記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:23:54.15 ID:UL6qQaWu0
冬馬「それにして、今年も結構貰ったな」モグモグ


北斗「バレンタイン以降冬馬が食べ続けている姿ばっかり見ている気がするね。そんなに食べたら太るぞ」


冬馬「せっかくファンのみんなから貰ったチョコだ、残して捨てたら罰が当たるだろ!」


冬馬「だから俺は責任もって食うぜ!なぁに、太りかけたら運動したらいいさ」モグモグ


北斗「食べることに関しても熱いな、まぁほどほどにね」


冬馬「おう!」


カリッ


冬馬「ん?なんだこれ」ペッ


北斗「どうしたんだ冬馬?」


冬馬「チョコの中から>>3がでてきたぜ」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:25:04.72 ID:ZyL93Yafo
軟骨
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:29:07.63 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中から軟骨が出てきたぜ」


北斗「軟骨…?」


冬馬「なんでこんなものをチョコに入れるんだ?居酒屋でもこんなことはしねぇぞ」


北斗「きっと焼き鳥屋か居酒屋の女の子が真心を込めてチョコの中に軟骨を入れたんだよ」


冬馬「そうか、ん?そうなのか…?だからって軟骨入れるか普通?」


冬馬「…まあ、一々気にしちゃあれだしな。とりあえず食べるか。まだたくさんあるし…」ポイッ


冬馬「にしてもかてぇな…。どういう発想してるんだ」ゴクン
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:30:58.54 ID:UL6qQaWu0
冬馬「うぅ…口の中がチョコと軟骨まみれだ。水水…」


北斗「はい水」


冬馬「サンキュー」ゴクゴク


冬馬「…よし、食事再開だ」モグモグ


北斗「そんなに食べると虫歯になるぞ」


冬馬「歯を死ぬほど磨くから大丈夫…」


カリッ


冬馬「ん?」ペッ


北斗「どうしたんだ?」


冬馬「チョコの中から>>9が出てきたぜ」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:35:42.24 ID:kFrgB0oj0
ラブレター
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:39:56.23 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中から手紙が出てきた」


北斗「手紙…?」


冬馬「ファンレターかな?」ペリッ


冬馬「……」


冬馬「なっ///こ、これって…」ボッ!


北斗「どれどれ?」ヒョイ


冬馬「あ、おい!」


北斗「好きです……愛してます……ずっと影から……一部を………返事をお願いします…なるほど」


冬馬「おい!勝手に見てんじゃねぇ!」バッ!


北斗「ごめんごめん、ちょっと気になって」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:42:38.14 ID:UL6qQaWu0
北斗「しかし冬馬がラブレターね」


冬馬「ファンレターはたくさんもらったがラブレターなんて初めてだ…」


冬馬「しかもチョコの中から出てきたなんて完全に不意を突かれた。どうする?やっぱ返事を出した方がいいよな?」


北斗「そういうことはちゃんとプロデューサーさんに相談しないと、でないと面倒なことになるぞ」


冬馬「おう、それもそうだな」


冬馬「やべっ、まだ心臓が止まらねぇ…。チョコでも食おう」


北斗「そんなに食べると糖尿病になるぞ」


冬馬「調整するから大丈夫だって」モグモグ


カリッ


冬馬「ん?」ペッ


北斗「どうしたんだ?」


冬馬「チョコの中から>>14がでてきたぜ」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:47:42.61 ID:SdNWz1kHo
こころ
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:51:30.88 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中からこころがでてきた」


北斗「こころ?」


冬馬「なんでこころがチョコの中から?」


北斗「マリオネットの」


冬馬「こころ」


北斗「佐藤」


冬馬「こころ」


北斗「はずれ、正解はしんだ」


冬馬「紛らわしいな」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:53:39.97 ID:UL6qQaWu0
冬馬「てかこれって食えるのか?」


北斗「冬馬っていつもカレーとか作る時にこころを込めているだろ?」


冬馬「ああ、まあな」


北斗「なら大丈夫だ。普通に食べられる」


冬馬「そっか!それもそうだな!」パクッ


北斗「どんな味だ?」


冬馬「温かいっていうか、生暖かくてドロドロしている感じだな」モグモグ


北斗「溶けたチョコと混ざったのかな?」


冬馬「たぶんそうだろ」ゴクン


冬馬「よし、次行くぞ次。まだまだチョコはあるからな」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:55:01.22 ID:UL6qQaWu0
冬馬「しかしこんなにチョコ食ってたらしょっぱいものが食べたくなるな、口の中が甘くて辛いぜ。甘党でもこれは辛い」


北斗「何か塩分あるもの持ってこようか?」


冬馬「ぜひ頼むぜ」カリッ


冬馬「ん?」ペッ


北斗「今度はなんだ?」


冬馬「チョコの中から>>19がでてきた」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:55:40.51 ID:sVWBwnY40
「この紙を10秒以上持ってた人はタイキック」と書かれた紙
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 17:59:14.89 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中から紙がでてきた」


北斗「紙って?」


冬馬「またラブレターか?えっと…」


冬馬「この紙を10秒以上持ってた人はタイキック…何だこれ?」


北斗「なんか罰ゲームみたいなチョコだな、ところでこれ今何秒くらい持った?」


冬馬「えっとだいだい…っておい!馬鹿なことはやめろよ!お前がやったら洒落にならねぇぞ!」


北斗「俺はそんなことはしないよ」


冬馬「ならよかった。悪ノリされたらたまったもんじゃ…」


翔太「タイキー―――ック!!!」ゲシッ!


冬馬「おごっ!」どんがらがっしゃーん!

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:00:56.38 ID:UL6qQaWu0
冬馬「翔太てめーっ!」


翔太「あっはははは!バイバーイ!」ダッ!


北斗「こういう悪戯好みそうだもんな翔太は」


冬馬「このチョコ送ったの絶対アイツだろ!間違いなく!」


北斗「まあまあ、このチョコでも食べて期限直してよ」


冬馬「おう、悪いな」ポイッ


ガリッ


冬馬「ん?」ペッ


北斗「どうした?」


冬馬「チョコの中から>>25がでてきた」
25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:05:03.47 ID:fsQmMZUBO
中にチョコが入っているチョコ
26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:07:28.26 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコがでてきたぜ」


北斗「チョコ?つまりチョコの中にチョコか?」


冬馬「ああ」カリッ


冬馬「ちなみにその中もチョコだ」


冬馬「そしてさらにその中もチョコだ」


冬馬「段々小さくなっていくがこんな小さなチョコの中にもチョコが入ってるぜ」


北斗「マトリョーシカみたいだな、とても器用だ」


冬馬「そしてこの最後、このチョコの中身は」


北斗「やっぱチョコ?」


冬馬「>>28だ」
28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:08:31.20 ID:FDtsAIpQo
依田芳乃
30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:15:58.78 ID:UL6qQaWu0
冬馬「なんか女子が出てきた」


北斗「ああ女子か…女子!?」


芳乃「ちょこれーとはお気に召したでしょうかー」


冬馬「え、あ…これアンタが作ったのか?」


芳乃「腕に寄りをかけて作りましたー。感想を教えてほしいのですがー」


冬馬「あっ…」


冬馬「…チョコの中からチョコが出てくるというアイデアにはびっくりしたが、味もチョコによって違っててびっくりしたぜ」


冬馬「つまりとてもうまかったということだ!」


冬馬(一番びっくりしたのはチョコの中からアンタがでてきたことだが)


芳乃「喜んでいただいてくれて嬉しいのでして―」
31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:22:50.29 ID:UL6qQaWu0
冬馬「そんなことよりなんでチョコの中に入っていたんだ?」


芳乃「不幸な殿方に幸せを届けるためでしてー」


冬馬「ふ、不幸?」


芳乃「貴方から何やら不吉な気を感じますゆえー、取り払うために入っておりましたー」


冬馬「そ、そうだったのか…?なんか腑に落ちねぇが…」


芳乃「それでは役目を終えたのでわたくしは帰らせていただきましょうー」ヒョイ


冬馬「あ、おい!」


芳乃「あなたのこれからに幸せを、それではー」


芳乃「また縁がありましたらすてーじでお会いしましょうー」ガチャ


バタン


冬馬「………何だったんだ?」


北斗「初めて見た時不思議な子だとは思っていたけど、ここまでするなんて…」


冬馬「ありがてぇようななんていうか…気にしたら負けだな」
32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:23:50.11 ID:UL6qQaWu0
冬馬「気を取り直して食うか」


北斗「段々数が減ってきたな」


冬馬「おう、もう何が来ても驚かねぇぞ」


カリッ


冬馬「ほらな」ペッ


北斗「今度は?」


冬馬「チョコの中から>>34が出てきた」

34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:25:00.96 ID:kj+OsZxyo
忘れてたあの頃の夢
37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:29:31.34 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中から忘れてたあの頃の夢が出てきた」


北斗「忘れてたあの頃の夢?」


冬馬「ああ、俺は昔サッカー選手になりたかったんだ」


北斗「ふーん」


冬馬「本気で目指そうと思ったけど親父に負担を賭けたくねぇって思って、サッカー選手になるのはやめたんだ」


冬馬「正直なれるかどうかわからない職につくのは危険だしな。まだ未練はあるけど」


北斗「それはアイドルも当てはまると思うんだけど」


冬馬「もちろん最初は興味なかったさ、だがやってみるとここまで人気がでるなんてな」


冬馬「やっぱやる前から諦めるよりがむしゃらで思い切ってチャレンジしたほうがよっぽどいいな!人生何があるのかわからねぇ!それを気が付かせてくれたこのチョコに感謝だぜ!」


北斗(何でチョコの中にそんなのがあるのかもう聞かないでおこう)
38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:31:21.00 ID:UL6qQaWu0
北斗「後2個くらいになってきたな」


冬馬「ここまでくりゃもう楽だ!うぷっ…」


北斗「顔色が悪いが大丈夫か?」


冬馬「水飲めば大丈夫だから…」モグモグ


北斗「大丈夫じゃない発言だな」


ガリッ


冬馬「まただ」


北斗「今度は?」


冬馬「チョコの中から>>40がでてきた」
40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:32:48.45 ID:IR+sCR3to
おにぎり
43:飯食ってくる:2017/02/20(月) 18:36:59.20 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中からおにぎりががでてきた」


北斗「おにぎりか」


冬馬「おにぎりだ」


北斗「普通逆じゃないか?」


冬馬「そもそもチョコとおにぎりという発想自体普通じゃねぇよ」


冬馬「別々に食ったほうが絶対うまいってこういうの、ケーキラーメンとかステーキパフェとかおにぎりババロアとか絶対食いたくないだろ」モグモグ


北斗「でも食べるんだ」


冬馬「貰ったものはちゃんと食わねぇとな、幸い食えなくもねぇしな」モグモグ


北斗「ちなみにおにぎりの中身は?」


冬馬「>>46だ」
46:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 18:39:48.20 ID:sVWBwnY40
48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:14:29.77 ID:UL6qQaWu0
冬馬「塩だ」


北斗「なんだ、普通じゃないか」


冬馬「どこが普通だよ!塩の塊をおにぎりの中に突っ込んでたんだよ!」


冬馬「そのせいで口の中がしょっぱいったらありゃしねぇ!」


北斗「さっきしょっぱいものが食べたいって言ってたからよかったじゃないか」


冬馬「こんなしょっぱいもの望んでねぇよ」モグモグ


冬馬「ったく、水飲も」ゴクゴク


北斗「大変だな」


冬馬「他人事みたいに言いやがって」
51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:19:26.09 ID:UL6qQaWu0
北斗「なんだかんだで次が最後だな」


冬馬「さっき虫歯や糖尿病とか平気だぜって自分から言っておいてあれだが」


冬馬「こりゃなるかもなぁ…」


北斗「最後は俺が食おうか?」


冬馬「いや、俺が食う」モグモグ


北斗「無茶しやがって」


ガリッ


冬馬「ん?」


北斗「何?」


冬馬「チョコの中から>>53がでてきた」

53:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:21:21.48 ID:PRvKEs2eO
陰毛
54:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:24:52.18 ID:UL6qQaWu0
冬馬「チョコの中から毛がでてきた」


北斗「毛?」


冬馬「何だろ、髪の毛か…?いやそれにしては縮れてる…」


北斗「縮れた毛…」


冬馬・北斗「まさか!?」
55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:29:35.43 ID:UL6qQaWu0
冬馬「おい、まさかそんなことがあるわけ…男ならもちろん女からこれ貰っても嬉しくねぇぞ!」


北斗「だがこれですべて繋がった」


冬馬「は?繋がったって?」


北斗「このチョコのいくつの送り主は推測だけど同一人物だろう」


冬馬「マジかよ!?なんでわかるんだ!」


北斗「まず冬馬がさっき食べたチョコの中に入ってあったラブレター、あの中に私の一部を隠し味として入れたという文が書かれてあったんだ」


冬馬「恥ずかしくて全部は読めなかったがそんなことが書いてあったのか!?」


北斗「そして一番の証拠は、ラッピングの紙と止めるための冬馬の顔のシールが全部同じであること」


北斗「多分こころを入れたのも同一人物だろう、これもあの二つと全く同じだったからね」


冬馬「そ、そうか」


56:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:33:40.85 ID:UL6qQaWu0
冬馬「だが一体何の目的でこんな陰毛チョコを…」


北斗「簡単だ、好きだからだよ。冬馬のことが」


冬馬「好き…///」


北斗「好きで好きで仕方ないからチョコの中に自分の一部を入れて疑似的に一つになろうとしたりこころをチョコに入れて伝えたかったんだろうね」


冬馬「そうなのか」


北斗「どうする?俺の経験上これはかなり危険なタイプだ。このまま放って置いたら危ないぞ」


冬馬「……」





冬馬「気持ちは受け取って置く、これからも応援し続けてくれ。じゃあダメか?」


北斗「う〜ん、まぁ、いいかな?」
57:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:35:43.92 ID:UL6qQaWu0
冬馬「さて、これでチョコ全部食ったわけだが」


冬馬「しばらくはチョコのチの字も見たくねぇな…気持ち悪っ……」ウップ…


北斗「ちゃんと歯を磨くんだぞ」


冬馬「わかってるってガキじゃあるまいし」




冬馬「さて、今のうちにホワイトデーのお返しも考えないとな。やっぱ歌か?いやクッキーか…」
58:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:39:28.39 ID:UL6qQaWu0
一か月後


冬馬「みんな!バレンタインデーのチョコ、ありがとな!とってもおいしかったぜ!」


冬馬「これは俺からのプレゼントのクッキーだ!遠慮なく受け取れ!もちろんここにいる全員だ!」


北斗「みんな、興奮する気持ちはわかるけど落ち着いて。ちゃんと全員分あるから☆」


翔太「あげるー!」


ワーワー! キャーキャー!


女性「………」スチャッ


タタタタタタッ!



「!!」ギラーン


冬馬「!?」


グサッ
59:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:42:51.83 ID:UL6qQaWu0
北斗「冬馬!?」


翔太「冬馬君!?」


冬馬「あっ…え?」


女性「あたしの気持ちに答えられないなら、無理やりその命を奪って私のものにするわ!」ブン!


ガシッ!


警備員たち「大人しくしろ!」「何をするんだ!」「おい、絶対放すなよ!」


女性「放して!貴方たちも私の恋路を邪魔するの!?全員ぶっ殺してやるッ!!!」


ワーワー!


警備員「大丈夫ですか!?」


北斗「冬馬!」


冬馬「あ、ああ…。大丈夫だ…」


北斗「でもさっき刺されて…」
60:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:47:40.30 ID:UL6qQaWu0
冬馬「いや、あの時死んだって思ったけどさ。幸い刺されたところにみんなに渡す予定のクッキーの予備を胸ポケットの中に入れていたんだ」


冬馬「服は破れたがおかげで体は傷一つ付いてなかったぜ」


北斗「なんだ、そうだったのかぁ」ホッ


スタッフたち「だけどさっきのせいで中止したほうがいいな」「次が来ないわけないしな」「それにみんな不安がってるし」


冬馬「何言ってるんスか!みんなが不安になってるなら元気な姿を見せつければいいでしょう!」


冬馬「例えプロデューサーや企画のオーナーが中止にしても俺は中止にしませんよ!」


スタッフたち「その熱意には負けたよ」「仕方ない、異常は見当たらないようだし進めるか」「まあ、いいか」


冬馬「みんな!さっきは心配かけてすまねぇ!お詫びのクッキーだ!受け取ってくれ!」


キャアアアアアアアアアア!
61:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 19:55:04.21 ID:UL6qQaWu0
冬馬(結局、あの女性は俺の熱狂的なファンだったらしい。陰毛チョコたちを渡したのもあの女だった)


冬馬(俺があんな返事を送ったから振られたと思い込んで犯行に及んだみたいだが、逆恨みで殺しにかかるような女とは付き合いたくないぜ)


冬馬(にしてもあの時死んだと思っていたが、こうして生きているなんて不思議だな)


冬馬(あの時頭の中で聞こえた)


『その贈り物は胸ぽけっとに入れるのでして―、きっとあなたの未来を救ってくれるでしょうー』


冬馬(あれの通りにしなかったら今頃はきっと…)


冬馬(ったく、彼女には感謝してもしきれねぇな、次会ったらとびっきりの恩返しのしねぇとな)


ガチャ


北斗「冬馬、チョコたくさん買ってきたぞ!」


冬馬「ひぃ…!」ビクッ


翔太「たべるー?」


冬馬「勘弁してくれ!しばらくチョコレートは見たくもねぇ!」




冬馬「他人から貰った手作りチョコレートは何が入ってるのかわからないから食べるときは気を付けろよな!」


終わり
62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/20(月) 20:18:22.78 ID:zBdwdFwt0
乙。おもしろかったよ
お奨め記事
2月21日 22時01分|アイドルマスター0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告