記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:29:11.12 ID:bYX04DJFo

博士「フハハハ、ついに完成したぞ!」

博士「あらゆる動物同士を合体させることができる、その名も合体マシーン!」

助手「安直なネーミングですね」

博士「うるさいよ!」

博士「とにかく……これで動物を合体させて最強の生物を作るのだ!」

助手「そうすれば、世界征服も夢ではありませんね!」

博士「うむ、その通り!」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:32:04.61 ID:bYX04DJFo

博士「たとえば……トラとライオンを合体させれば」

博士「百獣の王どころか千獣……いや万獣の王といっていい化け物になるだろうし」

助手「万獣の王だと、なんだかお菓子の王様みたいですね」

博士「うっさい! ちなみにわしは紅葉まんじゅうが好き」

助手「ゾウとカバを合体させれば、恐ろしく頑強な生物ができるでしょうね!」

博士「うむ、夢が広がりまくりだ!」

博士「よーし、合体の材料にする動物たちを集めるのだ!」

助手「はいっ!」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:33:25.92 ID:bYX04DJFo

助手「六体ほど集めてきました」

博士「ご苦労!」

助手「しかし……ちょっと可哀想な気もしますね」

博士「なあに、お前に集めてもらったのは病気やケガで余命いくばくもない動物ばかり」

博士「むしろこの合体マシーンで健康になって生まれ変わることを感謝して欲しいぐらいだ!」

博士「そして……我が世界征服のための手駒になってもらう!」

助手「じゃ、さっそく始めましょうか」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:34:46.53 ID:bYX04DJFo

博士「合体させる二体の動物を、こっちとあっちのカプセルに入れるのだ」

博士「で、このボタンを押せば合体できる」

助手「えらく単純な手順ですね」

博士「あまり複雑な手順にすると、わしが覚えきれんからな」

助手「なるほど」

博士「入れたか?」

助手「バッチリです!」

博士「よぉーし、合体スタート! ポチッとな!」ポチッ
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:36:19.43 ID:bYX04DJFo

ウイーン……

バリバリッ!

ズガガガァァァンッ!!!



助手「やたら派手な音がしますね」

博士「ああ、これはただの効果音」

博士「実際は無音なんだけど、やっぱり派手な音がしないと気分出ないでしょ?」

助手「たしかに」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:37:46.56 ID:bYX04DJFo

シュゥゥ……



助手「おお……一体目が完成しましたね」

博士「うむ、うまく合体できたようだ」

博士「よぉーし、この調子で残り四体も合体させるのだ!」

助手「はいっ!」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:39:27.42 ID:bYX04DJFo

助手「ついに三体の最強生物が出来上がりましたね!」

助手「それぞれ名前はどうしましょう?」

博士「ポチ、タマ、ヴィルヘルムにしよう」

助手「一号、二号、三号のがそれっぽくありません?」

博士「それいい! お前天才じゃね?」

助手「それじゃ一号から、様子を見ていきましょうか」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:41:21.34 ID:bYX04DJFo

一号「はぁ〜……これからどうしよ……。お先まっくらだ……」



博士「これはすごい! 言葉を話せるようになっている!」

博士「合体による相乗効果で、知能まで発達したようだな」

助手「だけど、なんだか悩み苦しんでいますね……」

博士「うむ……まるで、年老いたサラリーマンのようにやつれている……」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:42:11.56 ID:bYX04DJFo

二号「おい! セロリ食えよ! レタス食えよ! ピーマン食えよ! 野菜食えよぉぉぉぉぉ!」



博士「なんなんだ、こいつは!? ゴツイ外見のわりにベジタリアンか!」

助手「とても我々のいうことを聞きそうにはないですね……」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:43:12.30 ID:bYX04DJFo

三号「ほげほげほげ! ほげほげほげ! つまらない洒落はやめなしゃれ……ナンチャッテ! Oh〜♪」



博士「えええええ……!?」

助手「マヌケヅラで踊りまくってますねえ……」

博士「今までの二体もひどいが、三号は特に使いものにならんなぁ……」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:46:19.90 ID:bYX04DJFo

一号「どうしよう……」

二号「アスパラガス食えよぉぉぉぉぉ!」

三号「Foo! Foo! パラダイス! パラダイス!」



博士「どういうことだ……三体とも最強の生物などとは程遠いぞ!」

助手「いっそ廃棄しますか?」

博士「バカいえ! いくらポンコツ生物とはいえ、作ったからには最後までちゃんと責任持つよ!」

助手「さすが博士」

博士「それより、なんでこうなってしまったのかを調査せねば」

博士「まずは、一号、二号、三号がどういう動物の組み合わせだったかを教えてくれるか?」

助手「はい」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 22:47:03.72 ID:bYX04DJFo

助手「えーっと……一号がリスとトラ、二号がブタとゴリラ、三号がウマとシカです」








―終―
お奨め記事
タグ:

“博士「動物を合体させて最強の生物を作るのだ!」” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    いいオチなんだけど、色々なパターンでもっと続きがみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告