記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/28(火) 23:47:39.14 ID:fcsL+Enf0
龍驤「うちが欲しいのはおっぱいだけや!」


?「え!?」


龍驤「だからうちが欲しいいのは豊満な胸部装甲だけや!」


?「そ…そうなんだ」


龍驤「それでくれんのかい?」


?「えーっと、まあいいけど」


?「ほい!」パァァ


龍驤「やっほーい!これで赤城や加賀にも負けへんで!」ボイーン
2:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/28(火) 23:55:13.16 ID:fcsL+Enf0
提督「り…龍驤…その胸は…」


龍驤「おお!いいとこに来てくれたなぁ!見てくれやこの大きく実った二つのエデンの果実を!」ボインボイン


龍驤「これでずっとやりたがっていたパイズリも…」


提督「やめてくれ!」


龍驤「…え?」


提督「おれは…胸の小さい龍驤が好きだったんだ…なのに」


龍驤「う…うちは…」


提督「もういい!おれは那珂ちゃんとケッコンする!」


龍驤「まって!まってええええええええええええ!」
3:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/29(水) 00:00:25.66 ID:qqStZdVs0



龍驤「ええええええええええええええええええええええええ…あれ?」


チュンチュン


龍驤「ゆ…夢か?」


龍驤「む…胸は…小さいままやな」ペタン


龍驤「なんだったんや…あの夢は」
4:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/29(水) 00:27:17.42 ID:qqStZdVs0
提督「おはようさん」フワァ


龍驤「おはよう」


大淀?「おはようございます。司令」ボインボイン


龍驤「!?」


提督「大淀…?」


大淀?「どうされましたか、司令?」ボインボイン


提督「どうして大淀の胸はそんなに大きいんだい?」


大淀?「それは司令を満足させるためです。」ボインボイン


提督「どうしてそんなに服がピチピチなんだい?」


大淀?「それはわたしのエロエロボディに洋服が耐えられないためです。」


提督「そうか…ところで霧島」


大淀(霧島)「はい。なんでしょうか」


提督「何してんの?」


霧島「替え玉ですよ」
5:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/29(水) 00:38:25.70 ID:qqStZdVs0
霧島「いやー貧乳どもに囲まれていてかわいそうなので、かわいそうだなーと思いまして」


提督「余計なお世話だよ」


霧島「よっちゃんもりゅうちゃんもまな板ですからね」


龍驤「うっ…」


提督「失礼なやつだなお前」



大淀「霧島アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」スクミズ



霧島「やっべ、おもったより早いお目覚めですね。データ以上ですね」


霧島「では後ほどアデュー」シュバッ


提督「なんだったんだあいつ」


大淀「霧島はここかぁ!」バタン


提督「さっきどっかいったよ…というかなんでスク水」


大淀「こっちが聞きたいですよ」
6:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/29(水) 00:52:48.10 ID:qqStZdVs0
龍驤「…なぁ司令官はやっぱり胸が大きいいほうがええんか?」


提督「いや別に…」


大淀「そんなことはないですよ。この鎮守府の艦娘を見れば分かりますよ」


大淀「置いてあるAVも貧乳ものが…」


提督「おいそこのメガネ、いつの間に」


大淀「おっと口が滑りました」ハハ


提督「笑ってんじゃねーよ」



龍驤「…」ペタ
7:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/29(水) 01:03:11.33 ID:qqStZdVs0


龍驤(司令官は別に巨乳は好きじゃない…それどころか貧乳好き…)


龍驤「えへへ////」ニヘラァ


明石「あ!龍驤さん」


龍驤「ん?明石かどないしたんや」


明石「ついにできましたよ!胸部装甲拡張器!」


明石「これがあれば夢のボインも夢じゃないですよ!麻美ゆまのようになれますよ!」


龍驤「なんでゆまちんで例えるんや…せっかくで悪いんやけど遠慮しとくわ」


明石「え!?巨乳は龍驤さんの悲願だったじゃないですか」


龍驤「いやー…別にうち…胸とか気にしてへんし」


明石「そう…なんですか」


龍驤「なんかわるいな…うち以外の娘にやってやり」


明石「…さようですか」
8:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/29(水) 01:07:59.59 ID:qqStZdVs0



明石(ってなこといって本当は大きくしたいけど恥ずかしくて言い出せなかったに違いありません!)


明石(胸のサイズを気にしない龍驤さんなんて足の折れたマリオみたいなもんです。アイデンティティーの崩壊です)


明石(明石は察せるできる娘です!…というわけで寝てる間にこっそりやっちゃいます!)


龍驤「グーグー」スピー
12:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/30(木) 01:43:28.11 ID:PiyRyK490
龍驤「ふわぁー、よく寝た」ムニャムニャ


龍驤「さて、支度でも…」ボイン


龍驤「…ボイン?」


龍驤胸「ボイン」


龍驤「え…」


「エアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!?」


提督「!?」


大淀「!!?」


明石「お目覚めですね」ニヤ




龍驤「ウチの胸がああああああああああああああああああああああああああああああ」
13:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/30(木) 01:55:41.85 ID:PiyRyK490

霧島「ミュージックスタート!」カチッ


ラジカセ「


ラジカセ「〜♪」


霧島「ぼいんぼいーん〜♪」


龍驤「ウラァ!」ガシャァン


霧島「ああ!大淀さんの宝物のラジカセが!」


龍驤「なんのつもりや」


霧島「いや、悲鳴が聞こえましたので異常事態かと」


龍驤「当然の反応やな…なんでこの変態が一番早く来るんや」


霧島「まあその胸をみたらどうなったか大体理解できました。」


龍驤「話が早くて助かる」
14:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/30(木) 02:11:39.90 ID:PiyRyK490
霧島「では、はいこれ」つビキニ


龍驤「なんやこれ」


霧島「これは提督指定外の水着ですよ。これで司令官を悩[ピーーー]るんですよね」


龍驤「いや違うんや…これを押さえ込みたいんや」


霧島「?」


龍驤「実は昨日聞いたんや…司令官、胸が小さいのが好きなんやって」


霧島「…ふむ」


龍驤「ど…どうしたらええんや」


霧島「それにはこれがいいですよ」つサラシ


龍驤「なんでそんなものもっておるんや」


霧島「そんな事は今はいいですよ。早くしないと司令官が来ちゃいますよ」


霧島「私が外で食い止めますので早くつけてください」


龍驤「すまん!恩に着る」


霧島(まあ本当はそれ大淀さんのふんどしですけどね)
15:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/30(木) 02:20:35.30 ID:PiyRyK490
提督「龍驤!どうしたんだ!?」バタバタ


大淀「どうされました?」


霧島「あ、司令」


提督「霧島か、龍驤になにがあったんだ」


霧島「まあ待ってください。今ここを開けちゃダメです」


提督「どうしてだ」


霧島「う○こだからです!」



龍驤(部屋でやっとるわけないやろ!あいつしばいたろか!)



提督「そ…そうか」


龍驤「んなわけあるか!」バタン
16:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/30(木) 02:38:13.30 ID:PiyRyK490
提督「どうしたんだ?」


龍驤「い…いや何でもないねん」キリキリ


大淀「でも、さっきの悲鳴は」


龍驤「あ…あれは」


霧島「あー!大淀さんの宝物のラジカセがー」


大淀「あ!」


龍驤「そ…それはやな…」


大淀「それは不知火さんのですが…」


不知火「…」ゴゴゴゴ


霧島「やっべ、ミスりました!」テヘペロ


不知火「覚悟はいいですね」


霧島「よくないでーす!アディオース」ダダダダ


不知火「…」ゴゴゴ


大淀「あ!中のテープはわたしの宝物『チチをもげ!』じゃないですか!」


大淀「霧島アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」ダダダ


龍驤(霧島…サンキューな)
19:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/31(金) 00:53:47.79 ID:Z5dpIX9G0
龍驤「ふぅ…なんとかごまかせた」


龍驤(とりあえず明石を…)


明石「お!龍驤さんおはようございまーす」


龍驤「明石…」ダッ


明石「いやいやお礼なんていいですよ…これは日頃お世話になっているお礼ですから」ニコッ


龍驤「これが…」ガシッ


明石「へ?」グワン


龍驤「その答えかぁ!」ガシャァァァァァァン


ブ レ ー ン バ ス タ ー !


明石「ホワァァァァァァァァァ!!」
20:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/31(金) 01:17:55.60 ID:Z5dpIX9G0
龍驤「なあ、うちいらんって言ったよな」


明石「はい…いいました」


龍驤「なんでやった?」


明石「いや、必要かなと」


龍驤「うちがそういうたか?」


明石「いえ…」


龍驤「まあええわ。明石かて善意でやったことやしこの事はもう許したる」


明石「…感謝致します」


龍驤「それより早う元に戻してくれや」


明石「戻してくれって…そりゃ無理ですよ」


龍驤「へ?」


明石「近代化改修だって一度やったら戻せないですよね。子供の伸びた身長が戻らないのと同じですよ」


龍驤「…」ガシ


明石「え?」


龍驤「なんだそりゃああああああああああ!!!」ガシャァァァァアァァァァアアァァァァン


パ イ ル ド ラ イ バ ー !


明石「ほぎゃあああああああああああああああ!!!」
21:◆/Pbzx9FKd2:2017/03/31(金) 01:30:30.89 ID:Z5dpIX9G0
龍驤「戻らないって…どうしよう」


龍驤「胸も苦しいし…」キリキリ


提督「胸が苦しいって龍驤どうしたんだ?」


龍驤「し…司令官!?」


提督「朝から様子がおかしいし大丈夫か?」


龍驤「だ…大丈夫やって」


提督「大丈夫じゃないだろ…苦しいのか背中さすってやるぞ」サスサス


龍驤「や…やめてくれって…サラシが、とれ…」アタフタ


龍驤「あ」シュルル


ボイイイイン


龍驤「」ボインボイン


提督「巨…乳…?」

25:◆/Pbzx9FKd2:2017/04/01(土) 01:14:55.33 ID:9YYFD56E0
提督「龍驤…その胸は…」


龍驤「う…うわあああああああああああああああああああああああああ!!」ダダダ


ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ


提督(すごい乳揺れだったな)





龍驤「あああああああああああああああああああ」ボインボイン


霧島「ん?…おおこれはRJさん見事な乳揺れ走りですね!まるで発育の早い女子の50メートル走のよう…」メガネクイ


龍驤「っるっせぇ!!」ドゴォ


霧島「ウぶぇっぷ!!」メキメキ


腹 パ ン !
26:◆/Pbzx9FKd2:2017/04/01(土) 01:27:13.00 ID:9YYFD56E0




龍驤「うっく…ひっく…」



龍驤(司令官に…見られてしもた…)グスグス


龍驤(きっと今頃)


提督『龍驤あいつ胸小さかった時はスーパープリティーでタイプだったけど、今はなー』


大淀『うはwwwwwwwwwwwwRJさん豊乳手術してwwwwwwwwwwww軽空母なのに貧乳なの気にしてたんすねwwwwwwwwwwww』


霧島『あ豊乳ワールドwwwwwwwwwwwwwwwwww』


三人『wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww』


龍驤「ちっきしょおおおおおおおおおおおおおおお!!」
27:◆/Pbzx9FKd2:2017/04/01(土) 01:36:56.46 ID:9YYFD56E0
提督「龍驤!」


龍驤「!」


龍驤「司令…官…?」


龍驤「なんや…からかいに来たのか」


提督「…どうして泣いてるんだ」


龍驤「か…関係あらへん」


龍驤「きょ…巨乳のうちなんかに興味ないやろ…貧乳好きやったら大淀のとこにでも行き!」


提督「いや貧乳好きでも大淀はやだ」


龍驤「そ…そか」


提督「そんなことより、全部聞いたぞ。おれが貧乳好きだから巨乳になってしまった自分は相手にされないと思ったのか」


龍驤「わかってるやないかい!ならさっさと…」


提督「それが間違いだからおれはここに来たんだよ!」ド ン


龍驤「!?」
28:◆/Pbzx9FKd2:2017/04/01(土) 01:52:05.53 ID:9YYFD56E0
提督「お前おれをなめてるのか、お前が巨乳になったからお前を見捨てるとでも思ったか」


提督「おれは巨乳も好きだ!!!!」ド   ン


龍驤「へ?」


提督「そりゃ貧相だったお前の胸も最高だったが、なんつーかお前のデカパイも最高っつーか結構いけるなって思ったしなんていうか…」


提督「大きくても小さくてもお前のおっぱいが大好きだ!!!」ド   ン


龍驤「…な」ワナワナ


龍驤「なんじゃそりゃあああああああああああああああああああああああああ」ドガシャアアアアアアン


提督「ゲボエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ」


ス タ イ ナ ー ・ ス ク リュ ー ・ ド ラ イ バ ー !
     





      
    
29:◆/Pbzx9FKd2:2017/04/01(土) 02:09:48.48 ID:9YYFD56E0
霧島「司令官生きてますか?」


提督「なんとか…」クビウマリ


霧島「良かったのですか?」


提督「なにがだ?」


霧島「本当は巨乳好きじゃないんですよね」


提督「…ああ」


霧島「自分の性癖を歪めてまでそうする理由は一体なんですか?」


提督「あいつのことが好きだからじゃ…おかしいかな」


霧島「…」


提督「確かにおれは貧乳が好きだ。…だけどさあいつが巨乳になった時思ったんだ」


提督「おれは貧乳のあいつが好きなんじゃなくて、惚れた女がたまたま貧乳だったんだ」


提督「たとえあいつが巨乳だろうが、深海棲艦に成り果てようがおれはあいつのことが好きなんだって思えたんだ」


提督「これっておかしなことかな?」


霧島「とんだ幸せものですね」


提督「ヘッ…うるせーよ」









霧島「困ったものですよ。巨乳道はそう甘くないですよ、これでもみて勉強してくださいな」


そうつぶやいて霧島は巨乳もののAVを執務室の机の上に置くのだった。



おわり
30:◆/Pbzx9FKd2:2017/04/01(土) 02:17:56.57 ID:9YYFD56E0
一日で書き終わる予定だったのに



過去に書いたやつ


提督「那珂ちゃんを泣かせたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490454784/


提督「命を無視された艦娘?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483541479/
お奨め記事
タグ:,
4月6日 16時01分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告