ?ハニーとでこちゃんだけなの?」

伊織「でこちゃん言うなっ!!」

美希「!?」

P「そんな怒鳴って言ってやるなって…」

P「美希がかわいそうだろ?」

伊織「だってぇ…!!」

伊織「せっかく…せっかくアンタと二人きりなのに…!!」

P「……」

P「…!!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:37:52.38 ID:6kK4Zp8Lo
P「そっか…そうだよな…」

P「こうやって二人で話すのって久々だもんな…」

伊織「…そうよ」

伊織「私が…どれだけ…」

美希「……」

美希「…はっ!?」

美希「なんかハニーとでこちゃんが良い雰囲気!」

美希「でこちゃんの大声にビックリしてる場合じゃなかったのっ!」

美希「ダメなの!ミキというものがありながら…!!」

P「ごめんな」

伊織「……」

伊織「やっとわかったみたいね…」

伊織「本当にアンタはもう…」

美希「浮気は…!!」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:39:06.59 ID:6kK4Zp8Lo
P「いおりん」

伊織「いおりん言わないの♪」

P「こっちかぁ」

伊織「当たり前じゃないの」

美希「あ、これ勝てない世界線なの」

響「つまりどういうことなんだ?」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 04:39:43.23 ID:6kK4Zp8Lo
おわり
久々に言わせたかった
ただそれだけなの

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/11(火) 06:03:39.57 ID:Jygpo76/0
乙乙
お奨め記事
4月15日 18時01分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告