記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 19:07:58.86 ID:gde2oXyAO

シンジ「ん…ふ…」シコシコ…

シンジ「ん……んんっ!」シコシコシコ…

シンジ「はあ、はあ……ん、ん…っ」ビクビクッ

シンジ「っあ、出る…! ミサトさん…! ミサトさんミサトさんミサトさん、ミサトさんっ…!」シコシコシコシコ

ミサト「なあに?」

シンジ「ミサっ…!?」ビクッ

ミサト「ただいま」

シンジ「……」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 19:12:11.00 ID:gde2oXyAO

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「お帰りなさいミサトさん」

ミサト「あなたはこれからイってきますね、シンジ君」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……違うんです」

ミサト「なにが?」

シンジ「あの、ほら……僕って叫ぶ時とか感極まってる時ってミサトさんのことついミサソさんって言っちゃうことあるじゃないですか」

ミサト「そうね」

シンジ「だから今のはちゃんといつでもミサトさんって発音出来るよう練習してただけであって」

ミサト「そうなの。大丈夫、ちゃんと言えてたわよ」

シンジ「そうですか? よかったぁ」

ミサト「まああなた自身はイけてなかったみたいだけど」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……発音っていうか発電をしてたのよね?」

シンジ「違いますよ?」

ミサト「じゃあナニをしてたの?」

シンジ「……えーと」

ミサト「うん」

シンジ「な……」

ミサト「……」

シンジ「……な、なに…」

ミサト「……」

シンジ「な……なにわ音頭」

ミサト「は?」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 19:18:40.37 ID:gde2oXyAO

シンジ「浪速音頭です」

ミサト「なあにそれ」

シンジ「すいません分かりません」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……シンジ君。誤解しないで欲しいんだけど私は別にあなたを責めているわけじゃないのよ」

シンジ「……」

ミサト「もっともあなたを攻めたいとは思っているけど」

シンジ「えっ?」

ミサト「なんでもないわ」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「それで一体あなたはナニをしていたの?」

シンジ「……い、言えません」

ミサト「何故?」

シンジ「言いたくないからです」

ミサト「私はあなたの上司なのよ。これは上官命令です。答えなさい」

シンジ「……」

ミサト「簡単なことでしょう。一体ナニをしていたか、あなたはそれを私に伝えるだけでいいの」

シンジ「……う」ジワッ

ミサト「……」

シンジ「ど、どうしても言わなきゃ……駄目ですか…?」ウルウル

ミサト「ええ」

シンジ「ぐすっ……ひっく」ポロッ

ミサト「……」

シンジ「んくっ。その……ぼ、僕、僕はっ、ミサ、ミサトさんで……っ、あの…」

ミサト「うん」

シンジ「ミサトさんで……お、お…」

ミサト「うんうん」

シンジ「お、おな……自慰を、していました……」ポロポロッ

ミサト「どうして?」

シンジ「えっ?」

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 19:24:25.50 ID:gde2oXyAO

ミサト「何故私で自慰をしていたのかその理由を詳しく聞かせて」

シンジ「……うぐっ。う、ううぅぅぅ……」ボロボロボロッ

ミサト「……ごめんね。あなたを泣かせたくて言っているわけじゃないのよ」

シンジ「……」グスッ

ミサト「ただ何故なのか、純粋にその理由を知りたいだけなの。他意はないわ」

シンジ「……」

シンジ「ね。だから教えて……シン自慰君」

シンジ「うわああああああああああ!!!!!」

ミサト「あっ、ごめんなさい! 今のは悪気があって言ったわけじゃないの! だから落ち着いてチン自慰君!!」ガシッ

シンジ「わああああああああん!!!! うわああああああああ!!!!」ジタバタッ

ミサト「……っ!」ギュッ

シンジ「っ!?」ビクッ

ミサト「ほら、落ち着いて……ね?」ナデナデ

シンジ「………は、い…」

ミサト「……」ナデナデ

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「ふふ。落ち着いた?」

シンジ「……」コクン

ミサト「じゃあ改めて理由を聞かせて」

シンジ「……」

ミサト「シンジ君?」

シンジ「」ビクッ

ミサト「……」

シンジ「……ひっく、その……ミサ、ミサトさんが……とても魅力的で…」

ミサト「……」

シンジ「えぐっ、ミサトさんの身体のこととか、を考えると興奮してしまうので……だから……えっと」

ミサト「私で自慰をしたのね?」

シンジ「………はい」

ミサト「そう……」

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 19:28:34.04 ID:gde2oXyAO

シンジ「あの、ご、ごめんなさい……」

ミサト「どうして謝るの?」

シンジ「え……だって……普通嫌ですよね、勝手にその……」

ミサト「自分をシンジ君のオカズに使われること?」

シンジ「……」

ミサト「別に嫌じゃないわ。むしろシンジ君が私で気持ち良くなってくれるのなら嬉しいもの」

シンジ「……本当に?」

ミサト「ええ、本当よ」

シンジ「じゃあ、僕のこと怒ってないんですか…?」

ミサト「ばかね。こんなことで怒るわけないでしょ?」

シンジ「………そっ、か。よかった…」ホッ

ミサト「ふふっ、そんな心配してたの? シンジ君ったら小心者ね」コツン

シンジ「……え、えへへ」

ミサト「で、どんな妄想で抜いてたの?」

シンジ「………………」

ミサト「出来るだけ具体的に生々しく、かつ臨場感溢れる描写であなたのその可愛いお口から逐一私に説明して」

シンジ「……」ジワッ

ミサト「どうしたの? ほら、早く」

シンジ「……やっぱり怒ってるんだ……ほんとはミサトさん僕のこと怒ってるんだ……!」

8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 19:37:17.08 ID:gde2oXyAO

ミサト「だから怒ってないって言ってるでしょ?」

シンジ「嘘だ嘘だ嘘だっ! 怒ってるよ、絶対怒ってるよ! 怒ってないならなんでそんな酷いこと言うんだよっ!!」

ミサト「言葉攻め楽し……上司として保護者として、私はあなたのことを細部まできちんと把握しておく義務があるからよ」

シンジ「……そんな……僕は自分の部屋の中にすら安住の地を求めてはいけないってことなの…?」

ミサト「そうは言ってないでしょう?」

シンジ「言ってるようなもんだよ! なんなんだよ、ミサトさんは僕のこと見下してるの!?」

ミサト「違うわ、信じて。私は例えあなたがサキバシリエルでも股間に鎧をマトイエルでもカワカブリスでもシンちゃんのことをちゃんと家族として大切に思っているのよ」

シンジ「うわああああああああああ!!!!!」

ミサト「シンジ君っ!!」

シンジ「どうせ僕は早漏だし皮も被ってるよ!!
    でもそれは仕方ないじゃないか、そんなの自分ではどうしようもないんだよ! 放っといてよ! 馬鹿にしないでよ!!」

ミサト「してないわ。シンジ君、あなたは物事を卑屈に捉え過ぎなのよ。もっとポジティブに考えなさい。
    まああなたのポジトロンライフルは通常の1/6スケールかもしれないけど」

シンジ「びええええええええええん!!!!!」

ミサト「ああっ! ごめんねシンジ君、ごめんなさい……本当にあなたを傷付けたくて言っているわけじゃないのよ……」

シンジ「ぐ、うっ、うう……ひぐっ、うぇぇ…」ポロポロポロ

ミサト「シンジ君……」

11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 20:07:07.65 ID:gde2oXyAO

シンジ「なんでだよ……どうしてそんなに僕のことを辱めようとするんだよ……」

ミサト「そんなつもりじゃないわ。でもね、ほら私とシンちゃんとでは倍以上の歳の差があるでしょう?」

シンジ「……」グスグス

ミサト「私はあなたのお母さん代わりを務めたいと思っているけれど
    正直シンジ君くらいの年頃の男の子の気持ちはよく分からないから……」

シンジ「……」

ミサト「これからも一緒に暮らしていく上でそういう部分も知っておくのはいいことだと思うの」

シンジ「……屁理屈だよそんなの…」

ミサト「男と女はロジックじゃないわ。ね、だから教えて?」

シンジ「……」

ミサト「教えてくれたらおっぱい見せてあげる」

シンジ「夜中寝てる時に泥酔したミサトさんが帰ってきてそのまま僕の部屋に侵入してきたと思ったらいきなり襲われて
    抵抗する暇もなく手首を縛られ目隠しもされて、最初は手でするだけよ?
    などと言いながらも結局は無理矢理童貞を奪われてしまうというシチュエーションです」

ミサト「……」

シンジ「ちなみにその次の日酔いが覚めたミサトさんは自分がしでかした事の重大さに激しく自己嫌悪に陥り僕との関係をなかったことにしようとします」

ミサト「……」

シンジ「けれど心の中に寂しさを抱えているミサトさんは人肌恋しさに結局僕との関係の心地良さに溺れてしまい
    その後もアスカの目を盗んで度々背徳感にまみれた行為を繰り返すんです」

ミサト「……」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 20:45:25.73 ID:gde2oXyAO

シンジ「こんなこといけない、間違っていると理性では理解しつつも
    まるで駄目駄目なお姉さん略してマダオなミサトさんはなし崩し的に僕との情事をエスカレートさせていきます」

ミサト「……」

シンジ「ついにはすぐ隣の部屋でアスカが寝ているにも関わらず
    わざとバレるかバレないかのスリルを楽しむかのように大人の余裕で僕を弄ぶミサトさん」

ミサト「……」

シンジ「しかし当然そんなギリギリの綱渡りのような関係が長く続くはずもなかった。
    ついに僕らの関係に気が付くアスカ。ミサトさんに軽蔑の目を向けるリツコさん。
    倒錯した二人の関係の行き着く先には一体ナニが待っているのか――」

ミサト「……」

シンジ「次回、最後のシャ精。さーてこの次もサービスサービス(意味深)」

ミサト「……」

シンジ「……こんな感じです」

ミサト「……そう。シンジ君は頭の中でそういう妄想をしていたのね」

シンジ「……ごめんなさい…」

ミサト「いいのよ、謝らないで。妄想の中でならナニをしたって自由だもの」

シンジ「ミサトさん……」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 20:49:59.28 ID:gde2oXyAO

ミサト「ふふ、それにしてもシンジ君のエントリープラグはさっきから熱膨張しっぱなしね。高エネルギー反応を示しているわ」

シンジ「あっ! す、すいませんっ!!///」バッ

ミサト「あら、ケージに戻しちゃうの? 本当はシンジ君は今すぐ強制射出したいんじゃない?」クスッ

シンジ「も、もうっ、からかわないでよミサトさんっ!!」

ミサト「あはは、ごめんなさい。シンちゃんの反応が可愛くってつい」ツンツン

シンジ「ひどいや……」

ミサト「ふふ。じゃあシンジ君が正直に話してくれたご褒美に……私も私の特殊装甲を脱ぐわね……?」パサッ

シンジ「……!」ゴクッ

ミサト「どう?」タプンッ

シンジ「……」




シンジ「すごく……ジャイアントストロングエントリーです……」

ミサト「ふふふ。ありがとう、嬉しいわ」

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:12:51.63 ID:gde2oXyAO

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……あの」モジモジ

ミサト「なあに、シンちゃん」

シンジ「えっと、それで……あの、本当にそろそろ部屋から出て行ってもらえませんか…?」ソワソワ

ミサト「え?」

シンジ「すいません、僕ほんとにもう……」ソワソワソワソワ…

ミサト「……」

ミサト「なるほど。つまりシンジ君はこれから身体中の電力を一カ所に集めて放出する。一人ヤシマ作戦を決行したいのね?」

シンジ「………はい」

ミサト「……」

シンジ「……」ソワソワソワ…

ミサト「……ハァ。ここまでの状況下にあって、それでもあなたは私にアグレッシブにかかって来ることはしないのね」

シンジ「……」

ミサト「あなたのプログレッシブナイフはそんなにも荒ぶっているというのに」

シンジ「……」

ミサト「まあ、それはそれである意味シンちゃんらしいかもしれないけれど」

シンジ「……だって、実際にはミサトさんは僕のことなんて何とも思ってないんでしょ」

ミサト「……」

シンジ「普段の生活だけじゃなく性的にもだらしない、リアル中学生男子に本気で手を出しちゃうようなド淫乱なミサトさんなんて所詮僕の妄想の中だけの産物に過ぎないんだ……」

ミサト「……」

シンジ「だったら、どうせ裏切られるくらいなら、最初から一人でシコシコ自家発電してた方がずっといいよ……」

ミサト「……」

18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:25:24.86 ID:gde2oXyAO

ミサト「……シンジ君」

シンジ「……なんですか」

ミサト「命令よ。今ここでさっきまでの行為の続きをしなさい」

シンジ「なっ…!?」

ミサト「息子を握って扱きなさい。それがあなたが今出来ること。しなくちゃならないことよ」

シンジ「な、何を言ってるの…?」

ミサト「……」

シンジ「……嫌だよ」

ミサト「……」

シンジ「出来るわけないよ!! そんなの絶対おかしいよ!!」

ミサト「上官命令に逆らう気?」

シンジ「そんっ……だ、大体さっきからミサトさんはおかしいんだよ!! 命令命令ってそればっかりじゃないか!!」

ミサト「……これが私の最後の命令よ」

シンジ「……えっ?」

ミサト「あなただってこのまま暴発しかけている自分の息子を見捨ててなんておけないでしょ?」

シンジ「……」

ミサト「ね?」

シンジ「…………」











シンジ「……」コクン

ミサト「……いい子ね」ナデナデ

シンジ「……」

ミサト「これが終わったら……その先は私はもう命令なんてしないから……」

シンジ「……」

ミサト「あなたが進む道程はあなたがひとりであなた自身で決めなさい。……童貞だけに」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:32:53.76 ID:gde2oXyAO

ミサト「……あなたはもう子供じゃないわ」

シンジ「……」

ミサト「周りの同居人達の視線に振り回されて、こそこそ部屋に閉じ籠もって処理するのはもう終わり。卒業するの」

シンジ「……」

ミサト「怖がらないで。もう一度自分の意志で一発を発射しなさい」

シンジ「……」

ミサト「誰の力も借りずに精液を出しなさい」

シンジ「……」

ミサト「何の為にここで自慰してきたのか、何の為に息子を扱いてきたのか、何の為に今こうしてここでオナニーするのか」

シンジ「……」

ミサト「あなた自身これからどうシたいのか」

シンジ「……」

ミサト「そして精子を吐き出したら……必ず賢者タイムに帰ってくるのよ」

シンジ「……」

ミサト「シンジ君……」スッ

シンジ「……!?」ビクッ

ミサト「ん…」チュッ

シンジ「んっ!? ん、んん~~っっ!?」ジタバタ

ミサト「……ん。むぐっ、んふっ! ぷはっ」

シンジ「ミっ、ミサトさん…!?///」バッ

ミサト「……大人のキスよ。帰ってきたら……続きをしましょう」

シンジ「! ………は、い」

ミサト「シンジ君……」

シンジ「……じゃあ…」モゾモゾ

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」










シンジ「…………いや、ちょっと待ってよ!!!」

ミサト「チッ…」

20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:40:20.75 ID:gde2oXyAO

シンジ「なんか一瞬流されかけちゃったけどやっぱりいろいろおかしいよ! なんでだよ! どうしてそうなるんだよ!!」

ミサト「……」

シンジ「普通にこのまま大人のキスの続きをさせてくれればいいじゃないか!
    なんでそこで僕に公開オナニーを強要するんだよ!! とんだ羞恥プレイだよ!!
    僕はまだそんな性癖に目覚めた覚えはないよ!! 危うく丸め込まれるところだったよ!!」

ミサト「でもシンジ君は毎日ティッシュを丸め込んでるんでしょ?」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……シンジ君。逃げちゃ駄目よ。自分の息子から、何より自分自身の痴態から」

シンジ「そんな……そんなのないよ……」

ミサト「イきなさいシンジ君」

シンジ「……」

ミサト「他の誰でもない」

シンジ「……」

ミサト「あなた自身の手淫の為に」

シンジ「……無理だよ…」

ミサト「……」

シンジ「目の前で見て聞いてるミサトさんがいるのにそんなの出来るわけないよッッ!!!!」ダンッ!

ミサト「……シンちゃん」

シンジ「やっぱり僕の息子は要らない存在なんだ」

ミサト「……」

シンジ「誰からも必要とされず、誰からも愛されない……」

ミサト「……」

21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:46:42.89 ID:gde2oXyAO

シンジ「は、はは……でもこれは罰なのかもしれないですね……」

ミサト「……」

シンジ「だって僕は父さんが僕という息子を捨てたように、僕も僕の何億という息子達をこれまで山程ティッシュに包んで無慈悲に捨ててきたんだから……」

ミサト「……」

シンジ「……どうせミサトさんも結局は僕のことからかって遊んでるだけなんでしょ。
    これからも僕は一人で量産型の白いアレを延々生産するだけの日々なんだ……」

ミサト「……」

シンジ「うっ、う、う……別にいいじゃないか。仕事に出かけたミサトさんに委員長と遊びに出かけたアスカ……。
    たまの休日に、二人が留守にしている間に、誰の目も気にしなくていいところで思いっきり自家発電して何が悪いんだよ!!!!」

ミサト「……」

シンジ「僕は何も悪くないよ!! ナニも何も悪くないよ!!!!」

ミサト「ええ、そうよシンジ君」

シンジ「……」

ミサト「あなたは何も悪くないわ。人に褒められはしないけど立派なことをしたのよ」

シンジ「……ミサトさん」

ミサト「もっともあなたの息子は立派とは言えないけど」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……えぐっ、ぐ、うぅ……ひっく」

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 21:49:52.13 ID:gde2oXyAO

ミサト「ごめんなさい。意地悪で言ったわけじゃないの。泣かないでシンジ君……」

シンジ「ひっ、ひどいよミサトさん……仕方ないじゃないか、僕はまだ中学生なんだから仕方ないじゃないか……!」

ミサト「そうね。シンジ君はまだ子供なんだからシンジ君のシンジ君がいつも朝ごはんにシンジ君の作ってくれるタコさんウインナーくらいであることはごく普通のことだわ。
    むしろ可愛くていいと思うわよ?」

シンジ「……ミサトさんさっき僕のこともう子供じゃないって言ったよね?」

ミサト「それとこれとは話が別よ」

シンジ「……」

ミサト「……」

シンジ「……」

ミサト「……まあ確かに加持のはフランクフルトかもしれないけど」

シンジ「うわああああああああああん!!!!!!」

ミサト「ああっ、ごめんなさいシンジ君! そんなつもりじゃなかったの! ごめんなさい!!」

24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:01:02.33 ID:gde2oXyAO

シンジ「なんだ、なんなんだよさっきから!! ミサトさんは僕をどうしたいんだよ!?」

ミサト「私はただあなたに自分の欲望に素直になって欲しいだけよ」

シンジ「……」

ミサト「だって自分の息子を好きになれない人は他人を好きになれないもの」

シンジ「……でも、僕は僕の息子が嫌いだ」

ミサト「……」

シンジ「僕は短小で、包茎で、早漏で、その上生えてなくて……」

ミサト「大丈夫、それはむしろ興奮要素だから」

シンジ「えっ?」

ミサト「なんでもないわ」

シンジ「……それに童貞だし」

ミサト「……」

シンジ「みんな僕も僕の息子のことも嫌いなんだ。誰も僕のことなんか好きになってくれるわけないんだ」

ミサト「あなたが勝手にそう思い込んでるだけでしょう?」

シンジ「……」

ミサト「自分が分かれば息子にも優しく出来るわ」

シンジ「……それでもやっぱり僕は僕の息子が嫌いだ」

ミサト「……」

シンジ「でも……好きになれるかもしれない」

ミサト「……!」

シンジ「僕はここでシてもいいのかもしれない」

 ピシッ…


シンジ「……そうだ、僕は僕でしかない」


 ピシッ ピシピシッ…


シンジ「僕は僕だ、僕でいたい」


 ピシピシピシッ…


シンジ「……僕はここでシたい!!」


 パリーンッ!



シンジ「僕はここで抜いていいんだ!!!!」

ミサト「あなたはナニもしないで」

シンジ「うわあああああああんっっ!!!!!!」


 ――終劇

25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:09:45.92 ID:gde2oXyAO



 ――エピローグ

シンジ「ひぐっ、うぇっ、うぅ……」グスッ

ミサト「……」

シンジ「うええ…えぐっ、ひっく、ぐすっ、うぐ…っ!」

ミサト「……」

シンジ「ひどいよミサトさん……ひど過ぎるよ……どうしてそんなに僕を虐めるんだよ……」

ミサト「……シンちゃん」

シンジ「そんなに僕を弄んで楽しいの? ミサトさんなんか嫌いだ……もう嫌だ……」グスグス

ミサト「ごめん、ごめんねシンちゃん……シンちゃんが可愛過ぎてついやり過ぎてしまったの……」ギュウ

シンジ「……」グシグシ

ミサト「……ねえシンジ君。ほら、もうすぐ何の日か……分かるでしょ?」

シンジ「え?」

ミサト「ほら」

シンジ「……ぐすっ。バレンタイン…?」

ミサト「ふふ、当たり。だから……ね。ほら、シンちゃんのホワイトチョコと生クリームで私をたっぷりデコレーションしてくれて……いいのよ?」チラッ

シンジ「!!!!」

ミサト「来て……シンジ君///」

シンジ「…………ミサトさんっ!!」ガバッ

ミサト「あんっ。ダメよシンちゃん、そこはスポンジケーキじゃなくてラムレーズンよっ!///」

シンジ「ミサソさん、ミサソさん、ミサソさんっっ……!!」

ミサト「シンジ君、シンジ君、シンジ君……っっ!!」


 この後二人は幸せな大人のキス以上のことをして終了

 ☆HAPPY END☆

26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:22:42.68 ID:gde2oXyAO

 <ウソ次回予告>

 シンジを咥え込んだまま締め付けるミサト29歳
 廃棄される精子。量産されるゴミ箱のティッシュ
 ミサトのドグマへと投下されるシンジの荒ぶる初号機。胎動するミサトとそのおっぱい
 ついに集う、種を仕込まれた三十路達
 果ててイくことを望む人々の物語はどこへ続くのか――

 次回 オバンゲリヲン新劇場版オバQ

 ミサト、四十路のむこうに

 さぁ~て、この次もサービス、サービ……え? 四十路のサービスはいらないって?

 月に代わってお仕置きするぞコラ

 Quickening!!

27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:36:16.71 ID:R7OMB31nO
乙、
なんだ、この天才
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/12(木) 22:50:36.34 ID:8rFDFvgJO
想像以上に天才だったな
お奨め記事
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告