記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:27:10.11 ID:hASFWxyb0



瑞希「……」

P「……」

瑞希「……」

P「…………み、瑞希〜」

瑞希「……」

P「……瑞希さん?」

瑞希「……」

P「真壁さん(超低音イケボ)」

瑞希「……?」



P「……笑顔です(超低音イケボ)」

瑞希「……っ」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:27:59.18 ID:hASFWxyb0


P「今笑ったな?」

瑞希「…………」

P「……」

瑞希「……」

P「……マ・クベ」

瑞希「……」プイッ

P(だめか……)

瑞希「……」

P「これは……」スッ



P「いい、壺です(超低音イケボ)」チーン

瑞希「…………」プルプル

P(ウケた? それともさらに怒らせたか……?)

瑞希「……」

P「……」


P(うーん)



P(分からん)


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:29:27.55 ID:hASFWxyb0



ガチャッ

翼「おはようございまーっす。あれ?」


瑞希「……」

P「あ、あぁ、翼。おはよう」

瑞希「おはようございます、伊吹さん」

翼「なにしてるんですか〜? にらめっこ?」

P「だったら良かったんだが」

翼「違うんですか?」

P「違う」

翼「じゃあなんなんですか〜?」

P「いや、俺が瑞希を怒らせちゃっただけだよ」

翼「えっ、瑞希ちゃん怒ってるの?」

瑞希「はい、怒ってます。……ぷんすか」

翼「全然分からない……あ、でもプロデューサーさんは分かるんだよね? すごいなー」

P「いや俺も分からん。ただ本人が怒ってると言うから……」

翼「うーん……機嫌直して欲しいなら、コーヒーゼリーあげてみたらどうですか?」ヒソヒソ

P「この距離じゃヒソヒソ声にしても聞こえてると思うぞ」

瑞希「私は、そんなに安い女ではありませんよ」

P「ほらな」

瑞希「まぁ、くれるというなら受け取りますが」

P「そうか」

翼「おかしいな〜、美希先輩はおにぎりさえ食べさせとけばなんでも許してくれるのに……」

P「そうだな」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:30:26.53 ID:hASFWxyb0


翼「で、なんで怒らせちゃったんですか?」

P「いや実は、感情表現を豊かにする練習で」

翼「うんうん」

P「怒りの感情を引き出そうとして……」

翼「ん?」



P「『お前なんだか』」


P「『トランプとか使って戦いそうな顔だよなwww』」

P「って言ってみたんだが」

翼「えぇ……」

瑞希「……」

P「でもこれはすぐさまトランプを額に突き刺されて、それで許されたと思ったんだが」

翼「あっほんとだ! よく見たらプロデューサーさんのおでこトランプいっぱい刺さってる! おもしろーい!」

P「あとは……」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:31:23.00 ID:hASFWxyb0


……


瑞希『プロデューサー。レッスンに付き合ってくれて、ありがとうございます』

P『それが俺の仕事だからな』

瑞希『仕事……。そうですね』

P『またいつでも声かけてくれ。俺にできることならなんでも』

瑞希『いえ、大丈夫です。その気持ちだけで私は、胸がおっぱいです』

P『ははは、なに言ってるんだ』

瑞希(P「それを言うなら胸がいっぱい、だろ」瑞希「そうとも言います、えへへ」P「真顔で冗談を言うなんてかわいいやつめ! よーしここからはプライベートなレッスンの時間だぞー」瑞希「プライベートなレッスン……。いったい、なにをされてしまうのでしょう……どきどき」)





P『お前の胸は、おっぱいじゃないだろ』

瑞希『』


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:34:18.91 ID:hASFWxyb0


P「って」

翼「それはひどい」

瑞希「……」

P「いや、冗談のつもりで」

翼「デリカシーなさすぎですよー。完全にセクハラじゃないですかー」

P「先におっぱいとか言ってきたの、瑞希なんだが……」

翼「あーまたおっぱいの先っぽとか言って!」

P「言ってないから!!」

翼「もーそんなにおっぱいが好きなんですかぁ? 仕方ないなぁ……♪」タプンッ

P「待て待て待て待て」

未来「揉んでいいの?」

P「だめだ」

??「お山に登っていいんですか?」

麗花「いいよ。一緒に行こう?」ガシッ

??「あっ、ちがっ、あたしがしたいのはガチ登山じゃなっ」

未来「あれ? なんで私まで掴まれっ」

ズルズルズルズル……


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:34:58.77 ID:hASFWxyb0


P「なんの話だっけ」

瑞希「……」

翼「……えーっと?」



瑞希「怒っています。ぷんぷん」

P「あーそうだった」

翼「あー」


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:36:14.21 ID:hASFWxyb0


翼「ちゃんと謝ったんですかぁ?」

P「もちろんすぐ謝ったさ。けど」

瑞希「許しません。許されたくば私を笑わせてみるん……笑わせてみてください」

P「ほら」

翼「なーんだ。だったら簡単ですよ!」

P「ほんとか翼! でかした!」


翼「みーずーきーちゃーん」ススス……

瑞希「なんですか伊吹さ……ふぐっ」ビクンッ

翼「こちょこちょこちょこちょ〜♪」コチョコチョ

瑞希「……っ、っ……っ」ビクッビクッ

P「おぉ……」

翼「ここかな? こっちはどうかな〜?」コチョッコチョコチョッ

瑞希「―っ! っ、っ、……っ!」ガタッ

P(ほとんど無表情のまま顔真っ赤にして身悶えてる……。セクシー……エロいっ)

翼「……分かった。……ここがいいんでしょ♪」サワサワーッ

瑞希「ぃっ……!?」ビックン!


シュパッ



翼「……」トスッ

P「……額にトランプ刺さってるぞ」

翼「いたい」

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:37:04.20 ID:hASFWxyb0

瑞希「ふぅ…………へんなとこさわるからだぞ。……反省してください」

翼「はーい、ごめんなさーい」

瑞希「そもそもくすぐって笑わせるのは反則です。ぴぴー、伊吹さん退場」

翼「えぇーそんな〜」

P「どっちみちそろそろレッスンの時間だろ。行ってこい」

翼「は〜い……レッスン場まで送ってくれないんですかぁ?」

P「あーすまん。今日は……」

瑞希「……」

翼「むー。じゃあ、レッスン終わったら迎えに来て下さいね? それで寄り道デートしてー」

P「おいおい……」

翼「……ダメぇ?」

P「……しょうがないな」

翼「わーい! じゃ、行ってきまーす♪」

タタターッ


10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:38:16.08 ID:hASFWxyb0


瑞希「……」

P「……えーっと」


瑞希「プロデューサー」

P「ん、なんだ?」

瑞希「私のこと、好きですか?」

P「」ブフッ

瑞希「……好きだと言ってくれたら、笑顔になります」

P「あ、あぁ、……もちろん好きだぞ。大好きだ」

瑞希「伊吹さんよりも、ですか?」

P「え゛っ」

瑞希「……」

P「……」

瑞希「冗談です」

P「お、おぉ……そうか」


11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:39:37.42 ID:hASFWxyb0


P「まぁ、翼のことも瑞希のことも、他のみんなのことも比べられないくらいそれぞれ大好きだが、……担当アイドルとしてってことだからな? 変な意味はないから、安心してくれ」

瑞希「……そうですね。そういう点では、信用しているので、大丈夫です」

P「そうか。良かった。……ちょっと無神経なセクハラをしてしまったからな、プロデューサーとして信用をなくしてしまったかと、不安になってた」

瑞希「そうは、見えませんでしたが。……ほんとは楽しんでたのでは」

P「いやいや、相当焦ってたぞ。これでも」

瑞希「なら、プロデューサーも、かなりのポーカーフェイスです。……おそろいだな」

P「はは、そうだな。おそろいだ」

瑞希「でも、表情は隠せても、カードは嘘をつきません」

P「え?」

瑞希「プロデューサー。額のカードを一枚抜いてみてください」

P「あぁ……よっと」スポッ


P「……ハートのエース」

瑞希「これは……」



瑞希「らぶですね」

P「いやいやいや」



12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:40:27.30 ID:hASFWxyb0


瑞希「なるほど……プロデューサーは立場上その気持ちをひた隠しにしているが、本心では私のことを愛してやまない……と」

P「いやいやいやいやいや」

瑞希「プロデューサー」

P「からかうなって。俺に刺さってるのが元々全部ハートのエースだとかそういうことだろ」スポスポスポッ

瑞希「……」

P「な、に……これはっ」



P「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)ッ……!!」

瑞希「三枚ともですか。引きが強いですね」


13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:41:38.48 ID:hASFWxyb0


P「いーやいやいや、なんで遊戯王カードよ」

瑞希「カード手裏剣といえば」

P「最初にこれを引いてたらどうなったわけ」

瑞希「デュエルが始まっていました。……かんこーん」

P「なんでだよ……」

瑞希「デュエルで、笑顔を……」スッ

P「いや、デッキ取り出さないでいいからな」

瑞希「デュエル」

P「しないからな」

瑞希「……」


瑞希「伊吹さんとはデートするのに、私とはデュエルしてくれないんですか?」

P「デートとデュエルって同列なのか……?」

瑞希「当然ですよ。デュエリストなら」

P「俺はプロデューサーであってプロデュエリストじゃないぞ」

瑞希「EMEmデッキとシャークデッキとブラマジデッキ、どれで対戦しましょう。……悩むぞ」

P「しないってば」


14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:42:36.11 ID:hASFWxyb0


瑞希「仕方ないな。……では代わりに、手品の練習を手伝ってください」

P「手品の? ……まぁそれなら。アイドルの仕事にも役立ちそうだし」

瑞希「ではまず」


瑞希「この鎖で」ジャラン

P「待って」


16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:43:17.05 ID:hASFWxyb0


P「なんの手品」

瑞希「脱出マジック、です」

P「でもさ、瑞希さん」

瑞希「はい瑞希です」



P「俺が縛られても意味ないんじゃないかなーって……」ギチギチ

瑞希「……」


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:44:39.79 ID:hASFWxyb0


P「聞いてる?」

瑞希「よっこらせ」


P「鎖で縛られた俺を箱に詰めて荷台に乗せて、どこへ行く気かな……?」

瑞希「地下室です」

P「……」

瑞希「……」

P「誰かぁああ!! たすっ」

瑞希「フタを閉めます。ぱたん」


箱「……!! ……!!!」

瑞希「では行きましょうか」



瑞希「終わらないマジックショーの、開演でしゅ」


瑞希「……開演、です」



瑞希「……ぱちぱちぱち」

箱「――――――――――ッッ!!!!??!!??」





瑞希「よい、しょ……よいしょ……」




……


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:45:23.56 ID:hASFWxyb0

……



小鳥「あわわわわわ……」ガタガタガタ……


小鳥「瑞希ちゃんがレイプ目という新しい感情表現を習得してしまったわぁあ……」






おわり。


19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:47:32.71 ID:hASFWxyb0


……
−とある山の頂


??「やっ……ほーーーーーっ!!」

……ハイ……ホー


未来「やっほーーー!!」

……ワッホーーーイ


麗花「うんうん! 二人ともよく頑張ったね。それじゃお昼にしよっか♪」

??「いやー! 急にがっつり登山の支度させられた時はどーなるか思ったけど、なんだかんだ、お山のてっぺんはやっぱり気持ちいいねー」

未来「ほんと! きれいな空気ときれいな景色の中で飲む牛乳は最高においしいね!」

??「えっ、登山に牛乳??」

麗花「登山にぴったりの、常温保存がきく牛乳があるんだよ♪」

未来「ぷはーっ」

??「へーそうなんだ。……あ、そういえばこのあいだ乳しぼり体験をお仕事でやったんだけどね」

未来「えーいいなー、しぼりたて牛乳……」

??「乳牛さんのお山も……なかなかいい揉み応えだったんだよねー。またやりたいなー」

未来「わたしもやりたい! みらいもやーる! みらいもやーる!」

??「一緒に連れてってあげるよ〜。……その代わり、未来ちゃんのお山を……うひ、うひひ」

麗花「なに? マッサージ? なら私がしてあげるよ。えいえいっ」グイグイグイ

??「ぎゃっ!? いた、いたいたいたいたいたぃっ!!」

麗花「下山もあるからしっかりほぐしていこうねー」グググググ

未来「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」

??「く、ぐぬぬ……あきらめるもんか! こ、今度はあたしが北上さんにしてあげるよー……! それそれ!」モミュモミュ

麗花「あんっ! あはは! そこはほぐさなくていいってばー」

未来「みらいもやるー!」モミュッモミュッ

麗花「あっ! あんっあっ! 二人ともっあっ! やめっあっ、あぁあっ! んっ、あ、ぁあーーーーーーーーっ!!!」




うひひ






おっぱい。


20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 20:55:00.04 ID:hASFWxyb0


??「うひ、うひひ、うひゃーーっ! いいっ、いいよぉ! このお山ぁ! さいっこ」

白衣の女性「……」

??「あれっ……なんでここに、あれっ? あれっ? なんでそんなかっこして、なんで、なんでゴム手ぶくっ」

白衣の女性「お仕置き、いっとく?」

??「」

未来「えっなに? えっえっ? あの! 私に何かするなら事務所を通してからにっ」

白衣の女性「765さんに許可は得てるわよ?」ニコッ

未来「」






アッーーーーーーーーーーーーー!!!!!
アッーーーーーーーーーーーーー!!!!!








おしり。


22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/05(日) 22:29:22.21 ID:A7H2U7Xfo
師匠はついに事務所の壁まで越えてきたのか
お奨め記事
3月6日 20時01分|グリマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告