記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/24(金) 21:11:59.76 ID:TIgoB8yh0


酒保とは軍隊の駐屯地、施設、艦船内等に設けられ、


主に軍人、軍属を対象に主として日用品や嗜好品を安価にて提供する売店のことである。


また、売店によっては飲食施設も併設する場合もある。




明石「明石の酒保へようこそ!」




誰もが聞いたことがあるこの台詞。


日々深海棲艦達と戦う艦娘達の為に酒保を運営する彼女。


今回はその彼女の工廠とは別のもう一つの城である酒保を覗いていきたい。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/24(金) 21:13:07.21 ID:TIgoB8yh0



横須賀艦隊司令部司令長官室



男「元帥、お呼びでしょうか?」


元帥「あぁ、急な呼び出しですまないね。色々考えたがやはり君が適任だと思ってね。」


元帥「前回の監査はどこも問題がなくて良かったよ。」


元帥「それに書類も読みやすくまとまっていたしね。でだ、そんな君を見込んで話がある。」


男「ありがとうございます。それで、話とは?」


元帥「これを見てくれ。」



ザッ。 バサバサ。



元帥「率直な意見を求む。」


男「はっ。失礼ですが元帥、そういう趣味が?」


元帥「どうしてそうなる。」


男「駆逐艦娘の制服を大量に見せられてどう思うと聞かれましても・・・。」


元帥「なるほど、確かに私が悪かった。手にとって少しじっくり見てくれないか?」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/24(金) 21:15:18.05 ID:TIgoB8yh0


手に取り色々チエック。


元帥「改めて聞こう。どう思う?」


男「元帥、イメクラにでも入り浸られていらっしゃる?」


元帥「おおぃ!」


男「手にとってチェックしたのですがサイズが駆逐艦娘のそれより大きいです。」


元帥「うむ。」


男「何より陽炎型の幼児体型の雪風、時津風、谷風の制服にも関わらず胸の所が大きめに作られている。」


元帥「なるほど。」


男「また、デザインがより可愛らしく作り直されています」


元帥「確かに。」


男「以上のことから元帥が誰かへ着せるために作らせたのかと。」


元帥「なるほど、だから私が他人に着せていると考えた。」


元帥「話が進まないな。大淀、すまないが彼に説明を。」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/24(金) 21:17:30.85 ID:TIgoB8yh0


大淀「はい。了解いたしました。」


大淀「そちらの制服はとある鎮守府の酒保施設で販売されていたものでして。」


大淀「その鎮守府の提督の気を引く為に艦娘達が購入していたようなんです。」


男「はぁ。」


元帥「着るだけならまぁ、個人的な趣向の部分で大目に見なくもないのだがな。」


元帥「戦艦が駆逐艦と言い張り他所の鎮守府との演習に出張ってくるなどとなると捨て置けなくてな。」


男「敵相手ならルート固定などで問題ないのでは?」


元帥「と思うだろ?その制服なあくまでレプリカなんだ。だからそれを着て出撃してダメージ受けると。」


男「なんとうらやまけしからん。(最高じゃないですか!)」


元帥「おい、どっちも本音が出ているぞ君。」


男「しっ、失礼しました。」


元帥「気持ちは分からんでもないが。その制服が出回って被害が増えるような事は困る。」


男「だから製造販売元を抑えたと。」


元帥「そういう事だ。それで、君には他に今回の様ないかがわしい物を販売している酒保施設がないか調査してきてもらいたい。」


元帥「これが身分証と逮捕、拘留に関する書類。必要とあれば陸軍の憲兵も動かしてくれて構わない。」


男「了解しました!男、鎮守府酒保施設の調査、行ってまいります!」


元帥「うむ。宜しく頼む。」


こうして男の調査が開始された。




男「あっ、元帥お土産は要りますか?」


元帥「あっ、寅屋の羊羹よろしくねー。」


男「了解致しました!」


11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 20:59:24.30 ID:mvNwwEgs0



『 調査報告書 1枚目 変Tあります! 』



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:00:36.08 ID:mvNwwEgs0


男「こんにちはー。」


明石「あっ、お疲れ様です?ええっと艦隊司令部の方ですか?」


男「えぇい!ひかえぇい!某は艦隊司令部所属の監査官であーる!この身分証が目にはいらぬかぁ!」デデーン!


男は身分証を印籠の如く取り出した!


提督以外に軍人が来るという事は何かあるということなのだ!


その身分証の破壊力は抜群だ!


明石「ははぁーーーー。」ドゲザー


男「ありがとうございます。ノリいいですね。」ドウモドウモ


明石「関西人気質な艦娘が多いですから。ノリ、ツッコミは大事ですよ。」エッヘン


男「なるほど。素晴しいですね。」アクシュ


明石「それで、本日はどういった御用ですか?」アクシュ


男「えぇっと、とりあえず抜き打ちで酒保の取り扱い商品のチエックですね。」


男「ちょっと店内を見させていただきますね。」


明石「どうぞ、どうぞ。」


13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:03:33.83 ID:mvNwwEgs0


店内を見回す。


鎮守府の規模としては中堅所。


広さとしてはコンビニより大きくスーパーより小さいくらい。


男「あっ、バスクリンが充実してますね。」


明石「えぇ、そこは全明石の酒保、品揃えは充実させてますよ。」


明石に『 当たり前だろ、何言ってんだこいつ 』という顔をされる。


男(むぅ。常識だったのか・・・・。)


男「こちらは・・・、服なんかも取り扱いがある。」


明石「しょっちゅう街に買い物へ出かけられる訳ではないですからね。」


男「最近服飾メーカーさんとコラボも有りましたし。やはり日用的なTシャツとか有るとありがたいですもんね。」


明石「私的にはワー○マンの方がいいんですけれどね。」


男「ん。Tシャツに文字が書いてある。」


男がTシャツを広げたそこには全面に江戸文字、勘亭流フォントででかでかと文字が書いてあった。


14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:05:47.56 ID:mvNwwEgs0


『 まな板 』


男「んふ(笑)」


『 サーフボード 』


男「んふふふ(笑)」


『 水平線(地平線) 』


男「これ、丁度胸の辺りにプリントしてあるって(笑)」


明石「ばれましたか(笑)」


男「これ、大丈夫なの?(笑)」


明石「えぇ。問題なく(笑)浜風さんや浦風さん、長波さんに潮さん、照月さんといった方々に特に愛用いただいでいます。」


男(爆笑中)


続けて取り出したTシャツにはヘタウマフォント。


さながら日本語を覚えたての外国人が書いたような文字がプリントされていた。




16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:09:59.35 ID:mvNwwEgs0


『 爆乳 』『 皿丸 』『 戦争嫌 』


『 鉄血宰相 』『 長靴 』『 休日 』


男「これは何を意味してるんだろ?」


男「これはもしや!」


男「というか、BBSって Big Bast Ship 違う(笑)」


明石「まぁまぁ、お察しの通り海外艦娘の名前ですよ。」


龍驤「あっ、ちょっち邪魔するでー。」カンニンヤデー


龍驤「あったあった。探しとったんよ。いやー再入荷したんやねー。」


つ 『 爆乳 』の変T


明石「お買いあげありがとうございます!」


龍驤「ほなねー。」バイバイ


男「ちょっと、笑い殺しに来てない?」


明石「結構変Tは売れるんですよ。海外艦の方が特に好まれますね。」


男「なるほどねー。確かに海外の人ってよく分からない日本語Tシャツ着てるもんね。」


納得をした男は更なる笑いを求めてTシャツを広げる。


そこに出てきたのは毛筆体、それも力を感じる太く荒々しいフォントでプリントされたTシャツだった。


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:17:07.34 ID:mvNwwEgs0


男「これは・・・。」


『 あぶぅくま 』『 阿武隅 』


『 危球磨 』『 虻隅 』


明石「変くまTシャツですね。」


男「微妙におしい感じで間違ってる。」


男「それにある意味正解もあるような?」


明石「そこが人気なんですよ。特に駆逐艦の娘達に人気なんですよ?」


男「あー、あの娘、なんだかんだで人気ですよねー。」


『 A Book Mark 』


男「ただのしおりやないかーい。」


明石「こんなのもあります。」


『 安武くま 』


男「野球が巧そうですね。」


明石「夕雲型の藤波さんお気に入りの様です。」


男「なかなか品揃えが充実していますね。」


明石「ユ○クロにも負けてませんよ!」フンス


そして、男の目はTシャツコーナーにて一際、異彩を放つコーナーへと向けられた。


その売り場に並べられていたTシャツは龍神書体。


そう、武田信玄の旗印『 風林火山 』を書くような。


そんな流れるような筆遣いにも関わらず漢らしい力強さを感じるフォントでプリントがされていた。


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:20:22.75 ID:mvNwwEgs0


『 夜戦主砲カットイン! 』『 主砲、仰角最大 』


『 主砲 次発、装填済み 』『 被弾!弾着確認! 』


『 鹿島 夜戦練習航海へ抜錨! 』『 ベッドウェー海戦 開戦! 』


男「これ、そういう目で見ると危険な意味じゃないですか?名前入っているし。」


明石「それは、とある同人作家先生の委託販売なんで。」メソラシ


明石「というかその名前の部分は開いてる状態で販売してるんで購入された方が自分の名前を入れられてるみたいですよ。」


男「あっ、これは見本品なんですね。」


明石「そうですよ。」


男「自分の名前を入れてアピールと・・、こちらの提督さん大変ですね。」


明石「まむしドリンクもあります。」ドヤァ


男「あるんかい。」


男「品揃え的には、そう問題はなさそうですね。」


男「後は仕入伝票と、納品、それから売り上げ帳簿のチエックで査察は終了しますんで協力をお願いしますね。」


明石「はい。こちらこそ!」


こうして、問題は特に見当たらず、変Tを数枚と寅屋の羊羹を元帥へのお土産として男は帰還した。


男「無難な所でいいかなぁ。」


『 I Love 狼 』『 Yes!夜戦主義 』『 漢は皆 大艦巨砲 』


男「こんなもんですかね。」


19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/26(日) 21:24:15.14 ID:mvNwwEgs0


後日


男「お疲れ様です。先日の査察の最終報告書をお持ちしました。」


元帥「あぁ・・、ご苦労さま・・。」カサカサ


足柄「あら、男さん、お疲れ様。私は席を外したほうがよさそうね。」ツヤツヤ


男「うぉっ、まぶし。」


バタン。


元帥「お土産のTシャツありがとうねぇ。なかなか良い生地使ってるみたいでいい肌触りだよー。」キノヌケタコエ


男「はっ、お褒めの言葉、ありがとうございます!」


男「ところで、今日の秘書艦の足柄さん、cond値振り切ってますね。何かいいことあったのでしょうか?」


元帥「あぁ、うん。昨夜ねー・・。」カサカサ


元帥「ところで、先日の鎮守府では『 まむしドリンク 』の取り扱いがあったって中間報告書に有ったけれど、


   取り寄せ頼めるかな。」カサカサ


男「はっ、了解いたしました!」


まむしドリンクが来るまでの間、元帥はしばらくミイラの様であったという。


そして、その代わりに多くの艦娘がまるで後光が射しているかのようにキラキラ状態だったそうである。


男「なんでだろうね?」


27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:01:41.03 ID:T+q7Gtsy0


『 調査報告書 2枚目 スイーツはお好きですか!? 』


28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:02:53.46 ID:T+q7Gtsy0


男「えーっと、今日はここかな。」


男「結構大きめの鎮守府だな。」


男「こんにちはー。」


提督「はい、どちら様でしょうか?」


男「こういう者でして。」サッ


つ 名刺


提督「あっ、これはどうも。」サッ


つ 名刺


社会人たるもの名刺交換は大事!


古事記にもそう書いてある!


しばし事情説明。


提督「それで各地の酒保施設の調査ですか。大変ですね。」


男「そうなんですよ。こちらの酒保を見させていただきますね。」


提督「あっ、でしたら御一緒しましょう。」


29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:03:59.74 ID:T+q7Gtsy0


『 鎮守府パーラー 間宮&明石 』


男「喫茶店?」


提督「あっ、うちの酒保施設は間宮と併設でして。」


提督「というか、資材とかあんまり買わないもんだから軽食施設の方が主体になってますね。」


男「へぇ。そうなんですね。」ホゥ


提督と男、二人が仲良く店内に入る。


30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:05:44.21 ID:T+q7Gtsy0


店内に流れる音楽はシンフォニックジャズ。


ワルツの様な軽快さにジャズの様な即興感をプラス。


店内のアンニュイな昼下がりを一転させる、そんな雰囲気を与えていた。


店内に漂う香は砂糖の甘い香気、洋菓子に使うラム酒の馥郁とした香。


ケーキの上に載った果物達の自然の芳香。


クリーム等の乳製品達の爽やかなかつ芳醇な香。


香りと言う香が店内を満たしていた。


しかし、決して不快になるような香ではなく寧ろずっと居たい、そう思わせる香であった。


男「子供の頃にこずかいを握り締めてどのケーキを買うか迷っていた頃を思い出すなぁ。」ウットリ


提督「ほう、監察官さんは駄菓子ではなく洋菓子がお好きでしたか。」


まるで女子高生の如く洋菓子をきゃぁきゃぁ言いながら選ぶおっさん二人。


その光景がシュールであるのは言うまでもない。


31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:08:24.10 ID:T+q7Gtsy0


明石「お客様、商品お決まりになりましたか?」ヒョコ


そう言いながら顔を見せたのは明石だった。


マーベラス。


何がマーベラスかって?そりゃ決まってる。


明石さんがメイド服なのだ。


いいか?私は声を大にして言いたい。駆逐艦漣のメイド服はエセだ。


異論は認めよう。


しかし、メイド服の本当の良さ、メイドの歴史的背景を知っていればあの様な服はセウトなのだ。(セーフとアウトの中間)


メイド服の本当のよさを知る者たる紳士ならば、メイド服。


否!メイドの基本衣装は是非抑えていただきたい。


提督「ヘッドドレス、エプロン、ワンピース、ペチコート、ドロワーズ、ですな。」


男 !


男(この提督、出来る!)


そうなのだ、明石さんの服装はその基本を抑えているのだ。


さらに身長とその体型を最大限に生かしたデザイン。


そして、極め付けが下の方から僅かに見えるペチコートとスカート、エプロン。


この洋菓子のミルフィーユの様に折り重なりふわふわとした様。


まさに服下の黄金率のなのだ。


男(すばらしい。みせない事へのエロチィシズムを理解しているとは。)


提督「私がデザインしているんですよ。」


男 !


提督「店舗奥の方で予備衣装も取り扱っていますよ。」


男「ディモールト。」


男は提督と紳士としての固い握手を交わした。


32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:09:14.33 ID:T+q7Gtsy0


明石「あの注文・・・・。」ヤレヤレ


男「あっ、すみません。えっと、このストロベリームースタルトとストロベリーショコラフロートを。」アッハイ


提督「クレーム・ブリュレ、ストロベリー間宮アイス添えとエスプレッソ、豆はコロンビアで。」


男「なんだか通な頼み方されてますね。」


提督「うちの間宮さんは艦娘になる前は資○堂パーラーでパテシェールやってたとかで洋菓子は絶品ですよ。」


明石「お待たせしました。」


男「おぉ、もう見た目からすごい。」


男はメイド姿の明石が持ってきたタルトを切り分け一口、口に運ぶ。


33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:11:19.07 ID:T+q7Gtsy0


男「・・・・・・・・。」


男「うぉぉおおおおおーーーーーー!!」ガタ!


間宮「どっ、どうされました!?」←余りにも騒がしかったので厨房から出てこられました。


明石「あれ?お口に合いませんでしたか?」


男「う☆ま☆い☆ぞぉーーーーーーーーー!」


男「このタルト生地のサクサク感。一口齧る毎にサクリ、そして舌のうえでほろりと崩れる絶妙な食感。」


男「そして、このタルト生地の上に乗るムース。」


男「選び抜かれた新鮮な苺を使用している事は間違いなく、引き立てるムースのふんわり感。」


男「例えるならば乙女の柔肌の如き触ればプルンとしたような。」


男「否!触れば割れるシャボンのような。」


男「そう、これ以上固くなるとババロアになってしまう一歩手前で踏みとどまるこのギリギリのふわふわ食感。」


男「更に驚くは生クリームをふんだんに使用しているにも関わらず


  クリームの味に隠れてしまうことなく苺の味が濃厚にするという事・・・。」


男「まさか!」バッ


間宮「えぇ、そのまさかです。」ニコ


間宮「味のアクセントにかなり大量の苺を利用したソースをいれています。」ドヤァ


男「いったい、このタルト1片にどれだけの苺が使用されているというのだ・・・。」驚愕


男「切り分けた際の見た目も計算し尽されたこの表面の苺の配置。」


男「本当に美味しいです。ありがとうございます。」ペコリ


間宮「お褒めに預かり光栄です。」ペコリ


提督「すばらしいグルメリポートですね。味皇様を思い出したですよ。」アキレ


男「古い例えだなぁ。」


明石「ぶっちゃけ、こっちのお菓子がメインなんですよねー。」


男「まぁ、仕方ないですよ。これだけ美味しいと。」モグモグ


男が注文のタルトに舌鼓をうっていると新しい客が店内に入ってくるのが見えた。

34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:13:09.12 ID:T+q7Gtsy0


カラン


明石「いらっしゃいませー。」キラッ☆ 営業スマイル


秋月「うわぁー・・、すごい沢山のケーキがいっぱい・・・。」


照月「秋月姉、見とれてないで席につかなくっちゃ!」


初月「香だけでごはん3杯はいけそうだ・・・・。」


男 ブハッ ←飲み物吹きました


男(まさか、初利用なのか!?)


男は姉妹の会話に聞き耳を立てる。


秋月「さっ、照月に初月、好きなのを選びなさい。」


照月「秋月姉はいいの?」


秋月「私はいいです。二人の好きなのを選んでください。」


初月「姉さん、僕らが先に・・・、いや、僕達だけ注文するなんて出来ないよ。」


なんということでしょう!


秋月三姉妹は長女が我慢して妹二人に奢ってあげようとしているようなのです!


35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:14:13.70 ID:T+q7Gtsy0


男 (´;ω;`) (目頭押さえています)


男はそっと手を挙げ、明石を呼んだ。


明石「どうされました?」


男「こちらのメニューの端から端まで一人一つずつ、あちらのお嬢さん方へ・・・。」


男性ならば一生の内に一度は言ってみたい言葉。


『 あちらのお嬢さんへ 』を男は唱えた。


結果、秋月姉妹の座る席には大量の洋菓子が並ぶことになる。


秋月「こんなに私達頼んでいませんよ!?」


明石「あちらのお客様からです。」指さし


この台詞 『 あちらのお客様からです 』も何気に店員の立場での言ってみたい言葉に入ったりする。


秋月「えっ、司令の横にいらっしゃる方ですか?」


男 にこやかに手を振っている。


男「お腹いっぱい食べなさい。」ウンウン


照月「うわぁ、ありがと、ありがとー。」キラキラ


初月「すまない。ありがたくいただく。」キラキラ


こうして、男は姉妹が幸せそうに洋菓子を平らげるのを見届けたのだった。


36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:16:23.43 ID:T+q7Gtsy0


提督「その『 あちらのお嬢さんに 』って格好いいですねぇ。」


提督「私も試して・・・。」


赤城「あら、提督。御馳走いただけるんですか?」ウキウキ


加賀「流石に気分が高揚します。」キラキラ


武蔵「ほう、いいのか?いただこう。」ムフゥー


大和「提督、ありがとうございます。」キラキラ


男「・・・・・、ご愁傷様です。」ナムナム


提督の財布は撃沈した。合掌。



37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:18:54.86 ID:T+q7Gtsy0


因みに、男が元帥へのお土産として選んだ商品はというと?


男「常温で『 飲めるチョコレート 』ですか。珍しいですね。」ヘー


明石「あっ、結構人気ですね。人肌温度でとろっとろになりますんで。」ウレスジデス


男「へぇ、すごいですねー。これにしとくか。」ホーン


男「あっ、そうそう、明石さんが着用されてるのと同じの一式いただけますか?」


メイド服も購入したようだ。

38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/29(水) 21:19:55.60 ID:T+q7Gtsy0


後日


男「失礼します。元帥、最終報告書をお持ちしました。」


金剛「ヘーイ、男、今日の私どうですネー。」キラキラ


元帥 ゲッソリ


男「流石がイギリスからの帰国子女金剛さん。着こなしも見事です。」


男「とても素晴しい。」グッドb


金剛「男ならそう言ってくれると思ってたネー。」キラキラ


金剛「元帥のハートも体もバーニングだったヨー!」キラキラ


金剛「スウィートでビターなチョコ、元帥も喜んでくれたネー。」キラキラ


金剛「これからも使いたいから先日のチョコの取り寄せお願いネ!」キラキラ


男「? はぁ、分かりました。」


金剛「じゃぁ、元帥。私は席を外すネー!」キラキラ


そう言って部屋を出て行く金剛。


男の横を通りすぎた際の残り香はチョコレートのスゥイートでビターな香だったと男は後に思い返す。


元帥「なぁ、男よ・・・・。チョコレートは古代ローマから媚薬としての歴史があるそうだよ。」ゲッソリ


男「はぁ。 ? 」


元帥「うん、君には関係なかったね・・・・。」ゲッソリ


元帥「次回も宜しくね・・・。」ゲッソリ


男「はっ、了解いたしました!」


暫くの間、艦隊司令部内においてメイド服がなぜか流行したのは内緒の話である。


艦隊司令部はやっぱり今日も平和です。


男「そういや、秋月型三姉妹からお礼に艤装に使っているスカーフ貰ったんだよねぇ。額縁にいれて飾っておくか。」


45:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:33:18.08 ID:WOJYbg8n0


『 調査報告書 3枚目 艦娘オリジナルグッズ等あります! 』


46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:34:01.17 ID:WOJYbg8n0


男「今日の訪問先は特例として一般の方の利用も認められているとか?」


男「田舎街で周辺に商店が無いから助かって居ると司令部に感謝の手紙が来るほどみたいなんだけど。」


男「そんな所に調査が必要なのだろうか?」


そんなこんなで田舎街にある鎮守府に到着。


男「こんにちはー。」


47:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:36:12.27 ID:WOJYbg8n0


ザワザワザワ


男「なんか人がたくさん並んでんなぁ。」


霞「ちょっと!あんた列に並びなさいったら!」ホラ!


男「あっすみません……って違うわ!」


男「何この待機列!」


明石「あっ、お客様はファンの方では無い?」


男「違います。こういう者です。」ミブンショウテイジ


明石「あっ、艦隊司令部の方ですか。」ワチャー


霞「なによ。紛らわしいじゃない。」


男「これ、何の待機列なんです?妙齢の御婦人から女子高生と幅が広いですけど。」


明石「えーっと。」テヘヘ


霞「じゃぁ、明石さん、私は列の整理に戻るわ!」


警備服を着た霞が立ち去り、明石が誤魔化そうと鼻の頭を掻いていたときだった。


48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:40:32.27 ID:WOJYbg8n0


正面ステージ


/ ピカッ \ / ピカッ \


嵐「皆、待たせたな!」


初月「僕達の握手会に集まってくれて本当にありがとう。」


松風「今日は皆に会えて本当に嬉しいよ!」


那智「皆、いつもありがとう、感謝するぞ!」


男「んー……、アイドルグループかな?」


男「というわけで明石さん、どうしてこんな事になっているか事情説明いただきましょうか?」


明石「あっ、はい。」


事情聴取中


男「なるほど、一般の方向けに店舗を開放した際に艦娘の事をもっと知ってもらう為に広報用の部隊を作ってみたと。」


男「どうせ広報用部隊にするなら女性をターゲットに絞ってやってみたらということで。」


明石「この様に。」テヘッ


男「おぉい!」コラァ!


明石「でも、すっごく儲かっているんです。」


男「儲かればいいってもんでもないでしょう……。」


奥様A「あら、何か問題でもおありかしら?」


マダムA「今日も那智様は素敵でしたわ。」


女子高生A「初月君が、すっごく格好いいの!」キャァキャァ


女子高生B「私は松風君だな!」ウフフフ


奥様A「私の夫は海軍大臣と仲が宜しくてですね?」オホホホホ


男「……。規制なんてしませんよ。もちろんですよー。」ヒヤアセタラー


奥様A「宜しくお願いいたしますわね。」オホホホホ


明石「ですともですとも!」ニカッ


男「この悪の元凶が!おめぇ、確信犯だろ!」モガー


明石「グッズの売り上げが凄くって。」ホクホク

49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:42:55.00 ID:WOJYbg8n0


そして、その会場近くにあるテントでは……。


捻り鉢巻にニッカボッカ、そして前掛けをつけた艦娘が魚屋を営んでいた。


谷風「よっ、そこの綺麗なお姉さん!今日も新鮮な魚が揚がってるよ!」


谷風「しっかり見て行ってくんな!」イヨッ!


男「……。朝市?」


奥様B[谷風ちゃん、今日のオススメは何かしら?]


谷風「そうだねぇ、今日は金目の形のいいのが揚がっているよ!」


長門「こっちの鯛もいいぞ!そして、今日はなんと鯨も入荷しているぞ!」


婦人A「あら、長門さんがそういうならいただこうかしら?」


谷風「毎度!いつもお買い上げありがとねぇ!」


男「エコロな人達が怒りそうな商品が……。」


明石「ははは……。」


50:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:45:08.40 ID:WOJYbg8n0


更にその横ではギャルソンエプロンを付けた少女が2人。


萩風「新鮮取れたて野菜はいかがですか!?」


山雲「朝の摘み立て苺もありますよ〜。」


男「もう、完全に朝市だわ……。」


明石「鎮守府の畑で取れたものですので売り上げの一部は鎮守府の運営費に入れています。」


男「漁師?の娘達は?」


明石「私が燃料代や日当払って獲って来て貰っているんですよ。」


男「地元漁協さんとは?」


明石「話つけてます。」


男「でも正式に司令部へは申請書類出していませんよね。」


明石「ははは。」目ソラシー


そして、更に後ろを見やれば屋台が出ていた。


龍驤「朝に海でとってきた新鮮なたこを使った、たこ焼きやー!!」


黒潮「大阪コンビの本場の味やでー!」


男「なんかねぇ、もう朝市感がすごいね。酒保の域を越えている気がする。」


51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:46:32.00 ID:WOJYbg8n0


熊野「ひゃ↑っはぁああぁ↓ぁ!神戸牛はローストですわぁ!」


鈴谷「けっ!塩無しのステーキなんかまずいってのによぉ!」


男「サングラスかけて腕に塩をあてながら振ってら。」


明石「動画で有名になったトルコの塩振りのあれですね。」


男「しかもノリノリ。」


熊野「この神戸牛の美味しさは熊野が保障しましてよ。」


客A「ヴェアァァ!ウマメシヤーーー!」


男「美味しさに感動してる人がいる。」


鈴谷「焼きたてのステーキをご飯の上に載せて更に特製タレをかけて!」


鈴谷「ステーキ丼!」デデン


客A「ヴェアアアーー!ニクメシヤーーーー!」


男「いちいち煩いね……。」


明石「まぁ、まぁ。」


男「……、問題は色々多いですけど地域に溶け込んでいるようですね。」ハァ


男「地域の方と仲良くしくのは世論形成に重要なので大目にみるとしますか。」:


明石「ありがとうございます!監察官さん、融通が利くいい人!」


男「今回だけですからね!申請とかは先にきちんと出してくださいね!」


男「はぁ、なんかすっごい脱力だわ。」



52:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:51:06.55 ID:WOJYbg8n0


明石へ厳重注意を行い、帰ろうとした男の目は怪しいテントで止まる。


男「あれは……?」


日向「さーて、お立会い、今日はこの瑞雲の模型を……。」ドヤァ


妹「ゼロ!ゼロヨコセ!?」


日向「むっ、零戦より瑞雲はいいぞぅ。」ムムゥ


妹「ゼロ……。」ショボン


日向「よし、よい子にはこの瑞雲をあげよう。」ホラ


男「商売?してるのあの航空戦艦。」


明石「あれは布教活動ですかね?うちの取り扱い範疇ではないので分からないですね。」


男「取り締まっておくか……。」ハァ


男「さてと、元帥へのお土産はどうしたもんかな……。」


朝市でごった返す鎮守府正面の前庭。


そのテントの中で男はただ一つ、カーキ色のテントで売られていた商品の前で足を止めた。


あきつ丸「陸軍がお送りするはジビエをふんだんに利用した『 陸軍カレー 』であります!」


まるゆ「猪肉や鹿肉がいっぱい入ってて精がつきますよ!」


あきつ丸「山海の珍味で作られた陸軍カレー3食レトルトパックもあるであります!」


まるゆ「贈り物に是非どうぞ!」


男(陸軍と仲良くする為に買っていくのも悪くないか。)


あきつ丸「お買い上げありがとうであります。」


まるゆ「熊胆等の漢方も取り扱っていますので宜しかったらお願いしますね。」


明石「一応、薬剤師の資格もとっています。」ドヤァ


男「そういうものの前に司令部にその他の許可申請しようよ。まったく……。」ハァ


こうして男は申請のない布教活動をしていた航空戦艦を取り締まり、


明石に必要な申請を出すように指導して司令部へと帰還したのだった。


53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/01(土) 21:53:00.76 ID:WOJYbg8n0


後日


男「失礼します!先日の最終報告書お持ちしました!」


大淀「お疲れ様です。報告書いただきますね。」ツヤツヤ


男「あっ、大淀さん。先日は申請書類の迅速な処理、ありがとうございました。」


大淀「いえいえ、地域社会との付き合い方の良いモデルケースとしての提案。」


大淀「実によく出来た中間報告書でした。艦娘の将来も考えると


   地域社会と上手く付き合っておいた方が良いにきまっていますからね。」ツヤツヤ


男「ところで元帥はどちらへ?」キョロキョロ


大淀「元帥はそうですねちょっと病院へ行かれています。」ツヤツヤ


男「はぁ。」


大淀「艦隊司令部には通常の鎮守府以上に艦娘が多いですから。」


大淀「その全てをお相手されると流石に元帥と言えども。」ツヤツヤ


男「 ? 」


大淀「そういえば先日の調査先では漢方薬の取り扱いもあったそうですね。」ツヤツヤ


男「はい。」


大淀「八味地黄丸の取り寄せをお願いして宜しいですか?」ツヤツヤ


男「はっ!了解いたしました!」


こうして男は元帥への報告書を大淀に託し退室した。


男「効能なんなんだろ?」


60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:44:30.01 ID:MasmbzbX0


『 調査報告書4枚目 酒保だと思った?残念!コンビニでした! 』


61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:47:06.25 ID:MasmbzbX0


電車をいくつも乗り継ぎなんと5時間。


男「ふわぁ〜。始発に乗って出てやっとですよ・・・・。」


男「北太平洋の風は冷たいねぇ・・・・。」ブルル


男「電車内で見た資料によると今回の調査先は大手コンビニと共同経営だそうだけど…。」


男「んー……、鎮守府の規模が小さな所においての実験的小型店舗とな?」


男「この道をいけばどうなるか?いけばわかるさと昔の偉い人は言いましたです。」


駅から徒歩1時間


男「もう駄目、歩きたくない。」


ブロロロ キッ


???「あら?行き倒れかしら?」


男「あっ、すみませんこの鎮守府に……。」


???「あら。五十鈴の所属鎮守府じゃない。輸送任務の帰りだから、送るわ。乗りなさい。」


男「ありがたや。」


こうして男は行き倒れになりそうな所を五十鈴が運転するトラックに拾われた。


男「エルフの最新型車両だー。」ウキウキ


五十鈴「運転しやすいわよ。」


そしてようやく目的地の鎮守府に辿りつく。


五十鈴「じゃぁ私は車をとめて来るからここでお別れね。」


男「ありがとうございました!」


ブロロロ


男「いやー、戦後を考えて大型免許までとっているとはすごいもんだ。」


男「と、ここかな?」


男の目の前には見慣れたあの店舗が店を構えていた。


62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:48:11.11 ID:MasmbzbX0


○―○ン ××鎮守府店 


男「明石の要素がひとかけらも無い!」


明石「まぁ、仕方有りませんよ。大手コンビニチェーンのサプライチューンの前には敵いませんって。」


男「あっ、店長さんですか?」


明石「はい!明石の酒保、改めロ○○ン××鎮守府店へようこそ!」


男「まっ、仕方無いか。お腹も空いたしお弁当でも……。」


加賀「いらっしゃいませー!」キラッ☆


男 一度目を瞑り


男 刮目


加賀「どうされました、お客様?」歯キラッ☆


男「カガさんですね、これは。」キリッ


明石「いえ、加賀さんですよ?」


男「キャラ違いません?」アルェ?


明石「艦娘も個性がいろいろ在りますから。」


男「あっ、はい。」


お弁当をとりあえず購入しました。

63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:51:22.88 ID:MasmbzbX0


男「あっためてください。」オネガイシマス!


加賀「お客様、あ・た・た・め・る・んですね///」テレッ


男「えっ!?なんで照れるの!?」


男「えっ?!えっ!?」


明石「やだ、監察官さん、大胆///」キャッ


加賀「では、失礼しまして……。」ヌギ


男「いや、まって、まって!?温めるのはお弁当だよ!?」


加賀「そうですか・・・、流石に気分が沈滞します。」ショボン


男(何を温めるつもりだったんだ!?)


ブーン


チーン!


加賀「あっ、こんなに熱をもっちゃって。ふふっ、そういうのが好きなのね。」


加賀「あっ、こんなに熱く!あぁっ、私、我慢出来ない!」アチチチチ


加賀「お客様、こちら、ふぅ、お箸、あっつい。お付けするのは一膳で宜しかったでしょうか?」ハフゥ


男「何、卑猥な言い方してるの!?ちょっと!?加賀さんってそういうキャラじゃないでしょ!?」


明石「加賀さんにも色々いますから。」


男「もう、いいよぉ。」ベソベソ


店舗内イートインコーナーで食べました。


64:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:53:38.76 ID:MasmbzbX0


男「何か要らん神経疲れが……。」


明石「まぁ、まぁ。ああいう加賀さんが居たっていいじゃないですか。」


男「本来の仕事に移りますか。」ハァ


店内をざっと見回す。


そこはコンビニ、品揃えは至って普通。


『 足柄のカツカレーパン 』


男「コラボ商品がある感じですよねー。」テニトリ


明石「商品開発でコラボしている感じですね。」ネー


『 プリンツのプリンプリン 』


男「プリン(笑)」


明石「美味しいですよー。」


『 鉄血!なれど熱血! ビスマルクのブルートヴルスト 』


男「おおぉ、ドイツの名物品。」


明石「癖になる味です。」


『 大和の大和煮 』


男「これ、中身なんだろ?」ラベルカクニン


男「牛缶かー。」


明石「秋月型とのコラボではないんですよねー。」


『 サラトガの 生乳100% アイス 』


男「なっ!なんだってぇー!?」ビックリ


明石「せいにゅうですよ?なまちちじゃないですから。」オイオイ


男「ですよねー。」ガックシ


65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:56:08.99 ID:MasmbzbX0


加賀「店長、発注の件でちょっと宜しいでしょうか?」


男(そういえばさっきも気になったが加賀さん、なぜか服の前がはだけてるんだよね。)


男(服のボタンはきちんとうえまで留めなければなりません!)


男(軍人たるもの服装はきちんとしなければ!)


という訳で加賀さんに注意。


加賀「……、この加賀に落ち度など……。」クッ、コロセ


男「いや、服のボタン留めてくださいね?制服の乱れは心の乱れ。」


加賀「分かりました。」グヌヌ


男は失念していた。


そう、空母加賀のサイズを。


いや、まさかそれ程とは思っていなかった。


結果の前には全ていいわけに過ぎない。


加賀は制服の前ボタン全てを留めた。


加賀「留めました。」ドヤァ


ドヤ顔で胸を反らす。


その所為でギリギリで保たれていた均衡が崩れる。


それはあたかもコップに注いだ水がたった一滴増えた事により零れ出すかの如く。


66:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:58:41.64 ID:MasmbzbX0


ブチン! ブチ! プチン! 


加賀の制服の前ボタンが胸を反らせた瞬間にはじけ飛ぶ。


クリティカルヒット! 350ダメージ! 


弾けとんだボタンは自然、正面に立っていた男を襲う!


被害は甚大だ!


そして、ボタンが全て弾けとんだことにより全てが開放されたのだ!


バルルルン!   ←なにかが大きく弾む音


男「ぐあぁぁーーーー!」


加賀「やだ、服が……。」アッ///


加賀「見ないで!見ないでー!!」イヤァ


明石「これはいけない。」


瑞鶴「加賀さんの悲鳴が聞こえた!」


赤城「加賀さん!どうなさいました!」


制服の前がはだけた加賀。


顔に当たったボタンの痛みから悶絶する男。


瑞鶴 赤城((加賀さんを襲おうとした不埒者がいるだと!?))


瑞鶴「全機爆装、準備出来次第発艦!目標、コンビニ店内の不審者、やっちゃって!」


赤城「第一次攻撃隊、発艦してください!」


\ ドカーん /


男「あぁぁぁあぁーーーー!?」


67:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 23:00:28.20 ID:MasmbzbX0


明石が爆撃終了後に事情を説明しました。


男「状況が状況だけに仕方ないですが、気をつけてくださいね。」ブスブス


瑞鶴 赤城 「「ほんっとうにすみませんでした!」」


男「とりあえず、大まかには問題はなさそうですかね。」ハァ


男「元帥へのお土産買ってかえるかぁ……。」


赤城「あっ、それでしたらこれがオススメですよ!」


『 愛宕のぱんぱかぱ〜ん♪ 』


瑞鶴「こっちもオススメですよ。」


『 川内印のエナジードリンク 』


男(ぱんぱかぱ〜んってなんだろこれ?)


赤城「とっても美味しいんですよ。」


こうして赤城と瑞鶴から謝罪も兼ねて元帥へのお土産品を買っていただき男は帰路についた。


五十鈴「あら?駅までまた歩いていくつもり?」


男「バスないんですね。」


五十鈴「送ってあげるから乗って行きなさい。」


男「ありがとうございます!」


68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 23:02:48.03 ID:MasmbzbX0


後日


男「お疲れ様です。先日の最終報告書をお持ちしました。」


元帥「あぁ、君か。入院している間は世話をかけたね。」ムキムキ


男「元帥、入院されている間になにがあったのですか?」


男「なんというか、エネルギーにあふれている?」ムキン


元帥「流石だな。分かるか。実はだな、先日君が買ってきてくれたエナジードリンクを飲み始めてだね。」ポージング


元帥「すこぶるパワーにあふれているのだよ。」ムキャ


男「はぁ。」


元帥「あと、例のぱんぱかぱ〜ん?あれを食べると疲れがぽんっと抜ける気がしてね。」


元帥「取り寄せをして一日一個を目安に食べている。」ムキムキ


男「はぁ。」


大淀「元帥が元気になられてよかったです。」ツヤツヤ


男「では、男、退室致します!」


元帥「うむ。また頼む。」


バタン


男「疲れが、ぽんと抜ける……。どこかで聞いた事があるような?」

77:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:38:34.49 ID:euZ9zzcDO


『 調査報告書5枚目 新兵器ありまぁーす! 』


78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:40:22.50 ID:euZ9zzcDO


男「えっと、今回の調査訪問先は、んー……。海軍の兵器開発部署と提携している?」


男「書類を見る限りでは試作兵装を試してもらっているところみたいね。」


男「あれだね、戦果をよく稼いでいる鎮守府には試作兵装を先に渡してデーターを取って貰うってやつだろうね。」


男「それで問題なければほかの鎮守府にも開発可能のアナウンスをするって奴。」


男「よく言えばモニター、悪く言えば人柱というやつだね。」


男「こんにちはー。」


♪ ピンポーン


明石「はーい。いらっしゃいませー!」


男「お疲れ様です。私、こういうものでして。」


事情説明


明石「と言われましても特におかしなものは取り扱っていませんけどね。」


男「それを確認する為の仕事なので御協力お願いいたします。」


そして、店内を見て回る男。


広さとしては中規模スーパー程度。


特になんの変哲もない商品群、海軍の御用企業から納品されている商品たち。


しかし、店舗の一角にて怪しげな雰囲気を察知した男はそのコーナーの前で足を止める。


79:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:45:14.10 ID:euZ9zzcDO


『 試作兵装 御自由にお持ち帰りください! ※使用後のアンケートは忘れずに提出のこと 』


男「ほぅ。」


明石「あぁ、あちらのコーナーは試作品コーナーですね。」


明石「ああやってモニターを募集しているんですよ。」


男はコーナーの中にある試作兵装を手に取り観察する。


男「これは……、イズマッシュのサイガかな?」


明石「あっそれはですね、駆逐艦の娘達用に三式弾を装備させる事が出来ないかということで開発したんですよ。」


男「あぁ、確かに三式弾は散弾みたいな感じですものね。重巡以上でないと装備できないし。」


明石「でも、それ反動が大きすぎて駆逐艦の娘が使うと後ろに転覆。」


男「それは良くないですね。」アチャァー


明石「でも、いつか使えるように改良してみせます!」フンス


男「おっ、これはLEDライト?」


明石「探照灯の電力消費を抑えるためにLEDにしてみました!」ドヤァ


男「どうなりました?」


明石「敵の目潰しにも使えるそうですが今まで以上に狙われやすくなってしまうみたいです。」ショボン


男「難しいものですね。」


明石「ですねぇ。先日もネ式エンジンを陸攻につんでペイロードと巡航速度の上昇をねらったらですね……。」


男「ほほう。」


明石「猫を連れた水兵の格好をした少女妖精の偉い人に怒られたとかでこれ以上やると自分達が危ないって。」


男「妖精さんの世界も色々なんですね。」


明石「兵装とかの開発は妖精さんありきですからね。」


男「妖精さんに断られると鎮守府機能が全てとまりますから……。」


明石に諸品説明を受けながら男は試作兵装を色々と見ていく。


男「Mk45 62口径5インチ単装砲ちゃん?」


明石「あきづき型専用兵装……。」


男「護衛艦ですよね……。」


それらはどれもコンセプト自体はよいものの実際に使用すると思わぬ欠陥があるというものが多かった。


80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:46:44.92 ID:euZ9zzcDO


男「うーん、試作品ですから仕方無いにしてもあんまり資源を無駄にするのはいただけないですかねぇ。」


明石「いっいや!ちょーーーっと待ってくださいよ!?ほら、これ、これなんか成功してるものですよ!?」


そう明石が言いながら取り出したのは一束のロープ。


男「これは?」


明石「ちょっとした小物なんですが、艦娘が大破したときって味方が曳船するじゃないですか。」


男「ですね。」


明石「船の時代においての曳船では慣れない娘が曳船するとロープが切れたりとか。」


男「あったようですね。長良さんと阿賀野さんのエピソードがわりと知られていますが。」


明石「ですね。能代さんが阿賀野さんのバルジを気にされているのはこの時の話が原因だとか。」


男「波が荒かったからに過ぎないのにとんだ風評被害ですね。」


明石「まぁ、まぁ。そういう訳でしてこのロープは特殊繊維に妖精さんがちょっと細工して切れにくさが向上しているんです。」


男「ほう。」


明石「更に!万一体に巻きついてもソフトタッチのため体に痕が残りにくい!」


男「素晴しい。」


81:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:48:11.85 ID:euZ9zzcDO


明石「そして!続いて御紹介するは此方の魚雷!」


男「何の変哲もない魚雷のようですが?」


明石「ちっちっち。唯の魚雷と侮ってはいけませんぜ。男さんは霧の艦隊を御存知ですか?」


男「あぁ、私がこの仕事に就く前の事ですが一応、資料で見ていますよ。」


明石「その霧の艦隊が使っていた防御壁、クラインフィールドを打ち破る為の魚雷なんですよ。」


男「へぇ。」


明石「まぁ、見てくださいよ。」


ヴィィイィィィィィイィイイイーーーーン


男「おぉ!微振動を始めた!」


明石「更に更に!」


グィングイングィイィン!


男「うねりが加わった!」


明石「魚雷本体が超高速微振動を起こすことにより魚雷本体と海水の間でポリマーが発生し


   魚雷が高速で推進する事が可能なんです!」


明石「そして、うねりが加わることによりFat魚雷の様に軌道を変化させ命中率を上昇させています!」


男「それはすごい。」


明石「でしょ?」ドヤァ


男「100の失敗の中から1の大成功が生まれると昔の人が言っていた様な気もする。」


男「この魚雷とロープ、元帥へのお土産にさせていただきます。」


明石「どうぞ、どうぞ!」


男「新型の試作兵装って色々あるもんですねぇ。」


こうして試作兵装の説明を一通り聞いた男は土産の試作兵装と共に帰還した。


82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:50:22.75 ID:euZ9zzcDO


後日


ガチャ


男「お疲れ様です。先日の最終報告書をお持ちし……。失礼しました。」


元帥 ムーッ!ムーッ!


大淀「」


男「10分後に出直してまいります。」


バタン


10分後


男「改めて失礼したします!最終報告書をお持ちしました!」


元帥「ご苦労。ところで君は先程何か見たかね?」


大淀「何も見てなどいませんよね。」眼鏡キラ


男「もちろんです。」ガクブル


元帥「先日君が持ち帰ってくれた試作兵装だがな、夜戦に実に効果が高いようだ。」


男「夜戦時にですか。」


元帥「あぁ、大淀を始めとする司令部付の艦娘達に色々と試してもらったんだよ。」


元帥「私も手伝ってね。」


男「はぁ。」


元帥「そういう訳だから例の兵装は全鎮守府へ開発レシピを渡した後に開発するよう通達した。」


元帥「これで我らが海軍の夜戦火力はあがるだろう。」


男「それは素晴しい。」


元帥「うむ。これからも君には色々と頼むだろうがその際は宜しく頼む。」


男「勿体無いお言葉。ありがとうございます!」


男「では、退室いたします!」


バタン


男「夜戦……、ねぇ。」


こうして、とりあえずの鎮守府酒保の調査は全て終了した。


83:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:52:19.86 ID:euZ9zzcDO
以上で終了です


乙レス、感想レス、いつも有難うございます


依頼を出しにいってきます

84:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:55:23.23 ID:euZ9zzcDO


本篇と関係有るかもしれないし無いかもしれないちょこっとおまけ


『 調査報告書 番外 暴れん坊元帥!〜元帥!工場で御乱心!〜 』


85:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:55:59.29 ID:euZ9zzcDO


男「元帥、ついに例の制服の縫製工場を突き止めました!」


元帥「流石の手腕だな。君に任せておけば問題ないと思っていたよ。」


男「特警隊で工場の周囲も固めています。」


元帥「流石だな。では、私も現場に行くぞ。」


男「運転手を勤めさせていただきます!」


元帥「うむ。宜しく頼む。」


86:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:57:14.46 ID:euZ9zzcDO


車中にて


( 男が運転席、元帥が助手席で仲良く向かっています。 )


元帥「ふむ。艦娘達が製造に関与していると。」


男「はい。内偵による盗撮写真ですがこちらをどうぞ。」


元帥「ふむぅ。これは加賀かね?島風の制服を着ているようだが?」キツクナイノカ?


男「はい。ですが、胸元をよく見ていただいても?」


元帥「なんと、ダーツを入れているのか!?紳士服の技法ではないか!」


男「そうです、胸元にダーツを入れることにより加賀の空母サイズを収容。」


元帥「さらにセックスアピールとしての価値を上昇させている。」


男「しかも、ウエストもダーツで絞り、目の錯覚を起こさせることにより。」


元帥「むぅ。高雄型すら越えるボリュームに見えるぞ。」


87:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 22:58:49.37 ID:euZ9zzcDO


男「更に此方のカタログを。」


元帥「これは!?」


男「歩く破廉恥こと長門型二番艦陸奥です。」


元帥「しかし、君、これは……。」


男「軽空母 瑞鳳の制服です。」


元帥「すごいな。布地面積が多い服を着させるだけでこうも印象が変わるとは。」


男「ダイナマイトなサイズをきっちりと収めているようで。」


元帥「計算されたかのように見える胸元。チラリズムがぎりぎりまで追求されている。」


男「さらに注目すべきは下の袴です。」


元帥「これは!?行灯袴?!」


男「大淀さんや明石さん達が使用しているものと同じようですが……。」


元帥「スリットがより深い気がするぞ。」


男「その通りです。」


元帥「敵はそうとうに手ごわいようだな……。」ゴクリ


車内でいくつかのやり取りを終えた後、車は現場に到着した。


88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 23:01:01.60 ID:euZ9zzcDO


???「今週の注文分はあがりね」


???「はい。鹿島さんや陸奥さんに協力いただいたカタログの御陰で注文が増えました。」


バァーーーーーン! ←工場の扉が吹き飛びました


元帥「艦娘達よ、悪事はそれまでだ。」


長門「貴様!何者だ!」


男「えぇい!控えぃ!こちらにおわす方をどなたと心得る!」


男「横須賀艦隊司令部長官、元帥大将であらせられるぞ!頭が高い!」


元帥「男よ、その台詞言ってみたかったの?」


男「あっ、時代劇が好きでして……。」


元帥「艦娘でありながら制服の改造。」


元帥「その改造された制服がどのような事態をもたらすかよもや分からぬそなたらではあるまい。」


叢雲「元帥がこんな場所にいるはずないわ!目の前の人間は元帥の名を語る不埒者よ!皆!やってしまうわよ!」


89:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 23:02:15.21 ID:euZ9zzcDO


♪ 暴れん坊将軍 殺陣のテーマ


長門は元帥に右ストレートを放った!


元帥は軽くいなした!


元帥の攻撃! ゴッドハンドが炸裂!


長門は絶頂を迎えた!


長門「はぁぁ〜ん///」ビクビクン!


叢雲「うそぉ!?」


叢雲は仲間を呼んだ!


加賀が現われた!


加賀の弓が男を襲う!


男は真剣白羽取りで矢を取った!


男の攻撃! イリュージョン炸裂!


男の手には加賀の下着が握られている!


加賀「やられました///」ハフゥン


加賀は戦意を喪失した!


元帥「さぁて、残るはそなたのみ。」ズズイ


男「大人しく縛についてもらおうか。」ズズイ


叢雲「いっいやぁ〜!」


工場からは断末魔とも嬌声ともとれぬ声が響いたという。


90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 23:04:40.51 ID:euZ9zzcDO


事情聴取終了


元帥「そうか、君達は大破轟沈から生還した艦娘達だったのか……。」


叢雲「そうよ、世の中じゃ深海棲艦と同じ扱いよ。」


男「なんとも酷い。」


元帥「確かに酷い話ではあるが現実、過去に数例だが轟沈から帰ってきた艦娘が深海化したということがあってな。」


元帥「しかももれなく姫級の力を持ってだ。」


男「極、まれな例なのですよね?そんな、大破して沈んでなおも帰ってきた彼女達になんと酷い。」


元帥「政治とはそういうものなのだよ。万の民を生かすために時として一の民を見捨てねばならぬ場合もある。」


男「しかし、だからといってこの場で解体処分と言うのは……。」


叢雲「男?かしら?まぁ、名前なんてどうでもいいわ。私達を庇ってくれてありがとうね。」


叢雲「なんとか帰って来て生活の糧を得る為に始めた商売だったけど。まぁ、仕方ないわ。」


男「元帥、考えなおしていただけないでしょうか?」


元帥「そうだなぁ。彼女達を受け入れる鎮守府があれば話は別なのだがな。」チラッ


元帥「普通の鎮守府では受け入れたがらないだろうしなぁ。」チラッ


元帥「新しく出来る鎮守府に全ての事情を知った者が提督として着任してくれればぁな。」チラッ


男「はい!はい!やります!やりま〜す!」手ブンブン!


元帥「そうか、やってくれるか。では引き続き監察官としての仕事もしながら頼むぞ?」


男「はい!」


こうして艦娘のレプリカ制服販売事件は幕を閉じた。


91:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 23:05:07.36 ID:euZ9zzcDO


男「あの、提督になるの初めてなのでよろしくおねがいしまう。」シタカンダ


叢雲「はぁー。(ため息)あんたが司令官ねぇ。まっ、精々がんばりなさい。」


長門「ふっ、連合艦隊旗艦を勤めたこの長門が手伝うのだどんと構えていればいい。」


加賀「不束者ですが宜しくお願いいたします。」


こうして工場で働いていた艦娘達を一つに纏めた新設の鎮守府が出来ることとなったのだった。


元帥「これにて一件落着!」


男「あのー、お給料が変わらないみたいなんですけどぉ。」


元帥「励みたまえ!」カッカッカ


男「はい、頑張ります!」(血涙)


艦!




92:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/08(土) 23:07:12.95 ID:euZ9zzcDO

男、ハロワの求人色々を経てついに提督就任

尚、給料は上がらない模様

大破撃沈経験済みなベテラン艦娘達とNewゲーム

或る意味チートでござる

ここまでお読みいただきありがとうございました
お奨め記事
タグ:
4月9日 22時01分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告