記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:04:13.16 ID:HCUQPNqP0
ゾ○リは関係ありません

キャラ崩壊注意です
2:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:09:20.65 ID:HCUQPNqP0
朝潮「司令官! この朝潮、今日から不良になります!!」

提督「え」


あの真面目で良い子だった朝潮が唐突にこんなことを言い出したので…とりあえず提督は朝潮の頭を撫でた


朝潮「気安く触らないでください!! えぇっと……このスカポンタン!!」

提督「えぇ…」
3:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:13:34.08 ID:HCUQPNqP0
朝潮「というわけで失礼します!!」ビシッ


ドア ガチャン


提督「………………………」

提督「なんでやねん!」


提督はこっそりと朝潮のあとに着いていくことにした
5:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:23:17.41 ID:HCUQPNqP0
大潮「あっ! 朝潮姉さん!! アゲ↑アゲぇ〜↑」変なポーズ

朝潮「大潮っ…おはよ……………ええっと、なんじゃわれぇ!! あいさつもなしに気安く話しかけないでください!!」キッ

大潮「?? 変な朝潮姉さん……」



朝潮「それで大潮。この不良となった朝潮に何か用ですか?(睨んでいるつもり)」

大潮「朝潮姉さん…なんか間抜けな顔になってるよ…」

大潮「もしかして流行ってるの?」(朝潮の真似)


変顔朝潮「」ギロッ

変顔大潮「」ギロッ



満潮「あんたたち何やってるのよ……」
6:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:29:03.03 ID:HCUQPNqP0
朝潮「満潮…みて分からないのですか? これがメンチバトルですよ!!」ドヤァ

大潮「なるほど!! これがメンチバトル…大潮っ俄然やる気が湧いてきました!!」顔歪ませ


満潮「はぁ? 意味わかんない…とにかく、みっともないから止めてよね……」
8:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:36:11.29 ID:HCUQPNqP0
朝潮「了承しかねます!!」

満潮「え? なんでよ!!」

朝潮「不良だからです。」フフン♪


満潮「本気で意味わかんない…」アキレ


朝潮「あっ そうだ」

朝潮「用事を思い出しました!! では、失礼しますね!!」


朝潮「不良だから廊下だって全速力で走ってやります!!」

朝潮「ひゃっはぁーーーー!!」ダッシュ


ビュゥゥゥゥゥゥン



大潮・満潮「」ポカーン


提督「くそっ 速いぞ!!」ダダダッ


ビュゥゥゥゥゥゥン


大潮・満潮「」二重ポカーン
10:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 19:50:54.23 ID:HCUQPNqP0
………………………………


清霜「ふっ はっ とりゃぁぁぁ!!」

朝潮「えいっ やぁ たぁぁぁぁ!!」



長門「まだまだ腕の振りが甘いぞ、二人とも!!」

長門「いいか…? 戦艦パンチとはこうやるのだっ!!」



長門「ぬうぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!」ムキムキ!

長門「41連主砲パンチっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




ドゴォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!





施設に空いた巨大な穴「」




朝潮・清霜「凄いっ!! 強いっ!!(小並感)」


長門「ふふん♪ どうだこの威力!!」

長門「これぞまさに戦艦! お前たちの目指すべき姿だっ!!」


長門「この修行を続けていればお前たちもいずれは戦艦にワープ進化できる時がくる。そう。いずれな。」

長門「案ずるな。かつて朝潮だった私が言うんだ、間違いない!!」


長門「さぁ!! トレーニングを続けるぞ!!この長門に続け!!」


清霜「よし!! 目指せ〜!! 究極体・武蔵!!」シュッシュッシュッ

朝潮「私も…いずれは戦艦・長門に!! えいやぁ!!」シュッシュッシュッ




提督「アホすぎる……しかもまた長門の奴、壁壊しやがって…」
11:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 20:00:23.34 ID:HCUQPNqP0
…………………………………


朝潮「ふぅ…久々にいい汗をかきました!!」

朝潮「ふふっ 不良だから休憩時には工廠裏でウ○コ座りのままたむろしてやります!!」

朝潮「しかもまだ2時なのに3時のおやつを食べてやります!!」んまい棒ボリボリ

朝潮「この朝潮…今日一日でとんでもない不良になってしまいました!!」

朝潮「しれいか…あのスカポンタンにこのガンギマリな姿を見せてやりたいくらいですよ!! ふふふ!!」ニヤニヤ


提督「一体何が朝潮をこんなことへと駆り立てたのだろうか…」

12:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 20:08:41.19 ID:HCUQPNqP0
???「調子はどうぴょん?」

朝潮「あなたは…えぇ。この身体が順調に不良へと変貌を遂げているのを実感できます!」

???「それはよかったぴょん…くくく…」

朝潮「愉快ですね!! くくく…」


提督「!? 朝潮を唆したのはあいつの仕業か!! …ていうか隠す気あんのか?」




提督「おいコラァ!! 卯月!! てめぇ、またくだらないことしやがってぇ!!」

卯月「やべぇ…見つかったぴょん!!」スタコラ

朝潮「逃げましょう!!」スタコラ


提督「逃がすか!!」ダッ
13:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 20:15:32.65 ID:HCUQPNqP0
提督「どうやら今回は卯月の単独犯みたいだな…ある意味好都合だ。」

提督「これを機にもう二度とイタズラしようと思わないよう…徹底的に叱ってやる!!」


卯月「ここま〜でお〜いで〜 ぷっぷくぷぅ!」

朝潮「司令官! 遅すぎです!! ぷっぷくぷぅ!」


提督「むかつくぅ!!↑」
14:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 20:25:28.29 ID:HCUQPNqP0
ピュゥゥゥゥゥゥゥゥゥン



提督「ぜぇぜぇ……お前ら…速すぎ…ごほっ ゴホッ」


朝潮「ククク…ついに司令官を撃ち破りました!!」

卯月「駆けっこ、楽しかったぴょん!! それじゃ、バイビー!!」ピョン


朝潮「ぬーーーーーすんだばーーーいくではーーーしりだすーーーーーー♪」チリンチリン


自転車チリンチリン!!


提督「くっ……まて……ぜぇぜぇ………」

朝潮「待ちません!!」チリンチリン


提督「くそっ…こうなったら…あいつに協力を要請するしか方法はない…」

提督「朝潮…絶対にお前の暴走をとめてみせるぞ!!」
16:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 21:42:52.08 ID:HCUQPNqP0
……………………………

天龍「見ろっ! ガキども!! これが天龍様の新たな装備…『世紀末肩パッド』だ!!」

天龍「フフ…怖いか?」ドヤァ


暁(ダサい…) 雷(ダサいわね…) 電(クソダセぇのです…) フェニックス響「実にハラショーだねwwwww」


朝潮「ひゃっはぁ!!」ドカン

天龍「うおっ!?」


朝潮「この肩パッドはありがたくもらっといてやります!!」E:トゲ付き肩パッド

朝潮「一生貸してもらいますね!! アデュー!!」

パラリラ パラリラ


天龍「あ…あぁ……俺の肩パッドが…グスン…」


フェニックス響「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

電「なにわろてんねんなのです。」


朝潮「ヘルメットなしで運転するのがこんなにもスガスガしいなんて…この朝潮、思ってもみませんでした!!」



山城「一時間並んでようやく手に入れた期間限定間宮アイス…」

山城「ふふふ…今日はついてるわ…早く姉さまと一緒に……うふふふふふふふ…」ブツブツ


朝潮「邪魔ですよぉ!! ヒャァ!!」チリンチリン

山城「キャ…」転び


朝潮「えぇっと……おうおう姉ちゃん!!危ないやんけ!!」

山城「なによ…もう!! 敷地内で自転車かっ飛ばしてるそっちの方が危ないじゃない!!」

山城「って…朝潮……なんであんたがそんなことしてんのよ…」

朝潮「山城さんには関係ありません!! それでは!!」チリンチリン

山城「ちょっと待ちなさい!! ……って、え…」



潰れた間宮アイス「」



山城「…………やっぱり不幸だわ…」白目


18:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 21:55:37.53 ID:HCUQPNqP0
島風「ぶぅんぶぅん!!」E:自転車

朝潮「これは…まさか勝負の合図ですか?」


島風(走り屋同士の勝負に言葉はいらない…互いに合図を認識したらもう…)

島風(勝負はとっくに始まっている!!)

島風「」ぶおぉぉっ!


朝潮「なるほど…だったらこの朝潮、本気でいきましょう!! この勝負…受けて立ちます!」ぶおぉぉっ!!



コギコギ コギコギ コギコギ…


島風「そんな…この島風が…遅い? この私が、スロゥリィ…?」

朝潮「ふふん♪ これが朝潮型の本当の力なんです!!」


winner:朝潮!!


朝潮「罰ゲーム!!」ドーーーーーンッ!!

島風「おうっ!?????」



島風「ぶぃぃぃぃぃん!! はやいぞ!! はやいぞ!! うひひひひひひひひ!」白目


朝潮「なんとか勝てました…」
19:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 22:00:59.95 ID:HCUQPNqP0




こうして朝潮は、鎮守府敷地内でありとあらゆる暴虐の限りを尽くしたのだった。




20:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 22:13:31.89 ID:HCUQPNqP0
朝潮「なんともいえない良い気分です…素晴らしいですね…」

朝潮「これで不良エンジンも最高潮に高まっています!! ふふふ!!」


朝潮「次は何をしてやりましょうか…?」




霞「そこまでよ!!」

朝潮「その声はっ…霞ですね!?」キッ

霞「好き勝手はここまでよ。残念ながらね…」
22:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 22:19:46.22 ID:HCUQPNqP0
提督「朝潮!! ようやくみつけたぞ!!」

朝潮「!? 司令官!?」


提督「お前に何があったのかは分からないが…こんなことはもうやめろ!!」

提督「そして迷惑をかけた人たちに誠心誠意謝るんだ!!」

提督「今ならまだ間に合う…頼む。元の良い子の朝潮に戻ってくれ…!」


霞「しょうがないから…! 私も一緒に謝ってあげるから!!」

霞「朝潮姉さん……早く正気にもどりなさいな!!」



朝潮「…………………………」
24:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 22:29:01.87 ID:HCUQPNqP0
朝潮「………あなたたちに…」

朝潮「あなたたちに私の何が分かるっていうんですか!!」


提督・霞「!?」



朝潮「私だって…たまにははっちゃけたいんですよ…!!」

朝潮「みんなみたいに…自由気ままにハチャメチャやりたい時だってあるんです!!」


朝潮「けど…」

朝潮「周囲はこの朝潮に『良い子』だの『優等生』だの『真面目ちゃん』だったりと勝手なレッテルを貼り付けて…」

朝潮「おかげで私だけは出来ないことばっかりなんですよ!!」

朝潮「こんな気持ち…普段からギャグ展開に引っ張りダコなあなたたちにはきっとわかりませんよ…!!」


朝潮「グスン…」



提督「朝潮……」
28:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 22:39:15.86 ID:HCUQPNqP0
霞「…………」

霞「ばっかじゃないの!!」


朝潮「うぐぐ…このっ…!!」


霞「」ギュ

朝潮「え…」




霞「どうしてもっと早く言ってくれないのよ…バカお姉ちゃん…」

霞「そんな下らないことで悩んでたなんて…だったら早く相談すればよかったじゃない!!」

霞「私たち…姉妹でしょ……? 困ったことがあったらお互いに助け合うのが姉妹でしょうに!!」


霞「……………………グスン」ギュゥゥ



朝潮「え……あ…はぅぅ…………」



朝潮「ご…ごめんなさい……」


29:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 22:52:38.03 ID:HCUQPNqP0
霞「お姉ちゃんはお姉ちゃんでしょ…今更そんなレッテルなんか気にする必要ないわ…」

霞「あなたらしく…自分らしく生きればそれでいいじゃない…他の誰かがとやかく言うなんてこと出来ないわ。」

霞「もしも文句を言う奴がいたら…私たち姉妹がそいつを黙らせてやるだけよ。そうでしょ? だから…」


霞「いいの…悩む必要なんかないのよ!」

霞「あなたは私たちの頼れる朝潮型一番艦なんだから!!ありのままの自分を誇りなさい!!」


霞「でも…ごめんなさい……結局は、悩みに気付かなかった私たちの責任だから…」

提督「すまなかった…朝潮。俺ももっと早くに気付くべきだった…本当にスマン…」

提督「部下の悩みに…爆発するまで気付かなかったなんて…俺は司令官失格だ……本当に申し訳ない…」


朝潮「え…うぅ……司令官まで……そんなこと…ありません…」
31:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 23:15:19.47 ID:HCUQPNqP0
朝潮「そうです…全部抱え込んで勝手に暴走した私が全面的に悪いんです!!」


朝潮「こちらこそ、本当にごめんなさい!!」ペコリ

朝潮「そして…ありがとうございます!! おかげで今まで悩んでたこと、全部バカらしくなりました!!」

朝潮「うぅ…グスッ…ひぐっ…」涙ポロポロ


提督「朝潮…良かった。朝潮の心がちゃんと救われて…本当に良かった…!」

提督「霞も…ありがとな。お前のおかげでどうにかなったみたいだ。」


霞「ふんっ クズが泣きついてきたから仕方なくよっ 仕方なくっ」

霞「……でも、まぁ良いわよ。結果的に解決したんだから。」


霞「ほらっ いつまでも泣いてないで!! しゃきっとしなさい!!」

霞「迷惑かけた子たちに謝りにいくわよ!! ついてらっしゃいな!!」


朝潮「グスン……」涙ふきふき


朝潮「そうですね…! 行きましょうか。何から何までありがとうございます!!」

朝潮「この朝潮…全力で、誠心誠意みんなの所へ謝りにいきます!!」キリッ



提督「よかった。いつも通りの朝潮じゃないか。」

提督「じゃあ霞、あとは頼んだぞ。」

提督「俺は…この事件の黒幕にちょっくらお仕置きしてくるからさ」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



霞「ふん せいぜい頑張りなさいな。」

朝潮「さぁ! 行きましょう、霞!!」


手ギュ


霞「あ///」

朝潮「どうしました?」

霞「/// なんでもないったら!!」プンプン




このあときちんとみんなに理由を説明し、誠心誠意謝って朝潮は許してもらいました。



32:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 23:16:13.33 ID:HCUQPNqP0
そして…


卯月「うびゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」尻真っ赤

提督「朝潮を唆した罰だ。あと100回尻たたきの刑。それと共犯者もいれば教えろ。」

卯月「ゆ、許してほしいぴょん…」ウルウル

提督「駄目だ」


卯月「ぴょんんんんんんんんんんんん!????????????????????????」悲痛な叫び


フェニックス響「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」






後日、響も共犯者であることが発覚し…同じくお仕置きを受けたのだった。

33:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 23:34:02.66 ID:HCUQPNqP0
後日談


朝潮「ひゃっはぁ!!」(^O^)

大潮・霰「ひゃっはぁぁ!!!!」アゲ↑アゲ↑

荒潮・山雲「あらあらうふふ」


満潮・朝雲・霞「」胃キリキリ



朝潮はすっかりはっちゃけたキャラと化し、毎日のようにハチャメチャが押し寄せるようになっていた。


提督「どうしてこうなった…」

霞「やっぱり矯正が必要ね…このままじゃ胃が…もたない…」ガクッ


提督「おい霞…しっかりしろ…!」

提督「霞ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」






朝潮「ふふふ! この朝潮、素敵な姉妹と司令官を持ててとっても幸せです!!」

朝潮「そんな全てのささやかな幸せに感謝です!!」キリッ




この朝潮が元の性格に戻るのに…また一騒動あったことは、また別の話である。



おわり
34:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 23:36:13.64 ID:HCUQPNqP0
↑どうでもいいですが… 戻るのに一騒動あったことは…また別の話である に訂正です
35:◆fv0Hu3TKLg:2017/01/07(土) 23:41:05.47 ID:HCUQPNqP0
ありがとうございました。


朝潮は絶対ボケだと思います。間違いなく。
36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/07(土) 23:48:26.99 ID:SEWj7yEr0
まーたうーちゃんと響がやらかしたのか

お奨め記事
タグ:,
1月9日 19時01分|艦隊これくしょん0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告