記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:48:15.38 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美と真美のショートあみまみ」

真美「【イタズラ】」


亜美「ねぇ聞いてよ真美、メッチャ楽しいイタズラ考えたんだ」

真美「なになに? どんなの?」

亜美「オウムのオウ助いるっしょ? ひびきんの家族の」

真美「うんうん」

亜美「その子にさ、エッチな言葉覚えさせんの! そんで事務所連れてきた時にそれ喋ってさ、ひびきんが顔赤くして」

亜美「『ちっ、ちがうぞ! 自分こんなの教えて……違うってば! ねぇ!』」

亜美「ってなってメッチャ焦るっていう完璧なストーリー! どう?」

真美「なにそれチョー面白そーじゃん! やろやろー!」

亜美「リアクションが楽しみだね〜、んっふっふ〜」

真美「ホントだね〜、にっひっひ〜」

亜美「あはは……」

亜美「……ん?」

亜美「真美、なんか笑い方変じゃない?」

真美「! そっ、そんなことないわYO?」

亜美「その口調……さてはお前っ!!」

真美「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「いおりん!!」

伊織「はっ」


亜美伊織「「アミットイオリット」」
2:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:50:09.99 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美といおりんのショートあみいお」

伊織「【セレブ】」


亜美「いおりんってチョーお金持ちだよね〜」

伊織「まぁ、一応ね」

亜美「普段どんなの食べてるの? やっぱメッチャ高いお肉とかジャコジャコ食べたりしてる?」

伊織「そうね。そこに豚肉と牛肉があれば、牛肉を手に取るわね」

亜美「へぇ〜……お寿司とかもよく食べたりしてる?」

伊織「当然よ。最高級のキュウリを使ってるわ」

亜美「キュウリ?」

伊織「ええ。お寿司でしょ?」

亜美「う、うん……それより、お金持ちと言えばパーティだよね〜。毎週パーティしてんでしょ?」

伊織「えと、パーティ……そうね。週に一度のもやしパーティでは、最高級の雪国もやしを使ってるわ」

伊織「すごく美味しいのよ」

亜美「……なんか亜美の考えてるお金持ちからはかけ離れてるっぽいなぁ」

亜美「あ! さてはお前っ!!」

伊織「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「やよいっち!」

やよい「はっ」


亜美やよい「「アミットヤヨイット」」
3:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:52:04.44 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とやよいっちのショートやよあみ」

やよい「【家族】」


亜美「やよいっちと言えば大家族だよね〜。賑やかっしょ?」

やよい「うん! ちょっと大変だけど、すーっごく楽しいよ!」

亜美「いいなー。亜美ん家はパパとママと亜美と真美しかいないから、そーゆーの羨ましいよ」

やよい「あはは、亜美と真美二人だけでもすっごく賑やかなのに、いっぱいいたらどうなっちゃうんだろ」

亜美「ところでさ、やよいっちの家族って何人いるんだっけ?」

やよい「えっと……お父さん、お母さん、私、かすみ、長介、浩太郎、浩司、浩三……」

やよい「いぬ美、ネコ吉、うさ江、コケ麿……」

亜美「ん? なんか多くない?」

やよい「あっ! き、気のせいだよ」

亜美「……」

亜美「えー、亜美の言葉に続きたまえ。『はい』」

やよい「『さい』……あ!」

亜美「やっぱりお前っ!!」

やよい「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「ひびきん!!」

響「はっ」


亜美響「「アミットヒビキット」」
4:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:54:19.25 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とひびいんのショートあみひび」

響「【事務員】」


亜美「ひびきんってたまーに事務の仕事手伝ってるよね」

響「まぁ、自分完璧だからなー。事務仕事だってなんくるないさー」

亜美「どんなことしてんの? 地味〜に気になる!」

響「地味にか……えーっと、電話の応対とかしてるぞ。マニュアルも覚えたし、バッチリさ!」

亜美「他には?」

響「他……えと、資料のコピーとかだな」

亜美「二番目に出てくるのがそれ? ……前々から思ってたけど、なんか事務員の仕事って結構簡単そーだね」

響「!?」

亜美「ピヨちゃんもいつもテレビ見たりネットで遊んだりデータ消したりしてるイメージだし」

亜美「それなら亜美にも出来そうな……」

響「簡単じゃないぞ」

亜美「……へ?」

響「亜美にも想像しやすい仕事内容を選んで言ったから簡単そうに聞こえたのかもしれないけど実際は経理とか色々と頭使わなきゃいけないわけで」

響「そもそもプロデューサーや小鳥さんがサボったりミスした時のツケは当然他に回ってくるからそこらへんのフォローもしなきゃならないし大体うちの事務所は人手が足りなさ」

亜美「ちょっ待ってひびきんこわい」

響「あっ……ごめん、なんでもないさー、あはは……」

亜美「というか流石のひびきんもここまでガチで事務員やってないよね……さてはお前っ!」

響「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「りっちゃん!」

律子「はっ」


亜美律子「「アミットリツコット」」
5:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:55:34.50 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とりっちゃんのショートあみりつ」

律子「【自己紹介】」


亜美「りっちゃんってアイドルとか事務員とかプロデューサーとか色々やってるっしょ?」

律子「まぁ、そうね」

亜美「だからさ、その一部しか知らない人のために自己紹介しといた方がよくない?」

律子「なるほど、やってみましょう」

亜美「というわけで、秋月律子さんです!」

律子「ゾヴデズヷダジガア゙ギヅギリ゙ヅゴ」

亜美「えっ?」

律子「メ゙ガネ゙デオ゙ザゲデジム゙イ゙ン゙ゲン゙ニ゙ン゙」

亜美「りっちゃ……」

律子「ジム゙ジョノ゙ミ゙ン゙ナ゙ニ゙マ゙イ゙ニ゙ヂヅッゴミ゙」

亜美「……」

律子「ゼヷガヤ゙ゲル゙ヷボン゙ドニ゙モ゙」

亜美「せぇいっ!!」

律子「あっ!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「お姫ちん!」

貴音「はっ」

亜美「いくらなんでも下手すぎっしょ! りっちゃんに怒られるよ!」

貴音「何分、物真似は不慣れなもので……」

亜美「も〜、後でりっちゃんに言っとくかんね」

貴音「そんな!」


亜美貴音「「アミットタカネット」」
6:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:57:03.53 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とお姫ちんのショートあみたか」

貴音「【らぁめん】」


亜美「この前お姫ちんと食べたラーメン、美味しかったけどあれ多すぎだよ〜」

貴音「美味なるものはいくら食べても美味なのですよ、亜美」

亜美「ワケ分かんないよ〜、亜美も真美もお腹たっぷんたっぷんになったんだかんね!」

貴音「それはらぁめんで満たされた胃の喜びのスキップでしょう」

亜美「その発想はなかった。お姫ちんってほんとラーメン好きだよね〜」

貴音「ええ、食べ物の好き嫌いはしないつもりですが、らぁめんは別格と言えます」

亜美「麺類最強はラーメンだー!って感じ?」

貴音「そうですね。他の麺類も大変美味ではありますが……らぁめんこそが至高、それが私の嗜好」

亜美「麺類どころか、もう炭水化物最強もラーメンだー!って感じなんだろうねぇ」

貴音「……は、い」

貴音「ぐぅぅ…………」

亜美「ん? どったのお姫ちん、苦しそうだけど」

貴音「炭水化物最強は……ラー、メ……ン……っ」

貴音「じゃないの! おにぎりなの!! これだけは譲れんの!!」

貴音「梅!昆布!鮭!明太子!塩!塩!ツナマヨネェーーーーズ!!!!!!」

貴音「おにぎりワッショイ!!おにぎりワッショイ!!!」

亜美「お、お姫ちんキャラが……っていうかさてはお前っ!」

貴音「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「ミキミキ!」

美希「はっ」


亜美美希「「アミットミキット」」
7:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 19:58:41.83 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とミキミキのショートみきあみ」

美希「【こだわり】」


亜美「ミキミキってほんとおにぎり好きだよね」

美希「うん、ラーメンより圧倒的に美味しいって思うな!」

亜美「やっぱこだわりとかあるの? おにぎりに」

美希「トーゼンなの! ミキくらいになると具材よりもまずお米にこだわるの。美味しいお米こそおにぎりの全てなの!」

亜美「ふむふむ」

美希「こないだなんか、『つや姫』を求めて山形まで行ったんだよ?」

亜美「うええっ!? 山形まで!? えーと山形ってたしか、九州とか四国とかその辺だよね?」

美希「東北なの」

亜美「そんな遠くまで行かなくても、ネットとかで買えたんじゃないの?」

美希「産地直売の方が美味しいに決まってるの。それに歩いて行ける距離だし、そんな遠くじゃないって思うな」

亜美「えっ、歩いて? いやいや美希さん、流石にそいつはキビしいのでは」

美希「そう? 事務所に行こうと思ってうっかり行ったこともあるくらいだし、結構近いイメージなんだけど」

亜美「えっ」

美希「えっ」

亜美「うーむ……この空間を超越した地理感覚……まさかお前っ!」

美希「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「あずさお姉ちゃん!」

あずさ「はっ」


亜美あずさ「「アミットアズサット」」
8:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:10:13.12 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とあずさお姉ちゃんのショートあずあみ」

あずさ「【占い】」


亜美「あずさお姉ちゃんって占いやってるんだよね?」

あずさ「そうね〜、やってると言っても趣味程度のものだけれど、一応ね」

亜美「じゃあさ、兄ちゃん占ってみてよ!」

あずさ「プロデューサーさんを? 亜美ちゃんじゃなくって?」

亜美「うん! その方が面白そーだし」

あずさ「分かったわ。えーっと……まずは恋愛についてだけれど」

亜美「おおっ、いきなり本命」

あずさ「近い将来、彼女が出来るかもしれないみたいね〜」

亜美「ほんと!? んっふっふ〜、兄ちゃんもスミにおけないねぇ」

あずさ「そうね〜。プロデューサーさんの彼女さんなら、きっと幸せでしょうね」

亜美「それで、どんな人?」

あずさ「えーっと、短くて黒っぽい髪で、アホ毛が生えてて……プロデューサーさんにお似合いの人よ〜」

亜美「……それってもしかして、あずさお姉ちゃん?」

あずさ「違うわよ〜。とにかく、とってもかわいい女の子よ。しゃんしゃんぷりぷり、きゃっぴぴぴぴーんって感じの」

亜美「へ? なんて?」

あずさ「あっ、えっと……きゃるるるーん、の方が分かりやすいかしら?」

亜美「いや分かんない」

あずさ「あら〜」

亜美「この独特の可愛さの表現……さてはお前っ!」

あずさ「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「まこちん!!」

真「はっ」


亜美真「「アミットマコット」」
9:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:11:45.71 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とまこちんのショートあみまこ」

真「【男】」


亜美「いやー、まこちんはイケメンですなぁ」

真「はぁ……」

亜美「どったの?」

真「悩んでるんだよ。うう……なんでボクっていつも男の人みたいな扱いなんだろ」

亜美「うっ、ご、ごめん。で、でもほら! Wikipediaではちゃんと女性アイドルってことになってるよ?」

真「Wikipediaにまで裏切られたら流石におしまいだよ。この前なんて、『イケメントーーク』なんて番組に出させられたんだからね」

真「黄色い声援が嫌ってわけじゃないけどさ、もっと男の人からの人気も欲しいよ……」

亜美「うーん……! そうだ、逆に考えればいいんだよ!」

真「逆?」

亜美「紅一点って考えるんだよ。周りが全員男の人なら、つまりまこちんがその場で一番可愛いのは確定的に明らか」

真「ふむふむ」

亜美「つまりまこちんのカワユさが際立つってわけだよ! そーゆー番組を利用していけば、ぷりっぷりのメチャカワアイドルまっしぐらっしょ!」

真「な、なるほど! そうか、たしかにそうだよね!」

真「たしかに思い出してみると、周りは男の人ばかりだから可愛いのはボクだけ……」

真「周りが……男……囲まれ…………」

真「……」

亜美「?」

真「ムリだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」

亜美「まこちん!?」

真「! ご、ごめん、想像しただけで怖すぎて、つい……はは」

亜美「う、うん」

亜美「ミョーだね……まこちんって男扱いされるのは嫌ってても、男そのものが嫌いってわけじゃ……」

亜美「!! さてはお前っ!」

真「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「ゆきぴょん!」

雪歩「はっ」


亜美雪歩「「アミットユキホット」」
10:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:19:36.52 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とゆきぴょんのショートゆきあみ」

雪歩「【水着】」


亜美「ゆきぴょんの水着写真集、良い感じだね〜」

雪歩「そ、そうかな……個人的にはあんまり見て欲しくないんだけど」

亜美「なんでさ? こんなに理想的なボディーなのに」

雪歩「たしかに私の胸は豊満だけど、普段人に見せないようなところをまじまじと見られるのはやっぱりちょっと……」

雪歩「たとえ亜美ちゃんでも、恥ずかしいものは恥ずかしいかな、って」

亜美「なるほど……」

亜美「……え?」

雪歩「? 何か?」

亜美「ゆきぴょん今、自分の胸のことなんて言った?」

雪歩「豊満って言ったけど……だ、だって80超えてるんだし、どう考えても巨乳だよね?」

亜美「でもいつもひんそーでひんにゅーでちんちくりんって」

雪歩「はい?」

雪歩「私くらいの年だと70前半くらいが普通だと思うし(埼玉調べ)……流石に81で貧乳なんてあり得ないよ」

雪歩「断じて」

亜美「う、うん」

亜美「なんというか、この真に迫った感じ……お前はっ!」

雪歩「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「千早お姉ちゃん!」

千早「はっ」


亜美千早「「アミットチハヤット」」
11:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:21:01.74 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美と千早お姉ちゃんのショートあみちは」

千早「【歌】」


亜美「千早……お姉ちゃん、歌って!」

千早「なんで千早とお姉ちゃんを離したのよ。というか唐突ね」

亜美「だって千早お姉ちゃんって言ったら歌っしょ! それともムネムネの話題の方が」

千早「歌うわ」

亜美「それじゃあBGM、きゃもぉ〜〜ん!!!」

亜美「♪〜♪〜」

千早「この曲……!」

千早「蒼い〜 鳥ぃ〜♪ もし〜しあ〜わ〜せ〜♪」

亜美「うんうん、良い曲だね〜」

千早「ち〜か〜く〜〜に〜あっても〜♪」

亜美「いつまでも聞いていたいよ」

千早「あのそぉ〜らへ〜♪ わた〜し〜は〜」

千早「 ト ブ ー 」

亜美「ずこー」

千早「未来〜を〜♪」

亜美「ストップストォーーーップ!!」

千早「ふぅ、やっぱり歌うのは気持ちいいわね!」

亜美「そ、そうだね、千早お姉ちゃ……否! この懐かしさすら覚えるどんがら具合は……」

千早「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「はるるん!」

春香「はっ」


亜美春香「「アミットハルカット」」

12:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:22:21.13 ID:wHTQqkiZ0
亜美「亜美とはるるんのショートはるあみ」

春香「【アイドル】」


亜美「はるるんにとって、アイドルって何?」

春香「憧れ……かな」

亜美「憧れ?」

春香「キラキラしてるアイドルを見て、子供がそれに憧れて、アイドルになって」

春香「その子の姿に憧れる人もまた出てきて……憧れて、憧れられて……そういう繋がりがアイドルなんだって、私は思うんだ」

亜美「はるるん……」

春香「……私たちも、そんなアイドルになれたかな?」

亜美「……」



亜美春香「「……ぶふっ」」


あっははははははは!!!!


亜美「あー、真面目なフインキに耐えられなくてつい笑っちゃったよ〜」

春香「わ、私も……自分で言っといてなんだけど、なんかおかしくって……ふふっ」

亜美「笑い出すタイミング、ピッタリだったね〜」

春香「うんうん、まるで双子みたい」

亜美「だねー。っていうか……お前っ!」

春香「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「亜美!!」

亜美「はっ」


亜美「ということはさっきまでの亜美は!」

亜美「!」


ガバァッ!

ガサゴソッ!

バサァッ!


亜美「真美!」

真美「はっ」


真美亜美「「マミットアミット。どうも、ありがとうございましたー」」
13:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:23:18.77 ID:wHTQqkiZ0
社長「という芸を考えたんだがどうだねキミィ」

P「声がキモいからやめましょう」



14:◆qgvFsqmWqG.F:2014/11/03(月) 20:26:19.53 ID:wHTQqkiZ0
終わり
元ネタはご存知大人気芸人「パペットマペット」がエンタの神様でやってた「パペマペX」です
お奨め記事
2月23日 14時00分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告