記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:33:04.22 ID:N8PtS3Yho



あゆみ 「逸見エリカ。」

優季 「逸見エリカさん。」

あや 「逸見さん。」

桂利奈 「黒森峰のアレ!」

紗希 「… … …。」



梓 「ノータイムかつ、満場一致か…。」

梓 「まぁ、そうだよね。誰だってそう思う、私だってそう思う。」
2:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:34:18.15 ID:N8PtS3Yho


あゆみ 「強気とポンコツのバランスがいいって言えばいいのかな。」

優季 「定番セリフの『くっ、殺せ!』からメス堕ちまでの流れが容易に想像できるよね〜。」

あや 「心に決めた想い人とか、あこがれの人がいるのもポイント高いよ。」

桂利奈 「え、そこ重要!?」

あや 「最重要項目でしょうッ!?」

あや 「背徳的な要素がちりばめられてこそ興奮するの!くっ殺が光るの!」

あや 「オークの群れに蹂躙されて『隊長、私汚されちゃった…』って、心が折れるのが様式美でしょう!?」

あや 「くっ殺に対して一家言も持たないような奴は、何も考えずに生きてきたも同然だよ!」

あゆみ 「あ、はい。ぬるく生きててごめんなさい…。」

優季 「あやはバカだなぁ… (遠い目)。」
3:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:35:11.48 ID:N8PtS3Yho


梓 「ちょっと待った。その場合の『隊長』ってどっち?」

梓 「我らが軍神、西住みほ隊長か。黒森峰のおねいちゃんか。」

あや 「そこは同人なりSSなりの作者ごとの解釈によるんじゃない?」

あや 「わかりやすく言えば、カップリングって奴?」

梓 「逸見エリカは西住隊長… えぇい、ややこしい!」

梓 「西住みほ隊長にも歪んだ欲望を抱いていそうだけど…。」

あゆみ (歪んだ欲望を抱いているのはアンタでしょう、とは言わない方がいいんだろうなぁ…。)

梓 「基本かつ、王道の組み合わせは西住まほさんかな、やっぱり。」

桂利奈 「そもそも逸見エリカがうちの隊長を『隊長』って呼ぶことは無いからね!」
4:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:36:15.20 ID:N8PtS3Yho


優季 「強気とポンコツの組み合わせなら、桃ちゃんセンパイなんかもそうじゃない?」

あや 「あー、ダメダメ。くっ殺はあくまでふたつのバランスが重要なのであって」

あや 「河嶋先輩はポンコツの比率が高すぎるっていうか…。」

あゆみ 「メッキが剥がれるどころか、端っこがめくれあがって剥がしやすくなっている状態だよね。」

梓 「どちらかといえば、くっ殺よりも」

梓 「絶対、チ〇ポなんかに負けたりしない!からの」

梓 「チ〇ポには勝てなかったよ… の、即堕ち2コマかな。」

桂利奈 「確かにそっちの方が似合いそう。面倒くさい描写はモロモロ全部カットして」

桂利奈 「ヘイ!メス豚一丁!」

あゆみ 「いやそんな、ラーメン屋感覚でY豚ちゃんをお出しされても…。」





梓 「じゃあ、№1女騎士は逸見エリカさんということで。」

一同 「「「「異議なーしッ」」」」
5:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:37:05.84 ID:N8PtS3Yho


梓 「で、これから本題に入るんだけど。」

あや 「今の本題じゃなかったの!?」

梓 「さすがに私も、わざわざチーム招集してくっ殺決定戦で終わる気はないよ?」

桂利奈 「あやちゃんのくっ殺に対する情熱はどこからくるのだろう!?」

あゆみ 「女騎士なんてもう、ありとあらゆるネタを出し尽くされた終わったコンテンツだよね。」

あゆみ 「流行りものとしての役目は充分果たしたわけだし、もう休ませてあげたら?」

あや 「まだまだこれからだって!もうひと伸びするポテンシャルはあるよ!」

あや 「女騎士は搾りつくされてからが本番だって!」

優季 「むしろ、本番で搾りつくされちゃったのはオークのほうだよね〜。」

あゆみ 「うるせぇ色ボケ。」






梓 「(#^ω^)本題に、入ってもいいかな?」

一同 「「「「すいませんッ!」」」」
6:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:38:09.89 ID:N8PtS3Yho


梓 「今日の議題はこれ!次回のお祭りでお出しする本のテーマは」



梓 「『不肖、秋山優花里。西住殿におちんちんが生えちゃったのでお慰めするであります!』か」

梓 「『不肖、秋山優花里。おちんちんが生えちゃったので西住殿に慰めていただきます!』」



梓 「…どっちがいい?」

あゆみ 「ちょっと待った。”みほ×ゆか”は王道かつ鉄板だとしても」

あゆみ 「ふたなりは決定事項?」

優季 「竿が欲しければ男の人を出せばいいんじゃないのぉ?」

梓 「戦車道のエロ同人に男なんて必要ねぇんだよオラァン!!」バンッ

優季 「ヒェッ」
7:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:39:19.21 ID:N8PtS3Yho


梓 「憧れの西住先輩が男に抱かれるなんて、考えただけでも身の毛がよだつわ!」

梓 「それならボコにちんぽ生やした方がまだマシだよ!」

梓 「『おいらもっこりだぜ!』」

あゆみ 「ダメだこいつ。早く何とかしないと…。」
8:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:40:07.50 ID:N8PtS3Yho


紗希 「… … …。」

桂利奈 「え?”みほ×ゆか”は王道過ぎて目新しさがない!?」

梓 「王道というのは、それが最も自然で、人々から愛されるからこその王道だよ。」

梓 「ありきたりであることが、悪いことだとは思わないな。」

あや 「でも、一般参加者に手に取ってもらうには、それなりの目玉とか売りが欲しいかな。」

あや 「この本ならでは!って感じで。」

梓 「ふたなりってだけじゃダメかな?」

優季 「秋山先輩はすでに、ありとあらゆるものを生やされているから。」

優季 「ちんぽ、触手、戦車砲などなど…。」

桂利奈 「ふたなりですら、一般参加者からすれば『もう飽きたよ』というジャンルなのかな!?」

あゆみ 「エロ同人の闇は深い。」

梓 「冷静に考えるとクレージーすぎる。みんな秋山先輩の股間をなんだと思っているのよ…。」

紗希 「… … …。」

桂利奈 「『お前が言うな!』…だってさ。」
9:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:40:59.41 ID:N8PtS3Yho


あゆみ 「このまま”みほ×ゆか”を続けるなら道はふたつ。」

あゆみ 「レベルの高い正統派純愛レズを書ききるか」

あゆみ 「奇抜な方向に走るか… こっちはあまりお勧めしないな。」

優季 「ネタが無いからとりあえず奇抜なこと、過激なことをするっていうのは良くない方向よね〜。」

桂利奈 「秋山先輩にヤツメウナギを生やしておけばOKって話じゃないからね!」

あや 「かといって、一昔前のエロゲーばりに”泣き”に特化した話が書けるかというと…。」

梓 「さすがに私もそこまで自惚れてはいないよ。」

桂利奈 「戦車道エロ同人は人生!」

あゆみ 「そんな人生は嫌だ。」
10:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:41:46.19 ID:N8PtS3Yho


あや 「となると、カップリングの方を変えるのが無難かな。」

あや 「なるべく開拓されていない組み合わせで、なおかつ一般参加者から」

あや 「『おっ、これこれ。こういうのが読みたかったんだよ。』と思ってもらえるようなやつ。」

優季 「まず手に取ってもらう、これが重要だね。」

桂利奈 「あんまり、あり得ない組み合わせでもダメってことだね!」

あゆみ 「不自然すぎると興味を持ってもらえないどころか、呆れて立ち去られるのがオチだよ。」

梓 「あり得ない組み合わせか…。”みほ×アリサ”とか?」

あや 「アリサって… サンダースの?タカシの?」

あゆみ 「うわぁ、接点ないわー。」

優季 「そこは考えようじゃないかなぁ?例えば ───…」
11:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:42:25.78 ID:N8PtS3Yho

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


   「盗聴娘にオシオキ!西住流、夜の砲弾装填」



アリサ 「え?ちょっとぉ?今日は反省会だって聞いたのに、なんでアンタがいるのよ!?」

みほ 「そう、反省会だよ。だから私がアリサさんにおしおきするの。」

アリサ 「やめなさい!ぬ、脱がさないで!いやぁ… タカシぃ…。」

みほ 「ふふっ、他の男の名前なんか呼んじゃダーメ。」

みほ 「今夜は私がアリサさんの恋人だよ…。」チュッ



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:43:10.79 ID:N8PtS3Yho


優季 「と、こういうのはどうかなぁ?」



桂利奈 「… … …。」

紗希 「… … …。」

あや 「…悪くない。」

あゆみ 「…あり?いや、無し? …うん、いや、これはアリだわ。」

梓 「私はいいと思う。」




優季 「この組み合わせが最高ってわけじゃないけど」

優季 「変わった組み合わせでもなんとかなるって話だね〜。」

梓 「うん、そうだね。限界を自分で決めちゃいけない。」

梓 「レズは宇宙で、無限大なんだ!感動した!」

あゆみ 「今の話のどこに感動できる要素があったというのか…。」
13:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:44:03.85 ID:N8PtS3Yho


梓 「無難にあんこうチームで攻めようかと思ったけど、もう一歩外して隊長×隊長でいこうか。」



あゆみ 「みほ×まほ。」

あや 「みほ×ケイ。」

優季 「みほ×チョビ。」

紗希 「… … …。」

桂利奈 「みほ×キヌ!」




梓 「キヌって… 知波単の、西絹代さん?」

梓 「うん… なるほど、うん。あの人、結構スタイルいいよね…。」

優季 「良家のお嬢様なんだって〜。」

あや 「髪の毛サラッサラだって遠目からでもハッキリわかんだね。」
14:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:44:41.58 ID:N8PtS3Yho


梓 「いいとこのお嬢様で、隊員にも好かれるもの同士で、夜の秘密戦車道レッスン…。」



梓 「…あり、かな。」

あゆみ 「ありだね。」

優季 「いいね。」

あや 「とてもいい。」

桂利奈 「キマシタワー!」

紗希 「… … …。」







梓 「よぉし、決まった!これだ!これしかない!」

梓 「今年は”みほ×キヌ”が流行る!否、私たちが流行らせてみせる!」


一同 「「「「オーッ!」」」」
15:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:45:09.88 ID:N8PtS3Yho


〜 翌年 第64回戦車道大会 黒森峰女学園 対 大洗女子学園 会場 〜




エリカ 「… … …。」

みほ 「… … …。」
16:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:45:50.43 ID:N8PtS3Yho



あや 「うっわぁ… 相変わらず黒森峰の戦車が並んでいるところをみると嫌になるね。」

あゆみ 「いまさらだけど、戦車道のルールは何かおかしい。」

桂利奈 「本当にいまさらだね!」



梓 (まずいなぁ… 私たちですらプレッシャーを感じているんだから)

梓 (今年から参加の一年生たちはどうなんだろう?)
17:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:46:33.01 ID:N8PtS3Yho


大洗一年生A 「うぅ… 澤せんぱぁ〜い!本当にあんなのと戦うんですかぁ?」

大洗一年生B 「見た目からしてヤバいっすよ!重戦車がずらっと並んで、なんのいじめっすか!?」

大洗一年生C 「あそこのいるの『黒森峰の人食いワニ』、逸見エリカですよね?」

大洗一年生D 「もう、眼力からして他のチームとは違いますよ!あれは人殺しの目です!」




梓 (会ったことがない子たちからはそんな風に見られているんだ、逸見さん…。)

梓 (西住隊長は試合前の挨拶に出向いているし、ここは私がなんとかしないと!)
18:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:47:12.15 ID:N8PtS3Yho


梓 「みんな、落ち着いて聞いて。あれは黒森峰の逸見エリカじゃないの。」

大洗一年生A 「え?」

梓 「女騎士だよ!!」

大洗一年生B 「ファッ!?」






大洗一年生C 「女騎士というと、オークに捕まっちゃうあれで…。」

梓 「そうだよ。」

大洗一年生D 「くっ、殺せ!って虚勢を張るあれで…。」

梓 「そうなんだよ!」

大洗一年生A 「あ、はい。なんだかそんな感じに見えてきました…。」

梓 「そうでしょう!?」
19:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:48:12.24 ID:N8PtS3Yho


梓 「怖がる必要なんかないよ。あんな女、ぶっとい大砲を突っ込んでやればすぐにヒィヒィ言って」

梓 「アヘ顔さらすから!」

大洗一年生A 「やったことはあるんですかッ!?」

梓 「え?あー、うん。逸見エリカに直接ってわけじゃないけど」

梓 「エレファントのケツ穴に砲弾ブチ込んで黙らせてやったことはあるね!」

大洗一年生B 「さすが重戦車キラー!ぱねぇっす!」





あや 「ケツの穴… 薬莢排出口…。う〜ん…。」

優季 「お尻の穴と言えないこともないのかなぁ?」

紗希 「… … …。」

桂利奈 「ケツにブチ込めとは言ってないよね!」
20:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:48:56.01 ID:N8PtS3Yho


梓 「さぁみんな!女騎士と、黒森峰のお嬢様方を」

梓 「片っ端から処女卒業させてやろう!」

大洗一年生ズ 「「「「 ハイッ!! 」」」」






あゆみ 「こんなひどい士気高揚演説、初めて見た…。」
21:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:50:23.47 ID:N8PtS3Yho


みほ 「ただいまーっと。あれ、みんな結構、リラックスしてる?」

大洗一年生C 「はい!澤先輩に励ましていただきました!」

みほ 「すごいね澤さん、いつでも立派な隊長になれるよ。」

梓 「そ、そうですかぁ?西住先輩に告られましたぁ… でへへ//」






みほ 「それじゃあみんな、戦車に乗り込んで!楽しんでいこう!」



大洗一年生ズ 「「「「 絶対、黒森峰なんかに負けたりしないッ! 」」」」


みほ 「…うん?」











その後、大洗女子は萎縮することなくのびのびと戦うことができて
ウサギさんチームには称号が一つ増えた。

『大洗のオークキング』、と                              【 おしまい 】

22:◆iful0qPIDo:2017/01/08(日) 16:51:35.85 ID:N8PtS3Yho

以上になります。

エリカのイメージと
ゆかりんの股間に対する熱い風評被害
お奨め記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • 逆アクセス

  • リンク

  • 広告