記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:49:27.74 ID:qeE8tb/c0
明けましておめでとう、そして誕生日おめでとう

私がお祝いされるときは、いつもこの言葉です。友達にも、家族にだって。
新たな年の始まりという大きな節目、最初の挨拶ですからね。新年のお祝いが先なのは当然です。
実家も忙しくて、ゆっくりお祝いされた記憶もあまりありません。
小さい頃は寂しさもありましたけど、これは仕方ないことなんだって。いつの間にかそう思えるようになりました。
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:50:45.53 ID:qeE8tb/c0
【大晦日の事務所】


モバP(以下P)「……ふぅ」カタカタカタ

ちひろ「まだかかりますか?」

P「えぇ、年越しまでにはまとまりそうですが」

ちひろ「元日もお仕事ですから、無理しないでくださいね」

P「この業界に正月休みはない、もう慣れっこですよ」

ちひろ「特番やニューイヤーイベントも多いですからね」

P「忙しいのはいいことです。ちひろさんは終わりました?」

ちひろ「はい、私の分は。なにかお手伝いできることありますか?」

P「いいですよ。いまからでもゆっくり年越ししてください」

ちひろ「ありがとうございます。じゃあお言葉に甘えますね」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:52:49.93 ID:qeE8tb/c0
P「外まで送りますよ」

ちひろ「あら、優しいですね」

P「座りっぱなしで体動かしたいので」

ちひろ「つまり私はついでですか」

P「あーそういうわけでは……」

ちひろ「正直な所もプロデューサーさんらしいですよ」

P「精一杯エスコートさせていただきます」

ちひろ「お願いします。さ、行きましょうか」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:53:51.65 ID:qeE8tb/c0
P「あれ、レッスンルームに明かりが……予定ないですよね?」

ちひろ「はい。トレーナーの皆さんも、もうお休みですから」

P「じゃあ誰が?」ガチャ



茄子「5,6,7,8……はい止まってください」

歌鈴「はぁはぁ……や、やっぱり最後のステップで遅れちゃいますね」

P「茄子に歌鈴じゃないか」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:55:24.81 ID:qeE8tb/c0
茄子「Pさん、それにちひろさんも」

歌鈴「おつかれ様です!」

ちひろ「自主レッスンですか? 大晦日くらいお休みしてもいいんじゃ」

歌鈴「実家にいたころはお手伝いだったので、ゆっくりしてるのが落ち着かなくて」

茄子「年明けすぐにニューイヤーライブもありますし、せっかくですから私も歌鈴ちゃんと練習しようかなって」

P「自主レッスンは良い事だが、あまり遅くなり過ぎないようにな」

歌鈴「ふぇ……え、もうこんな時間!」

茄子「もう日も落ちてる時間ですね。気が付きませんでした」

P「その様子じゃ結構長い事やってたのか」

ちひろ「私はもう帰るところなので、よければ送っていきますよ?」

茄子「Pさんはまだお帰りにならないのですか?」

P「俺はもう少し仕事してから帰るよ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:57:29.58 ID:qeE8tb/c0
歌鈴「そうですか……なら私も、もう少しだけ残りますっ」

P「む、そうか。茄子はどうする?」

茄子「やるなら2人の方がいいですから。歌鈴ちゃんがそう言うのでしたら私も頑張っちゃいます♪」

ちひろ「わかりました。3人ともほどほどで切り上げて下さいね」

P「俺も含まれてるんですか」

ちひろ「当然です。なんだかんだで年越しまで残りそうですから」

P「今夜くらいは流石にそこまでするつもりはありません」

ちひろ「言質とりましたよ。茄子ちゃんと歌鈴ちゃんが証人です」

歌鈴「わ、わかりましゅた! ……あうぅ」

茄子「はい、確かに聞きましたよ♪」

P「いつもと立場が逆だなぁ」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:58:42.22 ID:qeE8tb/c0
ちひろ「ふふっ、それじゃあお先に失礼します。みなさん、よいお年を」

3人「おつかれ様でした、よいお年を」


P「さて、帰る時には送ってくから終わったらデスクまで声掛けてくれ」

茄子「了解です。歌鈴ちゃん、通してもう一回やってみましょう」

歌鈴「あ、はい! よろしくお願いします!」

P「あまり根つめすぎないようになー」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/31(土) 23:59:46.02 ID:qeE8tb/c0
………
……




P「うっし、こんなもんか」カタカタカタターン

P「何とか年内にケリつけられたなぁ、あぁ腹減った」

P「あいつら来なかったが……まだやってるのか?」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:01:24.92 ID:rghbTV3h0
【レッスンスタジオ】


茄子「5,6,7,8……うん、バッチリですね!」

歌鈴「や、やりましたぁ!」

茄子「はい、お水どうぞ」

歌鈴「ありがとうございます。茄子さんに協力してもらえたおかげですっ」

茄子「頑張ったのは歌鈴ちゃんですよ。ところで、ひとついいですか?」

歌鈴「な、なんでしょうか? まだ悪いところありました……?」

茄子「いえ、そうではなく……歌鈴ちゃんは、どうしてこんなに頑張れるんですか?」

茄子「この時期は実家のお手伝いをしていたから。それは本当なんでしょうけど、なんだかそれ以上の気迫のようなものを感じました」

歌鈴「気迫なんて、そんな大層なものじゃないですよ……私は他のみなさんのような個性もないし、歌も踊りも上手くないし、おまけにドジでおっちょこちょいで……だから、人一倍頑張らなきゃって」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:02:49.79 ID:rghbTV3h0
茄子「ふふっ」

歌鈴「うぅ、こんなんじゃ笑われちゃいますよね……」

茄子「いえ違うんです。歌鈴ちゃんは人の良いところを見つけるのが上手なのに、自分のことになると下手になっちゃうんだなって」

歌鈴「そんなことないですよ……」

茄子「うーん、こんなときPさんだったら『歌鈴は歌鈴なりでいいんだぞ!』なんて言うんでしょうね」

歌鈴「プ、プロデューサーさんを出すのはズルいですよぉ!」

茄子「歌鈴ちゃんはPさんのこと大好きですもんね?」

歌鈴「えぇ! と、突然なにを言って……あの、その……」

茄子「ふふ、歌鈴ちゃん可愛い♪」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:04:55.17 ID:rghbTV3h0
茄子「明日は歌鈴ちゃんのお誕生日ですし、初詣に誘ってみてはいかがですか?」

歌鈴「お誕生日なのは同じじゃないですかぁ……茄子さんは自分の誕生日、どう思います?」

茄子「どう、とは?」

歌鈴「1月1日が誕生日だと、特別なお祝いって全然してもらえないですよね」

茄子「あぁ、そういうこと」

歌鈴「おまけに私は実家のことで、忙しくてそんな暇もなくて」

茄子「私は自分の誕生日、好きですよ。特別な日に特別が重なるようで、より幸せな気持ちになれます♪」

歌鈴「茄子さんは強いなぁ……」

茄子「無理にわかろうとしなくていいんです。歌鈴ちゃんはいい子ですから、誕生日くらい我が儘言ってもバチは当りませんよ?」

歌鈴「そうでしょうか……うーん……」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:06:25.00 ID:rghbTV3h0
P「おーい、まだやってるのか」ガチャ

歌鈴「ひゃあ! プ、プププロデューサーしゃん!」

P「あぁ、すまん突然入って驚かせたか」

茄子「Pさんはお仕事終わりました?」

P「あぁ、こっちはどう?」

茄子「ひと段落してお喋りしてたところです」

P「じゃあそろそろ切り上げて。2人とも腹減ってる?」

歌鈴「あ、そういえば晩御飯食べてないですね」

茄子「なんだか意識したら余計に空いてきますー」

P「俺も空腹だから、一緒に年越しそばでも食べよう」

茄子「わぁ、いいですね♪」

歌鈴「すぐに着替えてきま――ってあわわ!」

P「慌てないでいいからなー」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:07:33.55 ID:rghbTV3h0
………
……


P「買い置きのカップそばで悪いな」

歌鈴「いえ、全然気にしませんよ」

茄子「事務所なら落ち着いて食べられますし、私も構いません」

P「そう言ってもらえて助かる。そろそろいいかな……じゃあ、いただきます」

歌鈴・茄子「いただきます」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:09:03.04 ID:rghbTV3h0
歌鈴「おだしが美味しいです〜」

茄子「夜の事務所でインスタント食品を食べるなんて、なんだかいけないことしてるみたいですね」

P「本来は褒められたものじゃないが、今日くらいはいいだろう」

歌鈴「何だか合宿みたいで楽しいですっ」

P「非日常感あるよなぁ……大晦日自体、子供のころ夜更かしを許された特別な日だったのを思いだすよ」

茄子「特別な日ですか」

歌鈴「そうですねぇ」

P「あ、歌鈴にとっては年末年始は大忙しか」

歌鈴「はい、落ち着いておそば食べられるなんて夢にも思わなかったです」

P「年始もすぐに仕事だから、休めるときには休んでくれよ?」

歌鈴「わ、わかりま……」

茄子「ほら、歌鈴ちゃん頑張って♪」

歌鈴「茄子さん……は、はい!」

P「ん、どうした?」

茄子「ふふっ、何でもありませんよ」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:10:39.73 ID:rghbTV3h0
P「そばを食べたら2人とも送っていくよ」

歌鈴「あの、プロデューサーさん!」

P「なんだ歌鈴?」

歌鈴「よ、よかったら、これから一緒に初詣に行きませんか?」

P「初詣?」

歌鈴「休めって言ってもらいましたけど、わ、私はプロデューサーさんと初詣に行けたらいいなって……どうでしょうか?」

P「歌鈴がそこまで言うなんて珍しいなぁ」

茄子「そうですよ、ですから行きましょう、Pさん?」

P「……ふむ、新年早々に祈願するのも悪くないか」

歌鈴「やったぁ! ありがとうございますっ!」
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:13:42.50 ID:rghbTV3h0
………
……


P「事務所閉めるぞー。歌鈴、忘れ物ないか?」

歌鈴「な、なんで私だけなんですかぁ!」

茄子「ぐるっと確認しましたが、大丈夫そうでした」

P「じゃあ行くとするか」

茄子「はい、行ってらっしゃい♪」

歌鈴「へ、茄子さん?」

P「茄子は来ないのか?」

茄子「行きたいところですが、自室の大掃除が終わってないんですよねー」

P「それくらいいいんじゃないか?」

茄子「今年の汚れ、今年のうちにですよ! あと歌鈴ちゃんにはこれをお願いします」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:15:49.01 ID:rghbTV3h0
歌鈴「な、何でしょう? ……これはおみくじ、ですか?」

茄子「今年の年始に引いたものです。私の代わりに神社へ返納していただけますか?」

歌鈴「あ、はい。わかりました! 任せてください!」

茄子「私が1年間持ち歩いていた大吉です。頑張ってくださいね♪」ボソッ

歌鈴「え、ちょっ茄子さん!?」

P「夜遅いがひとりで大丈夫か?」

茄子「すぐにタクシー拾いますんで」

歌鈴「で、でもこの時期は利用する人多くて待つことになるんじゃ……」

茄子「大丈夫です。昔からタクシーに乗ろうと思ったら、すぐに空車が通りかかるので――あ、来ましたね」

P「凄いが妙に納得してしまう」


茄子「それでは、よいお年を」

P「あぁ、来年もよろしく」

歌鈴「茄子さん! あの、ありがとうございました!」
18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:16:50.11 ID:rghbTV3h0
【神社境内】


P「ほぉ、結構にぎわってるなぁ」

歌鈴「そ、そうでしゅね!」

P「さっきから噛み噛みだな、おまけに顔も赤いぞ。まさか熱か?」

歌鈴「違います! 違わないけど違うんです!」

P「ならレッスン疲れ? 辛くなる前に早めに言ってくれな」

歌鈴「は、はい!」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:18:21.86 ID:rghbTV3h0
ゴォォン…ゴォォン……


P「除夜の鐘が聞こえるな。もうすぐ新年だ」

歌鈴「プロデューサーさんにとって今年1年はどうでしたか?」

P「ん、そうだなぁ……ファンもメディアの露出も増えてきて、歌鈴の努力の成果が着実に出てきてる年だったな」

歌鈴「もう、それじゃあ私の1年じゃないですか」

P「プロデューサーの1年は、担当アイドルの1年だ。だからこれでいいんだよ」

歌鈴「私とプロデューサーさんが同じ、ですか……えへへ」
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:20:33.06 ID:rghbTV3h0
歌鈴「あ、周りの人がカウントし始めましたよ!」

P「一緒にカウントするか!」

歌鈴「はい! 4、3、2、1……」




歌鈴「プロデューサーさん、明けましておめで――」


P「誕生日おめでとう歌鈴、今年もよろしくな」



21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:22:49.56 ID:rghbTV3h0
P「ここでプレゼントを渡せれば良かったんだが、こうなるとは思わなくて自宅に置きっぱなしでなぁ……かっこ悪いが次会う時に渡すから」

歌鈴「う、うぅ……ぐすっ」

P「え、歌鈴……そんなにショックだったか」

歌鈴「そうじゃないですっ……私が一番欲しかったもの、もうプロデューサーさんから頂きました!」

P「いや、俺はまだ何もあげちゃいないぞ?」

歌鈴「気にしないでください。さぁ、参拝しましょう!」

P「おう、人だかりだからゆっくり進もう。今のうちにお賽銭の準備しとけ」

歌鈴「はい。落とさないようにコートのポケットに入れておきます……あれ?」

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:24:48.12 ID:rghbTV3h0
ふと、ポケットに入れた指先に折りたたまれた紙が触れました。
その正体は、神様に負けないくらいにご利益がありそうな、そんなおみくじ。
お守り代わりに……ということでしょうか。だとしたら、効果覿面です。


明けましておめでとうよりも先に、誕生日おめでとう、と。

いつの間にか諦めていた、一番に欲しかった言葉を。一番に欲しい人から貰えましたから。
23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:26:22.68 ID:rghbTV3h0
P「ん、どうかしたか?」

歌鈴「いえ、えっとその……手、つないでもいいですか?」

P「手を?」

歌鈴「人も多いですし、はぐれちゃうといけないので!」


P「ん、これでいいか?」


歌鈴「えへへ、ありがとうございます! プロデューサーさん、今年も歌鈴をよろしくお願いしますっ!」
24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/01(日) 00:31:06.16 ID:rghbTV3h0
歌鈴誕生日おめでとう!歌鈴にとって躍進する年と信じて。
ここまで読んでくださった方に、大吉のおみくじを。
お奨め記事
1月4日 14時01分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告