記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:00:15.88 ID:c8b4L+Lc0
雪歩「これで今日のレッスンはおしまいですね」

貴音「ええ、そうですね」

雪歩「じゃあ私はこれで失礼します。お疲れ様でした」

貴音「ごきげんよう」

貴音「では私も帰るとしましょう」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:01:03.84 ID:c8b4L+Lc0
貴音「仕事が早く終わったこんな日には…」

貴音「久々にらぁめんを食べにでも…」

貴音「…おや?」

貴音「はて?このような場所にらぁめん店などありましたか?」

貴音「らぁめん『雪兎』…それにしても良き香りです」

貴音「ふふ、今日はここにしましょう」

貴音「ごめんくださいまし」ガラッ

雪歩「あ、いらっしゃいませー」

貴音「!!?」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:02:04.61 ID:c8b4L+Lc0
貴音「あ…あ…」

雪歩「えっと…お客さん、どうかしましたか?」

貴音「貴女は萩原雪歩でしょう!なぜこんなところに!?」

雪歩「ええっ!?」

雪歩「えーっと…私、雪歩なんて人じゃありませんよ?」

貴音「何を言っているのです!」

貴音「どこからどう見ても萩原雪歩ではないですか!」

雪歩「…zzz」スースー

貴音「起きなさい萩原雪歩!!!」

雪歩「だから雪歩なんて人知りませんってば」

貴音「そんなはずは…」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:03:04.99 ID:c8b4L+Lc0
雪歩「それより…注文の方はどうしましょうか?」

貴音「…そうですね、このままでは埒が明きません」

貴音「ではとんこつらぁめんをお願いします」

雪歩「はい!かしこまりました」

雪歩「真さん、とんこつ一丁お願いします」

真「任せとけ!」

貴音「!!?」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:04:05.16 ID:c8b4L+Lc0
貴音「菊地真!?なぜ真がここにいるのです!?」

真「えっ…?」

貴音「ということは!やはり貴女は萩原雪歩!」

雪歩「だから違いますって!」

真「なあ萩原…この人誰なんだ?なんで僕たちのことを知ってるんだ?」コソコソ

雪歩「さ、さあ?」コソコソ

雪歩「もしかしてモンデンキントの人なんじゃないですか?」コソコソ

真「まさか、こんな奴会ったこともないぞ」コソコソ

雪歩「真さんが知らないなら違うのでしょうね」コソコソ

真「萩原こそ見覚えないのか?トゥリアビータの生き残りとか」コソコソ

雪歩「いえ、このような人は居なかったはずです」コソコソ
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:04:38.48 ID:c8b4L+Lc0
真「萩原も誰かわからないのか…」

雪歩「ちょっ…!真さん!」

貴音「今萩原と言いましたね!?やはり雪歩でしょう!」

雪歩「…zzz」スースー

貴音「だから寝るのはやめなさい!」

雪歩「言ってませんよ」

貴音「言いました!そうですよね真!」

真「えっ?ええっと…その…人違いで…やんす」

貴音「真の方は隠すのが下手ですね…」

雪歩「真さん…」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:06:04.09 ID:c8b4L+Lc0
貴音「やはり雪歩と真なのでしょう?」

雪歩「違いますよ」

貴音(本当に埒が明きません…ここは誰か助太刀を呼びましょう)

貴音(らぁめん店にいるのですが大変なことになっていますので助けてください)

真「はい、とんこつラーメン」コト

貴音「そうでしたね、私はそもそもらぁめんを食べに来たのでした」

貴音「ではいただきます」ズル

貴音「これは…」

貴音「美味!」

貴音「雪歩はこんなにもらぁめんを作るのが上手かったのですか!?」

雪歩「元々好きで始めまして、喜んでもらえたなら嬉しいです」

貴音「やはり雪歩なのですか?」

雪歩「違います」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:07:55.24 ID:c8b4L+Lc0
響「おーい、お勘定」

雪歩「…はい」

響「いやー、まさかこんなところにラーメン店があるなんてねえ」

響「ラーメン、美味かったですよ」

真「…」

響「それにしてもまあ…モンデンキントを裏切ってトゥリアビータに協力」

響「トゥリアビータからモンデンキントへ戻ってきたと思えば気づかないうちに脱走してラーメン屋になっていたとはね」

真「ッ!あんたには関係ないだろ!」

響「おっと、しかも隣にいるのはトゥリアビータからのスパイ…」

響「トゥリアビータはいつからラーメン店になったんだ」

雪歩「お釣りでございます。ありがとうございました」

響「フッ、やっぱ北国の人ってのは、肝が据わってるねえ」

貴音「…???」ポカーン
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:08:48.50 ID:c8b4L+Lc0
響「それでは、また来ますよ」ガラッ

千早「キャン!キャン!」

響「うおっ!なんだこの犬…」

真「二度と来るな!」

雪歩「千早、落ち着いて。他のお客さんの迷惑になるから」

貴音「千早!?その犬は千早というのですか!?」

雪歩「可愛いでしょう?ねえ、千早ー?よーしよしよし!」

千早「ハグ!ハグ!」

貴音「もし、雪歩、齧られてますよ」

雪歩「中々人に懐かないんですよ…そんなところもあの人に似てるというか…」

貴音「千早を知っているなら…やはり雪歩でしょう!いえ、この寒気…逆に雪歩ではないのでは…?」

貴音「面妖な…」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:09:48.83 ID:c8b4L+Lc0
雪歩「あなた…もしかして千早さんを知ってるんですか?」

貴音「知ってるも何も…貴女も知っているでしょう」

雪歩「それは…私は知ってますけど…」

千早「ごめんください」ガラッ

雪歩「!!!?!?」

千早「四条さん、メール見ましたけど…一体どうしたんですか?」

真「!」

貴音「これは良いところへ来てくださいました」

千早「はあ…?って!萩原さんに真!?どうしてそんなところに!?」

雪歩「…ち」プルプル

千早「ち?」

雪歩「千早さあああああん!!!!!!」ガバッ

千早「!??」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:11:39.50 ID:c8b4L+Lc0
雪歩「千早さん!もう会えないかと思ってました!」ポロポロ

千早「ちょっと萩原さん?泣いてるの?」

雪歩「でもどうして生きてるんですか?やはりバスタルトであることと何か関係が?」

千早「い、一体何を言ってるの?」

雪歩「でもよく見ると所々違いますね。まるで若返ったような…まさか生まれ変わり!?」

雪歩「ということはまさか…あちらの方はテル・ロ・ウお母様の生まれ変わり!!?」

貴音「雪歩、落ち着きなさい」

千早「私が生きてたとか生まれ変わりとか…真、萩原さんはどうしたの?」

真「し、死んだんじゃなかったのか!?」

千早「生きてるわよ!」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:12:36.41 ID:c8b4L+Lc0
雪歩「えへへ…千早さん!」ギュー

千早「全く、何が何だか…」

真「全部終わったんだ…少しくらい甘えさせてやっても良いじゃないか」

千早「何が!?」

貴音「千早、どう思いますか?」

千早「どうって…さっぱりわかりません」

貴音「千早でも駄目ですか…」

千早「あ、でも、もう1人呼んでいますよ。もうすぐ来ると思います」

貴音「誰をですか?」

千早「誰って…春香ですけど」

春香「ごめんください!」ガラッ
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:13:51.10 ID:c8b4L+Lc0
雪歩「いらっしゃ…」

春香「…」

雪歩「春…香さん…?」

春香「雪歩ちゃん…?本当に雪歩ちゃんなの???」

雪歩「春香さん…あの…私…」

春香「雪歩ちゃん!雪歩ちゃんだー!!!」ガバッ

雪歩「は、春香さん!」

春香「良かった!本当に良かったよ!」ギュー

雪歩「春香さん…」

真「ふっ…」

春香「こうしちゃいられないよ!早速みんな集めてお祝いしよう!」

雪歩「み、みんなって?」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:14:51.88 ID:c8b4L+Lc0
春香「うん!そう!雪歩ちゃんと真ちゃんが見つかったの!すぐに来て!」

雪歩「そんなすぐになんて…皆さんの都合もありますし…」

伊織「雪歩が見つかったってー!!!」ガラッ

伊織「どこよ!あの巨乳バカはどこにいんのよ!」

雪歩「い、伊織さん!」

律子「こんなところにいたなんてねえ…全然気付かなかったわ」

雪歩「律子さんまで…」

亜美「元気そうで良かったです」

真美「この人が雪歩?本当におっきいね!」

やよい「こんばんやよやよ〜!今日はお祝いだから雪歩ちゃんの好きなキリンの着ぐるみよ!」

雪歩「べ、別にキリンは好きなわけでは…」

やよい「へ?そうなの?」

伊織「雪歩!あんたねー!」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:16:13.43 ID:c8b4L+Lc0
ジョセフ「まあまあ、積もる話もあるとは思いますが、今日は忘れてパーッと祝いましょう」

空羽「あーっ!真ちゃん!名瀬さん、本当にいますよ!」

楢馬「居酒屋から消えたと思ったらこんなところで働いてたのか」

名瀬「私から…逃げられると思うたか!」

真「げっ…」

リファ「リファ一号!」

リファ「同じくリファ二号!」

リファ「リファ三号!」

リファ「リファ四号!」

リファ「以下省略!!!」

あずさ「あら?千早、もう来てたのね」

千早「えっ?」

春香「というわけで!雪歩ちゃんと真ちゃんとの再会を祝って!」

春香「かんぱーい!」

「「「かんぱーい!」」」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/03(月) 00:17:52.58 ID:c8b4L+Lc0
貴音「…」ポカーン

貴音「な…」

貴音「なんなんですかこれは!!!!!!」ガバッ

雪歩「ひぃっ!」ビクッ

貴音「!!!?!?」

貴音「こ、ここは一体?」

雪歩「事務所ですぅ…大丈夫ですか四条さん?」

貴音「どうやら悪い夢を見ていたようです…」

雪歩「悪い夢ですか…お茶を飲んでリラックスしてください」コト

貴音「ええ、ありがとうございます」ゴクッ

貴音「真、美味です、流石は雪歩の入れたお茶ですね」

雪歩「あ、いえ、このお茶は私が入れたのではなくて」

ゆきぽ「ぽえー?」

雪歩「この子が入れたお茶ですよ」

貴音「!!!!!!?!?」



終わり

24:◆GeFlPxmhhk41:2017/04/03(月) 00:30:16.28 ID:c8b4L+Lc0
元祖アニマスことアイドルマスターXENOGLOSSIA10周年おめでとう!
この10年色々ありましたねー、黒歴史と呼ばれたり…スパロボに参戦したり…カードゲームになったり…
これからも頑張ってほしい限り!週間アウリン待ってます!
見てない人は一回見よう!千早PあずさP以外は楽しめるはず!千早PあずさPは…うん…
というわけで次回はアントシアニンというお話!
お奨め記事
4月4日 10時01分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告