記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:25:06.79 ID:JrhEPci8O
キャラ崩壊注意!

穂乃果「そういえば」

海未「はい?」

穂乃果「穂乃果、あんこを好きになる努力をしようと思うんだ」

海未「…はい?」

穂乃果「聞こえなかった?もう一度言うね。穂乃果…」

海未「それはもういいです。さっき聞きました」

穂乃果「あっ、そうなの?」

海未「ええ」

穂乃果「そっかー」

穂乃果「あ、さっきの話の続きだけど…」

海未「穂乃果があんこを好きになる努力をする、という話ですよね?」

穂乃果「そうそう」
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:29:25.82 ID:JrhEPci8O
海未「なるほど…穂乃果がですか…」

穂乃果「なっ、なに?」

海未「ふふっ、いえ。穂乃果がそんなことを言うなんて思いませんでしたよ」

穂乃果「そうかな…?」

海未「ええ、この前なんて…」

海未「「あんこー飽きたー!」と言いながらまんじゅうを握り潰したあとに、ゴミ箱へスラムダンクしていたじゃないですか」

穂乃果「あー、そういえばそんなこともあったね」

海未「つい最近の出来事でしょう?」

穂乃果「あはは」

海未「ふふ」

にこ「…」

にこ「え?」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:32:58.73 ID:JrhEPci8O
にこ「ちょ、ちょっと待ってよ」

穂乃果「?」

海未「どうしたんですか?にこ」

にこ「いや…なに?穂乃果…あんた、いつもまんじゅうをそんなふうに扱っているの?」

穂乃果「うん」

にこ「うんって…」

にこ「あのね穂乃果?食べ物をそんなふうにしちゃダメなのよ?」

にこ「いくら嫌いだからってゴミ箱に捨てるのは…」

穂乃果「だからもうやってないよ」

にこ「…」イラッ

にこ「にこはねぇ!そういうことを言ってるんじゃないの!!」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:37:08.50 ID:JrhEPci8O
穂乃果「!」ビクッ

にこ「食べ物を粗末にするなってことよ!」

穂乃果「ご、ごめんなさい…」シュン

にこ「わかった?もう絶対にしちゃダメよ?」

穂乃果「うん…」

にこ「わかってくれればいいわ。怒鳴ってごめんなさいね」ナデナデ

穂乃果「にこちゃん…!」

にこ「ふふっ」

にこ「…」

にこ「…ていうか、ずっと気になってたんだけど」

穂乃果「?」

にこ「なんで腕に包帯巻いてるの?」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:42:12.70 ID:JrhEPci8O
穂乃果「あー…」

絵里「あ、それ私も気になってたわ」シャンシャン

希「ウチもウチも」

凛「凛もー」

花陽「わっ、私も…!」

真姫「…」クルクル

ことり「ことりも〜♪」

海未「私m」

にこ「あなたはさっきからずっと話してたでしょうが!」

にこ「なんで聞かないのよ!」

にこ「はぁ…で、どうしたの?」

にこ「さっきから気になって仕方ないんだけど」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:45:53.93 ID:JrhEPci8O
穂乃果「えへへ、やっぱ気になる!?」

にこ「なんでそんなに元気そうなのよ」

にこ「…まぁそんなのどうでもいいわ」

にこ「話を戻すけど、その包帯はなんなの?」

にこ「本当に怪我…してるのかしら?」

にこ「でも元気そうだし…」

穂乃果「…」

穂乃果「実はね…」

ことり「…」

海未「……」

にこ(なにこの重々しい空気)

穂乃果「昨日、雪穂と喧嘩しちゃったんだ…」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:50:26.47 ID:JrhEPci8O
にこ「喧嘩?ふーん。で?」

穂乃果「え?それだけだよ?」

にこ「…は?喧嘩っていってもどうせ口喧嘩じゃないの?」

穂乃果「いや…」

海未「それにしても穂乃果が雪穂と喧嘩なんて珍しいですね」

穂乃果「うん…あはは、穂乃果、雪穂のこと怒らせちゃったみたいで…」

海未「穂乃果…」

にこ「…」

にこ「…よかったら、話してくれない?」

穂乃果「え…?」

にこ「穂乃果だって雪穂ちゃんと仲直りしたいでしょ?」

にこ「にこだってなにな力になれるかもしれないし…」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 20:56:12.47 ID:JrhEPci8O
穂乃果「にこちゃん…!」ウルウル

海未「にこ…」

ことり「にこちゃんかっこいい…!」

凛「ちょっとだけ見直したにゃー」

花陽「うんうん!」

真姫「そうね」

希「にこっちってやっぱ部長って感じやなぁ」

にこ「当たり前でしょ!にこにーは大銀河宇宙No.1なんだから!」

にこ(…ん?ちょっとだけ見直した?)

絵里「ふふっ、さすがにこ…」シャンシャン

にこ「あ、あんたは喋らないでいいわ」

絵里「なんで私だけ扱いが雑なのよ!!」シャンシャン
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/15(水) 21:01:40.48 ID:JrhEPci8O
絵里「はっ倒すわよ!!」シャンシャン

にこ「スクフェスやりながら言われたくないわ」ヒョイッ

絵里「あっ!!」

絵里「ちょ!ちょっと!!」

にこ「なによ」

絵里「もう少しでフルコン出来そうだったのに…!!」

絵里「返しなさい!」バッ

にこ「とりあえずこれは預かっておくわね」スッ

絵里「うぐっ!」ガッシャーン

にこ「あっ」

凛「絵里ちゃんが机にダイブしたにゃー!」

花陽「凛ちゃぁん…!!」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:16:12.19 ID:SLVpwW5RO
絵里「うううぅ…」

にこ「ちょ、ちょっと…大丈夫?」

絵里「がっ、がえじで…」

絵里「もうずごじで初めてフルコンできそうだっだのにぃ…!」ポロポロ

凛「絵里ちゃん泣いてるにゃー」

花陽「そ、そんなこと言ったらダメだよ〜…」

にこ「悪かったわよ…」

絵里「じゃあ…!!」

にこ「でもね、部活中にゲームはしちゃダメなの」

にこ「だからこれは帰るまで預かっておくわね」

絵里「うわあ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!」ボロボロ

凛「あはははは!マジ泣きしてるにゃー!」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:20:21.74 ID:SLVpwW5RO
にこ「…はぁ、話が脱線しすぎたわ」

絵里「お願いしますスマホを返してください…」

にこ「ごめんなさいね穂乃果、話してくれる?」

穂乃果「ええっと…」チラッ

絵里「お願いしますお願いします…LPが…」

にこ「…」

にこ「気にしないでいいわよ別に」

凛「土下座してるよ…」

花陽「なんか可哀想だよぉ…」

真姫「…」クルクル

にこ「大丈夫よ、いつもこうだから」

海未「いつも、ですか?」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:25:22.27 ID:SLVpwW5RO
にこ「ええそうよ。絵里は授業中でもゲームをしてよく担任に怒られているらしいわ」

ことり「えぇ…?」

海未「絵里が…?とても信じられませんが…」

絵里「…!」ピクッ

絵里「そうよにこ!私が授業中にゲームなんてするわけないでしょ!?」

絵里「デタラメ言ってるんじゃないわよ!!」

穂乃果(態度がよくころころと変わるなぁ)

海未「それににこ、あなたは絵里と違うクラスでは?」

絵里「そっそうよ!なんで違うクラスのあなたが私の」

にこ「希から聞いたの」

絵里「え?」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:35:34.51 ID:SLVpwW5RO
絵里「の、希?あなたまさか…」

希「ヒュー…ヒュー…」プイッ

絵里「全然口笛吹けてないじゃないの!!」

絵里「下手な口笛で誤魔化すなぁ!!」

希「だって口が滑ったんやもん!仕方ないやん!」

絵里「仕方なくないわよ!!!」

絵里「もっ、もしかして希、アレも喋ったんじゃないでしょうね!?」

希「あ、いや…」

にこ「アレって?」

絵里「私が生徒会長になった理由は生徒会室で快適にゲームができる上に職権乱用で他の部から少しずつ部費を貰ってお菓子やジュースを…」

希「えっ、えりち!」

絵里「…」

絵里「え?」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:44:05.74 ID:SLVpwW5RO
にこ「今の話…」

ことり「もう少し詳しく教えてもらえるかなぁ?」ニコニコ

絵里「あっ、え、ぁ、あれよ!嘘!今のは嘘!」

絵里「ほら!今日ってエイプリルフールでしょ!?」

海未「エイプリルフールはあと二週間ほど先ですよ」

花陽「絵里ちゃん…」

絵里「…た……じゃ…ない」

ことり「んー?なにか言った?」

絵里「家では一時間しかゲームが出来ないんだから…」スッ

絵里「仕方ないじゃない!!!!!!!」バンッ!!

凛「逆ギレだにゃー!」

にこ「もうこいつ理事長に突き出しましょうよ」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:50:00.34 ID:SLVpwW5RO
絵里「うっさいうっさいうっさーい!!」

絵里「私だってねぇ!家で何時間もゲームができればこんなことしないわよ!!」

にこ「すればいいじゃない」

絵里「亜里沙が…亜里沙が許してくれないのよ…!」

花陽「ど、どういうことなの…?」

海未「さぁ…私にはさっぱり」

絵里「私が一時間以上ゲームをすると怒鳴ってくるのよ…」

ことり「怒鳴る…?」

絵里「「お姉ちゃん!そんなにゲームをやったら目が悪くなっちゃうからダメだよ!」って…!!」

絵里「私はそれが怖くて逆らえなくて…!!」

にこ「なんて優しい妹なのかしら」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 07:55:29.09 ID:SLVpwW5RO
絵里「優しい…?」

絵里「あの人間の皮を被った悪魔が!?」

にこ「あなたよく実の妹にそんなこと言えるわね」

絵里「黙りなさい!」

絵里「亜里沙は…それだけ私の自由を奪ってきたのよ!」

にこ「自由って…」

にこ「でもね絵里、ゲームを一時間しかやらせないのはあなたのためだと思うけど?」

絵里「私のため?どうして…?」

にこ「「目が悪くなるからやりすぎないように」って言われたんでしょ?」

にこ「どう考えても絵里のためを思ってのことじゃないの?」

絵里「いいえ違うわ…きっと私が悔しがってるのを見て嘲笑ってるのよ…!!ううぅ…」ポロポロ

にこ「……」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:13:03.71 ID:SLVpwW5RO
にこ「…もうあなたと会話をしてもらちがあかないわ」

にこ「はい、スマホ返すからもう黙ってなさい」スッ

絵里「えっ!本当!?にこありがとー♪」ギューッ

にこ(…もしかしてさっきの嘘泣き?)

にこ(今までお堅い生徒会長って思ってたのに…)

にこ(今じゃただのポンコツにしか見えなくなってきたわ)

にこ(いや、でももしかするとさっきのは演技とか?)

にこ(にこにスマホを返させるための…)チラッ

絵里「今度こそフルコン取るわよー!」シャンシャン

にこ「…」

にこ(ないわね)

にこ「…」

にこ「…あ」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:16:22.43 ID:SLVpwW5RO
にこ(穂乃果の話を聞くって言ったのにこのポンコツのせいですっかり忘れてた…!)

にこ「穂乃…」バッ

真姫「はい、これでいいわよ」キュッ

穂乃果「真姫ちゃんありがとー」

にこ「?」

にこ「ねぇ、二人とも」

穂乃果「?」

真姫「なに?」

にこ「そんな端っこでなにしてるの?」

穂乃果「ああ!えっとねー」

真姫「穂乃果の腕の包帯を変えてただけよ」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:19:45.37 ID:SLVpwW5RO
にこ「まだ痛むの?」

穂乃果「ちょっとね…」

真姫「ただの打撲みたいだし、すぐに治ると思うわ」

穂乃果「ならいいけど…」

にこ「ふーん」

にこ「…」

にこ「…もしかしてそれ、雪穂ちゃんにやられたの?」

穂乃果「…!あ、いや…違うよ?」

穂乃果「悪いのは穂乃果で…」

穂乃果「だから…雪穂は悪くないんだよ…」

真姫「…」クルクル

にこ「穂乃果…」
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:23:40.45 ID:SLVpwW5RO
にこ「…話してくれる?」

にこ「ほら、さっき聞こうとしたけどあれ(絵里)が騒いでて聞けなかったし…」

にこ「穂乃果が嫌じゃなければでいいけど…」

穂乃果「…」

穂乃果「…うん、わかった」

にこ「ありがとう、穂乃果」

穂乃果「…」スッ

穂乃果「…」ギュッ

にこ「…」

穂乃果「…」

穂乃果「あれは…昨日の、夕方だったかな…」

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:29:06.22 ID:SLVpwW5RO
──昨日・高坂家

穂乃果「あははは!この漫画面白いなー」

雪穂「お姉ちゃん、笑ってるけどなに読んでるの?」

穂乃果「え?あぁ、これだよ」

雪穂「ONE…わん、ぱんちまん?」

穂乃果「これで「ワンパンマン」って読むみたいだよー」

雪穂「へー」

雪穂「そんなに面白いの?」

穂乃果「うん!主人公がもうめちゃくちゃ強くてね」

穂乃果「どんな敵もほぼ一撃で倒しちゃうの!」

雪穂「ふーん」

雪穂「でもさ、みんな一撃で倒してたらすぐ飽きない?」
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:32:01.62 ID:SLVpwW5RO
穂乃果「んー…ストーリーもすごく面白いし」

穂乃果「絵も綺麗だから読んでて飽きないよ?」

雪穂「そうなの?」

穂乃果「うん!」

雪穂「読み終わったら私にも貸してくれる?」

穂乃果「もちろんいいよー」

雪穂「ありがとー」

雪穂「あ、おやつ食べる?」

穂乃果「うん!食べる食べるー」

雪穂「そう言うと思って…はい!ほむまん」ゴトッ

穂乃果「えー…」

穂乃果「またあんこ…?」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 10:36:40.14 ID:SLVpwW5RO
雪穂「文句言わないの。うちは和菓子屋なんだから」

穂乃果「毎日ずーっとあんこ…」

穂乃果「誰だって飽きるよ!」

穂乃果「ポテチとかチョコとか食べたいよー!」バタバタ

雪穂「はぁ…」

雪穂「あのさぁ、お姉ちゃん」

雪穂「この前も「あんこ飽きたー」とか言ってぐしゃぐしゃにしてゴミ箱に捨てたでしょ?」

穂乃果「だって…飽きたんだもん…」

雪穂「ならそういうことしないで普通に食べなきゃいいだけじゃん」

雪穂「お姉ちゃんのやってることは幼稚園以下だよ?」

雪穂「お父さんね…それを見て泣いてたんだから」
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:04:51.90 ID:3lPpncyw0
穂乃果「お父さんが…?」

雪穂「自分が作ったまんじゅうがゴミ箱にポイだよ?」

雪穂「他人からともかく、愛する娘に」

雪穂「そんなの誰だって泣くよ」

穂乃果「うっ…」

雪穂「わかった?もうそんなこと二度としちゃダメだからね?」

穂乃果「うん…」

雪穂「反省してるならさ、お父さんに謝ってきたら?」

雪穂「ちゃんと謝ったらきっと許してくれるよ」

穂乃果「…」

穂乃果「でもさ…悪いのって穂乃果だけなのかな?」

雪穂「は?」
27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:09:06.15 ID:SLVpwW5RO
雪穂「え?なに?お姉ちゃん人の話聞いてた?」

穂乃果「聞いてたけどさ…おかしくない?」

穂乃果「なんか穂乃果だけが悪者みたいな感じで…」

雪穂「いやいやいや」

雪穂「悪いのは全部お姉ちゃんだからね?」

雪穂「10:0でお姉ちゃんが悪いんだよ?」

穂乃果「えー…」

雪穂「えーじゃなくて」

雪穂「お姉ちゃんがやった行為は幼稚園以下!」

雪穂「猿の方がまだ賢いよ!」

穂乃果「さっ、猿…穂乃果は猿以下?」

雪穂「うん」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:14:05.92 ID:SLVpwW5RO
穂乃果「なにさ…雪穂はお姉ちゃんばっかり責めて…」

穂乃果「それに、実の姉を猿以下の脳みそしか持ってないごみくずみたいなこと言って…」

雪穂「そこまでは言ってないよ」

雪穂「それとね?猿って結構賢いんだよ?」

雪穂「お姉ちゃんみたいなことは絶対しないし」

穂乃果「…」ピクッ

穂乃果「もういい…」

雪穂「謝る気になったの?」

穂乃果「お姉ちゃん怒ったよ!」

穂乃果「そこまでバカにされて黙ってられないんだから…!!」

雪穂「…え?」
29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:26:51.59 ID:SLVpwW5RO
雪穂「ちょ、ちょ、なに?」

穂乃果「怒った!もう怒ったよ!!」

穂乃果「前から雪穂は少しお姉ちゃんに対して生意気だなって思ってたんだよ…」

雪穂「いやいや…」

穂乃果「これはもう上下関係を教えてあげないといけないみたいだね…」

雪穂「え…ちょ、ちょっと待ってよ」

雪穂「殴るの?…私を?」

穂乃果「うっさい!」

穂乃果「姉よりも優れた妹なんて存在しないんだよー!」

雪穂「ひっ」

穂乃果「マジ殴りいぃぃぃぃ!!」ダッ
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:27:22.64 ID:SLVpwW5RO








その時、奇跡が起きた







31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:32:36.37 ID:SLVpwW5RO
穂乃果が走った先には──先ほどまんじゅうを運んだおぼんが。

穂乃果はそのおぼんにつまづき──

顔と、前に出していた右腕をテーブルに強打した

これは──罰なのだろうか

何度も食べ物を粗末にしたこと

自分が悪いのに他の者のせいにしようとしたこと

なんの罪もない妹に殴りかかろうとしたこと

穂乃果のマジ殴り(笑)は妹に届く前におぼんによって阻止されたのであった──





これでしばらく笑いのネタには困らなそうです

ざまあみろ

高坂雪穂談

32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:36:49.75 ID:SLVpwW5RO
穂乃果「うっ…ふぐうううぅ!!」

穂乃果「ああああぁぁ…」

雪穂「だ、大丈夫…?」

穂乃果「腕が…腕が…あと顔も痛い…」

雪穂「腕はモロにテーブルに当たってたもんね…」

雪穂「どこらへんが痛いの?」

穂乃果「こっ、ここが…ううぅ…!」

穂乃果「うっ、う…ぐすっ…あねより…」

雪穂「なに?」

穂乃果「姉より…ずぐれだ…いもうどは…ぐす…いないぃ…」

雪穂「…わかったわかった。お姉ちゃんが一番だから」

穂乃果「ふぐうううううううぅ…!!」ポロポロ
33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:39:54.68 ID:SLVpwW5RO
────

雪穂「大丈夫?落ち着いた?」

穂乃果「うん…」

雪穂「ちょっと手荒だけど…包帯巻いておいたから」

雪穂「明日にでも病院で診てもらった方がいいよ」

穂乃果「雪穂、ありがとね…」

雪穂「ううん、気にしないで」

穂乃果「…」

穂乃果「穂乃果、お父さんに謝るよ」

穂乃果「あんこも…ちゃんと食べるようにする」

雪穂「お姉ちゃん…!」

穂乃果「雪穂ぉ…!!」ギュー
34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:43:43.83 ID:SLVpwW5RO
穂乃果「──…ていう感じかな?昨日起きたことは」

にこ「…」

にこ「…そ、そうなんだ」

穂乃果「にこちゃん?どうかした?」

にこ「いや…なんでもないわ」

穂乃果「? そっか」

にこ「…」

にこ(は?)

にこ(え、なに?は??)

にこ(穂乃果が雪穂ちゃんのことを庇ってるみたいな感じで話してたから親身に聞いてやったのに…)

にこ(なんなのよあれ…)

にこ(100%穂乃果が悪いじゃないの!!)
35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:51:17.14 ID:SLVpwW5RO
にこ(なにが「悪いのは穂乃果で…」とか)

にこ(「だから…雪穂は悪くないんだよ…」なの!?)

にこ(その通りじゃない!!)

にこ(裁判で最初から弁護士も含めて満場一致の有罪判決のようなものよ!?)

にこ(紛らわしい言い方するんじゃないわよまったく!!)

にこ(…真面目に聞くんじゃなかった)

にこ(はぁ…さて、そろそろ練習の時間かしら?)チラッ

絵里「あー!またフルコン逃したあぁ!!」

凛「絵里ちゃんそんなのもクリアできないのー?」

希「まぁまぁ凛ちゃん。えりちは下手くそなんやから」

絵里「あなたそれフォローになってないわよ!?」

海未「暇ですし私たちもゲームしますか」

ことり「やろやろー」

にこ「…」

にこ「もうやだこの部活」

おしまい



凛「ちなみにこのあと、ことりちゃんが理事長に絵里ちゃんがやったことを全部報告したらしいにゃー」
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 12:56:33.33 ID:SLVpwW5RO
ギャグものを書こうとしたらこうなりました

特定のキャラをdisっているわけではないです

キャラを崩壊させすぎた絵里ちゃんと穂乃果ちゃんは本当にごめんなさい

読んでくれた人ありがとう

前作です
穂乃果「エイプリルフール?」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1489496724/

お奨め記事
3月18日 04時01分|ラブライブ!0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告