記事装飾
【太字】
【文字色】
黒: 青: 灰:
【文字サイズ】
大: 中: 小:
【横レス非表示】
【名前欄非表示】
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 13:48:39.51 ID:38q5CTXh0
未央「ねぇしまむー、何か飴ちゃん的なもの持ってなーい?」

卯月「えっ? うーん、飴はちょっと持ってないですねぇ」

未央「あちゃーくっそぉ、ボーカルレッスンの前は舐めたかったんだけどなぁ…」


裕子「むんっ!」


卯月「あ、裕子ちゃん!」

未央「飴くれんの? ありがとうユッコ!」

_人人人人人人人人_
> サルミアッキ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 13:50:42.49 ID:38q5CTXh0
文香「…………」ゴソゴソ…

茜「文香ちゃんっ! どうかしましたか!?」ヒョコッ!

文香「あ、茜さん。その……探している本が、見つからなくて……」

茜「一緒に探しましょう! 何というタイトルですか!?」ガッサガッサ!

文香「いえ、ご迷惑をお掛けする訳には……あっ、本が、危な…!」

茜「えっ?」グラグラ…!


裕子「むんっ!」


バサバサーッ!

【エッチな本】ワーォ

文香「? ……!!?」

茜「なっ、お、ボ……んばァァァァァァァッ!!!」ドフォスッ!

ライラ「あ、その棚はプロデューサー整理してたでございますですよー」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 13:52:46.34 ID:38q5CTXh0
P「はぁ〜あ、休日出勤なんてやってらんないよ」キーコキーコ…

P「何とかチャリンコで通勤できる距離だから良いけどさぁ……」キーコキーコ…

猫「にゃーん」スッ

P「!? な、ね、猫っ!?」

P「くお〜!! ぶつかる〜!!」キキィーッ!


裕子「むんっ!」


P「……でもよく見たら猫じゃなくてみくでした」ボロッ

みく「いやー照れるにゃー」ボロボロ…

ちひろ「結局ぶつかってんじゃないですか」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 13:54:57.87 ID:38q5CTXh0
志希「にゃははー! ミーカちゃん、ジュース飲まない?」サッ

美嘉「お、ありがとー。志希が先に飲んでいいよ、それ」

志希「おっ、ひょっとして美嘉ちゃんあたしのあしらい方を分かってきちゃったかにゃ?」

楓「あたしのあしらい」

美嘉「まぁね。どうせロクでもないもの入ってるんでしょ?」

志希「ちぇっ、志希ちゃんつまんなーい」ブー


裕子「むんっ!」


志希「? ……あたしの、あしらい?」

志希「ぷ、ふふ……あはははははっ!www」ゲラゲラ!

美嘉「!? ど、どうしたの志希!?
   まさか、さっきの楓さんのダジャレにすらなっていないあの一言が!?」

楓「 あ た し の あ し ら い 」

美嘉「ちょっと黙って!!」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 13:58:40.20 ID:38q5CTXh0
加蓮「りーんー」

凛「どうしたの加蓮。また奈緒をからかい過ぎてヘソ曲げられちゃった?」

加蓮「絶対似合うって言ってるのに、ポニーテールはイヤだってダダこねられて」

凛「奈緒の髪の毛の量だとすごい事になるよね、たぶん」

加蓮「いっその事バッサリ行くって手もアリだと思うんだけどなー。凛もそう思わない?」

凛「まぁ、見てみたい気もす…」


裕子「むんっ!」


奈緒「…………」サッパリ

凛「な、奈緒……!」

加蓮「どうしたの、その髪!?」

奈緒「美術の時間に、大きい筆が欲しくなって……」

加蓮「いや、本当に何したのそれ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:00:37.68 ID:38q5CTXh0
アーニャ「迷子になってしまいました……」

アーニャ「ンー、携帯も、つながりません。どうしましょう、ミナミィ……」シュン…


男共「よぉー」「へっへっへっへっ…」ヌッ

アーニャ「えっ」


男A「あんた、今一人かい?」

男B「綺麗な顔してるねぇ、外人さんか?」ニヤニヤ
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:02:42.52 ID:38q5CTXh0
アーニャ「アー、いえ、私は友達を…」

男C「俺達とはお友達になれねぇってのか、あぁん!?」

アーニャ「ひえぇ……!」ガタガタ…


裕子「むんっ!」


男A「……と思ったら、コイツ女だぞ」

男B「なんだ、つまんねぇ。ボーイッシュな見た目に騙されたぜ」

アーニャ「へ?」

男C「もう一度あっちでイイ男を探すとするか、兄弟」

ゾロゾロ…



アーニャ「いや何だそれ」

美波「お待たせアーニャちゃ……あ、アーニャちゃん!? すごい顔よアーニャちゃん!?」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:05:22.19 ID:38q5CTXh0
フレデリカ「あーりすちゃん♪」ヒョコッ

ありす「……橘です、フレデリカさん。何度も言わせないでください」

フレ「まーまーありすちゃん、この間お料理でちょっとお悩み中だったでしょ?」

フレ「フレちゃん、そんなありすちゃんにイチオシのイチゴ本、買ってきたよー☆」サッ

ありす「イチゴ本? 一体どんな…」


裕子「むんっ!」


【北斗の拳 イチゴ味】ホアッチャァ!

ありす「これギャグ漫画じゃないですか!?」

フレ「んー? あれれ、おかしいなー、こんな本買った覚え無いけど……」ゴソゴソ…

フレ「あ、また何かヘンなのあったよー♪」つ 【いちごちゃんストロベリー】ワーォ

ありす「そ、そっちはいかがわしい漫画でしょう!!」

フレ「ありすちゃん、漫画詳しいね?」

ありす「!?」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:07:09.87 ID:38q5CTXh0
裕子「…………」


裕子「………………」



裕子「むんっ!」


ゴジャアァァァァァ…!

ガチャッ

P「ふぃぃ〜、ようやく出たぜ」サスサス

柚「プロデューサートイレ長いー!」

P「いやぁすまんすまん。キレが悪かったのが、ついさっき急に良くなってな」

P「あれ、ところで裕子はどうした?」

仁奈「何やら、おトイレでむんむん唸ってやがるです」
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:09:12.96 ID:38q5CTXh0
『打ったぁー!! これは大きいぞ入るか入るか、入ったホォームラァーン!!』

友紀「やったぁー!! 阪本よく打ったぞーっ!!」バンザーイ!

笑美「ちょっと待って、今のファウルちゃうの!? ビデオ判定してぇやビデオぉ!!」

友紀「ふっふーん、確かにちょーっとキワドかったけどあれは十分…」


裕子「むんっ!」


『……えぇー、先ほどの阪本選手の打球は、ポールの外側に入ったためファウルとな…』

友紀「ええぇぇぇぇっ!?」ガタッ!

笑美「よっしゃあぁぁッ!! 見さらせ、これぞ正義っちゅーもんやっ!!」ガッツ!

友紀「ちょっと待ってよ、おかしいじゃん! 実況の人だってさっきホームラ…!」


裕子「むんっ!」


『やっぱり入ってました』

友紀・笑美「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッ!!!」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:11:36.62 ID:38q5CTXh0
夏樹「だりー、そっちは手首を返して小指で押さえるんだ」

李衣菜「ぬ、くぅ〜……む、無理だよなつきち、人体的に!」プルプル

夏樹「貸してみ?」スッ

ジャァーン♪

李衣菜「お、おぉ〜〜!」

夏樹「アタシも最初から出来てたワケじゃないんだ。だりーにも出来るようになるさ」

李衣菜「ありがとうなつきち! 私、頑張るよ!!」


裕子「むんっ!」


ベョー-ン…


裕子「…………」

李衣菜「…………」

夏樹「……出来る出来ない以前に…」

夏樹「なぜやった?」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:17:13.06 ID:38q5CTXh0
P「はぁ〜あ、休日出勤なんてやってらんないよ」ギーコギーコ…

P「いい加減このチャリンコもガタが来てるしさぁ……」ギーコギーコ…

隕石「うーっす」ゴゴゴ…!

P「!? な、い、隕石っ!?」

P「くお〜!! ぶつかる〜!!」ワァーッ!!


裕子「むんっ!」


P「……っていう夢を見たんですよ、今朝」

ちひろ「奇遇ですね、私も同じ夢を見ました」

P「不思議な事もあるもんですね。あれ、ところで裕子は今日どうした?」

みく「サイキック腰痛とか言ってお休みにゃ」
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:18:58.03 ID:38q5CTXh0
菜々「はーい! 伊代ちゃん歌いまーす!!」ビシッ!

一同「いよぉーーっ!!」ワァッ!

【センチメンタルジャーニー】

早苗「いよいよ菜々ちゃんの十八番ねー! ガハハ!」グビグビ

瑞樹「“伊代はまだ、16だぁから〜♪”の替え歌がまた聞けるのかしら?」

菜々「じゅ、17ですから! 17で歌いますからね!?」

心「本当の年齢言っちゃえよーナナ先輩よぉー!!」

菜々「も、もぉーっ……!」

瑞樹「あら、背景の映像にユッコちゃん出てるわ、可愛い」


裕子『〜〜♪』
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:21:50.59 ID:38q5CTXh0
菜々「つぼみのままぁでー ゆめをみていたいー♪」

菜々「影絵のぉよおーにー うつくしーいー♪」キャピッ

菜々「物語だけ 見てたぁいわー♪」ルンルン


菜々「ナナはーまだっ♪ にじゅーh…」


裕子『むんっ!』


菜々「センチメンタル ジャーアーニィーー♪」キャハッ!


早苗「ワッハッハ! 良かったわよ菜々ちゃーーんっ!!」グビグビ

瑞樹「……あら? 何か肝心なトコを聞き忘れた気が…」

心「ていうか、時間が一瞬消し飛んでね?」

早苗「そんなワケないっしょー!! ほぉれあんた達ももっと飲みなさいよー!!」
15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:23:23.27 ID:38q5CTXh0
P「幸子は今日も絶好調だったなー」

幸子「当然です! カワイイボクが好調じゃない日なんてありませんから」

幸子「ほらっ、ファンレターもこんなにドッサリと…」

ヒュゥー ヒラヒラ…

幸子「あ、い、一枚飛んで……!」ダッ!


P「あ、危ない幸子! そっちには結構高いガケが……!」

P「高さ3、4mはあろうかというのに手すりやフェンスが一切無い危険なガケがっ!!」

幸子「えっ…」グラァ…!
16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:24:22.64 ID:38q5CTXh0
裕子「むんっ!」

ガシッ グイッ!

幸子「うひゃあっ!!」ドテーッ

P「ゆ、裕子!?」

幸子「あ……ゆ、裕子さんっ!!」

グラァ-…!


P「危ない、裕子っ!! 裕子おぉぉぉぉぉぉっ!!!」
17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:25:38.78 ID:38q5CTXh0


裕子「むんっ!」カッ!



18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:27:57.99 ID:38q5CTXh0
猫「にゃーん」スッ

配達業者「くお〜!! ぶつかる〜!!」キキィーッ!

ドサドサァーッ!


P「!? た、たまたま通りがかったみくに驚いた配達業者が運んでいた、
  大量の羽毛布団が辺り一面に……!」


楓「 お く す り く り く り 」

志希「ひ、ひぃ〜っ、ひぃ〜っ!!wwwあはははははははっ!!ww」ゲラゲラ! ツルッ

ポーイッ! ボンッ!

モワモワ…!

奈緒「!? お、おぉ、何だか急に髪の毛が生えてきた…!?」モモモ…!


P「か、楓さんがツボにハマッてる志希の手から滑った怪しい薬の作用で、
  たまたま地面に寝そべっていた奈緒の髪の毛が、布団と一緒にちょうど……!」

P「裕子の落ちる位置に……まるで、クッションになるようにちょうど……!!」
19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:30:26.87 ID:38q5CTXh0
ヒュゥー…!

P「!? い、いや……これは、よく見たら全然位置が合わない!!」

P「くお〜!! ぶつかる〜!!」


裕子「むんっ!」バシーン!


P「う、後ろ受け身で耐えたっ!! すごい、すごいぞ裕子ぉ!!」

裕子「これがハンドパワーです」


〜おしまい〜
20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 14:33:20.82 ID:38q5CTXh0
ユッコに「むんっ!」って言わせたかっただけのSSでした。

今日もユッコは人知れず皆を守っている。サンキューユッコ。じゃあの。
21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2016/12/30(金) 15:07:07.73 ID:1FDO9ooD0

ユッコすき

お奨め記事
1月2日 19時01分|モバマス0コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※現在コメント認証制です。ページが更新されたら書き込みは成功しています。コメントが反映されるまで暫くお待ちください。
  • カテゴリー

  • 最新記事

  • 新着コメント

  • 月間記事

  • リンク

  • 広告