記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:00:39.08 ID:eD/svhPx0


ツチノコ「いきなり声かけんな! びっくりするだろうが!」

かばん「えっ? あ、ごめんなさい」


かばん「って、そうじゃなくて。なんでツチノコさん」



かばん「ぼくのシャツに頭を突っ込んでるんですか?」

ツチノコ「……」スッポリ

かばん「……」





ツチノコ「落ち着くんだよぉ゛おお!!」

かばん「出てって」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:01:58.28 ID:eD/svhPx0


ツチノコ「まぁ、そう言うなって……もう少しだけ」

かばん「えぇ……」



チロッ チロッ

かばん「んっ……ちょ、ツチノコさん、おへそ、んっ、なめないでください」

ツチノコ「あ、あぁ、悪い……動物だったときの、癖でな。つい舌が」


チロチロッ ペローッ

かばん「ぁはっ、ん……ツチノコさんっ!」

ツチノコ「悪い悪い、ついつい、ついついな」ペロペロペロペロ

かばん「やっひゃ! あぁっぅ! ひゃめっひゃめてくらさいぃ!」

ツチノコ「お前、感じやすいな……なんの動物なんだ……?」

かばん「だ、だからっ……ひとですって、ば」

ツチノコ「ほんとにそうかぁ?」シュルッ

かばん「え……へ? やっ! なんで服っやめ」

ツチノコ「オレが確かめてやるよ……全身……くまなく調べて……なんの、ん、動物か」チュッ

かばん「やっひゃぁ! おへそにちゅーしないでっ……ツチノコさっ……ツチノコさぁん!」

ツチノコ「はぁっ、はぁっ、かばんっ……かばんっ」ペロッチュパッ

かばん「だめっ! そこはっぁ! おねがっぁ、さ、サーバルちゃ、たす、たすけっ」

ツチノコ「サーバル? あぁ、あいつなら……ほら」

かばん「えっ……」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:03:06.41 ID:eD/svhPx0


スナネコ「おぉー……ほんとに脱げる」グイグイーッ

サーバル「もー! なんでわたしを脱がすの! じぶんので確かめてよーっ!」

スナネコ「……ここはどうなってるのでしょうか」グイッ

サーバル「ちょっ! やだ! そこやだ!!」

スナネコ「おぉー……なるほど」

サーバル「…………みないで……みないでよ」

スナネコ「……ここの中はどうなっているのでしょうか」

サーバル「みゃっ!? だ、だめっ!! それは」

ツプッ

サーバル「んみゃぁあっ! あっ! あっあっあ!」

スナネコ「おぉー……すごい反応」

サーバル「ぁひっ、ぁ、スナネコ、やめて……」


スナネコ「すごい、すごいですね……!」

サーバル「みゃっ! みゃぁっ! あぁあ! うぅうっ……! もう、もうだめっ……なにか、なにかくるよっ……! ぅみゃ、みゃ……うみゃぁあっ」




スナネコ「ふぅ、まんぞく……」

サーバル「ここでぇ!?」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:04:32.92 ID:eD/svhPx0


サーバル「ねぇ……スナネコ……」

スナネコ「なんですか……」スルー

サーバル「冷めないでよ……ねぇ」

スナネコ「サーバルは、やめてほしかったのでは?」

サーバル「そ、そうだけど……でも、……そうだけど、ここまでしといてっ」

スナネコ「サーバル、……ほんとはしてほしかったのですかぁ?」

サーバル「ち、ちがうよっ!」

スナネコ「ほんとですかぁ?」

サーバル「うー……もうっ! えいっ!」ガバッ

スナネコ「わっ」

サーバル「うみゃ、うみゃ」スリスリ

スナネコ「サーバル……あつい。すりつけないで」

サーバル「みゃっ、みゃっみゃっ」グリグリ

スナネコ「うっ…………足をからませられて……にげられな…………ぅ、あっ」

サーバル「スナネコ…………かわいい……かわいいよ……もっと声聞かせて……」

スナネコ「……ぁ、……んっ…………サー、バル……」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:05:43.79 ID:eD/svhPx0


かばん「あわ、あわわわわ……さ、サーバルちゃん」

ツチノコ「ほら……オレたちも」

かばん「やっ、やだ! ぼく、スナネコさんみたいになりたく、な」

ツチノコ「ネコってより、ありゃマグロだけどな」

かばん「えっ??」

ツチノコ「ど、どーでもいーんだよ! そんなことはっ! ほらっ! やるぞっ!」

ピシッ

かばん「いたっ!」

ツチノコ「あっ、わ、悪い。興奮してしっぽが……今のはわざとじゃないぞ!?」

かばん「……うぅ、いたい」ジワッ

ツチノコ「…………」



ピシッ

かばん「ぁうっ!?」


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:07:10.88 ID:eD/svhPx0


ピシッ ピシッ

かばん「あぁ! いたい! いたいです! やめっ」

ピシッ ペシンッ!

かばん「あぅう! なんでっ、ぁ、なんっ、でぇ!」グスッ

ツチノコ「はぁ、はぁ……」

かばん「ツチノコさんっ、やだ、やめてくださっ……ぃ、いたいのは、や、やだ」

ツチノコ「……じゃあ」


ツチノコ「やさしくするなら、いいか……?」

かばん「へっ……?」


ツチノコ「オレの、しっぽをさ……」

ググッ

かばん「!!? やっ、やっや!! だめ!! だめです!! あっ」





サーバル「うみゃーーっ!!」ドガッ

ツチノコ「うう゛ぁあ!!?」ドサッ


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:08:03.28 ID:eD/svhPx0


かばん「さ、サーバルちゃん……? もしかして、助けに」

サーバル「えへへ、わたしもまぜてーっ」

かばん「……サーバルちゃん」

ツチノコ「お前はっ、いらん!!」

サーバル「そんなこと言わないでよー! ツチノコー!」グイイ

ツチノコ「なっ、おま、なにすんっ……はなせっ!!」ジタバタ

サーバル「いまだよスナネコ!」

ツチノコ「!?」




スナネコ「掘りますか?」

ツチノコ「!!??!?」


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:09:13.55 ID:eD/svhPx0


ツチノコ「や゛めろぉっ!!」

スナネコ「ふんふふんふ、ふんふふんふ、ふんふふんふーん」

ツチノコ「のわ゛ぁああああ!! 掘るのはムリっ! ムリだから゛ぁ!!」

スナネコ「ふんふふんふ、ふんふふんふ」

ツチノコ「こんにゃろ゛っ! やめっやめ゛っお゛っ」


サーバル「かばんちゃん、無事?」

かばん「う、うん。……けど、あれいいのかな」

サーバル「いいのいいの! ツチノコがいけないんだよ。それに、スナネコはすぐ飽きるから!」

かばん「だといいけど……」

サーバル「それより……かばんちゃん」ギュッ

かばん「あっ、サーバルちゃん……うん」




スナネコ「ツチノコの声……たのしいですね……!」

ツチノコ「お゛っお゛っお゛っ!!」







お゛わりだよっ!!! 見れば分かるだろっ!!!! ヴォレー!!



9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:12:18.59 ID:eD/svhPx0



アライグマ「……フェネック」

フェネック「? どうしたんだい? アライさーん」

アライグマ「フェネックに、ききたいことがあるのだ」

フェネック「いつになく真剣な顔だねー。アライさんらしくもない」

アライグマ「アライさんはいつでも大真面目なのだ!」

フェネック「わかってるってー。それで、なにをききたいのかなー」

アライグマ「フェネックは……フェネックは…………」




アライグマ「レズなのだ!?」

フェネック「………………」


10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:13:23.23 ID:eD/svhPx0


フェネック「えっ……とー……。どうして、そんなことを」

アライグマ「みんなが、フェネックのこと、レズだレズだって……アライさん、なんどもちがうって言ってるのだ。なのにみんな……」

フェネック「あー……アライさん。それはわるかったねー。ごめーんよー」ナデ

アライグマ「フェネックがあやまること、ないのだっ……フェネックは、わるく、ないのだ」

フェネック「それで、あんまりみんなが言うもんだからー、アライさんも不安になっちゃった。ってことかなー」

アライグマ「……ごめんなのだ。でも、もういいのだ。フェネックの顔を見たら、そんなことないって、分かったのだ!」

フェネック「…………」


11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:14:14.81 ID:eD/svhPx0


アライグマ「……でも」

フェネック「?」

アライグマ「もし、……もしも、フェネックが」

フェネック「……」

アライグマ「レズだったとしても!! アライさんは、トモダチなのだ! フェネックのこと、きらいになったりしないのだ!!」

フェネック「それは……どうもどうも……」

アライグマ「だから…………」



アライグマ「もし、がまんしてるなら…………そんなの、いいのだ」

フェネック「………………えっ?」

アライグマ「アライさんは……フェネックになら、なにされても……いいのだ」

フェネック「っ…………」

アライグマ「アライさんのこと……フェネックのすきにしていいのだ。……フェネックがまんぞくできるなら…………それが、アライさんにもまんぞくなのだ! だからっ……だから」

フェネック「……」



フェネック「………………………………」






12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:15:14.92 ID:eD/svhPx0


ギュッ

アライグマ「……フェネック?」

フェネック「大丈夫だよー。私は今のままで、満足してるからさー」

アライグマ「フェネック……」

フェネック「そこまで心配かけてたなんて……ほんとーに、ごめんね……」

アライグマ「……いいのだ。これで」



アライグマ「これでフェネックがレズでないと、しょうめいできたのだ!」

フェネック「えっ」

アライグマ「さっそくみんなに、もう一度はっきり伝えてくるのだ! みんなはアライさんがさそったら絶対おそってくるって言ってたけど、そんなことなかったって! じゃあ!」

ダッ


ギリィイッ

アライグマ「いたぁあぃ!! いたいいたい!! しっ、しっぽいたいのだぁ!! フェネックぅ!!? な、なんでアライさんのしっぽ、おもっきし掴んでるのだぁ! やめるのだぁ!! フェネックぅ!!」

フェネック「アライさぁん…………わたしを、ためしたの…………?」

アライグマ「ひっ……!? ふぇ、フェネック……? 目が、こわ」

フェネック「ねぇ、……アラぁイさぁーん…………」

アライグマ「ひぃいい!! やめっ、や、やめるのっ」






ダァアッーーーーーーーーーーー!!!









お゛しりだよ!!! 見れば分かるだろ!!! コンニャローーー!!



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:16:34.52 ID:eD/svhPx0


PPP「ぺぱぷ予告!!」


フルル「今週は、貝合わせについて予習しよーう」

イワビー「ちょっ、それはさすがにっ!!」

フルル「わたしたちも、やってみよーかー」

イワビー「だ、だめだめ!! だめだろ!!? オレたち、アイドルなんだぞ!? そんなやらしーことっ」

フルル「むかーしのあそびで、貝がらをいっぱい並べて、合う貝を選ぶ、しんけーすいじゃくみたいなもの。だって」

イワビー「あっ……」

プリンセス「……」

コウテイ「……」

ジェーン「……」

イワビー「なんか言えよぉおおーーーー!!!!」

フルル「貝おいしーよねー」





次回、ゆりらんこう


15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:41:44.93 ID:4OXczq/+o
どうみても健全
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/09(日) 22:56:04.24 ID:0bxw1iOeo
やったぜ。
お奨め記事
タグ:
4月10日 18時01分|けものフレンズ0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告