記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:34:54.47 ID:reGO1lrfo
レッスン場

凛「卯月と乃々がプロデューサーと事務所にお泊まりするらしい。」

未央「」

凛「未央、私用事思い出したから帰るね。」

未央「待とうか、しぶりん。」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:35:48.95 ID:reGO1lrfo
凛「何?忙しいんだけど。」

未央「あのね、獣を3匹の羊の柵に解き放つ羊飼いはいないと思うの。」

凛「へえ、怖い人もいるんだね。」

未央「そっかー、無自覚なのかー。」

凛「もういくね?」スタスタスタスタ

未央「あっ、しぶりん!」

未央「行っちゃったか…。」

未央「しかたない、一応注意しとくか。」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:37:13.87 ID:reGO1lrfo
事務所

P「よし、風呂も入ったし飯も食べた。あとは…。」

卯月「ご、ごめんなさ〜い。」

乃々「これだけ終わらせるなんて、むぅーりぃー…。」

P「こいつらがこんなに宿題貯めてたとは…。」

卯月「で、でもあと少しですよ!」

P「うん、昼からやってたからな。」

乃々「だ、だって仕方ないですけど…。」

P「忙しいのは分かるが立場上やることはやらんとな。」

P「親御さんの許可あっさり出たのは衝撃的だったが。」

ヤイノヤイノ

スピーカー君「」

凛「ふーん。」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:38:28.40 ID:reGO1lrfo


卯月「終わりましたー!」

乃々「つ、疲れましたぁ…。」グッタリ

P「お疲れさん。」

P「やはり泊まることになっちまったな。」

P「ほれ、仮眠室行って布団敷くぞ。」

卯月「あ、私、鍵閉めてきますね。」

P「おう、頼むわ。」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:39:31.01 ID:reGO1lrfo
事務所玄関
ガチャリ

卯月「これでよしっと。」

卯月「さ、さむーい!」カタカタ

卯月「は、速く戻ろーっと!」

扉君「」カタッ

卯月「え?」












「うづきぃぃ…うづきぃ………。」

卯月「」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:40:10.11 ID:reGO1lrfo
ひゃああああああああ!!!!!

仮眠室

P「どうした!」

乃々「う、卯月さんの声ですうう…。」

P「乃々、まっててくれ、動くなよ!?」

タッタッタッタッ
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:40:57.56 ID:reGO1lrfo
玄関

P「卯月!」

卯月「ぷ、プロデューサーさああああああん!」ガシッ

P「無事か、何があった!」

卯月「か、髪の長いお化けが私の名前を!!」

P「おいおい、まさか幽霊か…?」

P「もう遅い、一緒に仮眠室に戻るぞ。」

むぅぅぅぅぅりぃぃぃぃぃぃぃぃ!

P「乃々の声が!行くぞ、卯月!」

卯月「あ、はい!」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:43:30.63 ID:reGO1lrfo
仮眠室 5分前

乃々「え、お、置いていかないで下さい…、でも行くのもむぅーりぃー…。」

ピタッ…

乃々「えっ。」

ピタピタ

乃々「ま、窓から何か…、ここ、3階ですよ?あ、雨……?」

乃々「こ、怖くなんてないです…。お化けなんて、い、いません…。」

乃々「も、もしもーし、い、居ないですよね…カーテンを開けま」











「の、のぉぉぉぉぉぉぉ…。」

乃々「」

むぅぅぅぅぅぅぅぅぅりぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:47:11.68 ID:reGO1lrfo
バタンッ

P「乃々!」

卯月「乃々ちゃん!」

乃々「ぷぷぷ…む、無理です!無理です!」カクカクカク

P「落ち着け、どうしたんだ!」

乃々「さ、三階、窓から声が…森久保の名前を……。」

P「おいおい、どういうことだ…。幽霊なんて洒落にならんぞ。」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:47:56.40 ID:reGO1lrfo
卯月「ぷ、プロデューサーさん、一緒の部屋で寝てください!」

乃々「お、お願いしますぅ…森久保達だけで寝るなんて絶対、絶対無理なんですけど…。」

P「し、仕方ないか…親御さんには何て言おう…。」

ガチャリ

P・卯月・乃々「!!!!」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:49:00.28 ID:reGO1lrfo
未央「やっほー!宿題頑張ってる?」

P「み、未央!」

未央「あれ?どうしたの?三人で固まって。」

卯月「どうして未央ちゃんが?」

未央「どうしてって…お泊まりパーティーなんて楽しそうなこといかないわけがないじゃーん♪あと、心配だったからね…。」

P「ここに来る途中、不審な奴に会わなかったか…?」

未央「え?何それ?」

乃々「さ、さっき、卯月さんと森久保にお化けが……。」

未央「ほへー、そんなことがあったの。」

P「来ちまったものは仕方ない、危ないから未央も泊まっていけ。親御さんには連絡しとくから。」

未央「さっすがプロデューサー!やるぅ!」

卯月「えへへ、未央ちゃんまで居てくれるなら、少し心強いです。」

P「やれやれ、大分早いが、もう寝るぞ。芳乃辺りに明日見てもらおう。」

乃々「森久保は朝が来るまで布団から出ません…。」カタカタ

卯月「はーい。」



13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:50:11.99 ID:reGO1lrfo
仮眠室 1時間後

ホーホーホーホー




P「…。」Zzzzz

卯月「」スヤスヤスヤ

乃々「」クークー













未央「」ムクリ

未央「……。」ペリペリペリ

ファサッ

「……。」

卯月「」スヤスヤスヤ

「……。」hshshshshs

乃々「」クークー

「……。」prprprprpr

P「」Zzzzz

「……。」knknknk

ブブブブブブ

「…。」

ピッ

『あ、プロデューサー?やっと繋がった!』

『あのさ、しぶりんにお泊まり会がバレたらしくて、そっちに侵入しようとしてるらしいから、一応警戒をしと』ピッ

プープー








「……。」ペロリ

〜fin〜
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:51:12.38 ID:reGO1lrfo
テーマは不器用な愛!終わり!閉廷!
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 03:53:53.56 ID:R0I0Jh3b0
ホラーやんけ…
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/09(月) 04:00:22.12 ID:TBW0Lh2t0
申し訳ないがヤンデレはNG
お奨め記事
1月10日 22時01分|モバマス1件のコメント

“凛「卯月と乃々がプロデューサーと事務所にお泊まりするらしい。」” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    もりくぼだけprprするなんて失望しました
    うづりんの妄想もします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告