記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆CItYBDS.l2:2017/02/18(土) 21:44:25.86 ID:d6DMZw8Qo
私はかつて、平和のために戦った。
否、私は今もなお平和のために戦っている。
手法が違うだけだ。

巷には、悪が溢れていた。
路地裏にはギャング共が、殺人鬼どもが跳梁跋扈だ。
正義のヒーローの出番だった。

だが今やどうだ。
国力の向上、治安機構の強化、社会的倫理の変化に伴い。
彼らは闇に身を潜めた。

いまや、警察力の向上は目を見張る。
世界には数多の強国が、この世界を何度でも滅ぼすことができる強力な武器を携え。
日々、睨みをきかせている。

かつて、戦った彼の言葉を借りよう。
私たちの敵はヴィランではなくなった。
いまや、私たち自身が敵なのだ。
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/18(土) 21:44:52.42 ID:d6DMZw8Qo

悪の帝王「よく、たどり着いたな私の計画に」

正当派ヒーロー「ぬけぬけと!貴様の計画。実行には移させないぞ!」

ダークヒーロー「・・・・止めてみせる」

悪の帝王「よく考えろ諸君。確かに私は多くの人々を殺す。だがそれこそが平和への道なのだ」

正当派ヒーロー「何百万人が死ぬんだぞ!?」

悪の帝王「だが、数十億の人々を救える!」

ダークヒーロー「無駄だ・・・こいつを殺すしかない」
3:◆CItYBDS.l2:2017/02/18(土) 21:45:19.96 ID:d6DMZw8Qo
平和を守るために暴力をふるう。
かつてヒーローたちが行ってきたことだ。
だが、法によって秩序が保たれている今、それはナンセンスだ。

なぜか?
ヒーローたちがふるう正義は、憎むべき暴力に違いないからだ。
公権力以外の暴力は、不要だ。
世界のインテリジェンスは、そう考えた。

「実に、すばらしい考えだ」

ヒーローたちによる自警行為は、法によって禁止された。
ヒーローたちは、社会から姿を消した。

「おかげで、計画がスムーズに進んだ」

だが、彼らは私の前にいる。
4:◆CItYBDS.l2:2017/02/18(土) 21:45:51.11 ID:d6DMZw8Qo

正当派ヒーロー「例え貴様の計画で一時の平和が訪れようと、それは偽りの平和だ!」

悪の帝王「だが、平和には違いない!」

ダークヒーロー「笑わせるな・・・俺は正義を為すだけだ。妥協はない」


妥協はない。

彼は、妥協しない。
彼は、正義において一切をだ。
例え、法に縛られようと彼は悪と戦い、殺し続けた。
警察に追われようとも、殺し続けた。

私は、妥協しない。
平和のために。
幾万の人々の命を犠牲にしても。
5:◆CItYBDS.l2:2017/02/18(土) 21:47:39.88 ID:d6DMZw8Qo

ヒーロー廃止条例の施行に伴い、世界は法に支配された。
仮面の戦士たちは、姿を消した。

善良な姿勢を見せていれば、世界は私に見向きもしない。
証拠など見つけられるわけがない。
当然だ。
私に、疑いの目がかけられることすらないのだから。
見つけようと思わなければ、見つけることは叶わない。

だが、彼らは違う。
世界が見落とそうと。
彼らは、私を見つけ出す。
6:◆CItYBDS.l2:2017/02/18(土) 21:48:15.43 ID:d6DMZw8Qo

世界とは、倫理とは、かけはなれた。
彼らの正義。
異常者と呼ばれながらも、目を光らせ続けたヒーロー。

証拠がなくとも、彼らは踏み込んでくる。
法に縛られようとも、その拳でもって挑んでくる。

世界など恐るるに足らない。
ただそんな私が恐れた、たった一つのもの
それは
7:◆CItYBDS.l2:2017/02/18(土) 21:48:57.83 ID:d6DMZw8Qo
おわり

わかると思いますが、とある作品を基にしています。
お奨め記事
タグ:
2月20日 02時01分|オリジナル:その他0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告