記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 02:55:18.74 ID:voEcfgcZ0
汐音「乃々香って、もしかして寒がりだった?」

乃々香「かも。東京はもっとあったかかったし」

汐音「東京じゃ、雪も滅多に降らないんでしょう?」

乃々香「そうだね。たまに降ると大騒ぎだったよ」

汐音「こっちでは雪なんて日常茶飯事よ」

乃々香「うん、知ってる。そういえば、昔は雪の中で駆け回っても、寒さなんてこれっぽっちも感じなかったな」

汐音「……今でも、寒さを感じないやり方はあるわ」

乃々香「? なにそれ?」

汐音「こうするの」ギュウ

乃々香「わっ」ビクッ
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 02:57:27.09 ID:voEcfgcZ0
汐音「……あったかい?」

乃々香「うーん……コート越しだからか、あまり体温は感じないし、それほどでもないかな」

汐音「せっかく勇気出して抱きついたのに……骨折り損だったわ」パッ

乃々香「あ、待って」

汐音「なに?」

乃々香「もう少し、このまま」

汐音「はい」ギュウ

乃々香「……たしかにこれ、少しあったかいかも」

汐音「そう?」

乃々香「汐音の息が耳とか首に当たって、そこがあったかい」

汐音「こういうこと?」ハー

乃々香「んっ、そこ少しくすぐったいよ」ピクッ

汐音「ご、ごめんなさい」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 02:58:13.03 ID:voEcfgcZ0
汐音「私はこの状況があたたかいわ」

乃々香「どういう意味?」

汐音「心臓がドキドキして、からだがあつくなってくるの」

乃々香「私と抱き合ってると?」

汐音「そう」

乃々香「……なんだか、急に恥ずかしくなってきた」

汐音「離れる?」

乃々香「ん、汐音があったかいなら、このままでいいよ」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 02:59:46.59 ID:voEcfgcZ0
乃々香「暖房なかなか効かないね」

汐音「おかげで私は乃々香に抱きついていられるけど」

乃々香「別に、あったかくなっても、抱きついたっていいんだよ」

汐音「……人に抱きつかれるのって、嫌じゃない?」

乃々香「うーん、別に、嫌って感じはしないけど。でも、お父さんがベタベタ抱きついてきたら、さすがにちょっと引くかな」

汐音「そりゃあね」

乃々香「汐音なら、いつでも大歓迎だよ」

汐音「……お風呂の中でも?」

乃々香「……」ジリ…

汐音「冗談だから引かないで」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:00:47.86 ID:voEcfgcZ0
乃々香「あ、ようやく暖房が動きだした」

汐音「そういえばこの家ってコタツはあるの?」

乃々香「うーん……お父さんに聞いてみないと」

汐音「床暖房もないのよね」

乃々香「結構古い家だからねー」

汐音「じゃあ、こうやって暖め合うしかないわね」

乃々香「あ、そういえば余っている毛布があったかも。二人でくるまればあったかいと思うけど、どうする?」

汐音「持ってきましょう」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:01:37.68 ID:voEcfgcZ0
乃々香「あ、あったかい」

汐音「初めからこうしておけばよかったわね」

乃々香「部屋もあったまってきたみたい」

汐音「……じゃあ離れる?」

乃々香「とりあえずコート脱ごっか。部屋の中だし」

汐音「そうね」ギュゥゥ

乃々香「汐音?」

汐音「やっぱりもう少し抱き合っていない?」

乃々香「汐音って、そんなに甘えん坊だったっけ?」

汐音「……乃々香だからよ」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:06:37.97 ID:voEcfgcZ0
乃々香「あ、そろそろ夕食の支度しないと」

汐音「やだ」ギュ

乃々香「もう、汐音はまったく……」

汐音「あきれた?」

乃々香「少しね。クールな汐音はどこいっちゃったんだろう」

汐音「昔はわりとべったりだったと思うけど」

乃々香「そういわれれば……」

汐音「それに、私の仮面をはがしたのは乃々香よ」

乃々香「……少しあつくなってきた」

汐音「照れてる?」フフ

乃々香「ちょっとね」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:09:23.70 ID:voEcfgcZ0
汐音「でも、私がこんなになるのは乃々香と一緒のときだけよ」

乃々香「うん、汐音が柚季や湊太に甘える姿は確かに想像できないね」

汐音「湊太はともかくとして、柚季はちょっと苦手、突拍子もないことをいきなりしてくるし」

乃々香「こはるは?」

汐音「こはるは、まあ、それなりに好きよ。ひとりぼっちの私をずっと気遣ってくれてたみたいだし……以前はうっとうしいと感じていたけど、今はありがたいと思っているわ」

乃々香「こはるは優しいよね」

汐音「母性がすごそう」

乃々香「なにそれ」アハハ

汐音「泣いたらつきっきりでなぐさめてくれそうな感じ、しない?」

乃々香「あ、それはわかるかも」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:11:37.14 ID:voEcfgcZ0
汐音「ちょっとお腹すいてきたわ」

乃々香「夜ご飯まだ作れてないよ、汐音が放さないから……」

汐音「乃々香があったかいのがいけないのよ」

乃々香「でも、さすがにもう暑くない?」

汐音「うん……そうね、放すわ」パッ

乃々香「ん。……またあとで、やっていいから」

汐音「夜寝るとき?」

乃々香「それもあるけど……」

汐音「?」

乃々香「お、お風呂の中でも……」

汐音「え? なにかいった?」

乃々香「な、なんでもないっ」ダッ

汐音「……」

汐音(お風呂の中でとか……私の理性がもつわけないじゃない)ハァ

汐音「もう少し気を遣ってよね、乃々香」

おわり
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:13:08.09 ID:tIkYbMZrO
乙!
次はお風呂編だな
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/02/05(木) 03:14:03.56 ID:+0JuzTkdo
もっと下さい
お奨め記事
2月5日 06時00分|天体のメソッド0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告